« 八紘山シロヤシオ登山 | トップページ | ベニバナヤマシャクヤクに会いに »

2014年6月11日 (水)

寂ショウ尾根~滝子山~浜立尾根

 笹子駅からバスで原公民館へ。

 

このバス停が、一番早く中央高速を渡れる位置なの。 5・10日だけど、こんな天気だから空いてるね。

 

 

 

すみ沢沿いの林道を歩いて、右奥に古い廃屋。
その寂尚苑の脇から左へ。

 

 

 

これがエアリアマップ破線の寂ショウ尾根(滝子南稜ルート)の登りだし。
 
 植林地の広い尾根を登って、大鹿林道を横断。 すぐ先からよじ登る。

 

 

 

林道からすぐ南の三角点峰 峰の山(911,2m)へも、ここから行けるよ。激下りして激登りだけど("⌒∇⌒")

 

 

 

 

湿度が高いから蒸し暑い。先週お山へ来なかった75歳のお姉さまが遅れだす。・・・やっぱり毎週歩いていないときついんだ。 帰りのバスにそう余裕がないから、そしてこの山が初めてなのはPちゃんだけだから、大姉さまに75歳のお姉さまをお願いして、Pちゃんたちと先行する。時間が押したら、Pちゃんと先に山頂へ行って戻れば、時間短縮できる。
 
 十年くらい前に、ここで滑落死亡事故があって、それからも何度か滑落事故があるから、大月市としては、あんまりここを歩いて欲しくないらしい。

 

 

P6105438

 

 

 

 

 

 実際には、手がかり足がかりがしっかりして、全然難しいルートじゃないよ。ただ、今日は岩が濡れているから、気を付けてねー。

 

 そしてね、岩を登るのに一生懸命だと、案外気づかないんだけど、この岩場からは白根三山や富士山がきれいなんだよ(^v^)今日は真っ白だけど(^。^;)

 

 イワカガミはとっくに散ってしまったけど、おしゃべりも楽しく岩を登って、('◇'*)わぁお! ヤマツツジがきれい!

 

 

 

 

 

 

 

 

主尾根に出た。

 

 私は、この後の山頂までの道の一枚岩の方が難路だと思う。土が滑るし、えぐれていて、根っこでよじ登ったりして、手が汚れちゃうじゃない(^。^;) 
 下山の時は、ここでPちゃんが苦戦。岩が濡れて、いつもより滑るしねー。

 

 滝子山(1620m)山頂も、今日は眺めは無し。

 

 

 

三角点峰は、ここよりちょっと下りて登ったお隣の峰。こちらは159,03m

 

 

P6105462

 

 

 

 さっき、主尾根に乗った分岐まで戻ってランチ。

 

 

 

寂ショウ尾根は、滑落多発 危険 って書いてある。そして浜立山方向は、10年くらい前に来た時は、行き止まりのしるしの木が積んであった。

 

 けど、今は、浜立山はこっち って案内がある。
そのうち、ここも破線でエアリアマップに出るかな?

 

 尾根の通過点のような浜立山(1482m)は、うっかり気づかずに通り過ぎちゃうことが多い。浜立山山頂の小さな私製山名板は、真っ黒で判明しづらくなっていて、付けてきたよ。

 

 

P6105471

 

 

 

 ここから20mくらい下がって、左へ降りると、5分で仏岩って言う展望地へ出られるの。ここが、断崖絶壁の上で、すごく気持ちがいいんだよ(^v^) この界隈じゃ、ここが一番眺めがいいと思う。滝子の山頂より。

 

 

 

 

 

 

 さて、ここからはどこまでも続く、ザレた急下降。

 

 

 

だから、時々方向を確認していないと、尾根からずれて迷う。この尾根では、道迷いがとても多いらしい。 途中、左後ろを振り向くと、張り出た絶壁が見える。
「あれがさっき居た仏岩ですよー(^v^)」
「あんな絶壁だったの?もうこんなに下りてきたの?(゜o゜)」
って、お姉さま方が驚いていた

 

 

 

 標高1200辺りで、左右に踏み跡の分岐。左は岩があるから、やや右の踏み跡で、急斜面を下りると鉄塔が見えてくる。
 あんまり急で滑るから「転びそうになったら尻もちついてねー」って言ったら、大姉さまがすぐに意図するところが分かって「手を付くと、手首をひねったり、骨折したりするのよね」って(^v^)
尻もちが一番安全です。

 

 すぐ、すみ沢ルートのコーナーに降りて、あとは一般登山道で、朝通った道へ。

 

 

              オオバアサガラ

 

              イタチハギ    

 

 

 主尾根の、浜立山はあっち の標識以降は、一般登山道へ出るまで全く案内はない。
コンパスが使える人は、気持ちのいい面白い尾根よ(^ー^* )
 

 

 

 笹一酒造へ寄って、吟醸ソフトをおごって頂きました。
一日蒸し暑い中を歩いたから、美味し~い(*^_^*)v

 

 

 

 雨の止み間の、面白いバリエーションでしたね~。

 

春ゼミとツツ鳥の声を、お届けできないのが残念です。
(=●^0^●=)v

« 八紘山シロヤシオ登山 | トップページ | ベニバナヤマシャクヤクに会いに »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寂ショウ尾根~滝子山~浜立尾根:

« 八紘山シロヤシオ登山 | トップページ | ベニバナヤマシャクヤクに会いに »