« 猿投山 | トップページ | 小泉山 大泉山 »

2016年1月20日 (水)

石砂山

 新春登山で、高尾から東海自然歩道を歩いた。
今日は、石砂山を歩いたことが無いって人が2名参加予定。
なので、東海自然歩道の続きにしました。

 とは言え、石砂山(イシザレヤマ)まで歩くと、下山後にバスもつながらないし、タクシーを呼ぶと迎車代がかかる地域。
なので、藤野から、まず2台のタクシーで、伏馬田まで乗りまして・・・
ここから、北上する作戦。

ところが!昨夜タクシー会社から電話。
ご依頼の場所へは、狭い山道を通るので、行けないかも知れません。

 ( ̄~ ̄;)ウーン・・・どうしよう。
で、ちょっと長くなるけど、菅井で下してもらう。
歩き出し、雪かきの地元の方に「石砂山? 気を付けてね」
って言って 
\(^o^)/ うわー
人数分の飴を頂きました。
こういうのって、すっごく嬉しいです。

P1196116
 車道から登山道へ入ると、積雪10センチくらい。
雪道 雪道 v(^。^*)ランランラン♪

P1196117
P1196118
 歩き出しからトラバースが多い(;´o`)

P1196119
上から雪崩れて、元の登山道の位置がつかみにくいところもあって、山側にガシガシ踵を入れて、ツボ足で歩く。重たいモナカ雪で、倒木が多くて、なかなか難儀。

P1196120
P1196121
P1196123
P1196124
 日当たり部分の新雪はキラキラして~♪~
(^ー^* )  登山歴の短いマイフレさんに、危なくないところをちょっとだけ、先頭を歩いてもらった。楽しめたかな?(^ー^* )

P1196126
P1196130
 山頂直下は階段だから、雪が積もるとなかなかの急斜面。
「階段の際に足をかけると、滑るよー」
って言ったら「え~、どれが階段か分かりません」そうだよね。みんな真っ白だもんね。
雪えくぼがきれい! 

P1196133
で、積雪20センチほどの石砂山(578m)へ。
P1196137
P1196138
ここは、日本固有種ギフチョウの生育で知られています。
カンアオイの葉っぱに、卵を産みつけるんだよ。
成蝶はカタクリとかイチゲとか桜の蜜を吸うの。
数年前の火曜会では、北尾根をバリルートで登って、峰山へ周回したけど、その時は、ギフチョウに会えたよ。

 今日は、石老山で、遅めのランチの予定だったけど、ここですでに1時間半オーバー。
なので、ここでランチ。
大室山・加入道の右に富士山が地吹雪あげてました。
樹間で、上手く撮れなかったよ。

P1196142
 下山も倒木が多くて、トラバースは慎重に・・・
この分だと、石老山への登り返しは、タイムオーバーだな。

P1196143
 篠原の集落へ降りて、県道もなかなかの雪。
P1196146
P1196147
P1196149
P1196154
ここでタクシーを呼ぼうと思っていたら、今日は、タクシーは出ずっぱりで、いつ行けるか分からないって(;´o`)

P1196157
・・・そうだよね。
この雪だもの。昨日行けなかった病院とか、止むに止まれぬ人が使うんでしょう。

P1196160
 車道を1時間半歩いて、日影は、なまじ除雪した部分が、ツルツルに凍って滑ること。
私が、車道用に持って行った、ゴムのスパイクの滑り止めを、去年骨折した、骨密度の低いお姉さまに、無理矢理付けて頂きました。

P1196162
P1196165
 どなたもお怪我無く、プレジャーフォレスト前に到着(^。^;) ふぅ~
相模湖まで、バスに乗る。

 二つ目のお山を登るのを止めたから、車道1時間半あるいても、帰りが早くて・・・
みんなで高尾で(=^O^=)o□ プハァ

P1196177
 今日も、ご馳走様でした(/・0・) 

 雪道と、長い凍った車道歩き。疲れたと思いますから、寝る前にもう一度、ストレッチしておいて下さいね~( ´ ▽` )ノ

 お疲れ様でした。

« 猿投山 | トップページ | 小泉山 大泉山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

猿投山は、自宅から車で走れば、近い。
山でお会いしたかったなぁ~!

新年早々、相変わらずの行動力、パワーに只々驚くばかりです。

できましたら・・・
画面背景のブルーに黒字は見難く、目が疲れます。
個人差があるかもしれませんが、白字の方が読み易いです。

花大好きさん

ご無沙汰しています( ´ ▽` )ノ
コメントありがとうございます。
雪が綺麗かと思ったけど、確かに読みにくいので、デザイン変更しますね。
教えてくださって、ありがとうございます(^v^)

猿投山 お近いんですか?
東宮の社殿の右から、最高点へいらしてみてください。
私が編んだチャンチャンコを着たお猿、まだいるかなぁ~。

デザイン変更ありがとうございます。
お陰様で、私はとても楽になりました。
でも、他のフアンの方はどうかしら・・・

昨年後半から、少し無理して歩くと、右膝関節が痛みだし、展望の良い山並みをドライブする機会が多くなりました。

チャンチャンコのお猿さんの件、主人に話してみますね。


テスト

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石砂山:

« 猿投山 | トップページ | 小泉山 大泉山 »