« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月24日 (月)

11月23日 仲尾根~丹沢山~天神尾根

 ご近所で、最近山を初めた友人が、丹沢表尾根を歩いたことがないんだって。
どのくらい歩けるか分からないから、じゃ、短めの6時間くらいの周回コースにしようか。

 

 大倉の奥から、戸沢山荘まで、普通車だからお腹をこすらないように、慎重に・・・
林道を5分ほど戻って、作治小屋のすぐ下から仲尾根に入る。

 

 

 

 

 

 


ここ、エアリアには出ていないけど、踏み跡しっかりで歩きやすいんだよね。急だけど。
歩き始めは控え目に、マップタイムよりちょい早いくらいにしてみた。
楽々ついてくる( °o° ) 。じゃ、八掛けくらいで行っちゃえ。
華奢でひ弱そう(ごめん!)に見えた山友。
あら?(・_・;)ぴったりついてくる。
やっぱ、40代は違うわ。800m付近に明るい広場もあるよ。

 

 

 


( °o° ) エー 今頃アオイスミレ?

 

 

 

 

 

 

朝、早いうちに、表尾根へ上がって、キラキラの海と富士山を見せたいしな(^ー^* )
 頑張り屋さんだから、8掛けペースのまま、烏尾山へ登り切っちゃったよ。
 

 

 


 「冬山って寒いでしょ?どんな格好して歩けばいいの?」
なんて言ってたけど「歩いたら暑くなっちゃうよ」って、速乾性の下着と薄手の長袖でいいって言ったの。
動いていれば寒くないでしょ?(^ー^* )
人間の体って、すごいよねー。

 で、烏尾山(1136m)

 

ここって、普通、通過点扱いだけど、結構眺めがいいんで好きなんだ。
三の塔より、ずっと静かだし。
ここで、つぶれないように持ってきた生シュークリームを出す(*^▽^*)
富士山見ながら美味しいねぇ~

Pb230924

 

 


 

 


 よく整備された表尾根で行者ヶ岳(1209m)
山友は、まだ1~20座しかお山を登っていない。
でも、若いし細いから、行者の鎖場もスルスルッと身軽に降りた。

 

 


 塔の岳(1491m)山頂は、なかなかの賑わい。
そうか!今日って三連休の中日。泊りで縦走の人もいるんだろうな。

Pb230949

 

 


 

 


             大山と三の塔と湘南の海

 

 


 丹沢は大山くらいしかありていない友人に、塔からの、きれいな富士山が見せられてよかった。
ここから下山の予定だったけど・・・まだ10時!(^o^; あらら~
なん座も登っていないのに、俊足だな。
じゃ、丹沢山までピストンしようか?
往復でマップタイム2時間くらいだから、お昼に戻れるよ。

 行く~ って("⌒∇⌒")
日高(ヒッタカ)と竜ヶ馬場を越えて、丹沢山へ。

 

 

 

 


Pb230959

 

 


Pb230966

 

 


こちらもなかなかの賑わい。
一等三角点にタッチ!

 

 


 


北側からは、雲取から破風、木賊、金峰に・・・赤岳と権現も見える( °o° )
よかったねー、こんな眺望のいい日に来れて。

 

 


 

 


 

 


 塔は混んでるだろうから、私が好きな竜ヶ馬場でお昼。
塔へ戻ったら(ノ°ο°:)ノ
やっぱりすご~く!!!混んでるよー。

 

 


 じゃ、渋滞が怖い三連休だから、さっさと下山しよう。
花立山荘付近にもたくさんの人が。

 

 


 天神平から、左の天神尾根に入って、ここ、めっちゃ急なんだよね。
山裾は、まだまだ紅葉がきれい(*^_^*)

Pb230991

 

 


 

 


 マップタイム8時間 累積標高差1400mの丹沢周回でした。

 これ歩けるんだから、お山初心者にしちゃタフだよねぇ。
まだ40代だから、これから、いっぱいお山を登れるね。

 今まで、何もなくてよかったけど・・・
これから、自分が歩くところの地図は、必ず持って、今どこにいるかを考えながら歩こうね。
 今日は、帰ってからも、よーくストレッチしてね。
お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ

2014年11月19日 (水)

大仁田山~成木尾根~高水山

 今年の1月に、若い山友と、飯能の近くから青梅まで歩いた。

 

その時お姉さま方が、「大仁田山って未踏よ。登てみたいわ」っておっしゃってた。
やっと、この低山に登れるくらいの季節だな。 

 

 

 

 

 山友二人から、参加したいって連絡が来て、今日は8人の大所帯。
 飯能から、名栗湖行のバスに乗って、上赤沢で降りる。
[大仁田山⇒]の案内板があって

 

 

 

 

杉の植林地の中のジグザグな登山道。ここ、エアリアでは「道 荒れている」って書いてあるけど、いい道よ(^ー^* )

 

 

こんなとこや

 

 

 

こんなとこがちょっとだけ 

 

 

 

小さいキッコウハグマが咲いていた。

 

 

 

 

大仁田山(505,5m)の山頂からは、スカイツリーと筑波山

 

 

Pb180734

 

 

 

 

 

 

東西に道があるけど、実は南へ抜けたい。
成木尾根って言う、埼玉と東京の県境。昔は仕事道があっただろう低い尾根で、そこから、奥多摩方面へ乗り越えたいの。

 

 1月に、間違えて5分くらい降りちゃった尾根、踏み跡はっきりで、こちらもきっと、どこか集落へ降りられるんだろうな。今回は、ちゃんと成木尾根を歩いて、久方峠(久林峠)を通過して・・・
 この辺り、林道が増殖中で要注意なの。
以前あった踏み跡がぶった切られて、林道の法面で降りられない部分があちこちにあるの(^。^;)
こんなところ、登山者が歩くなんて、林道工事の人は思ってもいないんだろうなぁ( -。-) =3
ハイキングコースじゃないし、眺めがあるわけじゃないし、名のある山でもない。
でも、山道があったところは、階段とかハシゴとか、法面を下りる手段を考えて欲しいなぁ。 小さいピークが幾つもあって、なかなかの急登急降下だよ。 

 

 

Pb180752

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここの小沢峠って、秩父と多摩の生活路で、秩父困民党の一揆の時は、重要な役割の峠だったっんだって。今は、その峠は、トンネルで抜けられるようになっている。

 

 前回は、方向だけを頼りに、少し東寄りに降りちゃったけど、今回は、増殖した林道に誘導されて、トンネル脇に出られた。

 

 

 

里山は、踏み跡が多いから難しいね。登山口付近も、土の林道増殖中!

 

 小沢峠は、日影で風が抜けて寒かったから、降りた陽だまりでランチ(^v^)v
 
 

 

 

 

 

今頃 キツネノマゴが咲いている

 

 

 

 

成木街道の橋脚の下を通って

 

 

 

 

 

ここから、高水山へ登り返し。古~い登山口って石門があって入ったら行き止まり。次の石門もお墓で行き止まり【><。】
なぁんだ。古い道が残っているのかと思った。
 結局、いつもの、しばらく舗装の道から。

 

 

 

 

 

 

しっかり歩いて、たっぷり食べた後の1座は、体が重いねぇ。でも、いつもは人が多いお山は、シーンとして、誰もいない(^ー^* )

 

 ここの常福院は、畠山重忠ゆかりのお寺。奥武蔵にも、畠山重忠ゆかりの名前の峠やら地名があるね。ハイキングの人は、たいがいここでお昼にするから、午後二時だとお貸しきりよ。
 

 

 

 

 

 

高水山山頂(759m)は、木が伸びて眺めがなくなっちゃったね。

 

 素晴らし紅葉と、大岳山や、丹沢の山々を眺めながらゆっくりお茶して、

 

 

               わが青春の大岳山

 

 

 

 

 

 

Pb180819

 

 

 

高源寺さんから軍畑へ下山。みごとな紅葉に、東屋でゆっくりし過ぎて、ちょっとみなさんを急がせちゃいました(^。^;)

 

 

 

 

だって青梅線って30分に一本なんだもん。電車は、紅葉時期で?ぎゅうぎゅうでした。

 

 奥武蔵にも、いいお山がいっぱいあるから、冬の間にまた歩きたいね~(^ー^* )

2014年11月18日 (火)

東立岩~西立岩~荒船山艫岩~威怒牟畿不動

11月15日 ちょっとアクセスが遠いけど、山友が行きたいって言うから、群馬の立岩へ行ってきた。西上州のドロミテ って言うんだよ。
 下の里から見ると、二つの屏風みたいに、岩が立ちはだかって。かっこいいの。

 

 

Pb150587

 

 


若いころ歩いたけど、人の後ろをついて歩いたから、あんまり覚えていないんだよね

 

(^。^;)

 線ヶ滝から、立岩直登コース 
後ろに、石を落としそうで、慎重に谷を登ると、トラバースにはしっかりした鎖。

 

 


 


 


これならビビりの私でも大丈夫だ(^v^)
コルの[立岩⇒]の案内板の、ちょっと後ろの笹薮に・・・踏み跡があるじゃない("⌒∇⌒")

 

 

 


エアリアに、東立岩への道はない。でも、これなら行けるね。笹藪を抜けて、落ち葉のトラバースの後・・・
(・_・;)エー どうしよう。
私・・・ここで待ってようかな。
ほんの数歩のナイフリッジ。

 

 


 


横を巻くなら、足下が崩れそうなトラバース。
岩はもろくない。トラバースよりは・・・
じゃ、行くわ!
なんか久しぶりにアドレナリンが出ちゃった。
岩好きが見たら、鼻で笑わらわれちゃうな。
木立の藪を登ると、東立岩 
なかなか眺めがいいよ(*^▽^*)
山頂は4人座れるくらい。

 

 


              東立岩から見た西立岩

 

Pb150610

 

 

 

笹藪通ってコルへ戻って、

 

 

 

 

立岩(1265m)へ。
こちらは、そこそこ道が整備されていて、ベンチまである。後ろにとがった山は経塚山

 

Pb150622

 

 

 

 

 


                 両神山の右に雲取

 

 

 

 

 

西立岩から激下りの後、ちょっと長い鎖を登って、でも、足場はしっかり。

 


 威怒牟畿(イヌムキ)不動分岐を通過すると、途端に踏み跡が薄くなる。細かいアップダウンもあって、笹藪を通って、容赦ない急登で、経塚山(1422,5m) 

 

 

 

ここが荒船山で、一番高い山頂。4~5人が休んでいて、私たちもここでお昼(^ー^* )

 

 

 艫岩から。ここまでのハイキングをする人が多いみたいね。艫岩方向への下りは、急に道がしっかりして、歩きやすい! 一気に歩く人が増える。

 艫岩の東屋でドリップコーヒー。
浅間山や榛名山が見えたよ。

 

 

 


 

 


後から来た子供が「ここが人が落ちたとこ?」だって。クレヨンしんちゃんの作家がここで亡くなったのは有名。だけどその後も、一人滑落して亡くなっているのよ。だから、もしかしたらロープでもついたかと思ったけど、前のままね。

 

 

 

 

 

 


 ここ、埼玉側からアクセスしたけど、登山道は一部、佐久市なんだよね。
長野と群馬の県境。

 帰りは星尾峠から、静かな落ち葉の道で、これも気持ちがいいなと思っていたら・・・

 

(;´o`) 急下降を細いトラロープ。

 

 

 

 

沢に下りてから、ひどいところは積雪ならぬ積葉30センチ!

 

 

 

 

 

道なんて見えやしないし、足元はグラつく岩がゴロゴロ。結構気を使ったよ。 エアリアの赤実線なのに、バりエーションより分かりにくくって、赤テープがあって助かる!カラマツが残っていてきれい

 

 


 右岸・左岸・右岸と、何度もわたり返して、威怒牟畿不動分岐。降りていたら、向こうからご夫婦が来て、「威怒牟畿不動にいらしたことはありますか? 威怒牟畿不動から下ろうとしたんですけど、東屋の先に、下る道がないんです。散々探したけど、暗くなると危ないから、戻ります」って( °o° ) ・・・

 確かに地図では、東屋は威怒牟畿不動より東上。「行くだけ行ってみます。そちらもお気をつけて」って分かれる。

 時々、道が分かりにくいけど、朽ちた橋とかあって、だいぶ荒れているけど、ご夫婦が言っていた東屋は、エアリアの東屋とは別物だった。

 だって、東屋の先に続く道の方向が、エアリアの東屋とは違うじゃん! こういう時、一度勘違いすると、思い込みって怖いんだよねー。

 で、そのまま南南東へアップダウンを繰り返して、威怒牟畿不動へ。
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
きれいだぁ\(●⌒∇⌒●)/

Pb150687

 

 


 落ちてくる水量は少ないんだけど、その上の岩がかぶっているから、裏側へ行ける。
裏側から、流れる水滴越しの、青空と紅葉がめちゃきれい! 眺めていると、自分がお空へ登って行くみたい!

Pb150701

 

 


 


 威怒牟畿不動の木の祠は朽ちて、ほとんどつぶれていた。
 
 よくお手入れされた植林地を下りて、朝歩いた分岐へ。

 バリエーションのスリルと、艫岩の眺めと、和む威怒牟畿不動の滝。
今日は、とっても充実したルートで楽しめた。

 累計標高差は1100mくらいしかないし、マップタイムは東立岩を入れても7時間くらい。
週末のルートとしちゃ短い方だけど、なんか達成感あるな。
 岩よりむしろ、星尾峠から威怒牟畿不動が緊張したよ。

 すんごい面白いから、お近くの人は行ってみて~ (^ー^* )

 

 

 

帰路の車から、振り向いたら荒船山のシルエットが!

 

 

 

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »