« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月24日 (水)

雁ヶ腹摺山~姥子山~大垈山~セーメーバン

 ケアマネの友人が、23日は休みになったから、火曜会に参加したいって。

 

23日はどこへ行きますかって、3週間前にメールが来た。

 

 

 えー( °o° ) 火曜会はお泊り続きで、予約とか、タイムスケジュールとか、色々あって・・・まだそんなに先は、決めてないよー。

 

 彼女がまだ歩いていないルートで、そう遠くなくて・・・
あ!この日って、休日じゃん!急いでジャンボタクシーを予約。ジャンボって、数が少ないから、週末や休日は、早めに抑えないとね。

 

 

 

 

 2日前に、75才のY姉さまからメール。
お母さまのお具合がよくないから、しばらくお山は休むって。お母様のお年は、102歳。
 幾つになっても、年だからもういい、ってことはありません。ご心配でしょう。
急いで、ジャンボタクシーの予約を普通車に変更。

 

 

 

 

 1時間で登れちゃう。
だから、ここって結構人が多いんだ。
おまけに今日は休日。若者グループもいたよ。
でもね、ほんとんどの人は、ピストンで戻っちゃう。
中には、姥子までピストンする人もいる。
楢木尾根から東への縦走は、かなりの藪部分があって
めったに人に会わないし、私たちみたいにセーメーバンまで縦走する人も、あまり見ないね。

 

 

 

 

 500円札の富士山って・・・覚えてる?
山また山の向こうの富士山 その写真を撮った山なんだけど、残念ながら今日は霞んで、遠くは見えない。

 

 山頂は混んでいるので、お彼岸のおはぎを出して、食べて頂いて、すぐ南東へ。

 

 

山頂にはこんなのと

 

P9238807_2

 

 

 

こんなのが

 


今日の実際はこんな

 


 

 

 

 林道へ出て、少し歩いて分岐を左へ。

 

 

 

 


 

 

 

富岳十二景の姥子山(1503m)

 

 

 

ここは、双耳峰になっていて、東のピークが眺めがいいの。岩峰で、尾根の先に大月の街よ。
ちょっと早いけど、ここでランチね。

 

 

 

 

ここは、眺めのいい場所なんだけど・・・
( ̄~ ̄;)ウーン・・・残念。
さっきの分岐まで戻って南へ。

 

 林道へ出て

 

 

百閒干場から、また山道へ。
ここって・・・何を干したんだろう?(・・?)

 

 

 

 

 金山峠から、大垈山(1177m)へ。
ここに、素敵な方がいらっしゃるの。
樹齢300年の白ブナ様の巨木。
300年っって言えば、幼いころに、ここから富士山宝永火口の大噴火を見たかも?
ここへ来ると、いつも抱き付いて、エナジーを分けて頂く。
OO百選とかには選ばれなくても、お山には、素敵な巨木さまがたくさんいらっしゃるのよね。

 

 

P9238860

 

 

 

 

 

 時々見える鉄塔を確認しながら、南東への尾根を歩くと、清明盤(1006,2m)って言う、樹林の中の高みに着く。

 

 

 

 

 なんで、京の都から遠く離れてその名前?って思うでしょ?
 ここ、娘が中二の時に、安倍の清明にはまって、お友達とママと、来たことがあるんだ。そのころ調べたら、この辺、金鉱があって、都の陰陽寮(今の科学調査所みたいなところ?)の調査が来たんじゃないかって。
清明さまのところから人が来て、盤を見て調べてった。
だから清明盤・・・そんな話をどこかで読んだ。
近くの地名にも、金山 金山峠なんてところがあるもんね。

 

 

 

 

 そのままアップダウンで南下して、岩殿山から大月にも出られるんだけど・・・

 

 今日は、桜沢峠から西へ。トラバース道が崩れて、最後のここが一番緊張したよ。

 

 

 

ガガッと下りると、二軒のひなびた温泉宿があるの。

 

 そこから車道20分で、遅能戸(オソノウト)のバス停。このすぐ近くにマイフレさんがいて、今日はお誘いしたけど、お墓参りだって。

 

 

 

 

  そこまで行くと、バスの時間を過ぎちゃうし、タクシー呼んじゃいました。

 

 

 

 

 大月駅前で、生ビールとラーメンとおごって頂いて(* ̄∇ ̄*)

 

今日も楽しいお山でした。

 

 

b累計標高差は登りが500mで 下りは何と! 1500m 

 

今日は、登山じゃなくて下山だね。 

2014年9月21日 (日)

茂来山

お気に入りの山小屋、やまびこ荘(八ヶ岳の夏沢峠)から、よく見える山がある。

 

茂来山(1717、m) 
皇太子さまが18才くらいの時に、荒船山に登って、そこからよく見えるかっこいい山を、
「あれはどこですか?あれに登りたいです」
って言って、ほんとうに登っちゃったって言うエピソードがあるのよ。

 

 

  私はそのころ、長男を産んだ直後くらい。
あんまり山に行けなくて、ニュースで聞いて、皇太子さま、行きたいお山へ行けていいなぁ、って思ってた。

 

 

 

 

 もらいさん ってお名前にちなんで、昔から、嫁をもらいたい、婿をもらいたい人は、登ったんですって。

 

 

 

 

 R299から、茂来登山口⇒ に導かれて、霧久保登山口へ。
ダートを1キロくらい?走ると、霧久保登山口。

 

 信州百名山ですって。

 

 

 

 

 林道を5分ほど歩くと 暗い登山道入り口。

 

 

 

最初は沢を右に見ながら進むなだらかなコース。
見上げると、カラマツが混じる雑木林。
おや( °o° ) なんか白いものがチラチラ・・・
シロバナトリカブトだ!
しかもあちこちに群生している(ノ°ο°)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

P9208683

 

 

 

撮りながら歩いていると・・・

 

 

 

 

 実は、このルートに、会いたいお方がいらっしゃるの。
こぶ太郎さまは、おんとし250歳
大王様に至っては、もっと古いってことしか分からない。

 

  まず、巨木100選に選ばれたこぶ太郎さま。
ご立派なトチの木です。

 

 

P9208692

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹幹は、そんなに巨大じゃないけど、コブコブが何とも存在感がある。
立派な説明板もあります。

 

 

 

 

シロバナトリカブトの群生地に勘当しながら登ると

 

 

P9208695

 

 

 

 

 

 

 

P9208698

 

 

 

 

 

 

 

P9208699

 

 

 

次に大王トチの木さま。
こちらは・・・( ° ° ; )

 

こちらの方がご立派なのに、何の説明も、お名前も付いていない。

 

巨木百選じゃないから?(・・?)

 

 

 

 

石がゴロゴロで滑る急登になって、白樺とダケカンバが目立ってきた。
尾根に出て、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとだけ急な道を登ると、上が見える。
あ!( °o° )
なんだ、もう山頂かぁ。

 

 

 \(^o^)/ わー
 気持のいい山頂!
八ヶ岳は、頭を雲に隠してどーん!

 

 

 

 

 

その左には南アルプスが鋸から白根三山まで。

 

 

 

北は浅間山が近いのに雲で隠れて、まずめに飛び込んでくるのが、船のへさきのように切れ落ちた、平になった荒船山。

 

その後ろに重なって、ギザギザな妙義山の上に・・・赤城山? 榛名山?
右に四つ又と鹿岳。
その右は赤久縄山一番右には西御荷鉾山
南東方向に両神山がギザギザに、案外近くて、おどろき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲が3層になってるなって眺めていたら、下の雲から、北アルプスが頭を出しているのが見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地元の方が登って来て、北アルプスは車で2時間ですからね。
近いですよ。って言っていた。

 

 

 

 

 もっとお空が青い時に、また来たいなぁ。
でも・・・家からは遠いなぁ。

 

 

 

 

 

 とっても気持ちのいいお山よ。
素晴らしい眺めよ!

 

長野や群馬の人は、ぜひ行ってみて。

2014年9月18日 (木)

杣添尾根~赤岳展望荘~阿弥陀岳~御小屋山

 今年のお姉さま方の合同お誕生会、どこでしましょうか?

 

去年は北横ヒョッテで馬肉鍋 

 

 

 

 

一昨年は甲武信小屋で、小屋番さんがお祝いに、特別料理を出してくれたっけ。

 

 

 

 

 

 私が赤岳へ行った時、大姉さまが「私が赤岳に登った時は、ガスって真っ白だったわ」って言ってたの。
赤岳山頂からの、山座同定のガイドブックを持って行ったのにって。
じゃ、赤岳へ登りましょうか? Pちゃんはまだ登っていないし。

 

 

 さて、お姉さま方は、八ヶ岳のあらかたの登山道は歩いている。
じゃ、杣添尾根は歩いています?
私と一緒に歩くまで、ツアー登山が多かったお姉さま方は、マイナーなルートはあんまり歩いてらっしゃらない。
高尾周辺は別にして。

 

 

 

 

 

 前置きが長くなったね。
特急あずさで集合して、JR最高地点の駅野辺山から、海ノ口自然の郷って言う別荘地へ。
登山口の駐車場より、ちょっと上まで車で行ける。
駐車場はないけど、タクシーだから問題ないね。東屋のある広場から、杣添尾根の登山道が始まる。
歩き出しが11時。 すぐにランチタイム

 

 

 

 

なかなかの急勾配で、主稜線の三叉峰直下で「ちょっと頭が痛いような気がするわ」って。

 

 

 

右へ10分で横岳のとこ。
でも、私たちは左へ。

 

 

(ノ°ο°)ノ オオオオ
カモシカ! 

 

 

 

 

 

なんと、カモシカが、ずっとずっと、私たちを見ているの( ° ° ; )
心配?

 

 

3週間前に咲きたてだったミヤマアケボノソウは、しっかり花を閉じている。

 

 

P9168514

 

 

 

 鎖場を経て、赤岳展望荘へ到着。今日はここでお泊り。
モンベルカードで500円割引ですよ。
もちろん、展望個室の12000円。
3人部屋は、変則3ベッドで、荷物スペースもあり、二人部屋は、お布団ぎちぎち。
6人だと、二人部屋3つよりは3人部屋の方が、荷物スペースが取れていいよ。
コーヒー好きの私としちゃ、ここの、コーヒーが飲み放題、ってのが魅力なのよね。
到着順にカップを渡され、そのカップの色が、食事の回数を分ける色。
今日はお泊りが少なくて、2回目だって。

 

 登りの累積標高差は1100m!
お姉さま方、今日もよく頑張りました。
って言うか、先週しっかり歩いているから、今日も歩けるんだよね(^v^)

 

 夕食はバイキングだから、少しずつ入れ替えで呼ばれるの。
週末なんかは、お漬物とかしか残らないって言う惨劇も起こるらしいけど、平日はそんなことはない。 鶏肉たっぷりのシチューに、具だくさんのトン汁に炊き込みご飯。
おかずも色々で迷っちゃうよぉ。

 

 

 

 

それから、個室棟の談話室へ移動して・・・

 

 今日は、フルボトルのワインと、アップルパイを背負って来たのよ。
アップルパイは、先週小淵沢で買ったの。
おリンゴが多目で美味しい、八ヶ岳高原特産品なのよ。

 

 談話室にいらした他のお客様に、最初に「うるさくなります。ごめんなさい」って謝って、お菓子を配っておいたよ。
79歳と73歳のお誕生祝いだって言ったら、笑って祝福してくれた(*^_^*)v

 

 

P9168528

 

 

 

ちょっとしゃべっていたら・・・お風呂の時間だ!
ここはお山の上なのに、お風呂があるの。
うあぁ~(*^O^*) ふぅぅぅ~
気持ちがいいねぇ。
涼しくなったとはいえ、まだ登りは、しっかり汗をかいたから。

 

 

 

 

 

 

 翌日の朝食もバイキング。
コーヒーを3杯も頂いて、出発。

 

まずは、ちゃちゃっと赤岳へ(2899,2m)

 

 

P9178574

 

 

 

 

 

 

\( ^o^ )/
これ以上ないアルプスの眺め!

 

 

 

東天狗と西天狗の間に妙高・火打

 

 

 

 

北アルプスは端から端まで

 

 

 

 

P9178621

 

 

 

中央アルプスに

 

 

 

 

 

乗鞍

 

 

 

御嶽山

 

 

 

 

ガガッと下って、ハシゴに鎖 

 

 

P9178593

 

 

 

文三郎分岐から、中岳へ。

 

 

 

登って下って、今度は阿弥陀へ登り返し。
これは、見た目が結構きつい。
でも案外しっかりした足がかりがあって、登りやすいよ。

 

 

 

 

P9178612

 

 


 

 

 

 

 

P9178620

 

 

 

 さ、問題はここから。
お姉さま方がお怪我なさらない様に、この急斜面を下りて頂かなきゃ。
実はね、バリの阿弥陀中央稜とかより、ここの下山が曲者 だと私は思う。

 

 

P9178625

 

 

 

 

 

ありがたいことに、トラロープがあるから、しっかり使って頂いて・・・
「石を落とさない様にねー」
文三郎は鎖がついてけど、こちらは何もない。
歩く人が少ないからね。

 

 

  でも、ベテランのお姉さま方、スルスルと下りてきます。
はい、ザレ場は終わり。
斜度も緩んで、ここからはちょっと長いよー。
おしゃべりの花を咲かせましょ。

 

 

 松茸山だから、卒塔婆のような木の札が林立する道を、別荘街へ下山。

 

 

御小屋山の三等三角点

 

 

 

くねくねと、案内に導かれて曲がると美濃戸口。
お姉さまにソフトをおごって頂きました。

 

 

 

 

( ̄¬ ̄*) 美味し~い ♪

 

 

 

K姉さま、来年は80歳のお誕生会ですね。
どこで致しましょう?

 

考える楽しみが増えますねー(*'‐'*)ウフフフ♪

須走口から富士山

 去年は9月7日に、富士宮口から日帰りで富士山に登った。いわゆるプリンスルート。これは標高差が数なくてわりに楽なルート。
 富士吉田口からは3回登ったけど、須走口からは、登ったことがない。

 

 

 

 火曜日に、ちょっとだけ登ってみようと思っていたら、予定していた帰りのバスがなくて、慌てて五合目で帰った。
7合目近くまで樹林だって言うし、ちょっと歩いてみたいなぁ。

 

 

 

 

 夜中に家を出て、
雲のはざまに朝日が見えて、雲海が幻想的。

 

 

P9140023

 

 

 

 須走口は、繰り返しダケカンバやミヤマハンノキの樹林の中に入るの。まだ、トウヒレンやトモエシオガマも、ミヤマアキノキリンソウも咲いているよ。

 

 そうそう!二日の火曜日に歩いた時は、まだ色がきれいだったムラサキモメンヅル(°∇°;) !!霜がついてたよ。

 

 

P9140026

 

 

 

地面も白くって、富士山はもう冬支度だねぇ。有明の月がきれいだよ。

 

 

P9140024

 

 

 

  江戸屋さんで吉田口と合流。

 

 

 

この辺から、御来光をを見て、お鉢巡りをした人?が、次々に下りてきて、登り優先なんて誰も言わないから、待つのがなかなか大変。
若い子と、外国の方が実に多い。

 

 この江戸屋さん辺り、ちょっと分かりにくいから、よく迷子が出るんだよ。ツアーで来て、富士吉田口五合目で再集合なのに、須走口に降りちゃったって話を、たまに聞きます。それで、3年くらい前から、案内板が増えた。その上、日本語、英語、中国語、ハングルで、拡声器が、のべつ説明しています。

 

 

 

 

 標高が上がって、高所障害が出ると面倒だから、ゆっくりゆっくり登る。登山道には、もうだめ~ って感じに
寝そべっている人、座り込んでいる人、多数。

 

 お鉢の久須志神社へお参り。

 

 

 

時計を見ると・・・9時かぁ。
うん。これならお鉢巡りしても、渋滞に巻き込ませないで帰れるかな。

 

 

 

 

P9140050

 

 

 

富士山山頂には、剣ヶ峰を含めて8つのピークがあるの
八神峰(はっしんぽう)って言われて、昔はこの八つの峰を巡っていたから「お八巡り」って呼ばれるようになったんだって。それがいつしか「お鉢巡り」

 

 火口はお釜って呼ばれるのに、お釜巡りじゃないんだね("⌒∇⌒") キャハハ

 

 反時計回りで、剣ヶ峰(3775,6m)へ行くと・・・。
(°∇°;) !! 記念写真渋滞。

 

 

 

はい、私も並んで撮りました("⌒∇⌒")

 

 

 

 

P9140074

 

 

 

ここからの下りが、滑るんだよねー。
みんな結構、滑って転んでる~(^。^;)
  三島岳~駒ヶ岳~成就岳~伊豆岳~大日岳 のそばを廻って、11時。

 

 今は白山岳ほか、ほとんどのピークは登れないから、お八巡りじゃなくて、お二(久須志岳と剣ヶ峰)巡り

 

 

 

 

 

 

 さて、このルートのいいところは下山(^ー^* )
砂走って、面白いほど走れるのねー。
それも、膝にあんまり負担をかけずに、ズズズ―ッと降りられる。『3歩進んで2歩下がる』じゃなくて『1歩進むと3歩分下がる』って感じ。

 

 

 

8合目から、2時間弱で5合目!
(ノ°ο°)ノ オオオオ 
こりゃ楽しいわ(^0^*

 

 でも、途中で股関節が疲れて、ストレッチ!
思ったより早く降りれたから、五合目でお昼。
 またまたキノコうどんを頂いて・・・

 

 

 

2週続けてくる客は少ないでしょうね。

 

 今日は、先週買えなかった溶岩チョコを、孫にお土産!
(^ー^* )

 

 
 

 

 

 

累積標高差1900m 
マップタイム11時間50分の、日帰り富士登山でした。

 

大勢が登る富士山は、マップタイムが甘いねぇ。

 

 

 

青空が見られて気持ちがよかったよ~♪~(*^_^*)

2014年9月10日 (水)

西岳~編笠岳

 富士見高原ゴルフ場の奥の西岳登山口、の奥のダートの道まで、タクシーに入って貰っちゃう。

 

振り向くと鋸岳と甲斐駒

 

 

 

P9098349
 さあ、今日は日帰りで、西岳から編笠。 最初に、ゆっくり歩かないとね。最高齢78歳のお姉さま方が、後で足に来たら困るし。 累計標高差が1200mくらいはあるから、70代のお姉さま方にとっては、かなりハードだと思う。
って言うか…70代でこれだけ歩ける女性って、そんじょそこらにはいないよね(*^▽^*)

 

 

 

               ウメモドキが、もう実になってる

 

               クサボタン
P9098365               ミヤマモジズリ
P9098384               ホタルサイコ
P9098386

 

 


 樹林の中を登って、展望もないからおしゃべりに専念    ("⌒∇⌒")

 

 


 


山頂のちょっと下で、やっと南アルプスの展望が!

 


 西岳山頂(2398m)は、7月に来た時はタカネイバラが満開だった。今、マツムシソウが満開(^v^)
秋になったねぇ。
クジャクチョウがマツムシソウに止まってる。

 

 

P9098407

 

 


皆さん 初登頂おめでとうございます(*^▽^*)v 

 

 

 

                  山頂からは ノロシバと権現がきれい

 


 


 
 樹林の中の水平移動で、水場 乙女の水 冷たくて美味しい  セリバシオガマがまだ咲いている

 

 

 

 

 (^v^) そこからすぐに青年小屋。

 

 


 


ここで、本日のお昼はラーメン!
美味しかったよぉー(^ー^* )

 じゃ、ゆっくりと、頑張って登りましょう!

 

 


 


ゴロゴロの大岩を登って、編笠山頂(2523,7m)

 

 

P9098440

 

 


ここまでほとんど人に会わなかったのに、さすが人気の編笠。 たくさんの人が休んでいますねえ。
岩の隙間から…ネズミ?がチョロッと( °o° )
こんなところに生きているんだ。

 編笠は、PちゃんとAちゃんの二人が、初登頂!
2座登頂 おめでとう\(^0^)/

 岩がゴロゴロする、少し歩きにくい登山道。
ハシゴが1ヶ所あるよ。
押出川からは、歩きやすくなって、お姉さま方は、マップタイムを上回るご健脚! タクシーを予約した14時45分
3分前に、観音平(1580m)へ到着。

 

 

 

 



 マップタイムで計算した、私のスケジュールに、すべてのポイントで誤差が5分以内!!!(ノ°ο°)ノ オオオオ
素晴らしい、お姉さま方の脚力に感心。

 私も頑張れば、あと20年は、アルプスや八つを、マップタイムで歩けるかな? 健康に気を付けて、これからも長~くお山を楽しみたいなぁ(^v^)

 お姉さま方、日帰り7時間 累積標高差登り1250m 
お疲れ様でした(/・0・)

2014年9月 1日 (月)

燕岳~大天井

  燕岳の登山口、中房温泉には、新宿から直通の夜行バスが出ている。バスで眠れる人なら、これが安くて便利なんだ。でも、私は乗り物では眠れない。あずさ1号で行くと、登り初めがお昼近くになっちゃうなぁ。

 

 

 

 北アルプス三大急登 って言われる合戦尾根。
ブナ立尾根や赤岩尾根も、どれも、若い頃に歩いた時の記憶は…ない【><。】
美しかった、稜線からの眺めとか、小屋でしゃべったこととかしか、覚えていないの。

 

 三大急登って言われるってことは、それだけみんなが登って有名ってこと。だから、登山道はよく整備されていた。

 

 

 

 

 

 

 今年の北アルプス、きれいな青空だった日は、いくらもないみたい。 みんな、雨や台風で、夏のスケジュールが変更に次ぐ変更だったよね(^。^;)
今日も・・・霧一時雨予報(/_;) 降られなきゃいいなぁ。

 

 こんなガスったお天気でも、人気の尾根は人が多い。
ごぼう抜きにして、燕山荘で、宿泊手続き。お布団の割り当てを頂いて・・・三畳に三枚のお布団の上に4枚の寝袋風の布団。一人一枚で、「後ほど、最終宿泊者が多ければおつめ頂きます」だって(´ヘ`;) 。最大3畳に6人かな。

 

 

 

 

 8月最後の土曜日 燕山荘は、相当混みあうだろうな、って覚悟してました(;・_・; ・・・・
さて、こんなお天気でも、駆け込み登山者は多いかな?

 

 

 

 

 夕食までに、まだ間がある。ちょっとガスが切れてきたし・・・今のうちに燕岳に登っちゃお~♪ 燕岳山頂(2762,9m) 時々ふわっと雲に穴が開きます。
こういう幻想的なのも、結構好き~("⌒∇⌒")

 

 

 

 みんなが撮るような、イルカの向こうの槍ケ岳 は、撮れなかった。ので、イルカの調教写真を撮ってみた("⌒∇⌒") キャハ

 

 

 

 

P8308031

 

 

 

P8308041

 

 

 

 夕食中にも、どんどん登山者が登って来た。
でも、最終的に、狭い寝袋風のお布団 一人一枚!
これは、土曜日の山小屋では、ましな方だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌朝・・・ε= (*^o^*) 良かった。降ってない。

 

今年のアルプスは、予報に反して朝から雨 が多かったから、  ほっ ε= (*^o^*)
朝食は、一回目が4時45分から。
鮭がふっくら。お味噌汁が美味しい!

 

 

 

 

 表銀座を歩くのは、35年ぶり。あたしゃ幾つだね?
(^。^;)

 

 

P8318098

 

 

 

 

 

 槍を見ながらの稜線・・・には、ならなかったけど、真っ白な雲の中に、時々窓が開いて、ふわっと裏銀座が見えたりする。気持ちのいい尾根歩き(^ー^* )

 

 

 

 

 大天井岳(2922m)へ登って、

 

 

P8318118

 

 

 

 

 

帰路で雷鳥親子に遭遇。雛がもう大きい。近づいても全然逃げなくて、手乗り雷鳥写真を撮ってもらう!

 

 

 

 

P8318171

 

 

 

P8318172

 

 

 

 なんと、そこで!(*^▽^*) ちい姉さまと会えた!

 

「( °o° ) ど・どうしたの?」

 

「Pちゃんの代わりに、途中まで来てみたの(^v^)ノ」

 

Pちゃんからの伝言と、私から、ワインとおつまみの差し入れ(*'‐'*)  

 

とってもPちゃんを心配していた。
 今夜は、大天荘にお泊りだって。

 

 

  「槍のてっぺんで、展望がありますように、祈っています。再来週の火曜日は、一緒に歩きましょうねー(^0^)ノ」

 

 ちい姉さまは、今週の火曜日か水曜日に、槍から帰宅するようです。
 
 Pちゃん 早く元気になあれ!!!
 

 

 

 

 

 

 

 今日はマップタイム9時間 累積標高差 下降1920m 
でも、朝食後すぐに歩き出したから、1時に下山できたよ。

 

 

 

 

 夕飯作らなくちゃだし、明後日もお山だしね(^ー^* )

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »