« 蜂城山~大久保山 | トップページ | 神津島 天上山 »

2013年5月10日 (金)

ボイジャー オブ ザ シーズ

世界で4番目に大きい客船 ボイジャー オブ シーズで7日間の船旅へ行ってきたよ。
4月27日 大井埠頭へ
 史上初の東京港発着は、クラブツーリズムのチャーター便。
 メインダイニングは、3階分吹き抜けで、ちょっとタイタニックごっこな気分。
 ダンスタイムが終わっても、ショッピングモールでは歓迎セレモニー
メインストリートでは大道芸(ジャグリングとかピエロとか)をやってるし、カジノもあるし
階が違うラウンジやパブで、社交ダンスやディスコダンスやらあって
寝たのは午前3時!( ° ° ; )  
 4月28日 終日航海
船の中のお食事は、基本無料で、何箇所かは席料を取られる。
無料のメインダイニングやブッフェレストランとか、サンドイッチバーとか、色々選べるから楽しい。朝食の後、夢だった洋上のジャグジーとプールへ。
プールの水温hは24度!(;-・。・-;)
みんな、入ろうとして、びっくりして誰も入らない。
もぐったりバシバシ泳いで、見上げるとギリシャ彫刻風の像と白いマスト!
万国旗に青い空。最高に気持ちいい(=●^0^●=)v
 午後はスケートリンクでアイスショーを鑑賞
 夕食後はショーもあって、日によってダンスと音楽とか、手品とか色々。
その後はダンス(^v^)
そして11時からはプロムナードで70年代ディスコパーティー。これは楽しかった。
プロダンサーが、ディスコダンスを踊りながら、ショッピングモールに出てくるの。
 4月29日 長崎寄航 10時~17時半
女神大橋をくぐるのが一番のイベント。
ボイジャーを見ようと、たくさんの人が橋にいる。
そして、船尾の一番高いところが女神大橋まで5,5mとか。
下から見ていると、ぶつかりそう(ノ°ο°)ノ
ドヨドヨドヨって声がして、それから拍手。
橋の上の人からも拍手。みんなで、おーい!(^/□\^) ヤッホー!
あちらからも!こんな交流ってすごく楽しい(*^▽^*)
P4299075
P4299081
 着岸の国際松ヶ枝ターミナルは大浦天主堂の近く 
もみじ谷の火葬場へ。小さなピークを巻くと山道になるらしい。
小さな案内板がある・・・(;´o`)あれれ?
ロープウェーや車道がある山って、登山道が廃道化しやすいのよね(/_;)
倒木もあって、クモの巣だらけ(;-・。・-;)
スカイラインを横断した跡の階段は一部藪。
で、山頂近くの道へ出る。
稲佐山のツツジは・・・ 
\(^o^)/ お見事!気持ちい~い!~♪~
海の風と一面のツツジ! 
お昼はちゃんぽんを食べて、大浦天主堂の近くへ。
 早めに船に帰って、今日はスケートリンクが開放される日。
もちろん無料。昨日アイスショーを見たリンクで滑るって不思議。
 本日 フォーマルナイトなので、みなさん貴婦人のようにおめかし('◇'*)
私も、一番派手なネックレスにイヤリングにブレスレット。
ロングドレスでディナー(=●^0^●=)v
P4289048_2
あー・・・こんなにいっぱい並んだナイフとフォークでお食事を頂くのは、姪の結婚式以来だわ。
 
4月30日 釜山寄航 8時~17時半
 釜山に来たのは二回目 
チャガルチ市場でも冷やかして、釜山タワーにでも登ろうかな と思っていたんだ。
船が影島国際ターミナルに近づいた・・・( °o° ) エー
あれに登りたい!!!
港の目の前に立ちはだかる、蓬莱山!
かっこいいじゃん('◇'*)
こんな眺めのよさそうなところ、きっと何本も登山道があるに違いない!("⌒∇⌒")
でも・・・日本語観光マップに、山道は載ってない。
さぁて、どうしよう・・・( ̄~ ̄;)ウーン・・・
 船を下りて、タクシーの運転手に蓬莱山を指差して「チョゴ カムニカ?」「カジュセヨ」
「あれ 行けますか」「行ってください」
さぁ 分るかなぁ・・・登山口
運転手さん、少しは韓国語が話せるのかと話しかけるけど・・・(/_;)
で、この運転手さん、登山口が分らないらしくて、少し坂を上ってから、地元らしい人に登山口を聞いてくれた。
私の韓国語は、以前近所の奥さんが韓流スターにはまって、韓国へ連れてってと頼まれた時に、100均で買って覚えた「韓国語入門」のみ。
運転手さんから話しかけられても、ヒヤリングは無理【><。】
でもね、海外旅行で、ほんとうに必要なのは、愛嬌と度胸だけ~("⌒∇⌒")
で、なにやら、車では行けないって言ってるらしい。
「ウリ ウォーキングOK ウォーキング チョアヨー」
私は歩くのが好きって・・・これで伝わった?( ・◇・)?(・◇・ )
 で、運転手さんは、坂を上って大学の前で止まった。
カムサハミダ サンキュー ありがとぉ(´ー`)ノ
 結構きつい登りで、しかも登山道の他にバリエーションっぽい踏み跡がたくさん。
一番早く登れそうな直登 直登と選んだら、登山口から20分で小ピークで、広い登山道へ出た。少し東に登ると蓬莱山の子山387m 
P4309191
山頂東屋から、乗って来たボイジャーオブシーズが見えるの!
南は、対馬がよく見える場所なんだって。
 風が気持ちいい(*^▽^*) ん~最高!
蓬莱山は395mの主峰と、この387mの子峰 それに孫峰があるんだって。
 帰りは、行きと違う道で降りたら、お寺の裏へ出た。いかにも港町の狭い路地がいい感じに続いていて、歩いてみたい坂道を選んで歩いていたら、かなり北に寄っちゃった(^。^;)港に出てから南へ南へ、待つ歩き1時間半。なかなか着かなくて、ちょっと不安になってきたころ、巨大な船体が見えてきた( -。-) =3 ほっ
 船でランチを食べてから、ロッテデパートへ。
駄菓子を買って、お店を覗いて、あっと言う間に時間が経っちゃった。
出航30分前に船に戻らなきゃいけないし、シャワー使ってドレスに着替えて、
ディナーの時間は5時半だし、9時間ってあっと言う間だ!
考えてみたら、9時間ほとんど座ってないかも。
でも、面白かった( ̄▽ ̄)V 
 ディナーのあとはダンスパーティー(^v^)我ながら、タフだと思う。
5月1日 済州島寄航 7時~13時半
 この旅行に行くって決まった時、済州島へ寄るなら、韓国最高峰ハルラサンへ登りたいと思った。
マップタイムが9時間ほどだから、釜山と同じ寄航時間なら、充分登れる。
でも、スケジュールが来たら上陸時間は6時間半(^。^;) 
これじゃ、ちょっと無理だわ(/_;)
じゃ、有名な日出峰へ行こう。
  実は、○○ツーさんでも、オプションツアーがあるんだよね。
ビビンバランチ付きで8000円 韓国舞踊付きで9000円
でも、バス代片道3000w入場料2000w しめて日本円で800円ほどで行けちゃう。
海へ突き出た噴火口の山。日出峰。
朝早くても、観光客がいっぱい。
ここは 階段 階段 階段!
標高182mの最高峰は、ものすごい眺めよ。
P5019293
 朝早く出たから、まだ船に戻るには時間が早い。
じゃ、ナショナルミュージアムに寄ってみよう。
窓の外を気にして、博物館らしい建物の前で下ろしてもらう。
バス代の払い方がよく分からない(+_+)モタモタ(´。`;;;)
シッレハミダ(失礼しました)って待たせた乗客に一言(^ー^* )
地元の人はカードだった。
博物館は無料!大勢の学生が来ていた。
済州島の土器や装飾品、遺跡などを見て、港へはその奥の低い山を越えた方向。
1時間以内で歩いて戻れそう。
途中の出店で、ホットック1000w(100円)とキムパッ1000w(100円) 
ゴマ風味のキムパッ(海苔巻き)は少し甘くて美味しい(^v^)
今日のお昼はこれでいいや。
・・・と登っていると!
 \(●⌒∇⌒●)/ わーい
神様のお導き?
沙羅峰公園143m だって!
いやぁ、登ってきてよかった。
私の公園だー(=●^0^●=)v
沙羅峰公園碑の前で、登ってきたオンニ(お姉さん)にシャッター押してもらった。
P5019358
韓国の女性はみんな、完全紫外線防備。
長袖に、顔面ほぼ全体を覆うマスク(・ _ ・;) ヘェー 
お散歩していた、同い年くらいの女性がイルボノ?って話しかけてきた。
日本語が話せるこの方が、この公園からの落日は『沙羅落照』って言って、済州八景なんですって教えてくれた。
P5019371
 さて、お昼に帰船。
ジャグジーに浸かってプールで泳いで(*'‐'*)
泳ぐと疲れが取れるね。
海を見ながらのインラインローラーも気持ちいい。
 今夜はフォーマルナイトなので、ダンスのロングドレスで決める(^v^)v
ディナーの後は、もちろんダンスタイム(^v^)
で午前零時からディスコ。 
寝る前にパブを覗くと、顔見知りのお姉さんたちがおいでおいでして・・・
男役で30分ほど踊ったら ( °o° ) 午前2時!
 
 5月2日 終日航海
二日続いて朝が早かったから、久々に8時過ぎまでお寝坊して(^v^)
ビュッフェでフルーツとオートミール少々。
顔見知りになった中国人のウェイトレスさんがダイエット?って("⌒∇⌒")
 気になってた、クライミングウォールに初挑戦。
並んでいるのは子供が多くて・・・ちょっと恥ずかしい(*^-^*)
ハーネスつけて、係りの人が、トップロープで確保してくれるから安心。
登ると、船の下の階や甲板が見下ろせて、結構な高度感。
てっぺんに下がっている鐘を鳴らすと、拍手がもらえる("⌒∇⌒")
回りは大海原。これは気持ちがよかった(^v^)
 ディナーはメインダイニングで、シェフとウェイターが全員で行進して、日本の歌をプレゼントしてくれた。28ヶ国の人が働いているんだって。
真剣に日本の歌を覚えたと思うとなんだか感動。
 5月3日 下船
 こんなに長く、家族を置いて家を空けたのは、生まれて初めて。
一週間もの旅行、しかも半分以上の時間を船の中。
のんびりしようと思ったけど・・・
のんびりは、できないね。性分だから(^。^;)
ものすごく貪欲に、豪華客船を探索した って感じの一週間でした。
昨日は一日波が高かったから、帰ってからも、時々ふわぁんと、体が持ち上がるような・・・
船に乗ってる感じがする。
楽しかったなぁ(*^▽^*)
 次の海外旅行は、HISかなんかの、飛行機と宿のみの格安ツアーで、ハルラサン登山に行きたいな。
誰か、一緒に登らない?(*^▽^*)
韓国最高峰。

« 蜂城山~大久保山 | トップページ | 神津島 天上山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボイジャー オブ ザ シーズ:

« 蜂城山~大久保山 | トップページ | 神津島 天上山 »