7dys 映画紹介チャレンジ 七つ目


7dys 映画紹介チャレンジ 七つ目


 これは、映画の話しじゃなくて、ほぼ自分史です。
長文で申し訳ないです。
興味のない方は、スルーしてください(/・0・) 


 春の自粛中に、『7日間ブックカバーチャレンジ』って言うのが回って来て、日記を書いた。
好きな本を1日1冊、表紙の画像を7日間日記に投稿するって言うもの。

 今度の自粛で、『映画紹介チャレンジ』って言うもののバトンが回ってきた。
その、7つ目 シメです。


⑦印象深かった映画

1069年 フェリーニ監督の『サテリコン』

 
 私は、小学校1年から、電車で20分ほどの私立の小学校に通っていた。
小学校へ通うようになって、近所の友達から、仲間外れにされた。

「〇〇ちゃ~ん 遊びましょ~」
って行くと、それまでの仲良しさんが、他の近所の子と遊んでいて、
「じゃぁ、三鷹小学校の校歌歌える? 歌えたら遊んであげる」
って言われて、泣いて帰ったことがある。

 子供仲間が一人だけ、電車で遠くの学校へ行くって、もしかしたら、うらやましかったのかも知れない。
または親が「あそこんちは私立よ、お高くとまっちゃって」
なんて話しを、子供の前でしたのかも知れない。

 でも6歳の私は、一緒に遊んでもらえなくて・・
ただ悲しかった。
淋しかった。

 入ったのは、電車で6つ目の受験小学校。
教科書は、2年の3学期に3年、3年の二学期に4年をって、どんどん先取りをした。
6年は1年間、各有名中学の過去問題を解いては成績を競った。
4年くらいからは、そんなストレスフルな生活で、各学年ひとりくらいずつ、スケープゴートがいたの。

 今から60年近く前で、まだ、いじめ って言うのが問題になる時代じゃない。
スケープゴートにされて、転校していった子もいたよ。

 私の兄はしっかりしていて、母によく似た几帳面な性格で、おりこうさんだった。
私は家族の中で一番小さいから(今考えると当たり前なんだけど)、自分だけ何をやってもできない、ダメな子だって思っていた。
母も、ことあるごとにそう言っていたし。

 母は、いつも
「お前は馬鹿だねぇ。何をやってもいい加減だねぇ」って言っていた。
大人になってから思うに、体の弱かった兄が頑張るようにって、
「お前はほんとに頑張るねぇ、沙羅はだめだけど」
って、兄を発奮させたかったんじゃないかな。
 私が子供の頃は、男の子はしっかりしてあとを取ってもらって、
女の子はどうせ嫁に出すから、出来が悪くても可愛がられる方がいい。
なんて、親世代が思っている時代でした。
色々、手はかけてもらったから、愛情はあったんだろうけどね。
でも子供って、親の言葉かけ一つで、あっけなく自信を失うんだよね。

 そして実際私は、落ち着きがなくて、どうしようもない子だと思っていたみたい。
じっとしていられない子だったし・・・
何を言っても、へらへらしていたから。

 小学校低学年くらいまでの自分を考えると!
今で言うADHDだったんじゃないかな、って思う。
多動症候群。


 ああ・・・
今でも多動だし~("⌒∇⌒")

 

そして3月生まれで、奥手だったから、小学校に入っても勉強ができなかった。
成績順の班分けで、成績が悪い子は教師から率先して馬鹿にするような、そんな風潮でした。

 私は、4年の頃から卒業まで、同級生からいじめを受けていた。
ブランコでおもらししたとか 鼻くそを食べたとか、
根も葉もない話がでっち上げられて、私が近ずくと キャーッとみんなで逃げる 
って感じの、いじめを受けていました。

 それまで、そこそこ仲が良かった子も、自分がスケープゴートにはなりたくない。
だから、後ろめたそうな表情をしつつも逃げた。

 ああ、○〇ちゃんも逃げるの?
そうなの? 
そんなに私はダメな子?

 自分はできない子だと思っていたから、当然勉強はしなかった。
ので、そりゃ勉強はできないよね。

 でも、いじめられていることは、親にだけは知られたくなくて・・・
知られるのが恥ずかしくて、頑張って学校には通っていたよ。


 だから、子供が生まれてから、公園とか、子供の幼稚園のママ友で、
他の人がからかわれたり、仲間外れにされていたり、淋しい思いをしていると思うと、絶対放っておけない体質になりました。
うちに毎年、ママ友新年会で来る一人が、ことある毎に、その話をしてくれる。
「あの時、沙羅さんが話しかけてくれなかったら、二度とあの公園には行かなかった」
って、10年くらい経ってママ友が話してくれた時、
私がいじめられたのも、無駄じゃなかったんだな。って思えたよ。
人生に、無駄なんてものは、ないんだねぇ(^ー^* )

 

 小学校からは、ほぼ全員私立中学を受験するんだけど、
だからみんな寝る間も惜しんで勉強していたらしい。
そんな中で私は、自主的に勉強をしたことがなかった。
だから、小学校の成績は、最底辺だった。
金の班、銀の班 なんて言う成績順の班分けで、私は鉱物にもなれないタドン班でした。
今考えると・・・ひどい教育だよね。
これじゃ、いじめが出るわけだよ。
タドン班でも、渋谷の実践に入ったから、まぁ、馬鹿でもなかったんでしょうね。

 そうそう。
知能テストって言うのを毎年学校でやらされて、親が嘆いていたっけ。
「お前は、知能テストはこんなにいいのに、何で勉強ができないの?」って。
だって、自分は馬鹿だと思っていたら、勉強する気にはならないよね。


 馬鹿だと思っていたのに・・・
中学に入ったら、数学でいい成績を取ってしまって・・・(?+_+)

 めちゃくちゃ カルチャーショックでしたよ(´ー`;)
『私・・・馬鹿じゃなかったの?』(?+_+)
って感じ。

 生まれて始めて、勉強をするようになったら、
何だ、勉強って面白いじゃん!
って、びっくりしたんだよ。


 で、そんな小学校時代だったから、遊び友達なんていなかった。
本もよく読んだけど、映画も好きだった。
見たい映画が近くでやっていないと、母やお手伝いさんにおねだりした。
吉祥寺や立川の映画館に連れて行ってって。

 その延長で、通った女子学校が渋谷だったので、中三の時にこの・・・

(やっと本題に入ります(=^^ゞ ポリポリ)

「サテリコン」を見ました。

 中三だよ。
初キスもまだなのに!
いきなり、美青年が美少年を抱いたりするシーンで、もう~
ドキドキ、バクバク!(〃⊃ω⊂〃)

 

 あらすじ
美青年の学生エンコルピオは、愛する少年奴隷ジトーネを親友のアシルトに奪われる。
エンコルピオは芝居小屋に売られていたジトーネを、必死の思いで奪還する。
けど、自分のもとに留まるかアシルトのもとへ行くかをジトーネに選ばせてしまう。
ジトーネは、アシルトのもとへ行くことを選択しちゃうんだ。

 愛する者に去られたエンコルピオが泣いていると、エンコルピオの泊まっていた宿が地震によって崩落する。
行くあてを失ったエンコルピオは、たまたま訪れた美術展で詩人のエウモルポから声を掛けられて、知人の宴に向かう。
ところが、あるきっかけでエウモルポは、知人の怒りを買って、燃え盛る炎の中へ放り込まれそうになる。
エウモルポとエンコルピオは、何とかしてその場から逃れるけど、2人とも逃亡に疲れ果てて砂漠の上で眠ってしまう。
翌朝、無防備に眠り込んでいたエンコルピオは、リーカを首領とする海賊団に捕らえられて、奴隷船に放り込まれる。
そしてエンコルピオは奇遇にも、奴隷船の中でアシルトとジトーネの姿を発見する。


「サテュリコン」は、紀元1世紀頃にペトロニウスによって書かれたと推定される文学なんだって。
で、ネロ期の堕落した古代ローマを描いたピカレスク小説。

 それをフェリーニ監督は、ものすごい規模の舞台を作って映画にしたの。
第43回アカデミー賞で監督賞。
第27回ゴールデングローブ賞の外国語映画賞にノミネート。
第30回ヴェネツィア国際映画祭では、最優秀イタリア映画賞を受賞している。

 渋谷パンテオンで、この映画を見たってのも、なんか縁があるね~。
パンテオンって、古代ローマ遺跡だもんね。

 これでもかって言う露悪的なシーンが続くんだけど、
ある意味美しくて、目が離せない映画。
パルテノン宮殿みたいな背景でいきなり、
「しぃ~おぉ のぉ~や~ぁ~まぁ~・・・」
って地歌が流れて! もうびっくり。
当時、お琴を習っていて、これは千鳥の曲の中の地歌なの。
「汐の山 さしでの磯に住む千鳥」

 それから、当時真言宗のお経をレコードで覚えて、遊んでいたんだけど、
荒野のシーンで
「かんじざいぼさ~ぎょうじんはんにゃ~はら~みた~」
(観自在菩薩 行深般若波羅・・・)
って流れてきて、
イタリア人にはこれが、古代的な雰囲気 あるいはエスニックな雰囲気に聞こえるのかな
って、不思議だった。

 退廃しまくったおどろおどろしい世界は、中三の私には衝撃で、この映画もモスラ同様 3回見ました。
この映画から、私の嗜好が変わったの。
印象深い なんて言葉では言い尽くせない映画です。

 うぶな少女の乙女心は、腐女子(って言葉はご存じですか?)の道に、まっしぐらに進んだ。
衆道から南方熊楠にもはまって、中高時代の趣味は、山と心理学と衆道研究?って言う・・・
変な女子高生よね~(⌒~⌒ι)


 ちなみに。
小学校のいじめ体験からか、はじめて夫が怒鳴った時に、体がビクッと反応して委縮した。
昔、男子が椅子を蹴って脅した時のように、怖くて動けなくなった。
それが夫には、余計に腹が立ったらしくて、子供が小さい頃に夫のDVが、どんどんエスカレートしたんでした。
トラウマって・・・
20年経っても忘れないで、後を引くんですね~。

 って事は、思春期に夫のVを見て閉じ籠った、娘のトラウマは・・・
いつ解けるのだろう【T_T】

 虐待で、そばにいた母親が、なぜ止められなかったのか。
って言うニュースを見るたび、心が震えました。

 ごめんなさい
 ごめんなさい
 ごめんなさい(。_。;)

 でも・・・止められないよ~【T_T】


 夫は、虐待って言っても、子供が話しかけたり、近づいた時、付き飛ばしたり無視したくらいだったけど・・・
それでも、夫に隠れて近づいて、無言で子どもを抱くくらいしかできなかった。

 もし、もっと暴力的だったら・・・
はたして子供を連れて、逃げられただろうか?

 私は、虐待児の母親を、責められません。
もっと子供が小さい頃に、別れる選択肢もあったのに!
私には、経済力も、この 今住んでいる母の家もあったのに。
娘には、本当に申し訳なかったと思っています。


 DV男、自分の怒りを制御できない男は、それを自己分析すべき。
自分の過去の満たされなかった怒りを、人に、家族に、八つ当たりしちゃいけない。
妻に負けてなるものかと、ことごとくマウント取って、妻の心をぼろぼろにしている男は、多いんだろうな。

 

 映画の話から、遠のいちゃいましたが・・・
これを書いたことで、少し、心の滓が減ったような気がします。

 こういう機会を下さった、ねこのしっぽさん、カズーチカさん 
ありがとうございます。


 こんな暗い日記を・・・
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

 今夜はひな祭り。

Img_0070_20210303211901
サーモンの押し寿司を作りました。

Img_0069_20210303211901

煮物とシソ巻きとサラダの、簡単なお祝膳

Img_0073_20210303211901

2021年3月 2日 (火)

イタドリ沢の頭~陣馬山

 ほんとうは、別のお山に行く予定だったの。
でも、今日は降水確率90% 12時の風速10m!だって~【><。】
行こうと思っていたルートに東屋はないし・・・
藪があるかも~

 藤野集合だったので、さてどうしましょ。
乗り換え検索が苦手なお姉さまもいるし、思い込みで勘違いってパターンもあるから~
こういう時、直前に集合先や時間を変更には、したくないのよね~。

 じゃ、駅から南の山のつもりだったけど、北へ行きましょ。

 1月に歩いた、小渕・高取と同じ歩き出し。
で、東屋が大きい陣馬山にしようかな。
一の尾根か、栃谷尾根のどっちで登ろうか考えていたけど・・・

 そう言えば最近、虎杖沢の頭に行ってない。
虎杖って読める? 
イタドリって、こう書くんだよね。

 電車の中から虹が!

あれ、もう降ってるの?

Img_0003
駅からまず、長いトンネルを歩いて、日野集落へ降りる。
みんなで傘をさして・・・

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
見たがっていた福寿草が咲いてるじゃないの!

Img_0005
ミツバツツジも~♪ 

Img_0007_20210302173501

で、舗装路歩き30分ほどで登山口へ。


Img_0012_20210302174501
 歩き出しの道は細いんだけど、藪もなくて、標高差200mほど登る。

Img_0015_20210302174501

二等三角点のイタドリ沢の頭(505,9m)は、ちょっと広くなってベンチもあります

Img_0020_20210302174601
ここから東へゆったり登ると、明王峠へ出るんだよ。
でも今日は、いったん北の陣谷温泉に下りちゃう。

 『せっかく登ったのに下りちゃうんですか~』
って声が、聞こえそうだね("⌒∇⌒")

 この下の栃谷川で、ハナネコノメを見たことがあるんだよ。
で、お姉さま方にそう言ったら、花好きさんが探して・・・

Img_0030_20210302174601

うっわ(*^_^*)

ちっちゃい!

Img_0032_20210302174601
ハナネコノメのつぼみがたくさんついてました。

ユリワサビやキケマン、ムラサキケマンも咲いてます。

Img_0036_20210302174701
 車道を傘さして、おしゃべりしながら歩く。
傘をさしていると、お姉さま同士がくっつきすぎなくて、安心して見ていられるわ。
おしゃべりに夢中になると、どうしても近づいちゃうからね。

と、いきなり日が照って来て、変なお天気ねぇ~。

Img_0038_20210302174701
 山里の舗装路を20分ほど歩いて、ジグザグに登った先に、栃谷休憩舎があるの。

Img_0040
ここは、トイレもついていて、広くて、雨の日にはありがたい。
今、陣馬の山頂トイレが工事中だって聞いていた。
なので、ここで全員寄っておいてくださいってお願い。
雨が降ったら、お花摘みって、なかなか大変だもの。

ここで、佐渡のマイフレさんからの差し入れで、沢根だんご って言うのを持って来たのよ~。
色々お菓子が出て、ゆっくりおやつタイム。

Img_0041_20210302174701

 ここで、ゆっくりオーバーズボンを着たり身支度をするつもりだったけど、思ったより空が明るい。
これは、傘だけでも大丈夫かな。
栃谷尾根で、標高差500m近くの一気登り。
でも、有名どころの陣馬山だから、道はよく整備されて、傘をさしても歩きやすい。
そして、雨の日のいい所は、面白い景色が見られることと、人が少ないこと(^ー^* )

登山口に河津桜

Img_0045_20210302174701
 今日は道中、すれ違った登山者は一人だけでした。

 陣馬山(854,8m)の山頂は、久しぶりですね~。

Img_0047_20210302174901
広い東屋で、のんびり各自ランチのつもりだったのに(^o^; ほえ~
トイレだけじゃなくて、休憩舎も工事中。

Img_0048
どうしよう…と思っていたら、お茶屋さんが1軒だけ開いていた。
ありがたい~。
常連さんが一人、おでんで飲んでいて、ご主人が
「こんな日に客が来るとは思わなかったよ」
ですって~。
できるのはけんちん汁くらいって言うから、みんなで注文
風速10mの雨の陣馬で、ぬくぬくとランチタイムでした。

けんちん汁は根菜類にキノコ類にちくわも入って具沢山で暖まりました(^0^*

Img_0051_20210302174901
さすがの陣馬山も、今日は他に誰もいない。
外へ出ると、奥多摩方向は陽が当たっているところもあって

Img_0053_20210302174901

道志側は降ってる。

Img_0052_20210302174901

 さて、西側はどこへ降りても、バスまでに1時間は待つ。
それなら、なるべく車道歩きが短いのがいいよね。
で、遠くからもきれいに見える一の尾根で、陣馬山登山口へ。

これは花柄がないからダンコウバイ

Img_0063_20210302175101

ウグイスカグラ

Img_0056_20210302175001
 行きに歩いた道を藤野まで戻って、雨がいよいよ本降りに。
「山の中で、こんな雨に降られならなくてよかったね~」
駅から歩き始められるルートは、しっかり歩いても早目に帰れていいね。

キバナノアマナ

Img_0067_20210302175101

 今日の累積標高差が1100mで、29500歩だって!

 (^o^; ほえ~
 雨なのに、すっごく歩かせちゃった。

 すぐに電車が来たので、ろくにストレッチできずに電車に乗っちゃったから~

 ご自宅で、しっかりストレッチなさってくださいませ!

2021年2月28日 (日)

藤野霊園から石砂山西峰・東峰 綱子峠 

 私はビビりだから、雪山は
『付き合うかぁ~』って感じ。
で、「先週は付き合ってくれたから、今週は沙羅さんの行きたいところへ」
って、山友たちが言ってくれた。

 じゃ、火曜会で使いたい尾根があるのよ。道はないけど。それと、その近くの、エアリアマップに書かれていない道が、今も通れるかの下見と~ タクシーが峠まで行けるかの下見と、
 火曜会で行きたいと思っていたところのお花が、もう終わっちゃいそうだから、出来ればそこにも寄って欲しい。

って言う、里山詰込みスケジュール。

 「使いたい尾根って、ヤマレコの地図検索とかでも分かりますよ」
って言われて、見てみたんだけど・・・
歩いている人が、一人もいない(/_;)
でも、地形図見ると、歩けそうなんだよ。
ギリギリ、踏み跡がなくても登れる斜度かな。
ってことで、あちこちの下見に、お付き合いしてもらいました。
 
 石砂山へ登るのに、7~8年前に火曜会で、法面の階段からのバリエーションルートで歩いた。
 あの時は、笹薮がすごくて、朝露で足がびしょ濡れになって、歩きにくかったっけ。
その隣に、大規模霊園があるの。
そこから、尾根に出られるかも。

 橋本で集合して、相模湖藤野霊園って、真新しい霊園に入る。

 20年位前から、あちこちで霊園ラッシュですよね~。都会へ出た団塊の世代が一斉に、都市近郊のお墓へ移動するのを、狙っている?
(;>_<;)

 踏み跡があるかと思いきや、笹薮~(;´o`)

 急傾斜を、汗だくで一気登りすると、四等三角点415,5mに出る。

Img_0947


 その先は、はっきりした尾根なので、やれやれ(;-_-) =3 倒木が多いなぁ。

Img_0951_20210228174401



 途中、2つのピークを乗り越えて、499mピークには、川上ドッケの山名板と祠。

Img_0948_20210228174601



 急降下と急登を繰り返して、最後の登り。

 ここは、数年前火曜会で来ているはずなんだけど・・・(;-・。・-;)

 めちゃくちゃな急斜面が出てきて、しかも乾いた落ち葉で滑る滑る。

 あらら、これはいくらなんでも、80代のお姉さま方には歩かせられないわ~【><。】

 登り始めて50分ほどで、石砂山の西峰(572m)

Img_0956_20210228174501

 ガガッと降りると、鞍部に今日初めての道標。

Img_0952_20210228174501


ここから、東海自然歩道。

 木の階段が出てきて、石砂山東峰(578m)

Img_0953_20210228174501


石砂山は双耳峰だけど、こっちだけが山頂扱い。

 地図や山名板や、机と椅子もあります。
大室山の肩から富士山がのぞいてます。

Img_0954

 さて、登るのにギリギリだった急斜面は、下りるの大変かもね~。一応、万一のために細引きを出しておく。

 でも、一番の急斜面も、何とか木につかまってズルズル降りられた(;-_-) =3 ふぅ~
 で、三角点手前の尾根が分かれるところから、北の尾根に入っちゃって、
あれ?(°∇°;)
この尾根、違う。

 ごめんなさい~(゜゜;)
30mほど登り返したよ。
もし無理無理降りていたら、最後に車道の法面で立ち往生していたかも。

 元の尾根に登り返して、霊園に戻ったら

Img_0957

 下から霊園の草刈りの人が
「下の車、あんたたちの?」
「はい、ちょっと山に登っていました、ご迷惑かけました」
って言ったら
「もし明日もあったら、どっか連絡しなくちゃと思ったんだよ」だって。

 そうよね。
毛布にくるんだ死体でも入っていたら大事だわよね。
「お騒がせしました(゜゜)(。。)」


 さて、もう一つの下見

 数年前の年末の火曜会で、お姉さま方に、
「来年行きたい日帰りの山は」ってお聞きした。その時ちい姉さまから、前道志のムギチロに行きたいってご提案があったの。
 
 週末会では歩いているけど、厳道峠までタクシーで行けるかと、綱子峠から西へ降りられるかの検証。

 綱子峠から、エアリアマップには、東側にしか道がない。でも、昔はいい道があったんだよ。

10年ほど前に来た時は、トラバースが崩れているところが多くて、なかなか怖い難路になっていた。

そんなところを、お姉さま方をお連れするわけにはいかないから、やっぱり下見しておきたい。

 安寺沢川の登山口に、ちゃんと案内があったから、大丈夫かな?川を渡るところには、新しい丸太が2本。

Img_0959

 渡った先から、尾根に上がる踏み跡があって、山友たちが
「これじゃないんですか?」
って言ったけど、うーん "( ' ' ;)
「ずっと沢沿いの道だったんだよ」

 で、その道が・・・

Img_0962

うっわ(≧◇≦)

こりゃひどい。


 沢がえぐられて、道がない。

Img_0966
しばらく探っていたら、少し上の方に、古い道を見つけて~
これだ! 
って歩き出したけど、あっちもこっちも崩落。
Img_0963_20210228174901
 これは・・・
お姉さま方は、お連れできないわぁ(/_;)
帰りが遠くなっても、峠から反対側に下りるしかないなぁ。
 戻りも、ほぼほぼ崩れて、グズグズ斜面のトラバース(#´ο`#) はぁ~
ごめんね、こんな下見に付き合わせて。

バランスがいい山友も、ちょっとビビってた。

Img_0965_20210228174901

 車に戻って~
さ、このまま厳道峠を通過して道志側へ出られるといいな。

 向かいから、自転車の人が来た。
よかった、抜けられるみたい\(^o^)/

 と思ったのに・・・
ウソ~(;>_<;)
厳道峠はゲートがしっかりしまってる。
あ~、ダメだ~【T_T】

Img_0968

 この峠から、西へ行くと赤鞍ヶ岳

Img_0967_20210228174901

東へ行くとムギチロからさっき下見した綱子峠へ行けるの。

Img_0969

今日の下見は、ことごとく火曜会には使えなかった。

 来て見て良かったよ。

 で、峠が抜けられないから、ぐるっと大回りして、再来週に火曜会で行こうと思っていた花園にも、お付き合いしてもらった。

 福寿草散策路。
これは、山友たちが大喜び。

Img_0978_20210228175101
「今年は、見られないかと思ってました~」
って言ってくれて、よかったわぁ。

Img_0973
 ほんとうは、お姉さま方にもお見せしたかったのよ。

以前は、3月の初めくらいが見頃だったのに、今年は満開が早かったんですね。

もうだいぶ葉っぱも伸びて、つぼみはほとんどなかった。

 お日様みたいな福寿草を、堪能しました。

Img_0975


 今日は、バリバリ地元の低山でした。

 山友たち、下見お付き合いありがとう
(゜゜)(。。)ペコリ

 

 あ~あ、ムギチロは、火曜会では行きようがないわ~(/_;)

ちい姉さま、ごめんなさい。

 

2021年2月25日 (木)

松田山 曽我梅林

 火曜日の帰り、松田駅ホームから見た松田山は、満開だった。
祝日で、観光客がいっぱい歩いていました。
てい
 自宅介護で、あまり外へ出られないマイフレさんを、春爛漫の松田山へお連れしたいなぁ。
気持が晴れるんじゃないかなぁ。

 かと言って、観光客がぞろぞろ歩いているところに行きたくはない。
なので、6時過ぎに集合して、早めに観桜にしよう。

 早朝の電車は人もまばら。
新松田で下車して、車道を10分ほど歩くと登りになる。
この登り道と階段が、なかなか大変そう。
コートとセーターを脱いで、シャツ1枚で登ってる。
すぐに汗をかくって事は、代謝が活発でいいことだと思いますよ~。

富士山がくっきり。

Img_0916_20210225162501

 松田山の階段に入ると、河津桜で空がピンクだ!

Img_0920
朝早いから、人がいなくてお貸し切り~。
あ、鶯がそこここに~(^ー^* )

Img_0924_20210225162601

 下は、一面の菜の花。

Img_0927_20210225162601


そして河津桜のトンネル。
最盛期の花園に、マイフレさんも、喜んでくれた。

 上のベンチで離れておしゃべり。
ちょっと薄いけど、桜の向こうに大島が見えて、

Img_0930

箱根の山や富士山もくっきり。

 

 私は午後から、うちの防水工事に職人さんが入る。
「どうします?」
「早目に帰りますか? それとも、曽我梅林も見てみたい?」
って聞いたら、
「もう10年くらい行っていないから、見てみたいわぁ~」って("⌒∇⌒")

 じゃ、単線の御殿場線に乗りましょう。

 曽我で下りると、私たちの他に4人グループがいるくらい。

Img_0945_20210225162601

 梅畑を歩いて、私が好きな、アオジクシダレも見て貰った。

Img_0943_20210225162701
そうしたら「あなた、恋人を紹介しているみたいよ」だって~
("⌒∇⌒") キャハハ
確かに!
アオジクシダレさんは、2年に一度しか会えない私の恋人よ~。

Img_0938  

普段歩かないマイフレさん、松田山と曽我梅林で、13000歩近く歩いたけど、大丈夫かな?

 お礼に?
とってもかわいいフルーツのチョコを頂いちゃいました。

Img_0946_20210225162601

2021年2月23日 (火)

曽我梅林~高山~不動山~いこいの村~上大井


 今年は、どこの桜祭りも梅まつりも中止。 
人が集まると感染拡大につながるんだから、仕方がないけど・・・
観光業は、大変ですね。

 みんながしっかりこまめに手洗いして、マスクしていたら、そう簡単に感染は広がらないと思うんだけど・・・
って思っていたら、最近は家飲みクラスターって言うのが増えているんですって。
飲食店が開いていないから、誰かの家で飲む。
感染が何か分かっていれば、それはありえないでしょ!モォ (`ヘ´)

 神奈川で梅を見るって言ったら、曽我梅林。
私はアオジクシダレが好きなので、火曜会で行く時は大概、枝垂れに合わせて遅目の時期に歩く。
過去ほとんど、松田山で河津桜を見てから南下して、最後にゆっくり梅まつりを楽しんだんだけど・・・
2月23日の火曜日は、祝日だ!(゜o゜)

 梅まつりをしていなくても、観光客は来るよね。
じゃ、人が少ない早朝に、まず梅林を見させて頂こうかな。

 下曽我駅に集合。
人影はまばらです。
駅から5分ほどで、曽我梅林の端っこへ到着。

これは定番スポット

Img_0797_20210223161101

 ここの梅林は梅を採るための畑だから、もともとは白い梅が多い。
けど、あとから色々植えて、お客さんを呼ぶようになったんだよ。

 今年は、農道は歩いていいけど、畑には立ち入り禁止ですって。
きれいな花のそばで、密になって写真を撮ったら危険だからかな?と思ったら・・・
梅の木の下でお花見で飲食されたら危険なんだ!
それって、立ち入り禁止より、飲食禁止って書いた方がいいんじゃない?

 案の定、日曜日には梅の下にシートを敷いて、宴会している人たちがテレビのニュースで出たって。
マスク取って宴会って、そりゃ、ダメに決まってるじゃん【><。】

 川沿いに南下して、お目当てのアオジクシダレのある畑へ。

Img_0801
白梅、紅梅はもう終盤の木もあるけど、枝垂れはまだつぼみが多いね。

Img_0805_20210223161201
お気に入りの青軸さん、美しかったよ。

Img_0807_20210223161201
 国道へ出て、東へ山を登る。

曽我梅林の上に箱根の駒ケ岳 下の色が濃い所が枝垂れ梅の畑

Img_0809

真鶴半島の奥に伊豆半島

Img_0820

みかんと富士山

Img_0814_20210223161201

あ、養蜂の巣箱!梅のはちみつっていい香りなんだよね。

Img_0836_20210223161501

目標は、一番高い鉄塔。

Img_0822
もしかしてここ・・・人んちのみかん畑?

お邪魔します~。 ここは、2019年にも来ています。
その時は、お若いマイフレさんが、スマホで三角点の位置を見てくれましたっけ。
今回も、マイフレさんが位置を確認してくれた。


農家さんのご高齢化なんでしょう。
いいおみかんが地面にみんな落ちていて、もったいないなぁ。

Img_0827_20210223161501
 高山(245,9m)
二等三角点 点名『曽我山』
2年振りです("⌒∇⌒")

Img_0823_20210223161501
 舗装の山道をゆったり降りると、六本木峠。

梅にメジロ

Img_0832_20210223161501
また山道に入って、その山道からまた分岐する細い道に入って、不動山(328m)

Img_0840_20210223161801

オニシバリの花が咲いている。

Img_0839_20210223161701
登山道は山頂のちょっと下を通っちゃうんだよね。
案内は特になかった。
地形図には三角点が書かれているけど、だいぶ前に廃止になってます。
下山は急降下で、北側の分岐には[←不動山]って言う小さい案内がありました。

Img_0842_20210223161701
 アンテナピークの浅間山を通って、いこいの村足柄へ

すぐ手前のちょっとした尾根端に、
四等三角点 点名『赤田』219,1m

Img_0846_20210223161801

 その先が、いこいの村足柄。

丹沢表尾根が見える。

Img_0844

箱根方向もよく見える

Img_0848
バス停もあるけど、17時過ぎのバス1本しかないんだ~。

 (^o^; ほえ~
駐車場が大渋滞。
ずらりと縦列駐車されていて、駐車場が空くのを待つ車の列も。
これは、河津桜の中は混んでいるのかな?
と思ったら、あんまり人がいない。

Img_0862_20210223161801
ほんの少しの登りなのに、その登りがあるところに来ないって事?

 アオジクシダレの満開にはちょっと早いけど、お姉さま方に河津桜も見て頂きたいと、今日に設定しました。

 ここで、各自ランチ。
春爛漫~。

Img_0852
なんか・・・極楽浄土みたいねぇ~。

Img_0886_20210223162201

 濃いお茶と、梅ジャムのおせんべ、それに抹茶チョコを配ったら、もみじ饅頭と柚子ゼリーも頂きました。

Img_0860

 バスがないから、御殿場線の上大井駅まで、歩きます。

富士山が少し薄くなってきた。

Img_0871

水仙がいい香り~

Img_0866
たかが標高差200m これが、なかなかの下り。
と思うのは、道が舗装路だからかな。
枝垂れ梅やミモザを愛でながら降りて

Img_0893

ミツマタが咲き始めていました。

Img_0892

12時台に上大井に到着。


Img_0894_20210223162101
 お疲れ様でした。
最高峰が328mだから、累積標高差は400mくらいしかないけど、23000歩 歩きました
(^ー^* )

今日は、同じような写真が多いんだけど・・・

自分のためアップします。

2021年2月21日 (日)

ややダイヤモンド富士

 ご近所のお気に入りさんからメールで

「お宅から、今日の5時12分にダイヤモンド富士が見られます」
 って言う情報を頂いた。

 4時に孫にこどもちゃれんじをお届けだから、間に合うかなぁ。

 で、5時12分 
ま!
まぶしい~!
そうか、富士山の右端に引っ掛かって沈むんだ。でも、富士山の位置が分かっているから分かるって感じ。

Img_0733

 5時15分にようやく富士山が分かって、空に富士山の影が斜めにかかってきれいでした。

Img_0746

陽が落ちた丹沢のやまなみ

Img_0771_20210221211501

 貴重な情報ありがとう( ´ ▽` )ノ

 沈んだら、大山から蛭が岳のシルエットがきれいでした。

2021年2月20日 (土)

風速30mの蓼科山

 週末会のメンバーが、雪山に登りたいってご要望。
でも・・・途中でどこにも寄らずに行ける雪山ってある?

 悩んでいたら、
「問題は立ち寄りのSAのトイレとかですか?じゃ、使い捨て手袋でも使って、ビニール袋に入れて捨てて来れば?」
って言われた。
それ、先週夫と言った伊豆で、やりました。
じゃ、遠くても、その手で行きますか。

 行きたい山って、候補はあるの?
「冬の蓼科山に行きたいです」
「私も冬は行ったことないので、行きたいです!」
って二人の意見。
ああ、そう言う事~。

 アクセスに、3時間はかかっちゃうよね。
蓼科は、夏山のマップタイム5時間。
積雪期だから・・・
休憩入れたら、私たちでも5時間はかかるよね~。
久々に、帰りが遅くなるかもなぁ。
混んだ電車に乗るのは・・・嫌だな。

 って思いが通じたのか
「帰りは沙羅さんちまで送りますから」
って、言ってくれた。
悪いね。
ありがとう(´ー`)ノ

 山友達は、夫と違って、渋滞でも不機嫌になって八つ当たり って事がないから、ありがたい。
代わりに、ミニポーチだの、ペトボカバーだの レストウォーマーだの トイレットペーパーカバーだの、
あげてもご迷惑かも~ なものを、配っています(=^^ゞ ポリポリ

 私は、この時期の蓼科は、何度も登ってる。
問題は駐車場。
日曜日だと、7時くらいに満車って日もあるみたいだから、土曜日にした。
土曜日だと、車中泊の人が減るでしょ。

 何とか隙間に停められた。
よかったぁ(;-_-) =3

 今日の不安がもう一つ。
天気予報の風速が、30mなんだよ。
それ、風で滑落する風速だよ!

 この時期の蓼科は、お天気さえよければ、岩のゴロゴロが程よく埋まって歩きやすいのよ。
上の方の斜度は急だけど。

 駐車場から、夏山なら笹薮が茂っている場所が、まっすぐショートカット路になってる。
突っ切って登るきれいなトレースで、ありがたい。
天城のカチカチ雪のような恐怖もないし、気持ちいいねぇ。

Img_0634_20210220182801

 標高2110mの表示のそばには四等三角点があるはずだけど・・・
この時期には探せないね。
1mくらい掘らないと。

Img_0631

 登山道は、急傾斜の所にシリセードーの跡があって・・・
こう言うのは迷惑だから、みんな止めようよね。
もし凍ったら、翌日登る人が難儀するよ。

 樹林の中でも風が強かったから~
これは岩ゴロゴロ地帯に出たら、さぞかしだろうな。
山頂直下でのリタイヤもありかも~。

あ、山頂が見えた。あの白い所が強風なんだよね。

Img_0636

 案の定!
森林限界に出たとたん・・・
(≧◇≦)ヒョエーーー!

Img_0654_20210220182701


ここだけ、ピッケルが欲しい。
山頂まで、あと標高差30m。
さて、どうしよう。

 前後に人がいない。
時折舞い上がる地吹雪に、目が明けられない。
しゃがんで強風をやり過ごす。

 しゃがんで、風が弱まるのを待ちながら、南八つを撮ったけど・・・
カメラのズームが効かない(/_;)
寒くてカメラが凍っちゃった?(;´o`) 

雪が舞いあがってるでしょ

Img_0660

 同じくしゃがんでいる間に 荒船山の左に男体山

Img_0649

 横を抜けて行った男性の横も雪煙

Img_0651_20210220182801

(ノ°ο°)ノ オオオオ
さすが標高2500mの風だ。
山頂の気温は予報ではマイナス1度。
でも、風速30mなら、体感温度はマイナス31度?

 

 昨日、ネックウォーマーの耳部分を切って、かがって来た。
鼻を覆いたいけど、普通のネックウォーマーだと、鼻にかけていても落ちて来ちゃうんだもん。
で、その鼻まで覆うネックウォーマーに、耳あて付き帽子をかぶって、ウインドブレーカーのフードをかぶって・・・
その帽子が、風速30mの風で飛んだ( ° ° ; )

 蓼科山(2530,7m)
強風と地吹雪で、目が明けられない【><。】
山頂の端っこの山名板だけ撮って、すぐ退散。
一等三角点 点名『蓼科山』は、撮れませんでした。
すぐ近く何だけど。

 なんて風!
なんて寒さ!

F2d2addf3a7f45dc9287dff7b72c004f

 ほんの標高差30m降りて、樹林に入ったら、山友が
「夢のようだったね」って言うの。
「山頂が?」
「あ、山頂が、悪夢」
悪夢~("⌒∇⌒") キャハハ
ちょっと表現がおかしくない?
確かに、たった30mの差で、さっきまでの耳や頬が痛い寒さとは、別天地。
生きて帰れてよかったねぇ。

 登って来た、すれ違いの方に、
「強風だから気をつけてね。庇のある帽子は飛ぶかもしれないよ」
って。話しましたよ。


 トレースしっかりの雪山の下山は楽しい~。
八ヶ岳ブルーに、キラキラの氷柱、雪を付けた枝先も可愛い。

Img_0679_20210220182801


「みんなで、わぁ、きれい~」

Img_0639_20210220182801

雪面に映る木の陰も素敵~。
今年は雪山に遠出できなかったけど、これが見られてよかったねぇ~(*^_^*)v

Img_0686_20210220182801

行きは、急斜度で、強風で、それどころじゃなかったもんね。

  途中で、立ち休憩しか取れなかったから(ゆっくり休憩していたら凍傷になっちゃうよ)
予定よりめっちゃ早く下山できた。

ちょっと下りたところからの蓼科を撮っていたら

Img_0706_20210220183301

うっわ、まだあんなに地吹雪が

Img_0710_20210220183301

 帰路に見えた八ヶ岳

Img_0713_20210220183301

赤岳から横岳がものすごい地吹雪。

Img_0720
鳳凰三山も、薬師の手前が、まるで噴煙みたいに地吹雪。

Img_0729
今日、雪山へ登っている人、事故がないといいけどなぁ。


 高速も、さした渋滞もなしに帰れて、
「この時間なら八王子でいいよ」
って言ったんだけど、早いから私も平気、って言って、うちの前まで送ってもらっちゃいました。
楽しちゃったわ。
ありがとう( ´ ▽` )ノ

 あの森林限界を抜けた、強風の10分間は、なかなかのスリルでしたねぇ。

2021年2月16日 (火)

心源院~富士見台~夕焼け小焼け

 近場で、火曜会で最近歩いていないルートって、難しいんですよね。
 ( °o° ) あ! 
お気に入りさんが登山道を整備してくださっている心源院ルートは、もう何年も歩いてないかも。

 高尾発7時半のバスで、川原宿大橋へ行く。
橋を戻って川沿いに歩くと、すぐに心源院。

 実は、事前にマイフレさんにお話してあった。
そうしたら、火曜会を待っていてくださって、初めてお会いしました。
趣味人の、お山を歩く人にとっては超有名なYさんにお会いできて、光栄です\(^o^)/

 一同で本堂にお参りして・・・
[←女坂][男坂→][神社道→]って書かれている。

 ( ̄-  ̄ ) ンー
女坂男坂は歩いているから、神社道で登ろうかな(^v^)

Img_0529_20210216201101

 小ピークを越えて第六天からはスカイツリー!

Img_0534_20210216201101

筑波山

Img_0548_20210216201101

大岳山

Img_0535_20210216201101

マイフレさんや地元の方が、道やベンチなど、色々整備してくださってるの。

マイフレさん、ありがとうございます。

Img_0543_20210216201101

 南へどんどん登ると、八王子城址
小田原北条氏の三代目の、北条氏照が築いた山城
落城後、長い間ほっとかれたから、それが幸いして、戦国の山城の状態を良く残しているらしいの。
それで、日本城郭協会から「日本100名城」に選定されてます。

 火曜会でよく行く、太鼓曲輪って言うバリエーションは、この八王子城址へ攻めずらいように、
人力で尾根を切る、堀切(人工キレット)が、いくつも切ってある尾根なんだよ。
多分、馬とかで一気に攻められないようにって、防御システムなのね。
戦後に杉やヒノキを植林して、往時の面影はない。
でも昔は、近隣の人が薪や粗枝とか拾いに山へ入るし、炭焼きも入るし、今より明るい尾根だったんだろうな。

これが堀切

Img_0558_20210216201201

あちこちにこう言う説明が

Img_0556_20210216201101

この辺りはカンアオイが多くて、これはフイリカンアオイ

Img_0573_20210216201401

 南西の尾根で富士見台へ出ると、机とベンチがある。
名前の通り、高尾の向こうに富士山が見えるところよ。

Img_0567_20210216201401

何年か前にここで、女子コミュの鍋山行をしましたっけ。

 憎きコロナめ!
お陰で去年は、鍋山行はできなかったよ。
だって、みんなでお鍋をしたら、顔を近づけて調理することになっちゃうもんね【><。】
感染リスク大ですよ。

 富士見台のすぐ先が、杉山の頭(547,6m)

Img_0568

みなさんから色々お菓子の差し入れ

Img_0570_20210216201501

しばらく行った狐塚から、もし降りたら、すぐに影信に登り返せる。
けど、先々週に景信へ行ったから、今日は止めとく。

 そのまま尾根を西へ向かうと、陣馬山まで行けるけど、黒ドッケから夕焼け小焼けに下ります。

Img_0578

ここからバス停までのマップタイムは1時間10分。

バスの時間まで1時間3分。

微妙~(;´o`) 

お姉さま方、下りが早いからいけるかも。

 

登山口のちょい上にマンサク!

会えてよかった~♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪

Img_0582_20210216201501

夕焼け小焼けの里には、ポニーが淋しそうにしていました。

自粛だからねぇ【><。】 

Img_0584_20210216201501

 今日は累積標高差920m。22000歩。

先週、1ヶ月半のお休み後に復帰のお姉さまは、かなりお疲れだと思います。
バス停でしっかりストレッチしておきましょう。

 1時間に1本のバス便の、10分前に着きました。

素晴らしいお姉さま方の足!

2021年2月14日 (日)

天城山 達磨山


 先月夫が、天城山は登るのが大変か?って聞いて来た。
館山とか、箱根とか、あちこちから海を眺める機会があって、私が
「あれが伊豆半島で、一番高いのが天城山です」
って言ってきたから、登ってみたいと思ったのかな。

 「ゴルフ場の駐車場に車を止めて4時間くらいで歩けます。標高差も5~600mです」
って言ったら、行くことになった。
お隣の県ですが・・・途中立ち寄りなしで行けるかな?

 夫は普段、夕食時にがんがん飲んで、8時とか9時とかに寝るから、朝が早い。
なので、未明に出発。
家から車で出るって、楽でいいよね。

 東名から西湘バイパス通って、真鶴道路に熱海ビーチライン
ずっと海際で、気持ちがいい。

 天城高原ゴルフ場の登山者用駐車場に7時半到着。

Img_0407_20210214220401


まずは、ゴルフ場に沿ってゆったり登って、四辻から万次郎に向かいます。

ヒメシャラがきれい

Img_0411_20210214220501

 おーっと、なんと、だいぶ前に降ったらしい雪が、踏まれてガチガチのアイスバーン(・_・;)

Img_0424_20210214220501
チェーンアイゼンと4本爪アイゼンを持っていたけど、岩や根っこが出ているし・・・
登りは何とかなるね。
下山で使おう。

 こう言う人気のお山は、踏み固められると逆に溶けにくいんだよね~。
最後はちょっとジグザグに急な登りで、万次郎(1300mm)

Img_0414

 南側が切れ落ちた馬の背や石楠花立を通過して、
辺りは霧の中。
今日って晴れるんじゃなかったの~?【><。】

 どんどん雪が増えてきて、夫が難儀

Img_0426

150mほど登ると万三郎郎(1405,6m)一等三角点峰です。

Img_0427_20210214220501
この二つを含めて、天城山って言うんだよね。

 夫が、「なんで次郎と三郎なんだ?」だって。
西伊豆スカイラインの達磨山が、この辺を治める天狗の長男、太郎ってどこかに書いてあったな。。
って話をしながら、歩いていたら、
「帰りに寄れないか?」

(・_・;)エー
「寄れないこともないですけど・・・
伊豆半島ドライブになっちゃいますよ。歩くのは、ほんの15分ほどだけど」

 それはともかく、この万三郎からの下りが、本日一番の難所。
アイゼンをお持ちでない方がチラホラいて、アイスバーンを避けてヨチヨチ歩いてました。
雪の重みで?大きな木が倒れていて、雪斜面の難易度を増してます。

Img_0430_20210214220501
このまま西へ、八丁池まで縦走するルートは、静かで好きなんだけど、今日は短い周回で。
雪と岩ゴロゴロ地帯も通過して、お昼前に下山。

夫がスパッツを脱ぎたいって言うから、道の駅のトイレじゃダメかって言ったら、日帰り温泉がいいって。

混んでいたら、私は待ってます。

って、300円で入れる舟戸の番屋へご案内。

Img_0436

大島まで見えるこんな眺望

Img_0445_20210214220901

そしてでれもいない

Img_0433_20210214221401

 伊豆半島を横断して、どこも河津桜が満開

Img_0460_20210214220901

仁科峠から伊豆山稜の大ブナ

Img_0487

猫越岳の火口湖

Img_0491_20210214220901

ご要望の太郎山(達磨山)

西伊豆スカイライン沿いの登山口へ。

 静岡のマイフレさんのお車に乗せて頂いて、火曜会でも登ったことがありましたね。
強風で、40キロのK姉様が飛びそうでしたっけ~。
今日は、さほどの風じゃなくて・・・

 ちゃちゃっと達磨山(981,8m)へ

Img_0505

 さっきまで雲の中だった天城山も雲がどいて、富士山方向も青空が広がってきた。 
 織りなす蒼い山々の奥の富士山!
大変美しゅうございました。

Img_0511_20210214221001

 伊豆半島の一等三角点峰は、万三郎と、この達磨山と、火曜会の忘年山行で行った暗沢山の三山だけです。
なんて話をしていたら

Img_0506_20210214221701

 石碑に、太郎伝説と、ここから13州が見えるって書いてあった。
関八州プラス駿河と豆州は分かるけど・・・
って思っていたら、あとから登ってきた人が、
「今日よく見えるなぁ、房総半島も渥美半島も見える」
って言ってた。
そう言えば、去年の秋に、鳥羽から富士山が見えたっけ。
それなら、ここから渥美半島が見えてもおかしくないんだ~。
関八州と駿・豆・濃州 あと、一つはどこが見えるのかなぁ。

さっきまで頭だけ雲の中だった天城山も、雲がどいた。

沼津アルプスの奥に箱根の山

Img_0512

 今回は、どこにも寄らずに帰る、って言うわけにもいかなくて~
途中のトイレ休憩などは、使い捨て手袋をはめました。

 万一の自宅隔離用に3月に買っておいたものを、もう使わずに済むかもしれないからと、引っ張り出して、数組持って来たのよ。

 使い捨て手袋と、防護服と、N95マスクと、
パルスオキシメーターと15秒体温計
それに、2週間分の食料。スポーツドリンクに、レトルトのご飯や乾麺、カレーやお湯を入れるとリゾットになる山用のフリーズ食品とかを、万一 PCR陽性で自宅隔離の場合にストックしています。使わずに済めば、それに越したことはない。
ワクチン接種が済んだら、少しずつ楽しみに食べて行けばいいわ。
お山に持って行ってもいいしね("⌒∇⌒")

 マスクして、使い捨て手袋なら、万全でしょ。
私が感染したいた場合の、接触感染予防のためにね。

 このまま、感染者数も重症者数も減って、お医者さんに余裕ができて、
無事、高齢者層にワクチン接種が行き渡るといいですね~。
そうしたら、重傷者も減って、医療は機能が戻って来るし、
何より、夏山シーズンに、山小屋が普通に営業してくれるとありがたい。

 
 未明に出たから、早く帰れるかと思ったのに!
東名はガラガラだったのに【><。】

Img_0527_20210214221701


自己渋滞11キロ2時間って出てる(≧◇≦)ひえ~

 こういう時、だんだん不機嫌になって来るんだよね。夫は。
5台巻き込む大事故だそうです。
久々の、のろのろ・トロトロ。
「水!」
「CD変えて!」

 あ~、かなりイライラしているな。
下手に話しかけて地雷を踏まないように、無言で編み物していたら
「いいよな~、お前は、ただ座っているだけで」

( ̄~ ̄;)ウーン・・・
こういう時の返事って、難しいんだよね。
「はいはい」って言ってもあしらってるようだし
「ありがとうございます」って言うとへつらってるみたいだし
八つ当たりしたら、もうお山へ連れってあげないよ~
って思いながら、家まで無言で帰宅。
やれやれ。


 結局、沼津から2時間で帰れるところを4時間かかっちゃいました。

 晴れるって予報だったけど、天城山は霧の中。
でも、おまけで寄った達磨山で、きれいな富士山が見られました。

2021年2月 9日 (火)

鷹取山 八景島シーパラダイス

 Pちゃんのお誕生日、いつもだったらお泊りで、どこかへ行きたいところだけど・・・
その計画もあったんだけど・・・(/_;)

 一から計画練り直し~【><。】
お誕生日よりは遅れるけど、2月7日に自粛が終わるからと、今日に設定。
近場で、Pちゃんが喜びそうで、お姉さま方も楽しめそうな企画(^ー^* )

 生き物が好きなPちゃんのために、八景島シーパラダイスに決めた。
朝9時から開いているから、朝一の空いた時間に行って、昼から近くのお山をちょこっと歩こうか。

 と思ってシーパラを調べたら(;-・。・-;)
コロナ禍で、ショーは中止だし、閉園の20時30分が16時30分になっているし・・・

 そして!
(・_・;)エー 
開演が10時になってました。
そんな時間に到着するには、混んだ電車に乗ることになっちゃう(;>_<;)

 色々計算してみて~
早朝集合で、先にお山を歩くことに。

 そうこうしているうちに、3月7日まで自粛は延長になっちゃった(^o^; ほえ~!

 嬉しいことに、今年に入ってずっと欠席していた82才のお姉さまが、今日から参加ですって。

1ヶ月半で復帰できて、よかったわぁ~
 \(^o^)/

 夜明けに最寄り駅を出て、三日月がきれい。

Img_0222_20210209192801


 京急田浦に早朝集合。
駅からちょっと歩いて、住宅の間に細い隙間が伸びている。これだったかな? 
 階段が出てきて、廃屋の玄関先をぐるっと回って・・・この急傾斜地は、きっともう建て直しは認可されないね。三浦は、こんな急傾斜の住宅がいっぱい。

 フェンス脇の藪が・・・登り道。

Img_0224


足元の落ち葉が、人に踏まれた形跡がある。
今日が1ヶ月振りのお姉さまがいるから、ゆっくり慎重に登る。

 住宅地の隙間の、片側崖の踏み跡を登って行くと、切通しに出る。特に看板とかはないけど、これがグーグルマップに出ている、がらめきの切通しかな。

 R16の浦郷トンネルができるまでは、この切通しを歩いて、浦賀へ行き来していたんでしょうねぇ。
 ハイキング道でもないし、こう言う古道は、人が歩かなくなると荒廃が早いですね。でも、知ってる人は少しはいるらしくて、こうやって落ち葉が踏まれてる。

 右に、横須賀の海がキラキラと光ってきれい~。その先から、なんども歩いた鷹取山と追浜への道の途中に出る。

 道って言っても、水道を通した幅60センチくらいのコンクリの上を歩くのよ。
 最初に歩いた時は、全く道標の類はなかったけど、今はお手製の案内が増えて来ています。
ありがたいけど・・・
 
 つまんない~(´ー`;)

 こう言う里山って、ちょい迷子気分が楽しいのよね。

 たくさんの分岐を、西・西と選んでいくと、鷹取山(139m)へ出ます。

Img_0229_20210209192901

 数年前、火曜会で追浜から来て、マイフレさんの別コミュとばったりお会いしたところですね~(*^_^*)
 ここは昔の石切り場で、クライミングの方の練習場でもあります。コロナ禍でのクライミングって、かなり感染リスクの高いスポーツですよね。そのせいか、今日はクライマーは誰もいません。でも、広い山頂には、お散歩の方が、4人いました。

 ご高齢の方は、自粛だからってお家に閉じこもっていたら、それこそヤバいですもんね。
 筋力が落ちて、あっという間にロコモシンドロームになっちゃうし、刺激が少ないと、認知症になりやすいし、何より心肺機能が落ちて、万一罹患したら、生き残れなくなっちゃうよ~。ご近所に、このくらいの裏山があると、いいですね。

 ここで・・・
今日は、パウンドケーキを持って来たよ
 (* ̄∇ ̄*)

Img_0232_20210209192901
 ロウソクを立てて~
Pちゃん、お誕生日おめでとう~☆彡

Y姉様、復帰おめでとうございます(=^O^=)o□  

Img_0230_20210209193201

 Pちゃんは、火曜会で一緒に歩くようになってから、もう12年かな。
 家族以上に、会話しているかもね。
子供の事、夫の事、お互いに色々紆余曲折はあるけど・・・それはそれとして、自分の時間は大切にしようね~(´ー`)ノ !

 眺めのいい展望台に登って~
富士山と丹沢は、電線できれいに撮れない。

Img_0235_20210209192901
大菩薩や甲武信、雲取も見えてたよ

。今日は空気がクリアーだから、房総が近いし

Img_0239_20210209192901

スカイツリーもくっきり。

Img_0243_20210209192901


 あとで行く、八景島シーパラダイスも撮る。

Img_0242_20210209192901
 
 鎖場を通過して、82才のお姉さま、相変わらずバランスがいい!

Img_0249

富士山がきれい。

Img_0255

湘南の海や江の島を眺めながら神武寺へ。

Img_0257

いつもはここから、東逗子へ降りるけど、今日は、金毘羅山へ寄ってみよう。
 これはお姉さま方、お初ルートになります。
神武寺へ降りる道を右に分けたすぐ先に
[こんぴらやぐら]の案内があります。

 鎌倉時代のやぐら(身分の高い人のお墓)

Img_0266


群を眺めつつ、山頂を巻いて、北から山頂へ。
山名板は特にありません。でも、神武寺の境内なので、私設山名板をつけるのは止めておきます。

 左下が、住宅地の崖地の際を下りて下りて、最後に石の祠。古い細い階段があって、急斜面をジグザグに下りると、小学校の横の小さな公園の法面崖へ。

Img_0269_20210209193301


 駅までは10分ほどで、正規ハイキング道より、車道歩きが短くなって嬉しい。


 神武寺駅から、京急線で八景島駅に10時半に到着。お姉さま方は、シーサイドラインを喜んでくれた。江の島みたいに橋を渡って、八景島シーパラダイスへ。

 2月9日までショーは中止で、そのためシニアパスは、いつもより400円お安くなっています。
 年を取ると、いいこともありますねぇ~
 ( ̄▽ ̄)V 

 チケット売り場前の広場、人っ子一人いない(;-・。・-;) これでは、シーパラの経営は、さぞ大変だろうと推察します。
 エサ代だって、清掃だって、いつも通りにやらなきゃならないのにね。
 けど、こちらとしては、人が少ないのは安心。では、人が来ないうちに・・・

Img_0278_20210209193301
 もう、長いこと、外食はしていない。なので、今日は久しぶりに、お店ランチにしましょ。

海鮮が好きなお姉さま方に、哉介をお勧め。

ここは海鮮丼をテイクアウトもしてくださるの。

でも、他にほとんどお客さんがいなくて、私たちもひと席ずつ間を置いて座れば、感染対策はばっちり!

Img_0287

 海を見ながらのしらすネギトロ丼、大変美味しゅうございました。(*^_^*)v

Img_0289

 ゆっくり水族館を見て、

Img_0317_20210209193501

カワウソへ餌やり体験もして、

Img_0377_20210209193501

海の公園を2駅分歩いて、シーサイドラインの駅へ。

Img_0390

 車窓から、金沢八景近くの海に突き出た出島のような神社を目にして、
「あそこに行ってみたい!」
って言ったら、2人のお姉さまが付き合ってくれました。

Img_0397


 今日の標高差は200m("⌒∇⌒")
でも、歩数は、2万歩を越えてしまった。
 
 (^ー^;あらあら。
去年の暮以来、久しぶりに歩いた82才のお姉さま、お疲れかしらね~。
今日はしっかりストレッチなさってください。

 空気は冷たかったけど、眺めのいい気持ちのいい一日でした(=●^0^●=)v

«麻生山~三森北峰~杉平