« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月21日 (金)

南天山

 今日の行先は、埼玉の南天山。低山だけど、楽しいらしいの。

でも、神奈川から東京抜けて、埼玉の西の奥へ入るのは、近い割にめちゃくちゃ時間がかかる。
三峰口から、バスで1時間以上かかるんだよ。
なので、なかなか機会がなかった。

 今回は、中央本線勝沼駅で、山友の車に拾って頂く。
勝沼から、北上して雁坂トンネルを抜ける。
両神山への道を分けてダートに入ると手掘りのトンネルが二つ。
その先が南天山登山口

 (≧◇≦)エーーー!
登山口には、通行止めの黄色いテープ。
橋 崩落のための、補修工事ですって。
Pa205627
どの辺りかな?
山友が、電話してみるけど、圏外(/_;)
「行けるところまで行ってみます?」
「無理なら戻って、両神の東の四阿屋山辺りへ行きますか。1時間で登れるから」
と、出しゃばってしまった(^。^;)
 
 登山口の奥に見える地図に、補修ヶ所にバツ印でもついているかと、通行止めテープをくぐってみるけど、特になし(/_;)
Pa205679
 さぁ、引き返すなら早い方がいいし、通行止めの原因場所は、どこかなどこかな。

 何度も、右岸左岸と渡って・・・
Pa205631
幾つもの滝がきれい。
Pa205633
イヌブナの黄葉がキラキラ。
Pa205639
岩々には、しっかり鎖が付けられている。
あら、こんなに整備されてるのね。

久しぶりに会った山友とおしゃべりしながら、みんなを見ながら最後尾を歩く歩く(^v^)

 法院の滝は、細いけど結構落差があって優雅。少し先で、工事の方に会う。
Pa205635
 ほぼ工事は終わったけど、役場の人が来て、
OKが出なければ、通行止めのままだって。
(*^_^*)v ヤッタネ
歩けるんだ!みんなで
「整備ありがとうございま~す( ´ ▽` )ノ 」ってお礼を言って通る。
真新しい橋、おがくずの落ちた道。
Pa205670
 沢沿いの、現場で倒木などを使って作ったいくつもの橋。ありがたや~。

 分岐から、沢の右斜面に入って広葉樹林をジグザグに登る。
ここのカラマツはきれい。
Pa205643
リョウブやガマズミが黄葉している。
Pa205646
ちょっと岩っぽいところを登ると・・・
Pa205654
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
予想外に眺めがいい。
南天山(1483m)
北側に、大ナゲシ、赤岩岳、両神山
Pa205659
三峰、雲取山に、どっしりと和名倉山
Pa205661
 狭い岩峰でランチ。
みなさんから、色々差し入れ~。
私は昨夜 夜なべ仕事で編んだハロウィンの小さなカボチャ籠にキャンディー詰めて、配りました。
Pa195617
 下山は尾根を少し西へ。
檜の植林地をジグザグに下りると、すぐ沢になる。木漏れ日がキラキラきれいな谷を歩いて、分岐へ戻る。川に散ったイタヤカエデ。
Pa205675
 ふと、後ろに、役場の方。
先に行っていただく方がいい?
と、振り向いて様子を見ていると、なんと!
私たちの歩き方を見て、補修作業後の、歩き心地を確認している様子。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
私達、モニター登山しちゃったよ。

 最後に、通行止めの黄色いテープをくぐって車へ。
Pa205680
後ろの役場の方に、一言叱られるかな と思ったら・・・
「皆さんのような山慣れた方は、その気になれば、橋が無くても登れるんですけどね」
ですって。
「いえ、テープをくぐってごめんなさい
(。_。;) 橋が落ちたって場所で、危なかったら戻るつもりでした」と、頭を下げる。

 なんでも、8月末の台風から、ずっと通行止めなんですって。
で、今日やっと、ほぼ完成したとの連絡で、歩いてみたんで、数日後には通行止めを解除しますって。
これから紅葉時期だから、急いで整備したのかな。

 なにはともあれ、素敵な沢沿いの気持ちのいい道を歩けて、最高でした。数々の滝もきれいです。

 帰りに、山友さんちのお庭になった柿の実を、たくさんたくさん頂いて(=●^0^●=)v
Pa205682
 また車で山梨側へ乗せて頂いて、お別れ。
東京、神奈川組は中央本線に。
短いけど、楽しいコースでした。
もうちょっとアクセスがいいと、お姉さま方をお連れできるのになぁ。

 御一緒した皆さん、一日 お世話になりました。
ありがとうございます( ´ ▽` )ノ

2016年10月17日 (月)

笠取山

 今日は、初対面のお嬢様、お二人も含めて、5人で笠取山へ。紅葉には、まだちょっと早いかな。
待ち合わせ場所で待っていたら、上手く会えず、ちょっと時間をロス。
 初対面の方は、ネットのイメージ通りに、かわいくてお元気な方(^ー^* ) 柳沢峠からきれいな富士山。

Pa165432
作場平登山口から、去年お姉さま方と登ったルートで登り出し。
Pa165434
 カジカエデやウリカエデが少し紅葉。
Pa165436
この辺は、熊の気配が濃厚で、熊鈴をいっぱい鳴らして歩く。
 つい、カエデ科の葉っぱのお名前や、ドングリの木のお名前なんかを話して、うるさかったかな?

 そう言えば、去年の11月10日に来た時は、山頂直下で吹雪に遭っちゃったっけ。
あれにはびっくりしたな。
今回は、若いお嬢さん方が、おにぎやかによくしゃべり、よく歩きますねぇ(^v^)
出発は遅れたけど、少し取り戻して、三方分水嶺に着いた。
Pa165446
 ここに降った雨水は、富士川と荒川と多摩川の三つに分かれて、流れていくことになる。
雨粒になって、移動してみたいね。

 ここから、急斜面のゲレンデみたいなところを登る。
Pa165450
縦横無尽にルートがあるので「お好きなルートで歩いてね」
って、おまかせして、先に登って上から見てた。
岩好きさんは岩を狙って登る。ジグザグを丁寧に登る人やで、ここでもだいぶ遅れを取り戻した。(^ー^* )
 登った上の、山梨百名山の標柱のところでランチ。ここは、とっても眺めがいいの。
Pa165452大菩薩
Pa165457金峰
Pa165456南アルプスは端から笊まで
Pa165453
羽根付き餃子や中華スープや、メイプルトーストとか、熱々を色々頂きました。
Pa165461私は銀杏ご飯と煮物など~
Pa165460
 東に、ちょっと岩っぽいところを登ると、埼玉県の山頂がある。
こちらは樹林で、あんまり眺めがよくない。
Pa165465この辺は紅葉がきれい
Pa165466岩好きさんが「楽し~い」って
Pa165467笠取山(1953m)
Pa165468
去年は、雨が降っていたので岩が滑って、お姉さま方のサポートをしたっけ。乾いていれば、なんてことない岩場なんだ。

 登山道分岐より手前の、案内のないバリルートから、水干へ降りる。根っこの急降下。「ゆっくりでいいよ~、根っこに引っかけないように気を付けてね~」
Pa165470 ちょっとだけトラバースして、水干へ。
Pa165473
ここが、多摩川の最初の一滴、と言われるところ。前はお水が滴っていたんだけど、小さな水たまりがあるだけで、ちょっと飲めない。山頂の南側をトラバースして、雁峠分岐へ戻る。
 同じ道じゃつまらないから、下山はヤブ沢峠まで下りて、作場平へ戻りましょうか。
Pa165487
ダートの林道が、柳沢峠から、桜の生えた廃車で有名な白沢峠を通って、ここまで来ているの。
 分岐で林道から降りて、沢沿いの道は、気持がいい(^ー^* )  でも、すごくぬかるんだ場所が数カ所!

 今日は、大菩薩周辺で市民マラソンだから、帰りは奥多摩へ抜けて、のめこい湯に寄る。
Pa165492
のめこい って、このあたりの方言で、つるつる って意味なんだって。名前の通りの、ぬるっとした美肌の湯です。

 みなさん、湯上りの頬がピンクでツヤツヤ。
若いっていいなぁ~。

奥多摩湖に夕日がきれいでした。
Pa165494

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »