« 富士大室山 大室風穴・背負子風穴・富士風穴 | トップページ | 伊豆長九郎 暗沢山 »

2016年12月12日 (月)

宝尾根~大山三峰~鍋嵐

 丹沢のバリルートで有名な鍋嵐。
宮ケ瀬ダムの端っこから、ゴジラの背中って言われている、幾つのもギザギザを越えるルートが面白い。
ハタチヶ沢近くからの周回ルートが、ここを歩く一番のだいご味だった。
でも、橋は、ゲートがあって、林業さん以外入れない。
乗り越えて渡った人が、数年前に捕まえられて、警察へ連行されて罰金を払ったって聞いた。
もう、この橋経由は使えないんだなぁ。
と思っていたら、マイフレさんの日記で、城砦のようなもの凄いゲートが増やされたらしい。
同じ頃行った友人から、地面に置かれていた山名板がなくなってるって聞いた。
それじゃ、登山道からちょこっと寄り道して、お名前だけ付けに行こうか。

 谷太郎川脇の林道を、清川宝の山って言う石碑まで行く。

Pc116980
ここ、ものすごくヒルが多い地域。
私が、蛭に初めて献血しちゃったのもこの近く【T_T】
なので、このくらい寒くなるまで近寄れないの。最初の急登りの上が・・・
('◇'*)わぁお
紅葉が最盛期!
Pc116987
Pc116988
 このルート、結構昔から歩かれてたんだけど・・・標高差600mを、一気登りすると、通称ラッキーセブン(標高777mピーク)でいったん緩む。そのラッキーセブンから先が、どんどん痩せちゃってるのね。
 丹沢詳細図に、熟達者向きって書かれているのが分かるわ。
Pc116995
 尾根に木が茂っているので、踏み跡がトラバースしている部分の、途中が崩落しているところがあって・・・私は茂みに突っ込んで、髪がぐちゃぐちゃになりながら登ったよ。藪で怪我はしないけど、崩れたトラバースは、滑落しそうで怖いじゃないの。
Pc116998
 この尾根、はっきりしてるから、下りで使ってもまぁ迷わないかな。
ただ、末端で東南の尾根へ引っ張られると、マス釣り場へ降り立って怒られちゃうの。
で、東南尾根は、通称『しかられ尾根』って言います。そちらもしっかり踏み跡があります。
江の島もきれいだった
Pc117001
 大山三峰への、主尾根に登ったところが七沢山(910m)

Pc117003 ここからは、危ないところにはちゃんと鎖がついている一般登山道。
 週末会でも何回か来ている大山三峰北峰の、三角点にタッチ。
Pc117008
北へ、辺室山方向へアップダウン。筑波山や雲取や
Pc117012飛竜・雁坂嶺・破風・木賊も見えたよ
Pc117013
 途中、物見峠の先に[登山道ではありません]って言うとうせんぼ案内が立っている。
Pc117019
な~んて分かりやすい("⌒∇⌒")
ここが鍋嵐の分岐。

 静かに尾根歩き、のつもりだったのに、ここで10人ほどのグループがお食事中で、スリングなんか出し始めた。
Pc117017
「鍋嵐へいらっしゃるの?」って聞いたら、そうだって(^o^; ほえ~ こんな大人数に先に歩かれたら、ヤセオネで追い越すこともできないし って、急いで出ようとしたら、別の女性二人が先行した。ちょっと歩いたら、今度は下山の人とすれ違う。

 どんだけ人気なの? 鍋嵐!(ノ°ο°)ノ
で、女性2名が先を譲ってくれて・・・

 ちょっと降りて登ると719ピーク ここで、道なりに、はっきりした尾根があるの。 
でも、ピーク直下をトラバースして西へ。

 この手前に、赤テープ類がいっぱいあるんだけど、そこのトラバースルートはもう崩落しちゃってて、今はテープ類がないところから、トラバース。
 こちらも痩せ尾根で、最後は這うような急登で鍋嵐(817m)
Pc117024
 あれ? 山名板がなくなってるって聞いたけど、木の根っこに誰かが挟めた感じで、ナベ
Pc117021
しか読めないけど、ちゃんとあったよ。
でも、今回は、書いて来ちゃったんだよね。
なので、新しいお名前、付けてきました。
(/・o・)
Pc117020_2
 下山途中で、分岐にいたグループの方が上がってきたので、しばらく避けて待って・・・
皆さんヘルメット姿で、急登りにフウフウ言って登って来た。スリング肩掛けの方も。クライマーさんみたい。皆さん、宮ケ瀬へ下りられないことをご存じで、ピストンらしいです。

 物見峠まで戻って、谷太郎川へ下ります。
この道、一般登山道なんだけど、途中のトラバースが落ち葉に埋まって、ちょっと嫌。エアリアマップでは、危険マーク。途中、[この先800mほど崩壊しているので注意]って看板がありました。
Pc117034 10分ほどは、結構慎重に歩きました。

 下山して、登山口には[ここにヒルを落としたままで行かないでください]って言う看板
Pc117038
そりゃ、迷惑ですよね。清川村のこの辺の登山口は、それぞれにヒルキラーとか、お塩とか、置かれています。地元の方、大変ですよね。
林道を歩いて、車まで戻りました。

 最期の紅葉と、バリエーションのほどよいスリル、楽しかったよ。

 累積標高差1200mしかないのに、ちょっと足が張ってる感じ。難路で踏ん張ったりするからかな。でも面白かったよ~(^ー^* )

« 富士大室山 大室風穴・背負子風穴・富士風穴 | トップページ | 伊豆長九郎 暗沢山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
丹沢には面白い所が多いですね。ま~あっ、あれだけの大きな山塊ですから他にもまだまだあるでしょうが。でも、私有地と隣り合わせと云うのが困りものですね。山ちゃんなら捕まらないような時間帯に通過するでしょうが(^_-)-☆

山ちゃんさん
いえいえ、問題はそこじゃないの。
宮ケ瀬湖にかかる橋に、すごいゲートが設けられているんです。
乗り越えるのは危険。で、乗り越えてもお巡りさんにつかまるという・・・(;´o`)
この鍋嵐のバリルートは、遭難者が続出で、そういう面でも、禁止にしているのかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝尾根~大山三峰~鍋嵐:

« 富士大室山 大室風穴・背負子風穴・富士風穴 | トップページ | 伊豆長九郎 暗沢山 »