2017年5月22日 (月)

上沢井~鷹取山~小淵山~岩戸山周回

 今日は、早く来れない山友のために、近間の、みんながまだ行ってない藤野15名山にした。

 沢井住宅前に車を置いて

P5211752 P5211739
まずは,鷹取山(472,5mm)へ。
P5211752_2
このルートは、藤野駅から生藤へ登る時に、尾根通しで何度か歩いてる。
クラゴ峠からの旧道が、昔の面影を残しているんだよ。
今は、完全に廃道だけどね。
集落から、車の入れる道をどんどん登ると、最後のお宅で、山道になる。
風が抜けなくて暑い!

今年お初のキンラン
P5211742トウゴクシソバタツナミソウかな
P5211747
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
セミが鳴いてる!
今年お初。

 まだヤマツツジが残ってる。
P5211759
 今回は、鷹取~生藤は繋げずに、鷹取で折り返し。
特に眺望もないし、鐘をついて、早目のランチ。
P5211754
昨日のコシアブラご飯を、一口ずつ持って来たよ。
陣馬が近い。
P5211755今日は気温が高いので、富士山は薄い
P5211751
 小さなアップダウンを5つほど乗り越えて、小渕山(350m)
P5211761
また小ピークを3つ乗り越えて、岩戸山(377m)
P5211768
途中何度か、中央高速の向こうに丹沢が見える。矢印が檜洞
P5211773
崖っぽいところにはネット。
ほんとに、すぐ下が高速道路だよ。
ヒメハギ
P5211778ヒイラギソウ
P5211782
 尾根端から、藤野神社へ降りる。
P5211785
ちょうど、陣馬山登山口へ行くバス道の、トンネルの上。
北に車道へ降りて、山里をタラタラと、お花を見ながら歩く。

 途中のかき氷のお店で、じゃが餅2個100円
って看板があったからは行ってみた。
お店の中が涼し~い!
お水飲み放題でゴクゴク。

 あれれ、冷凍をチンして出すんじゃないのね。結構な時間待って、みたらし餡風の味付けのジャガ餅が出てきた。
その場で、ジャガイモを摺って、片栗粉と一緒にこねて焼くのかな。
これ、外側がカリッとして、結構美味しかったです。
P5211788
藤野から陣馬へいらっしゃる際にいかが?中里の辺りです。

 家々の庭に、初夏の花が色々見られて、山里歩きは楽しいね。
でも、今日の車道は暑かったよぉ。
(;´o`)ふぅ~

 連荘だったけど、出発が遅い、短いルートだったから、のんびり歩けたね。
今年お初のキンランが見られて、よかった
("⌒∇⌒") ノ

2017年5月20日 (土)

坊主岳

 前から行きたかった坊主岳。
山友が連れて行ってくれるって言うので、急遽、早朝出発。
 塩尻から南へ下がった、奈良井ダムの東側からの登り出し。
 R493の、奈良井ダムの南端付近に、坊主岳登山口 って大木な看板が出てました。
P5201651
地形図を見ると、山頂までずっと等高線がつんでいる。
昨夜ヤマレコを見たら、みんな 容赦ない急登だって書いてる。
どんなかなぁ。
 ズミ
P5201646
 クルマバソウ
P5201650
登ってすぐに、たくさんの祠があります。
P5201653
 山友は足が速いので、足手まといにならないように、頑張って登ったら、30分で小坊主岳(1429,1m)に着いちゃった。
樹林の中の四等三角点。
P5201657
これなら、あと1時間くらいで山頂まで行けちゃう?( °o° )
 チゴユリとスミレがいっぱい。
P5201656
シロバナエンレイソウや
P5201662
ヒメイチゲも咲いてるよ。
P5201663
ちょっと笹が増えて来て、昔は笹薮漕ぎだったらしい登山道。
今は、笹が払われています。
P5201667
バリエーションルート並みに、尾根直登、階段とかも一切なし。
確かに、情け容赦ないの登りだけど、途中一回だけ、普通の登山道並みの斜度になる(;-_-) =3 ふぅ~
下草はないし、岩もないし、案外歩きやすい。
 
 ヤマレコさんの記録を参考にしたけど、登山口から1時間半で山頂に着いちゃった。坊主岳(1960,7m)
P5201668
\(^o^)/ うわ~!
めちゃくちゃ気持ちがいい。
山頂は背の低い笹だから、360度の眺望。
南に、矢印が木曽駒 一昨年お姉さまのお誕生日に登った将棋の頭が近い。
P5201680
西は、御嶽山が時々パホッと噴煙。
P5201681
そのすぐ北に乗鞍。
P5201672
鉢盛山の奥に、去年も登った穂高と・・・常念辺りかな。
P5201699
鹿島槍方面も見えてる。
P5201697
北の方には、蓼科からの八ヶ岳が長い!
P5201696
経ヶ岳の右に、ちょっとだけ・・・荒川中岳かな。
あと、南アルプス南部の山が、薄く見えてました。
P5201678
 いやぁ~ (*^_^*)
来てよかった。
感動的な眺めだわ。
山頂でのんびり山座同定。
槍ヶ岳 アップ
P5201684
 登山者が多い山なら、階段状に整備されるか、ジグザグになっている勾配の斜面。
下山が侮れないね。
積雪時なら、ずっとシリセードー出来るかも? 
今の時期にやったら、お尻が傷だらけだね("⌒∇⌒") キャハハ
滑りたい って思うほどの、斜度なのに、ロープとか一切ないし~。
用心深く降りました。
唐松の芽吹きがきれい
P5201706ハウチワカエデは、もう翼果になってるのもある
P5201705
 帰りに、道の駅奈良井木曽の大橋に寄って
P5201728
地下通路で線路を渡って奈良井宿へ。
P5201716
木曽の大橋は、総檜作りの、時代劇で使えそうな立派な太鼓橋がかかってて、芝生の公園になってます。
よく、ツアーで奈良井宿って出てるけど、ここかぁ~。
 中山道の難所、鳥居峠の手前で「奈良井千軒」って言われたんだって。
千本格子の家が続いてて、昔からの水場があちこちにあって、いい雰囲気を残してる。
P5201713まだ、八重桜が咲いてたよ
P5201725
 道の駅で、五平餅とワラビとコシアブラを、をお土産に買ったよ。
P5201733
天ぷらにするとカロリ―高いから・・・
刻んだお揚げさんとコシアブラを炒り煮にして、炊いたご飯と混ぜた、コシアブラご飯と、コシアブラの山胡桃和えと、ワラビのおかか和えと、ワラビとお大根のお味噌汁にしたよ。
コシアブラご飯は思い付きだけど、とっても美味しくて、これは、また手に入ったら作りたいな。
P5201735
 奈良井宿の観光込みで、素晴らしい眺望の坊主山を堪能しました。

2017年5月17日 (水)

八紘嶺登山口~富士見台~安倍峠~バラの段~安倍川源流

 この時期は、シロヤシオが見たい。
私が知ってる一番シロヤシオがきれいなお山は、バラの段付近。
お姉さま方に、お見せしたいなぁ~。
と考えたのは2ヶ月前。
 で、静岡のマイフレさんに、ずっと前にお願いしてしまいました。
お仕事がお忙しいのに、休みを取って下さって、ありがとうございます。
 ところが、今年は4月まで雪降って積もって、お花が遅い。
朝お姉さま方に会って「シロヤシオには早すぎるけど、新緑を楽しみましょう」って言っておきました。
 八紘嶺登山口から、まずは富士見台へ、結構急に登ります。
P5161526
ほんの少し、咲いているシロヤシオが見られました。
P5161527
後はつぼみ。
P5161529
私の後ろのお姉さまの息遣いを聞いて、ハァハァしない程度に(^ー^* )
青空が見えるから、もしかしたら・・・
と思ったけど、富士山側はガスって真っ白(/_;)
P5161535
安倍峠へ降りて、バラの段へ。
P5161553 ワチガイソウ
P5161555苔に埋もれてしまいそうな小さなすみれ
P5161558マイヅルソウのつぼみ
P5161563オオカメノキ
P5161564コハウチワカエデ
P5161572
去年はこの時期だったけど、今年は全く咲いていません(/_;)
なかなかの急登りの後、最後にこれでもかって言う激登り。
P5161578
でも!
\(^o^)/ わーい
ヤマイワカガミ!
P5161566_2
こっちにも、あっちにも!
P5161586
 右が静岡左が山梨。
バラの段の山頂でランチ
P5161582今日は七人でなかなかにぎやか
P5161584まだバイカオウレンの花が残っていたよ
P5161591ガスってきて、ムシカリがきれい
P5161596
 安倍峠まで戻って、安倍川減流歩き。
この沢沿いの道は、新緑がとにかく気持ちいい。
それにヤマエンゴサク
P5161601
ツルシロカネソウに・・・
P5161608
\( ^o^ )/ ヤ ッター♪
キバナネコノメだ!
P5161631
もう、赤い葯は取れてるけど、結構たくさん咲いていました。
P5161644
 眼福眼福(*^_^*)v
林道へ出て、まだクロモジの花
P5161651ミツバツツジ
 お姉さま方にとっては二度目ですが、口々に「気持ちい~い」「新緑がきれいね~」と、感嘆の声。
シロヤシオが少ししか見られなかったので、そう言って頂けてよかった( -。-) =3
 静岡で、桜えびピザに、生しらすで、
(=^O^=)o□ プハァ
P5161659
本日も、ご馳走になりました(゜゜)(。。)ペコ
 

2017年5月14日 (日)

宮之浦岳 最高のお天気 でも予定の金曜日に鹿児島の豪雨で飛行機欠航【><。】

 前から、宮之浦岳へ行きたいと思ってた。
でも、ツアーだと、避難小屋泊が多くなって、日数が長い。
歩行、一日目7時間、二日目6時間なんて言うツアーだと、山慣れない人が混じって、めっちゃ遅くなったりする。
やっぱ、個人で行くかなぁ~。
 と思っていたら、行動時間11時間で、宮之浦日帰り、屋久島2泊3日のツアーがあった。いつも割に小人数なツアー会社だし、お弁当が美味しい。泊りは初めてだけど、林芙美子が浮雲執筆に泊まったホテルに二連泊。
 リーズから帰ってすぐで、せわしないけど、申し込んだ。
 
 5月10日
 うちは、羽田に割に近い。
なので、羽田7時集合でも、余裕で間に合う。
なので、前日の火曜会も、行けちゃいました。
 集合場所へ行ってびっくり。
屋久杉へ行く人が10人、宮之浦登山は、同年代の女性Kさんと2人きりだって。
 話したら、山はあんまり登ったことがないって(ノ°ο°)ノ
累計標高差は950mくらいだけど、マップタイム10時間 
大丈夫かな?( ̄~ ̄;)
 まずは、羽田から鹿児島、15分遅れて、鹿児島から屋久島への乗り換えは小走り。
それから、紀元杉って、推定樹齢3000年の杉にご挨拶。
P5101185
3000年前…\(◎ ◎;)/
ギリシャ神話ができたころ?
お話、聞きたいなぁ。
P5101189
それから、屋久杉ランドをウォーキング。これは12名一緒。
苔むしたもののけ姫の世界、いいなぁ。
固有種の、チャボシライトソウを見つけた。
P5101232足元にヒカゲツツジが落ちていて、どこにあるの?と見上げたら、杉の巨木に着生してた。
P5101221ハイノキ
P5101209
クロバイ
P5101211明日御一緒するKさんと、仏陀杉で写真。
P5101228
 帰路、スーパーに寄ってくれたので、明日のお水とか、今夜のお酒とかの買い出し。
私はここで、お土産買っちゃいました。
だって、ホテルに2連泊なんだもん。
コリコリの、ゴマサバのお刺身と、トビウオの唐揚げが美味しかった。
P5101266
 5月11日
早朝4時半にホテルを出発して、5時半に歩き出し。
ガイドさんが、屋久島ではめったにない、って言う、雨の心配のない一日。
現地ガイドさんが、Kさんに「私の後ろに来てください」って。
丸太の階段とかを、怖がってふらついて歩いていたから。
このルートにも杉、栂、樅の巨木があちこちに。
P5111278
 淀川小屋までは、大した登りじゃない。
大木を見ながら登ると、展望台。
(ノ°ο°)ノ オオオオ ムシカリが満開。
P5111282
ガイドさんが、色々説明してくれる。
アセビとムシカリとコミヤマカタバミと
P5111353
、屋久島シャクナゲのつぼみ。
花之江河は、高層湿原。
P5111347
P5111340_2
コケリンドウを見つけた。
P5111344
黒味岳を左に見ながら
P5111306_2
ちょっと登ると宮之浦岳(1936m)
P5111323
\(^o^)/ わーい
口永良部島の噴煙まで見える。
P5111332
照葉樹林の素晴らしい眺め!
もし次に来る機会があれば、黒味岳へ登りたい!
 で、Kさんは頑張って、ほぼマップタイムで歩いちゃった。
5時半下山予定でタクシーを頼んでいたのを、山頂でガイドさんが、1時間早めてくださいって連絡。ガイドさんが山頂でコーヒーを入れてくれた。
P5111335
それでも早目に付きそうなので、あちこちっでたっぷり休憩。
ガイドさんが、Kさんに、ほんとに山を歩いてないんですか?
って。そしたら、今日のために、ひと月前から階段昇降とステップをやったって。
素晴らしい!
 添乗員さんは前夜「もしお二人が6時半に戻らなければ、屋久杉へ行った10人で、先に食べているけど、戻ってまた乾杯します7ね」
って言ってたけど、なんと、先にホテル到着。
屋久杉から戻った添乗員さんが「( ̄o ̄) え?なんで宮之浦チームがもういるんですか?」だって~("⌒∇⌒")
「ちゃんと、登ってきましたよ。山頂から口永良部まで見えましたよ」って、報告。
 人数が把握しやすい、12名のツアー。
2日目の夜は、和気あいあいで、飲めや歌えの大騒ぎ(^ー^* )
P5111311
 5月12日
昨日縄文杉へ行った、ハイキングチームと合同で、竜神の滝
P5121378
千尋(センピロ)の滝
P5121384
大川(オオコ)の滝へ。
P5121394
 
 千尋の滝は、とにかく大きな岩壁で素晴らしく、売店で売っていた、糯米粉対ヨモギ、1:1の、かからん団子サンキライの葉で包んだお餅が絶品でした。個200円。これは、行ったらぜひ食べてね。
P5121388
大川の滝は、展望台から岩伝いで滝壺のすぐ近くまで行けて、雄大。
でその後、20人以下のバスしか通れない、西部林道へ。
 猿と 鹿と 照葉樹の世界。
P5121417
P5121427ヤクシマコンテリギ
P5121389
途中、30分ほどウォーキング。
あまりに多い鹿と猿に、地元のバスの運転手さんに「植生が荒れちゃったりしませんか?」ってお聞きした。
やはり、最近、シカの食害が問題になっていて、宮之浦岳登山口付近とか、数カ所が実験的に、ネットを張られているらしい。
ネットのある場所だけ、小さな木や草が、青々として茂っている。
 そのあと、お昼を食べて白谷雲水峡へ。
バスを降りたら、霧雨。
もっとも雲水峡がきれいに見えるお天気ですって。
P5121452
 日本で見られる苔、約1600種のうち、600種のコケが、ここで見られるらしい。
深い森と豊かな雨(年間雨量が8000ミリを超える)だから、コケの宝庫なんだね。
シラガゴケ、タカサゴサガリゴケ、ミズゴケ、フォーリースギバゴケ、ヒロハヒノキゴケ、ケチョウチンゴケ・・
(ノ°ο°)ノおぉ~!
この雲水峡は、もののけ姫のモデルになったとも言われているの。
ヤクシマミヤマスミレ
P5121450ヒメシャラの巨木
P5121490アリドオシ
P5121477リンゴツバキ
P5121478サクラツツジ
P5121462コガクウツギ
P5121448ウミガメの登ってきた跡
P5121432
 帰りの飛行機は、17:05発。
屋久島空港へ向かう途中、添乗員さんの携帯に電話。
「え? 欠航?」
・・・(・  _  ・ ;)
 屋久島は、有視界飛行だから欠航が多いけど、今日は視界はある。
ところが、12日の午後の鹿児島は雷雨で、鹿児島から屋久島へ飛ばなかったんだって。
屋久島に、飛行機のストックはない(;>_<;)
来てくれなきゃ、飛べない。
 (≧◇≦)ヒェーーー!
明日は、娘の友達の結婚式で、振袖を着せる予定!
そのために、汗だくでの着付けも不安だったので、リサイクルショップで袋帯を作り帯にしておいた。
ので、娘が何とか自分で着てみるって。
それに、孫がどうしても来たいって言ってたから「日曜日はお山だから土曜日ならいいよ」って言ってあった。
うーん (+_+) どうしよう~。
 ごめんなさい!【><。】
週末会のメンバーに、ドタキャンメール。
よくニュースで、離島便欠航 とかってニュースを見たことはあるけど、実際に自分が足止めされたのは初めて!
 添乗員さんが、急いで宿を押さえて、でも今からはもう夕食は間に合わないって。
追加の宿泊費は持ち出しで、朝食付き7000円。
夕食は近くへ食べに行きましょう。
で、私とKさんは、帰路に寄ったドラッグストアで鹿児島焼きネギラーメンって言うカップ麺を買っちゃった。
あと、島のお豆腐も買って、超お安い夕食。
テレビを点けると、鹿児島の豪雨と、屋久島で雷雨や竜巻に注意って言うニュース(;>_<;)
 5月13日
予想外に1泊増えちゃって、でも逆に、ツアーとは思えない、仲良しグループになっちゃったよ。
昼過ぎの便は、25分遅れで何とか屋久島は飛び立った。
宮之浦岳が見える
P5131508 あっという間に開聞岳が
P5131520で、鹿児島で乗り換え。
けど、今度は雷雲が関東に向かってるって(・_・;)
羽田から、鹿児島へ引き返すこともありうるって・・・
飛行機はすごく揺れて、シートベルトサインは付きっぱなし。
でも、何とか今日帰れることができました~(;´o`)
 1ヶ月に35日雨が降る って言う屋久島で、二日間最高の天気で、最後の苔の森はしっとりの雨で、
これ以上ない恵まれたお天気だったのに、最後にプラマイゼロにしてくれた、貴重な旅行でした。

2017年5月 9日 (火)

三浦アルプス

 逗子駅のマックで集合。
 阿部倉山頂へちょっと寄ったら!
アオキの藪をかがんで歩いた、樹林の山頂が、どこここ?って状態に。
P5091095
伐採されたスッキリ広い山頂になってました。
降りて、下二子山へ。
ここね、ちょっと早いのは分かってたけど、サイハイランが咲くの。
まだつぼみかな~、色がついてる子はいないかなぁ~・・・
P5091096
 \( ^o^ )/ ヤッター♪
可愛いピンクの子、発見。
P5091105
采配を振るう の、采配、に似ているから、サイハイランって名付けられたんですって。
この花、ちょっと前まで、高尾のメインルートでも結構見られたの。
一番の群生地は、一丁平の辺り。
東屋とか作って、大々的に掘り起こされて、根こそぎやられちゃいました【T_T】

 下二子から、いったん鞍部へ降りて、上二子への登り返しまでの間が、サイハイランの群生地です。
この辺りは、土の急斜面なんで、ズルズル滑って、雨の後なんかはなかなかの難路です。

 上二子(207,8m)ここは、私が最もくり返しタッチしている一等三角点。
P5091108
ここで、朝のお茶休憩(*'‐'*) うふ♪
お菓子は、広島土産のもみじ饅頭でございます。
P5091109
 森戸川源流へ降りて、ここは、ほぼ沢歩きって感じ。
藤の花がきれい。
お姉さま方は、この辺りは何度も歩いているから、今日は、中尾根の支尾根に取り付く。
急斜面を登ると・・・

 \(^o^)/ わーい
いたいた。シロバナホタルカズラ。
P5091130
この白花種は、ここでしか見たことがないの。
でも、結構かたまって咲いていて、群生地で撮影会!(^ー^* )
ギンラン
P5091126
ヤブデマリ
P5091113
カマツ
P5091117
途中の鉄塔広場でランチして、乳頭山(211m)へ
P5091142
 この三浦アルプスは、四角く囲まれた尾根と、そこから派生する小さな尾根や沢で、数えきれないルート取りができる。
今日は、南東の尾根で、久しぶりの畠山(205,2m)へ出る。
コバノタツナミソウ
P5091137
シロバナハンショウヅル
P5091149
標高は低いけど、結構な急登、急降下続きだから、侮れないんだよ。
ここから、横浜横須賀道路の長いトンネルをくぐって、安針塚へ。
P5091158
 三浦按針って、知ってる?
イギリスからの漂流船に乗ってた航海士で、造船技術とか航海術とか知識を持っていた。
家康が、相模国逸見に采地を与えて、名字も、地名の三浦と、航海士の意味の按針(水先案内人)を名乗らせた。
イギリス人で、日本の武士階級になったのって、この人だけかな?
でも、家康の死後は、幽閉に近い扱いだったみたい。
イギリスには奥さんがいたらしいけど、お墓は、お隣に庄屋の娘の妻のお墓も並んでるの。
このお墓のある塚山公園は、海が見える、桜の見事な公園。
ちーちゃんに桜と海を見せたくて、以前タクシーでここまで登ってもらって、お花見をしたこともあるよ。

 今日は、京急の按針塚駅へ歩いて降りる。
この駅って、ほんとに何にもないところでね、時間が早いから打ち上げをしたいと思っても、駅前にお店が開いてないんだよ。

 で、乗り換えの金沢文庫で、(=^O^=)o□ プハァ
P5091160
いつもご馳走様でした(/・0・) 

 

2017年5月 8日 (月)

ダイヤモンド・プリンセスクルー ズ 高知・広島・釜山・長崎

ダイヤモンド・プリンセスクルー
この船は、世界最大級のクルーズブランドなの。
でも、豪華客船の旅の割に、お手頃価格なんだよ。日本のクルーズ客船の、飛鳥ツーや日本丸より、ずっとずっとお安い。
 何より、クルーズ旅行は、移動中にダンス三昧、趣味三昧ができる。
そして、夫と一緒に旅行に出ても、クルーズ中は別行動できる。これが、最大のメリット!
 あとね、出かける1週間くらい前に、大きな荷物を送っちゃうと、ちゃんと船室に届いてるんだ。だから、ダンスドレスを何枚も持って行っても大丈夫。客室に大きなクローゼットもあるし~。
 それにうちは横浜だから、横浜乗船の船旅って、すっごい楽なの。
 クルーズ中の、お食事や飲み物、何を頼んでもタダだから、意外とコスパも良い。
食べ過ぎに注意だけどね。
 今回は、ダンスの社員割引みたいなので、バルコニー付きがめちゃ安になるってお知らせが来て、夫を誘った。
 
  4月29日
 気持ちのいい陽気。
昨日のお山の洗濯ものもすべて乾いて、片付けてから出発できた。
横浜大さん橋にお昼に到着。
ダイヤモンドプリンセスは近くで見ると巨大!
P4290800
 お部屋に入って、送っておいた荷物を整理
海風を感じながら、ゆったりとバルコニーでワイン。
ちょっと、お貴族様気分~♪~
あら、桟橋で結婚式をしているわ。
P4290801
 私たちのお部屋は11階で、バルコニー寄りに、ライティングデスクと鏡。その反対側の壁沿いにテレビ、ポット、冷蔵庫。
P5051055
入口にクロ―ゼットとシャワールーム。
P5010861
 お船の全長が290m、廊下に出ると、向こうが見えない。
P4290809
でも、一昨年乗った、アメリカ船籍のボイジャーオブシーズよりは、少し小さいね。プールとジャグジーが、4ヶ所にあるの。
P4290816お見送りの人を見る、バルコニーの人を撮る。
P4290823放水してのお見送り。あ!虹!
P4290827
 船室に、今日のスケジュール新聞があって、色んなカルチャースクールや、映画や、ショーもあるよ。
 ディナーは、メインダイニングに行くと毎回同じお席。
同じ担当者がサービスしてくれます。
ワインのボトルキープもできるって。
で、さっそく夫がキープしてた。
 もし、正装が面倒だったら、サブのヴッフェスタイルのレストランもあって、そっちで好きなものを取って食べてもいいの。
でも、フルコースのディナーって、結婚式やダンス発表会くらいしか機会がないから、やっぱり夜はコースで頂きたい。
デッキも長いよ。
P5041054
 夜は11時半まで社交ダンスで、そのあとディスコ~♪~。
P5010903
   4月30日
終日航海。
ブレックファストをルームサービスしてみた。
依頼の時間に、ボーイさんが、色々運んできて、バルコニーへセットしてくれる。
焼きたてで、まだ暖かいパンはサックサクで、いくつでも食べられちゃうし~
コーヒーはポットサ-ビスだし~
P5040994
貧乏性だから、ドリップコーヒ―とか、色々持ち込んだけど・・・
なぁんだ。お部屋にサービスしてもらえるんだ!
1ドルチップ。
 今日は、ダンスの講習とか(これは、男性役で入って欲しいって)、ズンバとか、ボリウッドダンス(インド風エアロビみたいなもの)
それにフラダンスの講習もあって、航海中に3回あるって。
5月5日に、お祭りイベントで、それぞれの発表会があるんだって!
わぁ、大勢の人に見てもらえる~(=●^0^●=)v
やる気、まんまん。
 コミカルなクッキングショートとか、押し花とか絵手紙とか写真とか、色んな講習会もある。
スパもプールも、マジックショーも、カジノもある。
これは、200海里?離れたら開催するんですって。
 あと、日本風の温泉もあるよ。
大海原を眺めながらのお風呂は、気持がいい~(*^_^*)v
夫は、持ち込んだ本を、バルコニーやスパのデッキチェアーで読んでは、昼からワインを頼んで、お昼寝してご機嫌(^ー^* )
 今夜は、フォーマルディナーなんで、友人がくれた絹地で以前縫った、自作のワンピを着る。
まだ一度もお洗濯していないから、ちょっと布の張りが強いのが気になる。
けど、テーブルでお隣になった方に「ご自分で縫ったの?とっても素敵よ!」って、言って頂いた。
バックもおソロで作ったよ~。
 お部屋へ戻って、急いで着替えてダンス~
 ダンスの後パブへ行かない?って、知り合った奥さまグループに誘われた。
パブで、ずっと男役でダンス。
船って、ちょっとだけ踊れるって女性が結構いるんで、毎回モテモテになっちゃうよ。マダムに("⌒∇⌒")
「お腹空いたね」って、夜食コーナーに行くと、ランチよりは品数が少ないけど、ラーメンとかも食べられるようになってた。
ディスコへ移動して・・・
気が付けば午前2時~(^。^;)
 5月1日
目が覚めたら、もう高知港に着岸してた。
ゆっくり朝食を食べて、上陸。
夫は、仁淀川へ行くって、前もってレンタカーを借りてくれた。
四国で水がきれいなのは、四万十川だけじゃないもんね。
 まずは夫が行きたがった、仁淀川。
車で西へ、1時間ちょっと。
程野の、にこ淵って言うのが、今ネットで話題。
滝まで、鎖場と梯子があるの。
P5010867
だから?年配観光客はいなくて、若い人がちらほら。
仁淀ブルーって言うんだよ。
青が吸い込まれそう。
P5010871
程野の水晶渕と見返りの滝にも寄った。
P5010882
滝に虹がかかって、滝壺の青が吸い込まれそうだった。
P5010884_2水晶淵は釣りをしてる人が居た。
こんなに水が澄んでて、釣れるのかなぁ。
P5010887
 で、高知港方向へ戻って、鷲尾山県立自然公園へ。
この奥に、一等三角点があるのよ。
徒歩5分で、チャチャッと一等三角点タッチ。
点名『鷲尾山』
お山の名前は烏帽子山(359,1m)
P5010890
いい眺めよ。
 港に近い、土佐ぽかぽか温泉って言うのに寄る。
船に帰って、夜はダンス♪ ヘ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ ♪
 5月2日
瀬戸内海の島の間から、陽が登る。
P5020915
広島港 9時寄港
シャトルバスで広島駅まで出て、レンタカーへ。
広島港から、三高港へ行くフェリーに乗る。
瀬戸内海に入り組んだ島。能美島から、いくつかの大橋を通って呉に出よう って言うドライブ。
有名な、厳島の東隣。
 実はね、この島の真ん中の、野登呂山(541,8m)は、一等三角点なんだ。
点名『能美島』
P5020931天測点もあるよ
P5020930
眺めがいいんだって、と、夫に勧めちゃった(^。^;)
ごく最近、山頂の木が伐採されたらしい。
P5020933
その下の、いけすの魚を釣らせてくれて、すぐさばいてくれるお店でお昼。
釣った魚の重さによって、お料理の値段が違うの。
で、夫が大きい鯛を釣ってくれた~ε= (*^o^*)
P5020941
・・・食べきれるかしら。
 半身はお刺身で、
P5020942
半身は塩焼き これが絶品!
P5020943
アラでお汁と、ゴボウと揚げの入った鯛めし。
すごい量だったけど、美味しくて完食~("⌒∇⌒")
 ここから、早瀬瀬戸大橋と音戸ノ瀬戸大橋を渡って、呉へ。
映画「この世界の片隅で」のすずちゃんちは、この辺かな?なんて・・・
これは、なかなか面白いドライブだった。
P5020954
 船の手前ブースで、出国手続きと検閲。
 夜はもちろんダンス~(* ̄∇ ̄*)
 5月3日
午前中に、明日近寄ってくれる軍艦島の講演会がある。
20年お勤めしていた方が、写真を写しながら、あれこれ話してくれました。
面白エピソードとか、とっても楽しめました。
 午後、釜山寄港
船の中で入国審査。
オプショナルツアーのバスの台数がすごい!
P5030967
釜山は何度も来てるし、お山(蓬莱山)も登ってる。
じゃ、汗蒸幕に寄って、市場でも冷やかそうか。
 ダイヤモンド・プリンセスの前から、シャトルバスが、チャガルチ市場・国際市場・ロッテデパートの3種類出るって。
じゃ、遠い方の国際市場から、チャガルチ市場まで歩こうか?
バスを下りたらすごい人(・_・;)
あ!” 大統領選挙の演説だ。
P5030969
 商店街を冷かして、300円ほどのストールを買った。
今夜はこれで、ディナーに行こう(^ー^* )
屋台でチジミと餃子饅頭。合わせて500円ほど。
P5030971
韓国で使ったのは、この800円だけ("⌒∇⌒")
船で食べたら、お金はかからないんだけど、やっぱり現地の食べ物も食べてみたいしね~。
 5月4日
早朝、軍艦島のすぐ近くを、周回してくれる。
P5040981
シケだと近づけないところを、超接近して、
P5040984
高いところから見下ろせるのは、気持がいい!(*^_^*)v
P5040993
 長崎港9時着岸
国際松ヶ枝ターミナルは、グラバー亭が目の前。
港に近いレンタカー屋さんで、大村の裏見の滝とシャクナゲ園へ。
P5041011
ここのシャクナゲはみごとなのに、入場料200円はお安いな。
P5041016
長崎へ戻って、定番ちゃんぽんと皿うどんを食べて~結構、時間があるね。
稲佐山は、2015年に乗った、タイタニック号の4倍の、ボイジャーオブシーズのクルーズの時にも来たの。
でも、夫は行ったことがないって言うから稲佐山へ。
 展望台は、気持ちい〜い!〜♪〜
そして見下ろす、ダイヤモンド・プリンセス。
P5041026
海の風と一面のツツジ! 
P5041020
トレランの大会で、次々人が登ってくる。
273キロも走るんだって(ノ°ο°)ノ
P5041023
P5041027
 ふもとの稲佐山温泉に寄る。
メッチャ眺めのいいお風呂で、泉質も最高!
P5041028船に戻って、船からの稲佐山
P5041042あ、グラバー亭からもこっちに手を振ってくれてる
P5041037
 5月5日
終日航海。
もし飛行機だったら、飽きてしまいそうなこの時間。
クルーズでは、実は一番楽しいんだよね~(*^_^*)v
エアロビクスとか、ディスコとか、フラダンスとか、ダンス関係は何でも好きだから、もう、一日が忙しいのなんの。
ほとんど部屋から出ない夫のために、ちょこちょこ戻っては、お昼とか、アフタヌーンティーに誘ったりして(^。^;)
結局、ジャグジーに行ってプールサイドでくつろいだのは、私が一緒だった最初の日だけだった。
私より英語も話せるし、船員さんはだいぶ日本語を覚えて来たし、何が面倒なのかなぁ。
午後には、たくさんのカルチャークラスが発表会!
5階から7階まで吹き抜けの広場で、たくさんの見学者に囲まれて~
フラダンスと、ボリウッドダンスと、阿波踊りを踊りました。
講習の時はもっと大勢いたのに~。
 最後の夜もフォーマルディナー。
たくさんの方から「さっき見たわよ。なんでも踊れるのね」
なんてお声をかけて頂いて、嬉しい("⌒∇⌒")
 「小笠原の時に、あなたにダンスを教えてもらったのよ」って方にも声をかけて頂いた。
よく覚えてるなぁ~。
 中央でトッププロのダンスショー
P5051071ここで、発表会で踊ったんだよ。
その後バルーンパーティー。
たくさんの人が見ている、真下で踊る。
天井から、一斉に風船が落ちてくる~
P5051077
 お部屋に戻って、送ってもらうお荷物をバゲージに詰めて、夜8時までにお部屋の前に出す。
これで、大きなバゲージは、明後日自宅に届くの。
ダンスのペチコートも、ドレスも、詰めちゃう。
朝、泳ぎたいから、水着だけはお持ち帰りかな。
で、ダンスのパンツスタイルでうろうろしていたら、顔見知りになったグループに、踊って!って言われて、最後の晩はずっと、男役でした。
 いやもう・・・
お姉さま方にモテモテ(=^^ゞ ポリポリ
 お部屋に帰ったら、今日も午前様~
 5月6日
ああ、名残惜しいわぁ。
でも、ベイブリッジが見えてきちゃった。
P5061083
去年の小笠原は、桜の季節だったけど、横浜港は花ミズキが満開。
ダイヤモンド・プリンセスを見に来た人もいっぱい。
ビルの隙間に富士山や丹沢も見えたよ。
P5061086
 でも、港から自宅まで45分って、ほんとに楽~。
船でもお洗濯したけど、取り敢えず、持って帰ったお荷物分だけ洗濯機回して、まずは日記("⌒∇⌒")
 めっちゃ楽しかったけど、毎晩寝るのが1時2時。
お夕食後にすぐ寝てしまう夫は、5時には起き出すので、昼寝もせずに、よくもったな私、って感じ~
 寄港地ですべて晴れの、最高のクルーズでした(=●^0^●=)v
帰宅したら、わが家のツツジが満開でした。
P5061087

2017年4月28日 (金)

介山記念館~高芝山~柳沢の頭

 先月16日に、山友と小倉山へ行った。 その時、以前敗退した高芝山へ、急遽行ってみてくれるとのことで、登り始めたけど・・・ 崩壊地で、やっぱりビビって止めた。 で、帰路に、介山記念館からの登り口を下見してくれた。  今回は、そのルート。

 山友が、別の日に、わざわざ一人で、下見に登って下さったの。 申し訳ないやら、ありがたいやら。  
 介山記念館の駐車場の奥が、川の出合い。 コブシとヤマザクラがきれい。
P4280739
 小川を飛び越えて、真ん中の踏み跡からの歩き出し。 右手に、大菩薩がよく見える。  
P4280756
なかなかの急斜面を、標高差250mほど登ると、きれいな尾根に乗る。
 ウリハダカエデ
P4280743
 フイリフモトスミレ
P4280749鉄塔から富士山
P4280752ミツバツツジ
P4280759
途中、鉄塔巡視路の階段を使い、1時間ほど登ると、右から尾根が合わさる。 こっちの方がメインルートみたいで、踏み跡もあって・・・ でも、行くなの枝がいっぱい摘んでありました。  
P4280764
尾根の左が唐松、右が広葉樹になって、芽吹いたばかりの緑がきれい~\(^o^)/ 尾根が広くなって、ぶなの巨木が現れる。 コブコブで、なかなかの迫力!  
P4280768
 この辺り、開放感があって気持ちがい~い。と思っていたら、スズタケの藪になった。 間もなく、高芝山東峰(1518m) 私製の山名板がついてます。  
P4280770
ここから、いったん鞍部へ下る。 ここもスズタケの藪。
P4280771
見上げる西峰まで、滑り台みたいな急斜面。 四つ足で、木につかまって這い上る。
P4280774
ε= (*^o^*) ふぅ~ やっと来れた! あれれ~山名板・・・ないの? 見上げたら、ありました。 高芝山西峰(1540m)
P4280777
木が伸びちゃったんだ!  ちょっと先の、ケルンまで行くと眺めがいい。鞍部に降りてからランチにしましょうか?って聞いたら、今日ご一緒してる3名が、お腹空いたって~。 高芝山東峰ケルンでランチ。富士山と、三つ峠当たりの眺めがいいところ。  さっきの鞍部まで、急斜面を木につかまって、ズルズルと下りて~  
 車だと、同じところに下山しなきゃだけど、今日は違うの(^v^)v
管理人さんのお友達が車で来てくれて、1台を柳沢峠へ置いて来たの。 だから、同じ道を下山しなくても済むの。 これはありがたいです。  尾根を真北へどんどん登ると、林道へ出る。
P4280781振り向いた高芝山西峰が、尖ってる
P4280782
ちょっと右に林道を歩いて、また山に取り付く。  ここ、以前来た時は、木の階段の登山道に、ワサワサにスズタケが茂っちゃって、すごい藪漕ぎだった。 でも、スズタケは枯れて、多少の藪漕ぎで柳沢の頭でした。
 よかった(;-_-) =3 ふぅ~  
標高差80mくらい登ると、柳沢の頭(1,671,2m)
P4280790
ここは、1月9日に、お山に雪予報で、夫を連れてきたところ。
あの日は、柳沢峠が除雪していなくて、車を入れるのに、二人で雪を踏み踏みしたっけ。  
28b45f22bd8840a084b1834227f5ba3e
今日は、標高の割に暖かい。
南アルプスや
P4280786
金峰も見えて
P4280797
気持がい~い \(^o^)/  
ここでゆっくりおやつ休憩。 柳沢峠で、しっかりとストレッチをご指導。
P4280799
 朝置いた車で、登山口まで戻って、ここでみなさんとお別れ。 お疲れ様でした(゜゜)(。。)ペコリ  駅まで送って頂いて・・・ 管理人さん、いつもわがままを聞いてくださってありがとうございます(/・0・)  やっと、やっと、高芝山へ行けました。  青空と新緑、美しかったです。

2017年4月26日 (水)

南高尾お花巡り

 3月23日に、大姉さまと、城山カタクリの里から死人橋へ歩いた。
今回は、逆ルートから、ヤマブキソウとヤマツツジとニリンソウ狙いで企画。今年ほど、お花が難しい年はないから、見たいお花が見られるのかなぁ~・・・
 橋本にゆっくり集合。
バスで上中沢へ20分。
P4250604
住宅地の裏から、圏央道のトンネル脇の細い登山道を通って、死人橋へ。
P4250607
ちい姉さまったら、沢へ降りるまで、前に来たことを思い出してくれないんですよ~(;´o`)
P4250617
 で、ちょっと歩き始めると~
\(^o^)/ わーい
ヤマブキソウが、咲いてました。
P4250611
イカリソウに
P4250616
ニリンソウにウマノアシガタも!
P4250626
 ヤマブキソウって、以前は高尾でも結構見られたのに、この十数年、会えなくなりました。
P4250619
黄色い、かわいい花を堪能して城山へ。
P4250629
最高峰が、藪の山頂 竜子(351,7m)
P4250635ハナイカダの花が咲いてる
P4250633
なんと、前はなかった山名板がついてました。
ジュウニヒトエ
P4250652
ここから、ハイキング道と並行するバリルートで、三ツ沢峠から、泰光寺山へ。
P4250644
ハルリンドウに、
P4250650
ホタルカズラに、
P4250640
ヒトリシズカ(*^_^*)うふ~
P4250658
西沢峠から、一度お山を下りちゃいます。
 なんでかって言うと・・・
ほらぁ\(^o^)/
P4250672
一面のニリンソウ(=●^0^●=)v
P4250673
この辺りを何度も歩いたお姉さま方も「こんなの、知らなかったわ~」ですって。
P4250674
こちらにも、ヤマブキソウの群生
P4250694 と、クマガイソウに
P4250703
イチリンソウに
P4250706
ヤマルリソウ(^ー^* )
P4250711
結構交通量の多いR20から、今度は草戸山方向へ登り返し。
P4250714
 ここから四辻までは、まさにヤマツツジロード。
新緑と
P4250651
チゴユリと
P4250653
ヤマツツジ。
堪能しました。
P4250734
 で、高尾山口へ、2時半下山。
 実はね、火曜会のアイドルPちゃんが、今月初めから欠席。
今日は、打ち上げだけに来てくれたの。
みんな心配したよ。
会いたかったよぉ~(j o j) ウルルル
5月には、一緒に歩きましょうね~。
 アンチョビピザと生ハムピザと、生ビールで乾杯!
本日も、ご馳走様でした(/・0・) 
P4250748
 狙ったお花が全部見られて、よかったです~。
お花を見て頂くために、すっごく無駄なルートでしたが、5時間ルートお疲れ様でした(/・0・) 
ちょっととった山椒と、新潟へ行った時に買った寒ずりで、冷ややっこのお夕飯、春の香りだったよ
P4250750

2017年4月23日 (日)

辻山

 山友たちが、真っ白な白根三山を眺めに、辻山へ行きたいって。
春霞のこの時期に、見られるかなぁ・・・
標高差1400m マップタイム8時間半の、鳳凰三山ちょい手前の辻山往復。踏み抜き地獄のこの時期は、一番時間がかかる。
 夜叉神の森から、まずは夜叉神峠へ。
P4220517
ここは、積雪時にも、何度か来てる。
熊がよく徘徊する高谷山へは、子供が小さい頃にも連れて来た。
ご飯を4合炊いて、お稲荷さんを24個も作って来たのに、40代の夫と中学に入ったばかりの息子が、20個食べちゃった、思い出の夜叉神峠。
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
白根三山、見事です(^ー^* )
P4220520
でも、空が白いから、映えないなぁ。
 ここまでは、雪は無し。
少しずつ、凍結部分が出て来て・・・
アイスバーンを避けるのも危ない感じになった、杖立峠の手前から、アイゼンをつけました。
杖立峠はちょっと地面が出てる。
P4220524青空が広がってきた
P4220530
火事場跡辺りから、たまに踏み抜くようになって、踏み抜いたら、足をあげるのが、重い~(;´o`)
P4220522
これは、体力消耗する~。
P4220535
苺平(2524m)目印はだいぶ埋もれてる
P4220578
ここまでは、トレースがしっかりしている。
千頭星方向も、
P4220538
辻山へも、トレースがない。
あれ~、誰も行ってないの?
P4220577
 ここから、ほんの短い距離だけど、踏み抜き地獄でした。
みんなで、キャーキャー大騒ぎ!("⌒∇⌒")
辛いんだか、楽しいんだか~
そこそこ藪っぽくて、でも、ほんの15分くらいで
\(●⌒∇⌒●)/ うわ~
真っ白い山頂に、巨大白根三山が、ドーン!
P4220568
私のカメラだと、三山入らない!
北岳・間ノ岳 か、間ノ岳・農鳥かで、いっぱいいっぱい。
 辻山(2584,7m) まぶしい~
P4220573
ここは、隠れた名峰~。
しかも、私たち以外、誰もいない(*'‐'*) うふふ~♪~
仙丈とアサヨの間に、遠くに、白い峰が見えた。乗鞍辺り?
P4220548
時々間に雲が入って、でも、仙丈もアサヨも鳳凰も、美しい!
P4220549北岳、ちょっとズームしたら、こんなだよ。
P4220571
 結構まったりと、ランチしちゃいました。
あらあら大変!(・_・;
マップタイムは、8時間半だっけ(・_・;)
戻りは、行より踏み抜く~(;´o`)ふぅ~
戻った夜叉神峠から
P4220585農鳥の奥に、塩見と・・・荒川?
P4220587
登山口付近は、アブラチャンが咲き始め
P4220594
 それでも、行動時間6時間ちょいで戻れたよ。
あ~、よかった。
お夕飯の支度に間に合うわ。
芦安は、八重桜とヤマザクラが競演
P4220596川には鯉のぼりが泳いでたよ
P4220597
 笹子トンネルを抜けたら、雨でびっくり。
今日の予報って、夕方遅くから雨 じゃなかったの?(^o^; ~
 火曜日に、本栖湖越しに眺めた白根三山。
間近に見られて、満足、満足(*^_^*)v
 たぶん・・・
今期最後の雪山でした。

2017年4月20日 (木)

富士大室山と富士風穴 浅間大社

 富士の裾野の大室山

 以前日記に書いたら、静岡の山友が行ってみたいって言ってた。
じゃ、雪が消えたら、乗せて頂けますか?

 新富士で待ち合わせて、レンタカーに乗せてもらう。
いつもありがとうございます(/・0・) 
朝霧高原辺りで、朝霧

P4180417
 ナビ入れて、分かりにくい登山口へ。
ここ、精進湖口登山道が横切っているの。
でも、入り口に小さな案内があるだけだから、通り過ぎ易いんだよね。
P4180423
 ここから、五合目に登る人は少ないだろうなぁ。
精進湖口3合目でバスを下りたことは、何度もある。
降りる時、バスに乗った人が、すっごく怪訝そうな顔してみてたっけ。
富士山は、五合目から上だけが、観光スポットじゃないんだよ。
どちらかと言えば、富士山って、五合目までが楽しい って、思う。
大沢崩れとか、お中道も面白いし、何よりお花が色々見られるしね。

 でも、今日は、もっと裾野。
緑の苔がモコモコの、富士の樹海がいい感じ。
針葉樹と広葉樹の混合林は、木漏れ日が、柔らかくてきれいなの。
なにより静かでいいのよ。

 と思ってたら、二台バスが来て、ヘルメットかぶった子供たちとガイドさん。
P4180422
ガヤガヤ・ワイワイ・・・(;>_<;)
聞いたら、背負子風穴、大室風穴、富士風穴を見るんですって!
「そちらはどこへ?」って言われたから
「後で風穴も行きますけど、まず大室山へ」 

 この大室山、4千年くらい前に噴火した単成火山。
谷の脇を登って、あとは、ただただ高いところへ。
P4180425お姉さま方の下の方に、観光バスの子供たちが見える。
 足元が、たっぷり水を含んで滑る斜面。
時々、遠くや近くにテープがあったりするけど、踏み跡は全くありません。
途中で「足が攣りそう!」
って、二人のお姉さまが、ツムラの68番と
アミノバイタルを飲んで休んだ。
今日は、急に暑いから、身体が慣れないのね。
P4180432

 ゆっくり登って、大室山(1468m)
山頂は樹林です。
P4180433
 南へ、藪っぽい道の中に、踏み跡があって、その先に、二等三角点
P4180434
いばらの道を下りると、展望地。あれれ(;>_<;) 真っ白?
と思ったら、さーっと霧が晴れて来て
P4180435
目の前に、ズームしないのに、画面からはみ出すような富士山。
P4180438
富士山の裾野の山だからねぇ。
あ~、よかった。
お姉さま方に、これをお見せできて。
P4180440
 だって、予報がずっと、雨だったんだもん。
しかも、風が強くて荒れるって。
しかもしかも、今日私が横浜を出る時は、横殴りの雨で、電車は強風のために、12分遅れだった!
 こんな道のない藪山で、風雨で、お姉さま方がお怪我でもしたら・・・って心配したけど、
予報より早めに雨が止んで、よかったぁ。

 子抱きは大室山だけじゃないのよ。
隠し子 鹿の頭と片蓋山もあるの。
子だくさんだね~。
山梨富士子さんは("⌒∇⌒")

 トゲトゲ藪のメギの茂みから戻って、笹の茂る藪道から広葉樹林へ。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
樹間から八ヶ岳! 
P4180442
白根三山!
P4180446
荒川赤石も見えてるよ。
道のない、すり鉢状の急斜面を、ザクザク100mほど降りる。
P4180447
大室山の、火口へ下降("⌒∇⌒") キャハハ
P4180448
 去年、バリエーションが得意な管理人さんに連れてきてもらって、ここでランチだった。
ぐるっとお鉢を見上げる不思議空間は、なんだかとっても落ち着いた。
なので、今日もここでランチ(^ー^* )
P4180450
朝までの雨で、若干湿ってる。

 火口西側から、時計回りにぐるっと、一度山頂へ戻る。
P4180452
この藪こぎで、前に来た時、リーダーさんが「あれ?ここどこだろう、分かんなくなっちゃったよ」って言ったの。
だからね、これ、私もやってみた。
そしたら、お姉さま方、「なに?試してるの?地図見ろって?」
・・・( ̄~ ̄;)ウーン・・・ 
かわいくないなぁ~ 
少しは、不安そうな顔するかと思ったのに。

 帰りは、北東にどんどん降りたら、分岐にピッタリ下りられた。
P4180455
じゃ、風穴見学に行きましょうか。
 
 ここからおさらい。
 平安時代、貞観大噴火って、すごい噴火があったのが色んな記録に残ってる。
地震もすごかったんですって。 
その時に、この大室山はもうあったから、流れ出た大量の溶岩は、大室山を迂回して流れた。
森林地帯を焼き払って、大室山の左右からドロドロと流れた。
だから、大室山は、新しい溶岩で覆われていないから、植生が豊かで、ハリブキやカエデ科の木も多いの。
 
 流れた溶岩は、北麓にその頃あった、大きな湖を埋め尽くして止まった。
溶岩は空気に触れたとこだけ、急に冷えて固まって、でも中身はドロドロのまま流れるから、空洞だけがあちこちに残る。
これが風穴。
中にガスとかたまって、ボコッと息を吐き出してできた、一回り小さい穴もあるよ。
 その辺の溶岩地帯が、長い年月を経て、鬱蒼とした緑の森になっている。
 ツガ・ヒノキ・ハリモミとかの針葉樹と、ミズナラやイヌブナなんかの広葉樹の混合林の中に、色んな穴が開いてます。
国指定天然記念物なんだけど、案内板は少ないし、道標はない。
 そんなものがあると、素人が探そうとして、迷っちゃうからね。
富士の樹海は、どっちを見ても同じように見える景色で、とっても迷いやすいんだよ。
でも、コンパスはだいたい使えるよ。
GPSは、入らないところが多いんだって、ガイドさんが言ってた。

 まず、大室風穴へ、と歩き出したら、
P4180458
今日の急な暑さで、もう一人、お姉さまが足が攣ったって・・・
うーん "( ' ' ;)
じゃ、大室風穴は止めましょうか。

 戻って、一番大きくて入りやすい、富士風穴へ。
P4180461
ここは一時、風穴蚕種貯蔵所にしていたところで、その頃の木組みが今も残ってます。
入り口の段差には、梯子がついていて、少し奥は、床一面が氷になる。
もちろん、明かりは何もない。
ここは、天然記念物保存のためにアイゼン禁止なので、ツルツルで斜めの氷の床は危ない。
ので、数歩下りて、上を見上げて頂いて、奥の氷を覗き込んで頂いて、風穴見学はほんとのおさわり程度~。
そのために、明るいライトを持って来た。
P4180472
やっぱ寒いね。みんなの息が白い。
P4180474帰路、本栖湖の展望台があって、(ノ°ο°)ノ オオオオ
P4180476白根三山
P4180477竜ヶ岳と毛無山
P4180478
 さて、少し時間が押したけど、まだ時間に余裕がある。新富士に戻りがてら、富士山浅間大社へ寄ってください、と、運転してくれる山友に、あらかじめお願いしてあった。
ここね、全国1300社ある浅間神社の、総本社なの。
 鳥居をくぐると、散り敷く桜。
P4180492 枝垂れ桜が最盛期
P4180493_2
 湧水池もある、ステキな神社なんです。
P4180497
P4180499
 ほんとはね、ここを考えた10日くらい前は、まだ、桜吹雪が見られるかも?
って期待したんだ~。ここ、桜が多いから。
 でも、ここ数日の陽気で、一気に散っちゃいましたね(/_;)

 お参りして、綺麗な富士の湧水池を見て、花嫁さんの前撮りなんかも見て、新富士駅へ。
P4180500
P4180501
 マイフレさん、運転ありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ
ごめんなさい!
4時36分に乗りたいです。

 お礼もそこそこに、ホームへ。
今、4時29分、あと7分。
お姉さま方、急いでビールを買って、停車中のこだまへ。

 切符を買っていなかったお二人は、発車のベルが鳴る ギリギリに、乗りこめました。
あ~ ε= (*^o^*) よかった。
これに遅れると、帰宅が7時近くなっちゃうんだよね。

マイフレさんごめんなさい(。_。;)

一日運転、ありがとうございました。
(/・0・) 

«花瓶山