« バケモノ山でまさかの骨折 | トップページ | 棚の入山~朝日山~三日月峠~浜沢 »

2015年6月13日 (土)

和木~金剛山~雪畑山~マトネ~金北山

 去年佐渡へ行った。
山小屋が予約がいっぱいで、ルートを普通の逆にとった。
そうしたら、金北山からの下りの雪壁が、一気に雪崩れそうで・・・
結局敗退して、タクシーで大回り。
来年、リベンジね~って(^ー^* )
 前日までご旅行のお姉さまがいらっしゃるからって、ゆったり集合にした。
東京11時前の集合。
新幹線の中でお弁当(^ー^* )
P6097490
いいですねぇ~。この旅行気分。
佐渡汽船 ジェットフォイルで1時間。
 今回、最近火曜日の常連になりつつあるマイフレさんが、レンタカーを運転してくれるって!
せっかく6月上旬に来れたから、大野亀へ行きたいじゃない。
途中雨が降っていたけど、着いたら止んで、ガスって暗かったのに、歩いているうちにどんどん晴れてきた!
佐渡北端の岬は、感動のトビシマカンゾウ!感動のお天気好転!
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
P6097505
P6097514
シロウマアサツキ
P6097515
P6097519
今年はお花が早くて、今週末がカンゾウ祭りなのに、もう終盤。
でも、キラキラの海も美しく、岬の眺めを堪能したよ。
P6097521
 両津港に戻って・・・
実は、この佐渡の宿を探していて、佐渡プレミアム宿泊券 って言うのを見つけたの。
国の地域振興の交付金を使って、5000円の宿泊費が2500円で買える。
佐渡汽船のチケットも、レンタカ―も、4割引きになるの。
これ、4月と5月に、5000枚づつの販売。
発売日のコンビニで、9時に、購入する ってところまで進めておいたから、13枚ゲット!
発売が9時で、9時14分に完売だって。
 今回、これが使える宿に決定。
両津港の金沢屋、二食付で5千円で泊まれちゃう(゜o゜)
 お姉さま方の分も、発売日にチケット買っといたから、ジェット船往復と、二日分の宿泊費、合計一万円はお安くできたんだよ!
( ̄▽ ̄)V ブイ
 宿泊5千円でも、海の幸ご膳は食べ応えありました。
お刺身の美味しいことったら!
P6097529
P6097531
でね、ここは、元、遊郭だったんだって。
調度や部屋の端々にそんな雰囲気が・・・
「甘海老が、美味しいでありんす」「ほんに、美味でありんすわいなぁ~」
って、しっかり花魁気分。
P6097526
P6097527
 谷文晁作なんてのもありました
P6097532
6月10日(水)
 旅館の前で、地元のマイフレさんと合流。
和木登山口までタクシー。
P6107533
タニウツギ
P6107534
れでもか、と言うほど、四方へ幹を張った巨木が、あっちにもこっちにも。
逞しくたわんで・・・雪の重みでこんな風になっちゃうのね。
P6107542
P6107546
 オオイワカガミやシロバナイワカガミも堪能
P6107544
P6107591
ザゼンソウ
P6107559
ウラジロヨウラク
P6107560
金剛山分岐からちょっと下って・・・
結構枝がかぶって藪っぽいよ。
結構な急登りで、小さな祠のある金剛山(962,2m)
P6107577
アマドコロ
P6107549
\(^o^)/ わーい
今夜泊まるドンデン山荘、明日行く佐渡最高峰金北山 新潟に日本海。
なんて気持ちのいい眺め!
P6107579
 エゾノヨツバムグラ
P6107570
ガクウラジロヨウラク
P6107582
イブキジャコウソウ
P6107581
タムシバ
P6107592
分岐に戻って、今度は雪畑山(1002,9m)へ。
佐渡の高山ベストスリーだけど・・・結構藪(;´o`)
ねじまがった枝を乗り越え、くぐり、標高差70mほどを登る。
これは、距離はないのに、思ったより大変でした。
狭い山頂でランチ。
P6107598
なんと、マイフレさんが、みんなの分の太巻や、お稲荷さんや、ポテサラや、お煮しめや、梅漬けやら、いっぱい持って来てくれた!
重いのに、みんなの分背負って、ありがとう(j o j) ウルルル
P6107600
 分岐に戻って、尾根をドンドン南西に。
樹林の中にはオオイワカガミやシロイワカガミ。
 小柴園って言う、気持のいい広場は、一面のヤマオダマキ!
エゾキジムシロも所狭しと咲いている。
P6107620
P6107628
 トリガタハンショウヅル
P6107617
論天山からドンデン池。
湖のほとりの湿地に、佐渡サンショウウオの卵!そしてモリアオガエルの卵!
P6107634
P6107641
P6107648
P6107658
 去年、強風で立っていられないほどだった尻立山(940m)を越えると、ドンデン山荘が見えてくる。
P6107672
「あと20分ですよー」って言ったら、後ろで「ビール!ビール!ビール!」って(;´o`)
ここも、佐渡プレミアム宿泊券で、2500円割引で、しかもコーヒーがサービス\(^o^)/ わーい
 山小屋なのに、夕食には甘海老が付くんだよ。
両津港と、飯豊の山々。
素晴らしい夕暮れを楽しみながら、再会を祝ってマイフレさんと乾杯!
P6107675
空がほんのりピンクに染まる。朱鷺色 って言うんんだって。
P6107677
 6月11日(木)
さて、今日は大縦走。去年の雪壁、リベンジだ!
雲海の向こうの本州の山々 飯豊、弥彦、火打 素晴らしい眺め!
 
P6117686
P6117687
 弥彦をアップで
P6117690
去年は、このアオネバ十字路からアオネバ登山口へ降りて、
一生分のシラネアオイとサンカヨウと、それに日本固有種のヤマトグサを見た。
今回は、西へ登ってマトネ(937,5m)へ。
P6117705
 ここからの縦走路が気持ちいい。
P6117711
タカネバラ
P6117707
P6117712
この先の石花越は、昔は重要な流通の道だったんだって。
地図には道がないけど、アオネバからの落合へ下りる十字路で、物々交換に落ち合ったところらしい。
だから落合!
 天狗の休場の先のアヤメ池は、モリアオガエルの卵がお花のようにぶら下がってる!(ノ°ο°)ノ
タムシバやミネザクラが満開。
P6117730
コケイランの群生!
P6117731
残雪(残氷?)のそばに、カタクリやショウジョウバカマ\( ^o^ )/
P6117746 P6117748
 サンショウウオの卵
P6117750
P6117755
シラネアオイもまだまだ咲いている
P6117758
P6117762去年敗退した金北山の南壁。
ああ、雪が無ければこんなに簡単なのね。
でも、急でした。
P6117764
さ、ここからは、防衛相管理道路。
事前に届けが必要なの。
ほんとは、去年と違う道にしたかったんだけど、縦走後に新潟へ渡って、横浜の自宅へ帰るには、これしかルートがなかった。
白雲台で、予約のジャンボタクシーに乗って、両津港に3時着。
P6117771
 マイフレさんと、涙のお別れ。
こっちに来たら、また一緒に歩こうね~(T-T)ノ
16時のジェットフォイルで新潟へ。
P6117772
新幹線に飛び乗って、横浜の自宅に9時半帰宅(^。^;) ふぅ~
 ああ・・・行くたびにお花に酔いしれる 佐渡でした。

« バケモノ山でまさかの骨折 | トップページ | 棚の入山~朝日山~三日月峠~浜沢 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和木~金剛山~雪畑山~マトネ~金北山:

« バケモノ山でまさかの骨折 | トップページ | 棚の入山~朝日山~三日月峠~浜沢 »