« 青根~蛭ヶ岳~丹沢山~塔の岳~三の塔尾根 | トップページ | 霧訪山 »

2013年12月23日 (月)

第二真富士北西尾根

 山友が、静岡の真富士山へ行きたいって言ってきた。アクセスに、ちょっと時間がかかるけど、いいんじゃない(^ー^* )  他の二人も、行ったことがないって言うし、晴れていれば富士山が美しいしね。

 

 滅多に使わない新東名を使って、静岡の登山口へ、約3時間。ちょっと遠いね。

 

 今回山友は、真富士第三登山口じゃなくて、第二真富士の北西尾根のバリエーションで登りたいんだって。尾根ははっきりしているから分りやすいけど、藪がひどくないといいね。

 

 第三登山口に車を置いて、奥へ林道を歩く。林道が右カーブのところが尾根の端っこだな。
「ここに踏み跡があるね」
無言でズンズン林道を歩く山友。
「ねえ、尾根が高くなってるよ。」
「林道が東に向いちゃったよ」
無言でズンズン林道を歩く山友
・・・(^。^;)
 「ねえ!何か明確な目標があるの?」
ちょっと強く言ったら
「はい!あります。3本の鉄塔」
「鉄塔?でも、尾根端から離れちゃってるよ」
やっと戻ってくれた ε= (*^o^*)
なんでも、三本の鉄塔とガードレールが目標で、最近の記録には、登山口に案内板まであるんだって。ネットの記録かぁ・・・できれば地形の方を、よく見て欲しいな。

 

 


 最初に私が「ここに踏み跡があるね」って言ったところへ戻ってきて、なんと、枝の影に[第二真富士→]って板が付いてた。確かに、西側に鉄塔も見えた(´-`;)

 尾根端だけ、明確な踏み跡があったけど、すぐに分らなくなって、かなりの急斜面を適当に登る。もしかしたら、尾根の北側が歩きやすそうで、そちらは踏み跡があったかも。そんな地形。

 

 

 

 


標高1000m付近から、尾根が藪っぽくなって、右斜面に逃れる。払った植林の下枝が積まれて歩きにくい。
けど・・・(´。`;;;)
先が気になるのか、めちゃくちゃ早く登っていく山友。
・・・どんどん・・・離される(;>_<;)
額から汗が。
たまには、後ろを振り返る余裕が欲しいなぁ。

 

そうか!最後尾に着いちゃう私が悪いのかな。次から、彼女がトップの時は、2番手を歩かせてもらおう。

 

 積雪が増えて、尾根がはっきりしてきたら、南にトラバース気味に登って、第二真富士の北側直下で青笹山からの縦走路尾根に乗る。 ここに、登って来た道に × がついていて、山友が「危険じゃなかったですよね?なんで × なの?」 って、不思議がってる。
「私たちは、バリエーションで登って来たんだよ。縦走する人が、登山道だと思って下りちゃダメでしょー」
「ああ( °o° ) そう言うことか!」だって("⌒∇⌒")

 

 


 雪の尾根を50mほどで第二真富士(1401,7m)
おぉぉぉ \(●⌒∇⌒●)/
きれいな富士山!

 

 

Pc229038

 

 


愛鷹連山に沼津アルプスに、伊豆の山\(^o^)/ わーい
きれい きれい!

 

 


 


 


 山友が持って来てくれたおやつを食べて、第一真富士まで行っちゃいます。山の名前で第一・第二ってのも、変わってるね・・・("⌒∇⌒")
途中の雪の尾根が気持いい

 

 

 

 


 真富士峠までは、ロープがいっぱいの激下り

 

 

 

登り返して第一真富士(1343m)

 

 

Pc229060

 

 


ここからも、眉目秀麗な富士山。
いつも見るのと反対側で、大沢崩れがよく見える。
それに、こちらの方が海がよく見えて、先日ダンスで泊まった三保の松原が眼下に。

 


 ここでランチ。今日は冬至だからカボチャの煮物も持ってきたよ(^v^)v

 

山友が、おからのコロッケや鈴チョコカステラやら(^v^)主食無しでお腹いっぱい(*^_^*)v

 

 

 

 

 

 

樹間から北岳まで見えたけど、残念ながら枝がうるさい(;>_<;) 

 

 真富士神社に寄って、雪の滑るトラバースで下山。アイゼンは付けなかったけど、雪が溶けかかってきて、結構緊張した。最初にアイゼン付ければ、もうちょっと早く下りられたね。雪のトラバースは嫌い(/_;)

 標高1000mくらいで雪が少なくなって、真富士第三登山口に下山。

 

「リーダーお疲れ様( ´ ▽` )ノ  取り付きで、きつい言い方してごめんね」

 

って言ったら、 「いえ、気にしてませんから」

 

 って・・・ うーん "( ' ' ;) そこは気にして欲しいなぁ。 
地形をあんまり見ないで、助言も耳に入らなくて、思い込みでガンガン先に行っちゃうんだもん(^。^;)

 帰路は、御殿場で出口渋滞1時間だって。(・・?)はて?

 

 

 


不思議だったんだけど、御殿場温泉のイルミネーションに行く人たちかな? 渋滞を横目で見て通ったら、今度は秦野中井で事故渋滞。こちらはほとんど止まっちゃって・・・
 でも、私は編み物しながら、4人でおしゃべりして、ちゃんと、夕飯の支度に間に合ったよ。

三連休だから混むのかな?(^。^;) ふぅ

 4人での山はこれで終り。
最後に、きれいな景色が見られてよかったね。

 

来年もよろしくねー( ´ ▽` )ノ

« 青根~蛭ヶ岳~丹沢山~塔の岳~三の塔尾根 | トップページ | 霧訪山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

もう雪遊びしてきたんですね
素晴らしい富士の眺め、ありがとう
久々にこの時間家にいるので覗いてみました
連休で荷が少ないようです
明日からは、クリスマスに向け、また荷が増えることでしょう
ここのところ睡眠時間5時間がキープできずにばて気味だったので
今日はゆっくり休みます
山」に行きたいよ~(笑)

久し振りに沙羅さんのHPを拝見しました。
相変わらず楽しい日記ですね。
丹沢山系、真富士山登山を拝読し、懐かしく想い出しながら拝見しました。
私は、富士を眺める山歩きが大好きです。

私事ですが、2010年4月26日(月)に真富士を歩いた日記を見ると、「真富士の里の平野から林道に入り、第3登山口前に駐車、ヨイ平~真富士峠~第 II 真富士山~真富士峠~第 I 真富士山、昼食後、竜爪山方向の展望台までの予定で南下した。35分後、高度計1135mの小ピークで目印のリボン及び踏み跡がなくなり、また前方の双子の山が竜爪山を遮り、このまま進んでも展望が得られるかどうか不明なため、引き返した」。と記していました。

今月4日(水):菩提峠から三ノ岳まで歩きました。生憎の曇りで寒い天気、富士山は見えませんでした。

5日(木)は天気に恵まれ、ヤビツ峠から大山に登り、富士山も綺麗にみえました。
その後、寄大橋(やどりきおおはし)手前に駐車し、中津川上流の寄沢に流れ落ちる滝郷の滝辺りを散策しました。
沙羅さんの2010年11月26日の日記を拝見すると、滝郷の滝脇のレールに沿って、強引に檜岳(ダッカ)山頂に登りましたね。

6日も天気に恵まれ、山北町の大野山イヌクビリ駐車場から、10分程歩いて大野山(723m)を散策、箱根山系、愛鷹山系、富士山、西丹沢山系、丹沢山系、南アルプスなど、360度の素晴らしい眺めでした。山頂では桜も咲いていました。

これからも、沙羅さんのHPを訪問させていただきます。
宜しく、お願いします。

相変わらず、美味しそうな弁当で羨ましい限りですね。
やはり、こっち(ブログ)の方が楽しいです。
それにしても、SNSの方と2つ投稿されるエネルギーには脱帽です。
私の場合は、ブログ(HP)のアドレスをあのSNSの方に貼り付けるだけで
手抜きをしております。
あのSNSも最近伝言板で誹謗中傷を受けたので、もう自分の日記は載せないと
思います。コミュの掲示板にはアップしますが・・・・。
あのSNS掲載後数日したらまた寄せてもらいます。

こんばんは
お初です~ ココログの近くにおられたのですね!
今年の締めくくりに富士山がきれいに見れて良かったですねぇ~(^^)
私は、昨日富士山を見に丹沢へお邪魔しておりました。
天気がイマイチなことを知っていたのですが、
足が向いていました。
きれいな富士山を見るまで年が越せません(^^;)
またお邪魔することになりそうです~

よしくにさん (^o^; ほえ~睡眠時間5時間が・・・キープできない? どうか、お体を壊しませんように、お気をつけて。
静岡の低山で、雪遊びになるとはびっくりでした。

87(はな)大好きさん まぁぁぁ 克明に記録をつけてらっしゃるんですねぇ。
それに・・・4・5・6と三連荘で歩いてらっしゃるんですか(ノ°ο°)ノ
コメントありがとうございます。
お返事が遅れることがありますが、これからもよろしくです(/・0・) 

ぜんちさん 両方アップって言うより、あちらにアップしたのをコピペです。
ぜんちさんとは、順番が逆なの。
趣味人は、ネットのお友達もいるけどリアルなお友達が増えて、山行も範囲がどんどん広がりました。
ネットも色々ありますねぇ。
大半は、嫉妬なんでしょうけど・・・
お疲れ様です(/_;)

三重の山男さん (ノ°ο°)ノ  コメントありがとうございます\(^o^)/ わーい
文と写真が連動している方が、見やすいですよね。
でも、5年のお付き合いだから、帰宅一番にあっちに写真アップが見に着いちゃって("⌒∇⌒")

遠くから丹沢にいらしたのに、雲の多い日で残念でしたね。
東名でいらっしゃるなら、真富士や浜石なんかも狙い目では?("⌒∇⌒")
お車を停める位置によって、歩きでのあるルートにもなるでしょう?

私は、来年こそは鈴鹿のお山へ登ってみたいです。

>来年こそは鈴鹿のお山へ登ってみたいです。
そうそう、ご主人さまの実家は三重県でしたね。

山頂でお会いしたいなぁ~

でも、私の歩きは亀さん、体力もないし、登山口をしゃらさんより数時間前に出発しないと・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二真富士北西尾根:

« 青根~蛭ヶ岳~丹沢山~塔の岳~三の塔尾根 | トップページ | 霧訪山 »