« 重太郎新道で前穂高と奥穂高 | トップページ | 笠取山 »

2016年9月27日 (火)

宝永山と腰切塚展望台

 ぶり返しの、暑い日が続く。
ので「標高の高いところで、涼しい登山がしたいですね」って話していた。
「また宝永火口辺りはいかがですか?」
「いいわね。何度行っても気持ちがいいところよね」って大姉さま。
 行きの新幹線から、きれいな富士山が見えて、ワクワク~。
P9274946
 富士宮口五合目は、富士山の五合目のうちで最も標高が高い。
2308mまで車で登れちゃうんだよ。 もっとも、お山開きの8月末までは、マイカー規制で 水ヶ塚から、シャトルバス。
今日は、久しぶりにお天気だから?お山仕舞いの後だけど、結構たくさん車が停まっていました。
P9274950
 この時期は、6合目からは、登れませんよ状態にゲートが作られている。ちょっと横から、登れるんだけどね。
富士山初冠雪の平均は、9月14日だもの。
ゲートしなきゃ、大変。
軽装の外国人が、低体温症でヘリ要請が多いんですって。
 このルート、数年前にも歩いたけど、ちい姉さまだけ不参加だったの。
繰り返し話題に出ると、行きたそうにしてた。
で、ちい姉さまは、来月二週続けて火曜会をお休み。
今日しかないじゃん!
 
 五合目にイワヒバリ
P9274952
 駐車場から、ほんの25分登ると6合目。
ここから、山頂目指す人が、まだかなりいる。
山頂は、もう0度くらいの日もあるって言うのに、小さいリュック(ザックとは言えない)に着ているものはペラペラの人をたまに見かけるよ。
どんな装備を持っているのか、心配だなぁ。
富士宮口は、もう6合目より上の山小屋は、開いてないんだよ。
 ここから、私たちは、馬ノ背へ向かう。
P9274957
9月8日に、落石が頻発した場所~(^。^;)
ニュースでやってたよね。
好奇心旺盛のお姉さま方は、現場検証もお好き。
「これ、新しいわね」
「これは、前に来た時にもあったわね」
落石を品定め。
ちょっときついスコリアの登り。
3歩 歩いて二歩下がる。
ところが! お姉さま方、前にいるたくさんのグループをごぼう抜き!(ノ°ο°)ノ
P9274976
そうだ! 先週根石岳、標高2600mで泊まった。
それで、高度順応がいいんじゃない?
 2013年10月始めに来た時、K姉さまが風で飛ばされそうになった馬ノ背。富士山の稜線が、ここでたわんでいるので、風の通り道なの。
でも、今日は、怖いほどではなかったよ。
まぁ、それでも、すごいけど。
P9274977
 本日の最高点 宝永山(2693m)
振り返ると富士山山頂
P9274979
先週の、八ヶ岳の根石山荘より高いです
マップタイム、2時間で来れちゃうお山としては、なかなかの標高だと思う。河湾と西伊豆、それに、三保の松原あたりがキラキラしてきれい!
P9274975ベンチ広場でランチして
P9274988
P9274987
 宝永第二火口経由で戻りました。
P9274997宝永山と草モミジがいい色
P9274998
ここで、自然保護の係りの方に、きれいなシオリを頂いて、色々お話を伺った。
長いこと雨続きで、久しぶりの晴れでラッキーですねって(^ー^* )
あの辺から、ガラガラ落石が多いんですよ。
って、ストックで指して教えてくれた。
P9274999
 自然探索路で帰って来たけど、このルートが、ダケカンバのとカラマツがきれいなのよ。
P9275002
 車で少し降りて、今日は水ヶ塚公園へ。
ここ、夏のマイカー規制の間、シャトルバスに乗り換えるところ。
腰切塚(1496m)には展望台があって、ここかのら宝永火口と富士山の眺めがいいの。徒歩15分。
お姉さま方が、いらしたことがないって言うんで、今回はここをプラス。
P9275011
 さっき歩いた、新五合目から馬ノ背が、よ~く分かる。
こういう展望台、いいよね(^ー^* )
P9275013
ここで、今月いっぱいで退職するって言うマイフレさんに、シフォンケーキを持って来たの。
長い間、お仕事お疲れ様でした(/・0・) 
富士山眺めて、のんびりおやつ~。
ミニお鉢巡りをして、車で新富士まで送って頂きました。
マイフレさん、いつもありがとうございます( ´ ▽` )ノ
P9275020
 今日は、下界はめちゃくちゃ暑かった?
2600mで半袖だったもの。
低山へ行かなくてよかったです!
今日も、楽しく歩けました(=●^0^●=)v
 頂いたシオリです。裏は夏の富士山でした。P9275021

« 重太郎新道で前穂高と奥穂高 | トップページ | 笠取山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝永山と腰切塚展望台:

« 重太郎新道で前穂高と奥穂高 | トップページ | 笠取山 »