« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

鳳凰三山日帰り 9月22日

私は一昨年、山梨百名山を完登した。
その時、気持が残った山があるの。
山梨百名山 ってのが選定されたのは1997年らしい。
で、間ノ岳・農鳥と鳳凰三山だけは、その選定よりずーっと前に登っちゃってて、選定後は行っていない。
それってどうよ。標柱も見てないし・・・

 

 今年、山友の山梨百名山のお付き合い兼ねて、間ノ岳と農鳥は登った。
じゃ、鳳凰三山も、もう一度登りたいな。

 

 今週は、火曜会のほかに、女子会コミュのイベントでもお泊まりもしちゃったし・・・
しかも次の火曜日は、帰りが遅くなる・・・
ここはやっぱり日帰りで歩いてみるかな。

 

 今回、どっち周りにしようかなって考えた時、地蔵直下のザレ場を登るのは嫌だなって思ったの。
昔ドンドコ沢に下りる時、富士山の砂走りみたいだな。って思ったのを覚えてる。

 

 青木鉱泉の奥の、中道登山道入口に5時半到着・・・登り4時間半を、誰かが×して6時間って書いてる・・・( °o° ) エー マップタイム12時間が・・・14時間? 日が短くなっているから、そんなに時間が掛かったら、滝見物が暗くなっちゃうじゃん(T.T) 万一、薬師に着くのが遅かったら、観音までのピストンにしよう。

 

 登るに連れて青空が広がって、樹間に八ヶ岳や金峰がチラチラ。でもほとんど樹林。標高2300mほどの御座石が、唯一の休憩場所?

 

 そのすぐ上で、薬師のミニオベが見えてきた。

 

 

P9225774

 

 



 

 


薬師岳(2780m)まで、標高差1500mほどの一気登りに汗だく! でも8時半に付いたよ(^v^)。 案内板の4時間半を×して、6時間って書いたヤツは誰だ!不安になったじゃないか。
そして稜線からは \(●⌒∇⌒●)/ わーい
なんてクリアーな北岳 間ノ岳 農鳥!そして富士山。

 

 

 

 

 


P9225782

 

 


観音 地蔵に駒仙ちゃん♪☆\(^0^\) ♪(/^-^)/☆♪
先が長いけど・・・おやつにしちゃう。
最高だね。一週間変更してよかった。
しかし、鳳凰三山の稜線は人気だね。すごい人だ。

 気持のいい稜線を、ちゃちゃっと観音岳(2840,4m)

 

 

P9225795

 

 

 

 


この下りの岩の影に(*^_^*)v ヤッタネ
ホウオウシャジンが一輪!まだ残っていてくれた。
少し疲れたタカネビランジも見られたよ。

P9225812

 

 


 地蔵のオベリスクは二人登ってた。私も若い頃、連れてきてくれた大学生のお兄さんが登ったのに続いて、オベリスクに登ったことがあるの。さて、降りようと思っても、真っ逆さまに落ちそうで、下りれなくなっちゃった。赤っ恥のオベリスク。確か高校二年の夏休み。あれから40年!("⌒∇⌒") 飽きもせずに、お山に登ってるなぁ

 さて、登山は終わっても、実は下山が正念場。
お膝をまっすぐ と意識して、岩ゴロ急下降の長い下山。
鳳凰小屋は、夕べはお布団1枚に二人。しかもテントは張り切れなくて、遅い時間に来た人は、テント背負ってきた人も素泊まりになっちゃったんだって。

 

 

 


今日も、下山中もどんどん登りの人が・・・みんな鳳凰小屋に泊まるって(^。^;) 今夜も混むねぇ。

 飽きるかも、と思った下山は、五色滝 

 

 

 

 


 

鳳凰の滝(これが両側から流れて一番きれいだった)

 

 

 

P9225851

 

 


 

南精神の滝って、次々に滝が出てくる。みんな分岐から5~15分くらいで行けちゃうから、もれなく滝見物。激下りの気がまぎれていいわ(^v^)

 

 

P9225861
 最後に、堰堤工事のため?迂回路で右岸に渡らされたから、そのまま地形図にない林道から、車を置いた薬師岳登山口まで歩く。

 

 

 


 暗くなる前に下山したい って思っていたけど、3時過ぎに戻ってこれちゃった。

 普通なら、この後お風呂に入って、きれいになって帰宅するんでしょうけど、とにかく早く帰りたい。
ので、山友にわがまま言って、そのまま帰路に。
だって、木曜日に山びこ荘で泊まってるし、金曜日の夕食は手抜きだったし・・・
でも・・・(;>_<;) 小仏渋滞30キロ 三連休だもんね。
帰宅は9時半  (⌒~⌒ι) とほほ...


累積標高差は上り下りとも1920mだった。
ホウオウシャジンが見られたのが嬉しかったよー!
(=●^0^●=)v

醤油樽の滝 峰の松目 稲子岳

 

 八ヶ岳の山びこ荘 子連れモモンガを見るなら9月中旬って言われてた。

 

 

 趣味人の女の子だけのコミュにトピ立ててお誘いしたら、仲のいいマイフレさん2人が、一緒に行くって(^v^)

 

しかも、このうちの一人は、お名前をモモンガにちなんでつけたって言うくらいモモンガ好き?("⌒∇⌒")

 

 

 茅野からタクシーで行くつもりだったけど、人数が集まらなかったし、駿足ハイジさんの地元。

 

じゃ一緒に行きませんか? 乗~せ~て♪

 

 

9月19日 醤油樽の滝分岐まで乗せてもらって、林道に車を停めて歩き出し。

 

ここから、遊歩道と言う名前の悪路を20分("⌒∇⌒")

 

ハシゴにロープにトラバース。

 

 

 

 

P9195588

 

 

 

で、二つの滝を越えた先に、醤油樽の滝。

 

 

P9190526

 

 

 

横から見たら普通の滝なんだよ。

 

でも、滝つぼに降りられて、下から見上げると・・・

 

なるほどー( ゜.゜) 

 

高さ4mの酒樽になら入ったことがあるんだ。

 

そこから見上げた感じよ。

 

 

 酒かすの上にベビーバス乗せて、そこに入って、酒かすをバケツに入れて引き上げてもらうの。

 

今じゃあんまり売れないけど、20年位前は粕汁なんかで売れたんだよ。

 

この、酒樽に入ってする作業だけで、お酒に弱い私は真っ赤な顔になっちゃって・・・

 

「酒屋の嫁には向いとらんな」って舅に言われちゃったっけ(;´o`)

 

その後、ビニールに1キロずつ入れて平らにして売ったんだよ。

 

お口に入る酒粕の上に、ベビーバスに入った私が乗っかったなんて・・・誰も知らない。 

 

 

 話がそれた・・・

 

で、のんびり滝を見学して分岐に戻って、桜平までまた乗せてもらう。

 

タクシーだったら、林道をテクテク40分の予定だった(^v^)v

 

夏の週末なんかは、車があふれかえって路肩もひどい停め方してたりなんだけど、半端な時期の平日。

 

駐車場はガラガラ。

 

夏沢ヒュッテを通り過ぎて、オーレン小屋までは、とっても歩きやすい道。

 

ここから、今日の山友二人が行ったことがない峰の松目に向かう。

 

結構急な、北八つらしい樹林。山頂も樹林で展望はない。

 

でも、この峰 稜線からは、案外目立つんだよね。

 

 

 

 

 赤岩の頭から硫黄に出て、ここでハイジさんは帰宅。

 

お風呂の無い山小屋は好きじゃないのよね("⌒∇⌒")

 

ハイジさん 乗せてくれてありがとう(^0^)」

 

とっても助かりました。

 

私たちは夏沢峠へ急降下 山びこ荘へ。

 

 

小屋番さ~ん(´ー`)ノ

 

モモちゃん見に来たよ(^v^)

 

 

 実は、山梨のマイフレさんにも小屋で合流できないかって、お声をかけていたの。

 

お一人は台風被害で、農作物の棚のお直しとかで来れないって(T.T)

 

でも、お一人が着てくれてた\(●⌒∇⌒●)/ わーい

 

暗くなる前にも、ウソやリスが来て、みんなで激写。

 

 

 今日は私のグループ4人にイチャイチャカップルだけ。

 

 

 夕飯片付けて、ヤマネタイム 今日はヒメネズミ優勢。

 

 

P9195654

 

 

 

それから、窓の外にはモモンガ。

 

いやぁ~♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪

 

赤ちゃんがかわい~い!

 

ママが2匹の赤ちゃん連れて、ヒマワリの種を食べてるよ。

 

 

P9205681

 

 

 

 

 翌朝も 小屋番さんが、そーっと静かに「ヤマネが来てますよ」

 

って 教えてくれて、音を立てないように起き出した。

 

子連れももんがにご来光も見物。

 

 前に来た時より、随分南からの日の出。

 

 

 今日は中山峠からちょっと東に降りて、バリエーションで稲子岳経由で、ニュウに登る。

 

先月、ジリジリと照るつける日差しと、トウヤクリンドウの固いつぼみがあった根石岳も、

 

もう花は枯れて、ウラシマツツジの葉が赤い。

 

台風一過で北アルプスから南まで最高の眺望

 

 

 

P9205705

 

 

 

 

 

中山峠から、こんなに降りちゃうのもったいなーい!って急降下100m以上

 

左にとうせんぼのロープ。これこれ(^v^)

 

 

 

 

北にトラバースして行くと、崩壊地に出る。

 

前回来た時は、ゲゲッ(・_・;)って思ったけど、あれから2年。

 

動いた形跡がないから、案外落ち着いてるのね。

 

 

 

 

倒木や岩を乗り越えて、急斜面を登ると、横岳のコマクサ群生地に似た砂礫地に出るの。

 

ここのコマクサの群生も見事よ。でも、もう葉っぱが残るだけ。

 

稲子の路岩の展望地から、ちょっと樹林に入った高みが稲子岳。

 

ここ、何も付いてないんだよね。

 

前回来た時は、一番高い場所を特定できなかったけど、今回、GPSを持った人が二人いるから・・・

 

最高地点に付けちゃうね。山名板( ̄▽ ̄)V

 

 

P9205730

 

 

 

倒木群をくぐって、またいで・・・縞枯れ現象?

 

苔のフカフカ道でニュウからの登山道へ合流。

 

はい(^v^)面白かったでしょー。 

 

 

 ニュウは北八ヶ岳の中じゃ、横にはみ出てるから、きれいに富士山が見える山。

 

ここでお昼。ああ・・・なんて気持がいいの!(=●^0^●=)v

 

 

 

 

ニュウからみどり池入口へ、石楠花のちょい藪で下りる。

 

ここからのバスは、午後に2本しきゃない。

 

でも、山小屋で合流したマイフレさんのお車で、甲府まで乗せてもらっちゃう!(^、^*) エヘヘ

 

 

予定通りのあずさで夕方帰宅。

 

行きにお車に乗せてくれたマイフレさん

 

帰りに乗せてくれたマイフレさん

 

しゃらは、あなた方のお情けで、楽してお山へ登っています(/・0・) ういぃぃっす

 

 

子連れモモちゃん かわいかったよー(^v^)

 

早く行かないと、赤ちゃんが大人になっちゃうよ。

 

今年は、何でか天狗に4回も登っちゃったな("⌒∇⌒")

熊倉南西尾根~浅間峠~浅間嶺

 9月17日 

今日は、大姉さまが前から行きたいって言ってた、笹尾根の熊倉へのバリエーション。それに、下山もトヤド浅間からのバリエーションにすると、今の時期はまだそこそこ藪で、冒険気分が味わえるかな?(^v^)v

と思ってエアリアマップを見たら(゜o゜)
昔は線がなかったこの尾根、破線が入ってる!ふ~ん。踏み跡程度だったのが、登山道になっちゃった?

上野原のホームから上がったら、女性が膝をついて倒れそう( ° ° ; )  駆け寄ったら、「ちょっと動けないの」
と・・・シートを敷いて寝かせて、駅員さんを呼びにいく。
段々顔色が悪くなる。
「救急車を呼びましょう」と言うと、「タクシーで秋山へ行くから」と言いながら動けない。
脳梗塞を疑って、とにかく動かない方がと話していると、急に転んで動けないだけ。タクシーに乗るからと、でも動けない状態。駅員さんが車椅子でタクシーへ運ぶってことに(/_;) とにかく検査してからでないと、後で大変なことになるかも知れないから って繰り返し説得したのに・・・
ダメでした(;>_<;)  そうこうしているうちにバスが来た。
後が気になる!

 桜の季節は混むこのバスも、この時期は私たちのほかに数名。仲良し運転手 長田さんが新しく道を整備したからとパンフを持って乗ってきた。途中、同じバスの女性がエアリアマップを貸してと言ってきた。
聞くと、生藤へ行くと言う。
私が「バリエーションで熊倉へ行くけど一緒に行く?」って言ったら「付いて行かせて貰います」って("⌒∇⌒")
終点で降りて、生藤なら軍刀利(グンダリ)神社へ 私たちはこっちと言うと、やっぱり一緒に歩くって。

 長泉寺へお参りして、このお寺の右奥から、尾根へ取り付く踏み跡があるの。この時期じゃ、まだまだクモの巣がひどい。しかも、倒木に枯れ枝に、落ち葉にどんぐりがすごい(;-・。・-;)台風は、物凄い風だったんだね。
クモの巣払いで、お顔の前で、落ちていた枯れ枝をぐるぐる回しながら歩く。
少し登ると、尾根の右側が広葉樹林で明るい。
来月末には紅葉狩りハイクができるかな(^v^)

 緩急あって、笹尾根に出たら、ほんのちょっと左へ登ると熊倉山(996m)\(⌒∇⌒)/ わー 見事な富士山

P9175524
ベンチがあって一休み。ここから三国山へは30分。
でも、私たちは西へ戻っちゃうの。
ご一緒した方は、楽しかったし早く着いたって喜んで、景信方向へ歩いて行った。

 笹尾根を40分 雨の日によく来る浅間峠 ここでお昼。
立派な東屋があるんだよ。昔は中央線沿線の集落から奥多摩へ抜ける大事な峠道だったんだ。
この近くには、だから馬頭観音とか道祖神とか石仏がたくさん見つかるよ。
今日はちい姉さまとPちゃんは槍へ行ってるの。
だから、ちょっとランチが淋しい。

 行く予定はトヤド浅間。樹林で眺めの無いバリエーション ( ̄-  ̄ ) んー こんなお天気の日に・・・でも笹尾根は土俵岳も丸山も展望がないしなぁ・・・
なんて思いながら、一般登山道からバリエーションへの入口を探しつつ・・・( ° ° ; ) あれっ 尾根がやけに高くなっちゃった(^。^;) 「すみません、トヤド浅間に入れなかったら、戻らず浅間嶺へ変更でいいでしょうか?」
そう言えば、このバリエーション 夏場は来たこと、なかったな。
草が茂ると分り難いんだよね(;>_<;)
上川乗の車道へ出て、浅間嶺へ登る。
 普通、バリエーションに入りそこなったら、短くなるもんだけど、反って長くしちゃってごめんなさい(゜゜;)
でも、浅間嶺からは、飛竜・雲取や富士山・丹沢の眺めが気持いい(^ー^* ) こんな台風一過に、眺めの無いバリエーション藪漕ぎはもったいですもんね。
・・・と、自己弁護(。_。;)
ゆっくりおやつを食べて、下山途中にはミョウガもたくさん採って(^v^)v

タクシーを呼んで、待つ間にみんなお着替えしてさっぱり。武蔵五日市へ出たら、マイフレさんからメール
なんと、中央本線が脱線。大月・高尾間不通ですって!
 (・_・;)よ・よかったぁ。帰りにそっちじゃなくて。

一度車道に出て、浅間嶺に登り返したから、累積標高差
 登り1085m 下り1070m  予定外に、結構歩かせちゃったけど、相変わらず、タフなお姉さまたちでした(*^▽^*)  自宅近くの駅に着くころ、今日も真っ赤な夕焼がきれいだったよ!

 北アルプスに行ったちい姉さまとP ちゃんは、雨に降り込められて山小屋に2泊。今朝、無事に、新穂高ロープウェーで、見事な槍を見てきたようです(^ー^* )  みなさんご心配ありがとうございます( ´ ▽` )ノ

2013年9月 9日 (月)

富士山

 今年は富士山五合目に登る道路が、開山期間中はすべてマイカー規制(^。^;)

 

じゃ、閉山直後なら車で行って日帰りできるかなぁ。日帰りなら、富士宮ルートが一番短い。

 問題が一つ。マイカー規制が終わる9月初め、マイカーで登りたい人が殺到するに違いない。
私たちは、みんなが電車で集まってから、車に乗るから、登山口に着くのは早くて9時半・・・

 富士宮口の駐車場は、例年夜中に埋まっちゃうらしい。
以前の、マイカー規制がなくなった週末は、最大9キロの縦列駐車って言う、とんでもない時期もあったらしい。
そのせいで、バスが4時間立ち往生とか(;´o`)

 五合目駐車場の随分手前から・・・縦列駐車(;・_・; ・・・・ でも・・・上からパラパラと、車が下りてくる。
これは( ゜.゜) ご来光を見て下山した、足の早い人たち? 開いてるのかな?駐車場・・・( ̄▽ ̄)
・・・甘かったぁ(;>_<;)
交通整理の人に止められて・・・仕方ない、来た道 戻って戻って、4合目2300mより、まだだいぶ下に、やっと縦列駐車(;-_-) =3 ふぅ 五合目まで徒歩30分。

 

              雲海がきれい

 


もう、たくさんのバスから観光客が降りて、お買い物したりしてる。

 富士宮口から剣が峰は、マップタイムが登り5時間半下り3時間 けど、これは、普段山に登らない人たちの時間の目安だよね。今日一緒の山友たちなら、4時間の2時間半ってとこだわ。

 富士宮口 ずっと同じくらいの急勾配だから、短時間で高度が稼げてありがたい。
7合目辺りから、細い山道で、下山者のピークに(;-・。・-;)
しかも、タウン用のリュックやテニスシューズみたいなのとか・・・石が入って痛いでしょ?
こちらが登りでも、ほとんど譲ってくれない(・_・;)
下山者の切れ目がないと先へ進めない~(;>_<;) 

 

 


P9075296

 

 


 7合目から上は、ガスって真っ白。時々霧雨。風も強くて耳が痛いから、ヘヤーバンドして、雨具を着て、あったか手袋して(^ー^* )

 山梨百名山狙いの今日主役の山友 自分のペースでないと歩きにくいって。

 

私たちが、いつもより遅いからねー(^。^;)  だって、標高が高くて酸素が薄い(´。`;;;)  頑張って早く歩くと高山病が怖いもの! 8合目で、みんなでスープでお昼を食べて、一人だけ先に行ってもらった。
 標高3400m越えて、ごぼう抜きでガンガン飛ばして登れるってすごい!( °o° )  しばらくついて行った山友が、足が攣りそうになって、私の持ってたツムラの68番を飲んでもらう。そうそう。高いお山は飛ばしちゃダメ。

 

息がハァハァしない程度に登らなきゃ、後が怖いのよ。

 

 それでも、五合目から4時間ほどで剣が峰(3775,6m)についた。午後2時なんて言う半端な時間だから、写真の列もなく、すぐに撮れた(^ー^* )

 

 

P9075305

 

 



 ここの最後の登りが・・・空気が薄いから、足が重かったよぉ(;´o`)

 私は12年ぶり四回目。山友一人は二回目。二人は初登頂!
そして山梨百名山 97座目おめでとう(^-^)//""パチパチ

 下山は、御殿場ルートに入って、宝永山を廻って降りる。距離は少し伸びるけど、ちょっとだけ砂走りも走れるし、確か、これがプリンスルートって言うのよね。
標高が下がったら、風が弱まるかと思ったら、ますますすごい風(+_+)

 



 


 馬の背の分岐手前で「富士宮口は、こっちでいいんでしょうか?」って、今にも泣きそうなお兄さんに聞かれる。辺りはガスって真っ白で、飛ばされそうな強風。不安だよね。もう一人、下から上がって来て「今からどちらへ?」って声をかけたら「風が強くて降りれないんで・・・」って言うおじさんも、私たちについてきた。
戻って・・・どうするつもりだったんだろう?(+_+)
 御殿場口は遠いし、7合5勺まで登り返さなきゃ富士宮登山口に合流できないし・・・
富士山って・・・地図も持たずに登る人が多いんだね。これじゃ、怪我人や道迷いが出るわけだわ。

 

 


 6合目の宝永山荘でおやつ食べて一休み。
ほんとは、ここからキラキラの海を見てもらいたかったな。
五合目に戻ると、今から歩き出そうとするたくさんの人たち。暗くなっちゃうよ(・・?)
それとも、6合目あたりで泊まるのかな?

 

 

 



 行きの五合目の青空 真っ白なガス 飛ばされそうな強風 膝に優しい砂走り 転がってきただろう巨石群
今日は、色んな富士山を味わえた。

閉山祭が終わっても、まだまだマイカー登山 多いんだね。

だいぶ下から歩き始めたのと、宝永火口を回ったから、累積標高差は1700mくらいだった。

2013年9月 5日 (木)

本社ヶ丸

 この時期にハンカイシオガマを見たことがある。
本社ヶ丸の近くで。
山梨県で絶滅危惧Ⅱ類 長野ではⅠA類
私は、ここでしか見たことがない。

 

 それで、トリカブトやレイジンソウもそろそろ咲くだろうし、お姉さま方に本社ヶ丸はいかがでしょう?って提案。

 

 笹子駅で降りて、予約したタクシーで東山梨変電所へ。
ここ、迎車料金で来てくれないんだ。大月からのタクシー料金。予約の時、同じだから大月から乗りますかって聞かれた。私たちは・・・5人(;´o`)
後部座席に、4人ギュウギュウ詰めで乗るのは、なるべく短い時間がいいよね(^。^;)
 大きな変電所の先で、道はダートになる。林道から10分ほどで登山口。
 数年前に、林道工事の関係で登山道がずらされて、草藪になっちゃったけど、植林した檜や松が伸びてきて、少し落ち着いてきた登山道を登る。
あ゛~ 暑い! 
今日は夕方から雨予報。

 

 ところが!( ° ° ; )
遠くから サァー って雨の音!
「すぐ止むとは思いますけど、ザックカバーだけは付けておきましょう」
ってカバーつけていたら、すぐ止んだ。
よかったぁ って思ったら、今度は本降り。
幸い樹林だから、傘さして登る。降っていたのは30分ほど。でも、土がぬかるんで滑る滑る(×_×;

 

 


清八峠に着いた。
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
あったぁ! ハンカイシオガマ。
全員お初だって。

 


 


ここから、ものの5分で清八山(1593m)
最高の富士山が見える場所だけど・・・すごい雲が(;´o`)

 

この辺で雨が止んでくれる。でも木や葉っぱがびしょびしょだから、傘でガードして歩く。

 峠へ戻って、二つ目のピークが本社ヶ丸(1630,8m) 
お姉さま方とは、何度か来てる。Pちゃんは初めて。
山頂直下はちょい岩だから、ここで降ってたら嫌だなって思ってた。傘させないもん【><。】

 

 


 

北西に、不思議な真っ黒い雲の一部にぽっかり穴が開いて、勝沼辺りの町が見えてる(゜o゜) 面白~い!
P9035183

 

 


P9035195
 岩っぽい山頂でランチバイキング(*^▽^*)

 

 


 


岩のくぼみには、さっきの雨で水溜りが出来ている。
結構降ったんだね。

 先週お山を休んだから、随分久し振りな気がするねー
 (^ー^* ) みんなと食べるランチは最高~♪~

 


 山頂からちょっと降りると、巨大な鉄塔があって、一昨日探検した宝鉱山へ降りられる登山道がある。
この辺は、前はお花が多かったんだけど、ススキと笹が優勢になっちゃったな(;´o`)

 稜線の両側に、顕著な尾根が何本も出ていて、バリエーション遊びには格好の場所。でも、今日は一般ルートで、角研ピークを越えて、一昨日も歩いたヤグラから降りる。

 


 このルートは、下の方で渡渉があるから、敬遠していたの。だから久し振り。この時期なら、もし水量が多くても、靴を脱いで渡れば気持ちがいいもの(^ー^* )  でも、ちゃちゃっと渡れた。 

 

 

 

 

なんかねぇ( ̄-  ̄ ) 稜線の途中から、道が全然濡れていないんだよ。 さっきの雨雲は、ものすごく狭い範囲にだけ、雨を降らせながら移動していったんだな。

 林道へ出て、笹子駅へ出る前に、有名な笹一酒造がある。造り酒屋さんなんだけど、ビールも置いてるの。
で・・・ちい姉さまは(=^O^=)o□ プハァ
私は、麹ソフトをおごって頂きました。

 

 

 


ほのかな麹の香りと甘みが、大変美味しゅうございました   (゜‐゜ゝ

 毎日・・・変な天気だなぁ。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »