« 阿弥陀に中央稜で登って御小屋尾根で下山 | トップページ | 鳴虫山と男体山 »

2012年10月 9日 (火)

和名倉山

Pa092429_2 車で未明に登山口へ。秩父湖の、埼玉大学の山の寮の横に車を停めて、ちょっと下ると吊橋。橋の真ん中に9月にここで行方不明の人の写真が貼ってあった(;・_・; ・・・・

 和名倉山って、地形図だと白石山って書いてある。
標高2036mは、独立峰としちゃ、埼玉県最高峰。で、200名山 それなのに、埼玉側から道らしい道がない。遭難も多いらしい(^。^;)
 
 さて、標高差700mくらいを一気登りすると(これって、普通のハイキングだともう山頂だよね。でも、まだ半分に満たない) やっと少し風が抜けて、尾根に出る。( -。-) =3ふぅ 暑い!
左が杉の植林地で右が広葉樹。右が明るくて気持ちいい(*^▽^*)
 尾根のピークの手前は反射板があった跡地で広くて、昔は眺めがよかったんだって。今は木が茂って・・・(/_;)
ここから、幅広い巻き道に入る。昔・・・戦後の高度成長期?の遺跡・・・木を運ぶレールとか、ワイヤーとか造林小屋の痕跡とか一升瓶の破片とか。
祖父や父世代の、汗と苦労を感じさせる仕事道・・・

 道がなくても、ほんとは尾根歩きが好きなんだけど、この尾根はきっとスズタケの藪がすごいんだろうな。
 以前、箱根の白銀山でハコネザサと格闘して、完敗したことがあったっけ。体当たりすると押し戻されちゃう、足が入らない笹薮(/_;)そんなのには出会いたくないし・・・
たくさん着いているテープを追って(って言うか私はYさんを追って)登る。スズタケの藪の結構な急登り。( -。-) =3

 幸い、このルートのスズタケの薮は、ほとんどが立ち枯れちゃって・・・ これが青々と茂っていた時はさぞすごかったろうな。枯れているとは言え、跳ね返る笹で、目や顔が危ないから、腕をお顔の前にかざして歩く。
 中央線沿線の藪漕ぎじゃ、もっとすごい笹薮も歩くけど、それはせいぜい距離で1キロとか
 ここは・・・標高差300mくらいかな。延々と続くんだよぉ(´ー`)
と思ったら、帰路はもうちょっとましな踏み跡があった。
 
 やっと抜け出したら、奥秩父だぜぇ~な苔の森。
いいねいいねぇ。木漏れ日できれいじゃん(*^▽^*)
でも・・・隙間から時々山並みが見えるけど、お写真を撮れるような、開けた空間がちっともないよぉ(;>_<;)

 やっと出た、広々と気持ちがいい場所
千代蔵ノ休ン場 千代蔵って・・・誰?
ここから山頂はすぐだった(*^▽^*)

 地形図では、将監峠からの道に出会って、直角に東に曲がると和名倉山って感じだけど・・
実際は、踏み跡通りに歩いていくと、直進が和名倉山頂(2036m)
これはちょっと不思議な感じ・・・ "( ' ' ;)
 で、この200名山の山頂は、樹林の中の、落ち着く奥座敷って感じ。展望はまったくありません。
[仁田尾根⇒]って案内があるけど、その方向は積もった倒木の斬新なオブジェ(;-・。・-;)
どうするの? ま、林道が通れないって言うから、しばらくはほとんど人は行かないのかな。

 ほんとはこっちから歩いてみたかったんだよね。真新しい避難小屋ってのが見てみたかった。
 今は・・・林道歩きを往復+3時間って感じなのかな。
テン泊じゃなきゃ絶対無理だね。

 この、結構歩いている二瀬ルートだって、マップタイム10時間なんだもの。

 ってことで、手早くお昼を食べて(^v^)
下山が難しいんだよね。こう言う藪ルートは。
 でも、このルート、赤テープ 多いよね。行きに通った藪よりしっかりした路を通って造林小屋へ。

 あー、この後まだ800mも下るのかぁ・・・って、思ってたら・・・共通のマイフレさんの話とか、楽しくおしゃべりしてたら吊橋に着いちゃった( °o° ) エーって感じ。
まだ2時過ぎじゃん!(*^▽^*)

 久しぶりに累積標高差1550mなんで、お膝が心配だったけど、大丈夫だった!

 このあとTさんは、ご自分の家から遠くなっちゃうのに、私の乗換駅に近いところまで送ってくれた。
 前からずっと気になっていた、アクセスの悪い山を日帰りできたよ。

« 阿弥陀に中央稜で登って御小屋尾根で下山 | トップページ | 鳴虫山と男体山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

竹藪漕ぎは、ほんと大変
沢にいくと、もれなくといいほど付いてくるから、その苦労はよく解ります。
それでも、バリは楽しいですね、私も好きです。

NONさんの藪漕ぎは、緊張する沢で充分疲れた後だから・・・(^。^;)
しかもザックまで濡れてたり? 
ほんと、沢屋さんってタフだなぁっておもう。
乾燥野菜のクリ-ムシチューだけ食べに行きたい(*^▽^*)
この山ってNONさんちから近いんじゃないの?

う~んTさんが気になる。

しゃらさんのお話をうんうんと聞いてくださる様な方?
それとも割りとお話しする方なのかしら、ショムニちゃんと一緒を・・・・・と
伺いましたのでシャイな方?

そういえば耳が痒かったですよ!
種には事欠かない?

『ショムニちゃんと一緒を・・・・・と伺いましたのでシャイな方?』
の意味が分かりません(。。?)

シャイで・・・、予想外に色々お話ししていただきました。
亀ちゃんさんは、知識・礼節ともに尊敬するって(^v^)
ほんと、こう言ういい方をなさいました。
黙々と歩くイメージがあるでしょ! 
だから、時々振り返りながら、山の話、趣味人の話、自分の話、盛り上がって、
下山の時間の短かったこと(*^▽^*)
また、一人じゃ心もとないバリエーションに連れて行って頂こうっと(^ー^* )
ペースも、コンスタントに8掛けくらいですごく歩きやすかった。

ショムニちゃんがTさんのことダンディ?とかいうので・・・・一緒に行くのはちょっと聞いたように
思ったものですから。

私のこと恐ろしいイメージをお持ち穴があったら入りたいです。

八掛け、やっぱり想像通りですね。
それも淡々とスタスタと見てても気持ちがいいでしょうね。

Tさん一度写真で拝見しましたが、ちょっと想像するのは無理ですが気配は感じます。

しゃらさんでも心もとない山があるのですか?
でも楽しそうなので是非またご一緒して貰ってください。

あっれー( °o° )  それ、ショムニちゃんのことじゃないですよー(^v^)

詳しくは次回お会いした時に(*^▽^*) ノ

心もとない山 いっぱいありますよー。
それが低山里山なら、迷子気分を楽しんで歩けるけど、和名倉みたいに山が深いとビビリます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和名倉山:

« 阿弥陀に中央稜で登って御小屋尾根で下山 | トップページ | 鳴虫山と男体山 »