« 岩菅山 笠ヶ岳 横手山 | トップページ | アヤメ平~山ノ鼻~至仏 »

2015年7月 5日 (日)

青崩峠~熊伏山 

 マイフレさんが、数年前に登ろうとして、雪で敗退した熊伏山。

ひょんなことから、急遽同行することになった。  
 新横浜で新幹線に乗ると、車内放送で、 『不審な液体など見かけたら・・・』って  (ノ°ο°)ノ オオオオ これは、箱根支援で大涌谷を見に行った日の、小田原事件からかな。新幹線内で焼身自殺なんて、衝撃だったもの。巻き添えの方、お気の毒。 さっそく、放送変えたのね。    
 今日行く山は、天竜峡のちょっと東。 塩の道として、往時は賑わった?青崩峠の手前から歩き出す。
P7048588
  箱根旧街道みたいに、いかにも古道な石の道。
P7048589
だけど・・・ 昨日大雨だったから?石畳はほぼ沢~(;´o`)
P7048592
ザーザー流れる中を登ると、伊那側への道がある峠へ。
P7048593
P7048597
古いお地蔵さまが立ち並ぶ。
P7048632
 ここから西へ、ずっと急な尾根で登る。
P7048601
クモキリソウ
P7048598
P7048602
伊那側の斜面の崩壊が著しい。  
P7048603
 登山道が、何度も付け替えられ、新しい崩壊地は、笹薮に切り開かれている。
P7048626
容赦ない急斜面で、ふと振り向くとマイフレさんが汗ダク~(^。^;) あ~、ごめんなさい。  
 歩き出しは明るかったのに、この辺でサーサー   って、葉っぱに雨が落ちる音 【><。】 エー  降ってきちゃったかぁ。 じゃ、ひどくならないうちに、お昼を食べちゃいましょ。 まだ、背の高い木の葉が、雨を防いでくれている。 ここで、ササッとランチ。  
P7048612
P7048611
 反射板の空き地に、青崩の頭(1433m) と書いてあった。このすぐ下に、四等三角点があるはずだけど、それは分からなかった。
 ここから、いくらか斜度が緩んで、主尾根へ出る。左へ行くと観音山 右は熊伏山の分岐。 ちょっと下って登り返すと、着きました。
 未踏の一等三角点峰 \(^o^)/ わーい  熊伏山(1653,3m)
P7048619
点名『熊伏山』  展望はあまりない樹林の山頂な上に、雨が本降りに・・・(・_・;)  さっさと下りよう!
P7048620
 2時間15分で登ったお山 1時間で降りて("⌒∇⌒")  雨の中、足神社へお参り。
P7048638
P7048640
  北条時頼が、秋葉様とか行脚の途中で、足を痛めんたんだって。ここの辰次郎って人が治したんだけど、すぐ亡くなった。 で、都へ帰った北条時頼が、ここへ足神社を建ててお祀りしたんだって。
 全国から、お参りが来るらしい。 で、私もお参り『百歳まで元気でお山を歩けますように!』(^、^*) エヘヘ
 その向いに、832,6mの一等水準点。  
P7048641
 昨日さんざん雨が降って、今日も本降りで、天竜川のダムは、ものすごい放流。 その横の、普段滝でも何でもない崖に、怒涛のような滝が流れちゃってる(;-・。・-;)  
P7048583
P7048643
 この辺のお山や林道、ちょっとした台風でも崩壊しちゃうのに、降り続くこの雨で・・・ 崩れなきゃいいけどなぁ。  
 帰りの新幹線で、テレビカメラや機材風の物を持ち込んだ3人に、見回りの乗務員が、中身を確認していた! そこまでするんだ( °o° ) みんな、あの事件を知っているから、素直に巨大なカバンを開けてたよ。
  これから、大きなカートは、開けて見せてくれって言われるようになるのかなぁ。  
 思わぬ遠いところの一等に、急遽行けちゃったんで、ラッキーでした。  こんな山、知らなかったよ。
塩見赤石のエアリアマップの広域地図 天龍村のすぐ上の山だよ。

« 岩菅山 笠ヶ岳 横手山 | トップページ | アヤメ平~山ノ鼻~至仏 »

登山」カテゴリの記事

コメント

新幹線で日帰り登山w(゚o゚)w 真似できないわ!

長野に行った時「塩の道」を知りました。お祭りもあるのよね

('◇'*)わぁお!

久しぶりに、ブログにコメントありがとう。
新幹線、高いけど早いよ。伊吹も白山も、新幹線だと日がりできちゃうよ!
現地の山友が、乗せてくれるからこそなんだけど("⌒∇⌒")

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青崩峠~熊伏山 :

« 岩菅山 笠ヶ岳 横手山 | トップページ | アヤメ平~山ノ鼻~至仏 »