« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

霧氷の由布岳

 11月27日

 新横浜からリムジンで羽田へ。空気が澄んで、富士山と月と丹沢がきれい。


Pb274280
Pb274283
大分空港、バゲージのターンテーブルに、巨大なエビ握り

Pb274291
から、原尻の滝、宮迫石仏 ながゆ温泉ラムネ湯へ。
だんご汁定食 美味しかったよ。
Pb274304
Pb274321
Pb274313
Pb274316
ラムネ湯は世界屈指の炭酸泉。入っているとすぐに、産毛が白く泡だらけになってくる。

Pb274326
Pb274327
Pb274328
Pb274330
Pb274333_2
Pb274334
Pb274338
 今夜は湯布院の、木蓮ってお宿に泊まります。
お夕食の関サバと関鯵は、午後3時半に上がったものだって。コリコリとした食感と甘味が最高!
 
Pb274346
Pb274348
 11月28日
 
 由布岳登山口へ。あ~、上は雪かも。
この寒波だから、東峰だけにしようっと。
Pb284350
 標高800mくらいでパラパラと雪。
1100mくらいから地面が白くなってきて、
標高1200mくらいから樹氷。
Pb284361
\(^o^)/ わーい きれい きれい!

Pb284362
マタエに着いた。西峰への鎖場、週末には渋滞になるって言うけど、この雪で誰も登ってない。この鎖は登らないよ。うっすらと見える西峰。
Pb284363
Pb284383
Pb284384
Pb284366_3
 真白な東峰へ。
途中、トラロープもある。
晴れてたら何でもないけど、凍った岩は、慎重に! 今回、もしものために、アイゼンを背負って来た。
でも、積雪はさほどなくて、表面ツルツルって状態。

 それにしても・・・
v(^。^*)ランランラン♪
なんて樹氷がきれいなの。
標高が上がると、樹氷が大きく育って、見事!
山頂標高たった1580m それでこんな樹氷。山名標柱で、写真を撮って貰うのに、風で飛ばされそう!

Pb284370

細い枝に育った霧氷はこんなに太く

Pb284372
 岩にもエビの尻尾

Pb284378_2
Pb284380
Pb284379

 ミヤマハンノキの樹氷

Pb284387
マユミの樹氷

Pb284388

西登山口分岐辺りで、雪は雨に(;>_<;)
Pb284390_2
 風が強くて傘がさせないから、ザックまでびっしょりになっちゃった
標高差880mの樹氷ハイキング。
Pb284393 
別府温泉スギノイホテルに寄る。
ここ、湧いてるお湯の量が半端じゃないから、お風呂がものすごく広いんだよね。
海に向かって段々に、広い湯船のお風呂!高台なんだけど、まるで、湯船が海へ続いているみたい。

Pb284398
 帰りの飛行機では、5時半にきれいな夕日が見えたよ。
Pb284404_2

2015年11月26日 (木)

大茅尾根で三頭山

 11月24日
 二週続けて、急行あずさでお山へお出かけ。
次は・・・近間にしますか。
 じゃ、テリトリーの上野原からバスで(^ー^* )
ここは、運転手さんも顔なじみがいる。
上野原営業所の運転手さんや駅長さんたちが、登山道整備をしたり、案内板をつけたりしてくれています。
今朝は、山の途中でお宅へおじゃましたら、お野菜を食べさせて下さった運転手さんに会えたよ(*^_^*)v 大姉さまがツーショット!
Pb244184
 終点飯尾で降りて、左へ行けばヒカゲツツジとイワウチワで有名な坪山。
バス通りから沢沿いの道に入る。
古い案内板に、[大羽根峠⇒]って書いてある。
Pb244194
車道がなかった昔は、集落から集落へ、頻繁に行き来した道。
でも今は・・・ 
古い踏み跡を歩いていたら、沢の取水場所で足跡が終わり('o'=) ウソ!?
「すみませ~ん、さっきの畑の中の道かな」
戻ると、カヤトの藪の中に道が。
Pb244205
人が歩かないと、道ってすぐに、自然に帰っちゃうのねぇ。
 今日は、この大羽根峠から三頭山に登ります。
Pb244206
Pb244209
登り出しは「ここ登るの~」って驚かれちゃいましたが、すぐに少しだけ楽になります。
そして・・・
踏み跡が、怪しくなりました(^。^;)
 
 ま、いいんです。高い方へ登れば!("⌒∇⌒")
一気登りで大羽根山。
5年ほど前に来た時付けた山名板は、無くなっていた。
奈良倉や坪山の眺めがいい。
Pb244216
 でもちょっと藪
Pb244218
この尾根を登った先のピーク、大沢山が、きれいな三角に見える。
不思議だね。歩くと、なだらかな尾根にしか感じないのにね。
Pb244224_2
大茅山(1237m)は、尾根の高まりって感じだけど、ちゃんと山名板が付いてます。
ここでお昼の予定だったんだけど・・・
Pb244225
 実は今日、ちい姉さまが寝坊。
メールで、「都民の森から三頭山に登ります」
そちらは、1時間半の短いルート。
じゃ、早目のお昼を止めて、尾根を登った大沢山でお昼にしましょう。
 バリエーション特有の緩急の、急斜面に、岩が混じって来て、
上部の大岩は左に巻く。
Pb244228
Pb244230
真新しい熊剥ぎと熊糞ありました
Pb244231
「12時40分くらいに大沢山へ行きます。待っていてください」と、メール。
 岩まじりの斜面を抜けて、最後の急登で、時々「(^/□\^) オーーーイ 」とか叫んでいたら、返事が来た。
「ヤッホー」「ヤッホーと、後ろから大姉さまが「ばーか!」
んもう!大姉さまったらおちゃめなんだから。
大沢山の山名板のところへ、ポンと出る。
Pb244234
そこにちい姉さま方っていた。
「ごめんなさい(。_。;) 」って。
合流できて、みんなでランチ。
ちい姉さまが背負って来たちらし寿司の手巻きが、美味しい事!
Pb244236
Pb244238
 ここからは、歩きやすい、一般登山道。
三頭山西峰から、富士山に、丹沢に、雲取飛竜。
中央峰・東峰と、ちゃんと三つのピークを踏んで、
Pb244242
Pb244244
Pb244247
Pb244248
Pb244252
Pb244256
「ね、だから三頭山って言うのよ(^ー^* ) 」って・・・
ここが初めてのPちゃんにご紹介。
見あげる青空にダケカンバ。大岳と御前山が近い。
 帰りは、五日市行きのバス便の時間が、14:30の次が15:55 
この間が、あるといいのにね。
東京都、お金が余っているのか、道を作り過ぎ、、東屋や展望台を作り過ぎ!
Pb244266
 のんびり下りて、バスまで時間があるので・・・
(=^O^=)o□ プハァ
ゆずソフトとビール ご馳走様でした(/・0・) 
 帰りは、バスの中で真っ暗に。
日が短くなったねぇ。
Pb244268
 お山で知り合った、三宅島からいらしたご夫婦に、お名刺頂いたりして、今日も楽しいお山でした(*^▽^*)

2015年11月21日 (土)

立場岳

 阿弥陀中央稜で阿弥陀へは、登ったことがあるんだけど、阿弥陀南稜では登っていない。手前まで見に行きたいな。って思っていたら、こんな季節になっちゃった。 
じゃ、眺めのある青ナギ手前まで行こうかな。

 ところが!
船山十字路のだいぶ手前が通行止め(;>_<;)
大きな別荘の建設?で、クレーン車が道いっぱいに広がっている。
( °o°; ) エー・・・

Pb203989
仕方なく、ここから歩き出す。少し行ったら、船山十字路まで1,3キロの案内板。
20分歩いて、やっとゲート。

Pb204037
Pb203991
 この橋の先に、道標が付いていて、阿弥陀南稜も、ちゃんと案内が出ている。
下に[一般登山道ではありません]
Pb203992
ハイハイ。
ビビりの私は、こんな岩が凍るかも~ な時期には、ガリ―まで行きませんから。しかも、もう10時過ぎてるし。

 その先も、林道を東へ。
Pb203993
20分くらい歩くと広河原橋。
Pb203994
右へ降りて、涸沢を渡って、赤テープがあっちにもこっちにもついている。
踏み跡もあちこち。
Pb204034
10分くらいで、阿弥陀南稜の尾根に乗る。

Pb203997
Pb203998
 目の前に、西岳が見える。
Pb203999
振り向くと雲の上に入笠

Pb204001
一般登山道じゃないから、緩急の急の方は、なかなかの斜度。
でも、樹林でしっとり、久しぶりの八ヶ岳の雰囲気。

Pb204003
 尾根の途中にもお手製の案内板があって、阿弥陀中央稜ルートより、歩く人が多いんだろうね。バリエーションとは言え、さすが人気のコースだ。

 やっと明るくなって来たら、ちょっとした尾根の高みって感じのところに、山名板が付いている。立場山(2370m)
Pb204004
山名板よりも存在感を醸し出しているのは、卒塔婆みたいなたくさんの木の杭。
御小屋尾根にもあったな。
キノコ採りの権利の境界杭かな。

 じゃ、もうちょっとだけ行こう。
少し下ると、南側が崩壊した場所があって、その先の長いピークまで行く。
すぐ下が、青ナギって呼ばれるところ。

Pb204007
 ここでやっと展望があるの。
目の前に、岩峰がギザギザに見えて、赤岳と阿弥陀は、残念ながら雲の中。
去年のお誕生山行で、70代のお姉さま方
3人含め、みんなで阿弥陀を、楽しく登りましたねぇ~(^ー^* )

Pb204018
 南東に権現岳が、これも雲の中だけど、上の方は樹氷で白くなってるの!
ギボシも旭岳も白いよ!

Pb204021
Pb204008
 キレットの奥に見えるのは、大天狗小天狗かな?

Pb204015
八ヶ岳の中で、何より、誰もいないのが気持ちいいね。
八ヶ岳貸切~って感じで( ̄▽ ̄)V 


御小屋尾根の向こうに峰の松目

Pb204023
 左が編笠 右が西岳 立場岳は西岳より28m低い

Pb204025
倒れた木に座って、阿弥陀までのルートを見ながら、コーヒータイム。
来年行こうかな。やっぱルンゼが怖そうだな。
さ、堪能したわ。

Pb204035
Pb204036
 来年は、何回くらい来るかなぁ。
これから雪が降ると、ビビりで寒がりな私は、高いお山には近づきません。
たぶんこれが、今年最後の八ヶ岳。
来年、また来るからね~。
来年も、たくさんのお花に会わせてね~
(´ー`)ノ

 シラビソの樹林の匂いが好き。
樹林歩きを堪能して、あずさで帰って参りました。

 帰路の車窓からの八ヶ岳 矢印の辺りが立場岳

Pb204044
韮崎で、雪が一段と増えた富士山に会えました。

Pb204048

2015年11月 2日 (月)

山王峠~太郎山

 樹氷の便りが聞こえてきます。そこで次回の山は、樹氷が見られる、アイゼンが要らない山へ行きたいとのご要望。

・・・( ̄~ ̄;)ウーン・・・樹氷は、お天気によるからねぇ。  
 そう言えば数年前、10月下旬に男体山へ登った時、たまたま関東地方に初冠雪。 吹雪かれて、樹氷もエビの尻尾も見られて、下りたら紅葉が素晴らしかった、男体山。あの時、太郎山がすぐそばに見えたっけ。
 で、男体山と太郎山をWピストン って計画。  
 ところが~ \(◎ ◎;)/
直前に、志津乗越への裏男体山林道が、先月中旬から、通行止めだって言う情報。 (^o^; ほえ~ 
もう、志津乗越ルートは、歩けないの?( ° ° ; )  林道2時間半、歩きたくな~い(;>_<;) そもそも、マップタイム8時間半の歩行時間の上に、往復4時間の林道歩きは、この時期は無理だよ。
 (/_;)ん~ どうしよっか?  
 横浜から日光へ行くのは、そこそこ時間がかかるし~。
で、太郎山を、西側からピストンすることに。
 金精峠を通過すると・・・ \(^o^)/ わーい 樹氷だ 樹氷だ!
Pa313348  
お山の高いところが、お花が咲いたみたい! (*^▽^*)  戦場ヶ原の奥、光徳牧場の先から、ウネウネとした林道を、山王峠へ登る。  
Pb013472
 結構笹が多いね。 地面が凍ってザクザク~(^ー^* )
Pb013384
そこそこ急に、ジグザグ登って行くと、山王帽子山(2077m)
Pb013386
 眺めがないって言うけど、男体山と中禅寺湖と・・・
(ノ°ο°)ノ オオオオ   富士山見えてるよ~ \( ^o^ )/ ~♪~  
 ちょっと下りると、正面に太郎山が見えている。ワクワク~(*^_^*)  
Pb013387
背の低い笹の中の道をガンガン、下りる。 帰り、ここの登りがきつそうだね。  樹林をちょっと登ると、崩壊して、もう歩けない、ハガタテ薙分岐。 この先から・・・登山道が岩っぽくなって、ドッコイショ!な段差が増えて、結構きつい。 で、明るくなると、小太郎山(2328m) 中禅寺湖の奥に富士山
Pb013401  
 \(^o^)/ うわ~  男体山ファミリー勢ぞろい。
Pb013457
ママの女峰山に、次女小真名子、長女大真名子 長男は太郎山。もちろん男体山がパパ。  
 
 ( °o° )え? 
 日光白根の右奥って、北アルプスじゃないの?なんと、白馬三山が見えました! いやぁ、最高の眺望です。  
Pb013442
 剣が峰の岩稜を乗り越えるのが、ちょっと高度感。
Pb013408
Pb013413
Pb013414
 左に、巻き道もあります。  ちょっと下りて、だらだらっと登り返すと、太郎山(2367,5m) 栃木百名山なんですって。
Pb013418
 さすが、この時期の2367mは寒いね。 山頂でお汁粉~(^ー^* )  
釈迦ヶ岳や鶏頂山 会津駒に燧に・・・平が岳は昨夜雪だった?
Pb013428
Pb013450
Pb013451
浅間山の左に八ヶ岳
Pb013438
左の皇海山から、奥に富士山につながる奥秩父の稜線が美しい
Pb013434
丹沢もしっかり見えてるねー。
Pb013441
女峰山の右裾の上に双耳峰が!筑波山
Pb013454
 360度の大展望に、山座同定が楽し~い(*^▽^*)
ずーっと居たいけど、渋滞が怖いから、急いで降りちゃおうね。  帰路は、剣が峰には登らずに、サクサク下山。って言っても、山王帽子の登り返しは、そこそこキツイ。  
 下山したら、まだお昼前( °o° )
Pb013473
今日はみんな、絶好調だったんだね。  山友が、いいお湯があるって教えてくれて、日光湯元のかつら荘に寄りました、
Pb013489
Pb013485
白濁した硫黄臭の、すっごく温まるお湯。  それから、ちゃちゃっと戦場ヶ原や湯ノ湖を見て・・・
Pa313363
Pa313354
 いろは坂は、お昼過ぎたら渋滞が心配。なので、帰りも金精峠を越えて、関越に出ました。
 私、運転はしないくせに、口ははさむ~(゜゜;)  
途中、白根温泉ってところの紅葉がみごとでした。
Pb013497
Pb013494
 車中だったけど、見たかった樹氷が見られて、紅葉も堪能。
その上、最高の眺望を堪能しました。
日光、いいお山がたくさんありますねー。
また歩きたいな(^ー^* )

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »