« 鶴ヶ鳥屋山 | トップページ | 天女山から権現岳 »

2014年7月19日 (土)

火打山

 7月14日
去年、お誕生山行で、御嶽山を歩いている時、ちい姉さまが、来年は火打山がいいって言いだした。
そうしたら、大姉さまも行っていないんだって。
一年前に決まった、ちい姉さまのお誕生日山行。
でも、登山口へ着くまでに半日かかっちゃう【><。】

 

 仕方ない。前泊しよう。
色々調べたら、登山口まで無料で送迎してくれるペンションが、見つかった(*^_^*)v

 

 


 

 


高いタクシー代を考えたら、一泊8700円でフルコースって、お得だよね。
持って行ったケーキに蝋燭を立てて、お誕生日おめでとう。

 


乾杯(=^O^=)o□ プハァ~

 


 


 
 7月15日

 

ペンションのおしゃれな朝食 美味しかった

 

 

 

 

 

 笹ヶ峰まで、ペンションの車で送ってもらう。

 

 


 


気持ちのいいお宿でした。ペンションスノーグース。
火打妙高へ御用の方は是非(^v^)ノ

 ブナ林の木道は、カッコウが鳴いて、高原散策って感じ。

 

 


 


水場からジグザグの登りになって、富士見平へ。
雲間から北アルプスが見える。白馬辺りかな?

 

 


 


黒姫山の上に、富士山が見えるんだって。
見える時にはね(´ー`)
部分的にぬかるみだから、行く人はスパッツがあるといいよ。
 
 今夜泊まる、三角屋根の高谷池ヒュッテが見えてきた。
池塘に囲まれた、素敵なところ。

 

 


 


P7156607

 

 


受付して、余分な荷物を置いて、身軽になって天狗の庭へ。
いやぁ~♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
高山植物の宝庫!前に進めない。

 

 

P7156576_2

 

 

 

ハクサンコザクラのこれ程の群生は初めて見たよぉー!

 

 


 


P7156643

 

 


このまま、もう帰ってもいいくらい、お花を堪能(^ー^* )

 

 

P7156609              イワイチョウと火打
 

 

所々残雪がかぶった、ちょっと疲れる木の階段を頑張って、火打山(2461,8m)

 

 

P7156610

 

 


P7156647              腐生植物 オニク
P7156656               妙高とミヤマキンポウゲ
P7156688

 

 


P7156698

 

 


下山で、ライチョウに大接近。目の上が赤いから雄だね。

 


P7156708

 

 


 


 高谷池ヒュッテは完全予約制。
カイコ棚だけど、一人一枚のお布団は確実に確保(^v^)
今夜は12人だって。
ひどいって評判を聞いていたけど、スタッフも感じいいし、いい山小屋だと思うよ。
飲んだ缶のお持ち帰りくらいいいじゃない。
木槌があって、ペタンこにするの。大姉さまがお上手なんだよ!(ノ°ο°)ノ
私がやったら、横に飛んでっちゃって・・・(^。^;)

 

 


 


 



 7月16日
 実は、電話で高谷池ヒュッテを予約した時、妙高へ縦走するつもりだったの。
「今年は残雪状態が例年と違うので、7月中旬の状況が予測できません。大倉乗越は滑落が多いので、ピッケルとアイゼンをお持ちください」って言われた。
アイゼンはいいけど・・・ピッケルは、訓練していないと宝の持ち腐れだ。しかも、お姉さま方はお持ちじゃない。

 事前にお姉さま方に聞いたら、危ないルートは止めましょうって。妙高は次回のお楽しみにして、三ツ峰周りで燕温泉へ回ることにした。しかも、夕方の天気予報で、12時から雨だって。
じゃ、早く降りよう。降られないうちに!
こちらも、ところどころ、雪渓が残っていました。

 

 


 燕新道は、土が崩れて木につかまってへつるようなトラバースや、水の中を石伝いに歩くような、なかなかの難路。エアリアは赤の実践なのにね。新潟の人は、こんなルートが普通なのかなぁ・・・(^。^;)

 

テガタチドリの群生が見事

 

 

 

 

 

 

 流れのはやい川の渡渉が、ちょっと緊張。
雨で増量キャンペーン中?(;´o`)
流木を何本か束ねた、竹ぼうきみたいな橋が置いてある。
これ・・・大姉さま渡れるかなぁ・・・

 

 


 


P7166798

 

 


もし無理なら、10m位上流を靴を脱いで渡ろう。
試しに渡ってみる。
たわむかと思ったら、意外に揺れない。
これなら行けるかな?
後ろに向かってピース(^v^)v
おお姉さまも、頑張ってくれました。

 そのあとも、繰り返し、ぬかるむ滑る道に苦戦!
雪解けのお花を見たいと思ったら、これは避けては通れないのよね。

 そうだ!温泉に入って帰りましょうか?(^ー^* )
お姉さま方は、無料のお湯もあるけど、やっぱりカランがあるお風呂がいいって。岩戸屋さん、700円で滝の見える露天ぶろ付き。白濁の気持ちのいいお湯で、二日間の疲れを流してさっぱり(*^▽^*)

 

 


 



 高山植物と、幻想的な池塘の風景を堪能の、お誕生日山行でした(^ー^* )
 
 お花の写真は枚数があるから、よほど時間がある方、よほどお花がお好きな方のみご覧ください。

« 鶴ヶ鳥屋山 | トップページ | 天女山から権現岳 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火打山:

« 鶴ヶ鳥屋山 | トップページ | 天女山から権現岳 »