« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月 9日 (日)

阿弥陀に中央稜で登って御小屋尾根で下山

阿弥陀の中央稜が面白そうって思ってた。
友人が、前から阿弥陀の御小屋尾根を歩きたいって言ってた。
ちょうどいいじゃん!(^v^)v じゃ、周回しよう。

 岩好きな人なら、南稜が面白いらしいけど、ビビリの私は遠慮しとく。

 八ヶ岳の地形図の船山十字路のゲートをくぐり・・・ん?十字にはなってないね。T字です。
ここからまだまだ車道が続く。車で入らしてくれたらいいのになぁ。
途中で阿弥陀南稜への分岐。ちゃんと木に[阿弥陀南稜⇒]って書いてある。

 

そのまま通過して林道終点。
 広河原沢の右岸に踏み跡があって、ズンズン沢沿いに歩いて、途中で左岸へ。右手に岩屋が三つ四つあって、伏流水の川に水が見える頃、右岸に戻る。ここで尾根へ取り付く。のつもりが・・・踏み跡がまた川原に戻っちゃうじゃない(。。?)尾根に取り付きたいのに。
これってもしかしてマツタケ狩りの人の道? 
疑心暗鬼になって、ちょっと戻って右往左往して、やっぱりさっきのルートかぁ?
20分ロス。(;>_<;) エーン 出足が遅いのに(登山口9時前)帰りが暗くなっちゃうかな?
雷は大丈夫かな。色んなところにテープがあって、ダケカンバの気持ちいい尾根に上がる。
ここでおやつ(*^▽^*)マロンケーキと二十世紀(*^▽^*)~♪~ マロンケーキがポンポンに膨れてる。まだ標高2200mくらいなのに。

 尾根に登ったらなかなかの急勾配で、ちょっと雲が多いなぁ( -。-) =3 勾配がもっと急になって、右手に南稜が見えてきた。上から4人パーティーが降りてきた。朝6時に南稜から登ったんだって。はやーい!テン泊したのかな?
 一汗かいてるうちに、大きな岩が出てきて、踏み跡が明瞭に右へ巻いている。P9081281 この辺、お花畑できれい(^ー^* ) ウメバチソウ・ダイモンジソウ・セリバシオガマ・キオンにアザミ(^v^)
P9081294すぐに尾根に出て、振り返ると登ってきた中央稜!左に南稜が見える。おぉ!足元が切れ落ちてる(゜o゜;) でも気持ちいいねー。

 

 

 

しばらくすると次の岩峰を巻いて巻いて・・・

 

( °o° ) わ!ホシガラスが二羽 何かついばんでる!すっごい近くまで来てくれたよ。

 

 

 

P9081306

 

 

 

樹林帯を出ると風が抜けて気持ちがいい(*^▽^*)
 
 御小屋尾根の分岐に合流して、案内板が出ている[中央稜立入り危険]
うっそ~( °o° ) 絶対御小屋尾根の崩壊地のほうが危険だよ。ラクが。
摩利支天を鎖とハシゴで越えて阿弥陀山頂(2805m)
あ~ガスって真っ白。でも、降られなかっただけよしとしよう。
だって、中央稜は短くて標高差1200m一気登り。雨具なんて着たら参っちゃうよ。

目の前に、先月泊まったばかりの赤岳が・・・あるはず(/_;) の白い空間
阿弥陀でお昼と思ったけど、風が強くて寒い。
摩利支天の先の岩陰でお昼。それでも寒くてウインドブレーカーを着た。

 下山は御小屋尾根。入り口の岩に矢印が書かれた、その岩が中央稜への分岐って、登ってこなきゃ分からないね。P9081331
 この下り始めのザレた斜面は、どんどん崩れてるんだね。きっちりしたロープが付いてるし、ハイマツの枝まで払ってくれてありがたいけど・・・すごい急な上に、小石が浮いてるからラクしまくり(/_;) 気を使うから、あんまり好きじゃない。
 「中央稜立入り危険]って書くくらいなら[御小屋尾根も危険]って書いておいて欲しい。と思うのはのビビリな私だけ?
ザレザレ急降下を終わったら、おしゃべりしながら静かな尾根をルンルン~♪~
 ずっと、登ってきた中央稜が見えて面白い。
美味しい不動清水でお水を追加。

 

P9081316

 

 

 



 御小屋山の下の虎姫神社前はとっても眺めがいい。こんなところに、人力で巨大な石碑を? ここで登った阿弥陀を見ながら最後のおやつ(^v^)今日は一日涼しかった。

 美濃戸口は人に会わないことがないけど、夏沢鉱泉も人が多いけど、御小屋尾根は週末でも割りに静かだね(*^▽^*)
このところ、不安定なお天気。
雨に降られず雷にあわずに一日歩けて,ルートファインゲィングも楽しめて、楽しい一日だった(^v^)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »