« 森吉 後生掛温泉 八幡平 | トップページ | 山伏岳 »

2016年6月30日 (木)

雨の蔵王刈田岳 晴れの蔵王屏風岳

 今年のちい姉さまのお誕生会、どこにしましょうか?
去年はアヤメ平から至仏、一昨年は火打、その前は御嶽山。
お誕生山行に、いい時期に生まれましたね(^ー^* )
 で、蔵王は観光で行ってるけど、お山を歩いたことはないって。
じゃ、蔵王に決定。
ところが、調べて行ったら、刈田岳へ行くバスは、夏と週末祝祭日しか運転しない(;>_<;)
あれれ~(;・_・; ・・・・
一度計算したルート、考え直しだぁ。
 山形からバスで1時間40分は、往復タクシーはちょっと・・・
それに、送迎付きのお宿を探すのにも、手間取っちゃった。
 東京でお姉さま方と合流。
山形から、この時期の平日のバス終点、蔵王温泉へ。
あれれ~(´ヘ`;)
今日って曇りじゃなかったの?
 ロープウェーを乗り継いで、標高1600m。
風がゴーゴー唸ってる(^o^; ほえ~
お釜側から横殴りの雨。
P6282025
でもね、お姉さま方のどなたからも「行くの?」とか「止めない?」ってお声はなかったよ。
雨具上下着て、風に立ち向かうと、早々\(^o^)/ わーい
ハクサンチドリ
P6282026
イワシモツケ
P6282027
地蔵岳 辺りは真っ白で、ここで矢印方向に行ったら道が無くなって戻る。きっと迷い踏み跡だね。
P6282028
黙々と歩くと
P6282029
そして、大姉さまが見たいと言ってらしたイワカガミ。
まもなく、K姉さまが見たいっておっしゃってたアオノツガザクラ!
雨でも嬉しいお花との出会い(^ー^* )
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
何年振りかな オノエラン!
P6282032
このルート、オノエランが雑草のように咲いてるよ。
P6282030
お花畑
P6282036
 辺りは真っ白で、熊野岳(1840,3m)へ登るのは止めて避難小屋へ。
ここでやっとお水休憩で、大き目ゼリーを配る。ヘルメットが置いてある。
P6282037
こんなお天気は、道迷いが怖いけど、目印の杭が点々と立っていてありがたい。そして、火山に異常を感じた場合は速やかにこちらへ逃げてください。と言う誘導の看板。
 実はね、蔵王は、去年の4月に火山レベルが引き上げられて、その後、6月に元へ戻った。
でも、逃げ場のない刈田岳への馬ノ背ルートは、自主規制で通行止めになっていた。
それでも、自主規制だから、晴れた日はゾロゾロと大ぜいが歩いていたんですって。
どうしようかと思っていたら、この自主規制は7月1日に解除。
ごめんなさい(。_。;)
2日だけフライングさせて!(。_。;)
 3m先が見えにくい、真っ白な馬ノ背。
でも、誘導の杭と、岩に〇印。
そして、皮肉なことに、人が歩いたあとに、降った雨が流れるから、踏み跡がよく分かる。
道がよくなって、(^o^; ほえ~
こちら側には、入るなのロープ(;>_<;)
を、くぐって出させ頂きました。
 熊野岳はパスしたから、刈田岳(1787,8m)は行きましょうね。
P6282038_2
神社のすぐ上に三角点
P6282040
登って降りてきたら、なんと、地元のマイフレさんがお迎えに来てくれた!
('◇'*)わぁお。
ありがとうございます。
レストハウスでちい姉さまのお誕生会。
 ブランデーケーキと、ちい姉さまのお好きな氷結と、シャンペングラスを6個 持って来たのよ。
軽いやつだけど。割れそうなんで、すっごく気を使っちゃた。
P6282042
レストハウスでやるなら、飲み物何本も、背負ってこなくってもよかったけど~(^。^;)
ちい姉さま、68歳のお誕生日 おめでとうございます。
 今日は、刈田岳の駐車場まで、ペンションの人がお迎えに来てくれるの。
雨の中、迎車でペンションラビイハウスへ。
ここに決めたのは、送迎付きってのが最大要因。
だけど、+250円で、アメニティーの他に作務衣を貸してくれるの。
浴衣って、寝ると、はだけちゃって好きじゃないんだけど、作務衣はいいよね。
 二食付き8500円で、美味しいコース料理を堪能。
もう一度、ちい姉さま 68才おめでとうございます。
乾杯~(=^O^=)o□
P6282048_2
P6282051
 6月29日
美味しい朝ごはんを頂いて
P6292055
ペンションの車で、昨日下山した苅田岳の近くへ。
P6292063
ここから南へ、歩くんだけど・・・
(ノ°ο°)ノ オオオオ
雪の峰々が美しい!
P6292061
マイフレさんが、朝日に飯豊に月山だって教えてくれた。
少し降りてから、なだらか~に登っていく。
今日も、ハクサンチドリがすごい!
P6292062
杉ヶ峰(1744,7m)に登って降りると、美しい池塘。
P6292108
チングルマの花穂とワタスゲ そしてイワイチョウが咲いている
P6292123
 なだらか~に登ると、今回の目的地
屏風岳(1816,8m)
一等三角点 タッチ(*^_^*)v
P6292132
P6292133
ツルツゲ
P6292081
イワカガミとマイヅルソウ
P6292112
帰りの池塘で見つけたトキソウ
P6292146
コメツツジ
P6292162
 予定より、出発が20分遅れたから、申し訳ないけど、休憩はちょっと短め。で、お願いしたお迎え時間を2分超過(^。^;)
 ペンションの方が、「朝遅くなったのに、ぴったりじゃないですか!」
って驚いてくれたよ(^ー^* ) フフフフ
 ペンションの車で山形へ。
蔵王屏風岳、気持のいいお山でした!(*^_^*)v
山形から3時間で東京。
P6292176
 でも、お姉さま方とお弁当とビールを頂いて、おしゃべりして、
あっという間に着いちゃった。
楽しかったわ~(^ー^* )
中一日で、東北三昧週間でした!

« 森吉 後生掛温泉 八幡平 | トップページ | 山伏岳 »

登山」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
ひえ~えっ、みちのくの山歩き梯子とは・・・
刈田岳でオノエランを初めて見た記憶が蘇ってきます(^_-)-☆
そもそも、白花のハクサンチドリを探していたらオノエランでした。
今は、新幹線があるから、みちのくの山でも日帰りが出来るから、行動範囲が広くなっていいですね。

こちらは、ずっと前から決まっていたの。
たまたま、みちのくが続いた~。
って言うか、この時期に行きたいって言うか("⌒∇⌒")
熊野岳近辺の、ハクサンイチゲとオノエランと、イワカガミとアオノツガザクラの大群生には驚きました。
強風と雨にも負けずに、お花を喜んでくださる、70代から80歳のお姉さま方には、敬服です!
晴れの屏風岳は、とっても気持ちが寄ったです。一年ぶりのトキソウにも会えたし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の蔵王刈田岳 晴れの蔵王屏風岳:

« 森吉 後生掛温泉 八幡平 | トップページ | 山伏岳 »