« 大仁田山~高水山~雷電山~青梅 | トップページ | 鞍骨沢左岸尾根~堂所山~景信~ヤゴ沢~高尾 »

2014年2月 2日 (日)

暗沢山 伊豆二十六夜山

 2014年 2月1日 

 

 

この時期に、寒い雪山へは行かない私は、低山藪漕ぎになる。

 

三角菌に冒されて、重症化している私のために、山友が伊豆の一等三角点へ連れて行ってくれるって。

 

伊豆は、万三郎と達磨山が一等三角点なんだけど、それは何度も行ってる。

 

あと一つはどこだか知ってる?

 

 

 伊豆半島を南下

 

 どんどん どんどん南下。

 

ブナの巨木が美しい猫越岳や、石楠花がきれいな長九郎山も通り越して・・・

 

雲見温泉からちょっと東に入る。

 

 

 車を降りてちょっと登ると長者ヶ原の東屋。

 

目の前に鉄塔が建っている。

 

ここが暗沢山(520,3m)

 

一等三角点タッチ!(=●^0^●=)v

 

 

 

 

P2019998

 

 

 

 ほぼドライブ状態で登れちゃうんだ。

 

で、山友にもう一つおねだり。

 

先々週、秋山二十六夜山に登った時の日記に、三つの二十六夜山に登った方からコメントを頂いた。 

 

道志の二十六夜山は何度か登っているけど、こんな伊豆の南の藪山は未踏。

 

九州の隠れキリシタンが、黒潮に乗って、ここまで逃げ延びたのかなぁ~なんて、勝手に想像。

 

するって言うと・・・数戸しかない吉田集落じゃなくて、妻良(メラ)集落はもと隠れキリシタン?

 

二十六夜参りは妻良集落から古道があるんじゃないか・・・と推理したんだけど・・・

 

出来れば、古道を歩きたい。

 

伊豆のエアリアを見ると、破線が山頂へ続く尾根をかすめてる。

 

これ!('◇'*)これで行けるんじゃない?

 

 

 車で、マーガレットラインを吉田口バス停へ。

 

トンネルを抜けた右の林道に入る。

 

吉田口と吉田集落の中間点くらいをエアリアの破線がかすめてるの。

 

 

 うねうねとカーブのあとに・・・

 

\(^o^)/ やったー!

 

ほら、登山口があった。

 

 

 

 

P2010017

 

 

 

 

(;´o`)喜んだけど、こりゃぁ、歩く人はほとんどいないね。

 

都会からは遠いしね。

 

ウバメガシとシロダモとチョウセンゴミシと・・・

 

倒木だらけの道 って言うか、部分的にはただの荒れた斜面をコンパス便りに登る。

 

チョウセンゴミシの蔦の網が難儀(;>_<;)

 

 

P2010022

 

 

 

またいだり、くぐるしかない?(^。^;)

 

 

おんや?(ノ°ο°)ノ

 

双耳峰の西端の石段

 

 

 

鞍部に下りて、木につかまってよじ登ると

 

 

P2010040

 

 

 

P2010046

 

 

 

P2010042

 

 

 

これは、道志や秋山の二十六夜山よりも、大規模にお祭りされていたんじゃないの?

 

旧暦の1月と7月の26日の夜半 

 

村中集まって、っこでオラショを歌うんだよ。

 

パライソを語るんだよ。

 

 

 集落には、古文書とかは残っていないのかな?

 

古代の遺跡に広がるロマン(*^_^*)v

 

 

 さて、ロマンはいいけど、下りが難しそうだ。

 

地形と藪で、行きたい方向へ歩けないところもあるから。

 

鞍部付近で埼玉からの人に遭遇(ノ°ο°)ノ 奇特な方だ!

 

やっぱ、みんなこっちから登るの? 

 

南伊豆遊歩道経由だって。

 

そっちも道って言えるほどのもんじゃないけど、赤テはこっちの方がたくさんあるみたい。

 

でも、車を置いてきちゃったから、来た方向に戻らなきゃね。

 

 

 

P2010053

 

 

 

 

 車道へ出て、白鳥神社へ。

 

ここの樹齢800年のビャクシンが、迫力なんだよ。

 

幹のうねりがかっこいいなぁ~。

 

 

 

 

 天城峠を車で越えて、帰路の富士山

 

 

 

夕食は 摘んだアシタバのてんぷら(*^_^*)v

 

 

« 大仁田山~高水山~雷電山~青梅 | トップページ | 鞍骨沢左岸尾根~堂所山~景信~ヤゴ沢~高尾 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗沢山 伊豆二十六夜山:

« 大仁田山~高水山~雷電山~青梅 | トップページ | 鞍骨沢左岸尾根~堂所山~景信~ヤゴ沢~高尾 »