高妻山

 先週はね、北アルプスの縦走予定だったんだ。
でも、日本列島がすっぽり入る大型台風で、中止~(/_;)
高妻山へ。

 一不動経由の沢沿いを登って、弥勒尾根で降りる周回ですって。
それがいいね~。沢ルートで降りた人は、結構怖かったって言ってるもんね。

 みんなに立山と館山のお土産を持って~(^ー^* )  

 戸隠の、牧場のわきを進んでいきます。
入口に[靴底を消毒してください]って看板
豚コレラとか怖いですもんね~。

 何度か、渡渉したり、沢の中を歩いたりする。
ナメ滝に鎖が付いて、登るようなところもあるの。
ここが一番、気を使ったよ。滑りそうで。

Img_0721_20190818220401

シラヒゲソウが咲いていました

Img_0718

アップ

Img_0710_20190818220401
帯岩って言う一枚岩のトラバースもあるけど、ここは、しっかりした鎖が付いていて、ありがたい。

チョウジギク

Img_0725_20190818220501
 氷清水って言う水場があって、思わず顔を洗っちゃいましたよ。

Img_0730

あ~、日焼け止めが落ちちゃった。
とにかく暑い~(#´ο`#) はぁ~
台風一過のフェーン現象ってやつ?

 戸隠からの尾根に出ると、避難小屋があります。
ここが一不動。
(ノ°ο°)ノ オオオオ

 木の間から、これから登る高妻がとがってる。
まだ遠い~(;´o`)
暑いよぉ~(;-_-) =3 ふぅ
ずーっと、片手は扇子で顔を、あおぎっぱなしです。 

 少し行くと二釈迦 また少し行くと三文殊 
この左手の岩から!
(ノ°ο°)ノ オオオオ
高妻の左に、白馬や五竜が見えてます!

Img_0754

アップ

Img_0753
去年の五竜は、暑かったよね~、って懐かしい。

 四普賢 五地蔵 六弥勒
それぞれに、小さな祠が祭られています。

 六弥勒のすぐ手前から、ちょっと右に登ると五地蔵山(1998m) 

 稜線からは左手に戸隠、右奥に頚城山塊。
でも、ふあ~っとガスって、真っ白になっちゃう。
ガスった方が、暑くない("⌒∇⌒") 

 七薬師 八観音 九勢至 
(ノ°ο°)ノ おぉ~
やっと、高妻山が近づいてきた。

Img_0761_20190818221001

 でも、急登に次ぐ急登で、結構ヘロヘロ~。
登山道って言うより、ずっと岩を登っているくらいの傾斜な感じ。

 十阿弥陀 ここから岩々~。
金峰の山頂直下の岩を、もうちょっと縦にした感じで、結構歩きにくいね。

 高妻山(2352,8m)

Img_0767
雲が上がって、切れ切れの北アルプスを見ながらランチ。
気持ちいいなぁ。
涼しいなぁ。
下りたくないよぉ~
だって、下界は灼熱地獄だもん(#´ο`#)

 ちょっと下り始めると、登山道が真下って感じ。急斜面具合が分かるでしょ!
Img_0770
 

 下山は、五地蔵山から弥勒尾根。
同じくらいの距離で周回するんだから、行きと同じくらいの急降下。
ジリジリの陽射しが辛かったけど、途中から日が影ってくれて、助かりました。
ブナ林が出てきて、コブコブの巨木 ブナ仙人さまがすてき!

Img_0776  
 牧場の脇を歩いて、目の前に飯綱山

Img_0781

 標高差1350m マップタイム8時間
最初から最後まで急な登山道の、耐暑登山でした。
 
 で、鏡池で逆さ戸隠を撮って、

Img_0681
戸隠蕎麦と蕎麦ソフトを頂いて

Img_0713

香ばしくて美味しい蕎麦ソフト

Img_0698_20190818221401


今夜は簡単に、戸隠蕎麦と小鮎の山椒煮と野沢菜にしちゃいました。

 日が暮れても、暑いなぁ。
今夜も熱帯夜かなぁ(;-_-) =3 はぁ~

2019年8月13日 (火)

新道峠~節刀ヶ岳~大石峠

お盆時期は、大人の休日切符が使えない。
じゃ、近間で涼しいところはないかな?
ってことで、塩山タクシーさんを使って。高い峠まで行っちゃいましょう。

 高尾集合で、久々のマイフレさんと合流。
の予定が(・_・;)
八王子の踏切での異音のために、中央線が15分ほど遅延。
乗りたい中央本線も15分遅延(/_;)
 
 大月まで呼びつけていた塩山タクシーさんに電話で言遅れることを伝える。
で、大月で全員集合して、涼しいタクシーに乗って~
新道峠登山口は標高1500mほど。
そこそこ涼しいです。

 台風の影響が心配だったけど、何とかお天気が持ちそうでよかった。
レンゲショウマを愛でながら、新道峠へ。

Img_0619_20190813202001
勧めたら、運転手さんも峠まで登ってました("⌒∇⌒") キャハハ

 標高差30mほどで、稜線へ出られちゃいます。
稜線を西へ~ 

 今日の三角点は、ここしかない。
中藤山 三等三角点 点名 大石峠1665,5m

Img_0647

 眺望はないけど、カンカン照りよりはずっとしのぎやすい。
8人もいると、ランチはバイキング。

Img_0645
カイフウロがかわいい。

Img_0635
('o'=) ウソ!?
こんな盛夏に、ツルシロカネソウが咲いてます。

Img_0655_20190814182001

ヤマサギソウ

Img_0639
クルマバナ

Img_0624_20190813202001
 ちょっと岩々を登ると、節刀ヶ岳(1736,4m)新旧の山梨百名山の氷柱

Img_0665_20190813202301
ここは、カメラに入らないほどの大きな富士山が見えるところなだけど~(;´o`)
今日は降られなければいいですね。ています。
ここは、週末会でも、北側からのバリエーションでも、火曜会でも来ています。
でも、今日のマイフレさん、3人とも未踏みたい(*^_^*)v 

ナツノタムラソウ ブレてごめんなさい!

蕊が長いから、ナツノ だね。

Img_0658

ミヤマバイケイソウ

Img_0661
 大石峠まで戻って、北へ降ります。

なんかかっこいいね。荒野の7人 って感じ~。

Img_0675_20190813202301
こちらは急降下。
 
 塩山タクシーさんに、大石峠登山口から、入れるだけ入って待っていて、ってお願いしました。
河口湖から高速へ乗ったとたん!
ザーザーと豪雨。

Img_0677
よかったぁ~、お山でこんな雨に会わなくて。

 久しぶりに8人揃うと、にぎやかで楽しいですね~(=●^0^●=)
お姉さま方、ご参加のマイフレ様、お疲れ様でした。
雨にも降られず、そこそこ涼しく、お花も色々見られてよかったですね。

 そうそう。
中央高速、小仏渋滞20キラですって!
お盆ですもんねぇ。

こういう時は、電車に限りますね("⌒∇⌒")

2019年8月11日 (日)

孫と海

 お姉さま方と館山へ泊まった翌週末から、嫁ちゃんと孫が館山へ泊ってる。
週末は息子も合流して、真ん中では嫁ちゃんのご両親が来たみたい。
私も、子供たちが小さい頃は、2~3週間ずっと行ってたわ。

 今朝、夫の車で館山へ。
お盆の大渋滞予報だったので、5時前にうちを出ました。

ツバサ橋辺りで日の出。

Img_0568
アクアラインは、ぎりぎりでちょっとだけ渋滞。
館山道路はさほど混まずに、別荘に到着~。

 車の音に気が付いて、お玄関で『ばぁば~!』って、こーちゃんが飛びついて来てくれる。
(*'‐'*) ウフフフ♪~、嬉しいなぁ。
いつまで、飛びついてくれるのかな。

 お姉さま方と入れなかった海、やっと水温が暖かくなって、泳げます。
って言うか、水に入っていないと、暑くていたたまれない感じ~。

Img_0586_20190811170101

 孫の浮き輪を持って、沖の方へ行って、波でたゆたう。
これが気持ちいい。
台風10号の影響で、結構波が高くて、アップダウンが面白い!

 上の孫は、3年生からスイミングをやっていて、もう1キロくらいは泳げるらしい。
一緒に泳ぐと、簡単に追い越されちゃうわ~。

 一緒に砂遊びをしたり、磯の生き物をつかまえたり。
今年は、クラゲがいなくてよかった。

 夜はバーベキュー。
お庭だと蚊が多いから、台所の前で。

Img_0603_20190811170101
食べていたら、空が焼けて来た。
孫二人連れて海に出る。
一軒お隣の小4の女の子と、こーちゃんがお友達になっていて、
「どこ行くの?」「夕焼けがきれいだよ」
って言ったらついてきた。

Img_0608

 富士山の影から半分だけの夕日がちょっと面白い。

 寝る前に「ばぁば、本読んで~」
うちの子が小さいころに買った絵本が、もはやビリビリになって置いてある。
それを一人1冊読んで、「じゃ、お休み~」

 去年までは、一緒にしばらく添い寝した。
寝る前に、近くにいるのかと足とか手を伸ばして触って来るのが、なんともかわいかった。
今年は、下の孫も一人部屋で寝るようになっているから、もう添い寝はいらないね。
楽だけど・・・
ちょっと淋しいようなぁ~
ε= (*^o^*)


 8月11日
たー君が私の部屋をのぞいて
「ばぁば 起きてる?」って、小声で聞いた。

 いつも、一番の早起きなんだよね。たー君は。
で、ばぁばはいつでも、小声で呼ばれたら、起きちゃうんだよ。
ママやパパはまだ寝ているから、じゃ、お散歩に行こうか?(^ー^* )
でもね、ばぁばは昨日はしゃぎ過ぎたみたい(;´o`)
孫二人を海へ放り投げたり、浮き輪をひっぱって走ったりしたから~
今朝は筋肉痛だよぉ~(/_;)

 防波堤へ行って戻ったら、こーちゃんが起きて来た。
孫二人と神経衰弱や七並べをして、大人が起きるのを待って、お出かけ。
房総の外海へ、車で15分。
だいぼって言う浜焼きのお店で朝ご飯。
ごはんとお味噌汁と納豆と卵と海苔が食べ放題で、干物各種やイカや牡蠣やサザエを買って、網焼きができるの。
イカバターと、サバとホッケと鯵、それに巨大な牡蠣とサザエをおかずに、卵かけご飯をお替りしちゃいました。

 

 さすが外海は台風の影響で荒れていて、波が高い。

大島と波

Img_0582_20190811170201  
富士山を見ながら

Img_0614

浜焼きは、美味しかったよ。

Img_0616_20190811170301

 これぞ夏の海 って言うお天気。
お昼まで一緒に海で遊んで、早めにアクアラインを通過。
思ったほどの渋滞に遭わずに帰って来れました。

 途中、君津辺りで夕立。
なのに横浜はかんかんと日が照っていて、
ザっと夕立が来たら涼しくなるのになぁ。

 久々海で泳げて、やっと、夏の海へ来た感じがしましたね~。

 今夜は、イカの一夜干しと さんが焼きの予定。

 この辺の海ではアジ、イワシ、サンマなどの魚がたくさん獲れる。
漁師さんたちは、獲れたお魚を船の上で、お味噌といっしょに細かくたていて食べたの。
お皿をなめるほど美味しいから、「なめろう」って言う料理名なんだ。
で、漁師さんたちは山仕事へも行くの。
その時、アワビの殻に、あまった「なめろう」を入れて持って行ったんだって。
お山でそれを、蒸したり焼いたりして食べた。
山の家で食べた料理 ってことで、この料理を「山家(さんが)焼き」と呼ぶようになりましたとさ。

2019年8月 8日 (木)

みくりヶ池温泉~大日小屋~称名滝

 今年の火曜会のハイライト かな?
久々の3000mクラスへ、80代のお姉さま方と登山です。

 東京発のかがやきは、なかなかの賑わいでした。富山まで2時間。
のんびり朝ご飯を食べて、おしゃべりして~

 電鉄富山で乗り換えて、立山からはケーブルカー。電鉄富山駅で、時間指定の切符を買ったので、ロスなく乗り継げます(*^_^*)v

 よかった! 思ったほど並んでいない。
室堂へ行くには、アクセスがなかなか面倒なんですよね~。団体さんが重なったりすると、えらく待たされちゃう。乗り換えが面倒だから、こう言う計画が苦手な人は、楽なツアー任せにしちゃうんでしょうね。

 バスに乗り換えて、室堂へ12時半着

ミヤマリンドウ

Img_0257

タテヤマリンドウ

Img_0255

タテヤマチングルマ

Img_0263
ここから、今夜泊まる今夜泊まる、みくりが池山荘までは、15分。
 どうしようかと思ったけど、チェックインして、お泊り荷物をすべて置いて、散策にでます。お姉さま方と、浄土山横の展望台へ。

 ところが、ちょっと歩いたところで雷が【><。】 
まだ1時過ぎだよ~。
お姉さま方は「ここで帰るから、あなたは行ってらっしゃい」って。
 で、登ったけど、途中から黒い雲がどんどん来て、バリバリバリ~!
龍王岳は登らず、展望台で引き返しました(;>_<;) 

Img_0270_20190808212001
五色ヶ原方面は真っ暗な雲でした(;´o`)

 雨の匂いがしてきたから、ダッシュでお宿へ向かっていたけど、ぽつり・ぽつり・・・
ザーっと来てから雨具を出したら遅いから、雨具を出して、着ずにかぶって、何とかみくりヶ池温泉の建物の中へ。直後に、ザーザー来ました。よかった。間に合って(#´ο`#) はぁ~

 お部屋で、では('ー ' *) ・・・
先日のお誕生会に飲んだ、ブルーティーを凍らせて持って来てたの。ちゃんと、ポッカレモンも持って来たよ。お姉さま方の前で実演。
ほら、青緑が紫に代わるでしょう?(´ー`) 
冷たくて美味しいと、喜んで頂きました。

 それから、お風呂。お山を歩いた後、温泉に入れるのって、ありがたい~。海外の方が多い女風呂でした。

 お部屋は涼しくて、しかも、窓からは、明日登る奥大日と大日岳が、ドドーン!
5人で個室、一人10500円です。
夕立の後のクリアーな立山三山

Img_0285
 お夕食は、ちょっとした旅館みたいよ。
なかなか堪能しました。

Img_0287_20190808212201
 8月7日

4時40分の朝焼け

Img_0294_20190808212201
朝食はバイキング。
なかなか お味も美味しいです。
しっかり食べて、キャンプ場を通って、奥大日へ。

キスゲが見事
Img_0329_20190808212301
 標高が高くて空気が遅いから、いつもよりゆっくりペースにします。
こういう時は、前の靴に次の靴をつけるくらい歩幅を小さくするの。
そうすると、高度順応がよくないお姉さまでも、歩ける(*^_^*)v 

 尾根に出て、西へなだらかに登って降りると室堂乗越。

残雪とモミジカラマツと劒

Img_0336

弥陀ヶ原の奥に薬師

Img_0349_20190808212601

薬師の左に笠

Img_0352

槍も見えました

Img_0348_20190808212601
何度かの急登があって、奥大日(2605,9m)

Img_0367

タテヤマトリカブト

Img_0372_20190808212701

キヌガサソウ

Img_0375_20190808212701

オオバタケシマラン

Img_0378_20190808212701
このあとの急登で、気温がすっごく上がった。

雲の動きが早い。

Img_0401

Y姉様がきつそうだから、ここで休憩にしよう。

で、スナックタイムにしたんだけど・・・
「ゆっくり行くから、先に行って」って~
このルートは、ちい姉さまとK姉様も登っているし、まだ12時。

じゃ、ゆっくり来てください( ´ ▽` )ノ 

ちょうどいいペースにできなくて、ごめんなさい(。_。;) 


 私とPちゃんがいると、ついつい頑張ってしまうんでしょうね。

 このあとは、お茶を飲んだりして、ゆっくり楽しく歩けたようでした。

  私とPちゃんは一足お先に、七福園って言う岩々公園みたいなところを過ぎて、大日小屋でお泊り手続きとお部屋の確保。
 小屋前で、ラーメンとコーラを頂いていたら、お姉さま方がお元気に下りてきた。
Img_0408_20190808212901
 山小屋で食べるラーメンって、何でこんなに美味しいんでしょう(=●^0^●=)v

 宿泊荷物を置いて、軽くなったザックで、大日岳(2501m)へ
Img_0452_20190808213001
 この時、ガスって真っ白で・・・
\(●⌒∇⌒●)/ 
山頂に6羽! 婚姻色のオス2羽、と雌2羽と大きな雛が砂浴びをしていた!
写真、撮り放題~("⌒∇⌒") 
Img_0444_20190808212901

他のオスとメスと雛も

Img_0445_20190809013401

 

アカモノ

Img_0412_20190808212901

イワショウブ

Img_0407_20190808212901

イワヒゲ

Img_0415
 雷鳥観察でのんびりして、降りる途中でも、ママと雛3羽!なんて遭遇率でしょう。
Img_0465
 戻ったら、小屋前に虹が!

Img_0471_20190808213201

 すばらしい!

早月尾根に小屋が見える。その上に小窓尾根、その上に白馬

Img_0480

早月小屋をアップ

Img_0481_20190808213201
しばらくしたら、今度は室堂方向にまた虹が出て、これはかなり長い間、見えていました。
すばらしいひと時でした。
Img_0492

劒の上にも

Img_0494

夢のような時間~♪~


 大日小屋は、オーナーさんがギターを作っているそうで、壁にいっぱいかかっています。
お夕飯は、カラッと上がったお魚のフライなどなかなか美味しい。

 夕食後に、オーナーさんのギター演奏。
これも、すばらしい時間でした。
Img_0500_20190808213401

 8月8日

劒の肩から朝日

Img_0515_20190808213501
今日は、ここから1500mの一気下り。
お膝に気を付けて、つんのめらないように降りましょうね~。

雲海の上に白山

Img_0519_20190808213501
 岩々の激下りがやっと収まったころ、木道になって

Img_0534

大日山荘辺りから、まだ8時前なのに、ジリジリと暑くなってくる。

モウセンゴケの花

Img_0540_20190808213601

ツルアリドウシとアカモノの実

Img_0541_20190808213601
 このあとの牛首付近の急降下からが、暑さできつかったぁ~(#´ο`#) はぁ~
Img_0544_20190808213601  

このルートは、最初と最後がめちゃくちゃ急斜面ですね~。
Img_0545

アクシバ

Img_0547_20190808213801
 やっと下りきって、称名滝へ。
 Img_0560_20190808220501
 途中で(ノ°ο°)ノ 
マイフレさんグループと遭遇!
大日平小屋へ1泊だったそうです。
Img_0558
 称名滝は、落差日本一の350m迫力の滝です。でも、雪解けのこの時期、すぐ右に細い滝が出るの。期間限定で、それが日本一の落差の滝ですって。こちらは、下山途中で見られました(*^_^*)v 

 称名橋からの眺めは最高。
ミストが涼しい~。

 バス時刻まで25分!レストハウスで、かき氷 頂きます( ´ ▽` )ノ 

 行く前に、グーグルマップで調べて電話しておいた、立山駅前の千寿館。昼間だけ、600円で、日帰り入浴をやっているの。最後にここで、汗を流してお着替え。さっぱりして、気持ちがよかった~(=●^0^●=)v

 駅で、白エビそばを頂いて~

Img_0566
新幹線かがやきへ。

 お姉さま方、昨日と今日、よく歩きましたねぇ。累系標高差は登り900m 下り2100m

 80代になっても、これだけ歩けるってお姿を見ると、未来に希望が持てます。
ほんとうに、お疲れ様でした。

 指定席は、ほぼほぼ満席状態。
夏休みの富山だからと、帰りも早めに指定席を取っておいて、よかったですね~。

 東京駅で降りた時の・・・
べたつく暑さったら!(´ヘ`;)

 あ~(j o j) 
3000m級に帰りたい~!

2019年8月 4日 (日)

針ノ木岳~蓮華岳

 山友たちが、雪渓を歩いたことがないから行って見たいって。

 三大雪渓は、白馬と劒と針ノ木かな。
一番アクセスが近いのは・・・
針ノ木だね。

 針ノ木岳まで、マップタイムで9時間半だから、いつものように日帰りで行く計画だった。
一週間前にAちゃんが、土曜日が休みだから泊まりたいって!

 この時期の土曜日の山小屋は、激混みだけど・・・
私だって、出来れば泊まりたい。
でも、あとの二人は、先週も泊まって今週もは、泊まれないって。
そうだよねぇ・・・
うーん "( ' ' ;)

 じゃぁ、往復のガソリン代と高速代の頭割りは出すから(一人2500円。安いよね)
Aちゃんと私は山頂解散、って言うのでどう?
わがまま言ってごめんね~(゜゜;)
山頂で泊った時にしか味わえない、景色があるものね。

 まぁ大変!( °o° )  
まぁ嬉しい!('◇'*)
今年の夏は、なんと泊りが多いんでしょ(ノ°ο°)ノ

 二人は日帰りだから、始発集合。
うーん "( ' ' ;)・・・
扇沢の駐車場は、空いているかなぁ【><。】

夏休みに入って、梅雨明けの最初の週末。
朝9時の扇沢駐車場は、なんか随分手前で止められて、奥深い駐車場へ誘導されました。


一番近い有料駐車場も、その下の無料駐車場も満車みたいです。
そうよね、朝9時過ぎてるもんね。

Img_0018_20190804182401

 林の中の近道を通って、扇沢まで10分。
登山届を書いて、出発~

 が・・・
時間が時間だから、暑い暑い(#´ο`#) はぁ~
何度か車道を横切って、樹林帯を登る。
ガラガラの沢を数回横断。
雪渓が見えてきて~
山友たち、テンションマックス♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪

Img_0035_20190804182401

彼女たちは北アルプスは、去年の五竜日帰りと、一昨年の常念~蝶の日帰り以来だものね。

 ちょっとした渡渉があって、滑りそうに見える丸太の橋とかあって・・・

Img_0027_20190804182401

大沢小屋を過ぎると、キスゲがお出迎え。

Img_0040_20190804182601
そして、山友たち初体験の雪渓!(´ー`)

Img_0051_20190804182501
「この時期は、チェーンアイゼンより4本の方がまだしも使えるよ。でも昼間歩くなら6本が安心かな」
って言ってあったので、4人とも6本の軽アイゼン。
爪の短いチェーンアイゼンって、夏の昼の雪には歯が短くて~
文字通り、歯が立たないんだよね("⌒∇⌒")

 足元がガスって、視界が効かない。
けど、白馬大雪渓みたいに、ザザーっと落石が流れてくることもなく("⌒∇⌒")
でも、雪渓上に、落石は結構ありました。
30分ほどの雪渓で・・・夏道に出ます。

Img_0047
誘導は、テープじゃなくて鯉のぼり。
癒される~(*'‐'*)
これ付けてくださったのって、針ノ木小屋の方?
 
 最後の水場でお水を汲んで、稜線はすぐそこ。
絵にかいたような、ジグザグ道を登って針ノ木小屋へ。

Img_0071_20190804182601
これが、見えているのになかなかきつい。
標高が2500mくらいだから、空気が薄いんだね。

 初めがなかなかきつい登りで、でも、2回も雷鳥さんにっで会えました!

 Img_0133_20190804182701

で、頑張って急いで、針ノ木頂上(2820,6m)

Img_0172
三等三角点 点名『野口』
山友たち、北アルプス針ノ木、初登頂おめでとう!

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
劒に立山、五色が原、野口五郎!!

Img_0167_20190804182801
すばらしい眺め~(=●^0^●=)v
北側はガスって真っ白。

あ!船窪小屋が見える!

Img_0165_20190804182801

 じゃ、気を付けて、サクッと行っちゃってね~( ´ ▽` )ノ
日帰りの二人と、ここで分かれます。

 泊りの私たちは、ちょっと山頂を堪能。
見ているうちにガスが取れて~
\(^o^)/ わーい
爺ヶ岳に鹿島槍、それに、ちょこっと五竜も見えてきたよ。

Img_0175_20190804182901

写真を撮りながら、ゆっくり小屋に戻る。向こうにくっきり蓮華岳
小屋は混んでいて、お夕飯は二回目だって言うから、今度は蓮華岳へ

 Img_0182_20190804182901

マップタイムで往復2時間だから、戻って着替えたりしても、充分お夕飯に間に合うわ。
けど・・・
この時ジリジリと日が射して、蓮華への登りが暑いのなんの(+_+)ひ~
明日にすればよかったかな?

 でも、明日レンゲに登ってから下山だと、今度は下山の時に灼熱地獄になっちゃうわ~。
早く帰りたいし。

 頑張って手前のピークを廻ると、ツマトリソウの群生。

Img_0196_20190804183001

 わぁお\(●⌒∇⌒●)/
たくさんのコマクサがお待ちかね~。

Img_0209
今年は、コマクサによく会えます。
ここ以上のコマクサ街道を知らない。

シロバナコマクサもありました

Img_0211
八ヶ岳の稲子岳もコマクサが多いけど、こちらの方が行けども行けどもコマクサ~(*^_^*)v
 

結構遠い! 頑張れ、自分!

Img_0189  
 で、大町あたりから大きく見える蓮華岳(2798,6m)

Img_0200_20190804182901
山友Aちゃん、初登頂。
三角点は、祠の数メートル奥。

 突然ガスって、辺りは真っ白。
これで、お日様の辺りの雲に穴が開いたら、ブロッケンが見えるのに~
と思って期待したけど、またパーっとガスが晴れちゃいました。

 針ノ木小屋のお夕飯は、アジフライにハンバーグにお煮しめにリンゴゼリー。
結構食べでがありました。

Img_0215  


 8月4日
昨夜、夕食が3回戦だって聞いていたので、朝食はおにぎりにして頂いた。
モルゲンロートを楽しんで 

蓮華の向こうから日の出なのね。爺と鹿島槍が赤い

Img_0221

野口五郎の左に薄く槍

Img_0227

涼しいうちに下山します。
標高が下がって、暑くなるころに雪渓で、雪渓終点まではそこそこ涼しかったです。

 振り向いて雪渓

Img_0237

でも、そのあとが・・・
灼熱地獄で、汗びっしょり(/_;)

 この時期は、扇沢から1時間に1本、大町までバスが出ている。
なので、大町温泉郷でバスを降りて、薬師の湯に立ち寄ります。

Img_0246_20190804183401

日帰り入浴施設って、9時とか10時まで入れないかも~
って心配して調べたら、7時からやってるんで、ありがたい。
次のバスまでが、ちょうどいい入浴タイム(*^_^*)v

 はぁ~(* ̄〇 ̄*)
なんて気持ちがいいの~。
べたついたお肌が、サラッサラになります("⌒∇⌒")
源泉35度に浸かって、しっかりストレッチ。

 上下ともお着替えして、信濃大町で安曇野蕎麦を頂きます。

Img_0247_20190804183401

 帰りは松本からあずさ。
電車は、夏休みでも、渋滞知らずで、ありがたい。 

 山友は爆睡して~
私は、明後日からの細かいスケジュールとか、
今後の予定とか考えながら、帰宅しました( ´ ▽` )ノ

今年はことのほか暑いから・・・
孫を連れてのお山、どこに行こうかなぁお山(*^_^*)

 
 累計標高差1800mの、針ノ木と蓮華でした。

2019年8月 1日 (木)

お誕生会

 私の仲良し、中高の同級生は、どちらも8月生まれ。

なので、毎年一緒に、うちでお誕生会。

 忙しいRちゃんと、空きの少ない私のスケジュール。
で、二人のお誕生日からは、ちょっと早いお祝いになりました。

 昨日、横浜市青葉区は、今年最高の36度。
『家の中でも熱中症に注意して、クーラを付け、しっかり水分補給しましょう』
って言う、広報車が回ってきたよ!
そんななか、ジムでアクアビクスの後、お買い物をして、家の大掃除。

 昔、母がよく言っていたっけ。
「客は家をきれいにする、って言うのよ」って。
お山続きで、お座敷は山用品ガレージセール状態。
居間とお台所は、掃除機をかけただけの状態【><。】 

 気合を入れて、お片付け。

 物には住所があるのよ。
このスパッツは、山用品の棚の2段目 とか。
でも、時間がないと、帰宅困難者一時避難場所の大きなカゴに、ポイ ポイ ポイ
これが・・・溜まるんだなぁ(;´o`)
住所が近い者同士をまとめて、帰宅させて~
やっと、雑巾がけ。
庭の、伸び放題のアジサイの枝とかもやっと切った。

 来客を、億劫がっちゃいけないのよ。
久々に、お家が片付くんだからね~("⌒∇⌒") 

 同級生二人は、駅から「今着いた~」ってメールをくれる。
それから自転車を飛ばすと、二人がホームを歩いて下りて来て、改札を出るくらいにお迎えに行けるの。
うちから駅は、なだらかな下り坂だから。
 
 なぜ、お迎えに行くか。
いつも、ちーちゃんのプレゼントがものすごいから。
生粋のお嬢様のちーちゃんは・・・
多分、お買い物の時に、物の値段を考えて、買ったことがない人。
可愛いもの、すてきなものがあると、いつも、自分と私とれーちゃんと、うちの娘の分も買ってくれる。
刺繍のスカーフとか、フェイラーのフェイスタオルとか、アナスイのポーチとか靴下とか。
色違いで買って「どれがいい?」って。
Img_0003
 それから、れーちゃんの誕生日プレゼントと、ちーちゃんのお誕生日プレゼントの交換会をして~
ちーちゃんちの息子さんが、ウルトラマンが大好き。
で、れーちゃんがネットで見つけたって、おしゃれなウルトラマンの扇子をプレゼント!
これはかわいい。

Img_0002_20190801203601
私は、いつもの小物と、ムーミンパークのクールタオルとか、色々~。
娘は手作りのレジン細工のバッグチャーム。

 お昼は、この暑さだから、あっさりメニューにしたよ。

 先日、盛岡で買って来たじゃじゃ麺が美味しかったので、今日もじゃじゃ麺。
腰の強いおうどんの上に、キュウリと挽肉を乗せて、辛味味噌で頂きます。
それと、蒸し野菜と豚肉のサラダ。
マンゴーヨーグルトのデザート。
ヘルシーでしょ(´ー`) 
Img_0004_20190801203601
 爆笑しながらおしゃべりして~、

 おやつは、ご近所のケーキ屋さんに注文したケーキ。
この暑さだから、うちに置いておくより、ぎりぎりに取りに行った方がいいと思って。

 お誕生日、おめでとう!

Img_0005_20190801203601
同級生だけど~
二人は、私より7ヶ月前に、年寄りになります("⌒∇⌒") キャハハ

 れーちゃんがお土産にくれた青いハーブティー。

Img_0009_20190801203601
レモンを垂らすと、ブルーから、紫になるの。
リトマス試験紙みたいで面白かったよ。

真ん中がそのままのハーブティー

右がレモン3滴 左がレモン6滴
Img_0016
 リトマス試験紙みたいだね。

色が変わっていく時がきれいだったよ。

下から、細かく少しずつ、色が変わっていくの。

 

 7時過ぎまでおしゃべりして、さっき送って行った。


 いつまでも元気で遊びたいね って話しながら・・・

 ちーちゃんはますます歩くのが遅くなってるし~
れーちゃんはぎっくり腰の後、ずっとコルセットをしているって言うし~
もうちょっと動いて、筋肉付けようよ。
心配だなぁ。

 涼しくなったら、どっか行こうね。
プレゼント色々、ありがとう( ´ ▽` )ノ

2019年7月30日 (火)

小浅間から信濃路遊歩道 

 

 今日は、ケアマネの山友が、と~っても久しぶりに参加したいって。
暑い時期だし、どこへ行こうかなぁ。

 彼女に、いくつか候補をあげたら、小浅間に行ったことがないって。
じゃ、それに決めた(*^_^*)v

 夏休みだから、往復の指定を取りましょうね。
バスに合わせると、結構遅い目の新幹線。
クーラーが効きすぎるほど効いていて、これはホームへ降りたら暑いんだろうな。
と思っていたら・・・
涼し~い\(●⌒∇⌒●)/
さすが避暑地だわ。

 バスで、峰の茶屋へ。

ニワトコ

Img_1870

コキンレイカ

Img_1877

アサマシジミかな

Img_1876
浅間山の東を1時間ほど登ると、まぁるい山頂が見えて来る。

Img_1878

小浅間(1655,1m)

Img_1879

後に見えているのが浅間山

 浅間山の裾の、小さなでっぱりだけど、標高はそこそこ高いので涼しいね~。
この山頂でランチ。

Img_1881
浅間隠山や鼻曲山、薄く妙義も見えてます。

 昔は、ここからも浅間山へ登れたんだけど~
火山性ガスのために、だいぶ前から登山禁止になっています。
なので、観測所もあります。

 下山は、富士山のスコリアみたいで、ザクザクと簡単に下りられちゃう。
ここで、珍しい薄ピンクのジンヨウイチヤクソウがいくつかありました。

 Img_1892

オンタデにツマグロヒョウモン

Img_1886

峰の茶屋から、信濃路遊歩道に入って、白樺林が気持ちいい

Img_1897
前回火曜会で来た時は、この辺りから土砂降りになったんでした。

 遊歩道から、白糸の滝を眺め下ろす。
ナイアガラの滝を1/100縮小したような、白糸の滝は、大観光地。

Img_1909

横の滝もきれい

Img_1910

シキンカラマツ

Img_1916

桃が一つ900円! イワナの塩焼きが1匹700円 
観光地値段でも、みんな買っていくんだねぇ。
観光バスからの観光客がいっぱいで、大きなザックの私たちは、ちょっと異邦人。
ああ、岩魚の塩焼きがいい匂い~。

ここからちょっと階段

Img_1917

 沢沿いを一時間半歩いて、

Img_1919

水辺に使ずくと涼しくていい気持ち。

竜返しの滝を見て、

Img_1935
ここは、ものすごく涼しくて、別天地です。

チダケサシ

Img_1927

クモキリソウ

Img_1944
ちょっとゆっくりして、小瀬温泉のバス停から、バスで軽井沢駅へ。
切符を持っている新幹線まで50分あるから、汗だくの服を着替えて、
桃ソフトを頂いて、気温が高いからすぐに溶けちゃう。

Img_1948

お土産を買って新幹線ホームへ。

 夏休みの軽井沢、平日でもかなり混んでいます。
指定を取っていてよかったですね~。
チャラい観光客に交じって、満席の指定席で帰って来ました。

 お姉さま方、私の都合に合わせて、早めの帰宅ですみません(。_。;)

 お山から、一日置いてお山 って言う事はしょっちゅうだけど~
二泊三日のトムラウシの後、一日置いてお泊りで岩手山。
そして中一日で今日だから・・・
今日は、ちゃんと夕飯を作りたいんですよね~。

 でも、来週の火曜会はまたお泊り。
楽しみです~(*^_^*)
晴れますように!
お姉さま方が、お元気で楽しんで歩けますように!

 今日は、標高差600m 24000歩のハイキングでした。

2019年7月28日 (日)

七時雨山 岩手山

 週末会の山友が、岩手山へ登りたいって。
マップタイムは7時間40分だけど、標高差は1500m近い。
何より、遠い!
それ・・・
泊りでないと無理だよ。

 盛岡まで時間がかかるから、一日目は七時雨山
これ、一日に七回しぐれるから、って言うのがお山の名前の由来。
なので、雨を覚悟で登ります。

 駐車場から、芝生みたいな道は、真ん中にも花が咲いていて、あんまり人が歩いていない感じ。広く歩きやすい
緩やかに下って、林に入る。
3合目まで来ると、やっと山登りになる。
ミズナラの巨木が多くて、素敵な森!

 金属製の鐘があって、令和元年って書いてあった。

Img_1703
熊さん、お邪魔します~ 出てこないでね。
って、ご挨拶付きで、鳴らしました。

 今まで、奥多摩や大菩薩付近で、熊にバッキバキにされている道標を見て来た。
人間の匂いや、人工物が嫌なのかと思ってた。
そうしたら、熊は木に塗ってある防腐剤が物凄く好きらしいんだって。
ここの道標も、ガジガジと齧られてました。
そうかぁ、齧りつきたいほど好きなんだ。
猫にマタタビ、熊に防腐剤?

 7合目の案内板も、熊に齧られている(;´o`)

Img_1710
この牙、鋭い爪・・・東北のお山は、熊が多いからちょっと怖い。
そう言えば、一昨年登った大平山でも、「今 熊を見ました」って人とすれ違いましたっけ。
北海道はヒグマが怖いし・・・
うーん "( ' ' ;)
ストックのキャップ、外しとく?
万一の場合・・・狙うなら、目? 喉?

 登山口から山頂まで、気持ちのいい土の道。
標高800mくらいからちょっとだけ急。
しっかり雲の中~。
当たりは真っ白。
そして、雨がついてきた。

 このお山の名前の由来は、一日に七回時雨るからだって。
ってことは、止み間もあるって事?
と思っていたら、山頂に出る頃に止みました。

 七時雨山の北峰(1069,9m)
一等三角点峰です。

Img_1718

 南西に急降下して、50mほど急登すると、南峰1063m
北峰から約10分 

Img_1721

眺めはこんな~

Img_1722  

田代平高原は、巨大カルデラなんですって。
今日は、その中を歩いた、ってことね。

下に下りて見ても、山頂付近は雲の中。降ってるのかなぁ。

Img_1695

 実は、七時雨温泉に泊まりたかったんだけど、1ヶ月前に満室ですって。
で、八幡平南温泉旭日之湯 ってとこにしました。
八幡平では珍しい、飲める温泉だそうです。
汗をかいているから、さっそくお風呂に入ると!

 ('o'=) え?
カランがない。
お水は出るけど、お湯は足元自噴ならぬ、桶底自噴。
の、桶から汲むようになってるの。
源泉が45度って言う、お風呂に適温だから、これが成り立つのね。
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉・硫酸塩泉です。

Img_1739

 毎日入りに来る、って言う地元のおばあちゃまに、色々お聞きしました。
ただし! ・・・1/3は、聞き取れませんでした(/_;)
東北弁、難しい~。

 お夕食は、マッシュルーム尽くし膳。
それに炭火の串焼とひっつみ汁。これも、マッシュルームが美味しかった。
これで7150円って、お得~。

Img_1743
 7月28日
今日は、山友ご要望の岩木山。
マップタイム7時間40分。
じゃ、休憩入れて7時間ってとこかな?
早めに下山しないと、帰宅が夜中になっちゃうからねぇ。

 朝5時半に、前回登った時と同じ、馬返しのキョンプ場から。
樹林の中の道を登ると~
まだ朝なのに、気温が高い~(#´ο`#) はぁ~
扇子であおぎながら登る。
ヤマブキショウマやキンコウカがかわいい。

Img_1779

ハクサンシャジン

Img_1772  

トウゲブキとコオニユリ

Img_1788

岩っぽくなってきて、八合目避難小屋。
ここ、美味しいお水がダーダー流れてるのよね。
だから、お水は少な目で済む。
それに、避難小屋は大きくて快適らしくて、お泊りが多い。
ここで、朝ご飯。

 滅多に会えないシロバナトウウチソウ

Img_1800

 ハクサンチドリやベニバナイチヤクソウが咲いてます。
お鉢に近くなると、またイワブクロにお会いしました(*^_^*)v
コマクサも健在。

Img_1804

 前回来た時は、ガスって真っ白な中をお鉢巡りした。

下山の分岐が来ないなぁ~ と思っていたら、最初に見たコマクサの株が足元に!
(・_・;)エー って・・・
危うく、お鉢巡りの二周目に入るところでした。

Img_1810

 今回は、お鉢の向こう側までよく見えていて、気持ちよく一周(*^_^*)v
水曜日のガスガスのトムラウシとは違って、カラッと気持ちのいいお天気。

 Img_1835

避難小屋前にホシガラス

Img_1851

 午前中だから?下山する人はほとんどいなくて、後半は静かでした。
途中から、自衛隊の演習の大砲の音が、まるで花火みたい!
すぐ近くに演習場があるの。この下の方が演習場。

奥の山は、前回岩手山に登った時に一緒に登った姫神山

Img_1860

 サクッと下山して、累積標高差は1500mでした。

Img_1861
トムラウシと標高差はあんまり変わらないけど、距離が半分だし、ぬかるんでいないから、
全然楽ね~。

 名物、ジャジャ麺を頂いて、東北道へ。

 山友、長時間の運転、お疲れ様です(/・0・) 


 

2019年7月26日 (金)

トムラウシ

マイフレさんが、火曜会に参加してくれて歩いた時、 
7月にトムラウシへ行くって。
「( °o° ) え~ 私も行きたい!」

  母の介護で泊まりのお山へ行けない頃、お姉さま方から何度も
「あなたはお花が好きなんだから、いつかトムラウシに行きなさい」
って言われていたの。
「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)は、お花の園よ~」って。
行きたいと、千歳からの電車とバス便とか調べてはいたけど、アクセスに時間がかかる場所
車が便利だけど、私は車を運転しない。
(40年間、無事故・無違反・無運転!)
夫には、歩ける距離じゃないしなぁ~って思ってた。

 で、初めてのコミュに、参加申請をしました。

 羽田で、関東からのマイフレさんと合流して、
千歳空港で、リーダーYさん他2名の、コミュメンバーさんに初対面のご挨拶です。
よろしくお願いします(゜゜)(。。) 

 まずは、スーパーに寄ってくれて、明日の行動食などお買い物。
車移動だから、お土産も買っちゃいました。
そして、今夜泊まる国民宿舎東大雪へ。
リーダーさん、お1人で運転、ありがとうございます(/・0・) 
今日は大部屋宿泊。でも、山小屋じゃないから、お布団は一人一枚でゆったり。

なにより!
お風呂がとっても広くて、露天風呂も気持ちがよかったです。
Img_1377
 そして、お夕食も、なかなかのお料理で、堪能できました(´ー`) 
Img_1375
 ただ、明日はマップタイム11時間50分。
3時出発だそうで(・_・;)
じゃ、2時半起き?(^o^; ほえ~
早く寝ます。
劒の早月尾根日帰りでも、もうちょっと遅い出発だっなぁ。

 朝ご飯を食べてから、出かけたいな。
な~んて、わがままなことは、口にしません(。_。;) 
で、眠剤飲んで、8時半にはお布団に入ったけど・・・
よそのグループで、いつまでもビニールをガサガサさせている人がいて、寝付いた直後に起こされちゃったよ~(/_;) すぐまた寝たけど。

 相部屋で、ビニール袋ガサガサは、本当に迷惑だね。


 7月24日
相部屋だから、お風呂場でお着替え。
登山口に3時半到着。ここの駐車場が、満車になるのが怖かったんだって。
 色々ご配慮、ありがとうございます。
(/・0・)  

 あ~(/_;)
雨が降ってる。
しばらく様子見して、薄明るくなったので、傘をさして出発。
Img_1378
  Yリーダーがトップで~ 
じゃぁ、私は一番後かな。ぎりぎりヘッデンなしで歩ける。で~最初はぬかるみ地獄~
いやぁん【><。】 
お靴がドロドロ~。
 新しく木道が整備されたところもあって、これはとってもありがたい。

 樹林を抜けると、カムイ天上。
ここからしばし、斜度のゆるい道。

チシマヒョウタンボク

Img_1467
サンカヨウ

Img_1447
 こまどり沢の出会いへ、5~60m下りて~
ここから急登に入る。
メンバーさん、お辛そう~。

 雪渓を少し登って、踏み抜き注意だね~。

Img_1458
すぐ夏道へ。
\(^o^)/ わーい
会いたかったエゾコザクラ~♪~
Img_1536
ここに、コマクサが咲いてました。
Img_1592
 ちょい上から、お花の宝庫のトムラウシ!

ミヤマシオガマ

Img_1596
 \(^o^)/ わーい
あっちにひっかり、こっちに引っ掛かり・・・
撮っては追いつく の繰り返し~。

 エゾコザクラはかわいいし~一面だし

Img_1583
一面のエゾノツガザクラとチングルマのぐんせいは素晴らしいし、チシマノキンバイはゴージャス!
 ここは極楽浄土かな~♪~

 よく見ると、エゾヒメクワガタや

Img_1508

ジムカデや

Img_1581

ミヤマリンドウが隠れてるの!
Img_1562
 しゃがんで撮って、数歩歩いて、しゃがんで撮って!
 スクワットしてるみたいよ~。

 ('o'=) あ!
ナキウサギの声がする!
以前富良野岳で一瞬見た、亀の子タワシが、また見たいなぁ。キョロキョロするけど、お姿、見つけられません。

 と・・・
リーダーが、何かに気がついた! 
エゾシマリスだぁ。
わぁ~、かわい~い(*^_^*) 

Img_1518

 前トム平で、軽食タイム。
ここは、チシマツガザクラの群生がなんとも可憐でかわいかったです。

Img_1512
 トムラウシ公園へぐっと降りて、まるで極楽浄土のようなお花畑!

 みんなで
\(^o^)/ わぁ~
きゃぁ~♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
って、大騒ぎで、写真の撮りまくり~。

 なるほど、お姉さま方が、
「あなたはお花好きなんだから、一度は行きなさい~」
って言ってくれた意味が、分かりました。
ここまでで、300枚ほどの写真を撮っちゃってます(;>_<;) 

 ひと登りで、南沼のキャンプ指定地の分岐。
この時、ガスって真っ白だったので、リーダーが北沼経由で山頂へ行こうとしたの。

 西へ向かって数歩。トイレブースの屋根が、2ヶ所ぼんやり見えた。屋久島で携帯トイレを買ったんだよね。で、今回持って来ていた。

 そんなことを考えていたら
('o'=) おや・・・
雲が動いた。
今 登頂したら、青空が見られる?

 リーダーが、
「やっぱり先に、山頂へ登りましょう。そのまま登って」って。

 ってことは、最後尾の私がトップで登っちゃっていいの?
('◇'*)あ、また雲が動いて、今度は青空が見えた! なんか、つい急いじゃって、一気に登っちゃったよ。
 
 トムラウシ(2141,2m)
一等三角点百名山だよ~(*^_^*)v 
Img_1616
 残念ながら、青空は見えなかった。
大雪や十勝が見たかったな。

 けど、時々フワッと南沼辺りが見えて、
下から、ラストの女性に付き添って登ってくるリーダーが見えた。
ここで各自ランチ。

 山頂からは、北へ向かって、西天狗か野口五郎か前常念か、って大岩の道へ。

Img_1619
 ちょっと降りるとハイマツ帯で、踏みあとが不明瞭。そうだよね。ひさご沼の避難所が改装中で、ほとんどの登山者は、山頂ピストンだもんね。雨が降りだして、慌てて雨具を着る。
え~(+_+) 
お天気になるんじゃないの~(~_~;)

 真っ白でガスガスの北沼は、それでもお花畑がものすごくて、幻想的で素晴らしかった。
こちらへ回ってくれて、よかったわぁ~。
Img_1631
 残雪がたっぷりで、もし残雪上のトラバースがあったら、私はハイマツ帯へ逃げたいなぁ~。なんて、思っていたら、沼の縁を回って、行きの分岐へ出た。

 下山中も、ザーっと雨に降られちゃった【><。】 変な天気。

クロツリバナ

Img_1648
 帰りも、お花とナキウサギを探しながら、
あっちこっちのぞき見しては、みんなを追いかけて歩いて~ 時間とか考えなくていいし、たまにはのんびり、こんな歩き方も楽しいなぁ。
Img_1642
 

と思っていたら!(・_・;)
リーダーが、一番キャリアの浅いメンバーさんに「寝ちゃダメ」って言ってる。
( ° ° ; ) エエッ
何があったの? 寒い寒いって。

 そう言えば、さっき雨が降っても、オーバーズボンをはいていなかった。途中、あんまり行動食を食べてなかった。今、持ってるお水はカラだって!

 脱水と疲労と低体温?
固形物は口に入れたくないって言うから、リーダーさんが持っていたアミノバイタルを飲ませて、リーダーさんと私のスポドリを彼女のペトボに移して。【><。】 
 声も枯れているから、のど飴をなめてもらって・・・

 気持ちふらついてるから、
「ストレッチしていいですか?」
と、生意気に口をはさんでしまった。
長い下山で固まった、膝回りとハムストリング、それに、背中回りを伸ばしてもらいました。あ~、おとなしくしていようと思ったのに(/_;)
出しゃばって、ごめんなさい。
でも、少し元気が出たみたい。

 最後の1時間が、ちょっと飽きたな。  

 累積標高差1700m 行動時間14時間の、
長い一日でした。

 国民宿舎に戻って、取り敢えずお風呂。
お宿と交渉して、お夕飯時間を7時から7時半にして頂いたのに、眠いって足が止まったメンバーさんは、お夕飯時間になっても、お風呂から出てこない(・_・;)

 倒れてないよね?( ° ° ; ) 
心配して見に行ったら
「寒くて寒くて、お風呂に浸かってました」
ですって。
 この方、お夕食もほとんど召し上がらず、倒れ込むようにお布団に入って・・・
ここまで、よく頑張ってくれました!

 こんなロングルートも岩場も、初めてなんですって。なんて頑張り屋さんでしょう!

 さて、二晩目のお夕食は~
(ノ°ο°)ノ オオオオ
ちゃんと、昨日と違う。
細やかな気配りですね。


 夕食後、チョコレートフォンデュ状態の靴やスパッツを洗う。
ばてたメンバーさんのお靴は、マイフレさんとリーダーさんがしっかり洗ってあげていて、
優しいコミュだな。って、ちょっと感動!

 明日は帰るだけなので、今夜は、飲めや歌えの大騒ぎ~("⌒∇⌒") 


 7月25日
旅館のバイキングを頂いて、やっぱり牛乳とアスパラが美味しいわ~。

Img_1662
 リーダーさんのお車で、富良野の観光。

 福田メロン観光農園で、1/4切300円の富良野メロン。
これがまた!!!(^。^*)

Img_1664
最高に、美味しゅうございました。
思わず、息子と孫に、送っちゃいましたよ。
 
 それから、富田ファームの最盛期のラベンダー畑を歩いて、ラベンダーソフト!
Img_1676
 ちょっと移動して、四季彩の丘でパッチワークの花々と、パッチワークの丘を眺めて、

Img_1689

鹿肉ジンギスカン定食。

Img_1691
 ここは、中国語が飛び交って、日本じゃないみたいでした。
 
 千歳空港まで送って頂いて、空港で乗る飛行機が違うリーダーさんと山友さんと、お別れ。
お世話になりました~( ´ ▽` )ノ

 しばらく趣味人を見たりして~
みなさん、空港からの日記に、コメントありがとうございます( ´ ▽` )ノ 
 
 後姿は私じゃないよ。火曜会にも時々参加してくれる、明るいマイフレさん(´ー`) 

 さて、では、北海道最後のお夕飯を頂きましょうか。

お寿司とイクラ丼とお蕎麦のセット1350円を、美味しく頂きました。

Thumbnail_kimg0606

2019年7月21日 (日)

帯那~水ヶ森

 夏休みに入った日曜日、高速は渋滞しそう。
そろそろ梅雨は、明けるかなぁ。
どこへ行こうか~。

 出来れば、小仏渋滞の前に帰りたい。
じゃ、ある程度の標高まで車で行けるところで、山友たちが歩いていない山はないかな?
勝沼・塩山辺りから見て、ちょっと台形で目立つ水ヶ森 行ったことないって。
エアリアマップに、ルートが出ていないけど・・・
先日の道志二十六夜山の[通行困難]みたいに、藪になってはいないよね。

 帯那山に近い駐車場に、車を停める。
ここは以前、きれいなアヤメの群生地だった。
その頃に車道を整備して、登山者じゃない観光客もぞろぞろ歩いていたっけ。
鹿が増えて、アヤメは絶滅状態になって、来るのは登山者だけの静かな山になった。

 かつて、よく整備されたであろう、草ぼうぼうの道で、帯那山
\(^o^)/ わーい

 今日の曇り空で、これが見えるとは思わなかったよ! 
すばらしい雲海と、南アルプスや御坂の山。
お久しぶりです(/・0・) 

Img_0557

蕨が摘めました

Img_0563_20190721233101

 ここから、10分ほどで奥帯那山(1422,4m)

Img_0565
大きく広がった蕨の影で、まだ柔らかいワラビが出ています。
つい、摘み摘み歩く。
奥帯那は、二等三角点があるけど、今は展望はありません。

 山友たちには、ここからお初ルート。
急に踏み跡が薄くなるけど、基本は尾根通し。

Img_0567_20190721233201
で、「途中から防火帯になって、とっても気持よく歩けるのよ」
って話してた。

 でも・・・(;´o`)
エアリアマップに道が無くなった原因はこれ?
防火帯が、狩り払いされていないから、膝くらいまでに草が伸びてる。
昨日の雨が付いて、足元がびしょぬれよ~(/_;)

Img_0571_20190721233301

 ゆるいアップダウンを繰り返して、右手から林道が近づいて、
弓張峠。ここから、西側へ降りると昇仙峡へ行けるんだよ。

これを西へ降りると能泉湖で、そのすぐ西が昇仙峡。
でも、今日は下りない。

 ここから、胸突き八丁ならぬ、鼻付き八丁。
ここだけエアリアにマップタイムが出ていて、登りが50分で下りが35分になってる。
その時間差で、どれだけ急か分かるでしょ。
距離は短いから、まぁそんなに時間はかからないで、水ヶ森(1553,2m)
 

Img_0577
 50代の山友たちも、珍しくふぅふぅ言って登っていたけど・・・
先日の火曜会の[通行困難]ルートよりは、全然歩きやすい。
80才と83才のお姉さまのご健脚振りを、つい自慢げに山友たちに話してしまう。

 山頂は、眺望はない代わり、風の抜ける木陰。
ここでのんびりランチ(´ー`)
木立の向こうに、アルプスが見えているんだけど、写真は撮れないね~。

 ざざっと降りて、防火帯の最後の、草が一番伸びているところは、林道に出ました。
クモキリソウの群生や、

Img_0590

アカショウマ、ヤマアジサイにノリウツギにニガナ
林道もそこそこお花が楽しめたよ(* ̄∇ ̄*)

 今日は蒸し暑かったから、標高1400mから1550mくらいのアップダウンは気持ちがよかったよ。

 防火帯は、もう草を刈らなくなっちゃったのかな?
このまま、帯那~水ヶ森はバリエーションルートになっちゃうのかなぁ。

 早めに下山して、早めに小仏通過。
渋滞になる前に、帰れました(*^_^*)v

 今夜のお夕飯は、おざらです。
ほうとうを茹でて、よく水で晒したざるうどんを、おざらって言うの。
夏の、山梨土産の定番です(´ー`)
摘んだ蕨と、かき揚げの簡単なお夕飯の後、選挙に行ってきます( ´ ▽` )ノ

Img_0606

 
 

«存在しない子供たち