« 11月23日 仲尾根~丹沢山~天神尾根 | トップページ | 雪頭ヶ岳~鬼ヶ岳~王岳~根場 »

2014年12月 1日 (月)

地蔵尾根~蛭ケ岳~銀河探索~袖平山~神ノ川

 丹沢に、第二次世界大戦の、爆撃機 銀河が眠っている!

昭和56年、猟師さんが偶然に見つけたんですって。 捜索隊が組まれて、銀河を回収。その秋には、搭乗員関係者も現場に訪れて、花を手向けたんですって。  
 丹沢、蛭ケ岳と鬼ヶ岩の鞍部、北東の崖下に、今でも残ったものが点々とあるらしい。
 どこからなら、日帰りで行けるかな? 白馬尾根を横切って、登る人が多いらしいけど・・・  
 日が短い時期だから、明るくなるころに、神ノ川ヒュッテから、神ノ川林道を歩き出す。1時間ほどで、ダートに不似合いな立派な檜皮(ヒワタ)橋を渡る・・・一般車両通行禁止のこんなところにお金かけてるな。
Img_0536s
広河原へ降りて
Pb301171
堰堤を渡って、
Pb301173
堰堤の梯子を降りる。
Pb301175
こんなとこ、降りるの初めて(^ー^* )
 左岸を、ちょっと歩いて渡渉。
Pb301178
 後で蛭の近くですれ違った方が、昨日は一日、土砂降りだったと言っていた。そのせいか、水量が多くて、渡渉点選びに悩む。ドボン!は嫌だもの。  
 (ノ°ο°)ノ オオオオ こんなところから、地蔵尾根に取り付くの?
Pb301179
沢脇の岩の崖に、黄色い丸印。 トラロープは所々にあるけど、かなりの距離を、崖登り状態 (^o^; ほえ~
Pb301180
Pb301182
 しかも、昨日の雨で濡れた、岩とたっぷりの落ち葉が・・・
滑ること!(;´o`)   
標高差200mほど登って、やっと尾根に出た。 ( -。-) =3 ふぅぅぅ~   
 
標高1100m辺りから、時々展望があって、低い雲と雲の隙間に、大菩薩や奥秩父、奥多摩の山々が意外にくっきり見える。
Pb301186
Pb301195
大室山と熊笹の峰の間に滝雲!奥に御正体が顔を出している。
Pb301197
 地蔵平へ出たら、鹿柵があっちにもこっちにも    (^。^;)鹿柵の隙間を抜けて、やっと一般登山道へ出た。
 蛭への最後は、木の階段&階段(;´▽`A``  
Pb301211
Pb301203
 山頂(1673m)は、ガスって真っ白。日曜日なのに3人だけ。こんなお天気だからかな。それともまだ10時過ぎだからかな。地蔵尾根ルートって、蛭に一番早く登れるかも。  
Pb301213
 蛭ヶ岳から、鬼ヶ岩へ登る手前の鞍部から、北斜面を覗く。降りられそうな斜面は・・・ この辺かなぁ~。  グズグズグズ~っと靴が滑るから、笹につかまってちょっと降りる
Pb301217
と、トラロープ。 これかぁ。銀河探索用の魔法のロープって言うのは。ロープがないと危うい急斜面だから、ありがたい。魔法のロープは、100mくらい続いている。  
Pb301216
あいにく、5m先も定かでないような濃い霧の中   (´。`;;;) 。今日は探索には不向きだなぁ。山友と手分けして、斜面をジグザグに探す。
Pb301218
 苔むしたグズグズ斜面を、稜線の鞍部から標高差160mくらい下がったところに!  木に巻き付いた黒い塊が( °o° ) 目に飛び込んできた。   
Pb301222
これだ!(ノ°ο°)ノ 有名な銀河のタイヤ。
「おーい (^/□\^)  見つけたよぉ~」
もう、木と一体になってる。 どんなスピードで、この斜面に突っ込んだんだろう・・・タイヤの下に お神酒が! 見つかってよかった。 
 滑らないように、急斜面をよじ登って戻らなきゃ・・・ と思って、少し移動して足元をよく見ると、ギヤ? ネットで誰かが、三叉プロペラ減速装置 って書いて居た奴がこれかも。  
Pb301223
 丹沢は、他にも、キュウハ沢に眠る戦闘機「疾風」の「誉」エンジンとか、 たくさんの戦闘機が墜落しているらしい。 太平洋から来て、最初の山脈だから・・・
 戦後も、米ダグラスCー54が墜落して、35名が亡くなっているそうです。 一時、蛭ヶ岳南面が火の海になってんですって。私が生まれたころの事かな。  
 合掌して、じゃ帰りルートも長いから、そろそろ魔法のロープを伝って戻りましょうか。何しろ5m先が定かでない視界。呼び合いながらよじ登って、あれ? ロープが見つからない(^。^;) 登るのが、ちょっと西にずれてるな。もしずれるなら、鬼ヶ岩方向よりは、どうせ戻る蛭ヶ岳方向がいいかな。  山友が、「もうちょっと左じゃない~?」 って言ったけど「ごめーん、稜線が見えてるから、このまま登っちゃっていい?」
Pb301225
 鹿柵の隙間から、蛭ケ岳直下の登山道へ出たところに、ちょうど登山者。 「どこから上がって来たの?(゜o゜) 道あるの?」
って驚かれちゃった(=^^ゞ ポリポリ
「道はありません。 ちょっと探し物」って・・・ (*^-^*)> えへへ  
 蛭ヶ岳へ戻ったら、12時で、そこそこにぎわっていた。半分がトレランさん。最近増えたねぇ~。  
 帰路は、姫次から袖平山(1432,9m)経由。ここは、東海自然歩道の最高地点。
Pb301231
こちらは一部崩壊地の縁を通るけど、東海自然歩道だから、登山道がしっかり整備されている
 風巻の頭(1077m)には、真新しい休憩舎。
Pb301238
ここからは、なかなかの急下降続きで、飽きたころに、鮮やかな紅葉が待っていてくれた(^ー^* )  
Pb301242
Pb301244
 立派な橋を渡って、神ノ川林道へ降りる。
Pb301247
ヒュッテまではすぐ。 振り向くと、登った地蔵尾根と、下った風巻尾根が見える。
Pb301250  
 日が短い時期だから、帰路は万一暗くなっても危なくないルートにしたけど、4時前に下りられた。  
 探索入れると、マップタイム10時間くらい  累積標高差1900m  
この時期にしちゃ、結構ハードな日帰りルートだけど・・・
面白かったぁ(=●^0^●=)v

« 11月23日 仲尾根~丹沢山~天神尾根 | トップページ | 雪頭ヶ岳~鬼ヶ岳~王岳~根場 »

登山」カテゴリの記事

コメント

日曜日丹沢はガスの中だったんですねぇ~
私は栃木県太平山でのんびりハイクしてました。

丹沢って宝探しできるんですね、面白そう
次に宝探しに行く時は是非誘ってください^^

どこ行くのには、深い意味があったのね。

霧の中の宝探しは結構なんもんでした。
面白かったよ。

秋の太平山もいいのね。
桜と紫陽花のイメージが強いけど。
コメントありがとう(´ー`)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地蔵尾根~蛭ケ岳~銀河探索~袖平山~神ノ川:

« 11月23日 仲尾根~丹沢山~天神尾根 | トップページ | 雪頭ヶ岳~鬼ヶ岳~王岳~根場 »