« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

 女の湯~倉戸山~榧ノ木山~倉戸口

去年の秋に、紅葉の倉戸山を設定した。
一日雨の予報で、避難小屋がある御前山に変更。
 じゃ、せっかくだから、山桜と新緑の時期にリベンジしたいな。

 満員のバスは、境橋で数名下りて、奥多摩湖でだいぶ下りて、私たちは女の湯で降りる。

 ずっと前、倉戸山の相談をした時、大姉さまが、「じゃ、バスは女風呂ね」って・・・(・_・;)
すごく似てるけど・・・違います。女の湯(メノユ)です。

 今は、奥多摩湖の底に沈んだ、小河内村があったころ、温泉があったの。
昔のことだから、このダム湖を作るにあたっては、ひどい買収もあったんだよ。
水の底に沈んじゃうと思えば、村人はもう、作物を作る気にはなれず、でも、お金はなかなか渡されずに延び延びになって、食うや食わずで・・・とか・・・
 水の底の源泉を、ここへ引いているらしい。
でも、ここに温泉施設はないんだよ。
温泉って、タンクローリーとかで運ぶと、泉質が落ちちゃうって言うし、勿体ないよね。

P4285864
 そのバス停から、今バスで通って来たトンネルの脇を登る。
湖面が朝日にキラキラ(*^_^*)

P4285865
途中にこんな看板
[登山者の皆さんへ『倉戸山の登山道は大変急峻で、不明瞭な場所が多く、遭難事故が多発しています。ヘッドライトや地図などお持ちの上お歩きください』] だって。
地図を持たないで山に入る人、時々見かけるね。それですぐに 『迷いました、救助に来てください』 何て言われたら、救助する方もかなわないね。

P4285866
 実際は、しっかりした登山道で藪もないけど・・・。急は急かな。ジグザグの道を、よく見ないでまっすぐ行って迷ったりするのかなぁ。

 登り初めから、300mほどが、息つく暇ない急登で、今日は、76才のお姉さまが、ちょっと体調不良な感じ。いつもより遅い。

P4285868
 雑木林の新緑は、今が盛り(^ー^* )
先週に続いて、鮮やかな緑にきゃぁきゃぁと、感嘆の声!時々山桜の花びらが舞ってくる。
 
P4285869
倉戸山(1169,3m)は、大きなヤマザクラがあって、いつもはGW過ぎにお花見ができるんだよ。でも、今年はもう咲いている。

P4285878

P4285908
広くて、静かな奥座敷 って感じ。
本日不調のお姉さまが「私ここで帰るわ」って
言い出したんで、慌てて止めて、早目のランチ。今日は8人でにぎやか(^ー^* )
 
P4285881
 今日はね、ここから榧の木山(1485m)までの、カラマツや広葉樹の新緑を、楽しみながら歩くのが目的(^ー^* )
フデリンドウがかわいい
P4285882エイザンスミレ
P4285885ヒゲネワチガイソウ
P4285888フモトスミレ
P4285890ハシリドコロ
P4285894ユキザサ
P4285901アケボノスミレ
P4285912
 榧ノ木山は、細長い尾根の、ちょっとした高まり。お手製の山名板が付いた、狭い山頂です。
P4285896
登山道は山頂を巻いちゃうから気を付けてね。
普通は、鷹ノ巣からの通過点、って感じかな。
あと、標高差150m登れば水根山、そこから100mちょいで鷹ノ巣山。

 カラマツの芽吹きは、淡くてとってもかわいいよぉ~(^ー^* )

P4285899
P4285902
P4285903
P4285905
 この、登山道がないマイナーな山頂で、鷹ノ巣から飛龍辺りの三座同定をして一休み。


倉戸で待っていたお姉さま方と合流

P4285909
 帰路は、倉戸山から熱海方向へ。
こちらも、ずっと急斜面。地面が乾いて土ぼこりがすごい。「先週の三浦アルプス ルバング島状態と、中間がいいのにね」だって(´ー`)
ヒトリシズカ
P4285924ヤマツツジはこれから
P4285926
 温泉神社へ降りて、いつぞやクマに襲われた、有名な登山家さんのお宅の近くを通ってバス停へ。

チゴユリ
P4285929セリバヒエンソウ
P4285936_2シロヤマブキ
P4285937六つ石山
P4285931バス停前に白藤
P4285942
 あ~・・・みんなで歩けてよかったよぉ。
実はね、もうすぐ77歳の大人しいお姉さまは、時々『私、ここで待ってるわ』って言うの。
「私は、すぐに息が上がって・・・」って。
「皆さんの足を引っ張るの、悪いわ」って。
それでも、いつもはマップタイムなの。お年を考えれば、充分にすごいと思うんだけどなぁ。
超お元気な73歳と、79歳に挟まれて、ついご自分を比べてしまうんでしょうね。

 今日は、体調が悪かったらしくて、ちょっと予定時間オーバー気味だな、と思っていたら・・・
倉戸山でいきなり「私ここで帰るわ」って言うの (ノ°ο°)ノ
 確かに、バスの便数が少ないのに、この界隈で呼べるタクシーは1台。
火曜会は、乗り切れないじゃない。
だから、ルートを一部ピストンにして、行けるとこまでで折り返せるようにしたのに~(^。^;)
結局、明後日雪山テン泊へ行く一人が、「じゃ、私もここで、まったりして待ってるわ」って言ってくれた。ふぅ( -。-) =3 ありがとう!

 そりゃ、足を引っ張るのは気が重いんでしょうけど、何人いたって、常に誰かは一番遅いのよ。
そんなこと気にしていたら、グループでお山へ行けないじゃない(^v^)
脚力や体力は、違うのが当たり前。
体調が悪い時もある。
帰るなんて言わないで、みんなで歩けるように、歩けばいいじゃない!と、私は思います。
(^ー^* )

 いつまでも、みんなで楽しく歩きたいなぁ
(´ー`)

 累計標高差980mでした。俊足お姉さま方、
お疲れ様でした(/・0・)

2015年4月27日 (月)

二度上峠から 鼻曲山~留夫 と浅間隠山 Wピストン

 日帰りで行ける一等三角点が、少なくなってきたの。  

二度上峠へ車を停めて、南へ。 これ、一般登山道なの?ずっと、手をお顔の前に出していないと歩けない、笹薮の道だよ。  
P4255779
案外キツイアップダウンが何度もある。 登山道が右に90度曲がる高みが、氷妻山(1467,4m)
P4255780
 氷の妻( ̄~ ̄;)ウーン・・・名前の由来は知らないなぁ。今日の目的地、一等三角点峰、留夫山の名前の由来は、またしても日本武尊くん。武尊くんが、房総に渡ろうとしたとき海が荒れて、船が危うくなった。それを助けようと、海に身を捧げたのが、弟橘姫。日本武尊くんの愛人。日本武尊くんが、眺めのいい、ここまで来て、弟橘姫を思い出して、嘆いたんだって。なんであの時、身を海神に捧げる弟橘を留めなかったんだろう!夫(つま)を、留めればよかったのに~ って、嘆いたんだって。で、留夫山。  青銅器が主だった東国で、日本武尊くん率いる鉄器集団は、抜群に強かったんだろうね。 最近、行く先々で武尊くんにお会いしているような気がする。 秩父三峰にも、大きな武尊君がいたっけ。 丹沢には、足跡が祭られてるし。  この留夫を下りて、甲斐の国(山梨県)の酒折宮にやってきて、しばらく遊んだんですって。 酒池肉林の歓待だったって。 殺されちゃかなわないから、甲斐の国の集落の長も、必死だったでしょうね。 それって、私が山名板を付けた、八人山の下だよ。 今日の山友たち、みんな歩いた場所! そんな、うんちくおばさんをして、山友に、「ほー」「へー」って聞いてもらいながら歩く  
 背丈を越す笹薮を抜けて
P4255782
ガガッと降りて、ちょい笹薮の急斜面を登ると、鼻曲山。  
P4255794
P4255787
山頂の先を下りようとしたら・・・道がない? コンパス見たら、あれれ? 北向きじゃん。 地形見てると、鼻曲山からまっすぐ先へ進むと、そのまま留夫へ行けそうだけど、実際は違うよ。 ちょっと戻って、[霧積温泉⇒]へ降りるの。 留夫への案内は出ていませんでした。 急降下すると霧積温泉と留夫の分岐が出て着て、ここには案内があった。
P4255798
で、まだ雪が残ってたよ。  南へ降りて、80mほど登ると、私がお初の一等三角点峰。 留夫(トメブ)山(1590,8m)\( ^o^ )/ ヤ ッター♪
P4255801
P4255800
あ、まだ12時前だ。 Wピストン行けそうだよ(^v^)  山友が、二百名山の浅間隠山は未踏登なんだって。 そっちの山頂の方が眺めがいいし、二度山峠まで車でせっかく来てるんだから、Wピストンにしようか(^ー^* ) アクセスに時間がかかるから、いっぺんに行けちゃった方がいいよね。   鼻曲山への登り返しは、なかなか急で、汗ダク~(^。^;) ふぅ。 妙義のギザギザが魔の山みたい!
P4255797
頑張て早目に歩いて、二度上峠に2時。  
P4255808
じゃ、チャチャっと浅間隠しも行って来よう!
P4255809
こちらは、打って変わって歩きやすい一般登山道。 登山口で小学校くらいの子供に「今から行くの?暗くなっちゃうよ」 って言われた!(゜o゜;) 「暗くなる前に下りるからね。ありがとう」って・・・ ずっと向うのお山へ行って帰って来たんだよ。 とは、言わなかった("⌒∇⌒")  
途中、妙な側道があって悩む。 行きは、なるべく尾根通しの急坂を選んで登って、途中、3組の下山者に会う。 これで、この山はきっと、私たちのお貸きりだー♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪ 大声で歌っても、恥ずかしくないよねー。なんて話しながら、 市倉尾根合流点で90度曲がって、こちらの道に案内はありません。
P4255838
浅間隠山(1756,7m)  
P4255827
ここは、とっても眺めがよくて、気持ちがいいところだよ。 浅間が近い!
P4255822
当たり前か(^。^;) この山がじゃまで、浅間が見えないよ、って意味の山名なんだもんね。  榛名や、この前行った岩櫃も近い。 草津白根や谷川が、春霞の向こうに浮かんで、夕方になってもポカポカと暖かい。
P4255823
P4255824
P4255829 歩いてきた稜線が見える。なかなかのアップダウンだ!
 半端な時間に下りると、渋滞につかまっちゃうし~・・・
今夜は、夫は出張で、家にいないんだ。 夕飯の支度を気にしなくていいの~\( ^o^ )/ ~♪~  ん~(=●^0^●=) こんな時間に山頂でのんびりコーヒータイムなんて、まるで山小屋にお泊りの時みたい。 至福のひと時を過ごしました。
 冬の間、軽いお山しか歩いていなかったから、ちょっと疲れたねぇ。
マップタイムが8時間20分で、累積標高差1400m 平行移動距離17キロ 大腿四頭筋がちょっと張った感じ。車に乗る前に、しっかりストレッチ!  
駐車場にはオオバヤシャブシ
P4255850
カラマツの芽吹きがかわいい
P4255847
 帰路の道の駅くらぶちで、80円のエシャロットと120円のワラビゲット!
P4255853
 結果、遅くなっても渋滞は緩和しなかった (;´o`)暖かくなると、急に観光の車が増えるような気がする。きっと、来週はもっとすごいだろうな。 いよいよGWだね。
 翌日の夕食に、エシャロットのぬたとワラビのおかか和え
頂き物の、伊勢原の寿雀卵でたまかけ\(●⌒∇⌒●)/
お箸で持ち上げても切れない弾力の卵よ。
P4265861

2015年4月15日 (水)

伊豆ヶ岳東尾根~天目指峠

 今日は、なんだかみんな予定が重なって、大姉さまと76歳のお姉さまの二人。
それに、何度かご一緒した若いマイフレさん。
それじゃ、予定のルートは、みんな行きたがっていたから、揃って行ける時にして、行先変更しよう。 マイフレぽんちゃんに 「どこか行きたいところ、ある?」って聞いた。
三つ挙げてくれたお山の名前の一つが、この時期見たいお花が見られるかも。

 ってことで、西吾妻駅で4人で待ち合わせ。
急遽ちい姉さまも参加できるようになったから
 5人(^ー^* )

 今日も雨だけど、駅の桜が綺麗!

P4145334
P4145336
駅から戻るように歩いて、ゲートのしまった橋を渡って廃林道?に入る。
ここ、昔は生活道路だったんだよね。
P4145338
森坂峠には、透明なプラ板の名前が付いてたよ。下久通(シモクズウ)の集落へ降りる道は・・・(;´o`)相変わらず荒れてるね。
P4145340
雨でぬかるんで、マイフレぽんちゃんが、急な下りに苦戦。 登りは体力、下りは技術。もうすぐ、サクッと降りられるようになるよ(^ー^* )
P4145341
集落の奥へ出て、左へ登ると琴平神社が見えてくる。

P4145343
 一昨年来た時、民家の庭先を歩いちゃ悪いかと、畠の横の畦を歩いていたら
「階段歩いてください。こっちの方が登りやすいですよ」ってお声をかけてくださった。
ので、今日は階段を通らせて頂く。

 ここを過ぎたら、伊豆ヶ岳を越えて、古御岳の山頂まで屋根がない。琴平神社のお社の軒先をお借りして、ちょっと休憩。フモトスミレとエイザンスミレがたくさん。

P4145344
 お社の左奥、ここからが、伊豆ヶ岳の東尾根。時毒かなりの急斜面直登。

P4145347
P4145349
下りる時は、支尾根があるから結構難しいけど、登る分には誰でも行ける。途中、ちょっと痩せ尾根や岩岩がある。この岩岩を、いちいち覗き込む。
「なにしてるの?」ってお姉さま。
\(^o^)/ わーい あったあった!

P4145352
P4145356
 実はね、30年くらい前に来た時、ここでイワウチワの大群生を見たのよ。ぽんちゃんから、行きたい山が伊豆ヶ岳 って聞いた時、イワウチワがそろそろかも~。って思ったんだー。
ぽんちゃん、お山を始めて間がないから、イワウチワ お初ですって。
(=●^0^●=)よかったねぇ。
私もお姉さま方も、今年お初よ(^ー^* )

 それから、みんなで岩を覗き込み覗き込み("⌒∇⌒")
何カ所かに、イワウチワが咲いていました。
でも、ちょっと遅かったみたい。
もしかしたら、先週の雪にやられた?(^。^;)

P4145360
 この尾根は、最後まで詰めると、戻るに戻れない岩場になって山頂へ出る。
お助けロープもあるけど、足元は土でグズグズなんだよね。
P4145363
火曜会は、安全第一。山頂の標高差50mほど手前で、左に巻きます。

P4145364
P4145365
子の権現からの道に合流。「ここへ出るのねぇ~」
私の好きな言葉です(*^▽^*)

 伊豆ヶ岳(850,9m)
実は、男坂の途中にアカヤシオがあるんだけど、今日の雨で・・・男坂は止めとく。。
P4145369

 ぽんちゃん初登頂!大姉さまも十何年振りだって。雨で、ここでランチはできないなぁ。
「じゃ、お腹もすいたし、古御岳の東屋まで行きましょうか」ってことで、ちゃちゃっと20分下って、ちょっと登った古御岳の東屋でランチ。
私たちのために誂えたように、ぴったり5人で座れる(*^▽^*)v
P4145371
P4145372
 高畑山(695m)と中ノ沢ノ頭(622,7m)にちょっと登って天目指峠へ。

P4145375
P4145377
P4145380
ここは舗装路が通ってる。
立派な東屋があるので、ここでおやつ休憩(^ー^* )
P4145381
今回、帰路の時間が遅くなるから、子の権現は割愛。ここから林道で北へ下りちゃいます。
P4145385
ダラダラと下っていると、里は桃源郷のよう。
ミツバツツジに枝垂桜にハナモモにレンギョウ。
P4145390
P4145391
P4145395
 ミヤマハコベを見つけて

P4145398
お姉さま方に「先に行っててださい」って言って写真を撮って・・・
慌ててお姉さま方に追いついたら・・・
( ̄-  ̄ ) ンー これ、奥に来過ぎじゃない?
「え?そう?でも道はなかったわよ」
行きは、峠越えをして下りたら、自然に道に出るけど、帰りは、農家の荒れた庭先の藪 みたいなところが、峠への入口なんだよね。こういうルートは、道へ出る時、振り向いて確認しておかないと、難しいよね。手前の道路にも、この先行き止まり って書いてあった。

P4145396
昔は、みんな通っただろう峠越えの道、廃道になっちゃうのかな?

P4145400
 朝、通った森坂峠を越えて、蒸し暑くてふぅふぅ。
ここ越えないと、川沿いの大回りで、距離が3倍になっちゃうんだ。
舗装路より、倒木が多くても山道が気持ちいいしね(^ー^* )
P4145401
P4145402
P4145403
P4145404
 西吾野駅15時半着。
帰路の予定の電車 西吾野15:32分発
予定ぴったり(^v^)v
今日、70代のお姉さま方、しっかりマップタイムで歩いてくださいました。
下りが苦手のぽんちゃんも、今日は頑張って降りてくれました。

 お疲れさま~( ´ ▽` )ノ
イワウチワが見られてよかったですねぇ。

夕飯にワラビのおかか和え

P4145406

2015年4月13日 (月)

岩櫃山 嵩山

 去年の暮れ 嵩山へ行こうと計画していた。
群馬まで行って嵩山だけじゃもったいない。
山友が行ったことがないって言うから、ついでに岩櫃にも寄ろうか?
そうしたら、予想外に早い降雪。
ビビりの私は、雪の岩場はパスだ!

 やっと、みんなのスケジュールが合って、朝一で岩櫃へ。

 ちょっと前まで通行止めだった、密岩登山口から。

P4125225
エイザンスミレがかわいい

P4125228
ジュウニヒトエも今年お初

P4125230
ここへ来たら、やっぱ天狗の架け橋でしょ?
戸隠の蟻の門渡りのミニチュア版?(*^▽^*)
植林地から、すぐ岩っぽくなって、随所に鎖。
すぐ尾根に出て、岩々のアップダウンで天狗の架け橋。
濡れていたら、ビビりの私は巻き道だな。対象物がないと幅が広く見えるけど・・・

P4125232
サイドが結構斜めで

P4125234

端っこが、真ん中はほんとに靴一個分 しかもデコボコ

P4125239
なので、っかなびっくり

P4125235
巻き道は根っこが浮いたトラバースだよ。上から写したから分かりにくいかな?

P4125233
平均台の先は、そこそこ高い鎖場。
P4125247
でも、足場はしっかりしているから、ちゃんと足で登れる。

P4125251
ここ・・・下る場合、両側が切れ落ちてるから、結構高度感 感じるよね。

 トラバースは嫌いだけど、真上に登る岩場って、結構夢中になるから、案外怖くない。
そのあとも、すぐ鎖&岩くぐり&ハシゴ&鎖!
P4125255

P4125262
P4125263
アスレチック三昧。
山友も「面白~い」って喜んでくれる(^ー^* )


P4125266
 お山が低いから、ちゃちゃっと岩櫃山頂
(802,5m)
P4125272
なんか(´ヘ`;)・・・羽虫?がいっぱいって来て、口に入ってきそうだから、さっさと今の鎖を下りて、次の鎖場を登る。
P4125277

 隣の岩峰(九合目)?の方が眺めがいい!
ここで、まったりお汁粉タイム(^v^)
赤城に榛名に、浅間が近い。
草津や谷川がまだまだ真っ白。

P4125278四阿山?
P4125279草津方面かな
P4125280谷川方面
P4125281武尊かな
P4125285

赤城

P4125288
子持山 小野子山 十二ケ岳

P4125287
妙義の奥に金峰が!

P4125290
下山は、櫃の口から赤岩通りへ。
実はねこれね、沢通りへいったん下りたの。
P4125302
7合目って案内を通り過ぎて[原町⇒]の案内を見て、分岐を見過ごしたのかと思って、9合目の岩峰まで登り返してたの。
そうしたら、登山道整備のお兄さん二人が来て、歴史秘話ストーリー付きでご案内。
(=●^0^●=)v やったぁ~

 結局、分岐の目印だと思った櫃の口の洞穴には、名前も付いていなかった。
P4125305
じゃ、アバウトな絵地図に地点名載せないで欲しいな。

 お兄さんたちと別れて、赤岩通り(赤土の鎖場があるの)を通って下山。
P4125311

集落を、ぐるっと廻って、密岩の登山口へ。
迷った時間もお茶タイムも入れて、2時半。

 じゃ、嵩岩 行こうか(^v^)
道の駅霊山たかやま 桜とレンギョウが満開。
P4115143
ここ、以前マイフレさんが、すごく気持ちよさそうなところで写真撮ってたんだよね。
でも、エアリアマップから外れているし、あんまり資料がない。まぁ、信仰の岩山だから、ルートが分からなくても登れるかな?
 
 道の駅嵩山に、案内の地図があって、あ~・・・
分岐だらけだ(;´o`) まるで迷路みたい!
しかも、アップダウンがまるで分らない。等高線も入れておいて欲しいなぁ

 表登山道から、急だけど飽きない道で、あっという間にお体内巡り。庚申山にもこんなのがあたっけ。狭い岩の間を・・・

P4115162
P4115161
P4115163
と・通れる? ザック背負ってたら絶体無理。通ると、土斜面に長い鎖。
P4115166_2
戻って、尾根に出て小天狗へ。なかなか眺めがいい。

P4115155
尾根を東へ

P4115168
P4115171
行くと烏帽子岩分岐。そっちへ。
これ、基部までは行けるけど、てっぺんへは行けない。お名前通りにとんがってる。

P4115174
 戻って、一番高い大天狗(789m)へ。
P4115176
P4115179
P4115181
P4115182
鎖を登ったら、また鎖。結構長い鎖で、山頂三角点へ出たら、その上にまた岩。
女岩 って書いてあって、そこにも鎖。

 ( °o° ) いい眺めだぁ~。
さっき居た岩櫃が近い。南東に下って、次のアトラクション?は弥勒穴。

P4115199
P4115201
P4115200
立てに2本の鎖、横に1本の鎖。カニのタテバイとヨコバイ? 岩をへつると、洞穴の中の弥勒さまにお会いできます。

 ここからは石の階段で、あっという間に道の駅たけやまへ、戻ってきました。
いやぁ、面白かった!(=●^0^●=)v
P4115219
どちらも、遊園地のアスレチック迷路 って感じ。
近くの桜公園で一休み 

P4125327

P4125333
今日は、早く帰らないと、選挙があるの。
横浜県知事選挙 神奈川県議会選挙 横浜市議会選挙 だから、早めに帰宅。
今から行ってきま~す ( ´ ▽` )ノ

 明日と16日は、幼稚園と小学校の懇談会で、嫁ちゃんが留守の間の子守。
3歳と6歳で留守番は、ちょっと怖いもんね。
こんな時、息子の家が元自分の家、ってのはとってもやりやすい。ご近所さんも知ってるし、地理も分かってるし(^ー^* )
20日は幼稚園の遠足で、一年の孫とお留守番。

 お姉さま方から「孫が幼稚園と小学校に分かれた年が、一番お座敷がかかるわよ」
って言われてた。
「呼ばれるうちが花だから、頑張って!でも火曜日は止めてね。ちゃんと幼稚園と学校に言っといてね」
(;・_・; ・・・・
よかった。
月・木・月 と、上手いこと火曜日を避けてくれて("⌒∇⌒") キャハハ

 ばぁば道 忙しくなります(/・0・)

2015年4月 1日 (水)

コンキチ山~駒ヶ岳~神山

 山友Yさんが、遠くから18切符で箱根へ来てくれるって。まだ登っていない神山へ登ってみたいんだって。

 お姉さま方と、早雲山や大涌谷から神山と駒ヶ岳に何度も来ているし・・・
Yさんが歩いてみたいって言うから、コンキチ山経由の周回にしようっと(^v^)

 小田原で待ち合わせて、バスで姥子へ。
昔は、ちゃんと案内があるハイキングコースだったんだけど、今はもう、案内板も朽ちてる。入口はこんな感じで・・・

P3314654
確かここ、一時火山性有毒ガスで危険って言うんで、通行止めになっていたの。

P3314655
 静かでいいけど、あんまり人が入っていないなぁ。少し入ったところに案内板があるけど、全く判読不可能。

P3314656
登山道の枯葉が、きれいなまま。人が踏んでいない証拠。バイケイソウの群生地が何ヶ所かある。

P3314657
足元がグズグズな急な登りもあるけど、藪はなくて、倒木をまたいだりくぐったり。

P3314663
振り向くと樹間から丹沢や奥秩父 丸岳の牛鹿八ヶ岳も見えて、(ノ°ο°)ノ オオオオ 富士山が美しい。

P3314665
なんと!赤石・聖・上河内が見えてるよ。

P3314668
神山からの尾根の、鞍部へ出る。
ってことは ( ̄▽ ̄)V 
反対側の、標高差30mほどの高みがコンキチ山
見ると、防火帯みたいに箱根笹が刈られた道があって、刈った笹が20センチくらいに伸びて、とっても歩き難い。

P3314675
急斜面を登ると、小さな山頂に出た。

 三角点は、どこ?
小さな木の山名札があって、その下に排水口のような蓋。お山では滅多に見ないタイプの三角点だ。
P3314672
蓋には、三角点のプレートが埋め込まれていたよ。開けると、、4等三角点。
P3314673
コンキチ山(1207,2m)点名『冠下』

P3314670_2
 トラバース道は、小さい沢の近くへ出る。
P3314678
ハナネコノメソウが、咲きそうな沢だな。
でも・・・ないなぁ。見ていると、「そこに咲いてる!ほら!足元」 お姉さま方に言われてみると、岩に小さなネコノメソウが \(^o^)/ わーい 
P3314680

今年お初! Yさんも、しゃがんで一生懸命写真を撮ってたよ。

P3314687
P3314688
 防ヶ沢の分岐に出て、だいたいいつも ここでランチだな。だって、この先駒ヶ岳までの急登を、すきっ腹で歩くのは辛い。それに、駒ヶ岳って、いっつも強風で寒いし!

 今日は、Yさん入れて8人だから、ランチはいつにまして賑やか。
P3314714
通りすがりの人が、今日 ロープウェー止まってますよ。って教えてくれた。
強風で止まってるって。

 標高差100mくらい頑張ると、ロープウェーがある箱根駒ヶ岳(1356m)へ。
P3314719
実は、火曜会で、ここから富士山が見られたためしがない。
 この辺は、ベニバナヒメイワカガミを見に来ることが多いから、5月って霧が出やすいんだよね。今日は、初めて来たYさんのビギナーズラックか、みごとな富士山!

P3314716
 何度もいらしているお姉さま方には、ロープウェー駅で待っていて頂いて、Yさんとサクッと、神社から山頂を一周してくる。

 午後になっても、丹沢も海も、富士山も南アルプスも、まだ見えてる(^ー^* )
P3314695
眼下に芦ノ湖が、強風で白波立ってる。

P3314725
 よかったよかった。
初めて登る方には、
特に、遠くからいらっしゃる方には、
きれいな富士山を見て頂きたいもん(^ー^* )

 防ヶ沢分岐まで戻って、今度は神山へ・・・
のつもりが、お中道へ入ってしまって、イチゲの写真とか撮っていたら、
P3314731
P3314733
久しぶりに参加のマイフレAちゃんが「ねぇ、神山の道って、すぐ登りじゃなかった?」 (;-・。・-;)あ・・・
間違えた(・_・;)ごめん!ありがとう( -。-) =3

 5分戻って、岩ゴロゴロの登り。
ここが、箱根の最高地点(1437,8m)神山。
P3314734
P3314737
この少し先から、戻るように登ると、冠ヶ岳
P3314738
P3314739
P3314741
大涌谷の上に、烏帽子みたいに見える尖った山。

 時々岩っぽい道を、ガンガン下りる。
人の声がザワザワしてくる。
すぐ下が大涌谷だ。
P3314745
P3314750
大涌谷、何てグローバルなの? 日本語より多い、英語・中国語・韓国語・分からない語!

 桜の時期に合わせて、富士山と箱根のツアーが多いんでしょうね。
温泉で茹でた、黒卵を買って(^ー^* )

 バスで小田原へ。
湯本手前は渋滞!予定時間を30分越え。
小田原で、来週入院のYさんの激励会。

 一日、最高の景色でしたね。
楽しかったねー。
また歩きましょうねー( ´ ▽` )ノ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »