« 乗鞍岳 | トップページ | 重太郎新道で前穂高と奥穂高 »

2016年9月22日 (木)

台風の根石山荘から稲子湯

 根石山荘に、新館ができたって聞いた。
そういう事を聞くと、泊まってみたくなるんだよ~。
お姉さま方に「お泊り山行が、雨飾と2週続いてもいいですか?」
ってお聞きしたら「いいわよ、岩や怖いところじゃなきゃ」
ですって(^ー^* )

 茅野から唐沢鉱泉へ、タクシーを予約していた。
黒百合ヒュッテでコケモモケーキでお茶して、天狗の奥庭をご案内したかったの。
あんまり、歩かないでしょ、天狗の奥庭ルート。
でも・・・大型の台風が~(;´o`)
15時から風雨が強くなるみたい。
行先を、桜平へ変更してもらう。

P9204704
夏沢鉱泉の東屋で、座ってランチができるし、樹林帯を傘をさして歩けるから。
P9204713
 オーレン小屋から、お姉さま方はお初の、直接、箕冠山(みかぶりやま)へ登る道。
ダケカンバとシラビソが、いい感じ。ナナカマドがもう紅葉
P9204724 箕冠山の樹林の山頂(2579m)
P9204725「もうすぐ小屋ですよ~(^ー^* ) 樹林帯から出たら、風が強いから気を付けてね」
階段を下りると、根石岳への稜線へ。
ヒュ~ヒュ~! 稜線の風。薄く根石岳だ!
P9204727
もう、傘はさせません。
でも、樹林を出て5分!
屋根に石を乗せた、ボロボロの小屋が根石山荘。ここは、八ヶ岳の稜線なのに、お風呂があるんだよ。
P9204731
 今回予約の時に、できれば新館に泊まりたいとお願いした。
「構いませんけど、大部屋の相部屋ですよ」
「はい分かりました」
ってお返事したけれど・・・
火曜会は女性5人。平日だし、よほど混まなければ、大部屋お貸しきり状態じゃないかな。
って思っていた。
このお天気で、その思いは確信に近く~
("⌒∇⌒")
で、宿泊手続きをして、お部屋に案内して頂く。
P9204733
斜めの、広い窓が素敵!ガスって真っ白かと思っていたら、西天狗が目の前!
P9204737
根石岳と箕冠山と、遠くうっすらと・・・中央アルプス? ( °o° ) エー 今日、こんな眺めが見られるとは、思わなかったよ。
お部屋には、大きなテレビとダイニングテーブルと椅子6人分。
「山小屋って言うより、誰かの別荘にでも来たみたいね」って。テレビでは、台風情報。
予報通り、15時ごろから雨足が強くなる。
16時に「お風呂が沸きました」とお呼びがかかる。本館までの3mで、横殴りの雨で、びしょ濡れになる! 石けんとかは使えないけど、雨で濡れた体が温まって、とっても気持ちがいいよ(* ̄∇ ̄*)
P9204739
 お夕飯の時は、靴下を脱いで、雨具を着て、本館までのたった3mを移動【><。】 台風気の雨は、なかなかの迫力! おかずは、ハンバーグとサバの味噌煮に、大皿に酢豚! オーナーが、標高1500mくらいのご自宅で作っているお野菜と、これも、自家製のお味噌が、とっても美味しいです。
山小屋は、見た目じゃないね。根石山荘、最高(^v^)v
P9204742
 6時過ぎから風雨が強くなる。
時々、ガタガタと、小屋が揺れる。
おまけに、雷!(≧◇≦)
今、標高2600mに居る私たち。
雷様と、ご近所さんだぁ。
でも、これ以上お近づきにならないでね(;@_@)ノ

 同じ建物にトイレがあるから、とってもありがたい。
しかも、めちゃくちゃきれい!(^v^)

 9月21日
お姉さまの何人かが、ニュウが未踏。
なので、天狗を越えて、ニュウへ向かう予定だったの。
シャクナゲ尾根で降りて、稲子湯へ入るって計画。

 台風はもう行っちゃって、夜中の3時には茅野の明かりがとってもきれいだったから、台風一過を期待した。
けど・・・
秋雨前線は停滞なんですと(´。`;;
 
 朝、1人で稜線まで出てみる。
うーん( ̄~ ̄;)
硫黄岳や天狗岳は、風が強いことが多いから、私はこのくらいでも、何度か歩いてる。
地面も、濡れてるってほどじゃないんだけど・・・東天狗直前の、工事現場みたいな橋や鎖が、雨で濡れていると怖いし、ニュウの山頂は大きな岩を登るし・・・
無理は、止めとこう。

 昨日は、オーレン小屋から箕冠山に直接出ちゃったから、夏沢峠に行ってない。
こちらの稜線は、峠以外は樹林だから、傘をさして歩けるね。
じゃ、初夏に行った本沢温泉まで下りて、みどり池経由で稲子湯に出ましょう。
稜線歩きより、風の影響もずっと少ないし。

 ゆっくり朝食で7時半に出発。
お姉さま方に、昨日来た道を戻って頂いて、私だけチャチャッと根石岳へ登ってくる。
P9214746
ああ、やっぱここは風が強いや。止めて正解だな。箕冠山でお姉さま方に追いついて、のんびり夏沢峠へ歩く間に、雨が降り出す。
P9214750夏沢峠の向こうの硫黄岳は見えない
P9214751
傘をさして、稜線からガンガン下りると、本沢温泉の露天風呂。
P9214753
登山道から丸見えの、脱衣所もなにもない、すごいお風呂ですよね~。昨夜の雨で?めっちゃぬるい。
P9214755
とっても、入れる湯温じゃない。ちょっと下りると、紅葉が始めっている
P9214752
宿泊できる本沢温泉で・・・
 昨日、黒百合ヒュッテでコーヒーの予定だったのに、雨で変更しちゃったから、ここでモーニングコーヒー(^v^)v
なんと、本沢温泉の方2人が、外の休憩所まで運んでくれたよ。リッツが2枚ついて500円
P9214759
 ここから林道を5分降りると、みどり池分岐。途中、いつもは水がないところが沢に
P9214764木道の上にも水がザーザー
P9214774
しっとりした、シラビソとコメツガと苔の森を抜けて・・・(^o^; ほえ~
何でもない登山道が、池に! 
P9214778
まるで沢歩き状態なのに、お姉さま方、どなたも、ドボンも、ツルンもなかったよ。
さすがです! ザーザー水の流れる木道を通って、稲子湯へ出る。
P9214790
 最後に、温泉とお昼と時間調節を、予定に入れたの。そうしたら、雨に降られても、最後にお着替えできるでしょ(^v^)v

 ここのお風呂は、鉄の匂い。
シュワシュワ炭酸も混じってる。
湯船は結構広いから、5人いっぺんでも充分。
P9214798
根石山荘でもお風呂に入れたし、お山で2日続きでお風呂って、贅沢だね。

 小さい温泉って、火曜日定休ってところが多いから、事前に電話して、21日やってますかって聞いた。 でね、お玄関で雨具とか脱いで受付したら、「お電話くださった方ですか?お昼を、今のうちに聞いときます」ですって。覚えていたのね。決を採って「お蕎麦3つとおうどん2つ、でも、お風呂から出てからお願いします」
 お風呂上がりに(=^O^=)o□ プハァ
ご馳走さまでした(/・0・) 
P9214801_2 ご年配のご夫婦だけで、食堂もやってらっしゃるみたい。

 小海線はこの時間帯、2時間に1本。予約のタクシーで、すっごくかわいい、小さな東屋みたいな駅舎の松原湖へ。小海線を待って・・・
P9214802小海線って、JRの標高が高い駅ベスト5まで、この辺に集中してるんだよ。
P9214805
本数が少ないせいで、帰宅は7時ちょい前。
帰ってから、三倍速でお夕飯の支度でした。
( -。-) =3 ふぅぅぅ~

 小海線、もうちょっと多いとありがたいのになぁ。

 台風の根石小屋も、傘さしてのおしゃべりも、とっても楽しかったです。
お姉さま方、お足元の悪い中の登山、お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ

« 乗鞍岳 | トップページ | 重太郎新道で前穂高と奥穂高 »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
いや~あっ、あの台風の日に北八ツへお出かけでしたか
それにしても、地形を熟知された行動力に頭の下がる思いです。
山行でお風呂に二度も浴るとは何と贅沢な事!かなりもいけるようになりましたね^^
山ちゃんは、暴風雨の中で仕事をしていましたが、夜の8時頃は満点の星空になっていましたよ。

山ちゃんさん
暴風雨の中でお仕事ですか?(ノ°ο°)ノ
それはお疲れ様でした。
そうそう、この時、夜中は街の明かりがきれいでした。
翌日のご来光に期待したのに・・・翌日も霧雨でした(;>_<;)
でも、素敵な山小屋でしたよ("⌒∇⌒")

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風の根石山荘から稲子湯:

« 乗鞍岳 | トップページ | 重太郎新道で前穂高と奥穂高 »