« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

白根三山

 今回、二年ぶりの北岳。奈良田1自発のバスはガラガラ。

 

 

 

 

 

広河原の登山口到着が午後2時。

 

なので、3時間歩いて、今日はお終い。

 

 

              オオハクサンサイコ

 

              白根御池のい向こう側はイブキトラノオがいっぱい

 

 

 

 

 

白根御池小屋は、布団一枚に二人(^。^;)土曜日だしね。

 

布団の長さが短いので、向かいに寝る人と足がぶつかる(;-_-) =3

 

 

 日暮れまで、池の周りを散策したりして、お花鑑賞(=●^0^●=)v

 

 

 

 

 

 翌日の朝食は5時からだって。

 

早く出たいから、並んで待つ。

 

だって・・・噂に聞く農鳥小屋の怖い親父さんに 遅い!って怒鳴られたくないもの。

 

午後2時に小屋に入らないと怒られるって?

 

先日の八ヶ岳、夏沢峠の山びこ荘なんて「到着が5時くらいになりますがいいですか?」

 

って聞いた時「かまいませんけど途中で連絡くださいね」って言ってくれた。

 

で、美濃戸へ入れなくて、5時20分着になっちゃったけど、怒られなかったよ。

 

 

 そういう問題じゃなく・・・(゜゜;)

 

実際、夏山は雷が怖いから、早く入るに越した事はないよね。

 

 

 今日の工程はマップタイム8時間 

 

ハクサンイチゲにシナノキンバイにテガタチドリにハクサンチドリ・・・

 

お花の写真を撮ってると、なかなか前に進めない(^v^)

 

北岳方の小屋の前でモーニングコーヒー

 

見たかったマンテマには会えるし、イワヒバリも撮れるし

 

 

P7283299

 

 

 

3000mの稜線歩きは最高\(●⌒∇⌒●)/

 

 

 北岳山頂(3192,4m)富士山の次に高い。

 

けど、山頂だけはぐすの中で真っ白。

 

4度目の登頂(*^_^*)v

 

 

 

 

 すぐに下って、中白根から結構登って間ノ岳(3189,3m)へ。

 

 

              間ノ岳の右に塩見が見える

 

P7283312

 

 

 

日本で四番目(奥穂の次)に高い山。

 

ここでのんびりお昼。

 

チングルマがいっぱい。

 

残雪でイワヒバリが水浴びしている(*^_^*)

 

 

              眼下に今夜泊まる農鳥小屋が見える。

 

P7283344

 

 

 

 

東側から白い雲が湧きあがっては消えている。

 

安倍荒倉岳が近い。

 

 

 

 農鳥小屋に1時半に着けた(^v^)v

 

赤いお屋根のかわいい山小屋。

 

怖いって評判の親父さん・・・全然怖くないじゃん。

 

布団3枚で4人で寝ろって言うから、「昨日の白根御池じゃ一枚に二人でしたよ」

 

って言ったら「そういうことは黙ってるもんだよ」って笑ってた。

 

インスタントだけど、コーヒーとミルクとお湯のポットを持って来てくれて「飲みたかったら自分のコップで飲みな」って。

 

これは嬉しいサービス(=●^0^●=)v ティーバッグもあったよ。

 

親父さんの扱いが客相手の感じじゃない分、同じ部屋の20人くらいがすごく和気藹々。

 

私が山友とストレッチを始めたら、部屋の全員がストレッチ("⌒∇⌒")

 

 

Getattachment

 

 

 

その後も、お花の談義とか、とっても楽しい山小屋(*^_^*)

 

夕方甲府方向の窓に、稲光が見えていたよ。

 

 

 

 

 翌朝4時前、親父さんが「天気は確実に悪くなってるから、もうすぐ雨になる。出るなら早く出かけるがいいよ」って起しに来てきれた。

 

山友二人は雨なら笹山までの縦走の予定だったけど、止めて、、みんなで奈良田へ降りることに。親父さんが「笹山までの稜線歩きは気持いいよ。またおいで」だって。

 

 

 ザックカバーして、雨具の上だけ着て、霧雨の中を歩き始めたけど・・・

 

まずは西農鳥(3051m)・・・

 

に着くころには、ものすごい強風と雨で、山頂の岩陰でオーバーズボンを着ける。

 

農鳥小屋を前後して出たたくさんの人が、ここでみんな雨具を着ていた。

 

農鳥岳より25mもこっちの方が高いのに、今までなんでか、西農鳥には山名が付いていなかった。今は東海パルプの豪華な標柱が立っている。今年建てたの?

 

 

 

 

 

 岩ゴロ道を、下ってトラバースして、登って、農鳥岳(3025,9m)

 

辺りは真っ白だし、屋根もないし、水だけ飲んでさっさと先を急ぐ。

 

 

 30分ほど降りた鞍部に、黄色い指示器と鐘。

 

 

 

 

昔、若者が、吹雪のときに大門沢下降点が見つからずに、亡くなったんだって。

 

それで碑と下降点の案内を作ったって書いてある。

 

ここで、昨日も会ったカップル2組と前後して下り始める。

 

 

 ここからハイマツの急降下。雨は土砂降りに近い本降り(;>_<;)

 

けど、ガスった斜面に、ハクサンイチゲとシナノキンバイとチングルマの大群生('◇'*)

 

 

 

 

樹林帯になっても急降下。石ゴロ道も急降下。

 

しかも、ナナカマドやハイマツの枝が張り出して、くぐったり押したり。

 

まだまだジグザグに急降下(^。^;)

 

標高差1000m近く降りて、飽きて来た頃、沢が近くなる。

 

手作りハシゴのような、木の橋がかかった沢を、繰り返し渡る。

 

 

 

 

これは緊張するから、下りに飽きたところで気がまぎれていいね("⌒∇⌒")

 

 

P7293393

 

 

 

 で、びしょ濡れで大門沢小屋に着いた。

 

雨宿りしてちょっとおやつ。

 

 

 

ものすごく揺れる吊り橋が三つ。で、車道に出て奈良田へ。

 

 

 

 

 楽しみにしていた、白根三山が終わった。

 

山で2泊もするって、なんて贅沢(^v^)

 

 

累積標高差 登り2560m 下り3270mだった。

 

こりゃ、下りが飽きるわけだぁ(゜o゜)

2013年7月18日 (木)

御嶽山

ちい姉さまが、ずっと前から御嶽山に登りたいって言ってたの。
 去年の春に母を送って、山でお泊まり出来るようになった。
秋に、大姉さまのお誕生日を山小屋でお祝いしてから、火曜会のメンバーのお誕生日を順にしている。今年のちい姉さまの誕生日は・・・じゃ、御嶽山ね(^v^) 

 

 あずさに乗った時点で気分は遠足(=●^0^●=)
移動販売のコーヒーをおごっていただいたり、お菓子をあれこれ(/^0^)/ ♪ 塩尻で、ワイドビューしなのに乗り換えて、木曽福島からは、バス1時間。

 

 ロープウェーを使わないのが、ささやかな抵抗(^ー^* )
お昼近くに、中の湯から、ガスった樹林の階段を歩き始める。今日は、最年長のお姉さまがやや不調?(´。`;;;)
標高が高い山だけど・・・大丈夫かな?
8合目でパーッと晴れてきた。

 

 


 

 


(ノ°ο°)ノ おぉ まだまだ雪が残ってるのねー。
雪渓を登って、だんだんとお姉さま方の息遣いが、いつもより聞こえるようになる。そうよね。酸素が薄いよね。もうちょっとゆっくり歩きましょう(^v^)

 

 

P7162810

 

 


 大姉さま・ちい姉さま・Pちゃんは元気だけど・・・どうも最年長のおとなしいお姉さまの様子が・・・
「頭は痛くない?吐き気は?」
しつこく、お水や梅干やミネラル飴を勧めて、努めてゆっくり歩き。けど・・・このままだと、小屋の到着が4時をだいぶ廻りそう(^。^;) 

 

 

 

P7162835

 

 

 

黒沢十字路手前で「ここからは一本道ですから、ゆっくり来てください。先に行って手続きしてます」って駆け出した。私が付いた20分後にお姉さま方到着。

 

やっぱり高山病っぽい(;>_<;)
最年長のお姉さまだけお部屋へ残して、4人で御嶽山最高所 剣が峰(3063,4m)へ って言っても小屋のすぐ上。

 

 

P7162854

 

 


 


ちょっと雲が多くて、今日は夕日は見れなさそう。乗鞍と二の池がきれい。

 

 夕食時には、背負って登ったブランデーケーキにロウソクを点けて、ちい姉さま お誕生日おめでとう(*^_^*)v

 

 

 

そして夕食後にも、山頂へ。
( ° ° ; ) ええっ ポツポツ雨が(/_;) これじゃ、お星様は見られないなぁ。でも、楽しくおしゃべりして、8畳一部屋に5人の贅沢な夜(=●^0^●=)v
 大姉さまは不眠症でお薬を貰ってる。
内科の先生に、繰り返し「眠れない眠れない」って訴えたら「そのうちずーっと眠れますから心配しないで」って言われたって(;-・。・-;) その『眠る』は意味が違うでしょ (⌒-⌒; ようは、気にするなってことね。

 
 翌朝は、ご来光を見るために4時半起き。
夜明けは冷える!さすが3000m級は違う。ダウン着て・・・ (*^▽^*) わぁお!美しい雲海
 中央アルプスと、乗鞍の奥に、槍とジャンと穂高!

 

 

 

 


 朝ごはんの後は、御嶽山お鉢巡り。ものすごい横風でダウンを着ても寒い。それでも、ツガザクラやアオノツガザクラに、ミネズオウがみごとに群生\(^o^)/

 

 

 


 


 日本最高所の湖、二ノ池を回って、残雪をトラバース。

 

 

P7172912

 

 


P7172920

 

 


王滝奥社へもお参り。ちょっと雲が増えてきたな。
下から、どんどん人が登ってくる人気の大滝口登山道。
なんと!雪渓で雷鳥が見られたよ!
 \(●⌒∇⌒●)/ わーい

 

 

P7172938

 

 



 最後に田の原の観光センターで、お姉さま方にお待ち頂いて、Pちゃんと二人で三笠山にも登ってきた。
しっとりと静かでいいお山よ。

 

 


 


観光センターでお昼。を・・・ご馳走していただいて・・・
蕎麦膳美味しゅうございました(/・o・)(/・o・)

 楽しい旅は、まだまだ続きます。
バス&ワイドビューしなの。これが(・_・;)
なんと塩尻直前で、「ただいま篠ノ井駅付近でセッシャ、塩尻から先の運転を見合わせます」
って放送!「セッシャってなに?拙者なにやつ?」
でも、中央本線には関係ないね。って思って乗り換えようとしたら、スーパーあずさも動かない(;>_<;)
セッシャって・・・接車? 接者? 初めて聞いた表現。

「ただいま現場へ救急車が向った模様」から
「ただいま現場検証を・・・」
「現場検証が長引き・・・」
結局14:58のスーパーあずさは16:07に出ました(;´o`)
ぎりぎり夕飯の支度に間に合う(;-_-) =3 ふぅぅぅ~

大姉さまが、あずさでコーヒーを買ってくれるって言うから、車内販売を楽しみに待ってたら、自由席が激混みで、
とうとう八王子まで車内販売は来なかった。
そりゃそうだね、1時間以上遅れたら次の電車の予定だった人も集中しちゃうもんね【><。】

 それでも、来週の話やなんやで笑いっぱなしの車中だたよ("⌒∇⌒")

 楽しいお誕生日登山でした(*^▽^*)

2013年7月11日 (木)

美濃戸口~地蔵の頭~硫黄~山びこ荘~天狗~唐沢鉱泉

  一緒に山を歩いて1年半のPちゃん

 

行きたい所 ある? って聞いても、ずっと「分りません」だったの。

 

で、唯一のご希望が『山びこ荘に泊まってみたい』

 

生き物が好きなPちゃん 夏沢峠の、ヤマネとモモンガの宿 って言うのが気になったみたい("⌒∇⌒")

 

「いいよー(^v^)でも、モモンガに会えるとは限らないよ」って言ったら

 

「いいんです。ここに住んでるんだぁ って思うだけでいいんです」って妙に力説。

 

ふぅ~ん "( ' ' ;) そんなもの? 

 

 

 そう言えば、昔 大岳小屋にもムササビが住んでた時期があったな。お客さんがいない静かな夜に、屋根裏で、コトコトコトって音がする。ちょうど、ネズミが天井裏を走るような感じよ。、ムササビの出口の方の窓を見てると、ムササビもたまにこっちを見て、クリィ~って首を傾げるの(^ー^* )  それから、すぐ近くの木に飛び移って、ポンポンポンと、飛び移りながら下の方に餌をとりに行くんだ。

 

 

 そんなのを、Pちゃんが見られたら最高だな。

 

 

 ところが!三連休を前に、美濃戸への道を直すんだってことで、美濃戸口で通行止め!(;>_<;) エー

 

 事前に、山びこ荘さんに『4時半到着くらいになってもいいでしょうか?』って聞いたら『横岳か硫黄で携帯が使えますから、一度連絡ください』って言われてた。そんなギリギリのスケジュールなのに・・・1時間余計に歩く(;´o`)

 

 おまけに、アブの大量発生で、人の周りを黒いかたまりがブワンブワン、ものすごい量がたかってくる!

 

ハッカスプレー&ユーカリリングにずっと扇子を振って・・・

 

ハイジさんと一緒にいつもよりハイペースで美濃戸まで歩いた。ここで、Pちゃんとちい姉さまは、ものすごく汗をかいたんだって。止まると、アブにまとわりつかれて、とんでもないことになるから、歩くしかなかった(;>_<;)

 

 

 やっとアブが居なくなって、行者小屋で遅めのお昼。

 

この時間なら、なんとか5時までに小屋に入れそう。予定通り地蔵の頭経由で夏沢峠へ行こう!

 

 お天気は安定しているし、Pちゃんに横岳付近のたくさんのお花を見せたいし・・・(^ー^* )

 

 

 結構頑張るなぁ って、Pちゃん、ちい姉さまも、10人以上をごぼう抜きにして登って・・・急斜面手前で(;-・。・-;)

 

Pちゃんが(・_・;)足が攣った! 

 

しまった。急がせたし、暑かったし、アブがひどくてお水休憩が、あんまり取れなかった(;>_<;)

 

 Pちゃんが持っていた、芍薬甘草湯を飲んで、筋を伸ばして、様子を見ながらそろそろ歩いた。あらら(;´o`)今度は反対の足が・・・。地蔵の頭直下の、一番大変なところでは、何度も痙攣して、滑ったらやばいから、Pちゃんのザックの紐をつかんで確保【><。】

 

 

P7092583

 

 

 

 何度もお水を飲んでもらって、梅をお口に入れたり(^。^;)  ちい姉さまも稜線直下で足が攣って・・・

 

ごめんねー。急がせすぎたんだね。

 

 

 なんとか主稜線に出て、お花を見ながらアップダウン。

 

 

              チシマギキョウ

 

P7092602              ムシトリスミレ

 

P7092604              赤岳を背にPちゃん

 

P7092616              ウルップソウ

 

P7092634

 

 

 

ハシゴや鎖場通過は、Pちゃんのストックをハイジさんが持ってくれた。なんと頼もしい介添え役!

 

 

('◇'*)わぁお!ムシトリスミレが咲いていた!ウルップソウに、コマクサも!

 

硫黄まで一緒に歩いてくれた地元のハイジさんは、赤岩の頭から下山。私たちと別れたら、ヒューっと、飛んで降りていった(ノ°ο°)ノ

 

 

              阿弥陀と赤岳の間から南アルプス

 

P7092645              硫黄から天狗と左奥に蓼科

 

 

 途中で山小屋へ電話を入れて、夏沢峠の山びこ荘に5時20分到着。(^。^;) ふぅ~

 

 

よく歩いたね("⌒∇⌒")

 

累計標高差 登りが1440mだった。

 

 

 さて、今日の宿泊者は、私たち入れて7人。

 

長く小屋に居ると、生菓子が食べたくなるのよねー。

 

だから、親父さんに、笹大福を持ってきたの(^v^)

 

「おぉー大好物です」って喜んでくれたよ(^ー^* )

 

お酒も大福も行ける口("⌒∇⌒")

 

 

 お夕食の後は、待望の時間 本棚の奥の穴から、ちょろっと何かがのぞいて引っ込んで・・・

 

出て来たよ!ヤマネ\(^o^)/

 

 

P7092681

 

 

 

 (゜o゜) 窓の外には、首が赤い鳥 ウソが。

 

 

P7092675

 

 

 

 夜にはテンも来て、佐久平付近の雷が光るのも見て!

 

もう、最高(=●^0^●=)v

 

 

 

翌朝は、4時に親父さんが「モモンガ来ています」って

 

小さな声で起こしにきてくれた。

 

 

P7102715

 

 

 

 

 いやぁ(^0^*  かわいいねぇ~

 

ひまわりの種を両手で持って食べる姿が、なんとも言えない。日の出を見て、ドリップコーヒー飲んで、ゆっくり出発。 

 

 箕冠山(みかぶりやま)から根石山(2603m)、この辺は今日は風が強い。

 

 

 

 

小さなアップダウンを繰り返して、東天狗は強風!なので西天狗(2645,8m)まで行って大休止。 赤岳と硫黄の間に仙丈 甲斐駒 北岳 浅間山に荒船山に金峰山 これを、二週間前に来た、日曜日の山友たちに見せたかったなぁ。

 

 

 

 西天狗からは、岩ごろごろの急下降。でも、今日はお二人とも快調に歩いてくれます(*^▽^*)

 

 

P7102731

 

 

 

 

 唐沢鉱泉から、パノラマコースの尾根を越えて、渋の湯でバスに乗る予定だったんだ。

 

 で・・・唐沢鉱泉で、お昼を食べようとしたら、食堂は靴を脱ぐんだね。登山靴を脱いだら・・・ここからタクシーで帰ろうか ってことになっちゃった(゜o゜)

 

 じゃ、お昼より、先にお風呂に入りましょうか?

 

 唐沢鉱泉 ぬるっとして、めっちゃ気持ちいい

 

\(●⌒∇⌒●)/  あ~極楽極楽。

 

 

P7102748

 

 

 

山菜蕎麦を頂いて、タクシー呼んで、なんと茅野に13時半着。 タクシー代6千円 ちい姉さまとPちゃんのおごりです(。_。;) いつもありがとうございます。

 

 

お買い物して帰宅。家の中がザラザラ。暑いから、窓開けていたのね。大急ぎで掃除・洗濯

 

う~ ・・・(;´o`)

 

横浜 暑い!!!

 

山登りより汗だくよ。

 

 

 始めてのPちゃんリクエストの山びこ荘

 

ちい姉さまリクエストの下山後の温泉 

 

ヤマネとモモンガとテンに出会えて、八ヶ岳が端から端までクリアーに見えて、

 

いいお湯で疲れを流して、幸せな山行でした(=●^0^●=)v

 

 

 Pちゃん 素敵な八ヶ岳デビューになったね(^ー^* )

 

 

 

 苗場でかまれたブヨの後がまだ痒いけど、今回、アブには噛まれなかったよ。

2013年7月 8日 (月)

苗場山 三国トンネル~大源太

芽吹きの苗場湿原に憧れてた。
でも、神奈川からは、泊まりでしか行けない山。

 

 関越湯沢IC近くのかぐらミツマタスキー場 和田小屋下の登山口に到着は、10時近い(^。^;) マップタイムは7時間半。
歩き始めは石ゴロぬかるみ道。前の日に雨でも降ったら沢になるね。歩きにく~い(;´o`)

 

股スリ岩って言う細い隙間(凄い名前だね)を降りると、すぐに神楽ヶ峰。
 雷清水は、今まで飲んだどの水場の水より美味しい!

 

 


がっついて ぐびぐび ぐびぐび◇(^^ )  (j oj) ぐぇぇぇ~ 

 

なんか・・・虫を飲んじゃった(;>_<;) げっ! (´ヘ`;)ハァ ブヨがうようよ飛んで集まってくる。

 

何度もハッカスプレーをして、ユーカリの虫除けシールをサンバイザーのツバの顔側と襟元に貼って、手首に子供用虫除けリング・・・雪解け時期から、トンボが飛んでブヨを食べてくれる頃まで、要注意だね。ブヨが増える前に、早お昼。  

 

 

 

              左は越後三山 手前は巻機?
              やっと苗場の山頂が近づいて見えた
P7062398
 ここからは、いよいよ歩きたかったお花畑。
苗場湿原 池塘が点在して別世界(=●^0^●=)v
ちっとも前に進めない( >_< )
イワナシ ハクサンチドリ シラネアオイの終りがけにチングルマ(ノ°ο°)ノ
おぉ オノエランに会えた!!!嬉しい(^0^*
                 サンカヨウ
P7062357              ナエバキスミレ

 


 


              ヤマゼリと孔雀蝶
P7062413

 

 


              オノエラン 
P7062421              イワイチョウ

 


              シラネアオイ   
P7062467

 

 


 苗場山(2145,3m)一等三角点にタッチ!
\(●⌒∇⌒●)/ ヤッホー!

 

 


 


これで下山時間が読めたから、のんびりしようっと( o^^)o イエイ

P7062437

 

 


 今夜は、去年上州のマッターホルン 大源太に登った時泊まった、かぐら山荘に宿泊。
一泊素泊まり3000円で、ものすごく使いやすい業務用のキッチンや、食器や、調味料が揃ってるの。
下山口が宿泊地って楽~。日暮れに降りられればいいんだもん(^ー^* )
何かあった時のために、一応ヘッドランプとツェルトは持ってるけどね  (^v^)v

 池塘 癒されるぅ~♪~
ドリップコーヒーで至福のひと時(^ー^* )
湿原と残雪をあちこちお散歩 
帰りたくなぁい!(=●^0^●=)v
お花三昧の池塘を堪能。
じゃ、降りますか。

 



P7062444

 

 


 これだけ完全防備したつもりだったのに、おそらくハッカ湯を付け残した、頬の端とサンバイザーとおでこの隙間をブヨに刺された!
ムヒとリンデロンつけたど・・・腫れるかも【T_T】

 登山口の和田小屋から駐車場までの間にわらびを採って、夕飯のおかずにプラス(*^_^*)v

今夜は炊き込みご飯と挽肉と野菜のオムレツにサラダにお味噌汁
ご飯にゴマとだしを足して、明日のおにぎりも作っちゃおう( ̄▽ ̄)V
  

 翌日は、もう一つの大源太(河内沢ノ頭)へ。
http://smcb.jp/_photo_list?pic_album_id=2131641

R17号三国トンネル手前からまず三国峠へ。
なんと、峠へ登ったら、その先からパラパラと雨(・_・;)
でも、キスゲとオオバギボウシのお花畑がきれい!

 

 

P7072518

 

 


これを狙ってきたんだよね(*^_^*)v
トンネル横の駐車場から1時間でお花畑に来れるから、これから2週間くらいまでが見ごろよ!
 三国山(1636,4m)からは、雲の動きが早い!
雨が本降りになってきちゃった(/_;)

 

 

          左奥た平標 その右が仙ノ倉 その下の高いのが大源太

 

              谷川岳方向

 


慌てて樹林でおにぎりを一つパクッ( ^o^)( ^-^)
 降り始めは、葉っぱが雨を止めていてくれるから、シャリバテしないように取り合えずお腹に入れとく。
で、オーバーズボンを履いて、上は着たくないから、傘さして歩き始める。ガガッと下りて、なだらかな尾根歩き。
平標と仙ノ倉が近い。苗場もきれい。
足元が雨でぬかるんで、案外アップダウンも多くて、やっと大源太へ着くころに雨が止んだ。

 


 これで、もう降られないのかと思ったら、戻りの一番急な登りでまた降られた【><。】 暑いよ~(´。`;;;)

 三国山を巻いてお花畑に出たら雨が止んだ。ここでドリップコーヒータイム(=●^0^●=)v      

 


  滑る木道に気を使いつつ降りて、帰りの車で三国トンネルを出たら、とたんに土砂降り( ° ° ; )

 

 


 


 お山で、こんな土砂降りに会わなくてよかったよぉ(;・_・; ・・・・
ザックカバーしてても、ザックカバーに雨が溜まるんだよね。そんな時は、頭からツェルトかぶってじっと待ってるのが得策。

帰宅してから、いつもは翌日に回す洗濯を大急ぎで!
でないと・・・
明後日も・・・
泊まりなんだも~ん("⌒∇⌒")
 

 去年の春まで、色んな人の縦走日記を見て、羨ましかったんだ。  母には、長生きして欲しかった。
けど・・・母は嫌がるし、ショートステイに1万円かかるし、私はほとんど外泊できなかった【><。】

そんな気持ちで過ごした9年間!
・・・長かった。
もう、我慢しない!

 夫は時々不機嫌だけど、私の人生は、私のものだ!
我慢してても、誰もほめてなんかくれないもの。


 今年も、現住所 山 の夏が始まる("⌒∇⌒")

2013年7月 5日 (金)

櫛形山 新ルート~裸山~ほこら小屋

 櫛形山に7月7日 新ルートが開かれる。
この日は南アルプス市の市長さんも来るとか。
車椅子でも行ける、1,2キロ 標高2000mの別天地
全長5,5キロの新トレッキングルート
・・・(゜o゜)どんなかな?

 

 マイフレさんが連れて行ってくれるって(^v^)
「雨予報だけど・・・どうしましょう?」
「えー('◇'*)雨でもいいじゃん("⌒∇⌒") ~♪~」

 

 若い頃、大学生のお兄さんグループに、櫛形山に連れて行ってもらった。山の斜面一面、あやめの青い絨毯で、あまりの美しさに、立ち去りがたくって、何度も何度も振り向いたっけ。
 あの青い絨毯が、鹿の影響で壊滅的 と聞いて、6年前のこの時期に来てみた。全く一つもあやめが見つからなかった。
 3年前、地元の人がネットで囲って保護してるって聞いて、どんなかな?って見に登った。数箇所あるネットの中だけで、あやめが4~5本 グンナイフウロにウマノアシガタ辺りがチラホラ。

 

 これから、あの一面の絨毯は戻るんだろうか。

 

 鹿だって、生まれてきたら、食べて生き延びたい(/_;)

 

 毎年やっていたあやめ祭りが数年前に中止になった。
これじゃいかんと、必死になった観光協会が、車椅子でもお年寄りでも歩ける、足に優しいトレッキングコースを整備した・・・
のかなぁ? それとも利権がらみ?

 

 櫛形山は林道がいっぱい通っていて、標高1800mまで車で登れちゃう。
これからの夏 楽して涼しいところへ行くには最高かも。
北岳や鳳凰や甲斐駒もコースから見えるらしいよ。

 

 久し振りに会うマイフレさんと、池の茶屋林道の休憩舎駐車場に車を停めて、さぁ まだテープで止められている新ルートへ入ろう・・・としたら重機が入ってきた。

 

 

 

 

 

(^。^;) 見咎められるかもしれないから・・・しばらく躊躇しておしゃべりしてたら、重機の運転手さん、それと察したらしくて新ルートをあごでしゃくって「行かないの?昨日もいっぱい歩いてたよ」(ノ°ο°)ノ まぁー ご親切な。ありがとうございます。聞くと、新ルートは市の管轄、池の茶屋林道は県の管轄なんだって。で、最後の掃除をしているらしい。

 車椅子が押せる って言う歌い文句だから、道のカーブにはすべてしっかり柵。車椅子が落ちないようにかな?
けどねぇ・・・この道を、車椅子を押して1,2キロ登るのは・・・かなりの体力だよ。腰 痛めるよ。誰が考えたんだろう。車椅子を押したことがある人かな? 
 

 

 

 


 遊歩道みたいな道を、マイフレさんとおしゃべりしながらお散歩って感じ。

 このマイフレさんとは、踏み跡が見えないようなバリエーションでばかり歩いてる。こんなお気楽コースは、雨が降りそうな日には、ちょうどいい選択だったかも(^v^)
 日曜日が開通式って言う道だから、道脇は工事直後で土が掘られていて、植物はあまりない。
 
 南アルプス市が、この夏一押しのトレッキングルート。車椅子対応の道の終点には、展望デッキと東屋。

 

 
                           今日はこんなぁ~

 

 

 

                 ここから土の道 

 

 

 

山道に入るとすぐ、ヘリからネットで降ろしたところ って感じの、まだ使えないトイレとか。

 

 

 

幅2mほどのコースを歩いて、このまま楽々あやめ平・・・
かと思ったら、案外あるよ!アップダウン(;-・。・-;)
 まず急降下。 土で滑るから、人が大勢入ったら・・・、そのうち階段ができるかな?  裸山のコルの先で、業者さんが最後の小枝の始末をしていた。
 
 そして、ネットをあけて、まだロープで止まっているところをくぐってアヤメ平。
 ここがねぇ・・・昔は一面のアヤメだったの。今は、ネットに守られた先は、数株のアヤメとウマノアシガタ。
キソチドリやグンナイフウロも見られてそれなりにきれい。時々霧雨。新ルートの端っこには、きれいな案内板!

 


 ここで、マイフレさんはお友達にばったり。さすが地元。
この方たちも、新ルートを下見に来たらしい。
                              キソチドリP7042261

 

 

 

 


 原生林の樹林帯を歩いて、マイフレさんお気に入りのほこら小屋へ。とってもきれいな避難小屋で、トイレもきれいだし、水場もすぐそば。

 

 

 

 

 

 

 

ここでのんびりお茶して、昔林道だった?エアリアマップに載っていない道で、駐車場に戻った。

 楽しくおしゃべりして、甲府に送っていただきました。
ご自宅で作った、ジャガイモに茄子にインゲンに・・・桃まで頂いてしまった。重ね重ねありがとう( ´ ▽` )ノ

 マイフレさん 涼しくなったらまた、バリエーションに行こうねー。楽しかったね(=●^0^●=)v

2013年7月 3日 (水)

乾徳山

 この夏、ちい姉さまはモンブランへ、Pちゃんは秋に槍へ・・・

 

じゃ、岩の練習に乾徳山へでも行きましょうか?

 

大姉さま以外は未踏だし。

 

太っ腹姉さま方だから・・・大平牧場までタクシーおごって頂いて。

 

これで、乾徳登山口から歩くより、1時間半の登りを短縮(^v^)

 

 

 それにしても・・・何度も登ってる岩殿山が、大嫌いな大姉さま・・・

 

「乾徳は平気よ」って・・・その怖さの感覚がよく分かりません"( ' ' ;)

 

 

大平牧場から5分ほど先に乾徳山登山口。

 

ここまでタクシー乗りつけ。

 

一面のわらび!さっそく摘み出す大姉さま。

 

そっち行かなくても歩きながらで摘めますから!

 

って・・・ほんの数メートル 登山口へ行く間で今夜のおかずをゲット。

 

春は500円徴収されちゃうよ。今は大丈夫。

 

 

 

 

 樹林の道を歩いて扇平へ。

 

何度来ても、気持ちがいい草原(^ー^* )

 

ほんとは、山頂からここまで戻ってお昼にしたいとこだけど、時間的に無理だね。

 

 

 

 岩の道から、岩の隙間を、芸術的な木のハシゴで下りて・・・

 

 

 

高度感の嫌いな大姉さまが、前に登ってるのにたぶん忘れている、崖のへつり。

 

左が100mほどの崖の、岩の縁を歩くの。

 

なんとここで、先行していた若い男性二人組みが躊躇していた(・_・;)エー

 

「いやぁ、なんかびびっちゃって」って。

 

あんまり歩いていない人なのかな。地元塩山の人だって。

 

 

 この辺で12時。でも、鎖場通過しないと落ち着かないよね。ランチは後回しだね。

 

 

 

 一つ目の鎖場は、鎖がなくても登れる程度。

 

二つ目の鎖場は、鎖が二本並んでて、右の鎖の方が足場がしっかりして楽よ。

 

 

P7022171

 

 

 

 さぁ、ハイライト(=●^0^●=)v

 

山頂直下の高さ20m弱の岩場は、下の数メートルが、技術が未熟な私だと、鎖頼みになっちゃうの。

 

 

 

 

 

 若い二人組みに先に行ってもらおうとしたら、「いいです、見てます」・・・(^。^;)

 

私が鎖頼みになっちゃう部分だけ登って、岩の真ん中で「Pちゃんいいよー。ここまで登っておいで」

 

下から、ちい姉さまも足場を指示。

 

Pちゃん 果敢に登ってきた。上手い上手い!

 

でも、めっちゃ緊張して「うわぁ」「ひえ~」の連発。

 

 

P7022181

 

 

 

はい!よく頑張りました(^ー^* )

 

真ん中の岩からあとは、鎖はつかまなくても、足場がしっかりで楽なのよね。

 

下で眺めていたお兄さんも登ってきた。

 

 

 今回、他のお姉さま方は、迂回路を選択。

 

( °o° ) なんでー、面白いですよー。

 

 

 狭い乾徳山山頂(2031m)で12時ちょい過ぎ。

 

ガスってほとんど眺めはない。

 

ここでランチは落ち着かないでしょうから・・・すぐ下で食べましょう(^。^;)

 

 

 

 乾徳山は、下山ルートって言うのもあるんだ。

 

でもこれ、ハシゴ&急降下で、岩ゴロゴロで、たぶんお姉さま方、余計緊張すると思う・・・

 

少し下の広いとこれでランチにしましょう。

 

 

 一時、降られるかな?(;-・。・-;)って雲が出たけど、扇平辺りではお日様が当たって、今日もめまぐるしいお天気。

 

 

 

 国師ヶ原で鹿の群れ。

 

 

 

錦晶水 銀晶水を通って、乾徳登山口まで降りる。

 

タクシーの時間に遅れそうで、下山でマップタイムより20分も急がせちゃった(。_。;) ゴメンナサイ

 

 

 3時20分に頼んでおいたタクシーが、ちょうど下から走ってくるのと同時に、道がカーブした指定した場所へ着いた。

 

 

 累計標高差は登り750m 下り1160m

 

はい、みなさん よく頑張りました(´ー`)ノ

 

 

 夏山シーズン前の、ちょい岩登り みなさんお疲れ様でした(´ー`)ノ

西天狗~東天狗

 友人が天狗岳へ行きたいんだって。
天狗が目的だから唐沢鉱泉から。
天気予報は、晴れ時々曇りだったのに・・・
八ヶ岳に近づいたら雨が(・_・;)
登山口では止んでくれて、よかった。

 

 山友が「あーよかった(;-_-) =3 この気温でかっぱなんか着ちゃったら、河童天国じゃなくてカッパ地獄になっちゃう」って。上手い!爆笑。

 

 

             イワカガミが大群生

 

P6302039

 

 

 

でも、展望台付近でパラパラと雨【><。】 エーン
これ以上降ってきたら、ザックカバーだけでもしよう。と思っていたら止んだ。
止んだら(ノ°ο°)ノ お日様!急に暑い!

 

 

目の前に西天狗の岩々の急斜面が!

 

 

 

 


 

霧が晴れている間に登れるかな?って思ったけど・・・
山頂に着いたら真っ白(;>_<;)  めまぐるしい天気。

 西天狗(2645,8m) 二等三角点

 

 

見えるときは、北アルプスの大キレットや槍もよく見えるんだよ。南北八ヶ岳もよく見える場所。
下って、同じくらい上り返すと東天狗。ここでお昼(^v^)
 昨日、お隣さんから直径8センチくらいのちびかぼちゃと、直径5センチくらいの巨大きゅうりとプチトマトを貰ったの。それで煮物とサラダ。食べていると、ふわっふわっと時々霧が流れて、硫黄辺りが見える。今日は本当に面白いお天気!

 

 

 

 


 

曇り・雨・晴れ・霧が味わえます("⌒∇⌒")

 この東天狗の、登山道の案内板は少し方向がずれてるね。
夏沢峠からの橋がすぐ下に見えるから、一度歩いた人は間違えないかも知れないけど・・・
中山峠 って書いた角度へ降りると、根石岳方向へ行ってしまいそうだ(;-・。・-;)

 山友に、天狗の奥庭は行ったことある?今年はスリバチ池のお水が多めらしいから、逆さ天狗が見れるかもよ("⌒∇⌒")  
 って話していたけど、ガスってるから無理そうだ。
でも、イワカガミに イワウメに イワヒゲに ツガザクラ 
色んなお花に会えたよ(=●^0^●=)v

 

 

 

 

 

 


真夏の、八ヶ岳混み混みシーズンでも、ここだけ別天地みたいに静かなんだよね。天狗の奥庭。
幻想的なスリバチ池が見れた(^ー^* )

 

 

 

 



 黒百合jヒュッテに到着 まだ1時。 じゃ、お茶にする?
苔桃ティーに苔桃ケーキ ストーブをつけてくれて、優雅なひと時(^v^)v あ~最高(=●^0^●=)

 

 


 行きの車の中で、ヒュッテから下の登山道は、滑る岩なんだよ。って話していたんだけど・・・午前中にかなり降ったのか、いつにも増して登山道が川で・・・雨でぬれた岩が滑る【T_T】

 

 


 


 めっちゃ緊張で、いつもはマップタイムの6掛け7掛けで歩く、駿足お嬢さん方なのに、ほぼマップタイム(;´o`)
やっと岩が減ってくると、次は滑る根っこ地帯・・・(^。^;)
 
 土の普通の登山道になったら、もう唐沢鉱泉に近い。
登山道脇の唐沢鉱泉の源泉 ここの苔が好き(^v^)
山友たちも「きゃぁぁぁ きれい!!!」
って喜んでくれて、ここで一休み。

P6302145

 

 


 私が八ヶ岳に最初に来たのは、高一。高校二の兄と、兄の友達に連れられて来た。 
 そのころって、お山に、今みたいにおじさんおばさん(『さ』の前に『ー』が入る人の方が多い?)が、あんまり歩いていなかったな。 お山で、蝶や花を採っちゃいけないってことが、あんまり浸透してなくって・・・? ホイッスル持った監視員が、捕虫網を持った人に注意したりしてたっけ。 自然監視員って腕章つけていたような・・・今はいないのかな?
あの頃みたいに、監視員が盗掘犯を捕まえてくれないかな。

 唐沢鉱泉は、ひなびた宿から、こじゃれた建物に変わってた。

 

 

 

 


のんびりお茶したから、車へ戻ったのが4時。ところがもう、中央高速に渋滞が出てるって(´ヘ`;)
小仏渋滞20キロで、帰宅は9時過ぎ(^。^;)

 実は、半月後の火曜日のお姉さま方との山のために、帰りにあずさの回数券を買うつもりで、今日は大金を持ち歩いた。
のに・・・もう緑の窓口が閉まってた(/_;)
えー(・_・;) 9時くらいまでは開いてると思ったのにぃ・・・

 新宿から松本へ行くのに6枚回数券を買うと、6,710円が4,500円(6枚で27000円)になるんだよ。最近知ったの。3割以上の割引。高速バスに対抗する手段なのかな?
ジパングクラブの2割引なんて目じゃないでしょ?
でも、6枚だから・・・使い方にちょっと悩む。12枚買う?・・・
有効期限は3ヶ月。 明日、JRの駅まで買いに行くかなぁ。

 今日は、渋滞にはまったから、車でコースターを7枚編んじゃったよ(´ー`;) 山友にあげたから写真はありませんが・・・

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »