« 浅草岳 守門岳 | トップページ | 火打山 »

2014年7月 9日 (水)

鶴ヶ鳥屋山

 75歳の、おとなしいお姉さまが、私「鶴ヶ鳥屋山へ行っていないの」って.

 

 

わぁお! 珍しく、このお姉さまからリクエストが来た。

 

みんな、保tんん度の登山路で歩いたことがあるけど、唐沢橋からだけはないって。

 

 

 じゃ、そこを登路にしよう。

 

私が好きな角研から降りようかと思ったら、マップタイムが7時間になっちゃう。

 

ここは、夏の終わりにはカヤトの藪になって、道が分からなくなっちゃうんだよ。

 

で、時々カマ持って、登山道整備に行くの。

 

でも、お姉さま方と日帰りで、7時間は長すぎるなぁ・・・

 

 

 初狩から徒歩30分なんだけど、大月からタクシーに乗っちゃう。

 

その代り、帰りは歩きましょうね。迎車代がもったいないですから。

 

橋を渡ったところでタクシーを降りて、左にちょっと下りると、中央本線の下を通る、下水路みたいなトンネルがある。

 

 

 

そこをくぐるんだ。

 

すると、林道が続いている。

 

ヘヤピンカーブの先で登山道になるはず・・・。

 

案内板 ないの? 

 

 

 

ま、いいや。

 

グズグズ斜面を登ると、すぐに古そうな登山道へ出る。

 

わ(°∇°;) !!マムシだ!

 

 

P7086436

 

 

 

道はしっかりしているけど、道の真ん中に木が茂ったり、倒木が多くてなかなかの藪

 

(^。^;)

 

 

 

急に道が心もとなくなった。どこかで道を逃した?

 

ま、いいや、空が見えているその尾根まえ登れば間違いないから。

 

尾根へ出るまでの、ほんの数分が、木をつかんでずり上がるグズグズ斜面で、しかもまだ標高がそんなにないから暑い!

 

 

 

尾根に出て、やれやれ( -。-) =3

 

標高750m過ぎると、ようやく歩きやすい尾根になる。

 

近ヶ坂橋分岐まで登ると、案内板に、こちらは[危険・悪路]って書いてある!( °o°; )

 

 

 

危険ってところはなかったけど、下山に使うと分かりにくいなぁ。

 

 

 林道へ出て、登山道に戻って、なかなか急斜面。

 

今年の春に、この辺で滑落事故があってニュースになった。

 

雪が積もっていたら、どこまでも止まらないかも知れない。

 

 

 鶴ヶ鳥屋山(1374,4m)

 

 

 

山頂は樹林で眺めはよくないけど、葉が落ちる冬には富士山や三つ峠がよく見えるよ。

 

今日は真っ白。

 

ここでランチ(^v^)

 

 

 

 滑る急斜面を下りて

 

 

 

さっき横切った林道を、南へゆるく下る。

 

 

 

お姉さま方に、私のお気に入りの東屋を見て頂く。

 

お車運転する人は、空気が澄んだときに黒野田林道を走ってみて。

 

この東屋からの富士山は絶品です!(^ー^* )

 

 

 

 

登山道へ戻って、分岐を近ヶ坂橋への道を下る。

 

渡渉点付近が、夏はちょっと藪っぽくなるけど、そこそこ涼しい。

 

 


 

 

 

タクシーが入ってくれない、林道歩きが長いのが玉に瑕だけど(゜o゜)

 

ワラビだ! またまた二番子を少し頂きました(*^_^*)v

 

夕食の、お味噌汁に追加。

 

 

 帰りはおしゃべりしながら初狩まで歩いて、今日も一日、降らないでくれてありがとう(^ー^* )

 

 

 75才のお姉さまとPちゃんがお初の、鶴ヶ鳥屋山でした。

 

累積標高差1000m 暑い中お疲れ様でした。

 

 

              コマツナギ

 

               エビガライチゴ

 

P7086479              シオデかと思ったけど・・・イケマかな

 

« 浅草岳 守門岳 | トップページ | 火打山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

鶴ヶ島屋山 しゃらさんのブログではよく出てくるお山、知らず知らずに覚えてしまいました。
これからの低山は暑さとの戦い!!
マムシは二番目に歩いている人が噛まれやすいそうです。
渓流釣りをしていた夫が言ってました。熊に次いで会いたくない奴です。

NONちゃん ヒルもマムシも、二番手三番手が危険なのよね。
熊は出合頭だから・・・私か(;>_<;)
鶴ヶ鳥屋山は、笹子や初狩から歩けるから、お手軽でいいの(^v^)
でも、なんでか75歳のお姉さまだけある、歩いていなかったの。
歩きだしは暑かったけど、尾根へでたら、意外に涼しい風邪だったよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴ヶ鳥屋山:

« 浅草岳 守門岳 | トップページ | 火打山 »