« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

オロセ尾根~スズ坂の丸~人形山~一石神社

 山友二人が、ずっと前から人形山へ行きたいって言っていた。
火曜会と日曜会とで、春と秋と、3回続けて歩いたし・・・
どこから登ろうか?

 

 八丁橋まで、ジャンボタクシーで行けば、歩くのが楽だな。って考えてた。

 

 

  鹿島槍や一切経山、泊りのダンスツアーやらで、めっちゃ忙しくて・・・
そうだ! ジャンボは数が少ないだろうから、早めにタクシーの予約! 

 

 と電話したら(;-・。・-;)
ジャンボはありませんって(^o^; ほえ~  しかも!平日はタクシー1台しか、動いていませんって(;>_<;)

 

 えー 

 

 奥多摩駅から八丁橋まで40分。
1台で往復は、できない距離。
ど・どうしよう・・・【><。】

 

 

 

 平日で、登山に使える時間のバスは、8時10分のみ。

 

お姉さま方とマイフレさんに 『朝 すごく早くなっちゃってごめんなさい(゜゜;)バスで行きます。林道を1時間歩きます』 と メール。
 
 

 

 

 朝、山友の一人からドタキャンメール(゜o゜) お寝坊だって(ノ°ο°)ノ

 

昨夜彼女から「人数は何人ですか」ってメールが来ていたから、きっとみんなに、何か持って来てくれるつもりだったんだと思う。
(・  _  ・ ;) あららぁ~ かわいそうに!
この最高のお天気に、さぞ来たかったでしょうに!
私も、ハロウィンかぼちゃのちっちゃい籠に、お菓子入れたのを、渡そうと思って持ってきたんだよ。残念だったねぇ。

 

 

 バスはぎゅうぎゅうで出発。火曜会はさっさと座って待っていたからいいけど、同じ電車でのんびりぶらぶら「ねー、先にトイレに行く?」なんて言ってるグループがぞろぞろと・・・ドアがなかなか閉められないほど。カーブが多いから、立っているのは大変。川苔橋で半分くらいが下りた。川苔、人気だね。

 

 

 

 

 

 

 バスの終点、鍾乳洞から、まずは林道歩き40分で、車は通行止めの八丁橋。

 

 

フサザクラの種が面白い。廻りの山の紅葉がきれい!

 

 

 

 

 

 

 シュウブンソウやダイモンジソウがまだ咲いている。

 

 

 

 

 

 

ここから、また林道を30分。
林道の法面に、梯子のような踏み板が付いている場所がある。ここから、オロセ尾根へ取り付く。

 

 

 

 

 

 しばらくは、急斜面にジグザグに踏み跡がある。この踏み跡が、標高1200m辺りで、上に登らず平行移動になるの。 この看板のとこ。

 

 

 

 

 

 その辺で、踏み跡を離れて、とにかく上へ、上へ。
 分厚く積もった落ち葉で、足元がズズーっと滑る。
つかまる木が少ない急斜面なんだ。

 

 火曜会のお姉さま方は、こんな急斜面も慣れているけど、でも気を付けてね。落ち葉で大怪我はしなくても、転がったら、捻挫くらいはしちゃうかも。
「滑ったりしてバランスを崩したら、膝入れて低くなってね。突っ立つと、ゴロゴロ下まで行っちゃうからね~」

 

 

 お姉さま方 ゼーハー言いながらよじ登って(´ー`;)
途中、尾根のゆるんだところで、あまりの美しさに携帯で紅葉を撮る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はい、ドンピシャで、スズ坂の丸山頂(1456m)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつも、急斜面だと息切れして失速する、75歳のお姉さまも、今日はよく頑張りました。ほぼマップタイムくらいです。と言っても、バリルートだから、マップに道も時間も、書いていないけどね。
 
 この辺りの木は、落葉しているのも多い。
じゃ、金袋山まで下りて、ランチにしましょう。

 

 

 

 

 おぉ~♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
一面の黄葉と紅葉で、尾根が、辺りが、明る~い。

 

 

Pa280005

 

 

 

ここは、踏み跡通りに歩くと、山頂をスルーしちゃう。
ので、一番高いところを目指して歩いていると、金袋山
(1325m) 

 

 

 

 

 

見上げると素晴らしい紅葉。

 

 

 

 

 

 の下で、ランチバイキング~♪~ (*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 人形山の下で、3年前に折れちゃった、ミズナラの巨木を見て、みんなでお祈り。

 

 

 

 

 

Pa280016

 

 

 

 

 

 

ここへ来ると毎回やるんだ。
ちゃんと蘖(ひこばえ)が、出ていたよ。
みんな、頑張るんだよー(´ー`)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 人形山で、ここが3回目のお姉さま方に、「一石神社はどっちだー」って聞いたら、揃って90度 間違えちゃった。
確かに、東尾根の方がはっきりしているのよね。
でも、大震災後の崩落で、そちらは車道が、車も人も通行止め【><。】

 

 

 モミジが鮮やかな一石山経由で下山しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤドリギの実が落ちてたよ

 

 

Pa280034

 

 

 

最後は急降下

 

 

 

 

 

バスの時間ギリギリだと思っていたのに、余裕じゃん!("⌒∇⌒")

 

 

 お土産屋さんで、コーヒーをごちそうになりました。

 

 時間があるから、しっかりストレッチしてバスへ。

 

 

 

 

 奥多摩は、山へ行くのにタクシーを利用したい人も多いと思うのに、ジャンボ無しの、平日稼働1台って・・・
いつも6人で歩いている火曜会にとっては、使えないなぁ【T_T】

 

 

 

 

 今日は、最高に美しい青空に 最高に美しい紅葉!
毎年来てもいいねぇ。

 

大好きな人形山 でした。(^ー^* )

2014年10月27日 (月)

曽倉西尾根~扇山~百蔵山~コタラ山西尾根

 日曜日の山友の、山梨百名山のお祝いとお誕生会 どこにしようかな?
時間がたっぷりとれて、お嬢さん方が歩いていないルート・・・ってことで、猿橋からバスで浅川公民館へ。

 

 この辺はバスの自由乗降区間「二股の先の、道が左カーブの先で降りたいんですが・・・」って言ったら、運転手
さんが「どこ登るの?権現や扇なら、終点だよ」
「いえ この先のお墓のところから登るの」って。
運転手さん、お墓の位置まで、よく知ってたよ(^v^)

 

 


 


ここは、お姉さま方とも歩いけど、ちょっと藪尾根。
入口にアケボノソウが咲いていて、お嬢さんたち二人はお初だって!よかったねぇ。

 

Pa269870

 

 


 お社の後ろから登るんだけど、木の枝もうるさい。
踏み跡もあんまり見えない。
でも、この尾根でいいんです(^ー^* )

 

 


 


こう言う、踏み跡が分からないルートは、登りだと気が楽。
だって、高い方へ高い方へよじ登れば、ちゃんと山頂へ着くもん("⌒∇⌒")

 

 

 

ホコリタケヤムラサキシメジがまだ出てる

 

 

 途中、踏み跡がしっかり見えだして、その踏み跡が尾根を右に巻いて行く。これで行くと、曽倉山はスルーしちゃうから、あくまでも尾根を歩く。
尾根の高まりが、曽倉山(940m) 2年前に来た時に、何にもないから付けたプラ板の山名

 

 

 

Pa269882

 

 

 

ここからは、権現山からの一般登山道。と行っても歩く人は少なめ。最後の急登辺りは紅葉がきれい(^ー^* )

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと登れば扇山(1138m)

 

 


 ここはねー、男女大学生20人くらいで、山頂でハンカチ落としをした、思い出の場所。私、大学の時に、筝曲部の渉外だったの。学生課に頼まれて、慶応の男子学生との合同コンパ依頼を、じゃ、合同ハイキングでいいですか?
って・・・ 合ハイ (;-・。・-;)なんて懐かしい響き("⌒∇⌒")
火曜会のお姉さま方と、初めて野点をしたのもここだったな。
中央線の駅から歩けるから、企画しやすいのよね。

 山頂には、三々五々人が。珍しく相模湖と南高尾山稜がくっきり。

 

 

 


でも、まだ10時半だから、百蔵まで行っちゃいますか。
ちょっとおやつを食べて休んで・・・一般登山道って、次々に人に会うのねぇ!今日はハイキング日和かな。

               ツリバナ

 

 

 


 ちょうど、お昼の鐘が鳴るころ、百蔵山頂(1003,4m)

 

 


 


ここで、山梨百名山完登 おめでとう!
それと、お誕生日おめでとう!
まだ40代だね~ これからもいっぱいお山を登れるねー。

 

 ちょっと戻って、左の藪に突っ込むと、すぐの高みがコタラ山。ここの山名板は、クマさん形。 
これ、御坂の金堀山についているのと同じ人だと思う。
マイナーな山に、お名前ありがとう(/・0・) 

 

 さて、登りは楽なバリエーション。
下りは、支尾根に誘われたりして迷うのよね。
この尾根は、途中で角度が変わるし。

 って思って、気を付けて歩いたんだけど・・・
尾根が北から東に変わるところで、「ここへ戻るかも知れないよ」と言いつつ下りて・・・やっぱ違うわ。ごめん!(゜゜;)
で、30m登り返して、西の尾根へ。途中明るい自然林もある。でも枝がうるさい藪が多い。ここで、猪の親子に会った。最初お尻を見た時は、子熊かと思っちゃったよ。

 

 

 


以前歩いて見覚えのある、新しい植林地もあって、踏み跡もあって、楽々下りていたのに・・・その踏み跡が、尾根端へまっすぐじゃなく、ジグザグに南西へ降りている。
「この踏み跡で、降りてみていい?」
って、道の痕跡を歩いていたら、途中からどんどん踏み跡が薄くなって来たと思ったら、植林地で・・・
あ~あ 道の痕跡がなくなっちゃった(;-_-) =3
きっと、昔はお仕事の人が歩いたのに、道が自然に返っちゃったのね~。
 
 植林地の急斜面をずるずる降りて、行きたい方向へトラバース気味に下りたら沢へ出た。この沢から畑へ出られるよ。
荒れた小沢を4回ほど渡渉。

 

 

 

 

 

パラパラ小雨が降って来た。
で、見覚えのある畑に出た。

 

 


 あ~あ(;>_<;) 、下山でこの尾根を使ったのは二回目だけど、降りるたびに違う所に出ちゃうよぉ(;>_<;)
結局、地形図の破線は廃道で、前回お姉さま方と無理矢理取り付いた尾根端が、一番早く安全なルートだね、
 
 ちょっと迷ったり、薮が出てきて悩む、緊張とお楽しみが、バリエーションよね。と自分に言い訳(´ー`;)

 雨は本降りにならず、すぐに止んで助かったぁ(*^_^*)

 今日も楽しいバリでした("⌒∇⌒")

2014年10月23日 (木)

蛾ヶ岳~大平山~八坂釈迦ヶ岳

 ダンスで一週抜けた後だし、お姉さま方と、普段行きにくいお山へ行きたいなぁ。・・・と思ってあれこれ地図を見ていた。
そう言えば、火曜会で蛾ヶ岳へ行ったことがないな。って気が付いた。でも、ここは交通の便が・・・うーん "( ' ' ;)

 

 で、甲府の山友さ~ん(^/□\^)
ご親切で生真面目で、7人乗れる山友さんのお車 
お願いしちゃいました。   甲府駅で拾って頂いて、四尾連湖のほとりで下して頂きます。
行ってきまーす(´ー`)ノ

 

 蛾ヶ岳への広い登山道を登り。
樹林の間から陽が射すと、スポットライトのように光が伸びてきれい!

 

 

Pa219724

 

 


               真ん中のとがったのが 御坂釈迦ヶ岳かな
Pa219730

 

 


                時々射す陽の光の乱舞が幻想的
Pa219731

 

 


 


ここは、Pちゃん以外のお姉さま方は、歩いていらしゃる。
でも、大姉さま以外は、縦走はしていない。

 登山道は、樹林の中の幅広い道。途中からお山を巻いて、西方峠ってところから登るんだ。
蛾ヶ岳山頂(1279,9m) 真っ白だぁ(;´o`)

 

 


 

 


 晴れていたら、白根三山がドーンと見えて、反対側に富士山がきれいなのにな。今日は、降られないだけで良しとしましょう。じゃ、先、行きましょうか。
 
 マイフレさんが、車を回して逆から登って来てくれるの。
だから、滅多にできない縦走ができちゃう(^v^)

 

 

                    滑る急降下と急登 ぬかるんでいるから余計に(;´o`)

 

 

 

 

東へ1時間で登山道は右に高みを巻く。巻いた南が折門峠で、ここから、尾根を北へ登ると大平山(1188,3m)

 

 

Pa219760

 

ここが、木が切ってあって、とっても気持ちのいい場所なの。で、山友さんと、ここでお昼にしましょう ってお約束していた。 山友さんは、車を八坂峠近くの林道へ回して置いて、尾根へ駆け上って、こちらへ向かって来てくれた。
藪の中から出てきたよ。山頂で、みんなでランチ(^ー^* )

 

 


 



(ノ°ο°)ノ オオオオ
富士山の笠雲が、どんどん大きくなって見事。

 

 

Pa219770

 

 


左にもう二つ 笠雲がある。
「あれは、笠雲が移動したのかな?」って言ったら
大姉さまが「あれは予備」だって("⌒∇⌒")
笠雲の・・・予備?(^・^;) ??

 

 

Pa219766

 

 



                   山頂から東へ藪に突入

 

 

 

 

 

 

 そこから10分ほど下ると地蔵峠。
栂ノ峠って言う案内板がある。
ここも気持ちのいい場所。栂の大木が存在感がある。

 

 


 



 この先、ちょっと地形が複雑なの。
地形図では、南側の下に破線が書かれているけど、実際の登山道は、尾根上にある。

 この辺りって、富士山のエアリアマップの左上。
ちょうど、[山と高原地図 富士山] って書いてある部分で、この地域が消されちゃってるんだよね。
だから、登山道も時間も分からないよ(^。^;)
国土地理院の地形図頼り。それなのに、地形図破線は、実際は、踏み跡もない藪の廃道だらけなんだよね【><。】

 尾根通しで歩いて、八坂峠を越えて、50mほど登ると、一度林道へ出る。ここが新八坂峠。

 


Pa219781

 

 


 


 マイフレさんはここから、また車を北へ少し移動させて待っていてくれる。法面に、朽ちたハシゴが付いていて、その上にはトラロープ。それを登って、ミニピークを一つ越えて登ると 釈迦ヶ岳(1271,2m)

Pa219795

 

 


 ちょっと東にも、釈迦ヶ岳って名前の山があるから、こちらは八坂釈迦ヶ岳とも呼ばれてる。

 これで、今日 三等三角点ばかり三つ歩いた。
こういうのも珍しいな。 山頂の北側に道があるはずだと、踏み跡のない尾根に入る。2~30m下りたら登山道へ出るはず。
出るはず・・・( ̄~ ̄;)
北斜面で朽木が多く、滑る急斜面。大岩もあって、どっちから越える?

 

 


 


大姉さまが「これは、バリ中のバリね」
って(^。^;)
乗った尾根は、間違っていないはずだけど・・・
地形図に破線が書かれているけど、全く踏み跡のない尾根。先が気になって、ついつい早くなって、後ろから、お姉さまに「どっち~? どこ~?」って呼ばれる。
「まっすぐ まっすぐ!
朽木が多いから、ゆっくり降りてくださいねー」
と叫んでいると、前から山友さんの声。

 あ~ よかった (;^o^*) =3 ふぅぅぅ

 山友さんは、車を停めた後、ちょっと尾根に上がってみてくれたんだって。そうしたら、踏み跡が山頂じゃなくて、右にトラバースしているから あれれ?と思って、少し登って待っていてくれたんだって。

 ありがたや~ (シ_ _)シ  ハハァーー
結果的に、間違ってはいなかったけど、踏み跡が全くない、朽木の多い暗い藪尾根。所々岩もあって、不安だったよぉ~。


 甲府まで送って頂いて、山友さんとお別れ。
とっても楽しかったです。
今日も大勢乗せていただいて、車を回して、縦走させてくださって、
ありがとうございます( ´ ▽` )ノ

 お天気でよかったです(^v^)

 駅前のモスバーガーで、のびーるチーズスティックとコーヒーとバニラシェイク 奢って頂きました。

 

 

Pa219811

 

 


いつもご馳走様です(/・0・)

2014年10月12日 (日)

一切経山 吾妻小富士

初夏に友人が行って、「いいなぁ、紅葉時期に行きたいな」

 

って思った山がある。一切経山。

 

お大師様が一切経を埋めたと伝えられる山。

 

 ここってね、紅葉がすごいんだよ。

 

でも、今年は紅葉が早くて、最盛期は・・・いつ(・・?)

 

これが、お花よりピンポイントで難しいんだな。

 

 

 1週目は、山友の山梨百名山のお祝いで高尾になったから・・・

 

もう、紅葉には少し遅いかなぁ。

 

 

 福島からバスで1時間 浄土平へ行くと

 

\(^o^)/ わーい!

 

これは素敵な綾錦。

 

留袖の裾模様も、かくやとぞ思う綾錦~♪~

 

 


 

 

 

 

 行くまで、一番近いルートで登ろうと思ってたの。

 

でも、火山性ガスが危険だから、通行止めなんだって。

 

そうなんだぁ( ° ° ; )

 

 

 

 

硫黄の臭いがしているし、あちこちから噴煙。

 

 

Pa119462

 

 

 

酢ヶ平の避難小屋経緯で

 

 

 

 

 

 

 

 

一切経山(1948,8m)の山頂へ。

 

一等三角点タッチ(^ー^* )

 

 

Pa119443

 

 

 

 

 

 

Pa119433

 

 

 

 山頂から見える魔女の瞳(五色沼)は、周りの紅葉の赤や黄色とあいまって、吸い込まれそうな魔女ブルー(あるのかな?そんな言葉)

 

素晴らしい眺めを堪能しつつ、ドリップコーヒーで至福のひと時。

 

水蒸気が出る酢ヶ平から、鎌沼を廻って戻る。

 

 

               磐梯山の左に尾瀬 燧
                飯豊は雪が!

 

Pa119441               安達太良山が近い! 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本って、火の国。

 

恩恵もたくさん受けているけど、御嶽山のような惨事も、紙一重でおこる国なんだ。

 

火山灰は底なし沼状態になって、まだ見受からない人の捜索の方々にも、頭が下がります。

 

 

 浄土平には、紅葉見物のたくさんの観光バス。

 

歩いた時間が短いから、余裕ができた。

 

吾妻小富士にも登っちゃう。こちらは観光客が多い。

 

 

               吾妻小富士のお釜

 

Pa119469                吾妻小富士から見た一切経山噴煙と

 

Pa119467               ピンヒールで登山?
                残っていたナナカマド

 

 

 

 

高湯温泉の、250円の公共湯へ入ると、白濁のお湯が何とも和む。

 

あ“~ (* ̄∇ ̄*)  

 

気持ちいいねぇ。

 

 

 

 

 どうしても、秋に来たかった福島。

 

いいですねぇ~。

 

山登りには、ちょっと物足りないけど

 

眼福 がんぷくの、旅でした。

鹿島槍日帰り 10月9日

北アルプス三大急登って、諸説あるけど、ブナ立尾根・合戦尾根・赤岩尾根ってのが主流。
他に、早月尾根とか笠新道とかが入れ替わって入ったり。
で、赤岩尾根の記憶って、ないんだよね。

 

 昔、この尾根を登った時、爺ヶ岳へ登って、天気が悪くなって、、鹿島槍には登ったことがないの。あんなに目立つ かっこいいお山なのに。

 

 

 子供が生まれてから、泊りの山へ行けなくなった。
娘が中三になって、そろそろ子供を置いて、泊りの山へ行けるかなって、鹿島槍へ行こうと計画した時に、母が骨折して入院した。それから9年の自宅介護。

 

 

 

 

 今年の夏は、お天気が定まらなくて、北アルプスではほとんど眺望が得られなかった。最後に紅葉狙いで、行っちゃおうかな
 (^ー^* ) うふふ~

 

 

 

 

 実はね、扇沢から鹿島槍なら道がいいから、火曜会で行こうかって、去年から打診してたのよ。でも、お姉さま方 乗り気にならなかったの。

 

 

 

 

 信濃大町から、タクシーだと30分くらいの場所にある、大冷橋からが歩き始め。

 

 

Pa099255

 

 

 

まず林道を5キロ いい道なのよ。ここまで車で入れたらいいのにな。堰堤を、細いトンネルで越して・・・ここ、狭い窓で、裏から滝が見られるんだよ(*^_^*)v  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水場の先が、北アルプス三大急登って言われる、赤岩尾根。
なんだか・・・ハシゴ風階段がすごく多い。
これは、夏だと暑さで参るかも。

 

 

 

 

 

 マップタイム2時間50分の高千穂平に( ゜.゜) 1時間半で登れちゃった(°∇°;)  

 

 

Pa099281

 

 

 

冷乗越(ツベタノッコシ)の手前は、大嫌いなザレたトラバース。鎖もついてるよ。

 

 

 

 

 

これ、積雪時は怖いなぁ。

 

 

 

 

霜が降りて、苔も凍っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

冷乗越に着くと、今まで誰にも会わなかったのに、人が何人もいる。

 

 

 

 

Pa099297

 

 

 

みんな、扇沢から歩くのかな?

 

 目の前にドーンと立山と剣!
連なる裏銀座の稜線がきれいだぁ(*^_^*)

 

 

Pa099298

 

 

 

Pa099299

 

 

 

Pa099300

 

 

 

イヤーバンドをつけて・・・

 

 気持のいい稜線歩き!♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
布引山(2683m)を越えて、

 

 

Pa099307

 

 

 

ザレた稜線をジグザグ。
念願の鹿島槍(2889,1m)二等三角点にタッチ!

 

 

Pa099312

 

 

 

 

 

 

北側には雪が残っていて、部分的に氷になってる(・_・;)
北峰へは、岩で激下りだから、止めとこうっと。

 

 

Pa099332

 

 

 

Pa099347

 

 

 

その分、山頂でまったり(^ー^* )

 

 五竜と遠見尾根が近い。
行ったばかりの妙高も、くっきり。

 

 

 

 

 

 

 

Pa099348

 

 

 

帰りは、たくさんの登山者を追い越して、冷池山荘の展望台でおやつ。念願の鹿島槍に来たんだし、売店で何か買いた~い。
で、鹿島槍模様の日本手ぬぐいを、衝動買いしちゃいました
(* ̄∇ ̄*) エヘヘ

 

 

 

 

 

 

 

Pa099360

 

 

 

 

 

 

これで、今年の北アルプスは終わりかなぁ。

 

 これから、紅葉がどんどん里へ降りてくる。
ナナカマドやカエデ、ブナやミズナラの紅葉を見に、どこへ行こうかなぁ。

 

 秋も楽しいねぇ~。
お山は一年中、楽しいねぇ~(=●^0^●=)

 

 今日は、累積標高差 登り下りともに2050m
マップタイム14時間30分でした。
でも、お昼とおやつ休憩抜かして8時間半で歩けちゃった。
人気のお山だから、マップタイム 甘い目だね(^ー^* )

 

 今日の夕食は娘と二人。
信濃大町駅前で、大きいおやきを4つ買って帰った。
茄子とピリ辛しめじ 美味しかったよ(*^▽^*)

2014年10月 2日 (木)

妙高山

 7月に火打へ行った。
その時に、妙高の紅葉のテレビを見て、秋に来たいわねぇ。
って話していた。   じゃ、お気に入りになったペンションスノーグースに予約しましょう。

 

 

  フルコースで8700円のこのペンションは、6人までの送迎が無料でお願いできる。
高いバス代を考えると、とってもお得。
オーナーは山好きがたたって、山の近くにペンション経営って言う方。

 

 私は「そんなに山が好きなら、山小屋や山のペンション手伝えばいいじゃないの」ってよく言われる。
でも・・・最盛期が書き入れ時だから、一番いい時にお山へ行けないのよね。お仕事だと。

 

 

 遊びで、お姉さま方に色々おごって頂いているのが、一番楽しいわぁ("⌒∇⌒")

 

 各種、送迎予約手続きなどをしていたら、あろうことか、お姉さま方と去年登った御嶽山が噴火。
しかも、去年泊まった頂上山荘は、粉塵ですごいことに。
妙高だって活火山じゃないの

 

(・_・;)
3000年前に、水蒸気爆発しているって・・・
それって、火山の歴史からしたら、つい最近って言ってもいい
 (;´o`)
慌てて、妙高山の火山性微震の記録なんて調べちゃった。

 

 

 東北大震災以降、日本列島の活動が活発化しているって・・・
神津島の天上山も、登ったばかりの富士山もみんな活火山
 (;・_・; ・・・・

 

 人間には、まだまだ分からない、どうしようもない自然の猛威
 (;>_<;)
たくさんの、亡くなった方のご冥福を、お祈りいたします。

 

 

 今日は、午後妙高高原へ行って、フルコースのお食事を頂くだけ。
散歩に出た、近くのイモリ池で、ちょうど夕焼けで、黒姫山と妙高山が見られた(^v^)

 

 

 

 

 

 

 

 

P9309027

 

 

 

 

 

 

 翌朝5時、優雅な朝食。これから山を登るとは思えないね。

 

 


 

 

 

オーナーに、火打へ行った時の下山口、燕温泉まで送ってもらう。

 

 


 

 

 

 

 歩き出ししばらくは舗装路。赤倉温泉の源泉があるんだよ。

 

 

 

赤倉温泉って、学生時代にスキーでよく来たっけ。
少し上がると、妙高山1合目の案内。よく踏まれた道で、二回渡渉があって、4合目あたりから急になってくる。

 

 

 

 

Pa019068

 

 

 


 

 

 

 

Pa019117

 

 

 

 朝のうちは、青空も見えていたけど、だんだんガスって、光善寺池辺りからは遠景は見られない。
それでも見事な紅葉加減に、見上げるお姉さま方の口から「わぁ~」と歓声が上がる(^ー^* )

 

 

 

  鎖場もあるんだけど、足場が切ってくれてあって、登りやすい。

 

 

 

 

 岩々を登って、すぐに妙高大神。
信仰でたくさんの人が登ったから、岩場に足がかりの穴が刻まれているんだね。

 

 

 三角点は、もうちょっとだけ奥。一等三角点 点名『妙高山』(2445,9m)タッチ(^ー^* )

 

 

Pa019158

 

 

 

 ガスって遠望は利かない。

 

 7月に、ハクサンコザクラの大群生を見た火打が見たかったな。でも、これだけ見事な紅葉が見られたんだから満足満足
 (*^_^*)v

 

 ダウンを着て、ゆっくりとお昼を食べて・・・ 実は、最後に乗るスカイケーブルは16時で終了。
マップタイム計算で、余裕は20分しかなかったの。
でも、ペンションのオーナーが、ご厚意で40分早めに送ってくれた上に、今日はお姉さま方が絶好調で、マップタイムよりちょっと早く登っちゃった。\(^o^)/ すごーい!

 

 

 なので、1時間も余裕ができた。

 

 行きと同じ道を、天狗堂まで下りて、南東に急降下すると林道へ出る。途中パラパラと小雨(;>_<;)  大谷ヒュッテって言う避難小屋へ寄って、おやつを食べて、ザックカバーをかける。この避難小屋は、きれいだし、お布団があるし、トイレっとペーパーもあるよ。

 

 

 

 

Pa019167

 

 

 

Pa019182

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いい感じのブナの樹林を歩いて、スカイケーブル山頂駅へ スキー場へ出るとガスって真っ白

 

 

 

 

 

 

 

 

2時30分到着

 

 ケーブルは残念ながら真っ白で眺望無し。

 

 

 

 

 

 

 予定より1本早い新幹線に乗れて、帰りの新幹線でコーヒーをおごって頂いて

 

 

 累計標高差 登り1400m 下り1250m 
マップタイム7時間50分

 

お姉さま方 今日もよく歩きました( ´ ▽` )ノ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »