« 石砂山 | トップページ | 三湖台の雨氷 »

2016年2月 1日 (月)

小泉山 大泉山

 うーん (+_+) 久しぶりに、週末会4人で歩こうって言うのに、土曜日の予報は、雨? それでも、どこかへ行きたいねぇ~。 じゃ、短いお山を歩いて、温泉にでも行く?    

 ってことで、伝説が楽しい大泉山と小泉山へ。
  『どこにあるの?』って思ったかな。  
では、このお話を。 昔々、山を創る神様に、二人の娘がおりましたとさ。一人の娘には、富士山を造って住まわせた。もう一人の娘には、浅間山を作って住まわせようと、諏訪の土をたくさん運んだんだって。 それで、諏訪の地面に大穴が、ぽこんとあいちゃった。  
 蓼科山は、八ヶ岳の妹。 蓼科山は、お兄ちゃんの八ヶ岳が、富士山に叩かれてから、ずーっと泣いてるの。
「お兄ちゃんがかわいそう~。富士山より低くなっちゃって(T-T) 」
 蓼科山の目から、たくさんの涙が流れました。 涙は、蓼科山の裾を走り、ひとすじの川になりました。そして、諏訪のへこんだところへ、流れ込んだんだって。蓼科山の涙がたまって、諏訪湖になったの。  
 さてその頃「だいだらぼっち」という、とてつもない大男が現れました。背の高さは雲を突き抜けて、一歩 歩くと、ドシ~ン ドシ~ン!
「これは、えれえことになったぞ。あんな所へ湖ができちまった。俺が一度に埋めてやる」
 だいだらぼっちは、大きな手で二度も三度も、八ヶ岳をけずりとりました。 そして、土のお山を一つ 作りました。 もう一つ 作りました。
大きなお山が二つできました。
 なにしろ、諏訪湖を埋めようと言うんだから、土いっぱい。
だいだらぼっちは、天秤棒をかついで「うんとこしょ」と、ひとうなり。 二つの山のような土を、軽々とかつぎました。 そして、八ヶ岳のふもとから、諏訪湖をめざして走りました。  
 しばらく行ったときでした。 天秤棒がボキッ、と折れちゃったの!
「ドッサーン!」
二つの、山のような土は、広い地面に落っこちちゃった(;´o`)
「 ほえ~( ̄o ̄;) いけねえことをした。」
 だいだらぼっちは、天秤棒を探してきて、大あわてで 
「よいしょ、よいしょ。」
と、担ぎ上げようとしたんだけど、もっこはびくとも動きません。
「こりゃ、おかしいぞ。」
肩にかけ直し、足をぐっと踏ん張って、何回もうなったけど、やっぱり駄目です。 二つのお山は、すっかり地面にひっついちゃったんだって。  
 
 仕方がないので、二つの山をほっておいて、だいだらぼっちは、どこかに行ってしまいました。  
 この、二つのお山が、大泉山と小泉山なんだって。  
 畑の中に、ぽつんと鎮守の森みたいに可愛いお山。
P1306403
中沢のお寺から登り始めたら、パラパラ降っていた雪は、すぐに止んだ! ラッキー(*^_^*)v  
P1306372
P1306373_2
P1306374
 少し上には、狐の腰掛って岩。背もたれと肘掛けまでついて、座り心地がよさそう。  
P1306378

小さなトレースが一つあるなぁ。と思っていたら、長靴の女性にすれ違いました。
P1306381
P1306384
  最後に階段が出てきて、ひと登りで小泉山(1070m)
山座同定板があったよ。 八ヶ岳の展望地らしい。 今日は真っ白だけどね(^。^;)  
P1306386
P1306387
P1306392
P1306395
 中沢集落へ戻って、すぐ東に大泉山が見える。
P1306401
 800mほど行くと、[多留姫神社→]の案内。
こんもり見える大泉山の南には、多留姫の滝があって、これはなかなか美しい!
P1306402
P1306452
P1306452_2
 多留姫ってね、諏訪大明神の娘らしい。  
雪の積もった丸太橋があって、あれ渡るの?って思ったら、吊り橋があった。
P1306409
P1306408
多留姫の滝はなかなか見ごたえあり。
P1306413
P1306446_2
山の入口には、たくさんの歌碑が置かれている。
立派な四阿もあったよ。
P1306416
上から見た滝
P1306417  
 烏布峰 烏布って、天狗や山伏が頭につける黒い布の事らしい。
P1306418
昔は富士山も見えた場所。
P1306424
今はこんな。
P1306426
この上は、松茸山で、秋は入山禁止になるのかな?スズランテープでぐるぐる巻きの、入るな地帯が多い。
P1306429
 雪がどんどん深くなって、一番深いところは20センチぐらい。ふわっふわの新雪で、キュッキュッと鳴いて気持ちがいい(*^▽^*)  
P1306430
 アカマツ林を、一つピークを越えて、ダラダラーっと登ると、大泉山(1115,4m)
P1306431
 樹林のピークで、眺めは無いんだよね。 ご近所さんの散歩道?が北側に続いていた。    
P1306435
 民話探索終了(^v^)v  
行く前「雨よりは雪がいいよね」って話してたんだ。ほんの少し、雪がパラついたくらいで、降られずに歩けたよ(^ー^* ) でも、足の指が、かじかんじゃった。  
 予定では、眺めのいい玉宮温泉に寄ろうと思っていたんだけど・・・
今日は、眺め・・・ないじゃん!  
 直ぐ近くに河原温泉ってのがあって、サウナも付いて400円。どうせ眺めがないんだから、そっちに行こう!
P1306455
 はぁ~(* ̄∇ ̄*)  冷えた足に、お湯がすっごく熱く感じたよ。
気持よかったぁ(^ー^* )  
 雨予報だったし、どうしようかと思ってたけど、気になっていた民話のお山(丘?)に、降られずに登れて、満足満足(^v^)  
 ふっわふわの新雪  気持ちよかったよぉ~(* ̄∇ ̄*)
帰りの八王子の横浜線に、JR東日本の検査車両が停まっていて、人だかりが写真撮ってたよ。
P1306463_2

« 石砂山 | トップページ | 三湖台の雨氷 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小泉山 大泉山:

« 石砂山 | トップページ | 三湖台の雨氷 »