« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月11日 (木)

蜂城山~大久保山

 御坂の桃が一番きれいな時期に、釈迦堂の南の蜂城山へお姉さま方をお連れしたい。
前からそう思っていた。
ところが、この時期はミツマタやら桜やらカタクリやら 他にもいいお山がたくさんあって、なかなかお連れできなかった。今年は、車に乗せてくれるって言う方がいらっしゃるからお願いしちゃう("⌒∇⌒")

 

 勝沼ぶどうの里に下りると、7人乗りのお車で待っていてくださるご親切なマイフレさん。
乗せて頂くのは二回目です。
恐縮です”( ´ ▽ `;)ゝ

 

 駅からの道脇も桃畑 \(●⌒∇⌒●)/
そしてその向こうに甲斐駒から笊ヶ岳まで見えてる!

 

P4098211

 

 

 

 朝の空気がきれいなうちに、まずちゃちゃっと登れる蜂城山へ登っちゃう。ここの山頂は蜂城天神社。
何箇所もに灯篭がある神社の表参道で蜂城山(738m)へ 
 一昨年、逆廻りでここまで来た時に、舅の訃報が入ったんだった。この後のバリエーションの予定を中止して、タクシー呼んですっ飛んで帰宅したっけ。

 

 


 眼下に一面の薄ピンク! 
そして破風に木賊に金峰や帯那
・・・( °o° ) エ!赤岳見えてるよ。
きれいじゃーん!\(^o^)/

 

 ここで桃ゼリータイム ふっふっふ~♪~
こう言う語呂合わせが好きなの。
昨日、ゼラチンで固めて作ったんだよ。
子供が小さい頃よく作ったっけ。ゼライスとかフルーチェとか。

 

 さて、次は南々東へちょっと降りて、鞍部から結構な急斜面で登りあげると、大久保山との分岐に出る。
そのちょっとだけ奥が神領山(866m)
展望はない、ちょっとした奥座敷って感じ。

 

さっきの分岐に戻って、尾根を降りる。
そのまま尾根通しで下っちゃうと、大久保山より南の農道へ出ちゃうけど、杉の植林地が見えたらその右へ。
赤テープがいっぱい誘導してくれる。
落ち葉がすごくて、あんまり人が歩いていないのが分る。
鞍部から少し上がったところに、山宮への案内。
車へ戻らなきゃならないから、今日はこっちで降りよう。

 

 友人が数日前に来て「最近伐採して眺めがよくなってるよ」
って教えてくれたけど・・・これはすごい!
わぁお!\('◇'*)/ 素晴らしい!
ここでランチに致しましょう~♪~

 

P4098239

 

 


 南アルプスと眼下の薄ピンクの桃 桃 桃
\(^o^)/ を見ながらランチバイキング。

 

 眼福 満腹 幸福~ (*^▽^*)v

 

 案内にしたがって山宮へ降りたけど、この道はあんまり歩かれていないね。
だいぶ降りた後、北向きの尾根から、右に戻るようにつけられた登山道が、落ち葉で目立たなくなってる。
替わりに尾根通しに降りちゃってる踏み跡がある。赤テも!
こっちの方が距離は近いな。
じゃ、この踏み跡で行っちゃいましょうか。
登山道はぐるっと堰堤を迂回して神社の裏へ廻るらしい。
尾根通しの踏み跡は、神社の正面参道横へ出た。
武田信玄が建立って言う由緒ある神社で、本殿は重要文化財
ご神木の夫婦杉は樹齢300年以上 

 

 

P4098264

 

 


はい(^v^)抱きついてエナジー頂きました(*^▽^*)v

 さて、早めに下山したので、本日のアッシーマイフレ様におねだり。御坂桜公園まで行って頂けましょうか?("⌒∇⌒")
河口湖方向へ車で20分。
バーベキューなんかもできる立派な施設があるんだよ。
でね、なんで今頃桜公園?
はい(^v^)v  ちゃんと咲いてました。満開。

P4098281

 

 


 大姉さまが「ちょっと来て」ってちい姉さまを呼んで
「桜吹雪~」「花嫁さんきれいねー」って("⌒∇⌒")
桜は、満開もいいけど、桜吹雪がきれいね。

 駅まで送って頂く車中で、大姉さまがマイフレさんに「お酒は飲めるの?」マイフレさんが無言。
「何もしないわよ一緒に飲もうって言ってるんじゃないの。ただ、飲めるかどうか聞いただけ」
何もしないわよって・・・(^。^;)

 勝沼駅に着いたら、「待っててもらって」って言って走って行った。 で、駅に売っている勝沼ワインのカップワインを買ってきて、今日はお世話になりましたって(^v^)

 旧中央本線トンネル 大日影トンネルも見学。
ここは、以前日曜日の山友たちと、棚横手の帰りに暗い線路を往復40分歩いたっけ。
今日は、勝沼側からちょこっと歩いて戻った。

 

 


 


そして、姉さま方は勝沼ワインをお買い求め。
「今日はこのために歩いたのよ」って("⌒∇⌒")ちい姉さま

 春の嵐で、桃のお花が、散ってしまったらどうしよう。
って心配だったけど、ピンクの絨毯が見て貰えてよかったわぁ
  \(●⌒∇⌒●)/


 

2013年4月 4日 (木)

丹沢椿丸

バリルート好きのケアマネさんペアが、去年から椿丸へ行きたいって。
ただ・・・最初に言われたのが初夏(・  _  ・ ;)
ダニと蛭のW攻撃は・・・ちょっとご遠慮したい(;>_<;)

 

 仕事が忙しい人たちで、やっとスケジュールが合った。

 

 バスで浅瀬入口で降りて取り付きまで歩くって言うから・・・「タクシーに乗りましょうよ~」って言っちゃった。
いつもお姉さま方に払ってもらって、気軽にタクシーを使っちゃってる、怠惰な自分(´-`;)
 浅瀬橋のゲート前で下車。ちょっと林道を回って、法面の切れたところから尾根に取り付く。

 

 このルート。前にはあった藪がほとんどなくなって、椿丸までの登りは踏み跡明瞭。P780mからは北北東へ向き 結構尾根が入り組んでるのね。でも、赤テープも踏み跡もあって、結構人気だね。

 

 お水休憩に、何回か薄荷スプレー 蛭とダニ避けに。

 

今日は富士山がきれい!枝が邪魔だけど・・・

 

P4048088

 

 

 

熊沢ピークから大熊沢までも、予想していたほどの藪はない。P838から、なんかあっけなく椿丸に立っちゃった。

 

P4048100

 

 

 

 

 

 

 

 日向ぼっこができそうな気持ちのいい尾根で、大栂山がドンと見える。その後に菰釣山。
そうか。山中湖が近いんだ。

 

 さて、下山で気をつけなくちゃね。
 西に少し尾根を歩いてから、P862mにも何にも付いてないのね。でも、たぶんここが山頂。
じゃ、5分ほど先から、南に急降下だ。踏み跡あるかな?
分岐に倒れたアンテナがあった(。。?)
でも、半端じゃない土の急斜面(;´o`) 何箇所かミツマタの群生地があった。
崖のような鞍部が山神峠。その先の70mほどの登りで、長いピークに立つ。これが山神山かな。

 

 

 

 

 

南東に向きを変えて、途中からテープ類が一切なくなった。でも方向はあってる。で、沢のすぐ上。尾根の先がない。あれ?違う? 3~40m登り返して・・・あったあった、こっちだよ。 
吊り橋もあるし・・・( ° ° ; ) エエッ 穴あき端なし吊橋

 

P4048138

 

 

 

 

P4048140

 

 

 

 

 対岸の林道に出て、後は林道をプラプラ20分・・・え?えー?道がない!川まで20mほど落っこちている。高巻いてる足跡があってたどろうとしたら、途中で次の崩壊で埋まった感じ。ズルズルと川原に降りた。行けるかな・・・林道へ登れるかな?

 

P4048149

 

 

 

 向こう側の林道からロープが降りてた。助かった(;-_-) =3

 

P4048150

 

ガラガラ石を落としながら林道へ戻れて、これで終りかな。

 

P4048152

 

は?まじっすか?(ノ°ο°)ノ またかいな。今度は川原には降りれない(/_;)  この時、私が「戻りましょう!戻って高巻こう!」って声をかけたのに・・・ケアマネさんのおツレ様だけ・・・行ってしまった(;-・。・-;)  
川から10mほど、垂直に立っているコンクリの上の、ものすごい斜度のガレ崩壊地を、無理矢理【T_T】
見てられん!3~40m急斜面を高巻いて(;-_-) =3 ふぅ
 私はケアマネさんと、植林地の急斜面を3~40m高巻いて

 

ガレの頭を通過

 

 

 

降りた。(;-_-) =3 ふぅ
危険なトラバースした彼に「止めて下さいよ」って言ったら、嬉しそうに「怖かったよ。すごかったよ!落ちるかと思った」って・・・(;>_<;)

 

振り向いて撮った崩壊地

 

 

 この後も、まじっすか(;-・。・-;)な崩壊の繰り返し。

 

P4048161

 

 

 

 

 途中から一緒に歩いた単独男性が、高巻きも一緒に来て、ありがたいことに新松田まで、お車に乗せてくださった。本日会ったのはこの方一人。
 この辺りは携帯も圏外で、タクシーも呼べないところ。浅瀬入口のバス停まで車道1時間。大変ありがたかったです。ありがとう(/・0・) 

 

 ルートファインゲィングも、きれいな富士山も、春の花も、一片に吹っ飛んじゃうくらいの、インディージョーンズごっかが・・・面白かったかも("⌒∇⌒")

 

吊橋と林道は、直す気ないのかな?

2013年4月 2日 (火)

鋸山アドベンチャーコース 房の大山 人骨山

日曜日のメンバーで、人骨山へ行きたいなって思ってた。
その前に、メンバーの一人だけ、まだ鋸山へ登っていないから、ぜひご案内したい。
このメンツなら、お姉さま方が苦戦した、アドベンチャーコースを下りにとっても平気かな?
 ぬかるみと真っ暗な手彫りトンネルと急登の、安兵衛井戸と沢コースで東の肩に出て、稜線沿いに、展望台へ。
今日は曇り。残念ながら丹沢も富士山も見えない。
 空気が澄んだ冬は、南アルプスも見えるんだよ。

 

 観光客に混じって地獄のぞきや百尺観音を見て、鋸山山頂(329,5m)へ戻る。ここでお昼(^ー^* )
今日は、風は強くないのに気温が低いねぇ。

 

 

P3307805

 

 



P3307792

 

 


一等三角点と菱形基点のベンチでお昼を食べて、三角点のすぐ裏の藪から、アドベンチャーコースに入ります。

 しばらくは、登山道と平行に歩いて、炭焼き窯の北から急降下。トラロープの急斜面や、崖や、岩の回廊。

 

 

P3307839

 

 

 

前回、登りで苦戦した岩は、木の根っこにつかまった後、岩につかまってスルッと降りられた。

 

 

P3307830

 

 


ザレた土斜面のロープでの登りも、チャチャッとクリアして、あっと言う間に車力道へ出た。さすが40代のお嬢さん方 身軽ねぇ('ー ' *)

 はい お疲れさま。予定時間より・・・だいぶ早い。
じゃ、もう一つ一等三角点に行っちゃう?

 

館山の先まで行って、坂田のバス停から、房の大山(193,6m)へ登ります。
雲が多くて寒いけど、南房総での超低山なんで、汗かきました (´。`;;;)
 山頂からは、キラキラ光る海。遠くは見えないけどこれはこれできれいよ(=●^0^●=)

P3307879

 

 


P3307867

 

 


 車で10分ほど戻って、子供の頃からよく使わせて貰ってる知人の家で、お泊まり。
今半の牛すき焼きを3合のご飯に入れると、美味しい炊き込みご飯ができるの。
金谷港で買った菜の花の胡麻和えやキュウリのジャコ山葵和えにコロッケ。あり合わせのもので質素な夕飯(^ー^*
編み物しながら、楽しいおしゃべりや今後の登山計画の話しなんかをして・・・

 翌日は、今回のメインイベント人骨山 
以前、この辺の地形図を見てて見つけたの。穏やかじゃない名前だなぁって。
そうしたら、姥捨て伝説のある山だって。この山、確かに山頂付近だけ等高線がつんでる。お年寄りじゃ下れないような急斜面に囲まれてるね。
 でも・・・お年寄りって幾つだ?(。。?)
昔は60歳で姥捨てだって・・・(/o°)/~\(°o\)
私も、もう数年で還暦!捨てられちゃうぅ【T_T】
ああ・・・でも・・・いつも一緒に歩いている、70代のお姉さま方なら、このくらいの等高線、難なく降りてきちゃうわよ!

 佐久間ダムの近くから、山間の集落を抜けて・・・
民家の脇から、急な土斜面に太いロープが着いた道の、一気登り。人骨山(292,6m)房州低名山って山名板が着いていた。低くても眺めはなかなかいいらしい。

 

 

P3317909

 

 


 あ~あ(^。^;) ・・・霧の中、薄く佐久間ダムが見える程度。
残念だなぁ・・・と思って下を見たら・・・ワラビ!ここにも、ここにも!あっと言う間に握れないほどの束に\(^o^)/
今夜はワラビのおかか和えだわ!

 

 


 


摘み立ては、灰や重曹でアクを抜かなくても、お湯で茹でるだけで充分美味しい。でも、そのまま食べると結石ができやすいとか。おかか和えやゴマ和えがお薦めです(^v^)v

 佐久間ダムは水仙で有名。昔は江戸城下に出荷していたらしい。そして桜も多い。湖面に映る満開のソメイヨシノが見事。だけど・・・今年はソメイヨシノはもう散ってしまって葉桜。八重桜と枝垂桜が身頃。
 佐久間ダム東屋で、のんびりドリップコーヒーでおやつ
(*^▽^*) v

 

 

 



帰路は海ほたる経由で帰ってきたよ。海ほたるでは土砂降り。歩いているときに、こんな雨にならなくてよかったぁ(^ー^* )

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »