« 仁科峠~天城峠 城が崎ピクニカルコース | トップページ | 湯の丸~烏帽子 根子岳~四阿山 »

2015年12月14日 (月)

平丸~焼山~黍殻山

 週末の山友たち、丹沢のマイナールートは、あちこち付き合って
もらってる。
先週、「行きたいところがあるんです」って言うから、どこかと思ったら・・・
東海自然歩道の焼山に、登ったことがないんだって。
 東海自然歩道って言うのは、昭和45年から、憩いの場としての自然を見直そうってことで考えられて、整備されたもの。高尾山から大阪のポンポン山まで、1700キロくらいの長い長い自然歩道なの。
これに目を付けた旅行会社が、一年以上かけて、これを完歩するツアー企画を出してるよ。
 高尾から、石老山~石砂って歩くと、次が丹沢の端っこ焼山。
じゃ、最近新しくなった、黍殻山の避難小屋でも見物がてら、焼山と黍殻山に登ろうか?
忘年山行第一弾で、避難小屋で鍋でもする?
 先日、女子会の鍋山行で集合した橋本。
今日は、事故もなく、家から40分で行けました。
そこから車で1時間弱。
平丸の奥に車を止めて、落葉した松林を登る。
朝から小雨。でも、道がいいから傘をさして歩ける。
Pc134955
 杉の植林地~アカマツ林~カラマツ林になると、主稜線はもうすぐ。
姫次から蛭ヶ岳へ続く尾根に出て、まずは左へ。
Pc134956
ゆるゆると、下り気味に下りて、ちょっとだけアップダウン。
焼山(1059,5m)
Pc134957
Pc134958
ここ、将軍の鷹狩場だったんですって。
だから、毎年、狩りの邪魔にならないために、山焼きしたんですって。
それがお名前の由来。
めっちゃ、背の高い展望台がある。
今日のこの天気では、登っても遠望はないなぁ。
ここが初めての山友たちが、上がって見てました。
「真っ白です~」って!
晴れていれば、北側に、見慣れた中央線沿線や道志の山々
南側に、丹沢主峰が見えるのに(^。^;)
Pc134961
 戻って、西の黍殻山(1272,8m)へ
Pc134964
Pc134965
山道は、ほんの少し南側を巻いているので、山頂への道は細い。
根っこが浮いた痩せ尾根部分だけ、傘をたたみました。
 この先の避難小屋が、今日の目的地。
Pc134967
Pc134969
Pc134971
ここ、以前は達磨ストーブが置いてあった。
丹沢の、泊まりたい避難小屋ベストスリーって聞いてた。
それが、まだきれいなのに改築されたって聞いたから、見てみたかったんだ。
 外に、大きく[避難小屋は 宿泊所ではありません]だって~。
でも、この避難小屋の位置だと、命にかかわる避難での宿泊って、あんまりないんじゃないかなぁ。
わがもの顔で宴会とかするな ってこと?
真新しい木目が気持ちいい。
テーブルと椅子もあって、窓が広くて、泊まりたくなるね。
でも、達磨ストーブは無くなっちゃった(/_;)
 前回、このメンバーで蛭ケ岳へ日帰りした時、ここを通った。
今日はここで、週末会の第一回忘年山行。
ガスと、お鍋と、お水を持って来てもらった。
私は、食材と器と、調味料とか持って来たよ。
 パスタ入りミネストローネと、生ハムサラダだよ(^ー^* )
アツアツのスープパスタ、みんな美味しいって食べてくれた。
よかった(^v^)
Pc134973
途中で、朝7時に大倉を出たって言うトレランさんが来たよ!
楽々と日帰りで、丹沢縦断しちゃうんだね(°∇°;) !!
 雨は、ずっとシトシト。
でも、気になるほどじゃない。
帰路、登山道からちょっとだけ離れて、三等三角点(654,2m)に寄ってもらう。
こちらも、踏み跡ありました。
Pc134977
Pc134976
雨の日に安全な、ちょうどいいルートでよかった(^ー^* )

« 仁科峠~天城峠 城が崎ピクニカルコース | トップページ | 湯の丸~烏帽子 根子岳~四阿山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平丸~焼山~黍殻山:

« 仁科峠~天城峠 城が崎ピクニカルコース | トップページ | 湯の丸~烏帽子 根子岳~四阿山 »