« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

八間山~白砂山~地蔵山~池の峠

 「ちょっとアクセスが遠いけど、行きたい山があるんです」って、山友からメール。
「 遠いってどの辺?」
「長野と群馬の間です。野反湖の近く」
白砂山?まだ雪あるじゃん!(;-・。・-;)
でも、調べたら、この時期シラネアオイがいいみたい(^ー^* )

 ただ・・・一応、ブヨ対策をしとかないとかな?
雪解け時期の、苗場のブヨはすごかったもんな。虫よけシールと、腕輪と、ハッカスプレー持参。
 
 しかし、早朝出ても、アクセスが遠い。
登山口に10時くらいになっちゃうかも(;´o`)
周回すると、マップタイム9時間。
日暮れ前に下山できるかな?

 道がすいていて、9時前に着けてよかった。野反湖がきれい。


P5307042
富士見峠の登山口から、ものの10分ほどで、シラネアオイ群生地。
地元の方が10年以上かけて、保護したんですって。
これはすごいよぉ~
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
P5307062
P5307068
去年佐渡で、一生分のシラネアオイを見た。
と思ったけど、これは、2生分?3生分?
ありがたいことでございます。
ぐるっと周回。眼福眼福(*^▽^*)
気の早いコマクサも咲いていたよ!
P5307055
階段をどんどん登って、両側は、レンゲツツジ。

P5307097
ムラサキヤシオも咲いている。
P5307104
ナエバキスミレに
P5307091
 コヨウラクツツジ

P5307103
イワカガミに
P5307045
ベニサラサドウダン
P5307099
イワナシに
P5307155
ヒメイチゲの大群生! 
P5307158
ミツバオウレンもかわいいし
P5307151
タケシマランにもお会いできて
P5307142
こりゃたまらん~(=●^0^●=)

 目を上げて見ると、白砂山は・・・
まだ、あんなに遠くなのかぁ~。
P5307128
 
 八間山(1934m)は山頂が広くて気持ちがいい。

P5307126
P5307127
ここから、岩堂山分岐までが長い。
結構なアップダウンがある。時々シラネアオイ(^v^)
P5307141
あとは、気持のいい尾根。石南花も花盛り。

P5307148
 と思っていたら、ここで私、急に失速。
昨夜、出かける支度やなんかで睡眠不足だったの。それが響いたのかも。
それと、めちゃくちゃ暑かったせいもある?
結構きつくて、ゆっくりゆっくり登る。

P5307150
P5307159
P5307161
P5307167
 みんなが、偽ピークって言う峰を越える時が辛かった(;>_<;)
白砂山(2139,7m)午後1時到着
P5307168_2
わぁお!('◇'*)
苗場の左に佐武流山かな。
P5307175
稲包山まで、ずっと続いて歩けそう!
P5307177
だけど、道はここまで。藪がひどくて歩けないんでしょうねぇ。
P5307171
やっぱり結構、ブヨが多くて、途中で何度もハッカスプレー。それでも、おでこに刺されちゃった(;>_<;)  目の上って、虫よけスプレーできないから、よく刺されるんだよね。(お蔭で今朝は、お岩さんだよ【T_T】)
ネットかぶってる人もいたけど、あれ、暑いんだよねぇ。

 山頂から見える、続く尾根、気持がいいなぁ。

 失速した割に、思ったより早く来れたから、下山は同じ道より、岩堂山経由にしようか。
最後は車道で、暗くなっても大丈夫だから。
P5307180  こちらのルートは、なかなかの残雪。
P5307182途中の池に黒サンショウウオの卵
P5307185
P5307187ツバメオモトももうすぐ咲きそう
P5307189
腐った雪だけど、トレースがあるからありがたい。
P5307193
P5307194
もうちょっと前だと、夏道と冬道を行ったり来たりの藪漕ぎがあるらしい。

 堂岩山(2050m)は、山名板付近は雪に穴が開いていたよ。木が温められて、雪を解かすんでしょうね。

P5307191_2
 少し降りた[水場5分]の案内に、どんなところか見に行くと、雪解け水の沢がきれいで、めっちゃ冷たい!
P5307202

最高に美味しいお水(=●^0^●=)v
P5307201
地蔵山(1802m)はよく分からなくて、ハンノキ沢へ降りてから最後の登り返しがきつい。
P5307210
白砂山登山口へ下りず、途中の案内のない分岐を左に入ると、どんどん登って、小さな三角点峰。ムラサキヤシオ越しの野反湖がきれい(^ー^* )
P5307215
P5307214
この辺は、遊歩道風によく整備されている。階段を下りて、車へ戻る。

P5307218
 今日は、夫がお泊りだから、夕飯の支度をしなくていいの。だから、帰宅をあせらなくていいんだよぉ~(^ー^* )

 すぐ近くの、道の駅六合の、皇太子さまが白砂山に登った時にも入られたと言う温泉へ。
P5307221
露天風呂はないけど、少し硫黄の臭いのする、いいお湯でした。

 野反湖は・・・アクセス遠い!
でも、最高のシラネアオイだった。
最高の稜線歩きだった!(=●^0^●=)v

 少し散ってしまった花もあるけど、まだ一週間くらいなら、シラネアオイが見られるかな。

2015年5月25日 (月)

本州九州最高峰中岳~天狗ヶ城~久住山 岡城跡 仙酔峡 

 熊本空港に8時着。 意外に涼しい。

牧ノ戸峠10時半着。  すごくよく整備された道で、イワカガミとマイヅルソウがいっぱい! 
P5226726
P5226752
ちょっと早い霧島ツツジも!
P5226725
ハルリンドウもたくさん
P5226729
\(^o^)/ わーい なんて気持ちのいい道なの。
P5226731
P5226734
P5226739
ヒメハギ
P5226736_2
ムシカリ
P5226740
コケモモ
P5226751
久住別れで、ふとエアリアマップを見たら、久住中岳の上に、[九州本土最高峰]って書いてある。  ( °o° ) エ? 久住山が最高峰じゃないの? 途中、御池って言う、と~ってもきれいな火口湖があった。
P5226764
こっちに来てよかった!  で、中岳(1791m)へ登ると
P5226772
なるほど久住山が、少し低く見えるような気がする。 坊がつるが見下ろせる。
P5226776
で、すぐ隣の天狗ヶ城も、中岳と同じくらいの高さに見える。('◇'*)え~ あっちにも登りたい! 地元の人に聞いたら、「何分もないが、下りが滑るき、気い付けて」  あれ?少し関西弁にも似てる?(^ー^* )   「ありがとうございます。気を付けます」 山頂に 天狗ヶ城(1780m)とあった。
P5226780
そして、 すぐ西の山腹からは、水蒸気が上がってる!
P5226782
活火山だね~( °o° )  ザレた急下降で鞍部まで戻って
P5226785
念願の久住山(1786,5m)へ。
一等三角点標石 タッチ!( ̄▽ ̄)V ブイ
P5226794
P5226793
P5226798
 帰路は、行に気が付かなかった、この辺りの固有種 ツクシドウダンも見つけて、嬉し~い!♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
P5226810
P5226811
P5226801
P5226806
 こちらはウスノキ
P5226809
約束の時間より、だいぶ早めに牧ノ戸峠に帰っちゃった。 (゜o゜)あらぁ・・・ここ、マップタイム甘いね。  濃厚なソフトを食べてまったり。  
P5226819
今夜、タダで泊まれるホテルは、レゾネイト久住。もとは放牧地だったって言う、広大な敷地。お庭の中に、乗馬コースや散策路もたくさんあるらしい。お部屋からは、久住連山の眺めがいい!
P5226828
コーヒー豆とミルが置いてあって、登った山を見ながら入れる、挽きたてコーヒー 至福の時間(=●^0^●=)v  
お夕食のメインは替えられるって言うので、豊後赤牛焼きと地鶏焼きとにして頂いた。  
P5226837
P5226839
 5月23日(土)  朝風呂に入ってのんびり出発。
P5226830
滝廉太郎の荒城の月 で有名な竹田城跡(岡城)に登る。
P5236850
二つの川に挟まれて、断崖絶壁の中洲のような、上だけ平らな土地は、山城に最適だったんでしょうね。
P5236847
本丸から離れた、武家屋敷の方まで廻って[急坂注意]って言う山道で、駐車場へ降りる。
P5236853
崖からきれいな湧水があって、イワタバコが群生。これだけ水が豊富だから、山の上に大勢が暮せたんだね。  
それから、3年前にローウェーが廃線になった、仙酔峡へ。 「ちょうどミヤマキリシマが咲いている時期だから」って。
P5236864
P5236878
P5236884
 この仙酔峡は、草千里と反対側で、以前は阿蘇の最高峰、中岳まで一気に行けたらしい。 今は、火山レベル2で、登ってはいけないんだって。  途中で雨がパラついて来て、近くの尾根まで登ったけど、すぐに下りた。 飛行機の時間にはまだまだあるし、「草千里にでもドライブする?」 阿蘇駅でダゴ汁を食べていたら、九州横断特急が来る。
P5236888
P5236891
P5236895
阿蘇の、私が大好きな米塚も通って草千里へ。
P5236901
P5236910
 中国からの団体さんが多い! 時々雨が強く降るので、雨具を着て烏帽子岳登山口からちょっとだけ歩いたり
P5236911
P5236912
P5236913
P5236929
火山噴火館の中をのぞいたり。
阿蘇北向谷原始林ってのを見て・・・
P5236934
最後に、鮎返しの滝を見て空港へ。  
P5236937
夫の、出張でたまったマイルとホテル券のお蔭で、ただで旅行の 2日間でした(=●^0^●=)v

2015年5月18日 (月)

沢井尾根で高水三山 越沢アルペンコース

 山友に「奥多摩で、行きたいところはある?」って聞いた。
「高水三山に登ったことないんだ」だって。
( °o° ) へエー
変なバリルートはいっぱい歩いちゃったのに、そうか、高水三山か。
じゃ、沢井尾根で登ろうか。
そこなら、週末でも人に会わずに静かに歩ける("⌒∇⌒")
と思っていたら・・・雨じゃん(/_;)
 軍畑の駅から高水山へ行くのと反対に、ちょっと歩いて、左の農家さんちの隣の隙間を登る。
P5166408
線路の下をくぐると、すぐに水道施設の階段。
P5166409
これを登ると尾根端。
 配水所?の脇を抜けると、檜の植林地に、はっきりした踏み跡。
時々、枝がうるさい程度。
急なところには、トラロープまで付いていて、ほとんど登山道みたいだね。
ただ・・・雨具を着ていると、蒸し暑い(#´ο`#) はぁ~
尾根が分岐するところには、こんなに目印!
P5166422 ちょっと岩っぽいところもあって、
P5166424
この尾根は変化があって楽しい(*^▽^*)
沢井からの道に合流して、眺望のない惣岳山山頂(756m)
Img_1921s
神社の軒先を借りて雨宿り&おやつ。
 岩茸石山が気持ちがいいから、そっちまで行ってお昼にしようと思ってた。
30分で、奥武蔵の眺めのいい岩茸石(793m)
雨はほぼ止んだけど、木からのしずくで休めないね。
でも、諦めていた眺望はある!\( ^o^ )/
P5166433
P5166435
一昨年、棒の嶺からこっちへ抜けたっけ。
あの向こうが名栗湖だよ って話ながら立休憩。
赤杭尾根?にせき止められた雲が素敵!P5166436
 ここは眺めがいいからいつも人が多い。でも、さすがに誰もいない("⌒∇⌒")
 お姉さま方と飯能から抜けた時、めっちゃきれいな紅葉を見た高水山の東屋でゆっくりする。
P5166437
アブラツツジ
P5166440
P5166442
最後に車道が長いのが玉に瑕だね。
途中、ハンショウヅルやセッコクが!( ̄▽ ̄)V 
P5166450
P5166452
P5166453
でも、チャチャッと車に戻って・・・
 じゃ、私が行きたいミニ周回 行っていい? 
以前、マイフレさんがミニメで、「これどこだか知ってますか?」
って、沢と荒れた登山道の、きれいなユーチューブ映像を送ってきた。
( ̄-  ̄ ) ンー なんか見たことがあるような・・・
 鳩ノ巣大橋を渡ると、隣に立派な橋が工事中で、城山トンネルってのもできていました。
鳩ノ巣から、城山(759,8m ここにもイワウチワが咲くよ)の下を通って海沢から奥多摩へ出る道かな?
集落の奥へ上がると、立派なトイレと東屋がある。
P5166467
ここから大楢峠へ行けるよ。東屋の後ろから戻る予定
P5166472
P5166473
ジャケツイバラ
P5166477
林道はぷっつり終わって
P5166478
その先の山道の途中で下りちゃう。
P5166479
P5166480
大岳の北側、廃業してだいぶ経つ越沢キャンプ場。
ここに、『荷物が少なければ鳩ノ巣へ行かれます』って古い看板がある。
P5166485
P5166488
面白い表現だね。
道が細くて危ういってことだよね。
沢を下流へ少し移動。
風が抜けて、とっても気持ちのいいところ(^ー^* )
一人でもローリングする吊り橋や、腐った緊張する桟道もあるけど("⌒∇⌒")
P5166489
P5166491
P5166494
越沢パットレスを通り過ぎると、ありました!
アルペンルート。
P5166500
 ここがにぎやかだったころに、管理の方が整備した、けものみちコースとアルペンコースってのがあるんだよ。
 草ぼうぼうの急斜面を登ると、落ち葉がグズグズで、その下が岩の崖のトラバース(;´o`)
P5166501
大木の枝が張り出したのをくぐったり、大岩を撒いて、足場の悪いトラバース。
そのあとが、なるほどアルペンコースだ!
岩にちゃんと鎖があるけど、人が歩いていないから、岩が苔むしていたら、鎖が錆びていたり(^。^;)
P5166503
P5166505
私は、岩と木の根っこを頼ったけど、結構いくつも鎖が出てくる。
P5166506
P5166507
P5166509
最後に岩壁が出てきて、これは・・・腕頼みになるから止めとく。
横のトラバースを選んで、そのあとも根っこの崖を登ると!
P5166510
(ノ°ο°)ノ オオオオ
見覚えのあるお社。
P5166516
イワウチワの時に何度も歩いた、鉄五郎新道の金毘羅神社。
ちょうど越沢パットレスからクライマーが上がってくる位置。
P5166517
 はい、冒険終わり。面白かったね(^ー^* )
鉄五郎新道は、この時期草がかぶって、コアジサイに朝の雨で服がビショビショ。
P5166520
最後に、寸庭橋へ出ずに、寸庭川を渡って、対岸へ。
P5166524
標高差150mほどを登ると、最初に登った鳩ノ巣大橋の奥の東屋へ出るよ。
はい(^ー^* )
綺麗に周回できました!
 ミニ周回は、2時間程度かな。
いやぁ( ̄▽ ̄) 面白かったね!
沢沿いの道って、ひんやりして気持ちがいいね(^ー^* )
 冒険ルートと、入門ルート どちらもチャチャッと楽しめました(^ー^* )

2015年5月14日 (木)

赤目四十八滝 倶留尊山

 大姉さまが「あなた、赤目四十八滝って知ってる?行ったことある?」って聞いてきた。 夫の実家の近くだから、もちろん行ったことがある。 何でも、小説が面白くて、映画にもなって、一度行ってみたいと思ってるんだって。 「じゃ、5月のY姉さまのお誕生日山行 そこにしましょうか?」

 
  赤目四十八滝心中未遂 って映画 知ってる? 私は、本も映画も知らない。 ただ、この滝は、子供を連れても来たことがあるんだ。  
 ところが!
(^o^; ほえ~ 5月なのに台風? 
三重県、集中豪雨にご注意くださいって・・・(・_・;)    
 5月12日  お姉さま方と新幹線と近鉄線を乗り継いで・・・
入場料400円を払うと、まずオオサンショウウオセンターの見学。
P5126239
P5126240
P5126242
P5126241
それから、渓谷に入る。 小雨の中、よく整備された遊歩道を、滝を見ながら遡る。 4キロに渡って、次々に現れる、それそれ個性が違う滝。 本流の、名前の付いた滝だけでも、20くらいはあるかな?
 予報では赤目の風速12m  山じゃないけど、いつものポンチョは止めて、覚悟の装備だったのに・・・ 風は静かで、新緑が綺麗。  
P5126244
P5126245
P5126246
P5126268
P5126278
P5126280
台風予報でも、2組のグループとすれ違った。 静かな渓谷ハイキング。  岩窟滝が最奥で、出合茶屋で林道に出る。
P5126291
P5126305
ここまでで、2時間の行程。 小笹峠を越えて、落合まで、山の中の静かな古道を歩いきます。
  意外にも、雨足は弱くなったり止んだり! 樹林だから、あんまり気にならない。 落合に出て、今夜泊まる民宿、豊栄さんが、車で迎えに来てくれた。 3時にはお宿でのんびり。 近くのお亀の湯の無料券を貰って、すべすべの温泉へ送迎付き。 一泊二食6千円で、山菜料理が楽しめるよ。 ご飯の前に、Y姉さま お誕生日 おめでとうございます\(^o^)/  
P5126328
P5126332
 実はね、記念すべき喜寿だと思って、値段に糸目を付けず、ホールケーキを民宿にお願いしようと思ったの。 で、連絡したら、火曜日は、朝早く市場に行くから、まだケーキ屋さんが空いていないんだって。 で、いったん帰ってケーキ屋さんに行くと、往復1時間以上かかるんですって。 「市場の日じゃなければ、ケーキ屋さんが空く時間に買い物に行くんだけど、すみませんねぇ」だって。 だから、家の近くのブランデーケーキを背負って来たよ。 クッキーに 祝喜寿 って書いてもらったのを飾って、 ここで問題発生!
 お姉さま、おたん所日が来て76才!( °o° ) エー
プレ喜寿祝い(゜゜;)・・・しちゃいました。 ま、一年違いはさて置き、乾杯~  (=^O^=)o□ プハァ  お姉さま方で、赤目四十八滝心中未遂 の映画の話で盛り上がって楽しそう(^ー^* ) 「ずっと来たかったの。でも、山じゃないから・・・」ですって。 「海でも山でも滝でも、行きたいところがあったら、とりあえず言ってみてくださいね」  
 5月13日  民宿の朝食 とっても美味しかったです。 これで、送り迎え付きで6000円だなんて、ありがたい~。  
 曽爾高原まで車で送って頂いて、ここは、ススキで有名なところ。 息子が小さいころに、おんぶして登ったこともあるよ。 今は、季節じゃないから、比較的すいている。 春に山焼きするから、すごく眺めがいいんだよ。  尾根に出て、いい眺めだけど、飛ばされそうな強風!
P5136341
P5136345
 二本ボソへちょっと急な登り。 番小屋があって、入山料が500円。 実は、ここから先に行ったことがないの。 だって、入山料500円って・・・高くない? 二本ボソ山頂は岩っぽくて狭い。東側は絶壁。
P5136353
P5136356
 尾根伝いに北へ激下り。
途中、今年お初の石南花が綺麗!
\(^o^)/ わーい
P5136360
 トラロープの岩っぽい道で歩いて、
P5136365
P5136367
倶留尊(くろそ)山の山頂は気持ちのいい眺め。  
P5136369
眺めのいい三つ岩へ寄ってここで軽くおにぎり食べて・・・
P5136370
P5136375
P5136380
西浦峠から、集落へ出てから、ちょっと分かりにくい分岐とかもあって、バス停へ。
P5136401
P5136403
あ!ここ、先月姑を、温泉に連れて行った時に通った道だ。  一日に何本もないバスの、10分前に下りられた。
P5136404
 お姉さま方、今日もきっちりマップタイムで歩いてくださってありがとうございます。 名張でランチして、名古屋へ。
  お姉さま方は、名古屋でもう一晩泊まって、犬山城を観光してお帰りですって。 私だけ、先に帰ってきました。 犬山城って・・・なにがあるの?  
 今回、大夫を上手いことすり抜けて歩けて、非常にラッキーでした!

2015年5月 6日 (水)

江戸小屋尾根~中尾根~神ノ戸岩

 今年は、子供の日が火曜日。
( ̄~ ̄;)ウーン・・・
どこに行っても、混んでいるだろうな。
ちょっとしたバリエーションだと、一般登山道に抜けた時に、人がうじゃうじゃだろうなぁ。。
じゃ、ずっとバリエーションで歩けばいいか。("⌒∇⌒") キャハハ

 久しぶりに乗ります。
ホリデー快速、奥多摩1号。新宿から乗れればいいけど、立川から乗る私は座れないなぁ、と諦めていた。( °o° ) あら、座れちゃった
(^ー^* ) 数日前までの今日の天気予報は傘マーク。朝も雲が厚かった。それでかな?

 昔、氷川って駅名だったころから通いなれた奥多摩。駅前のバス乗り場は大混雑。
電車の中で、駅の階段の位置に移動して、火曜会は、女子トイレ一番乗り!("⌒∇⌒")
出てきたら、長蛇の列( ° ° ; )  

バス待ちの列も、うねうねと並んで、増発便が待機。
 混雑をしり目に、バス停で5つ目くらいの奥多摩病院まで歩く。新緑に藤の花が綺麗。
P5056127
病院の後ろの、慈眼院の奥の尾根が江戸小屋尾根。お墓の奥に踏み跡あります。

P5056132
なかなかの草薮で、蜘蛛の巣攻撃(;>_<;) ぺっぺっ!

P5056135
 ちょっと登ると、地図にない林道があって法面が高い! でも、ちゃんと鉄梯子が置かれてるよ。 

P5056138
 明るいところは、かなり枝がうるさいなぁ。
P5056141
P5056142
植林地に入ると、よく踏まれた道で、でも、なかなかの急斜面。標高900辺りに伐採地。じゃ、ここでちょっと休憩。先週歩いた、倉戸から榧ノ木山がよく見えますねぇ。

P5056150
P5056147
そのすぐ上が、954mの九竜山。 黄色い、真新しい板で、大きな山名板が付いてました。
P5056152
 70mほど下りて、足元の岩がガラガラ動いて歩きにくい。

P5056154
次のお山が江戸小屋山。
山頂は結構長くて広いよ。

P5056155
 12月に、久々に大きなお名前板を背負って来てつけたの。お姉さま方が、それを見たいって前から言ってたんだ。でも・・・無いの(;>_<;)
力作だったのになぁ。 真新しい、黄色い大きなお名前板が付いていたから、ま、いっか。

 真南へ登ると、鞘口山(1142m)。大ダワから御前山への、通過点のようなところね。
私たちが上がってきた踏み跡は、木の枝がうずたかく積まれて、入ってはいけません、になってました。
P5056160
P5056159
 ベンチもあるし、小広いし、ここでランチ。
P5056162
ここまで、誰にも会わなかったよ。一般登山道で、次のピークは、クロノ尾山(1179m)
この区間で、数人のハイカーとトレランさんに会う。5月5日にしては静かだね。

P5056166
 そのまま行けば、あと30分で御前山だけど、今日はそんなメジャーなところへは行かない。
このクロノ尾山で、南へ降りちゃう。

 ここ、エアリアマップには乗っていないけど、昔から歩かれていた尾根だよ。
30年振りだから、大勢連れて下るのはちょっと緊張するけど、この季節だから大丈夫でしょう。
 標高1000m付近の、尾根のちょっと東側に、大ムレ山の神がある。このお社には、大岳神社の狛狼によく似た狛狼がいるの。ツルンとまぁるいお顔だよ。一番濃い踏み跡を歩くと、スルーしちゃう。狛狼に会いたい人は、尾根のやや東側を意識して歩くと会えるよ。

P5056170
 途中、左右に降りる踏み跡があるけど、間違えた場合、どんどん急になって行くから、変だなと思ったら戻ってね。標高700mくらいまでは、歩きやすいきれいな尾根。
フイリフモトスミレの群生がある。

P5056168_2
 一部、払割れた下枝で、道も分からず歩きにくい場所があった。

P5056173
 それから、急になるけど、踏み跡が合わさってしっかりして、登山道と言ってもいいくらい。
最後はジグザグに下りると、神ノ戸のキャンプ場の奥の物置みたいなところに出る。
もちろん案内はないよ。
P5056175
 さすがのGWで、キャンプの人の声が響いてる。

 今日は、神ノ戸岩を歩いたことがないって人が4人。なので、車道へ出てちょっとだけ上へ。
トンネルを抜けたところから、川に下りられる。
ここが、天岩戸。

P5056186
P5056188
P5056192
P5056199
 石走る 垂水の上のさわらび の萌え出づる春になりにけるかも
には、ちょっと遅いけど、落ち着くゴルジュ帯。
ここは、夏に来ても、涼しくて気持ちがいいよ。

 岩が迫る、沢沿いの散策路を通って、トンネルの下側へ出て、一休み。
すぐ、予約のタクシーが来てくれた。

 
 お姉さま方、お足元の悪いバリエーションで、本日もマップタイムで歩いてくださいました。
本日参加のマイフレさんも、余裕で急登、急降下、藪漕ぎ お疲れ様でした。

 GWに、誰にも会わない尾根、気持がよかったですね~(=●^0^●=)v

2015年5月 4日 (月)

芦川~節刀北西尾根~鬼ヶ岳北西尾根~芦川

今日は、バリエーションルートの下見。GWでも、人に会わなくて済むでしょ?("⌒∇⌒")

 普段は人気のない芦川のオートキャンプ場、朝からバーベキューの炭の匂い。

P5036060
管理棟前に車を停めて、「山へ登るけど停めさせて頂けませんか?」と言うと、いいよって
( °o° ) エー 駐車料金 取らなくていいの?
ありがとうございます(/・0・) 

 まず、東に延びる、地形図破線ルートを探ってみる。

P5036061
実は、事前にネットで調べたら、もっと下の、尾根末端から歩いている人の記録は幾つか出てきたの。でも、それじゃ、お姉さま方と登るには、距離がありすぎる。

 この、芦川キャンプ場から東へ延びる地形図破線路は、ヤマレコとかブログとか、一つも引っかかってこなかった。
あれれ~( ・◇・)?ひどい廃道で歩行困難?

 あ(;´o`) 誰も歩いていないのはこう言うことかぁ。コンクリが割れて、落ち込んで段差ができて、、しかもコンクリは水がしみないから、水が流れている。ここ数日雨が降っていないにもかかわらず(^。^;)
P5036062
P5036064
 しばらく谷を入ってみたけど、ますますコンクリが割れて段差があって、水が流れて、落ち葉が深くて、しかも尾根が高くて取り付きにくそう。下がコンクリだから、水がしみなくて、返ってひどく荒れちゃったのね。

P5036065
 ( ̄~ ̄;)ウーン・・・
「ごめん!最初の尾根で登るわ」
って言って、戻る。
キャンプ場のすぐ奥から、ま新しい林道工事をしている。
そのすぐ脇の尾根に取りつく。
節刀の北西尾根の支尾根だ。

 尾根がはっきりしたところに、赤テープをつけておく(^v^)
踏み跡や赤テープは、全く見あたらないなぁ。
適当に登って行くと、どんどん斜面が急になって、時々つかまっていないと滑り落ちそうな感じ。

P5036066
でも、横に崖もないし、これなら百戦錬磨のお姉さま方なら楽勝だわ("⌒∇⌒")
標高1200m辺りは、林業さんが間伐した?木が、地面にそのまま散乱して、歩きにくい。
尾根ど真ん中より、やや左が倒木が少ないみたい。

 標高1350mで、激登が急登になった。
ホッ ε= (*^o^*)
よかった!
この尾根、使える(^ー^* )
P5036067

 1600m辺りはかなり枝がうるさくで、でもちょっと岩に上がると・・・
\(^o^)/ わー!
甲斐駒から七面山南アルプスが勢ぞろい!

P5036073
P5036076
 枝を避けつつ歩くと、節刀ヶ岳(1736,4m)の北側にポンと出る。

 うわぁ\(●⌒∇⌒●)/
目の前に、ドーンと富士山。
これは気持ちがいいなぁ。

P5036078
 山火事注意の、看板の横から出てきたよ。

P5036079
 岩のゴツゴツを通って鬼ヶ岳(1738m)へ
あ(゜o゜) 節刀と1,6mしか違わないのね。
ここで、富士山を見ながら早お昼。

P5036084
P5036089
P5036092
P5036100
P5036101八ヶ岳
P5036094白根三山
P5036097荒川赤石
P5036098
 王岳方向へ、ちょっとだけ下りたところに、下りたい尾根がある。(・_・;)通行不能って書いた看板があったよ。一般登山道と勘違いして入ったら大変だもんね。

P5036105
P5036104
 北向きから、北西に角度を変えて、最初は案外しっかりした踏み跡がある。標高1400m辺りで、踏み跡が無くなる。
何度かコンパス見て、左右の地形見て・・・

P5036106
P5036111
 水の沢山(1134m)へ登って、

P5036112
P5036113
P5036114
鞍部に戻って地形図破線路で東へ。 しばらく 下りると、真新しい林道が工事中(^。^;) 法面の崖から何とか降りて・・・北へ。

P5036115
 さっき、登りに使った尾根のすぐ脇へ!
(ノ°ο°)ノ オオオオ
この林道が、舗装されて通れるようになったら、芦川から鬼ヶ岳は、すごく近くなるよ。

P5036117
P5036118
P5036119
 ってことで、本日の周回 綺麗に決まりました。
キャンプ場の管理棟へ、駐車のお礼を言いに寄った。
「どこ、歩いたの?」って聞かれた。
最近、鬼ヶ岳北西尾根で下りようとした人が、沢に下りてビバークして、このおじさんが、救助要請してあげたんだって。
途中に案内がないし、沢付近は崖が多くて危ないから、通行禁止にしたんだよ。
って言われた。

 新しい林道はできてるし、一部破線ルートが違ってるから、行く人は気を付けてね。

それで、通行不能かぁ。
いい周回ができました。
駐車料無料で、色々教えてくださってありがとうございます(/・0・) 

 ってことで、お姉さま方、お楽しみに("⌒∇⌒") キャハハ

 まだお昼ちょい過ぎ。
山友たちの俊足のお蔭で、サクッと早目に周回できちゃった。
渋滞に はまる前に、急いで帰ろう!

 中央高速に入ると、なんと!まだ登りが渋滞
SA毎に入りたい車も渋滞( °o° )
きっと、渋滞につかまって、時間がかかったから、トイレ休憩したんでしょうね。

 GWは、早く出て早く帰るのがいいね。

2015年5月 1日 (金)

都井沢のウラジロガシ~城山湖~拓大尾根で高尾~高尾山口

 去年の今頃、、南高尾から、たまたま歩いてみた踏み跡で、ヤマブキソウの群生地を見た。 お姉さま方から、また見たい!ってご要望。

でも、火曜日はもう予定が埋まっちゃってるから・・・木曜日に行きます?  
 七の会(火曜会70代のお姉さま方で、火曜日の他に週に一度、高尾周辺を歩いていらっしゃるの) の代わりに木曜日に設定。 73歳・76歳・79歳で歩くことになったんだけど、お一人は、ご近所のお葬式が入っちゃったってご連絡【T_T】  
 去年は、ルートの最後があちこちフェンスで止められて、最後に竹につかまって、竹藪の崖登りをして民家に抜けた。 圏央道のお蔭で、こんなところも通行止めになっちゃうのね。  去年と同じに、下山に使うのも芸がないので、逆ルートで行けるかな?前回、崖をよじ登って車道へ出たら、三島神社が目についた。あの奥かな?
 と思って検索したら、数年前の面白い記事を見つけた!  
『樹齢600年のウラジロガシを、圏央道から守ろう!』って。このすぐ近くの巨木が、圏央道建設のために切られるのを防ごうって言う記事。 知られる巨木のうちで、日本で一番大きいウラジロガシなんじゃないかって!結局、ギリギリのところで、残される事になったんだ。 けど、根っこは少し切られてしまうから、上の枝を補強したり、色々地元の方がご尽力したみたい。  
 これ、読んでいるうちに、どうしても会いたくなった。
 橋本で集合して、バスで三本松へ。
この辺かなぁ? 圏央道のフェンスのすぐ脇に、あったあった!
P4305945
都井沢のウラジロガシ ( ̄~ ̄;)ウーン・・・ 残念 フェンスで近づけないんだ。 でも、圏央道側道建設で、ギリギリまで土を削ったから、電柱みたいな棒を立てて、路面側に倒れないように、たくさんのワイヤーで吊っている。
P4305946
P4305950
樹齢推定6~700年 幹周8,4m 樹高20m  ですって。
 (ノ°ο°)ノ オオオオ 圧巻です!
押し寄せてくる、エネルギーを感じます。  
圏央道側道との位置は、こんな感じ
P4305953
 さて、ここからが問題。 道が変わっちゃってるからねぇ。 私が持っている地形図と、現況の道路が違う。 圏央道の上を通る、真新しい陸橋を通って、この 沢だ!  沢の脇に踏み跡が見えるから、降りてみる。
P4305957
P4305958
ウップ!蜘蛛の巣だらけ~(;´_`;) すぐに薄暗い谷になって、(;>_<;) ありゃ。行き止まりだ。  圏央道の真下だから、コンクリに土管で水が流れるように変えられて、沢を遡れない(/_;)  イカリソウが咲いていたよ。
P4305959
 一度道路に出て、三島神社の裏を探してみる。
P4305960
こちらのスダジイもなかなかの巨木!
P4305961
一面ホウチャクソウ!('◇'*)  でも、沢には下りられず・・・(^。^;)
P4305962
 畠の方に「すみません。沢から死人橋の方に行きたいんですが」って聞いたら、「右に行くと沢に下りられたんだけど、今はダメだ~ 道路公団のフェンスで入れないな」ですって(+_+)
 去年出てきた竹藪も、しっかりフェンスが・・・
 と思ったら、隙間から踏み跡が!(*^_^*)v ヤッタネ 
P4305964
P4305965
右へ行くと死人橋。昔、集落の人が、死人を墓場へ運ぶために、この橋を渡ったんだって。  すぐにガガッと沢に下って渡渉。
うっぷ(;´o`) ここも蜘蛛の巣だらけ~(;´_`;)
P4305967
 キクザキイチゲがまだ咲いていた
P4305966
沢脇の道を、ちょっと遡ると・・・  
\(^o^)/ わーい 今年も出会えたね。ヤマブキソウ! 
P4305970
昔は、高尾周辺にもいっぱいあったのに、 今じゃほとんど見られなくなっちゃった。 黄色い大輪の草。ヤマブキは花びらが5枚だけど、ヤマブキソウは4枚なんだよ。
P4305972
地元の篤志家が、守っていてくれる様子です。
 盗掘したら、市中引き廻しの上打ち首だからね!
みんなで、きゃあきゃあ言いながら携帯に収める。
P4305977
 ニリンソウ群生地もあったよ
P4305979
城山湖の発電所前に出て
P4305981
三沢峠へのハイキング路のすぐ脇の、尾根の踏み跡へ入る。
P4305987
('◇'*)わぁお! ヤマツツジと新緑が美しい!
P4305982
 ホタルカズラもチラホラ咲いていたよ
P4305983
P4305984
ジュウニヒトエ
P4305989
何かと思ったらジャケツイバラの種
P4305992
おや!キンラン\(^o^)/ わーい
P4305997
今日は出だしが遅いから、草戸山より手前の東屋でおやつ。
P4306006
今日は、ランチは無しなの。 3人だから、普段持てない抹茶パフェにしたよ(^ー^* )  
P4306001
P4306007
P4306005
 途中、キンランが4ヶ所くらいに咲いていた。  
P4306003
草戸山を通って
P4306010
じゃぁねぇ・・・ 342,9m三角点から
P4306019
拓殖大キャンパス西の、細い尾根を通ってみましょうか? ちょっとマニアックな南高尾バリです。
ツクバネウツギ
P4306017
花が少ないけど、たぶんカマツカ
P4306022
アオダモ
P4306020
こちらの尾根もヤマツツジが綺麗
P4306021
高尾霊園の東側に下りて
P4306032
JR高尾近くの児童公園脇から、もう一度南高尾の末端へ取り付く。ぐるっと高尾徘徊("⌒∇⌒")  
P4306039
 さっき歩いたのはあそこです!って、東隣の尾根(高尾霊園の上)を眺めて、高尾山口まで。
P4306040
 実はね、一昨日「お姉さまぁ~、鎌焼きピザが食べたいです!」っておねだりして、ルートを決めちゃいました("⌒∇⌒") キャハハ    
 この南高尾尾根は、末端から四辻の分岐までが、バリエーションっぽくて、静か。! で、あっという間に高尾山口。  
 ふもとやさんの鎌焼きピザ ご馳走様でした (/・0・)
P4306044

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »