« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月28日 (日)

猫魔ヶ岳 磐梯山 住吉温泉

 夏の終わりの日帰り登山。
私は孫の子守で、週末会をまた欠席した後だし、みなさんの言っていないお山へ行きましょう! で、磐梯山へ行くことになった。
私はここ、固有種のバンダイクワガタの時期にしか、登っていない。
週末メンバーで、4時間ルートは物足りないから、猫魔もWピストンしましょうか。

 いつまでいるんだ台風!
で、お天気予報が定まらないので、ギリギリまで迷ったよ。でも、道がいいから、傘さして歩きましょ。この時期は、雨具を着たら、蒸し暑くって、中からの汗で、びしょ濡れになっちゃうから。
 
 八方台登山口、こんな雨でガラガラなのに、整理の方が4人も!

P8273989_2
ここから、先に猫魔へ樹林歩き。
何でかって言うと、真ん中で休みたい場合、磐梯山は、弘法清水の売店で雨宿りできるから。そこを、ランチ時間に合わせたの(^v^)v

 最初はちょっと岩。
P8273994
何度か展望の場所へ出る。
朝から雨で真っ白、その上暑い!(´。`;;;)
あれれ、まだマップタイムの半分なんだけど・・・
見あげると、岩が積まれた展望広場。
P8273996
猫魔が岳(1404m)
P8273997一等三角点
P8273998
 昔むかし、ここに化け猫が住みついたんだって。 夜な夜な人を食いに村へ出て、ついに領主の奥方を捕まえた。 六三(ロクザ)って力自慢のお百姓さんが、これを聞いて化け猫をやっつけたって、伝説が残ってる。
 あとね、食料をネズミに食い荒らされて、困っていた農民のために 慧日寺のお坊さんが、ネズミ退治のため、猫王をお山に祀った。って説もある。
 猫魔ヶ岳の猫を祀った磐梯神社では、文政年間(1812~29)に猫の絵を描いたお札を発行していたんだって。ネズミに困った昔の人は、このお札を、米蔵や米櫃に張ったんだって。

 そうそう。
松尾芭蕉も「山は猫 ねぶりていくや 雪の隙」って詠んでるんだよ。
天和年間(1681~84)って言うから、その前にはもう、猫伝説があったんだね。

 でね、山頂から雄国沼方向に、猫石ってのがあるんだよ。
猫耳二つが、ぴょこっと飛び出して見えるの。
昔の人は、これを見て、あんなところに大猫がいる。って、猫伝説が、色々考えられたんじゃないかな。

 雨が降ってなきゃ、猫耳岩まで行きたいところだけど、今日は止めとこうね。たぶんこれが猫石
P8274001
120mほど下リて、50mの急登だから。とにかく蒸し暑いもの。

 来た道戻って、
さ、お次は磐梯山。
P8274006
猫魔ヶ岳のマップタイムが、かなり甘かったから、こちらも甘いかと思ったら、こっちは普通。 雨で、登山道は水浸しだし
P8274016木道は滑るし

P8274010
オーバーズボンはいてるし、傘さしてるし、8掛けくらいになっちゃった。

 弘法清水で、美味しいお水を頂いて・・・
P8274022
ここ、ウメバチソウが群生していてきれい。
P8274024
ちょっと岩っぽい道は、雨水が滝のように流れている。

ダイモンジソウは、受粉すると蕊が取れて真ん中が赤くなるんだよ。
P8274028
 磐梯山(1818,6m)
P8274030
P8274031
あ~ 見事に真っ白だね(^。^;)
P8274032
イブキジャコウソウも咲いてたよ。
P8274029
さすが百名座、こんな雨なのに、何組のもの人にすれ違う。みんな、雨具着て。
汗ダク~。朝、私たちが猫魔へ行く時に、同時に磐梯山へ登っていった人に会って「もう両方登って、降りて来たんですか?」って言われちゃった~。(^、^*) エヘヘ

 せっかくここまで来たから、前から入ってみたかった、押立温泉の住吉館に寄る。
ここ、泉質の違う2種の源泉があるんだよ。
緑色のお湯と、無色透明のお湯。
P8274046
奥に混浴があって、ここはタオル巻きOKだそうなので、行ってみる。
「誰も居ないよ~」山友たちに言うと、珍しく入ってきた。こんなお天気だしね。
P8274054
 ここの混浴露天風呂、まるで日本庭園のお池状態。最初見た時は、なんか冷たそう、って思った。けど、少しぬるめの、気持ちのいいお湯で、こんなお天気の日だったから、ずっとお貸しきりでした( ̄▽ ̄)V 
カエデ科の木が多いので、紅葉時期は素敵だと思う! お泊まりだと、夜と朝、女性専用時間が30分づつ、あるみたいよ。
 内湯の、緑白色に見える方のお湯は、ぬるっとして、こっちのお湯の方が、なんか効きそう~(^ー^* )
P8274049
 で、道の駅磐梯で、喜多方ラーメンを食べて、帰って参りました。ずっと変な雲で、降ったり止んだりだったよ。
P8274056
 紅葉時期には、この辺りは激混みになるんでしょうけど、お花の少ない微妙な時期。
まして、台風っ気の雨降りなので、静かなお山と、しずかな温泉を楽しめました( ´ ▽` )ノ

2016年8月24日 (水)

金峰山

 お泊りできないPちゃんと、久しぶりに一緒の歩き。
どこがいいかな。
やっぱり、山梨百名山だよね。
で、遠くからも目立つ、金峰山に決めた。
 今回、常にマップタイムで歩くY姉さまが抜けた。
ので、5人でタクシー1台。
ん "( ' ' ;) このメンツなら、マップタイム切れるな。
もしかしたら、早目のあずさに乗れるかも。
 塩山に着いたら、お迎えの運転手さんがなんと!
昨日の台風で、車道が通れるかどうか確認が入っているので、大弛峠まで行けないって。
( °o° ) エー
確認して、昼前にはゲートを開けるかも、ですって(;>_<;)
スマホで見ても、台風後の安全確認のため、通行止め になってる。
( ̄~ ̄;)ウーン・・・
じゃ、近いところで大菩薩? 
もっと近いところで、小楢山?
「とにかく行って!ダメなら焼山峠~小楢山にするから」
 
 途中で運転手さんが、お友達に電話連絡してる・・・
「え?ゲート開けた、ありがとう」
(ノ°ο°)ノ オオオオ
拍手~!!!
 ことのほかありがたみのある、大弛峠(2360m)からの歩きだし("⌒∇⌒")
夏はいいねぇ。歩き出しが涼しいって(^ー^* )
P8233931
 今日は、地面が緩んでいるから、気を付けてね~。
 北八つチックな苔の森。
この辺の、シラビソやトウヒの樹林の匂いが好き~。
P8233935
ところどころに、ヌカルミや水たまり。雲が動くのが速い。
P8233944
 朝日岳(2579m)のちょっと手前で、早目に~。
細身のお姉さまは、すぐシャリバテになるから、ここでランチにしましょ(^ー^* ) 時々ガスって寒いくらい。
でも、久々の火曜会ランチは美味しいねぇ。
P8233948
 ちょっと下って登り返し。
80歳のお姉さまも、快調なフットワーク。
森林限界を越えると・・・
富士山に南アルプス と言いたいところなんだけど、ガスって真っ白。
でも、昨日でなくてよかったよね~。
P8233956
 岩々を歩いて金峰山(2595m)にマップタイムよりかなり早く着いたよ。
五丈岩、今日は誰も登っていない。
P8233960
P8233961
P8233962
P8233967
 時計を見る。
帰りの早目のあずさに、何とか間に合いそうだ。
今日の数少ないお花を撮って コバノコゴメグサ
P8233968トウヤクリンドウ
P8233969
お天気が崩れそうだから、早目に下りましょう。
P8233982
帰路、朝日岳を越えた辺りで、風の匂いが変った。
「平らなところは、ちょっと急いでもらえる~」
叫んだ直後、もう、雨の音がしてきた。
「ザックカバーしましょ。私はオーバーズボンも履くよ。仕度が済んだ人から、降りてていいよ~」
見る見る、ザーザーと雨が降り始める。
みんな、カバーとポンチョとかだけなのに、私だけオーバーズボンを穿いて、もたもたしていたから最後尾になる。
じゃ、傘もさそうっと。
 姉さま方、早い早い!
で、K姉さまとおしゃべりしながら歩いていると、ゴロゴロゴロ!
(^o^; ほえ~  雷だ。
森林限界過ぎたところで、こんなのに会わなくってよかった。
下って行くと、行きよりもすごい水たまり。
あら? こっちはだいぶ降ったのね~。
 
 マップタイムより、25分縮めて、大弛到着。
お迎えの塩山タクシーさんに乗って、走り出した途端!
バケツをひっくり返した、ってこの事!ってぐらいの豪雨。
途中、今塩山付近は雷がすごいとの連絡。
でも、駅に着いた頃、止みました。
なんていいタイミング(^。^;)
 予定の特急かいじに乗れました。
これに乗り遅れると、帰宅が1時間半も遅くなるの。
 お姉さま方、急がせてごめんなさい(。_。;)
素晴らしい俊足でした。
 立山・白馬・白山・十勝岳って、大きなお山が続いたあと・・・
なんだか、すご~く久しぶりに、お山を歩いた気分。
数えたら、中8日、空いただけだった。
 お山へ行くと、エネルギーが充満する気がする。
あ~、お山って、本当にいいな(^ー^* )

2016年8月13日 (土)

白金温泉~十勝岳 富良野岳~十勝岳温泉

 羽田からの飛行機 台風の影響で揺れることが予想されます。って放送があったけど、山を眺めながら、楽しいフライト。大間の先に島が。

P8093482
羊蹄山も見えたよ。本当に富士山みたい。
P8093487

 旭川から、深山峠経由で白金温泉へ。
1泊目の白金観光ホテル、ここの露天は、白濁のいいお湯でした。
P8093498
お夕飯のメインは牛鍋とホタテ焼き
P8093499
8月10日 
早朝、従兄弟が来て「はよ行かんと駐車場がすぐに満車や」
(^o^; ほえ~・・・
美味しそうな朝ごはんが~(#´ο`#)
望岳台から、歩きだし。
低木の、エゾイソツツジやエゾオヤマリンドウが咲いてる。
P8103512
振り向くと、望岳台から美瑛の町がずうっと見渡せて・・・
P8103520
ってことは、この辺はガスった時の下りは、要注意だね。
噴火口から白い噴煙。63年の噴火は大きかったって。山頂はまだ遠い。
P8103528
 ランチに夫といとこの分のノンアルビールを出すと、従兄弟が言った。
「こんなもん背負って来たん?」
「ここでビールが飲めるとは思わんかったな」
(^v^)v

 十勝岳(2077m)山頂 急にガスったけど、時々動いて眺めがある。
P8103534
 美瑛岳がピラミダルでかっこいい。
トムラウシが近い。
P8103536消える2人("⌒∇⌒")
P8103547
 今夜も、白金観光ホテル泊。
夕方、ホテルの窓から火口がよく見える。
P8103568
お夕飯前にちょとお絵描き
P8103565
二泊目のお夕食はすき焼きとチャンチャン焼き
P8103569
連泊って、お荷物整理が楽だね~(^ー^* )

 8月11日
 車で20分移動して、前から歩きたかった富良野岳へ。
今年はお花が早いから心配したけど、安政火口から少し登ると\(^o^)/ わーい
お花・お花・お花
エゾヒメクワガタにエゾウサギギク
P8113587
P8113597_2
イワブクロにトカチフウロ! 
P8113653
P8113622
時々、歩きにくい岩が出てくる。

 上富良野岳分岐の上にはコマクサ。
P8113668
そこから山頂までの斜面は、チシマフウロと エゾウサギギクと ウスユキトウヒレンの大群生!
P8113639エゾツツジも咲き残っている。
P8113648
 富良野岳(1911,9m)
P8113657
一等三角点 点名『神女徳岳』
P8113654
ステキなところだぁ~。
夫に、先に降りていてもらって、小ピーク3つ分、西へ行ってみる。振り向くと、山頂には大勢の人。
P8113661
('◇'*)わぁお!
リンネソウの群生。
P8113665
眼下に原生林が広がって、その先に中富良野のパッチワークの丘。

下山で、行きには気がつかなかったイワヒゲや先残りのシラタマノキを見かける。
P8113676
P8113685
 チシマノキンバイとエゾハクサンボウフウも見たよ。
P8113669
今夜は、十勝岳温泉カミホロ荘泊
こちらは、露天風呂が最高!お料理も破格に美味しい。

P8113720
お庭に、エゾ鹿親子が来てた。
P8113711夕日も素敵
P8113732
8月12日
夜明けの露天風呂
P8123735
 白髭の滝と、青い池に寄る。 
水に含まれるアルミニウムによって、こんな色に見えるんですって。
P8123744
P8123753
富良野のお花畑を見て、帰ってきたよ。
P8123762
帰りの飛行機からは、岩手山のお鉢
P8123766それに、佐渡と月山?も見えたよ。
P8123773 忙しかったけど、温泉とお山 堪能しました (^ー^* )

白山 荒島岳

 8月6・7・8


 白馬の次は白山

 山のお花で、ハクサンOOってお名前の花が多い。三年前、その白山に、日帰りで登った。
そうしたら、大姉さまもちい姉さまも、白山は未踏なんだって('o'=)
じゃ、お花の時期に行きましょうか?
山ツアーのパンフで、8月上旬に白山と荒島岳って言うのがあった。で、お姉さま方に聞いたら、みなさん行くって~。
泊まれないPちゃん、ごめんね(^。^;)
私は、お泊りのツアー、初体験です。

 羽田、7時半集合。小松空港から、バスで別当出合へ。バスの中でお昼を食べて、歩き出し。
 小さなツアー会社だから、人数が少ないかと思ったら( °o° ) !関東からは、私たちプラス男性1名 九州から8名、それにガイドさんと添乗員さん。こんな大人数で歩くのは、一昨年の忘年山行以来だ。今日はリーダーじゃないけど。うちのお姉さま方が、最高齢4姉妹みたい。

 砂防新道から、焼けてしまいそうな暑さの中の登り。
P8063267ハクサンカメバヒコオコシ
P8063270
ガイドさんの後ろは、休憩ごとに、2名ずつローテーションで、位置が変わるシステム。ガイドさんから離れている時や、ガイドさんが、お花に気がつかずに通り過ぎた時、いつも通り、お花の名前を、お姉さま方に言っていた。そうしたら、他のお客さんが、ガイドさんじゃなく私に「ねえねえ、これは何?」って聞いてくるの~(^。^;)
ガイドさん、やりにくかったかも~。
これは、ツレサギソウかな
P8063286
「何でも聞いて。知ってるものは答えられるから~」
大姉さまの、いつもの面白い会話にも、皆さん大うけで、私たち5人組が、今回のツアーを乗っ取った感じ?になっちゃいました(^。^;)
カライトソウと南竜荘
P8063316今夜は南竜山荘泊まり。

 8月7日
夜明けとともに、出発 アルプス展望台からは立山から槍穂 御嶽山まで
でも、ちょっと薄い。
P8073341別山がきれい
P8073342クロユリ
P8073355池巡りで、ちょっと残雪に降りる
P8073362
白山 御前峰(2702,2m)へ。

P8073382ハクサンシャジンがすごい事!
P8073404マツムシソウがもうこんな\(^o^)/
P8073410ハクサンタイゲキ
P8073412ハクサンフウロとシロバナのハクサンシャジン
P8073417トドマツの球果
P8073421ハクサンオミナエシ
P8073424オオヒナノウスツボ
P8073428ツルニンジンが多かったよ
P8073433 下山途中から、2名がドンドン遅れだす。
観光新道は、お花が沢山で素晴らしいけど、下りが厳しい。それに累計下降1600m。

 火曜会は、いつの間にか、関東組 って言われていたんだけど、下山途中、ガイドさんに「関東組のリーダーさん!」って呼ばれる。
ヘロヘロになって、何度も転ぶお二人を、ガイドと添乗員が、スリングで補助して降りるから、全体を見ながら、一番後ろを歩いてくれないかって。は~い( ´ ▽` )ノ
しんがり、務めさせて頂きます。
P8073435

 皆さんヘロヘロな中、火曜会のお姉さま方、最後までしっかり歩いて、さすがです!ガイドさんと添乗員さんから、「助かりました、ありがとう」って言われた~(^v^)
お山はゴロゴロと雷が響いてました。

P8073437
 バスに乗ったら、土砂降りに。間に合ってよかった。
夜は、白峰温泉でまったり。
P8073438
重曹泉で、ぬるっとして、とっても気持ちのいい泉質です。
 お夕飯の時、関東組はすごいね。と、皆さんからおほめの言葉(^、^*) エヘヘ

P8073440
 8月8日
早朝、バスで、中出へ移動。
パンフでは、勝原から荒島岳のピストンだったの。でも、直前にコース変更。ゆっくり歩けるのはいいんだけど、帰りが遅くなるのは、困るんだぁ(´ヘ`;)
理由は、後で書くね。
P8083443
 いい感じのブナ林の中を歩くと、小荒島が高くなってくる。小荒島岳(1186m)からは、薄く白山が見えている。

トンボソウかな?
P8083456
P8083454
 このあと、もちがかべって言う、ちょっと急な登りがある。階段と鎖もあるから、めちゃくちゃゆっくりと・・・荒島岳(1523,5m)
P8083467
P8083468
山頂はガスって涼しい。お花畑がきれい。クガイソウの群生もある。
P8083472
P8083474 登り返しがあるから、累計1600mを、登って降りるコース。ツルリンドウが多いお山だね。
P8083464
。最後に、勝原のスキー場へ、ガラガラ道の急降下。一回り以上年下の方々が、みんなヘロヘロになってる中、改めて、お姉さま方って、超人だなって思うよ。

 飛行機には間があるから、温泉に寄って・・・(#´ο`#) はぁ~ 気持ちい~い!

 小松空港18:50発 羽田20:05着
家に帰って、まずは洗濯機を回す。
で、アルバムと日記をアップ。

なんと私、明日の朝、旭川に行くんだよ~ ε= (*^o^*)

 これから、お荷物片付けて、家の中の片づけして、明日の準備・・・
何時に寝られるかなぁ。


 なので、白馬と重複したお花は、今回ほとんどアップしませんでした。
行ってきます。

 頂いたコメントは、夫のタブレットから読むね。

 じゃ、明日から金曜日まで、北海道、行ってきます( ´ ▽` )ノ

2016年8月 5日 (金)

白馬岳

 ずっと前から行きたいお山
第二弾
 去年、白馬へ行こうと蓮華温泉に泊まった。
翌日、本降りの雨と風で、白馬大池でUタ-ンしたんだ。
 白馬三山は歩いているけど、白馬山頂が真っ白だったし、一等三角点を覚えていない。
去年みたいに、14時間日帰りスケジュールは止めて、ゆっくりお泊りしよう。
 
  白馬三山を歩く人は、白馬雪渓から登り出しが多いでしょ。
でも、鳳凰三山の地蔵と一緒で、下山が断然楽。
落石が怖いけどね。
 8月2日の真夜中、雷で起こされる。
横浜はものすごい豪雨。
お山でこんなのに遭ったら大変だなぁ。
そう思っていたら、3日の白馬の天気が、晴れ一時雨か雷雨(^o^; ほえ~
 ( ̄~ ̄;)ウーン・・・
どうしよう(/_;)
 今年は、猿倉から白馬三山越えて登るつもりだったのにぃ~・・・
 それでも、この時期の白馬に行きたいし、一等三角点にもタッチしたい。
じゃ、最短の雪渓ピストンかぁ。
 猿倉から、歩けどもあるけどもミソガワソウの、青が目立つお花畑。
シロバナのミソガワソウを発見。
P8033073
白馬尻山荘には、1000円で4本爪アイゼンを売ってる。
P8033078
雪渓はかなり小さくなっていて、そこへ行くまでの河原歩きが長い。
シロバナハナニガナやエゾシオガマ、ダイモンジソウにオクヤマガラシ、クロクモソウも咲いている。
P8033086
雪渓下部で、アイゼン装着。
マイフレさんの日記で見ていたけど、あちこちにクラックがあるし、赤いベンガラをたどって歩いていたら目の前に大穴!
危ない危ない。きっと、昨日のお目で、一気に雪が融けたんだ。
雪渓は、まるで8月下旬みたい。
P8033094
赤いベンガラより、自分の見た目の判断が大事だね。
ベンガラをたどったら、雪渓の最初の崩落人に、なっちゃうかも知れないよ(;>_<;)
 前を歩く人を抜かして、雪渓から上がったとたん、天狗菱方向からガラガラガラ!
P8033099
かなり大きな崩落。
「ラク! ラーク!」
大声で叫ぶ。
ガスっていてよく見えないけど、さっき抜かしたメットの人が上がって来て
「びっくりした!目の前をかなり大きい石が転がって行きましたよ。ヘルメットなんて気休めですね」
だって。
何事もなくってよかった( -。-) =3
 もう小雪渓は無くて秋道。
ハクサンフウロがいっぱい。
P8033105
シロウマアサツキが見頃 背景は、杓子下部の天狗菱
P8033113
時々登山道が川状態。でも、ちゃんと木橋がかけられている。
 お花も色々で、標高があっがっても、ずっとミソガワソウのお花畑が続く。ガスっているけど、時々ふわりと稜線が覗く。
 で、今夜泊まる、白馬岳頂上宿舎に到着。
 宿泊手続きして、お荷物を置いて(^ー^* ) フフフフ
おやつを頂きに、参りましょうか。
 ミヤマアケボノソウの大群生にも出会えて、白馬のお花畑、最高!
白馬岳(2932,3m)一等三角点 タッチ
登山道は静かだったのに、山頂には大勢の人。
人気のお山だもんね。
P8033188
ミヤマアケボノソウの群生地があるのね。
P8033157
ウルップソウもまだ咲いてる。
P8033169タカネシオガマにイワツメクサにイワギキョウ
P8033179
  チャチャッと下りて、白馬山荘でケーキセットご注文。
P8033199
それにしても、この白馬山荘は大きいねえ。
P8033203
フワフワの抹茶ケーキ、大変美味しゅうございました(^ー^* )
 
 宿泊の頂上山荘に戻って、お夕食はバイキング形式。
一つ一つ、味付けが美味しくて、大きなサクサクの有頭エビフライや蒸し物もあって、こちらも大変美味しゅうございました。
P8033231
 アーベントロートを楽しみにしていたのに、ガスって真っ白で、夕日は撮れなかった。
 8月4日
早朝、丸山に登って、モルゲンロートを撮る。
P8043242
剱と立山、それに毛勝三山が近い。
P8043243
遠く・・・槍から笠?
それに雲の上に頸城山塊が見えている。
 近くにいた人が、「オコジョがいる」
って言ったけど・・・見れなかった。
【><。】 残念!
 朝食もバイキング形式。
定番メニューが並ぶけど、山小屋っぽくないね。
朝も、蒸し物やふっくらの鮭や、どれを頂こうか、迷っちゃう(^ー^* )
種類も味もいいから、私は白馬山荘よりこっちが好きだな。
 
P8043246
 のんびり出発して、今日はきれいな青空。
空気がクリアーだと、お花畑が鮮やか。
P8043249
P8043255
 昨日とは打って変わって、大雪渓は、団体さんや個人や、続々と登ってくる。スケジュールを延期した人も多いのかな。
スノーブリッジが落ちる音が迫力。
P8043254_2
下山したら、暑い事!
P8043260
ほんとは、こっちから縦走するつもりだったんだよね~。
P8043263
 帰りのあずさは、甲府からは激混み。
もう、平日でも、休日っぽい人の流れだね。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »