« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月23日 (水)

マルガヤ尾根で鍋割 栗の木洞から県民の森

  今年、火曜会全員がそろう最後のお山。

「くなると、鍋焼きが食べたいわねぇ」って。
でも、最近テレビでも取り上げられて、混んでるみたい。 じゃ、早い目に鍋割へ着けるルートにしましょう。  
 渋沢からタクシー2台で県民の森へ。
Pc225324
ゲートを通って、もう一つのゲートの前をショートカット。
二俣の橋を渡って
Pc225325
小丸尾根登山口を過ぎて、今日はマルガヤ尾根で登りましょう。 本沢の橋を渡るとすぐが取り付き。
Pc225327
Pc225328
 先日、家から見て白くなっていた丹沢。 でも、この尾根は南斜面だから、とっくに融けてるでしょう。 植林地を緩く登ると、すぐに尾根の傾斜がきつくなる。
「後ろにひっくり返らないでねー」
Pc225332
急登りを30分で、928mの広場。 ここで小休止。  
Pc225334_2
 ずっと急だけど、痩せ尾根部分とかは気がまぎれるから、変化がある方がいいね。
Pc225336_2
 左手が開けてきたら、きれいな富士山と・・・
\(^o^)/ わーい 北岳から聖まで!  
Pc225344
Pc225351
 で、主稜線に着いた。
Pc225352
「あと20分だよ~。先に行って注文しときますね」
最近、とみにお客が増えた、鍋割の鍋焼き。 平日でも、団体さんが注文すると、混んじゃうから、要注意です。
 姉さま方を置いて、鍋割山頂(1272,5m)へダッシュ。
Pc225353
「草野さん、こんにちは~(´ー`)ノ  鍋焼き8つください」
待つこと5分 三等三角点なんか撮って 南アルプスも撮って
Pc225354
Pc225356
で、お姉さま方がやってくる。 次々鍋焼きが出てくる。
 「猫舌の方、食べてすぐ歩けない方から、先に食べて下さい」
私は猫舌じゃないし、食べてすぐ動けるから最後に(^ー^* )  
Pc225360
 (^ー^; 直後に12人の団体さんが入って来た。 よかった。この人たちの後にならなくて。  
 冬に、お山で食べる鍋焼きは、最高です~  
(^v^)v 天ぷらも美味しいよ~。  
満腹の後にデザートバイキング
Pc225362
 下山は、後沢乗越から、栗の木洞(908,3m)へ
Pc225365
 始めは、寄(ヤドロギ)へ下りようと思ったの。でも、バス時間と上手くかみ合わなくて、遅くなりそう。  なので、栗の木洞でタクシーに連絡して、ちょっと急だけど、東へ。
Pc225367
 行きにタクシーを降りた県民の森へ、尾根を急降下。 ここ、バリのマルガヤ尾根と同じくらい、踏み跡が薄い。 階段とかよく整備されているのに、歩く人が少ないのかなぁ。  最後はジグザグ急降下林道へ出ました。
Pc225370
 久々の、標高差1080m しかも、登りも下りも急斜面。 お姉さま方と、よーくストレッチしてからタクシーに乗りました。  
 渋沢駅南口のドリアンで、今年何回目の忘年会?
一年間の、皆様のご健康とご健闘を祝して!
(=^O^=)o□ プハァ ご馳走様でした。
Pc225382

2015年12月21日 (月)

湯の丸~烏帽子 根子岳~四阿山

 週末会の忘年山行。
火曜会で温泉に泊まったって言ったら 「私たちも、たまには温泉に泊まりたいね」って。
( °o° ) エ?ほんと?
泊まれるの?

 ってことで、週末会にしては珍しい温泉お泊り。

 車で、湯の丸山登山口へ。広い駐車場。でも、ガラガラ~。スキー場はまだほとんどやってないみたい。

Pc195132_2
 牧場みたいなゲレンデだな、って思ったけど、そうだよね。雪が少ないから草が見えてるもん。
Pc195140_2
 ひと登りで湯の丸山(2101m)
積雪は5センチくらいしかない。

Pc195147_2
 急下降で鞍部へ降りて、この途中が一番雪が積もっていて、それでも20センチくらい。
登山道が南から北へ向かうと、少し岩が出て、
烏帽子山(2065,6m)

Pc195157_2
Pc195163_3
Pc195164_2
 5年くらい前の、ムラサキヤシオの頃に来たっけ。ズミの大木もきれいだったっけ。こんな季節は初めて。

 天気予報は、昼前から晴れ って言ってたのに、雪が降ってて風もあって、めっちゃ寒い!
今日は、樹氷が見られただけで良しとしよう。
って思っていたら、山頂で急に青空!
何も見えないけど、妙に感動して、山名標柱を二度も撮っちゃった。

Pc195168_3
 帰路は南から、臼窪湿原経由で下山。
Pc195189_2
例年なら、もうスノーシューか輪カンがないともぐっちゃうよね。
今年はほんとに雪が少ないわ~。
道中から浅間山、結構噴煙が出ている。
Pc195209_2
 今夜は、鹿沢温泉つちや旅館にお泊り。
Pc195213_2
Pc195211_2
Pc195214_2
このメンバーで温泉は初めて。
ゆこゆこで、6千円台で予約。
ラッキー(^v^)v
この押し迫った時期は、週末でもあんまり混まないのかな?いたのは、スキー合宿風の高校生?と先生だけ。 

 週末メンバーでは滅多に泊まらないから、夜遅くまでおしゃべりしちゃった("⌒∇⌒")
温泉はとっても広くて、源泉が飲めるんだよ。

 
 12月20日
 朝からの青空に、テンションアップ!
スキー合宿?の生徒たちと一緒に、納豆に生卵にポテサラの朝食。でも、ドリップコーヒー付き(^ー^* )

 車で30分の菅平スキー場。その奥の駐車場からは・・・
(ノ°ο°)ノ オオオオ
久々の北アルプス!端から端まで。

Pc205218_2
Pc205223_2
 北東に600m登りっぱだけど、積雪が少ないので、アイゼン無しで行ける。途中、お二人だけ抜かして、根子岳(2207m)

           頸城山塊
Pc205226           白馬三山
Pc205227_2           鹿島槍 五竜 唐松
Pc205228_2
 \(^o^)/ わーい!
浅間山が大きい。その右に富士山!
Pc205289
Pc205242_3
昨日登った湯の丸烏帽子の奥に八ヶ岳 その右に仙丈や北岳

Pc205246
 中央アルプスに御嶽山
Pc205256
Pc205247

ここにしてよかったねぇ。
みんなでキャァキャァ言いながら、山座同定。
志賀高原の、横手山のアンテナも近い。
Pc205259
でも風が冷た~い(((;´o`)
先、行こうね。

 下りは怖いから、ここでアイゼン付けます。
右下が切れ落ちた稜線を通って、
Pc205267

岩の間を通って、一かその段差は、雪で滑るんで要注意。
岩からのツララが、きれい~ \(^o^)/
Pc205269
ずっと登山道が狭いから、下山前にアイゼン付けてて、よかったね(^ー^* )  
鞍部まで、170mも下りちゃうんだよ。
で、樹林の中を、結構な急登。アイゼン付けてないと、蹴りこんでもちょっと登りにくそうな急斜面続き。雪が無きゃ、なんてことないけどね。この樹林帯が、地味にきつかった。 

 以前来た時、クロマメとガンコウランをつまんだ四阿山(2332,9m)
いやもう、最高です!(=●^0^●=)v

Pc205277
Pc205281
Pc205287
 山頂はすでに7~8人が居て、みんなみんな、にこにこ顔!

 日光白根から赤城、榛名、妙義に浅間 富士山に八ヶ岳 南・中・北アルプスに頸城山塊 そして・・・
日本海の北東方向に、遠~く 山が見える!
山頂に居た方々みんなで ( °o° ) ?
佐渡の金北山? なんて話して、ここまでの眺めは初めてですよ。 って(*^▽^*)

Pc205296
Pc205302
Pc205306_2
Pc205307

 ここ、行く前 トレースがなかったら無理かも~ って思っていたの。
でも、今年の暖冬。
積雪が少なくって、よかった ε= (*^o^*)

 分岐に下って、軽くランチ。
入れたお汁粉が、あっという間に冷えちゃいます。でも、昨日の烏帽子岳より、標高が高いのに暖かい。
Pc205310
 ずっと ずっと ずーっと、目の前に広がる
北アルプスを眺めながらの下山。
なんて言う贅沢(⌒^⌒)b うふっ

 最後に、菅平の牧場近くで、大明神沢を渡る橋がない。前の橋は老朽化で取られたままですって。水量が少ない時は、なんてことない沢だけど・・・

Pc205315
 凍った丸い飛び石は・・・
乗りたくないよぉ【><。】
でも、こういう時は、雪があってありがたい。
雪の踏み跡で、みんながどこで渡ったかよく分かるから。いくつかの踏み跡の中の一番上流、平らで、凍っていない石を選んで・・・
跳び石を、3歩で渡渉(^。^;) ふぅ~
こんな寒い時に、ドボンしたくないね。

 駐車場に戻っても、まだ北アルプスが綺麗に見えていました。
Pc205316           左が根子だけ 右が四阿山 右上に上弦の月
Pc205321
 滅多にない、一日中最高の眺望!
素晴らしい忘年山行になりました(^ー^* )

2015年12月14日 (月)

平丸~焼山~黍殻山

 週末の山友たち、丹沢のマイナールートは、あちこち付き合って
もらってる。
先週、「行きたいところがあるんです」って言うから、どこかと思ったら・・・
東海自然歩道の焼山に、登ったことがないんだって。
 東海自然歩道って言うのは、昭和45年から、憩いの場としての自然を見直そうってことで考えられて、整備されたもの。高尾山から大阪のポンポン山まで、1700キロくらいの長い長い自然歩道なの。
これに目を付けた旅行会社が、一年以上かけて、これを完歩するツアー企画を出してるよ。
 高尾から、石老山~石砂って歩くと、次が丹沢の端っこ焼山。
じゃ、最近新しくなった、黍殻山の避難小屋でも見物がてら、焼山と黍殻山に登ろうか?
忘年山行第一弾で、避難小屋で鍋でもする?
 先日、女子会の鍋山行で集合した橋本。
今日は、事故もなく、家から40分で行けました。
そこから車で1時間弱。
平丸の奥に車を止めて、落葉した松林を登る。
朝から小雨。でも、道がいいから傘をさして歩ける。
Pc134955
 杉の植林地~アカマツ林~カラマツ林になると、主稜線はもうすぐ。
姫次から蛭ヶ岳へ続く尾根に出て、まずは左へ。
Pc134956
ゆるゆると、下り気味に下りて、ちょっとだけアップダウン。
焼山(1059,5m)
Pc134957
Pc134958
ここ、将軍の鷹狩場だったんですって。
だから、毎年、狩りの邪魔にならないために、山焼きしたんですって。
それがお名前の由来。
めっちゃ、背の高い展望台がある。
今日のこの天気では、登っても遠望はないなぁ。
ここが初めての山友たちが、上がって見てました。
「真っ白です~」って!
晴れていれば、北側に、見慣れた中央線沿線や道志の山々
南側に、丹沢主峰が見えるのに(^。^;)
Pc134961
 戻って、西の黍殻山(1272,8m)へ
Pc134964
Pc134965
山道は、ほんの少し南側を巻いているので、山頂への道は細い。
根っこが浮いた痩せ尾根部分だけ、傘をたたみました。
 この先の避難小屋が、今日の目的地。
Pc134967
Pc134969
Pc134971
ここ、以前は達磨ストーブが置いてあった。
丹沢の、泊まりたい避難小屋ベストスリーって聞いてた。
それが、まだきれいなのに改築されたって聞いたから、見てみたかったんだ。
 外に、大きく[避難小屋は 宿泊所ではありません]だって~。
でも、この避難小屋の位置だと、命にかかわる避難での宿泊って、あんまりないんじゃないかなぁ。
わがもの顔で宴会とかするな ってこと?
真新しい木目が気持ちいい。
テーブルと椅子もあって、窓が広くて、泊まりたくなるね。
でも、達磨ストーブは無くなっちゃった(/_;)
 前回、このメンバーで蛭ケ岳へ日帰りした時、ここを通った。
今日はここで、週末会の第一回忘年山行。
ガスと、お鍋と、お水を持って来てもらった。
私は、食材と器と、調味料とか持って来たよ。
 パスタ入りミネストローネと、生ハムサラダだよ(^ー^* )
アツアツのスープパスタ、みんな美味しいって食べてくれた。
よかった(^v^)
Pc134973
途中で、朝7時に大倉を出たって言うトレランさんが来たよ!
楽々と日帰りで、丹沢縦断しちゃうんだね(°∇°;) !!
 雨は、ずっとシトシト。
でも、気になるほどじゃない。
帰路、登山道からちょっとだけ離れて、三等三角点(654,2m)に寄ってもらう。
こちらも、踏み跡ありました。
Pc134977
Pc134976
雨の日に安全な、ちょうどいいルートでよかった(^ー^* )

2015年12月11日 (金)

仁科峠~天城峠 城が崎ピクニカルコース

 今年のお泊り忘年山行、どこへ行きましょう?
って聞いたら、もう寒い山小屋はいいわ。
どこか温泉に泊まって、美味しいもの食べましょうよ。
 あ~、お気持ちは分かります。
が、温泉に泊まって、前後でお山ってのは・・・難しい。
 修善寺からタクシーで、仁科峠へ。
Pc084726
ここから、お気に入りルートで、お姉さま方を大ブナ様に会わせたい。
笹原を緩く登ると猫越岳(1034,7m)
Pc084743
Pc084737
そのすぐ奥に、古い火口湖がある。
 尾根伝いに猫越峠からツゲ峠へ。
Pc084750
 実はこのルートから、ちょっとだけ外れたところに、ヒミツの花園
・・・秘密のブナ園? 
があるんです。
Pc084755
 この逞しい腕 迫力ある幹
しっかりと抱き付いて、エナジー頂いてまいりました(^ー^* )
Pc084760
 アップダウンの少ないルートで三蓋山(ミカサ山)ヒメシャラ林が美しい
 
Pc084772
Pc084770
ここ、トレランルートとしても、有名らしいです。
ツゲ峠でランチ。 手がかじかんで、息が白い!
Pc084769
 
 最初、この先から滑沢渓谷へ下りようと思ったの。
私のエアリアは、登山道が入ってる。
でも、観光協会に聞いたら、崩落がひどくて通行止めにしているって。
こう言う観光ルートは、崩壊したって言っても難なく歩けることが多いけど・・・
Pc084778
Pc084779
 一人でちょっと入ってみた。峠からすぐの崩壊地
Pc084781
トラロープも付いていないし、斜度が急。滑ったら止まらない。じゃ、天城峠に下りましょうか? 木の影に、以前の案内板が隠してあった。
Pc084782
天城トンネルからバスに乗れば、5時間くらいのルートになるから、そちらで行きましょ。
二本杉峠は東屋があっていい感じ。
Pc084784
 アップダウンはほとんどないけど、トラバース道が崩れたところや橋が流れているところも!
Pc084788
Pc084789
この辺は、バス便が少ないのが、悩ましいところ。
で、天城峠へ着きました。
Pc084793
Pc084794
旧天城トンネルで、バスにバスに間に合わないことが分かって、お茶してストレッチ。
Pc084798
Pc084799
新天城トンネルから、バスで河津へ出て、駅前の民宿へ。
Pc084803
 実はね、山小屋を調べる時は、そう選択肢がないでしょ。
今回、伊豆ってやたらたくさん宿泊施設があるから、位置や料金などで、すっごく悩んだの。
翌日どこを歩くかでも、場所が変わるしね。
結局、お安くて駅から近い場所にしました。
これに、半日費やしちゃいましたよ(^。^;)
 海に近い民宿。
お風呂は小さいけど、お刺身が最高!
Pc084809
Pc084810
Pc084812
 のんびりと温泉宿を楽しむ。
明日はお山じゃないし~(^ー^* )
 12月9日
 干物の美味しい朝食を頂いて、
Pc094815
駅まで3分。
この便利さがいいな。気の早い河津桜や菜の花。
Pc094824
Pc094826
伊豆急で、伊豆高原駅まで25分
今日は、いつもと違って、海岸歩き。
ここの遊歩道は、なかなか面白い景観が次々現れて、飽きないんだよね。まだイソギクやツルソバ アゼトウナが咲いている。
Pc094832
Pc094841
Pc094842
 息子は小学校6年で、ダイビングの資格を取った。オープンヲーターは伊豆海洋公園。この左の白い建物。
Pc094872
夫と息子が潜っている間、私は娘と、よくこの辺で時間をつぶしたもんだ。素潜りで、6mくらいは潜れるよ。私(*^▽^*)v
 柱状節理やイガイガ根とか、それに石喰いのモチノキなんかが観光名所。
Pc094838
Pc094855
Pc094874
 伊豆のエアリアマップじゃ、いまいち細かい名前とか分からない。
で、観光協会に電話して、伊東ウォークの観光マップを、人数分取り寄せたの。
後で乗るバスの時間に、すごく余裕があるから、おしゃべりしながらのんびり散策。
って言いつつ、せっかちな私は、ついつい足が速くなる(^。^;)
 城が崎の海洋公園付近でこじゃれたお店でランチ。
Pc094884_2
歩き続けて4時間 払のバス停から、伊東行きのバスに乗りました。
 70代お二人に80代もいる火曜会 
温泉に泊まる山も、悪くないですね。
寒い忘年山行時期は、これからも これで行きましょうか(*^▽^*)
お山を歩くのは、毎週歩いているんだしね。
 色々、ご馳走様でした(/・0・)

2015年12月 6日 (日)

梅の木尾根~ネクタイ尾根~大山~屏風尾根

 12月5日 

 東丹沢は、蛭が多い。

急に暖かい雨の翌日なんかは、フラフラと動いてる。なので、12月になるのを待っていました。

 日向薬師の奥、大山の見晴らし台へ登る、登山道のすぐ手前に、浄発願寺本堂跡がある。この浄発願寺は、明治まで、男の駆け込み寺だったの。

 暴力妻から逃げたんじゃないよ。
放火、殺人以外の罪人が、ここに駆け込むと、罪を許されたんだって。
これが、官民一般の公認だったんだって。 これが、官民一般の公認だったんだって言うから、驚き('o'=) ここで修業して、罪を償ったのね。  

Pc054606
 そのお寺さんの跡から、北の尾根に上がる。 これが梅の木尾根って言って、昔から歩かれた道。
 標高500m付近の紅葉が鮮やかで、キャァキャァ~!って、みんなで喜ぶ(^ー^* )  
Pc054607
Pc054609
標高700mくらいから、ちょっと痩せ尾根部分もあるけど、まぁ、登山道って言っていいくらい踏まれてる。 西に登って、大山三峰への一般登山道へ出る。登山者が間違わないように、この尾根にはロープが張ってあるよ。
Pc054632
北へ降りて、唐沢峠へ。  ここで初めて人に会う。 早目にランチとコーヒー。この後、急登りが待ってるから。 
Pc054638
 東屋の脇から、石尊沢へ降りる。ここも、一応、登山者が間違えないように、ロープが張ってあります。
Pc054636
で、一部トラバース道が、崩れています(^。^;)  丹沢バリを歩いている人は もう分かった? 今日は、久しぶりにネクタイ尾根で周回です。  堰堤を渡って、
Pc054641
そのネクタイ尾根へ。 ここ、以前赤テープ代わりに、たくさんのネクタイが下がっていた。最初は、リタイヤして、もういらないって人が、赤テープ代わりに付けるのかな? 一時、誰か撤去して、すべてなくなったんだけど、またネクタイが付いたって聞いてた。  でもね、行政がゴミとして撤去したらしくて、今日は2本しかなかったよ。
Pc054644
Pc054648
 だから、この尾根を下りに取るのは、登りで何度か歩いてからがいいね。  落ち葉で滑る急登で、大山北尾根へ出る。 後は、よく踏まれた尾根道を、15分。(ノ°ο°)ノ オオオオ お昼なのに、富士山がきれい。
Pc054650
Pc054654
Pc054655
Pc054660
Pc054663
で、脚立で鹿柵を越えると、大山(1252m)
Pc054665
ダイセンじゃないよ。オオヤマって読みます!   ここは、春に6歳の孫とも登ったよ(^v^)  いきなり、すごい喧噪!
Pc054668
Pc054671
Pc054676
週末の大山は、たいそうな人出(^。^;)  
Pc054679 
 真鶴半島と伊豆半島、キラキラ光る海。パラグライダーが二機飛んでいる。
Pc054691
見晴台方向へ降りて、不動尻分岐からちょっと東へ行くと、送電鉄塔が見える。
Pc054693
 今日は、この先の伐採広場から、新しくできたモノレール軌道に沿って下りよう。
Pc054695 屏風尾根って言うんだよ。  地形図だと、989mで、不動尻へのルートが90度曲がるところに、モノレールがある。 すっごく急な尾根なんだけど、モノレール軌道の通りに行くから、下りで使っても間違わないよ。
Pc054698
 ただし、下山でも汗だくになるくらい、全身を使う急斜面。部分的には、なんとなく踏み跡らしいのも見える。だいたいは、グズグズの急斜面。 こちらも、下の方の紅葉がきれい。
Pc054702
最後に、軌道から左に離れて尾根を進むと、またモノレールが近づいて、コの字の梯子が。これで林道へ降りると、すぐ下が日向キャンプ場。
Pc054704
Pc054705
 これ、車でもきれいに周回できるよ(^v^)v  車へ戻って、まだ2時かぁ。 じゃ、久し振りに、弘法の里湯にでも寄って行く? 先々月、マイフレさんのリハビリ登山で来た、鶴巻温泉。 しっかり 疲れを取って、大山豆腐買って、帰りました。  まだ鮮やかな紅葉が見れると思っていなかったので、ラッキー(=●^0^●=)v

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »