« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月26日 (土)

黒檜~駒ケ岳~覚満淵~地蔵岳

 朝一番で、黒檜山登山口へ。
雪がしまってアイゼンが利くうちに登っちゃおう。
P4253709
岩がゴロゴロの、容赦ない急な登山道。
雪があったりなかったりで、なかなかアイゼンがつけられない。
標高1650m付近でようやくアイゼンをつける。
うん。雪はしまって、よくアイゼンが利く(^v^)
稜線へ出る分岐の案内板は、首まで雪に埋もれてる。
P4253720
 左にちょっとで、赤城山最高峰 黒檜山(1827,6m)
P4253725
              武尊山も近い
P4253727
右に戻るとすぐ、鳥居。お日様がぽかぽかと暖かい。

P4253721後で登る地蔵岳も、氷が張った大沼も小沼も見えてるよ。
P4253722
ここでモーニングコーヒー
ん~最高!(=●^0^●=)v
雪の尾根を南へ。
P4253730
駒ケ岳(1685m)から、登山道は西へ階段で降りる。
P4253732
けど、南方向に、雪の笹薮に踏み跡がある。
P4253735
どうせなら車道を歩きたくないから、尾根通しで降りて、最後はピンクテープに導かれて
覚満淵へ。
P4253742
(;-・。・-;)やばい!鹿柵だ"((;°°)
と思ったら、雪の重みで?何箇所もネットが倒れていて、無事に雪の遊歩道へ降りられたぁ(^。^;) ふぅ 
              逆さ駒ケ岳がきれい
P4253744
 いったんビジターセンターまで出て、地蔵登山口から登り始めると・・・
(;´o`)ありゃりゃ
甘く見ていた地蔵岳。こっちの方が雪が多いじゃない。
P4253747
しかも、気温が上がってきて、雪が腐って滑る滑る(/_;)
踏み跡はほとんどないし。
赤城山って、黒檜と駒ケ岳以外は、登る人が格段に少ないんだねぇ。
きっと、雪が積もっているから、来た人も登るのを諦めちゃうのかな。
シャーベットだからアイゼンが利かないし、滑る急斜面は笹薮に逃げたりして・・・
結局、マップタイム近くかかって、汗だくになって、電波塔林立の地蔵岳(1673,9m)へ。
何度か来てるけど、その頃は三角菌に侵されていなかったから、標石の記憶すらないの。
一等三角点の側でランチ。
P4253751              さっき歩いた黒檜~駒ケ岳
P4253752
武尊山から谷川岳 苗場と、白い峰がきれい(^v^)
P4253754
 八丁峠までの道はよく踏まれていて、部分的に雪はあるけどアイゼンをつけなくても平気。
P4253763
ちょっと小地蔵岳(1574m)にも寄ろうと思ったんだけど・・・
林道みたいないい道が、雪で埋まってる(;-・。・-;) しかも、吹き溜まりで積雪量が半端じゃない。午後で雪が緩んで、踏み抜き地獄になっちゃうかも?
P4253768
(;´o`)・・・止めようかぁ。
そうだ!今日は平日の25日 
道路が混むかも知れないし、早めに帰ろうね。
              赤城神社に参拝して
P4253773
それでも、赤城から家まで4時間近くかかっちゃった。
予想外に雪が楽しめて・・・ちょっと苦戦の赤城でした。

屏風岩尾根~獅子岩~子持山~浅間~8号橋

 関越道を通るとき、赤城の反対側に尖った岩が見えてくる。まるで魔の城みたいな見事な尖がり具合。子持山の獅子岩。それ、登れるんだって。
小野子山から子持山を歩いたことはあったけど、知らなかったなぁ。

 子持神社の上の屏風岩の駐車場に車を止めて、すぐに屏風岩の基部。この辺は、以前来た時はクライマーさんの領域だと思っていたけど・・・ビビリの私でも歩ける程度らしい。


登山道は右へ、屏風岩は左へ。
P4243569
 トラロープが二箇所につけてくれてある。

P4243571
屏風岩の手前には、ハシゴ。その先に幅2mくらいの丸い岩を越えなきゃ立てない。(:~ ̄△ ̄)~ つかまるものがない!
ここにも鎖プリーズ【T_T】 ビビリの私は、おっかなびっくり何とか登ると、数メートル先に石碑がある。

P4243577                 両サイドは切れ落ちて、高度感バリバリ  
P4243580                 先端に立った友人が撮ってくれた。私の後ろは獅子岩
P4243578
眺めがよくて気持ちがいい。振り向くと獅子岩。夢中で登っちゃったけど、下りるのがちょっとスリル(;´o`)
下の岩の上にハシゴが見える?
P4243582
 この尾根は、ずっと岩っぽくて、なかなかの高度感。
ナイフリッジもあって飽きさせない。

P4243589
                時々見える獅子岩が凛々しい

P4243587
                 ブナの双葉

P4243591

獅子岩が近づいてきて、クライマーさんの踏み跡が随所に。フェイスに近づくと残置金具がたくさん。そのまま岩の基部をトラバースして鞍部に出ると、登山道があった。岩々の道を登ると、獅子岩の顔の下。

P4243623
こちらは、縄梯子と鎖。

P4243600
                 高度感のある鎖は、岩に足場が掘ってある。

P4243620
獅子岩最高\(^o^)/ わーい
P4243615
赤城に浅間に、武尊に谷川岳に苗場志賀高原も見える! ここで、ドリップコーヒーでおやつ。
ん~最高(=●^0^●=)v
P4243604
下から、男性3人組が登ってきて「山頂へはどう行くんですか?」って。
P4243617
「獅子岩を下りた下に分岐の案内がありませんでした?」って言ったら 「これ・・・下りるんですか(´ヘ`;) 」って。
そうかぁ。これを越えないと山頂へ行けないと思って、必死で登ってきたの?ご苦労様。でも気持ちがいいでしょ?

                 ヒゴスミレ
P4243597
                 フイリフモトスミレ
P4243627
 山頂直下にも岩場があって、なかなか楽しませてくれる。

P4243632
そして(*^_^*)v  以前来た時は三角点を撮っていなかったから。子持山(1296,4m)一等三角点のお山だよ。
P4243633              
P4243651               昨日ご近所から筍をもらったの
P4233560
P4243641              苗場だ!
P4243639              谷川岳かな
P4243649              武尊山
P4243650
 下山は浅間(1088m)経由 これは灯明を灯したのかな? 可愛~い

P4243660
P4243665
P4243670
で、車を置いたところよりだいぶ下に降りるつもりだったけど、尾根の途中に手製案内。なんと!8号橋へ降りるバリエーションがあるらしい。何の予備知識もないから、しかも踏み跡は薄いから、危うかったら戻って切るかも~ って降りたら、急降下だけど、途中で尾根を乗り換えるけど、よく考えられたルートで難なくきれいに周回! 
獅子岩と最初に登った屏風岩

P4243675
P4243679
 これ、超お薦めルートです。
岩好きの人、行ってみて~(´ー`)ノ

              ヒゲネワチガイソウ 花びらが5枚から7枚
P4243685
P4243687
子持神社にお参りして、道の駅子持ちで桜ソフトを頂きました。八重桜が満開で、今日は最高に気持ちのいいお天気でした(*^_^*)v
P4243689
P4243697
P4243701

2014年4月23日 (水)

尾崎山~文台山

  富士急線沿線の山へ行くたび双耳山を、「あれが文台山、地元の人はケツ山って言うんだよ」って話していた。でも火曜会で行ったことがない。展望がないから。
でも、何度も話題に出しているから、一度は行っておこうか?
週末の子守りのせいか、膝が痛い(/_;)
お姉さま方に、凍らせたお飲み物を持った来たけどやばいかも・・・
Pちゃんにお願いして持ってもらう。
 富士急線東桂駅は、大好きな倉見山へ行く時に、いつも下りてるね。
倉見は富士山がきれいなんだよねー。で、倉見山とは反対方向に、川を三回渡って・・・
確か・・・ここんちの奥だっけ?おや枝垂桜がきれい。
P4223484
そんな入り方で尾根に取り付く。
尾崎山の登山口は、そっけなくて何の案内板も付いていない。
エアリアに破線が出ているけど、尾根端の入り方がバラけるらしくて、踏み跡はほとんど分らない。
いきなり、インパクトのある急登で、インパクトの強さは持続する(^。^;) ふぅ
P4223488
いつも思うのよねー。
私、70歳過ぎて、こんな急斜面登れるかな?
登山道なら、確実にジグザグ切るだろう斜度を、ひたすらまっすぐ登る。
              ルイヨウボタン
P4223487              ヒトリシズカ
P4223495
ずっとずっと南東に登って、尾崎山(967,8m)
P4223502
(^。^;) ふぅ お疲れ様。
今日は、3分の1凍らせた、オレンジティーとミニシュークリームを持ってきたよ。
さ、おやつおやつ(^v^)
P4223504
今日は昨日とは違って、気温が高いねー。
いいお天気になったねー。って登っていたんだけど・・・
雲がどんどん出てきた(;・_・; ・・・・
 ゆるーく下りて東へ曲って、ピークに登って、「ここはど~こだ?」
って、お姉さま方に現在地確認で地形図を見てもらう。
P4223511
偉そうに、そんなことをしたのに、ここで90度間違えて激下り(゜゜;)
歩く尾根とちょうど同じくらいの激くだりの後のちょい登り。
その後の尾根の形が変・・・あれ?
文台山を目視\(;´o`)/ ほえ~
お姉さま方を10分も登り返しさせちゃった(。_。;) すみません。 
ちょっと回りの山の位置を見て
P4223510
P4223519
P4223522
気を取り直して、激下り。また南々東への登り。
途中で、御正体に真っ黒な雲(・_・;)
P4223523
「提案です。山頂直下はものすごい急斜面なんですが、雨が降りそうなんで、次の895mピークでランチにしちゃいませんか?」
ってことで、12時ちょい前に食べ始めたら、途中で降ってきた。
P4223527
ちょうど腹八分で止めて・・・
最後は、またインパクトのある転げそうな急斜面(・_・;)
P4223531
P4223532
P4223533
木や根っこにつかまって、やっと文台山(1198,6m)
P4223539
ここまでは、エアリア破線ルート。
歩き出しから山頂まで、地名や山の名前の案内板の類は一つもなし。
赤テも極端に少ない。
こっちは、下るのは難しいね。支尾根にも踏み跡があるし。
 文台山からは、東北東に、はっきりした道。
たぶん、御正体からの下山路で少しは使われるんだろうな。
霧で真っ白に・・・なって尾根が広がるところは要注意
P4223540              雨もそこそこ降ってきて、倒木が多くて難儀
P4223543              一瞬雲がどいて見えた御正体は水墨画のよう まだ谷に雪が!
P4223547
 峠で左へ曲ろうとしたら、行き止まりの立て札。
(・_・;)エーなんで?
反対側に下りたら、駅から遠くなっちゃうじゃん。
って、下りたら、堰堤で竹薮になって・・・
この辺、雨も降っていて、写真がありません【><。】
こちらも枝垂桜の美しい集落から、バス道へ。
P4223549
バスの時間まで待っていると、かなり遅くなっちゃう。
ので・・・タクシー呼びます。
 今日ここにした理由。
帰りに高尾の、お姉さま方の行きつけのお店へ行く。
オーニソガラムって言うお花を、分けて頂くために。
店長が八丈島の人で、ご実家からいっぱい送ってくるんだって。
私はお花はいらないけど、いつものパフェをおごっていただきました(^ー^* )
P4223551八丈島から送ってきたばかりのオーニソガラム 開くと大きく派手になるよー!
P4223556
 直前まで雨予報で、行き先変更か迷ってたんだー。
東屋も何もないからね。
雷も鳴ってたから、ドシャ降りに会わなくてよかったよぉ(*^▽^*)

2014年4月16日 (水)

白丸~天地山~鋸山~奥多摩

 先々週、日立のマイフレさんのアルバムを見て、急にイワウチワが見たくなった。 その後、カタクリの里でも見たけど、やっぱり人のいない山の中で自然に咲いた子に会いたいな~("⌒∇⌒")
 
 今日の火曜会が、イワウチワ狙いだって分ったら、参加希望が2名
「いいよぉ~。でも、お花があるかは分からないよ」
メジャーなお山は情報が入るけど、行く人が少ないお山の花って・・・いつ咲くかは、年によって全然違うんだもの。予想が難しい。

 奥多摩の一つ手前の無人駅、白丸で降りる。ホームから天地山のとんがり!

P4153230
すぐの橋を渡って、遊歩道を歩こうと思ったら・・・

P4153238
P4153240
崖崩れのために通行止め!
「すみませ~ん 戻って車道を歩きます(;>_<;) 」
海沢カタクリ山のカタクリは、もう終わっちゃってるだろうな。でも、ニリンソウは見られるかな・・・「ちょっと寄り道します」 カタクリ山をちょい登り。 ("▽"*) あら!

P4153243
 満開の枝垂桜とカタクリ(*^_^*)v  きれいでした。
P4153244 P4153253 P4153254
ニリンソウも咲いているし、ジロボウエンゴサクやシロケマン アズマイチゲもかわいい。

 集落の五差路から、南向きの林道に入ると・・・
記憶にないT字路・・・( ̄~ ̄;)ウーン
登りたいのはあの尾根だから、じゃ、東へ回り込んでから尾根に取り付こう。

 ちょい藪の尾根に入ると、大姉さまが
「今日も~バリ♪ 明日もバリ♪ きっとバリ♪ ずっとバリ♪」
って歌いながら、藪漕ぎしてるぅ("⌒∇⌒")

P4153260
 標高600m付近に目的のイワウチワが少し。
P4153264
とりあえず、よかったぁ(*^▽^*)  674mの小ピークを過ぎると、踏み跡が集って、踏み跡がはっきりする。植林地の急登りの後、岩混じりの急斜面で 天地山(981m)
P4153274
ちょうどお昼だけど・・・このあとの下りが、今日一番の正念場だから、お昼は鋸山にしよう。大阪のマイフレさんが買ってくれた、高尾のお饅頭をみなさんに配って、シャリバテ予防(^v^)b

 ここからの下りが、 なかなかのスリル!
岩混じりの崖の急降下は、二箇所にトラロープが付いていた。よかった(;-_-) =3   危うかったらと思って、今日はロープとスリングの両方を、ザックの天蓋に入れ替えてたんだ。

P4153283
P4153284
P4153281
P4153290
P4153286
崖を降りる途中に・・・\(^o^)/ わーい そこにもここにも咲いてたよ。かわい~い\(●⌒∇⌒●)/
P4153291
すんごく足場の悪いところに、かわいい子が咲いているもんだから・・・左手はロープ、右手はカメラ。
上見て「ゆっくり下りてきてくださいねー!」 ってお声をかけたら「ゆっくりしか下りられないわ~!」 ("⌒∇⌒") あはは それだけ余裕があるなら大丈夫です。

 一般登山道へ出たところの案内は、[←鋸山・大岳山 奥多摩駅→] そして、私達が歩いた尾根は、行き止まりとなってるよ。 ちょっと登ると鋸山山頂(1109m)
P4153301
P4153304
展望はないけど、昔より木を切ってくれて明るくなっていた。新しいベンチも4つもある。
 実は、Pちゃんが大岳山へ登ったことがないって言うから、そっち経由も考えたんだ。けど・・・ケーブル使っても、マップタイムが7時間近くなっちゃうのよね。今日は、このまま奥多摩へ降ります。下りるって言っても、お山の名前が鋸山。そりゃ、アップダウンがあるに決まってるよね。
時々咲いているミツバツツジが鮮やか(^ー^* )
鎖場で遊んだりして・・・
P4153310
P4153312
 で、この尾根の最後がねぇ・・・(^。^;)
先週、このルートの話をしたら大姉さまが
「じゃあ、最後はあの真っ逆さまの階段?」
そうなんです。
愛宕神社の下が、すんごい急階段。でもちゃんと手すりがありますから("⌒∇⌒") ゆっくり下りましょう。
P4153325
下りたら、目の前が奥多摩駅。 

岩場のアップダウン、お疲れ様でした(/・0・) 
何箇所もでイワウチワが見られて、よかったわぁ(*^_^*)v

2014年4月15日 (火)

 名栗湖一周 棒ノ嶺~日向沢ノ頭~有間山~蕨山~名栗湖

 前から歩きたかった名栗湖一周ルート。
距離は22キロで累積標高差2000mなんだって。
で、マップタイムは11時間半。
一番高いのが日向沢ノ峰(1356m)だから、あんまり暑くなってから歩きたくなかったんだ。
でも・・・今年はドカ雪で、ずっとお預け。 
そろそろいいかな?(^v^)

 

 来週。秩父七峰に出るって言う山友が、事前トレで一緒に歩くって言ってくれたから、早朝出発。
朝6時過ぎ 車を下りたら、冬のような寒さで、手袋にダウンでスタート。
でも、早歩きの登りで、一気に暖まる。

 

 去年の秋に、別の山友と、白谷沢コースを歩いた。
ゴルジュがきれいな素敵な登山道。
2月の豪雪から2ヶ月も経つのに、まだ残雪がかなりあるそうで、そろそろ踏み抜き地獄になるんじゃないかな。
なので、今回は滝の平尾根で登る。

 

 


 

 


P4133121

 

 


こっちは雪はなかったよ。
棒ノ嶺山頂にはヤマザクラの木があるけど、まだまだつぼみ。
春霞で、谷川や日光は見えないけど、気持ちがいいね。

 写真を撮って、稜線を西に向かう。
途中の尾根に、カタクリが咲いていて、なんとも可愛い。

 

 

P4133128

 

 


長尾丸山の手前で林業さんの?トラバース道に入ってしまって、これじゃ三角点が撮れないじゃん(;>_<;)  ピーク直下から急斜面を直登。三角点タッチ(^。^;) フウ

 

 

 


何度も急なアップダウンがあるんだけど、なかでも日向沢ノ峰までの都県界尾根は、ズズーっと滑りそうな急な登り。巻いてもいいけど・・・好きなんだよね。ここの眺め(^ー^* )
だって、大岳や雲取や富士山が見えるんだもん。
日向沢ノ峰(1356m)本日の最高地点。
でも・・・三頭山の向こうにある富士山は、見えなかった。

 

 

P4133146

 

 


 


P4133150

 

 


 このまま南下すれば、川苔山。
でも、次の有間山分岐で北東へ90度曲る。
若い頃、この尾根をまっすぐ、雲取まで歩いたことがある。
女子の一人歩きが少ない頃で、よく注意されたっけな。
若い女の子の一人は危ないよって。
超生意気な私は「ありがとうございます。気をつけます」ってお返事しながら『うるさいなぁ。ほっといてよ』って思っていました。
お山で、男性がらみで、怖い思いをしたことはないけど・・・
強そうなおねーちゃんに見えたかな?("⌒∇⌒") キャハハ

 下りて行くとすぐに、有間峠へ続く林道が見えてくる。51号鉄塔からは、朝通ってきた名栗湖が・・・あんなに遠くにー!

 

 


 

 


この辺も昔はスズタケの藪だったけど、枯れてきてるね。
和名倉やウトウの頭なんて、ひどい藪だったのに、どうしてみんな枯れちゃうのかな? 歩きやすくはなったけど・・・

 

 


 


 仁田山(1211m峰)から、林道へ降りると有間峠。林道を少し進んで、また尾根に登るところは、ちょっと荒れて崩れてる。
歩く人が少ないのかなぁ。

 タタラノ頭(1213,5m)から橋小屋ノ頭(1163m)の山頂標のある、有間山最北峰・・・この辺 ちょっと紛らわしいね。

 

 

 


 


結局、有間山ってどこかな? この辺の総称?
このまま、まっすぐ行けば鳥首峠~武甲山。

 

 

P4133176

 

 


で、90度東に曲って、そして、登山道の右の高みに、石が積んであるところが、蕨山最高点1044m
そこから下りて分岐を過ぎると蕨山山頂(1033m)

 

 

P4133179

 

 


山頂のアカヤシオは、一輪開いたところ。つぼみがたくさん!
来週くらいが見ごろよー(*^_^*)v

 


 藤棚の頭(920,9m)大ヨケノ頭(771m)小ヨケノ頭を通って、
この辺尾根の両側にアカヤシオ!
疲れも吹き飛ぶ美しさ♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪

 

 

P4133199

 

 

 

 



 

 


金比羅山(659,5m)の三角点から、登山道への下りは、あまり人が通らないのか、踏み跡が薄い急降下。

 

 

 


 


神社跡を通って、ガガッと下ると登山口に3時着( °o° )
のんびりランチと何回かのおやつで、行動時間は8時間くらい。

 

 

 

 


久々にマップタイム7掛け切ったかな(^ー^* )
暑くも寒くもないロングコース日和だしね。

 
 あと一つ目的があるんだよ。お日様があるうちに!
帰路の途中で狭山丘陵へ寄ってもらって、高根山一等三角点にタッチ(*^_^*)v
こちらの桜の大木が見事!もう、葉桜になってたけどね。

P4123075

 

 


P4123076

 

 


 今日はねぇ、マップにお名前が出てるだけで11峰登ったよ。
実際は、もっと細かいアップダウンが幾つもあるんだよ。
ただ、累積標高差2000mって聞いてたけど、私の高度計では1850mだった。
身近の、変化に富んだ愉しいコースに、大満足の一日でした(=●^0^●=)v

2014年4月 7日 (月)

寄大橋~檜岳~雨山峠~寄

 寄のバス停から、2キロほど北上して、大橋を渡る。
P4052655
成長の森遊歩道に入る。きれいに整備された遊歩道は、ぐるっと廻って一週1時間半だって。
P4052660
何が成長の森?と思ったら、子供が生まれた時に寄付して、植林するらしい。個人で森の成長を見守る ってことかな。楽しいね(^ー^* )
P4052666
 途中から、遊歩道はトラバースして寄沢へ下りる。私たちは、行き止まり表示の方向へ、尾根をまっすぐ登る。
P4052665
このルートは、よく踏まれているな。途中から大島や江ノ島が見える。今日は風が冷たい(´。`;;;)

P4052671
P4052672
 伊勢沢の頭への稜線に出るところには、古い案内板 この奥から登ってきたよ。
P4052676
少し北東に登ると、途中から白い峰々が見えている!南アルプスに八ヶ岳に金峰!
そこからすぐに、檜岳(1168,8m)

Img_0691
P4052685
 急だけどいいね、このルート(*^▽^*)
モノレール軌道ルートより断然歩きやすい。

 下って登って、雨山(1176m)でお昼。

P4052700
檜岳の山頂は、机はあるけど眺めがないから、こっちにしたよ。あれれ・・・雲が広がってきて寒い! ダウンと耳当てを、持って来てよかったよ。 丹沢主峰に雪雲が付いて、もしかして、あちこちで、一瞬雪がパラついたんじゃないかな?
P4052701

 最近崩壊が著しい寄沢への下降も、どんなことになっているのか気になっていた。エアリアに、危 迷 って書いてあるし~(´ー`)
 稜線を北上して、雨山峠から今度は南下。結構しっかり整備されて、新しい鎖や、ハシゴや、ロープが付いて、崩壊地でも、これならお姉さま方も大丈夫かな。 

P4052711
P4052714
と思っていたら・・・沢の渡渉に悩みまくり(/_;) 
 トラーバース道も、新たに崩れて、ザレてるのにロープの無いところも多々。整備してもしても、次々崩壊して、いたちごっこなんだね(;´o`)  
P4052721
P4052732
P4052733
P4052735
P4052750
 これじゃ・・・ちょっと、人を連れて来たくないなぁ。
 まだまだ雪解け水で水量が多くて、渡渉点探して戻ったりして、随分時間がかかったような気がしたけど、寄大橋へ下りたら、まだ1時20分。

 あ~よかった ε= (*^o^*)
              標高550m付近の沢のハナネコノメ
Img_8794              寄大橋近くのヤマルリソウ
P4052756
 今日は、山北や弘法山や、東名・246沿いのあちこちで桜祭りをしている。朝の高速も、すごい車の量だった。
 ちょっと遅くなったら、一気に渋滞につかまっちゃう。
で、さっさと帰って来ました(^v^)v

 檜岳には年配の友人を案内できるけど  "( ' ' ;)
下山路に悩むなぁ・・・

2014年4月 1日 (火)

屏風岩山南尾根~屏風岩山東尾根

今日は、いつものメンバーがお一人欠席。下見して、ミツマタ最盛期に合わせたから・・・ちょっと悲しい【T_T】
代わりに、昨晩ちい姉さまからメールで、娘を連れて行ってもいいかって(゜o゜)
「バス便が少ないから、マップタイムで歩けて、ザレたバリエーションの急下降ができればいいですよ」ってお返事。登山道じゃないから、一応念押しはしておかなきゃ(´ー`)
 
 足柄荘バス停前の、使われていないバンガローの中を登って、

 

尾根に取り付く。急斜面に大丈夫かなと振り返ると、楽しそうに笑っているお姉さま方(・_・;) 

 

みなさん お好きなんだからぁ・・・ 土曜日に、私が無理矢理くぐった鹿柵の穴は、みんなでくぐるのは時間がかかる。広がっちゃうかも知れない。 ので、今日は、ハシゴで越えていただきます。横に木でもあると、またぎやすいんだけど、グラグラ揺れるから怖いらしくて、みんなで下を支えて乗り越え。
 

 

 

 笹子沢から上ってくる踏み跡が合流すると、そこそこ歩きやすくなって、お姉さま方が「まぁぁ~」「きゃぁぁ~」って喜んでくれる。 (*^_^*)v うふ~♪~ 
これが私のエネルギー源! そうよー、この前は写真を控えめにしたのよ。ずーっと続くミツマタの海。下から見上げると、金色の波が揺らめくよ。ああ。濃厚な香りに酔いそう。下見に来た甲斐があったわ。

 

P4012338

 

 

 

P4012344

 

 

 

ちい姉さまのお嬢さんが、最後尾で力が余っていそうだったから、分岐前の最後の急登は、一緒に先に登って、お菓子を食べながらお姉さま方が登ってくるのを待った。金色の波の中を、泳いでくる色とりどりのお姉さま方が、きれい(*^▽^*)

P4012353

 

 


 東峰からちょっと下って登り返すと、地味で眺望の無い、屏風岩山(1051,6m) ここでランチ。


 帰路は、屏風岩山東峰を越えて・・・あれ( ̄o ̄) ?
さっき山頂にいた男性二人が 「この尾根はどこへ行きますか?」だって。エアリアを差し出されたから、ここはこれ と、ルートの無い尾根を示すと 「ああ、やっぱり間違えたんだ」って!
北へ、大滝峠方向へ行くつもりが、東へ下りて来ちゃったんだ(◎ ◎;)  聞けてよかったね。お兄さん2人は屏風岩山へ戻って、私たちは東尾根を下る。
 お姉さまが『私達がこっちから上って来たから、こっちが道だと思ったのかも知れないわね』って。

 こちらも、途中からミツマタで、香りが漂っていて、とっても喜んで頂きました(=●^0^●=)v ここまで満開の時期には、なかなかお連れ出来ないもの。下見してよかった!

P4012377

 

 


 土曜日には、まだつぼみが多くて白かった株も、たった3日でだいぶ開いてきた。3日見ぬ間の桜かな って言うけど、3日見ぬ間のミツマタよ~(*^▽^*)  ザレた、つかまる木がない部分は、普段使わないお姉さま方にも、ストックを使って頂きました。持って来なかったお一人には、私のストックを。尾根が痩せているところの急下降だから、万一滑ったら、どこまで滑落するか分らない【T_T】
 最後の竹薮は、私のアルバムで、お姉さまお2人は予習済み。「これね。はいはい」って感じに、難なく通過。趣味人を見ていないお姉さま方は、ちょっとビビッていました。

 


身をかがめる竹薮トンネルの中で、滑り台より急角度になるのに、さすが身軽なお姉さま方!の後で、遅れているお嬢さん。お山は年じゃないもの。場数よねー(^ー^* )

 車道へ下りて 「感想は?」 って聞いたら「パンダになった気分でした」だって("⌒∇⌒")

 バスまでだいぶ時間があったから「タクシー呼びましょうよ」ってことになって、中川タクシーにかけたら、すぐに来て

 

谷峨に着いたら電車が来て

 

 

新松田でホームに下りたら急行が来た ! \(◎ ◎;)/  鳥肌ものの乗り継ぎで、バスを待ったら6時過ぎの帰宅の予定が、なんと4時半に家に着いちゃった。 バスと御殿場線の乗り継ぎって、いつも悪いんだよね。
 人数がいると、バス代とあんまり変わらない金額でタクシーが便利だわぁ(*^_^*)v

 今日は、お山を歩いて、暑くも寒くもない、歩きやすい陽気。 最盛期の、ミツマタの海にお連れで来て、よかったです~(*^▽^*)

 

 

 

おまけ この時期限定のネイル(^ー^* )

 

P3312318

 

 

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »