« 山王峠~太郎山 | トップページ | 大茅尾根で三頭山 »

2015年11月21日 (土)

立場岳

 阿弥陀中央稜で阿弥陀へは、登ったことがあるんだけど、阿弥陀南稜では登っていない。手前まで見に行きたいな。って思っていたら、こんな季節になっちゃった。 
じゃ、眺めのある青ナギ手前まで行こうかな。

 ところが!
船山十字路のだいぶ手前が通行止め(;>_<;)
大きな別荘の建設?で、クレーン車が道いっぱいに広がっている。
( °o°; ) エー・・・

Pb203989
仕方なく、ここから歩き出す。少し行ったら、船山十字路まで1,3キロの案内板。
20分歩いて、やっとゲート。

Pb204037
Pb203991
 この橋の先に、道標が付いていて、阿弥陀南稜も、ちゃんと案内が出ている。
下に[一般登山道ではありません]
Pb203992
ハイハイ。
ビビりの私は、こんな岩が凍るかも~ な時期には、ガリ―まで行きませんから。しかも、もう10時過ぎてるし。

 その先も、林道を東へ。
Pb203993
20分くらい歩くと広河原橋。
Pb203994
右へ降りて、涸沢を渡って、赤テープがあっちにもこっちにもついている。
踏み跡もあちこち。
Pb204034
10分くらいで、阿弥陀南稜の尾根に乗る。

Pb203997
Pb203998
 目の前に、西岳が見える。
Pb203999
振り向くと雲の上に入笠

Pb204001
一般登山道じゃないから、緩急の急の方は、なかなかの斜度。
でも、樹林でしっとり、久しぶりの八ヶ岳の雰囲気。

Pb204003
 尾根の途中にもお手製の案内板があって、阿弥陀中央稜ルートより、歩く人が多いんだろうね。バリエーションとは言え、さすが人気のコースだ。

 やっと明るくなって来たら、ちょっとした尾根の高みって感じのところに、山名板が付いている。立場山(2370m)
Pb204004
山名板よりも存在感を醸し出しているのは、卒塔婆みたいなたくさんの木の杭。
御小屋尾根にもあったな。
キノコ採りの権利の境界杭かな。

 じゃ、もうちょっとだけ行こう。
少し下ると、南側が崩壊した場所があって、その先の長いピークまで行く。
すぐ下が、青ナギって呼ばれるところ。

Pb204007
 ここでやっと展望があるの。
目の前に、岩峰がギザギザに見えて、赤岳と阿弥陀は、残念ながら雲の中。
去年のお誕生山行で、70代のお姉さま方
3人含め、みんなで阿弥陀を、楽しく登りましたねぇ~(^ー^* )

Pb204018
 南東に権現岳が、これも雲の中だけど、上の方は樹氷で白くなってるの!
ギボシも旭岳も白いよ!

Pb204021
Pb204008
 キレットの奥に見えるのは、大天狗小天狗かな?

Pb204015
八ヶ岳の中で、何より、誰もいないのが気持ちいいね。
八ヶ岳貸切~って感じで( ̄▽ ̄)V 


御小屋尾根の向こうに峰の松目

Pb204023
 左が編笠 右が西岳 立場岳は西岳より28m低い

Pb204025
倒れた木に座って、阿弥陀までのルートを見ながら、コーヒータイム。
来年行こうかな。やっぱルンゼが怖そうだな。
さ、堪能したわ。

Pb204035
Pb204036
 来年は、何回くらい来るかなぁ。
これから雪が降ると、ビビりで寒がりな私は、高いお山には近づきません。
たぶんこれが、今年最後の八ヶ岳。
来年、また来るからね~。
来年も、たくさんのお花に会わせてね~
(´ー`)ノ

 シラビソの樹林の匂いが好き。
樹林歩きを堪能して、あずさで帰って参りました。

 帰路の車窓からの八ヶ岳 矢印の辺りが立場岳

Pb204044
韮崎で、雪が一段と増えた富士山に会えました。

Pb204048

« 山王峠~太郎山 | トップページ | 大茅尾根で三頭山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立場岳:

« 山王峠~太郎山 | トップページ | 大茅尾根で三頭山 »