« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

大仁田山~高水山~雷電山~青梅

埼玉の山友と、11月30日以来の二人の山歩き。
前回、棒の折山から岩茸石山と惣岳山を歩いたけど、高水山だけ行かなかったの。じゃ、高水山へ登れば高水三山登ったことになるね(^ー^* )
 途中、ルートのない埼玉と東京都の境界尾根を歩こう。通称成木尾根。尾根がちょっと複雑だけど、昔は生活路だったはず。踏み跡くらいはあるかな(^。^;)

 

 なんか天気予報がよくないなぁ~(;´o`)お昼は高水山だから、常福院の軒先をお借りすれば大丈夫かな。

 

 飯能駅で待ち合わせ。寒~い!(´。`;;;)
名栗湖行きのバスを、上赤沢で降りる。
最近付いた小さな道標が、大仁田山へ案内してくれる。
地図に[コース荒れている]って書いてあるけど、歩きやすいはっきりした道だよ(^v^) そこそこ急登で汗かいて、昔は全く展望がなかった大仁田山(505,5m) 真新しい山名石があって、北側の木が伐採されて眺めがよくなっていた(^ー^* )

 

 

 

 


 (ノ°ο°)ノ おぉ 筑波山が見えてるねー。
 

 

 


 ここから、境界尾根までは南南西にすぐのはず。
踏み跡はあるようなないような? と思ったら、尾根に私製案内板が付いていた。[小沢峠⇒]って。

 

 


 


 この小沢峠って、秩父と多摩の生活路で、秩父困民党の一揆の時は、重要な役割の峠だったって。
今じゃ、篤志家ハイカーだけが、細々と通る程度かな?

 尾根が北を向いたら、西へ急降下する と思っていたら、本来曲る5分ほど手前で、私は勘違いして、南西の尾根を降りちゃった(;>_<;)  しっかり踏まれたいい尾根だし。7~8分下りたところで・・・うーん "( ' ' ;) 地形図と違う急降下。
ありゃぁ(;´o`)これ、違うわ。
「ごめーん。さっきのピークまで登り返すね~」
で、さっき南西へ下りた所を登り返して、西へ激下り。
下りたら踏み跡がはっきりして、こっちが県境尾根かぁ。

 

小沢峠付近は真新しい林道がうねっていて、その林道に降りる階段もないし・・・(;´o`) 

 

 

 

 

払った下枝だらけの斜面を林道へ下りて、ぐるっと廻ってまた山道へ。成木街道へ下りられる方向の踏み跡で、ジグザグに里へ下ると、バス道へ出た。
予定していた場所より200m ほど東に出ちゃった【><。】
ごめんねー。車道をちょっと戻るよ。 今度は高水山へ登り返し。

 

 


 



 高水山へは、しっかりした登山道が付いている。
成木から登った事はなかったな。だって駅から遠いもの。
しっかり急な登り返しで高水山(759m) ここでランチ。

 


 南東へ、高源寺から県道へ下りて、ほぼ向かいの車道を登る予定・・・(・・?) 道がないよ。

 

 



 

 


 お布団を叩いていた奥さんに「すみませ~ん、ここから雷電山へ登る道を探しているんですけど」ってお聞きした。
「昔はそこから行けたけど、もう木が茂っちゃって、人は通れませんよ」って・・・
「ありがとうございま~す(´ー`)ノ  それに行くの」
「今は歩けませんよ」
「(。_。;)  すみません」
と、なぜか謝って、その道へ。

 

 


 


 


 奥さまのおっしゃる通りの廃道だね。廃屋があって、そこで道がなくなって、作りかけの林道と、藪急斜面を交互によじ登って、25分でハイキング道へ出た(;^_^) =3 ふぅ 面白かった。

 

階段をちょっと登ると、雷電山(494m)の山頂。

 

 


 


私が高校のころは、この辺にずーっと線路があったんだよ。石灰石でも採ったのかな?
雷電山から青梅までは、市民の低山ハイクで賑わうところ。
でも、埼玉から山越えして来たから、もう午後2時。
静かな尾根道をアップダウンすると、尾根のちょっと左手に辛垣(カラカイ)城址がある。

 

 


 


遺構は、線路を敷いたりとかで?ほとんど残っていないんだ。アップダウンを繰り返して三方山(454,8m) 

 

 

 

 

 

 

 

 

この少し先で、道標の[青梅⇒]の言うことを聞いて、南へ向きを変える。 最後は、すぐ下に線路と住宅が見える丘陵で、矢倉台と第四~第一まで四つも休憩所があるの。

 

 

 


少し疲れたから、東屋でゆっくりお茶してから駅へ。

 お天気次第で、どこからでもエスケープ出来るから、とロングコースにしたけど、結局全部歩けちゃったね

 

(*^▽^*)
今日の埼玉の駿足山友は、何事にもすっごく手際がいいのよね。だから、私が待ってもらうことはあるけど、彼女を待つことはない。なので、いつも行動時間はマップタイムの7掛けくらいになるんだ。今日は、7掛けで計算した予定時間に、ほぼぴったりに歩けたよ。

 マップタイム8時間 累計標高差1400m 歩行距離18キロくらいの里山でした(*^▽^*)

 たまに二人で歩くと、いつもは聞けない話が出来て楽しいね
 (^ー^* )

2014年1月22日 (水)

鳶尾山~荻野高取~華厳山~経ヶ岳 

日本で最初に作られた三角点はど~こだ?

 

 明治15年に、下溝村と座間村の間を実際に測って、そこから三角測量が始まったんだって。
そこを基点に、次に作られた一等三角点が、なんと家のすぐ近所の長津田村
標高100mの高尾山の高みに、神社があるの。眺めのいい畑の端っこに三角点があります。
そして、四番目に厚木の鳶尾村。
 驚いたことに、日本で最初のこの四つの一等三角点は、みんな家からとっても近いんだ("⌒∇⌒")

 

 で、その中で唯一、お姉さま方がご満足頂けるルートにできそうなのが鳶尾山。
あとの三つは、今は住宅地だからね。

 

 ってことで、本日は本厚木に集合。
バスで新興住宅地へ。
神社の階段から展望公園へ。

 

 

 

 


ここは、夜景のきれいなデートスポットなの。
で、私は子供が小さい頃に遊びに来たことがある。

 

 

 

 


その頃、この公園のすぐ先に、一等三角点峰があるなんて、知らなかったな。

 

 


 はい、本日の第一目的 達成(^v^)v
標高はたったの234,1mだけど、東側は関東平野がドーン! 西側は、相州アルプス(採石場で無残に削られた高取山から華厳山~経ヶ岳~仏果山辺りを最近そう呼ぶらしい) その奥に丹沢主峰。

 

 

 

 





 山頂から新興住宅地を西へ降りたいけど、地形図にはある破線路が・・・(・・?) 住宅が出来てなくなっちゃった?地元の方に聞いたら、かなり北まで歩く道しかないって。 うーん "( ' ' ;) 

 

で、ちょっとした踏み跡を見つけて下りてみた。最期は草ボウボウの階段で真新しい住宅地に下りた。

 

 

 


ここからは、ほぼ車道歩き30分ほど。地形図を頼りに高取山の麓へ。
 この辺には高取山が三つもあって、まぎらわしい。
大山の南の麓と、宮が瀬ダムの南側とここ。で、ここは便宜上 荻野高取と呼ぶ。ゴルフ場の真ん中の道に入ると、鹿柵に案内があった。

 

 

 

 


 西山を守る会が、この辺の登山道を整備してくれている。
そして、上荻野の印刷屋さんが、この西山を守る会のお世話をしてくれている。
 
 昔、南北縦走が出来たこの相州アルプスは、今、採石場で、縦走ができなくなろうとしている。尾根には市道が通っているのに、市民に知らされず、市道は人が歩いていないとみなされて、廃道にして、採石場で削られる運命(;>_<;)
 尾根手前には石仏群がある。

 

 

 

 

 

 

倒木が多くて、またいだりくぐったり。

 

 

 

 

 

 

荻野高取山(522,1m)の山頂近くには、発句石がある。
その手前に工事会社の通行止めのロープ。

 

 

 

 


それを束ねて通りやすくした展望地に発句石。市の教育委員会が付けた、説明板もあるの。せめぎ合いだね。ロープをくぐった先に発句石広場。ここから下は採石場。

 

 

 

 


だから、ものすごく眺めがいい。、むき出しに削られた採石場と、幾つものゴルフ場が・・・なんだか悲しくなっちゃうなぁ【T_T】 きっと、たくさんのお花達が、引っこ抜かれて捨てられたんだろうなぁ(;´o`)
大山が近い。丹沢山と本間の頭も迫ってくるようだ。

 

 

 


 

 

 

 


 

 


 ここでお昼にしようと思ったけど、今日はいつにもまして、発破の音と重機の音がものすごい(;>_<;)  もう12時なんだけど、頑張って華厳山(602m)まで歩いてランチ。

 

 


 

 


 激下りと急登で、経ヶ岳(633,1m)へ

 

 


 


 

 


西側には、お大師様が岩をくり貫いて経文を入れたとされる経石があるよ。

 

 

 

 

 

ここから、西側にも東側にも、1時間ちょっとでバス道に下りられる。じゃ、バス便が多いほうの東側に降りよう。ここは関東ふれあいの道。
そして・・・春から秋は ヒルに触れあえる道(ー_ー;) 

 

 

 

 


私が処女をささげたのは、この隣の仏果山の麓でした。
麓に温泉施設があってね、入ろうとしたら、「ヒル付いてるよ。向こうで払ってこれかけてきて」ってお塩を渡された。
ひょぇ~(;´o`)!とヒルを塩漬けにして、靴下を脱いだら・・・( ° ° ; ) エエッ 足が血だらけ~
で、靴下から丸々としたやつが(・_・;)
あわてて塩漬けの刑! この血が、止まらないこと。

 そのあと、十何年、人間以外に献血しなかったのに、一昨年大無間へ登った時にも献血しちゃった【><。】

そんなこんなで、冬の日限定の山域歩きでした。

 
 思ったより早く戻れたので、本厚木でアンミツとドリンクバーをおごっていただきました。
( °o° ) あ!がっついて食べて、撮るの忘れちゃった【><。】
ごちそう様でした(゜゜ゝゝ

累計標高差は910mだけど、25000歩だったよ。新興住宅地を歩いたからね(^v^)

2014年1月19日 (日)

一服峠~袴越山~愛鷹山

 日曜日二回目のお山は、どこに行こうか?
やっぱり大きな富士山が見たいよね。
それじゃ・・・お茄子を持って愛鷹山に登ろう!
("⌒∇⌒") v

 

 ところが・・・天気予報は雨か雪(;´o`)
富士山は見えないね。冷たい雨は嫌だなぁ・・・
どうする~? 
伊豆でもハイキングして、愛鷹はお天気の日に行く?
「雨じゃなきゃ歩きたいです」って、40代の山友。
 確か、愛鷹山山頂下の神社の前に、屋根のある山門みたいなのがあったよ。万一の場合はそこで雨宿り

 

 (雪宿り)が出来るね   (^ー^* )

 東名は足柄付近は吹雪き。沼津ICから、車を停める水神社(スイジンシャ)までは、10分くらい。編み物してたら、あっと言う間に着いちゃいました。水神社の駐車場には車は1台もない。

 愛鷹連山と言えば、最高峰の越前岳ばかり登られている。確かに富士山に一番近くて便利だし、アシタカツツジも咲くしね。確か、日本二百名山にもなってる?愛鷹山。

 10年以上前、ここから越前へ縦走したことがある。途中の岩場が、つかむとポロポロ崩れて、それに土斜面が崩壊してて、垂直に近い崖だったり、ヒヤヒヤした。そうしたら、7~8年前の台風だっけ、うんと大きく崩壊して、その場所で、数名が滑落して亡くなった。それから、呼子岳と位牌岳の間が通行禁止になっちゃったんだよね。自己責任で、みなさん登ってらっしゃるけど、気をつけてね。

 今日は一服峠から愛鷹山の周回 マップタイム6時間。
ゲートの脇を通って、雪の積もった林道をテクテク。

 

 

 


 つるべ落しの滝分岐で、寒いからイヤーバンドをした。昨日編んだんだよ。

 

 

 

 

 

 

橋は真っ白で誰の踏み跡もない

 

 

 

 

 

第二桃沢橋を過ぎたすぐにある、白いハシゴを登る。林道が出来て、登山道が寸断させて、こんなことになっちゃったんだよね。だから雪の時に、こっちを下りにするのはちょっと怖い。

 

 

途中、ヤセ尾根や崩壊地の淵もあるけど、道は歩きやすい。時々青空、時々吹雪き。眼下に沼津アルプスと葛城山と伊豆の山々!

 

 

 

 

 

 

足の下で、新雪がキュッキュって鳴る(=●^0^●=)v 気持いいねー♪

 

 

 

P1189649

 

 

 

一服峠に着く。あれぇ、雪なのに、マップタイムより1時間くらい早めに着いちゃった。

 

 

 

 


実は、ここからの眺めがお勧めなの。鋸岳のギザギザが一番顕著に見えるの。そのギザギザの上に越前岳があって、その向こうに富士山が・・・見える時は見える(/_;)
うーん "( ' ' ;)残念 真っ白だぁ。

 位牌までの尾根は、ブナや広葉樹の林で新緑がきれいな気持ちのいい尾根だけど、トレースがないから、今日は南へ。袴腰岳(1248m)から、馬場平を通って、途中で鹿と二ホンリスを見かける。足跡はこんな

 

 

 

 

 

P1189657

 

 

 

 

 

馬場平辺りは大ブナとヒメシャラが美しい

 

 

 

 

 


 

 

鞍部へ急下降して、愛鷹山直下は急斜面。汗だくで山頂(1187,5m)へ
今年 初の一等三角点タッチ です(*^_^*)v

P1189679

 

 


 途中から雪が止んで、薄日が射してきた。
積もった雪がキラキラ。・:*:♪・°'☆
やったぁ\(●⌒∇⌒●)/ わーい 眼下に海が近い!
富士山は揃わずでしたが、皆様にとって、よい一年になりますように・・・初夢には遅いけど、まだ一月だから許してね。一富士 二鷹 三なすび でした(^v^)ノ ・・・お弁当に茄子の煮物よ。

 

 

 

 

 


 帰路は、鞍部まで戻って、途中、面白いツララがたくさん。

 

 

 


 

P1189699

 

 

 

こんな橋にびびったりしながら

 

 

 

 

 

谷筋で、林道へ下りて、林道をテクテク1時間。

 

水神社にお参りして、

 

 

 

 

 

 

沼津でシラスを買って、今夜はシラス丼!(*^ー^ )v

 

 


 夕べの天気予報で、今日は雪だって言うから、急にイヤーバンドを編んだ。裏フリースで。
私は髪が長いから、お山を歩く時はアップする。だから、かぶるタイプって髪がぐちゃぐちゃになっちゃうんだ。
ついでに、最近編んだ指無し手袋も並べたよ。携帯やスマホも、手袋をはめたままで使えるよ(^v^)v

 

 

 

 

 

 

サンバイザーと併用するとこんな感じ

 

 

 

 

帰路の東名で、雪の丹沢が神々しかったよ

 

 

 

 

 

2014年1月15日 (水)

二十六夜山~細野山南尾根~倉岳山

今週と来週はちい姉さまはスキーで欠席。
その上今日は、78歳のお姉様もボランティアで欠席。
じゃ、お二人が行った山にしましょう。 

 

 今日参加のお姉さまの一人が、秋山二十六夜山へ行ったことがないって。あれ?火曜会で何度か行ったけど・・・その時、たまたま欠席だったのかしら? Pちゃんも登っていないから、じゃ、それにしようか。 上野原からのバスは、午後便がなくなっちゃった。 だから、秋山集落へ下山しても帰れない。
( ̄~ ̄;)ウーン・・・

 

上野原でバスを待っていると、元運転手さんで、今はハイカーに色々説明している、富士急バスの名物さんの長田さんがいらした。この方の努力で、ヒカゲツツジの坪山も 新緑の奈良倉も有名になったんだよ。

 

 

P1149562

 

 


 以前、下山後におうちにお邪魔して、きゅうりやトマトを頂いたこともあるの。「今日はどこに行くんだい?」って言うから、ちょいバリエーションの話をしたら「好きだね~」って("⌒∇⌒")
「近くを登ったら、また家に寄りなよ~」って。
ありがとう( ´ ▽` )ノ

 下尾崎でバスを下車。今日は雲が多くて寒いって予報だったけど、陽だまりハイクで、風もなくて暖かい(^v^)

 尾根の高みに広場があるの。そこに二十六夜塔がある。

 

 


 


で、私たちは、この二十六夜塔の後ろの塚に、マリア観音が埋まっていて、秋山の人は、実は隠れキリシタンだったんじゃないの?って言う節を主張("⌒∇⌒") 根拠は特にないけど・・・今日は寒いって言うから、生姜くず湯を持ってきたよ。

 

 


 



 来るたびに、転がっていたり、直されていたりした石碑は、今は漆喰?で止められている。
広場から分岐を登ると、どん詰まりの二十六夜山山頂(971,8m) 展望の無い奥座敷って感じだけど、だいぶ木が切られて広々していたよ。
 

 


 


透けて見えるのは北岳と間ノ岳かな 

 

 

 

 

ここから、まっすぐ浜沢へ降りる道もあるんだけど、最近はほとんど歩かれていないみたい。なので、尾根沿いに西へ。
尾根の途中にほんの数箇所だけ、危ういアイスバーンがあって、「面倒だけど、アイゼンつけましょう」

 

 

北斜面の標高700m辺りまでアイゼンをつける。

 唯一の眺望のある岩からは、北岳・間ノ岳(*^_^*)v

 

 


 



アオゲラの森キャンプ場から、浜沢に下りて・・・
浜沢の大ケヤキは、根っこのコブコブが生き物みたいだよ。
ここで陽だまりランチ。

 


 


 


 立野峠への登山道は、左の道に入るんだ。でも、本堂の左後ろの、浜沢左岸尾根で、細野山へ直接登れるんだよ。

 

 

 


 

杉の植林の尾根で、最初がちょっと急だけど、藪はあんまりない。

 

 

 


 

最後だけ、木につかまるように急登りをすると、倉岳からの尾根に出る。ちょうど出たところに、私が以前付けた山名板(^ー^* )

 

 

P1149608

 

 


おやおや、スズランテープが切れて、どなたかが赤テープで補強してくれている。こう言うの、嬉しいね(^v^)

 


 


 細野山(838m)から、暗い立野峠を通って、30分で倉岳山(990,1m) 

 

富嶽12景・・・の富士山はいない(;>_<;)

 


 『日曜日に出すぎたんじゃないの?疲れたのよ』って大姉さま(;´o`) 

 

 


 


 春に、倉岳北尾根バリエーションを歩いたから、今日は一般登山道を降りましょう。Pちゃんが、バリでしか歩いていないから。立野峠へ戻って、梁川駅へ。

 


 マップタイム6時間くらいのコース。最高峰は倉岳山の990mだけど、一度集落へ下りて、登り返しているから・・・
(ノ°ο°)ノ なんと! 
累計標高差はアップ1080m ダウン1200m ( ° ° ; )
こりゃ、お姉さま方、お疲れかな?
じゃ、電車が来るまで、しっかりストレッチしておきましょう(^v^)
特に、グズグズのバリエーション急登は、踏ん張るから疲れるしね。ウォーミングアップも大事だけど、歩いた後のストレッチって、すごく大切なんだよね。
 丹沢に泊まった時に、大姉さまも78歳のお姉さまも、立って、手の平がぺたりと床につくくらい、体が柔らかかったの。
健康で、怪我の少ない老後を過ごしたかったら、柔軟性は結構重要ポイントかな。使った大腿四頭筋も、よーく伸ばして、100歳までご一緒にお山を歩きたいですね("⌒∇⌒") v

 里山バリエーション 楽しかったですね~(=●^0^●=)v

2014年1月13日 (月)

石割山~山伏峠~石保土山~平野

 山友が、山梨百名山の石割山に登っていない。
もう一人の山友が、石保土山へ行きたいって。じゃ、新年山行は、石割山から石保土山に寄って平野までのマップタイム7時間ちょいの周回にしようか?
って、去年計画した。
でも・・・今期は早々から雪積が多いし、しかも水・木にもかなり降ったようで・・・無理かも~( ̄~ ̄;)
とりあえず石割山へ登って、トレースしだいで、ミニ周回&富士岬~石保土山にしよう。

 

 石割神社に車を停めて、403段の階段を登る。

 

あれ( °o° ) 思ったより雪が少ない?

 

 


 


登った東屋で・・・今日は、山友のお誕生会なの。
ケーキにろうそくつけて(=●^0^●=)v
朝から、ノンアルカクテルとケーキで(^ー^* )お誕生日おめでとう! (*^^)//。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆パチパチ

 

 


 


ここは、東屋の屋根が広くて、割に雪が吹き込まないのよね。ここ以外は、雪が積もるとゆっくりできるところがないのよ。だから、歩き始めのすぐだけど、ここにしたの。

 

 


 


ケーキとフルーツを食べて、さあ!登ろう。

 尾根道を少し登ると、石割神社。

 

 


 


巨石がぱっくり割れて、隙間があるの。その隙間を、時計回りに3回廻ると、ご利益があるんだよ。
よこしまな心の人は、通れないんだって。
私たちは、4人ともスイスイと通れたよ(*^_^*)v

 

 

P1129474_2

 

 



 ここから、尾根道がちょっと急になって、土が崩れて根っこが出た、所も越えて、着きました。
石割山(1413m)\(●⌒∇⌒●)/ わーい 
山中湖の向こうに ドドーンと富士山!

 

 

P1129478

 

 


そして南アルプスが端から端まで!

 

 


 


これを山友に見せたかったのよね~♪~

 

 

 

山座同定の楽しいひと時

P1129488

 

 


P1129485

 

 


 


 さて、山伏峠方向は・・・ 
トレースあるよ!( ̄▽ ̄)V よかったね。
長時間のラッセルは、華奢な私たちには無理だもんね("⌒∇⌒")

 日向峰から、スズタケが雪で倒れて、ちょっと歩きにくい部分があるけど、先人のトレースのお陰で楽々歩けま~す(^v^)アニマルトラッキングが楽しいよ。ウサギにタヌキにヤマドリにカモシカにキツネとか

 

 


 


 


御正体の分岐を経て、山伏峠。すぐ下を行通量の多い道志みちのトンネルが通ってるの。

 

 


 


 大棚の頭(1268m)から、小さなアップダウンを繰り返して、石保土山(1297,2m)山頂は樹林に囲まれてます。
P1129519
 若い山友が、頑張って雪に埋まった三角点を見つけてくれたの。ありがとう( ´ ▽` )ノ

 

 

 

 

 

 

ここはもう、領域は西丹沢。 じゃ、戻ろう。
さっき通った大棚の頭(1268m)から、ブナとアブラチャンの樹林を通って富士岬へ。

 ここは、山中湖が三日月形に見えて、その向こうに富士山がドドーン! 私のお気に入りの場所なの。だから、ここでお茶休憩。 山友が雪ダルマを作って、おめめにのど飴を!("⌒∇⌒") かわい~い。

 

 


 


北側に、国道を挟んで、朝登った石割山が見えている。
ぐるーっと廻って来たんだよ。

 


 高指山を通って、平野へ。最後まで見事な青空。

 

 

 

 

 

車道を30分歩いて、車を停めた登山口へ。
朝、何台もあった車は、もうほとんどなくなっていた。
ここへ停めて石割山へ登る人は、ほとんどの人が平尾山からの周回だから3時間程度のハイキングだもんね。

 山伏峠側は、菰釣避難小屋に泊まったって言う二人と、富士岬手前で二人に会っただけ。
 
 静かで、気持ちい~い雪遊びでしたー \(●⌒∇⌒●)/

 

 

 

帰路の車窓から、富士山の横のお日様出、山中湖がキラキラ~と思ったら、少し走ったら富士山に隠れちゃった。まだ3時半なのに( °o° )  富士山の北東の人は、日没が早いのねー(ノ°ο°)ノ

 

 

 

 

 

3時35分日没 これも、ダイヤモンド富士って言うの?(=●^0^●=)

 

2014年1月 8日 (水)

身延山 思親山

 火曜会の、来年の新年山行はどこにしますか?って年末にお聞きした。初詣か初参りが出来るところ、と言うご意見が。高尾や鎌倉アルプスは混むし・・・

 

 山梨百名山で初詣か初参りができるお山
うーん "( ' ' ;) 身延山?
電車とバスだと・・・遠いなぁ。
静岡のマイフレさーん(^/□\^)

 

 新富士から、またまた、レンタカーで送迎お願いしちゃいました。新年のご挨拶やら、積もるお話やら、駄洒落の応酬やらで、爆笑のうちに身延町。

 

 枝垂桜の時期に、舅姑と来て、大渋滞にはまった記憶があって、観光協会に渋滞を問い合わせた。
1月5日までマイカー乗り入れ規制ですって。
「7日も普段より少しは混みますよね?」
って聞いたら「混まんでしょ。平日だに」
そうなんだ。桜の時期ほど観光客は行かないのね。寒いから?

 

 一番奥の、ロープウェー横の有料駐車場と、少し歩く無料駐車場 どっちにしましょう?
「行けるだけ奥へ行って頂戴。いくらでも出すから」って("⌒∇⌒")
 駐車場はガラガラ。1時間300円で、30分毎に100円だから、確かに高目よね。この駐車場の奥の、無料の斜行エレベーターで久遠寺へ。

 

 

 

 


 夫の祖父母と舅は、久遠寺に分骨されている。
いつもは、寺社仏閣へ参拝するときは、大姉さまのお賽銭にあやかって、後で手を合わせるだけの私(;´▽`A``
本日は、お賽銭を多額に用意致しました(*^▽^*)
えーっと・・・25円(´ー`;)
二重にご縁がありますように(^人^)

 

 超面倒くさがり屋のちい姉さまが、珍しく靴を脱いでも本堂へ入りたいって。
そうそう。ここは、黒竜天井で有名なのよね。加山又造作で、どこから見上げても、竜に睨まれているように見えることで有名。撮影禁止です(;>_<;)

 

 東側登山口から、大光坊までは舗装路。
あちらこちらにお堂があって、お参りしながら登ります。

 

 

 

 


マイフレさんがお勉強している、法華経のお話を聞きながら! 舗装が切れた辺りから、ちらほら雪が。
一部アイスバーンで緊張。だんだん傾斜が急になって・・・
 

 

 


 2時間で、山頂の思親閣に到着。
北側の遥拝所からは、七面山や南アルプスの山々。富士見山が近い。赤岳がものすごくとんがってる!

 

(ノ°ο°)ノ  本日は、78歳のお姉さま以外、全員初登頂!
おめでとうございます(´ー`)ノ

P1079385

 

 


P1079387

 

 


 

 


 南側の展望台からは、毛無山や天子山塊の向こうに大きな富士山が見えるんだけど・・・
今日は雲が (><。)。。

 信者さんの休憩所で、本年最初のランチバイキング。
迷い箸ク~ルクル♪ って歌が飛び出すくらい("⌒∇⌒")
 

 

 

 



 下山後、マイフレさんの車で、佐野峠まで30分。
ここの駐車場からの富士山は、天子山塊の上でとても美しいの。でも・・・今日は富士山のご機嫌が悪いの?
お姉さま方に見せたかったなぁ~(;´o`)

 


 階段続きの、なかなかの急斜面、45分で思親山山頂。
駿河の海と薄く伊豆の山。

 

 

 

 

こちらも、Pちゃんもお姉さま方も初登頂(*^_^*)v
山頂でおせんべを配って、みなさん召上っている間に   
\('◇'*)/ やった!
頭だけ 覗かせてくれました。
ありがとう!富士山(^ー^* )

 

 


 



 峠で、マイフレさんが、お汁粉を作ってくれた。
寒い時に熱々のお汁粉は、美味し~い(=●^0^●=)v

 マイフレさんに、お車で新富士まで送って頂いて、予定の新幹線に乗れました。
今年も早々に、お世話になりました(/・0・)
 
 さぁ、今年もたくさんお山へ参りましょうね。
雨の日も風の日も、火曜会は不滅です("⌒∇⌒")

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »