« 栗駒山 焼石岳 | トップページ | 空木岳日帰り »

2015年8月13日 (木)

月山

 火曜会のお姉さま方、お盆帰省の接待に、アルプスにと、それぞれにお出かけ。
で、今週の火曜会はお休み。
 
 それでは、東北のお山へ出かけましょう!
 (^ー^* )
最初、地元の山友のお車に、乗せて頂くんだったけど・・・
マイフレさん、暑さで体調崩しちゃったって。
(・_・;)
今年の東北の暑さは半端じゃないって!
お大事になさってください。
またいつか、乗せてくださいませ(/・0・) 

 それじゃ、バス便は早朝しかないし・・・。
火曜日に、早目に夕食を作ってから出かける。
山形駅前の、ビジネスホテルに着いた途端、前も見えない土砂降り!
(;-・。・-;)ひょぇー。
明日、大丈夫かな?
 
 
 バス乗り継ぎで、姥沢のリフトの下へ。
夏でも、リフトが動いてるんだよね。
リフトの下には、ヒヨドリソウ。
たくさんのアサギマダラが乱舞!

P8110243
そして、標高1520mのリフトの上は、涼風の別天地!

P8110257
 ここは、森林限界超えだから、日照りだと辛いかも。
って思っていたら、いい具合に時々ガスが動いて、最高のコンディション(^v^)v
ここはとにかく、ミヤマリンドウが多い!
P8110300
それに、チングルマやニッコウキスゲが咲いている。
P8110270
P8110297
まず姥ヶ岳(1670,3m)へ登って・・・
\(^o^)/ わーい
なんて気持ちがいいの?
ひんやりした空気に、咲き乱れるお花たち~♪~
P8110278
P8110280
ここで、一昨日、栗駒山へ行ったって言う、岐阜のグループに会ったよ。
「私は土曜日に栗駒山」って言ったら
「あなたもずっと東北の山?」
「いえ、一度横浜に帰って、家事をしてからまた来たの」
に、( ・◇・)?(・◇・ ) って感じ。
そうだよね。
普通、一緒に回っちゃうよねぇ(^。^;)

 で、稜線歩きの後、北側の視界がちょっと開けて、雨告山辺りが見える。
P8110287
すぐ下の残雪の近くでは、コイワカガミやイワイチョウが咲いているし、リフト駅まで見渡せて、
振り向いた稜線が、先々週の巻機の稜線みたいで、すご~く気持ちがいい\( ^o^ )/ ~♪~

P8110293
P8110308
 ごつごつした岩の道で、山頂まで一気登り。
途中、何人もの登山者を抜かす。
家族連れも多いね、ここ。
 
クロトウヒレン
P8110302ベニバナイチゴ
P8110307ハクサンシャジン
P8110317
 広い山頂の真ん中に、こんもりと山小屋と、神社。 神社は、拝観料500円。

P8110321
 色んな価値観があるでしょうけど、せっかくここまで来たんだから、お参りして行きたい。
お祓い料500円を納めて、お参りします。
P8110324
門から先は、撮影禁止の神域。
心なしか、ひんやりとありがたい空気。
女性の神主さんに、祝詞をあげて頂き、受けたヒト型で、身体の穢れをぬぐって、泉に流します。

神主さんに、これは撮っていいですか?と伺ってから撮ってみました。人型と一緒に。
P8110325
姑に、足腰のお守りを買って(^v^)
『義母が元気で、また一緒に温泉に連れて行けますように』ってお参りしました。

 それから、神域を出て、ほんの少し弥陀ヶ原方向へ下ってから、一番高いところへ。
P8110326
月山(1980m) 一等三角点 タッチ(⌒^⌒)b
こんなに・・・簡単でいいのかな?

P8110329
 辺りには、観光客風の人から、登山者まで、たくさん。
ふと足元に、花柄のお財布・・・
( °o° ) エー!
開けてみたら、千円札に小銭!
前を見ると、はるか下、牛首の手前に数人いる。
あの人たちに聞いて、落とし主がいなかったら、リフトの人に届けよう!
そう思ってダッシュ。
何とか、一番手前の子連れ3人組に追いついて・・・
「お財布落としませんでした?」に、怪訝そうな顔
「これ」
「えー(ノ°ο°)ノ  私のです!いつ落としたんだろう。ありがとうございます」
って!(*^▽^*)
まぁ、よかった。
追いついた一組目で、落とし主が見つかるなんて、ラッキー!
繰り返しお礼を言われるので、ちょっと恥ずかしい。
座り込んでいた女の子に、お菓子を上げて、
「お山を登って来たの?偉いねぇ。あとは下りだけだから頑張ってね」
って声をかける。

 このあと、十数年ぶりに見たヒナザクラに狂喜乱舞して、たくさん写真を撮っていたら、
このご家族に追いつかれて、またお礼を言われちゃった(^、^*) エヘヘ

 なんか、こう言うのって、とってもいい気分ね(^ー^* )
ヒナザクラ
P8110340
P8110342白いところは、全部ヒナザクラ
 P8110347シロバナトウウチソウ
P8110348ツルニンジン
P8110357
 バス便の、乗り継ぎが面倒なのと、便数が少ないのがネックかな。
でも、山形から家までは4時間。
お花の本を見たり、地図を見たり、隣の方とおしゃべりしているうちに、あっという間よ。

 こんな帰省ラッシュのお盆時期、車移動は渋滞のどつぼだ?
お車移動の方、ご苦労様です(/・0・) 
電車は、予定通り動いてくれてありがたいね。

 これからも、時々、一人旅&お山に行こうっと。(^ー^* )

 右の写真の白いのは、一面のヒナザクラの群生。これを見られただけでも、感動!

« 栗駒山 焼石岳 | トップページ | 空木岳日帰り »

登山」カテゴリの記事

コメント

え~また、東北一人山旅って、人のことあまり言えないけど・・・・
月山はいつも冬、雪が無い時は登ってません。
沢山お花があるんですね。
そのうち、お花の月山にも行ってみたいな^^

NONちゃん そうそう、!
NONちゃんはスキーで行くんでしょうね。
このところ、一等三角点百名山にはまっているの(^ー^* )
岩手山へ行ったら、アルプスとも違うお花の多さに見せられて、それから東北にはまってるの("⌒∇⌒")

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月山:

« 栗駒山 焼石岳 | トップページ | 空木岳日帰り »