« 妙高山 | トップページ | 一切経山 吾妻小富士 »

2014年10月12日 (日)

鹿島槍日帰り 10月9日

北アルプス三大急登って、諸説あるけど、ブナ立尾根・合戦尾根・赤岩尾根ってのが主流。
他に、早月尾根とか笠新道とかが入れ替わって入ったり。
で、赤岩尾根の記憶って、ないんだよね。

 

 昔、この尾根を登った時、爺ヶ岳へ登って、天気が悪くなって、、鹿島槍には登ったことがないの。あんなに目立つ かっこいいお山なのに。

 

 

 子供が生まれてから、泊りの山へ行けなくなった。
娘が中三になって、そろそろ子供を置いて、泊りの山へ行けるかなって、鹿島槍へ行こうと計画した時に、母が骨折して入院した。それから9年の自宅介護。

 

 

 

 

 今年の夏は、お天気が定まらなくて、北アルプスではほとんど眺望が得られなかった。最後に紅葉狙いで、行っちゃおうかな
 (^ー^* ) うふふ~

 

 

 

 

 実はね、扇沢から鹿島槍なら道がいいから、火曜会で行こうかって、去年から打診してたのよ。でも、お姉さま方 乗り気にならなかったの。

 

 

 

 

 信濃大町から、タクシーだと30分くらいの場所にある、大冷橋からが歩き始め。

 

 

Pa099255

 

 

 

まず林道を5キロ いい道なのよ。ここまで車で入れたらいいのにな。堰堤を、細いトンネルで越して・・・ここ、狭い窓で、裏から滝が見られるんだよ(*^_^*)v  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水場の先が、北アルプス三大急登って言われる、赤岩尾根。
なんだか・・・ハシゴ風階段がすごく多い。
これは、夏だと暑さで参るかも。

 

 

 

 

 

 マップタイム2時間50分の高千穂平に( ゜.゜) 1時間半で登れちゃった(°∇°;)  

 

 

Pa099281

 

 

 

冷乗越(ツベタノッコシ)の手前は、大嫌いなザレたトラバース。鎖もついてるよ。

 

 

 

 

 

これ、積雪時は怖いなぁ。

 

 

 

 

霜が降りて、苔も凍っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

冷乗越に着くと、今まで誰にも会わなかったのに、人が何人もいる。

 

 

 

 

Pa099297

 

 

 

みんな、扇沢から歩くのかな?

 

 目の前にドーンと立山と剣!
連なる裏銀座の稜線がきれいだぁ(*^_^*)

 

 

Pa099298

 

 

 

Pa099299

 

 

 

Pa099300

 

 

 

イヤーバンドをつけて・・・

 

 気持のいい稜線歩き!♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
布引山(2683m)を越えて、

 

 

Pa099307

 

 

 

ザレた稜線をジグザグ。
念願の鹿島槍(2889,1m)二等三角点にタッチ!

 

 

Pa099312

 

 

 

 

 

 

北側には雪が残っていて、部分的に氷になってる(・_・;)
北峰へは、岩で激下りだから、止めとこうっと。

 

 

Pa099332

 

 

 

Pa099347

 

 

 

その分、山頂でまったり(^ー^* )

 

 五竜と遠見尾根が近い。
行ったばかりの妙高も、くっきり。

 

 

 

 

 

 

 

Pa099348

 

 

 

帰りは、たくさんの登山者を追い越して、冷池山荘の展望台でおやつ。念願の鹿島槍に来たんだし、売店で何か買いた~い。
で、鹿島槍模様の日本手ぬぐいを、衝動買いしちゃいました
(* ̄∇ ̄*) エヘヘ

 

 

 

 

 

 

 

Pa099360

 

 

 

 

 

 

これで、今年の北アルプスは終わりかなぁ。

 

 これから、紅葉がどんどん里へ降りてくる。
ナナカマドやカエデ、ブナやミズナラの紅葉を見に、どこへ行こうかなぁ。

 

 秋も楽しいねぇ~。
お山は一年中、楽しいねぇ~(=●^0^●=)

 

 今日は、累積標高差 登り下りともに2050m
マップタイム14時間30分でした。
でも、お昼とおやつ休憩抜かして8時間半で歩けちゃった。
人気のお山だから、マップタイム 甘い目だね(^ー^* )

 

 今日の夕食は娘と二人。
信濃大町駅前で、大きいおやきを4つ買って帰った。
茄子とピリ辛しめじ 美味しかったよ(*^▽^*)

« 妙高山 | トップページ | 一切経山 吾妻小富士 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島槍日帰り 10月9日:

« 妙高山 | トップページ | 一切経山 吾妻小富士 »