« 一切経山 吾妻小富士 | トップページ | 曽倉西尾根~扇山~百蔵山~コタラ山西尾根 »

2014年10月23日 (木)

蛾ヶ岳~大平山~八坂釈迦ヶ岳

 ダンスで一週抜けた後だし、お姉さま方と、普段行きにくいお山へ行きたいなぁ。・・・と思ってあれこれ地図を見ていた。
そう言えば、火曜会で蛾ヶ岳へ行ったことがないな。って気が付いた。でも、ここは交通の便が・・・うーん "( ' ' ;)

 

 で、甲府の山友さ~ん(^/□\^)
ご親切で生真面目で、7人乗れる山友さんのお車 
お願いしちゃいました。   甲府駅で拾って頂いて、四尾連湖のほとりで下して頂きます。
行ってきまーす(´ー`)ノ

 

 蛾ヶ岳への広い登山道を登り。
樹林の間から陽が射すと、スポットライトのように光が伸びてきれい!

 

 

Pa219724

 

 


               真ん中のとがったのが 御坂釈迦ヶ岳かな
Pa219730

 

 


                時々射す陽の光の乱舞が幻想的
Pa219731

 

 


 


ここは、Pちゃん以外のお姉さま方は、歩いていらしゃる。
でも、大姉さま以外は、縦走はしていない。

 登山道は、樹林の中の幅広い道。途中からお山を巻いて、西方峠ってところから登るんだ。
蛾ヶ岳山頂(1279,9m) 真っ白だぁ(;´o`)

 

 


 

 


 晴れていたら、白根三山がドーンと見えて、反対側に富士山がきれいなのにな。今日は、降られないだけで良しとしましょう。じゃ、先、行きましょうか。
 
 マイフレさんが、車を回して逆から登って来てくれるの。
だから、滅多にできない縦走ができちゃう(^v^)

 

 

                    滑る急降下と急登 ぬかるんでいるから余計に(;´o`)

 

 

 

 

東へ1時間で登山道は右に高みを巻く。巻いた南が折門峠で、ここから、尾根を北へ登ると大平山(1188,3m)

 

 

Pa219760

 

ここが、木が切ってあって、とっても気持ちのいい場所なの。で、山友さんと、ここでお昼にしましょう ってお約束していた。 山友さんは、車を八坂峠近くの林道へ回して置いて、尾根へ駆け上って、こちらへ向かって来てくれた。
藪の中から出てきたよ。山頂で、みんなでランチ(^ー^* )

 

 


 



(ノ°ο°)ノ オオオオ
富士山の笠雲が、どんどん大きくなって見事。

 

 

Pa219770

 

 


左にもう二つ 笠雲がある。
「あれは、笠雲が移動したのかな?」って言ったら
大姉さまが「あれは予備」だって("⌒∇⌒")
笠雲の・・・予備?(^・^;) ??

 

 

Pa219766

 

 



                   山頂から東へ藪に突入

 

 

 

 

 

 

 そこから10分ほど下ると地蔵峠。
栂ノ峠って言う案内板がある。
ここも気持ちのいい場所。栂の大木が存在感がある。

 

 


 



 この先、ちょっと地形が複雑なの。
地形図では、南側の下に破線が書かれているけど、実際の登山道は、尾根上にある。

 この辺りって、富士山のエアリアマップの左上。
ちょうど、[山と高原地図 富士山] って書いてある部分で、この地域が消されちゃってるんだよね。
だから、登山道も時間も分からないよ(^。^;)
国土地理院の地形図頼り。それなのに、地形図破線は、実際は、踏み跡もない藪の廃道だらけなんだよね【><。】

 尾根通しで歩いて、八坂峠を越えて、50mほど登ると、一度林道へ出る。ここが新八坂峠。

 


Pa219781

 

 


 


 マイフレさんはここから、また車を北へ少し移動させて待っていてくれる。法面に、朽ちたハシゴが付いていて、その上にはトラロープ。それを登って、ミニピークを一つ越えて登ると 釈迦ヶ岳(1271,2m)

Pa219795

 

 


 ちょっと東にも、釈迦ヶ岳って名前の山があるから、こちらは八坂釈迦ヶ岳とも呼ばれてる。

 これで、今日 三等三角点ばかり三つ歩いた。
こういうのも珍しいな。 山頂の北側に道があるはずだと、踏み跡のない尾根に入る。2~30m下りたら登山道へ出るはず。
出るはず・・・( ̄~ ̄;)
北斜面で朽木が多く、滑る急斜面。大岩もあって、どっちから越える?

 

 


 


大姉さまが「これは、バリ中のバリね」
って(^。^;)
乗った尾根は、間違っていないはずだけど・・・
地形図に破線が書かれているけど、全く踏み跡のない尾根。先が気になって、ついつい早くなって、後ろから、お姉さまに「どっち~? どこ~?」って呼ばれる。
「まっすぐ まっすぐ!
朽木が多いから、ゆっくり降りてくださいねー」
と叫んでいると、前から山友さんの声。

 あ~ よかった (;^o^*) =3 ふぅぅぅ

 山友さんは、車を停めた後、ちょっと尾根に上がってみてくれたんだって。そうしたら、踏み跡が山頂じゃなくて、右にトラバースしているから あれれ?と思って、少し登って待っていてくれたんだって。

 ありがたや~ (シ_ _)シ  ハハァーー
結果的に、間違ってはいなかったけど、踏み跡が全くない、朽木の多い暗い藪尾根。所々岩もあって、不安だったよぉ~。


 甲府まで送って頂いて、山友さんとお別れ。
とっても楽しかったです。
今日も大勢乗せていただいて、車を回して、縦走させてくださって、
ありがとうございます( ´ ▽` )ノ

 お天気でよかったです(^v^)

 駅前のモスバーガーで、のびーるチーズスティックとコーヒーとバニラシェイク 奢って頂きました。

 

 

Pa219811

 

 


いつもご馳走様です(/・0・)

« 一切経山 吾妻小富士 | トップページ | 曽倉西尾根~扇山~百蔵山~コタラ山西尾根 »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
富士山の笠雲・・・素晴らしいところを撮れましたね!
林道法面の梯子とトラロープの上りは、凄いところを登っていきますねぇ~^^;
また、ここだけでも釈迦ヶ岳は2つあるということですね。
鈴鹿の山と、200名山の山にも同じ名前のものがありますね。
全国にどれだけあるのでしょうね。

そうなんです。富士山のすぐ北側。
この釈迦は精進湖の近く。もう一つは河口湖の近く。
以前 釈迦ヶ岳へ登った日記で関西の方から、こっちへ来たのかと思ったと言われて、
ああ・・・関西にもあるんだな。有名な釈迦ヶ岳が。と思いました。
三重の山男さんが登るようなすごい山じゃないけど、最後の藪漕ぎまで、なかなか楽しませてくれる
ルートでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛾ヶ岳~大平山~八坂釈迦ヶ岳:

« 一切経山 吾妻小富士 | トップページ | 曽倉西尾根~扇山~百蔵山~コタラ山西尾根 »