« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

富士見高原~西岳~権現岳~編笠岳

先週 天女山から権現岳へ登った。体調が悪くて、久しぶりに、お山を登るのがきついなと感じた。

 

 今週は、西岳から権現になった。
あれれ( °o° )
続けて権現岳月間?("⌒∇⌒")
富士見高原は、パラグライダーの発着所があるから、いつもはお空を飛ぶ、色とりどりのグライダーがきれい。
さすがに朝早いかと、まだ飛んでいないね。

 

 


 

 


ちょっと登ると不動清水。
このお名前の水場って、結構あるけど・・・
水場が動いたら、困るよねぇ("⌒∇⌒") キャハハ

 週末の南八つは、人が多くて賑やかだけど、稜線の東側と、この西岳だけは、いつも静か。去年、船山十字路から登った時も、山頂で数人としか、人に会っていない。
夏休みに入った今日はどうかな?
登山口の駐車場には車が数台。
 泊りで、お山に入っているのかも知れない。

 樹林の中の道で、途中で何度も林道を横切る。
途中で、下山者3組に出会う。
みなさん青年小屋にお泊りだったんだって。
で、すぐに西岳(2398m)
ものすごい勢いで動く雲の中で、時折顔を見せてくれる
南アルプスと富士山!タカネバラがいっぱいできれい!

 

 

 

 

 

 


P7276953

 

 


P7276956

 

 


P7276961

 

 


 ちょっと下りて、源治新道で、シラビソとコメツガの林の中の、ゆるいアップダウン。途中の乙女の水は、冷たくて美味しい(*^_^*)v

 

                 カイタカラコウのつぼみかな?

 

 

 

 

 

 

で、青年小屋のテン場へ。 ここは提灯で有名よね。

 

[遠い飲み屋]って赤ちょうちん("⌒∇⌒")

 

              ネバリノギラン ヨツバシオガマ ミヤマゼンコ

 


 ザレたノロシバ辺り・・・(;-・。・-;)わぁお!すごい風だ。

 

 

 

 


鎖を過ぎて、ギボシのとんがりを巻いて、先週も真っ白だった権現岳(2716m)今日は風速15m!
 真っ白いけど、雲の流れが速いから、時々青空が見えて、旭岳や奥秩父の山も見える。

 

 

              ギボシの鎖場
P7276998              権現山頂 風速15m以上
              タイツリオウギ              シコタンソウかな?              チシマギキョウ
P7277013              タカネミミナグサ
P7277017              チシマアマナ

 

 帰路は、編笠山(2523,7m)に寄って・・・
ここの登りは、なかなか骨が折れるねぇ。樹林に入っても岩の急登が思ったより長い。山頂でランチにしようと思ったら、パラパラと霧雨(/_;) 

P7277029

 

 


 青年小屋方向より歩きにくい、大きな岩のパズルを飛びながら下りて、何とか樹林へ。北八つチックに苔が美しい樹林の道を、ガンガン降りて・・・

 

 


 止むと思った雨は、とうとうバケツをひっくり返したような豪雨に
 【><。】  樹林に入ってからで、助かった ε= (*^o^*)
しばらくしたら、登山道が土石流のように、唐松の落ち葉を押しながら雨水が流れてくる(・  _  ・ ;)  こんな降り、稜線で会ったら大変だったよぉ。 本降りは、1時間ほど。タマゴタケがポツンと。

 

 

     登山道は、盃流しの手前で、右へ戻るように曲がる。直進の迷い踏み跡多数。               オニノヤガラ 腐生植物
P7277039

 

 


不動清水手前で、朝来た道へ合流。
雨は止んで、いつの間にかカンカン照り! びしょ濡れの傘を、日傘にして帰るうちに、だいぶ乾いちゃった(^v^)
気温が高いからねー。

 帰りの中央高速は、自然渋滞&事故渋滞(;>_<;)

 

 

 


でも、上野原と相模湖で、二回も虹が見えたよ(^v^)

 

 

 

 


 歩行マップタイム10時間半 累積標高差1700m 先週より標高差があるけど、体調でこんなに疲れが違うんだな。先週より、意識してゆっくり歩いたからかな?(^v^)8掛けくらい。

 で、明日から、孫と海。

 

2014年7月21日 (月)

天女山から権現岳

先月、八ヶ岳へ行った。
やっぱお花が多くて好きだわ~(^v^)八ヶ岳!

 

 山友と権現岳へ行こうって言ってたけど、都合が合わなくなっちゃった【><。】
じゃ、八ヶ岳の案内人 ハイジさ~ん 乗せて~!(*^▽^*)
茅野から、お車に乗せて頂きました。
夏休みには、観光バスで大渋滞の天女山(1528,8m)
まだ空いていて、ほぼ山頂に駐車場。
そして、天の河原の散策路に、キスゲとタテヤマウツボグサが咲いている。

 

 

 



 

 


 ここからは、エアリアマップで、前三ツ頭まで3時間 って言う、ざっくりした表示。
歩き出しから、なんだか調子がおかしい。そもそも朝食が入らなかったし、むかむか胸焼けがする・・・つわり?
じゃなくて~(/o°)/~
こんな体調不良で、俊足ハイジさんにご迷惑をかけない様にと、なんとか頑張って登る。
でも、きつい!妙な汗かいて・・・タカネグンナイフウロがぽつぽつ

 

 

 

 


 霧の中を歩いて、時折小雨がパラつく。
振り返ると\( ^o^)/ 富士山と南アルプス。
雨が降ってるのに!

 

 

 


 前三ツ頭(2364,4m)直下は石ゴロゴロだし滑るし・・・
う~ なんか気持ちが悪い【><。】
でも、時間を見たら、あれれ?( ̄o ̄)
マップタイムの6掛けくらいで登ってきちゃった。

 

 


 

 

 


ハイジさんにご迷惑かけない様にと、頑張りすぎたの?
それでも珍しいことに、食欲はない。

 三ツ頭(2580m)を過ぎたら、ちょっと鎖場なんかもあって。

 

 

 

 


チシマギキョウやムシトリスミレやハクサンイチゲに慰められて

 

 

 

P7196846

 

 

 

P7196862

 

 

 

 

 

 

権現岳(2715m)に到着。

 

 

P7196869

 

 


私・・・すごい。
食欲がないから、スイカを食べただけで、権現に登っちゃったよ。
ダイエットできるかな?(^ー^* )

 風が強いから、山頂下のお社のところでランチ。
崎陽軒のシュウマイとキュウリサラダしか入らないから、頑張ってハイカロリーのお菓子を口に入れる。

 たまにかすかに小雨がパラつく中を、天女山へ降りたら( ̄o ̄)
駐車場に大型観光バス3台。
中学校の林間学校かな? 山頂、にぎやかでした。

 

 


 



 歩行マップタイム8時間半 累積標高差1450mの権現岳
6掛け以下で歩いちゃってることになるんだけど・・・(;-・。・-;)
マップタイム 甘過ぎ?

今年二度目の日帰り八ヶ岳 でした。
ハイジさん ありがとう(=●^0^●=)ノ

2014年7月19日 (土)

火打山

 7月14日
去年、お誕生山行で、御嶽山を歩いている時、ちい姉さまが、来年は火打山がいいって言いだした。
そうしたら、大姉さまも行っていないんだって。
一年前に決まった、ちい姉さまのお誕生日山行。
でも、登山口へ着くまでに半日かかっちゃう【><。】

 

 仕方ない。前泊しよう。
色々調べたら、登山口まで無料で送迎してくれるペンションが、見つかった(*^_^*)v

 

 


 

 


高いタクシー代を考えたら、一泊8700円でフルコースって、お得だよね。
持って行ったケーキに蝋燭を立てて、お誕生日おめでとう。

 


乾杯(=^O^=)o□ プハァ~

 


 


 
 7月15日

 

ペンションのおしゃれな朝食 美味しかった

 

 

 

 

 

 笹ヶ峰まで、ペンションの車で送ってもらう。

 

 


 


気持ちのいいお宿でした。ペンションスノーグース。
火打妙高へ御用の方は是非(^v^)ノ

 ブナ林の木道は、カッコウが鳴いて、高原散策って感じ。

 

 


 


水場からジグザグの登りになって、富士見平へ。
雲間から北アルプスが見える。白馬辺りかな?

 

 


 


黒姫山の上に、富士山が見えるんだって。
見える時にはね(´ー`)
部分的にぬかるみだから、行く人はスパッツがあるといいよ。
 
 今夜泊まる、三角屋根の高谷池ヒュッテが見えてきた。
池塘に囲まれた、素敵なところ。

 

 


 


P7156607

 

 


受付して、余分な荷物を置いて、身軽になって天狗の庭へ。
いやぁ~♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
高山植物の宝庫!前に進めない。

 

 

P7156576_2

 

 

 

ハクサンコザクラのこれ程の群生は初めて見たよぉー!

 

 


 


P7156643

 

 


このまま、もう帰ってもいいくらい、お花を堪能(^ー^* )

 

 

P7156609              イワイチョウと火打
 

 

所々残雪がかぶった、ちょっと疲れる木の階段を頑張って、火打山(2461,8m)

 

 

P7156610

 

 


P7156647              腐生植物 オニク
P7156656               妙高とミヤマキンポウゲ
P7156688

 

 


P7156698

 

 


下山で、ライチョウに大接近。目の上が赤いから雄だね。

 


P7156708

 

 


 


 高谷池ヒュッテは完全予約制。
カイコ棚だけど、一人一枚のお布団は確実に確保(^v^)
今夜は12人だって。
ひどいって評判を聞いていたけど、スタッフも感じいいし、いい山小屋だと思うよ。
飲んだ缶のお持ち帰りくらいいいじゃない。
木槌があって、ペタンこにするの。大姉さまがお上手なんだよ!(ノ°ο°)ノ
私がやったら、横に飛んでっちゃって・・・(^。^;)

 

 


 


 



 7月16日
 実は、電話で高谷池ヒュッテを予約した時、妙高へ縦走するつもりだったの。
「今年は残雪状態が例年と違うので、7月中旬の状況が予測できません。大倉乗越は滑落が多いので、ピッケルとアイゼンをお持ちください」って言われた。
アイゼンはいいけど・・・ピッケルは、訓練していないと宝の持ち腐れだ。しかも、お姉さま方はお持ちじゃない。

 事前にお姉さま方に聞いたら、危ないルートは止めましょうって。妙高は次回のお楽しみにして、三ツ峰周りで燕温泉へ回ることにした。しかも、夕方の天気予報で、12時から雨だって。
じゃ、早く降りよう。降られないうちに!
こちらも、ところどころ、雪渓が残っていました。

 

 


 燕新道は、土が崩れて木につかまってへつるようなトラバースや、水の中を石伝いに歩くような、なかなかの難路。エアリアは赤の実践なのにね。新潟の人は、こんなルートが普通なのかなぁ・・・(^。^;)

 

テガタチドリの群生が見事

 

 

 

 

 

 

 流れのはやい川の渡渉が、ちょっと緊張。
雨で増量キャンペーン中?(;´o`)
流木を何本か束ねた、竹ぼうきみたいな橋が置いてある。
これ・・・大姉さま渡れるかなぁ・・・

 

 


 


P7166798

 

 


もし無理なら、10m位上流を靴を脱いで渡ろう。
試しに渡ってみる。
たわむかと思ったら、意外に揺れない。
これなら行けるかな?
後ろに向かってピース(^v^)v
おお姉さまも、頑張ってくれました。

 そのあとも、繰り返し、ぬかるむ滑る道に苦戦!
雪解けのお花を見たいと思ったら、これは避けては通れないのよね。

 そうだ!温泉に入って帰りましょうか?(^ー^* )
お姉さま方は、無料のお湯もあるけど、やっぱりカランがあるお風呂がいいって。岩戸屋さん、700円で滝の見える露天ぶろ付き。白濁の気持ちのいいお湯で、二日間の疲れを流してさっぱり(*^▽^*)

 

 


 



 高山植物と、幻想的な池塘の風景を堪能の、お誕生日山行でした(^ー^* )
 
 お花の写真は枚数があるから、よほど時間がある方、よほどお花がお好きな方のみご覧ください。

2014年7月 9日 (水)

鶴ヶ鳥屋山

 75歳の、おとなしいお姉さまが、私「鶴ヶ鳥屋山へ行っていないの」って.

 

 

わぁお! 珍しく、このお姉さまからリクエストが来た。

 

みんな、保tんん度の登山路で歩いたことがあるけど、唐沢橋からだけはないって。

 

 

 じゃ、そこを登路にしよう。

 

私が好きな角研から降りようかと思ったら、マップタイムが7時間になっちゃう。

 

ここは、夏の終わりにはカヤトの藪になって、道が分からなくなっちゃうんだよ。

 

で、時々カマ持って、登山道整備に行くの。

 

でも、お姉さま方と日帰りで、7時間は長すぎるなぁ・・・

 

 

 初狩から徒歩30分なんだけど、大月からタクシーに乗っちゃう。

 

その代り、帰りは歩きましょうね。迎車代がもったいないですから。

 

橋を渡ったところでタクシーを降りて、左にちょっと下りると、中央本線の下を通る、下水路みたいなトンネルがある。

 

 

 

そこをくぐるんだ。

 

すると、林道が続いている。

 

ヘヤピンカーブの先で登山道になるはず・・・。

 

案内板 ないの? 

 

 

 

ま、いいや。

 

グズグズ斜面を登ると、すぐに古そうな登山道へ出る。

 

わ(°∇°;) !!マムシだ!

 

 

P7086436

 

 

 

道はしっかりしているけど、道の真ん中に木が茂ったり、倒木が多くてなかなかの藪

 

(^。^;)

 

 

 

急に道が心もとなくなった。どこかで道を逃した?

 

ま、いいや、空が見えているその尾根まえ登れば間違いないから。

 

尾根へ出るまでの、ほんの数分が、木をつかんでずり上がるグズグズ斜面で、しかもまだ標高がそんなにないから暑い!

 

 

 

尾根に出て、やれやれ( -。-) =3

 

標高750m過ぎると、ようやく歩きやすい尾根になる。

 

近ヶ坂橋分岐まで登ると、案内板に、こちらは[危険・悪路]って書いてある!( °o°; )

 

 

 

危険ってところはなかったけど、下山に使うと分かりにくいなぁ。

 

 

 林道へ出て、登山道に戻って、なかなか急斜面。

 

今年の春に、この辺で滑落事故があってニュースになった。

 

雪が積もっていたら、どこまでも止まらないかも知れない。

 

 

 鶴ヶ鳥屋山(1374,4m)

 

 

 

山頂は樹林で眺めはよくないけど、葉が落ちる冬には富士山や三つ峠がよく見えるよ。

 

今日は真っ白。

 

ここでランチ(^v^)

 

 

 

 滑る急斜面を下りて

 

 

 

さっき横切った林道を、南へゆるく下る。

 

 

 

お姉さま方に、私のお気に入りの東屋を見て頂く。

 

お車運転する人は、空気が澄んだときに黒野田林道を走ってみて。

 

この東屋からの富士山は絶品です!(^ー^* )

 

 

 

 

登山道へ戻って、分岐を近ヶ坂橋への道を下る。

 

渡渉点付近が、夏はちょっと藪っぽくなるけど、そこそこ涼しい。

 

 


 

 

 

タクシーが入ってくれない、林道歩きが長いのが玉に瑕だけど(゜o゜)

 

ワラビだ! またまた二番子を少し頂きました(*^_^*)v

 

夕食の、お味噌汁に追加。

 

 

 帰りはおしゃべりしながら初狩まで歩いて、今日も一日、降らないでくれてありがとう(^ー^* )

 

 

 75才のお姉さまとPちゃんがお初の、鶴ヶ鳥屋山でした。

 

累積標高差1000m 暑い中お疲れ様でした。

 

 

              コマツナギ

 

               エビガライチゴ

 

P7086479              シオデかと思ったけど・・・イケマかな

 

浅草岳 守門岳

 7月5日
浅草岳へ登ろうと思ったら、天気予報は雨・・・【><。】
一番の近道ネズモチ平の駐車場へ。
(ノ°ο°)ノ オオオオ こんなお天気なのに、巨大駐車場には、たくさんの車。マイクロバスも止まってる。 
もうお昼近いから、今日の登山者の最後って感じかな?

 

 去年、原三角点を見た帰りに、ちゃちゃっとのぼろうと寄ったのに、新雪でトレースがなくて、急な登山道が登れずに、林道で桜ゾネへまで行って、すごすごと戻ったんだ。
その時、私たちのトレースをたどって、地元の二人組が来て、「帰っちゃうんですか?僕ら地元ですけど、こんなに積もってると思わないから、アイゼン持って来てないんですよー」って、ぼやいてた。「横浜だから、帰宅に時間がかかるんです。頑張って登ってねー(´ー`)ノ」
って、見捨ててきた("⌒∇⌒") キャハハ
まさか、11月にあんな積雪になるとは思わなかったもんなぁ。 リベンジするなら、ヒメサユリの最盛期に!って思っていたんだ(^v^)

 

 急な、根っこの浮いた登山道。雪解け水でズルズルぐちゃぐちゃ【><。】

 

 

 

P7056277

 

 

 

 なかなかの人気で、途中で何人ものグループを追い越す。

 

 

 

                  ガクウラジロヨウラク

 

P7056281

 

 

 

 

 

やっと前岳(1568m)の分岐。
雪渓の脇に、何年ぶりに見るコシジオウレン。

 

 

 

 

P7056326

 

 

 

このお花は茎が黒っぽいから、最初に見た時ドクダミかと思っちゃったよ。 このちょっと先から、('◇'*)わぁ~ 気持ちのいい木道歩きだー ~♪~ 「さゆり~ 出ておいでー」

 

 


 


わぁお!(^0^* )かわいいねぇ。
ピンクのほほ染めて。ちら、ほらとヒメサユリ。

 

 

P7056331

 

 


イワイチョウにコイワカガミにツマトリソウにワタスゲ!シラネアオイはもう終盤

 

 


 


 


 


P7056286

 

 


浅草岳(1585,5m)一等三角点タッチ(*^_^*)v

 

 


 下山は可愛いヒメサユリをお腹いっぱい愛でつつ、嘉平与のボッチから、なだらかに桜ゾネへ。

 

 


                 アカモノやツルアリドウシ ヤマサギソウも咲いてたよ

 

 

P7056357

 

 

 

P7056318

 

 

 

11月、除雪されてツルツルに凍っていて、1時間かけて歩いた林道を、30分で下る。

 

バスも何台か駐車していて、明日登る守門岳が見えてたよ。

 

 

 

暑いぞ新潟(^。^;)  入広瀬駅近くの、寿和温泉に寄った。
湧出量が3700L/分 で、日本第三位 だって!

P7056369
           夕食は、傷むと怖いから、下茹でしたお野菜とお肉やエビを、冷凍して持ってきた。

 


 

 

 

 

 

 

 

 7月6日
 ここまで来たら、だいたいセットで登られる守門岳。 
帰宅のアクセスに時間がかかるから、一番早く行けるところから、って思ったんだ。でも、登ろうと思った、大白川登山口が車両通行止(^。^;)  スキー場の下から、林道を1時間余分に歩くんだって【><。】 じゃ、歩行時間が2時間も長くなっちゃうなぁ( ̄~ ̄;)ウーン・・・

 長い林道歩きより、標高差はあっても登山道がいいね。
ぐるっと回って、往復のマップタイム7時間45分の、二口登山口から登ろう。

 

 


 歩き始めてしばらくすると、護人清水 冷たくて美味し~い(=●^0^●=) 滝見台からは、オカバミ沢の滝がよく見える。 

 

 

行けども行けども、ツルツルの滑りやすい粘土質の急登。尻餅ついて、ドロドロの人もいる(^。^;)
ので、一歩一歩に気を遣う。

 

 


 


 青雲岳付近には残雪が残っていて、ひんやりと空気が気持ちいい(^v^) \( ^o^ )/ ヤ ッター♪
 第一キスゲちゃん発見!ヤマサギソウの群生や、キソチドリも見られたよ。

 

 

 

P7066405

 

 

 

 


P7066431

 

 


いつまでも歩いていたい木道の先に、守門岳が見える!
いやぁ\( ^o^ )/ 最高に気持ちいいよぉ~♪~
守門岳(1537,2m)

 

 

P7066409

 


 


下山も滑らないように気を使って、標高差の割に疲れたよ。暑いし! 累計標高差 1130m

 交通費と時間掛けて、遠くまで来てよかった。
眼福 眼福 ~♪~
思い出に残る、最高の二座でした!

 昨日と今日会った花
アカモノ コイワカガミ オオイワカガミ チゴユリ 
ヤマツツジ シラネアオイ コシジオウレン ミツバオウレン ゴゼンタチバナ ウラジロヨウラク ガクウラジロヨウラク コバイケイソウ ニッコウキスゲ オオバギボウシ 
ショウジョウバカマ ツマトリソウ ナンゴクミネカエデ 
モミジカラマツ ミヤマカラマツ イワイチョウ ヒメサユリ キソチドリ トキソウ オニアザミ ベニサラサドウダン 
ニシキゴロモ ミズタビラコ ギンリョウソウ ヒヨドリソウ チョウジコメツツジ ナナカマド

2014年7月 2日 (水)

尾名手尾根~大寺山~三森北峰~杉平入口

 

題に尾根の名前を書くのも変なんだけど・・・

 

 ずっと前に、大姉さまが、尾名手尾根を歩いていないのよ。って言ってた。
東京近辺の人でも、どこそれ?って思うでしょ("⌒∇⌒")

 

 山梨百名山の権現山と 最近イワウチワとヒカゲツツジで有名な坪山
その真ん中にある尾根なの。
ちゃんとエアリアマップにも尾根の名前が出てるよ。でも、灰色破線もない。
この尾根は、下山口だけがちょい藪だけど、あとは歩きやすいいい尾根なのよ。
ただ、この辺は熊によく遭遇する。
2年前、権現山の北側の尾根で、熊に20mくらいまで接近 って事があったっけ。
だから、今日は最初から、熊鈴つけて歩く。
ほんとは、好きじゃないんだよね。熊鈴。
いつも、曲がり角とか見通しのよくないところは「人間通るよー」って声をかけるんだ。
で、その声で、たまにザザーッと動物が逃げる気配がすることがある。
たいがいは山鳥とか狸とか鹿とかかな。

 

 バス停 阿寺沢から南へ。
途中、右に、坪山東尾根へのバリエーションルートがある。
坪山は、近年中高年登山者に超人気だから、この東尾根は、上の分岐には、迷いこまないようにロープが張ってある。
でも、下には[←坪山]って書いてあるよ(^ー^* )
 その先の橋を渡って、畑への登り口みたいなところから入るのが、一番藪が少ない。この左後ろね。

 

 

 


 


他にも3ヶ所、登り口を知ってるけど、どこも今はかなりの藪。
使われなくなっちゃうと、道ってすぐに自然に返るのね。

 登り初めの300mくらいは、なかなかの急登。
標高850mくらいで主尾根に上がると、ここからは、踏み跡もはっきり。
登山道って呼んでいい、しっかりした踏み跡が、西に続いてる。

 

 


 



 小ピークを二回ほど乗り越えると、1226mの大寺山。

 

 

P7016222

 

 


権現山から西原峠へ縦走の道に出る。
ここでランチの予定だったけど、お姉さま方、思ったより快調で、まだお昼に少し早い。
じゃ、ここからの急降下と三森北峰への急登の後でランチにしようか。

 


 三森北峰はね、山頂に白雪姫の継母が覗いているような鏡があるの。

 

 

 

 


以前粉々に割れていて、そのあとやっぱり同じような新しい鏡がつけられていた。
今の鏡は、私が知っている限り3代目。で、ひび割れている。
いったい誰が何の目的で?
黒ミサ?(´。`;;;)

 お天気なら富士山の姿が美しいところよ。
杓子、鹿留と三つ峠までうっすら見えるけど・・・
お日様が当たっているように見えるけど・・・
お空の天井が低い!(;-・。・-;)
いつ天井が抜けるかな?

 

 


 



 ランチを食べ終わる頃、ぱらぱらと雨。
で、見ると、日影集落から岩殿山辺りが降り始めた感じ。

 

 


 


 


 樹林に入って、下山開始。
サーッ と雨音が聞こえるけど、樹林で濡れない。
下山していると、雨音のサー が ザー に変わってきた。
「その平らなところで雨具着ます!」
急いで、オーバーズボンとポンチョ。
大粒の雨がザー ザザー!
豪雨の中、一番歩きにくい岩まじりの急降下。

 

 


 


遠雷を二度ほど聞いた。

 しばらくして小降りになって…止んだ ふぅε= (*^o^*)

 アップダウンを繰り返しながらバス停杉平入口へ。
14時半。バスは14:33
(*^_^*)v  やったね。

 

 


 


お姉さま方、ぴったりマップタイムです。
雨で立ち止まれなかったしね。
このバスに間に合わなったら、タクシー二台のつもりだったから、よかったよかった!

 予定より早いから、久しぶりに、高尾のお店へ
フルーツパフェ ごちそうになりました\(●⌒∇⌒●)/

 

 

 

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »