« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月13日 (水)

小浅間と信濃路遊歩道

 6月末に、浅間山に登ろうとしたら雨で、小浅間に登った。その話をしたら、お姉さん方が小浅間は行ったことがないって。

 

 海に山に、お泊り続きだったから、楽な小浅間にでも行きましょうか?いつものテリトリーのお山は暑い時期だし。
お盆時期だから、早目に指定席を取って、高天原でお渡ししたんだよ。「こんな所でなんですが、来週の指定席券です」って(^v^) 聞いていた隣のお布団の人が「来週も山へ行くんですか?」って驚いていたよ。

 

 東京から軽井沢まで、新幹線で1時間。え~(≧◇≦)雨なの?駅前からバスで、峰の茶屋へ。樹林の中を歩く間、バケツをひっくり返したような、豪雨の音(;・_・; ・・・

 

 

 

 


だらっと歩くと馬返し。あ!よかった。 少し雨音が小さくなってきた。 あ~、ここからの浅間山を、お姉さま方に見せたかったのにな(;>_<;)
 どうせ、真っ白で何も見えないから、西峰はスルー。三角点の東峰(1655,1m)へ。

 

 

 

 

 

 

 

山頂はスコリアの丘だけど、三角点は樹林の中にある。ほんとは、この木陰でランチにしようと思っていたんだよ(;-_-) =3

 じゃ、降りましょうか?
振り向いたら・・・わぁお!~(ノ°ο°)ノ

 

 

P8127418_2

 

 


真っ白だった雲が急にどいて、浅間山が!
見えたよ\(^o^)/ わーい
お姉さま方が「大きいのね~」って見上げてる。
良かったわぁ(^ー^* )

 下山して、信濃路自然歩道に入って、50分で白糸の滝へ。遊歩道は滝の真上を通るんだよ。

 

 

 

 

 この辺りのマップタイムは、軽井沢へ観光へ来た人が『たまにはハイキングでも致しましょうか』って感じの時間? かなり甘い。70代のお姉さま方も、マップタイムの8掛けくらいで歩けちゃいます。 白糸の滝は、夏休み、お盆休みってこともあって、すごい観光客!みんな傘さして、豪雨の中を観光。

 行きのバスで、このお店の横に「ご自由にお休みください。休憩自由」って書いたテントがあったのを見た。
もしここまで、休憩できるようなところがなかったら、ここでランチだな。って思ってた。地面にザンザン水が流れる、すごい降りだったから、ここ、まできちゃった。12時をちょっと廻って火曜会ランチ 久しぶりですねぇ(^ー^* )
 火打、館山、高天原と、お泊り続きでしたから("⌒∇⌒")
あ~('◇'*)美味しい、楽しいひと時。

 

 


 


廻りは観光客。イワナやトウモロコシを買ってテントへ。
イワナの塩焼きを、700円で売ってます。いい商売だね。

 


 何も買っていないので、ちょっと肩身が狭かったけど、バスが来て、一気に人がいなくなった。おしゃれなサンダルにドレスで、ビショビショ ドロドロになってる人も・・・(^。^;)

 一部木道の、静かな樹林の道で、竜返しの滝。

 

 

                     トチバニンジン
                     チョウセンゴミシの実
                      竜返しの滝  
P8127449

 

 


( ̄~ ̄;)ウーン・・・名前負け? でも静かなステキな滝で、イワタバコが咲いていた。

 

 

 

 

何度か車道を横切るけど、案内板がついています。箱根古道よりは分かりやすいよ。

 熊に注意の看板を見ながら歩いていたら、30m先を子熊が!
道を横ぎって斜面を転がり下りて行った(;-・。・-;)
私の気配を感じて、慌てて逃げた感じ。

・・・もしママ熊が追いかけてくるなら、やばい!
立ち止まって「人間いるよー。出てこないでねー」
ってしばらく叫ぶ。
どうも気配がないから、きっとママ熊は下にいて、子熊はママ熊の後を追って、下りて行ったのかな。
(;-_-) =3 ふぅ びっくりした。
じゃ、進もうか。

 唐松の林をいでて、唐松の林に入りぬ。
また唐松の林を出ると、旧三笠ホテル。
ここからバスで、軽井沢駅まで8分のはず。
でもこの時、土砂降りで・・・バス停はどこ?

 バス停探して、駅方向に少し降りたら、三笠茶屋。
大姉さまが「そっちにバス停があるの?」って後ろから声をかけてきたけど・・・
三笠茶屋のテラスの、屋根の下に入って
「すみません、ここでソフト食べて、タクシー呼んでもらうって言うのはいかがでしょう?」
人の財布で、楽しておごって頂こうって魂胆!("⌒∇⌒")
だって、夕立みたいな、すごい雨なんだもん!

 ロイヤルミルクティーソフト たいへん上品で美味しゅうございました(/・0・)

 


 お店で呼んでもらったタクシーの運転手さんに、熊がいたって話したら、「この前も、草刈りしていた人が熊にやられたよ」
って・・・(;-・。・-;)結構いるんだ!

杓子 鹿留

先週は北アルプスだったから、今週は南アルプスに!
と思っていたら・・・台風(ー_ー;) 

 

 じゃ、ゆるハイクにしようか。

 

 山友が、杓子は登ったことがあるけど、鹿留は歩いたことがないって言うから、じゃ、それにしよう。
立ノ塚峠から歩こうと、内野を北上。すると、養鶏場の近くで、ユンボが、道路整備中(^。^;)
 通してもらえるかって聞いたら、この奥も3台の重機が入っているからダメだって(/_;)

 

(・  _  ・ ;) え~、どうしようか。
 
 そう言えば・・・以前お姉さま方とここへ来た時、すごい雷でビビったっけ。雷の後は土砂降りで、雨宿りに古い養鶏場の軒を借りて、タクシーを呼んだら、運転手さんに嫌がられたっけ。車が臭くなるって。

 

 立ノ塚峠・・・鬼門か?(≧◇≦)

 

 仕方ない。ぐるっと鳥居地峠から西側に廻って、杓子山から登ろう。林道を歩いて、最後は急な登りで、山梨百名山杓子山(1597,5m) 

 

 

 

P8097356

 

 

 

分かってはいたけど、山頂は見事に真っ白。大きな富士山と、山中湖が見える、眺めのいい山頂なんだけどね。
 でもね、久しぶりでカイフウロに会えたよ\( ^o^ )/
個体数、少ないんだよねこの子たち。

 

 


 稜線を少しのアップダウンで、子ノ神から左に行くと、山友が初めての鹿留山。

 


 中央線沿線の山に登ると、いつも「あれが杓子・鹿留で、その隣が御正体」 って、山座同定のたびにお名前を言っていた山だから、気になるよねー(^ー^* )
山頂は樹林で眺めはなくて、しっとりと大ブナが数本。

 杓子山へ戻ったら、うっすらと山中湖が光っていた。

 


 行きに林道を歩いていた時、冗談で、この辺まで下りたら傘がさせるから、雨が降ってもいいわよね。なんて話していた、ちょうどその林道まで下りたら、ポツポツと雨が。
まぁ(゜o゜) 待っていてくれたの?
いいタイミングだったわ(^ー^* )

 

                     フシグロセンノウ

 

                          シデシャジン

 

                           カワミドリ

 

                          アオヤギソウ

 

                            ソバナ  

 

 

                            シュロソウ

 

2014年8月 7日 (木)

野口五郎~雲ノ平~高天原~竹村新道

  去年の秋にお姉さま方が、高天原へ行きたいと・・・

 

でも、一日にマップタイム6~7時間の行程だと、4泊か5泊になっちゃう。

 

そんなに家を空けられないなぁ(/_;)

 

 

 ってことで、私はお姉さま方と別ルートで、高天原で落ち合う計画(^ー^* )

 

去年、船窪小屋で泊まって、烏帽子小屋からブナ立てで降りた。

 

ブナ立ては北アルプス三大急登なんて言うけど、歩きやすい いい道だから、そこから登ろう。私より早く歩ける人じゃないと、2泊じゃ無理だから・・・

 

ハイジさ~ん! ご一緒しませんか?

 

って言うか・・・登山口まで、車に乗せてくださいませ(゜゜;)

 

 

 一日目(8/3) 高瀬ダム~野口五郎

 

              センジュガンピとソバナが群生

 

P8037117_2

 

 


              オオヒョウタンボク
              餓鬼岳の奥に浅間山辺りが見えている

 

           ミツバオーレンに似ているけど葉が違うからコガネイチゴ

 

 

 

 ブナ立てをサクサク登って、あれ? 今日ってお天気じゃなかったの(・・?)

 

まぁ、直射日光が当たらないから、暑さをしのぎやすいけど。

 

 

 烏帽子小屋の前は、イワギキョウの大群生!

 

その向こうに赤牛や薬師の大きな山体がかっこいい(*^_^*)

 

 

P8037147              クロユリ

 

 

 

 

でも、思ったより雲が多くて、ちょっと残念。

 

展望は明日に期待しようっと(^v^)

 

 アオノツガザクラやハクサンイチゲ、シナノキンバイの群生に元気をもらって三つ岳へ

 

P8037167

 

 

 

 気持ちのいい稜線になって、目の前の三ツ岳(2644,6m)は、広くて長めがいい。

 

今日は、野口五郎小屋へ泊まる予定だから、急がなくてもいい。

 

ここでのんびりランチ!(^v^)

 

              五色平が近い

 

P8037177              稜線の両側にコマクサんがたくさん

 

P8037180              クモマスミレ

 

P8037181              タカネツメクサ

 

P8037179              イワツメクサ

 

         崎陽軒のシュウマイ 昨夜つけたお漬物 ブルーベリーとトマト

 

 

 

 

と思ったら、パラパラと霧雨(/_;)

 

ハイジさんと、昨夜作ったキュウリと茄子のお漬物や果物とシュウマイを食べて、近くで休憩していた女性にもふるまった。

 

そうしたら、この人は小屋で隣のお布団でした。

 

 

 裏銀座、縦走するのは35年ぶりだ!

 

子どもが生まれて、やっと手が離れるころ、母の介護が始まって・・・

 

「お山は縦走がいいのに、なんでいつも日帰り?」

 

なんて言われると、悲しくなっちゃったっけ。

 

ああ・・・明日は稜線漫歩できるかなぁ(*^▽^*)

 

 

           (ノ°ο°)ノ オオオオ 日本海が見える 富山湾だ!
              ミヤマリンドウ

 

              ミヤマタネツケバナ

 

              キバナシャクナゲ

 

           ハクサンイチゲとシナノキンバイとセリ科の花のさ斜面

 

               野口五郎小屋

 

                小屋の前にはチシマギキョウの群生

 

 

 野口五郎小屋 日曜日の今日は、一人一枚のお布団。

 

昨日は二枚に3人だったって。

 

天ぷら付きの、ボリュームあるお食事でした。

 

              夕方ガスが切れて唐沢岳 餓鬼岳 燕岳

 

               風と岩はいいけど雨は…(^。^;)

 

 

 

 

 二日目(8/4) 野口五郎~水晶~雲の平~高天原山荘

 

朝食は5時から。

 

え?(・  _  ・ ;) 雨!

 

昨夜の天気予報はよかったのに(/_;)

 

風も強くて、歩きにくい岩ごろの道とか通って、風と雨で腰も下ろせない。

 

野口五郎岳でも風雨 展望ゼロ!

 

              シコタンソウ

 

 

 

水晶小屋に入ってお湯を注文。

 

ここは小屋が小さいから、ザックを外に置く決まり。

 

でも・・・外って、本降りよ(^。^;)

 

目の中でお荷物の出し入れをすると、ザックの中がびしょ濡れ(;>_<;)

 

 

 もしかして、マイフレさんと岩苔乗越で会えるかも?

 

と、期待したけど会えず、携帯も圏外(/_;)

 

 

 祖父岳(2825m)にも寄って・・・

 

 

毎年のようにこの辺に来ているハイジさんが、こんなに雪が残っているのは初めてだって言うくらい、残雪がある。

 

 

 

 

 

びしょ濡れで雲ノ平へ。

 

                    コバイケイソウ

 

                      イワイチョウ 

 

              真っ白だったガスが少し薄くなって雲の平

 

P8047246

 

 

 

ヒュッテには、行場のないずぶ濡れの登山者がいっぱい。

 

レストランに入るなら、雨具を脱いで、乾燥室に置いてから上がれって。

 

そんな短時間じゃあ乾かないけれど、小屋の中が水浸しになっちゃ困るもんね。

 

レストランに入ると スパゲティー× ラーメン× カレー× 

 

後で聞いたら、今日来る予定のへりが、天候不良で荷物が届いていないんだって( ̄o ̄)

 

焼きそばを食べて、乾燥室から雨具を出して着替えて、出発。

 

 

 

雨は霧雨程度になった。

 

スイス庭園を通って、ギリシャ庭・・・木道以外の登山道は、ほとんど沢状態【><。】

 

滑るし、ドボンしそうで疲れる。 少し登って雲の平ヒュッテ

 

 

              水晶岳が少しだけ見えている

 

P8047249              この辺 登山道は沢状態!

 

 

 樹林の中を激下り。時々小雨。こんなハシゴが4~5回  

 

              ニッコウキスゲとワタスゲ

 

 

キスゲとワタスゲの素敵な草原に、赤い屋根(^v^)

 

 

高天原山荘、きれいになってます。

 

寝場所を確認して、お荷物を置いて、高天原温泉へ。

 

\( ^o^ )/

 

大姉さま~! ちい姉さま~!

 

温泉帰りのお姉さま方とハイタッチ(=●^0^●=)v、

 

 

温泉の奥の竜晶池へ行きたかったけど、また降り出しそうな雲行きで止める(T-T) グスッ

 

露天風呂は白濁の湯。

 

 

P8047270                入ったのはこっち 女湯 

 

 

うぁ~(* ̄∇ ̄*) 気持ちいぃ~ (#´ο`#) はぁ~

 

し・あ・わ・せ ~♪~

 

すでに5人入ってて、全員が1泊くらいかけてこの秘湯に来ている。

 

だから、山談義が楽しい。

 

 

 

 高天原山荘に戻ると、お姉さま方が、お風呂上がりにも飲まずに、待機していてくれた。

 

さぁ、飲めや唄えの大さわぎ("⌒∇⌒")

 

 

高天原山荘の食堂改装工事の大工さんまで交えて、大爆笑の楽しいうたげ( ̄▽ ̄)V 

 

 

 高天原山のお夕食は、お蕎麦もついて、なめこ汁も最高!めっちゃ美味しかったです。

 

 

 

 

お姉さま方は、今日がアルプス3泊目。

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

  三日目(8/5)高天原山荘~真砂岳~湯俣温泉~横浜帰宅

 

 あ~(ー_ー;) 

 

今日も雨(;>_<;)

 

今日は、1000m登って 2000m下るようなルート(;・_・; ・・・・

 

マップタイム14時間 ・・・雨かぁ

 

朝食を頂いて、すぐに出る。

 

二階の窓から、お姉さま方が見送ってくれる。

 

お姉さま方は、今夜は野口五郎小屋泊りですって。

 

稜線歩き、気を付けてねー(´ー`)ノ

 

 

 事前にマイフレさんとかから、竹村新道は、崩壊がひどくて危険だとか、マップタイムじゃ歩けないとか、色々聞かされて、ビビってるんだ。

 

ましてこの雨と風・・・いつもみたいに8掛け計算じゃ、下山できないかな(;´o`)

 

 

 

 横殴りの風で、視界が狭い。

 

おまけに、残雪のところは登山道が分かりずらい。

 

ハイジさんが、雪の穴あきアーチを、後からくるお姉さま方のために、叩き潰してくぐりやすくしてくれた。クルマユリとアカショウマの草原を通って
                              クロクモソウ

 

P8057281

 

ほとんど沢の中を歩くような登山道から、岩苔乗越へ。

 

  昨日と同じで、風雨で休めるところは水晶小屋しかない。

 

( ̄-  ̄ ) ンー じゃ、まだ9時前だけど、カップラーメン食べちゃおうか?

 

隣にいた単独のお嬢さんから「これからどちらに?」って聞かれたらから

 

「湯俣温泉経由で今日下山しちゃうの。で、横浜まで帰るつもり」って言ったら

 

「え?今日下山できるルートがあるんですか?」って・・・

 

かなり健脚そうなので、一緒に行こうかってことになる。

 

 で、また横殴りの風の中を雨具をつけて・・・

 

岩々のルートは、岩が濡れて、突風が吹くとビビる~(;´_`;)

 

ハイジさんはアルプスの少女だから、飛ぶように先に行っちゃって、すぐ見えなくなっちゃうし・・・

 

健脚お嬢さん(34才だって)は、時々かなり遅くなってる。

 

ので、真砂だけ分岐で待って、声かけてあげた。 裏銀座から、真砂岳分岐に入ると、まず、ザレたトラバース。むこうに単独お嬢さんがいるの、分かる?

 

 

これ、もし残雪があったらビビるねー。崩壊地が何度か出てくるけど、よく整備してくれていてありがたい。ホソバトリカブトが咲いている

 

       

 

 一説によると、高瀬ダムを作るのに、この付近の地下水脈を切っちゃったんじゃないかって。だから、高瀬ダムの西側の、船窪岳から不動岳付近や、この真砂岳から湯俣岳付近の崩壊が止まらないって・・・

 

 それから、滑る丸太の梯子が何回か。

 

 

下りは緊張するけど、これを登って来るのもハ―ドだね。

 

他のところになかったテガタチドリやハクサンチドリもあったよ。

 

 

              崩壊地の縁を通る

 

振り向くと一瞬、南真砂岳が見えた。 

 

その左が真砂岳で、その奥左に水晶岳や右に野口五郎がある。見えていないけど。

 

 

 

 

でも、風は相変わらず。

 

ハイマツの背が高めの隙間とかで、ちょっとお水のみ休憩(^。^;)ふぅ

 

 

 ガンガン下った後に湯俣岳(2378,7m)へは、樹林の中をかなり登り返す。

 

これは結構疲れた。

 

 

 

帰宅時間が気になるけど、疲れたから座ってお昼。

 

すると、単独お嬢さんが来たから、一緒にお昼を食べないかって誘う。

 

「私、ずっとマックのポテトが食べたくて・・・」って言うから

 

持っていた揚げせんを、こんな感じ?って出したら大喜びして、いいんですか?って(^v^)

 

              少し下った槍ケ岳の展望台

 

   雲さんどいて~ 槍の穂先が見ないよ! 北鎌尾根はこっちから登るんだよ。

 

 

 

結局、単独お嬢さんとは、高瀬ダムから七倉温泉までのタクシーもご一緒したよ。

 

女性の単独テン泊4泊だって。

 

軽いテントができて、女性のテン泊が増えたねぇ。

 

 

 最後の標高差1000mくらいは、まだかなぁ。飽きたなぁ。

 

って思ったけど、慎重に膝を痛めないよいに、静かにまっすぐ足を下ろしたよ。

 

河原について時計を見たら( ̄o ̄)

 

湯俣岳から湯俣温泉、マップタイム以上?

 

他の場所は7掛けくらいなのに・・・

 

この区間だけ、下りのマップタイム おかしくない?

 

P8057304

 

 

 湯俣温泉で、お風呂に入りたいところだけど・・・

 

 

 まだ平行移動が14キロ残ってるの。

 

標高が下がって、気温は高い(#´ο`#)

 

しかも、後半、登山道から舗装になって、地面が固い!

 

疲れたねぇ~ 飽きたよぉ~。

 

って泣き言を言いながら、頑張って速めに歩く。あら、ヤナギランが咲いている。
              名無 って言うお名前の避難小屋
                 何と、畳のお部屋があるよ!

 

 高瀬ダム 一昨日は、奥の左に登るブナ立尾根を登ったよ。その奥は一昨年歩いた、

 

船窪岳から烏帽岳への稜線。最後のトンネルが長くて辛い!もうちょっとだぁ(^。^;)

 

P8057310

 

 

 

 高瀬ダムには、客待ちのタクシー1台。ありがたい。

 

お嬢さんと相乗りして、七倉温泉へ。

 

 

 汗でべたべただから、さっとお風呂に入って、最終のあずさで帰宅。

 

シメのソフトも頂きました("⌒∇⌒")

 

P8057311

 

 

 

 ドロドロになった雨具やお山道具の片づけと、家の中の片づけをしていたら、日付が変わっちゃった。

 

 

 

 北アルプス縦走 北アルプスのおへその高天原温泉

 

お天気は予想外だったけど、とっても楽しかったよ。

 

別ルートで歩いてきたお姉さま方との再会も、感動的だったよ。

 

 

 あ~(* ̄ー ̄*)

 

お山って、本当にいいですねぇ~!

 

 

 

 ちなみに、初日の累計標高差は登り1800m

 

今日の累積標高差はのぼり1050m 下り1920m

 

二日続きの雨で、登山靴が浸水して、縫てた靴下で歩いたから、ちょっと足の裏が痛いです~(´ー`;)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »