« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月22日 (水)

鋸山アドベンチャールート

 ケアマネの古い山友が、火曜会に参加したいって連絡が来た。
じゃ、彼女が前から行きたいって言っていた、鋸山アドベンチャールートにしましょうか。 

 お姉さま方のうち、都心から北寄りの人は、内房線で。
南寄りの3人+山友は、京急久里浜で待ち合わせ。
フェリーが初めての山友、写真撮りまくり~("⌒∇⌒")
P2218873
 実はね、ちょとドキドキだったの。
だって、昨日は強風で、東京湾フェリーが一日 欠航だったんだもん。
3人だけ、浜金谷で待ちぼうけになったら困る~(^。^;)
でも でも、、万一の時は、こちらの4人は、久里浜近辺を歩けるように、浦賀の地形図を一応持って行った。
浜金谷の3人は、日本寺から鋸山にでも行って頂こうか・・・。

 で、久里浜港に着いたら、(;-_-) =3 ほっ!
東京湾フェリー、時間通りの運行でした。
お船でのんびり朝食食べて、千葉の金谷港に。
フェリー乗り場から、浜金谷駅まで5分。
ここで、3人のお姉さま方と合流(^v^)
内房線をくぐって、館山道をくぐって、車力道のトンネル脇が登山口。
 
 この辺りは、金谷石(房州石)の産地だったの。
石の切り出しは、江戸時代から。
昭和50年代まで、切り出していたんだって。
この車力道は、石切職人が切った石を、お母ちゃんたちが、木製の荷車に石材を載せて、山から運び出した道なんだ。
荷車を、木の棒でつっかい棒して、ブレーキをかけながらお山から降ろした。
そのブレーキで、石が丸くへこんでるんだよ。

P2218876
お母ちゃんたちの、汗と涙を感じる溝。

 登り始めてすぐに、テレビチャンピオンだかで放映されたらしい蔦で編んだオブジェ。
って言うか…アスレチック遊具?
P2218878
ちょっと遊んでから、その下をくぐります。
 P2218880
 その車力道を登って、途中、東京湾が眺める展望地へ。
大山の後ろに塔ノ岳 その過ぐ横に富士山。
P2218906
(ノ°ο°)ノ オオオオ
富士山の右に、聖・赤石が見えてるよ!
ここで、お茶タイム。
先週評判がよかったので、また、ブラウニーを焼いてきました(^ー^* )
ここから、休憩している余裕がなくなるしね。

 登山道を登って行くと・・・
あ、ここ、ここ。
P2218884
以前は地形を見て、藪に突っ込んでいったんだけど、ここ10年くらいで有名になったよね。
鋸山アドベンチャールート。
藪は全くありません。

 私が日記に書いたら、行きたいってご要望で、数年前、立て続けに三つのグループをご案内したっけ。
お姉さま方もお連れしたその頃より、より一層 踏み跡がしっかりしています。
急斜面の上り下りが多いので、あちこち土がほれて、以前より歩きにくくなってます。
 切り出し途中の大岩が、斜めにほっぽらかされていたり、投げ出されていたリ。狭い石門を、
P2218885
キュウ~っとすり抜けて、
P2218886 トラロープで土崖を下りて・・・
P2218888
 可愛い灯篭の先に、
P2218887
石の回廊があるの。
P2218895
幅の狭い、筋の付いた回廊を通ると、広い石切り場。ここ、ヒカゲツツジが咲くんだよ。
P2218898
まるで、古代遺跡みたいよ。回廊を戻って・・・
P2218891

 ちょっと苔で滑る、垂直の岩壁は、以前は短い梯子があったんだけど、朽ちてしまった。
P2218902
今は、トラロープがぶら下がっていてありがたい。
お姉さま方が、めっちゃ緊張して、でも、身軽に登って来た。
P2218903
根っこや枝につかまって、斜面をよじ登って、石切り時代の石段を登る。
ここにも、新しいトラロープが付けられていた。
ちょっと広い場所に出る。
二重山稜みたいな場所で、炭焼き釜跡の穴があるよ。

 ここからは、山頂まで、いろんな歩き方ができるんだ。
でも、左の尾根を通して、直に山頂へ飛び出すルートが、一番静かで気持ちいい。
P2218909
 鋸山(329,5m)
一等三角点で、菱形基線でもあるの。
P2218907
ここでランチ。
眺めは、あんまりないんだけどねぇ。
P2218910
 火曜会は、ランチが豪華でしょ。
この先の、ランチ向きの、ベンチのある展望地は、トンビが狙い撃ちするんだよね。
背後から急降下してくるから、防ぎにくいんだよ。
何人も、強奪されたのを目撃してるよ。
まれには、トンビの爪で、頬を怪我したりもする。
ので、樹林の中で、落ち着いてランチを頂きます。

 あとは、一般登山道で、地球が丸く見える展望台へ。
正面に大島 右に伊豆半島 左に房総半島。
P2218914
ずっとバリルートで登って来た後だからね。
「登山道って、なんて歩きやすいの~」
って、お姉さま方の声がします。

 大島や、東京湾越しに、丹沢の奥に富士山も見えて、気持がいいね。でも、ほら!
トンビが何羽も飛んでるよ。

 観光客が行く、地獄のぞきや日本寺は、拝観料600円を払わないと、入れないの。
そちらは家族でも、孫連れても、何度も来てる。
お姉さま方も歩いてる。
山頂まで戻って、沢コース下山も考えた。
結構デンジャラスで面白いんだよ。
けど・・・
帰りのフェリー時間がギリギリになるなぁ~( ̄~ ̄;)ウーン・・・
今日は止めときましょ。

 絶壁階段を下りて~
P2218918
ここね、観光客のための階段じゃなくて、石切り場の作業用だったの。だから、一段が3~40センチはあるかな。
でも、十数年前に、ありがたいことに手すりがついた。海に向かって飛び込むような階段だよ。波は高いけど、フェリーが出て行くのが確認できた。
P2218917
石切り場跡を見学する観光ハイキングルートを、観光協会が整備したの。何ヶ所もの廃墟見学。
P2218920
石を切り出している途中、ある日突然止めちゃった~ って廃墟感が、にじみ出てる。
P2218927重機も切断機も錆びてボロボロ~
P2218931
掘った後に水が溜まった池には、モリアオガエルが生息しているって。
P2218926
あちこち寄りながら、観月台へ。
('◇'*)あら、まだ富士山が見えてるね。
P2218937
 最後は、長い階段で車道へ。
P2218940
浜金谷駅で、Pちゃんとお別れ。
気を付けて帰ってね~( ´ ▽` )ノ
他のお姉さま方は、帰りはみんなフェリー。
でも、1時半のフェリーの次が3時20分。
お土産を見たりしても時間が余るから、ガストで打ち上げ。
P2218942
ご馳走様でした(/・0・) 

 フェリーは白波立っている割に揺れない。
たった45分だけど、船旅を満喫~。
P2218944
やっぱ、船ってのんびりできるね。

 アドベンチャールート、お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ

2017年2月20日 (月)

光城山~大峰

 

 きれいな北アルプスが見たいって山友の言葉を受けて、中央高速を豊科まで。今日は4人だから、高速代も頭割りすれば往復2000円未満 これがあずさ往復だと、1万円越えちゃうから、やっぱ車ってありがたい。

 光城山の広い駐車場に車を停めて
P2198779
ちょっと登ると展望台。
P2198784
うっわぁ~
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
これが見たかったのよ。
目の前が常念・蝶。
微妙な位置に雲があるけど、それに負けない、こちらの雪景色。
松本は、昨日降ったみたいで、新雪なの。
ラッキー\(^。^\)(/ ^ ^)/チャチャチャ
P2198787
 前常念が存在感。
前常念と常念が、聖・前聖岳みたいね。
やっぱ近いとクリアーだわ。
とってもよく整備された道で、チャチャッと
光城山(911,7m)
クリアな山座同定板
P2198793
ここね、桜並木で有名なの。桜の時期には、観光バスがいっぱい来る、人気のお山。
山頂には、休憩小屋とトイレと、神社があります。
P2198794_2
 北に、尾根伝いに歩く。ここまでは、踏み跡一杯だったのに、光城山周回コースの先は、新雪に踏み跡なし。あるのは小動物の足跡。
 時々、木の上から、さらさら~っと粉雪。
空は青いし霧氷がきれい。
(^。^*)ランランラン~♪~
いつまで~も、歩いていたい道~。
P2198798
 途中で林道に出会うけど、この時期は通行止め。踏み跡なしの、雪の積もった林道は、気持ちがいい。路面凍結部分はちょっと滑るけど、上に新雪が乗ってて、危ないトラバースもないし、アイゼンは要らない。

 山の上の別荘?( °o° ) ? と思ったら、
天平の森って案内。キャンプ場があって、そこのお風呂からの眺めも、絶景だそうです。冬期以外は、車で来れちゃうんだよね。ここ。霧氷がきれいな東屋でお汁粉タイム。
P2198804
P2198806
 この長峰山(933,4m)は、川端康成や井上靖・東山魁夷が絶賛した場所だそうです。
P2198831
はい、沙羅も絶賛します("⌒∇⌒") ノ
P2198826
 惜しむらくは、今の時期以外は、車で登れちゃうから、静けさが足りないかも。

 立派な展望台に登って、南アルプスや
P2198822
中央アルプス(右は鉢盛山)
P2198823
爺ヶ岳の右に鹿島槍の南峰P2198824
もの凄くクリアーな情念前常念
P2198825
「あれが頸城山塊じゃない? ボコッとしたのが妙高かな?」
P2198815
って話していたら、地元の方が「それは高妻山で、妙高は今は、雲がちょっとかかってるよ。
1月18日に撮った写真をあげるから、帰りにうちへ寄りなよ」って~(ノ°ο°)ノ
この方と、一緒に下山。なんと!フットワークも軽やかな、86歳のお兄様でした。
後で見せて頂いた写真。
P2198846
 実は、予定では、長峰下山後、車道で光城山の駐車場まで歩くつもりだった。徒歩4~50分。それを、ご自宅で写真を見せてくれた後、送って下さるって言うの('◇'*)
\(●⌒∇⌒●)/ わーい
よろしくお願いしま~す。

 スパイク長靴で、サクサク下山。
P2198832
危なげない運転で、登山口から6~7分のご自宅へ。
以前、長峰山頂から撮られた、妙高山の写真や、同じく頸城山塊の、噴煙の出ている焼山の写真、その他、素晴らしい写真を・・・頂いてしまった!(ノ°ο°)ノ

 犀川の公園も案内してもらって、私たちの車を停めた駐車場まで、送ってくださった。
P2198836
 すみません と、ありがとう を連発!
「いいんだよ、年よりは暇なんだから」
って~
「また来たら、うちに寄りなよ」
とまで、言ってくださった。
すご~く、思い出深いお山になりました。

 帰路も、北アルプス、
P2198843
中央アルプス、南アルプス 
P2198858
八ヶ岳に
P2198851
富士山
P2198861
あっち見てキャァ~こっち見てキャァ~! って・・・
先週同様 大騒ぎ("⌒∇⌒") キャハハ

 安曇野ICから近いお山なので、あっという間に甲府を過ぎて・・・
 振り向いた 八ヶ岳の裾と、南アルプスの裾の真ん中に、小さく北アルプスが見えている。
「さっき、あの近くにいたんだねぇ~」
なんて話ながら、結構早めの時間に、帰って来られちゃいました。

 今日は、お腹いっぱいになるまで、北アルプスを堪能(⌒^⌒)b

 そして、地元の方の人情にも堪能。

 眼福、幸福な一日でした。
(=●^0^●=)v

2017年2月15日 (水)

栃木百名山 大小山

 年末の打ち上げの時に、お姉さま方に行きたい山をお聞きした。
北海道とか、九州の山の名前が出て、しまった!(/_;) と思った。
来年のお山計画の、参考にしようと思って聞いたのに、そんな遠くじゃ参考にならない。
行きたい山って聞いたら、遠くのなかなか行けないお山の名前が出ちゃうよね。 

 その中で、K姉さまが大小山 って言ってくれた。
(゜o゜)あ! 
やっと日帰りできるお山の名前が出た。
でも、私は行ったことがない。
で、アクセスを見たら・・・
富田はうちから、4時間かぁ。

 火曜会では、だいたい4~5時間は歩きたいと思ってる。
お姉さま方の筋力維持のためにも、そのくらいは欲しいよね。
でも、アクセスに時間がかかると、お夕飯までに帰宅したい私は、そうは行かない。
距離ではK姉さまが遠いけど、アクセス時間は私が一番遠い。

 大小山は、エアリアマップに出ていない場所なので、ヤマレコとか、あれこれ調べて・・・
大坊山は時間的に回れないし、じゃ、稲荷神社からだ!
と、ルートを決める。

 お姉さま方は小山乗り換え。
私は、田園都市園乗り入れの 半蔵門線乗り入れの 東武東上線から栃木へ。
途中で、遅延とかになると困るなぁ。
土地勘のない、栃木駅の乗り換えは、ちょっとドキドキだなぁ。
と思っていた。

 栃木で、8:37発の両毛線に乗り換え。
両毛線は、スカイツリーラインからの乗り換えに、思ったより離れていて( ° ° ; )
焦って 37分 って書いてある電車に飛び乗ったら!
(≧◇≦)エーーー!
反対方向行き【T_T】
なんと、ホームの左右で、同じ37分発があったの。
すぐお姉さま方にメール。
「申し訳ありません、栃木で乗り損ねました。仔細は後程」
そうしたら、後で聞いたけど、私が反対の電車に飛び乗る現場を見ていたって!δ(⌒~⌒ι) とほほ...
隣の、思川 って言う駅で降りて、さて・・・
駅にタクシーはいない。
電話すると10分後にやっと来て・・・
「富田駅へ急いでください!」
でも、結構道が混んで、これでは、お姉さま方を、えらくお待たせしちゃう。

 稲荷神社から登ろうと思っていたけど・・・一般的な大小山の登山口、阿夫利神社までなら、徒歩20分。たぶん、地元で聞いたら分かると思う。そこまで、歩いていてもらおう。

 タクシーの中で、走りたい気持ちで、そうメール!(;>_<;)

 お姉さま方は、駅員さんから大小山のパンフレットを貰って、登山口の阿夫利神社まで歩いたって。ちゃんと、曲がり角などに案内があったようで、迷子にならなくて、ほんとによかったです~(^。^;)

 で、お姉さま方が登山口で、トイレなど準備をしているところに、何とかタクシーで乗り付け。
P2148692
 哀れに思ったのか、思川駅から乗せてくれた運転手さんが「端数はいいよ」って。
(^o^; ほえ~
お客さんが「つりは要らないよ」って言うのは聞いたことがあるけど、反対だわ。
どうも有難うございます【T_T】

 なんとか、お姉さま方を、あまりお待たせしないで済んだ。ただ・・・稲荷神社から登って、この阿夫利神社へ下山の、逆回りで色々調べたから・・・時間計算も、イメージも、狂っちゃった。来たことのないお山で、大丈夫かな、私(^。^;)

 お姉さま方が、駅で貰ったパンフレットは、阿夫利神社からのミニ周回。いよいよ分からなかったら、それにしよう。

 女は黙って男坂

P2148693
で、登りはじめると、すぐに、日和田山みたいな登りやすい、岩々道になる。
P2148696
P2148698
で、見上げると、岩肌に、大小の文字。
お姉さま方3人は、かつてツアーできたことがあるんですって。
「でも、この字を見たって事しか覚えてないわ」って~。
立派な東屋の見晴らし台で、休憩。
P2148706
今日はバレンタインなんで、昨日、チョコレ―ト効果、って言うチョコが家にあったので、おろし金でこすって、ナッツ入りのブラウニーを焼いたよ。
P2148703
 鉄梯子を登って、ちょっと岩を登れば大小山(282m)
P2148707
 男体山や武尊が白くてきれい。
P2148718
P2148724
赤城もきれい。榛名と浅間山は、雪で半分隠れてる。低山なのに、眺めがいいですねぇ。
人気なのがうなずけます。

 ちょっと下りて、岩々の登りで、
P2148710

P2148713
妙義山(313,6m) 
P2148715
同じ名前の有名な山があるけど、ここも、昔は修験者が修行したお山らしい。360度の眺望。関東平野が広い。
P2148714
 山頂は狭いし、風が強いから、もうちょっと先でランチにしましょう。
と、ちょっと下りて・・・
(実は、方向も見ずに下りた、これが迷走の原因) 岩尾根にベンチのあるところで、本日のランチ。
P2148723
 途中、数名通り過ぎるから、まだこれが、メインルートだと思ってる。

 その直下にトラロープ。 
P2148726
お姉さま方が駅で貰った地図にも、トラロープって書いてあるね。
で、机とベンチのある、展望地に出る。
(・_・;)あれ?
行きたいのは、あの尾根で、あの山から下山したいの! 
でも、ここの地形は変。方向も変【><。】

 ここで、15分ほど迷走しちゃいました(;>_<;)
結局、妙義山の北側直下にも、トラロープがあったのね。
妙義山の東の巻道を、行って戻ってまた行って(;-_-) =3
ごめんなさい。

 やっと、歩きたい尾根に入れました。
しばらく行ったら、阿夫利神社へのミニ周回の分岐。これを下りずに、まっすぐ行く。今度は、方向はあってる。
ピークに、出来たてのきれいな案内板が[西場富士→] 
って付いていて、ε= (*^o^*)ほっ!

 これでいいんです~。どうもすみません。
優しいお姉さま方は「いいのよいいのよ、面白かったわ」って言ってくれた。

 途中、山城の堀切みたいなところ。マンガンの採掘跡らしい。
P2148728
キレットとか、ヤセ尾根に
P2148729
鎖場に、色々楽しめる。
P2148734まだ筑波山が見えてるよ。
P2148731短い鎖場が色々
P2148735振り向くと、大小がだいぶ遠くなっていた
P2148738
 ザレザレ道から、いかにも裏山~な道に変って、ちょっと登ると、西場富士(159m)
P2148740
お姉さまが「ここから富士山が見えたのね」って。
たぶん、この山の形が、富士山型なんだと思います。
地元名の後に富士 って付いているのは、故郷富士だと思います。
おらがの村にも富士山みたいなお山があるぞよ、って名付けたの。
なんて話をしながら、おせんべを配って最後の休憩。

 猪フェンスを開けて、里へ。
P2148743
 さて、予定では、14:15発に乗れるかも~
と思っていたけど、この時点で確実に無理。
次の電車は1時間後。

 なので、猪フェンス沿いに、ちょっと足を延ばして寄り道。
由緒ある、百観音をお参りして来ましょ。

 山裾を、東へ10分。たくさんの観音様が、それぞれのお姿とお顔で、見応えがあります。
P2148745
またぐるっと戻って、稲荷神社へ降りてきました。
P2148750
あとは、街歩き20分。
農家さんのお庭に福寿草。今年お初~\(^o^)/
P2148753
 14;57の電車に乗って、車窓から、歩いた山。
左から右端まで。
P2148760
も、帰宅は6時半。
やっぱ、栃木は遠いですね。

 「今朝は、ポカやっちゃって、ご心配おかけしました」
って言ったら「これから、大なり小なり そう言う事が増えてくるのよ。タクシー代カンパしようか」
とまで、言って頂き~(j o j) ウルルル

 小山での乗り換え時間に、コーヒーとワッフルを、ご馳走になりました。
P2148761
 朝から、ハラハラドキドキの多い、一日が終わりましたとさ。
へろ へろ へろ~ (;@_@)ノ

2017年2月 6日 (月)

横谷峡の氷瀑と御射ヶ池

2月5日
この時期、見たいもの・・・氷瀑。
ってことで、先々週 行先を決めたんだけど~
1月末の気温があまりに暖かくて、氷瀑は無理かな。
滝見ハイキングになっちゃうかなぁ、ってみんなで心配してた。
 朝の中央高速から、甲斐駒
P2058352
鳳凰三山
P2058361
八ヶ岳も見えてたよ。
P2058370
でも、後ろはもやもやと白い雪雲。
 八ヶ岳の裾の、横谷温泉の近くで車を停める。
まず初めに、階段を下りて乙女滝へ。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
乙女って、豪快でダイナミックだなぁ~("⌒∇⌒")
P2058372
落差があって、しかも間近で見られて、ここ、お勧めです。
P2058415
さすがにこのところの暖かさで、豪快に水しぶきを上げて流れているけど、これはこれで迫力。
 アイゼンを付けて、雪の遊歩道を、ちょっと歩くと( ̄-  ̄ ) ンー
ホテル? ホテル内の敷地に[霧降の滝→]って案内があります。
駐車場を横切り、上の車道から、霧降の滝へ。
P2058378
この辺から、雪が降り出した。
P2058377
渋川の水は赤いのね。
P2058411
鉄分が混ざってるのかな。川底が真っ赤。
だからって、氷瀑が赤くなるわけじゃない。
カメラマンさんが、何人か来てました。
 屏風岩の氷瀑のはなかなかきれい。
P2058384
青空だったら、青く見えるのかなぁ。 
なかなかの氷柱群で、見ごたえあります。
P2058387
 ここまでは踏み跡が多いけど、ここからちょっと踏み跡が少なくなる。
ずっと川沿いを歩いたけど・・・行き止まり?
戻って、斜面をかなり上る。
横谷観音との分岐から右に、少し入ると王滝。
広くて二段になっていて、これが凍ったら迫力だろうな。
P2058399
 ここには東屋があるので、粉雪をしのげるので、雨具を脱いでコーヒータイム(^ー^* )
あ~、暑かった。
雪が降ってるから、服を脱ぐわけにもいかずに汗かいちゃったよ。
 一枚脱いで、戻り道。
もう、行きに歩いた足跡が、雪で消されてバージンスノーになってたよ。
 車に戻って、谷を一つ隔てた、御射ヶ池にも寄ってみました。
凍り付いた池は、幻想的で素敵。
P2058420
降りしきる雪の中、大勢のカメラマンが並んで撮ってたよ。
P2058433
ここは、東山魁夷の白い馬 で有名だけど、紅葉時期も、冬も素敵だね(^ー^* )
数日暖かくて心配したけど、やっぱり長野は寒いんだね。
冬景色が見られてよかったです(*^_^*)v
 最後に茅野で有名な麵屋蔵人に寄る。
市内も降りしきる雪で真っ白。
なのに、ラーメン店は行列で待つ人。
人気なんだねぇ。
焼き味噌ラーメンで暖まって、帰路へ。
P2058434
街中を、除雪車が走ってました。
P2058439

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »