« 花瓶山 | トップページ | 辻山 »

2017年4月20日 (木)

富士大室山と富士風穴 浅間大社

 富士の裾野の大室山

 以前日記に書いたら、静岡の山友が行ってみたいって言ってた。
じゃ、雪が消えたら、乗せて頂けますか?

 新富士で待ち合わせて、レンタカーに乗せてもらう。
いつもありがとうございます(/・0・) 
朝霧高原辺りで、朝霧

P4180417
 ナビ入れて、分かりにくい登山口へ。
ここ、精進湖口登山道が横切っているの。
でも、入り口に小さな案内があるだけだから、通り過ぎ易いんだよね。
P4180423
 ここから、五合目に登る人は少ないだろうなぁ。
精進湖口3合目でバスを下りたことは、何度もある。
降りる時、バスに乗った人が、すっごく怪訝そうな顔してみてたっけ。
富士山は、五合目から上だけが、観光スポットじゃないんだよ。
どちらかと言えば、富士山って、五合目までが楽しい って、思う。
大沢崩れとか、お中道も面白いし、何よりお花が色々見られるしね。

 でも、今日は、もっと裾野。
緑の苔がモコモコの、富士の樹海がいい感じ。
針葉樹と広葉樹の混合林は、木漏れ日が、柔らかくてきれいなの。
なにより静かでいいのよ。

 と思ってたら、二台バスが来て、ヘルメットかぶった子供たちとガイドさん。
P4180422
ガヤガヤ・ワイワイ・・・(;>_<;)
聞いたら、背負子風穴、大室風穴、富士風穴を見るんですって!
「そちらはどこへ?」って言われたから
「後で風穴も行きますけど、まず大室山へ」 

 この大室山、4千年くらい前に噴火した単成火山。
谷の脇を登って、あとは、ただただ高いところへ。
P4180425お姉さま方の下の方に、観光バスの子供たちが見える。
 足元が、たっぷり水を含んで滑る斜面。
時々、遠くや近くにテープがあったりするけど、踏み跡は全くありません。
途中で「足が攣りそう!」
って、二人のお姉さまが、ツムラの68番と
アミノバイタルを飲んで休んだ。
今日は、急に暑いから、身体が慣れないのね。
P4180432

 ゆっくり登って、大室山(1468m)
山頂は樹林です。
P4180433
 南へ、藪っぽい道の中に、踏み跡があって、その先に、二等三角点
P4180434
いばらの道を下りると、展望地。あれれ(;>_<;) 真っ白?
と思ったら、さーっと霧が晴れて来て
P4180435
目の前に、ズームしないのに、画面からはみ出すような富士山。
P4180438
富士山の裾野の山だからねぇ。
あ~、よかった。
お姉さま方に、これをお見せできて。
P4180440
 だって、予報がずっと、雨だったんだもん。
しかも、風が強くて荒れるって。
しかもしかも、今日私が横浜を出る時は、横殴りの雨で、電車は強風のために、12分遅れだった!
 こんな道のない藪山で、風雨で、お姉さま方がお怪我でもしたら・・・って心配したけど、
予報より早めに雨が止んで、よかったぁ。

 子抱きは大室山だけじゃないのよ。
隠し子 鹿の頭と片蓋山もあるの。
子だくさんだね~。
山梨富士子さんは("⌒∇⌒")

 トゲトゲ藪のメギの茂みから戻って、笹の茂る藪道から広葉樹林へ。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
樹間から八ヶ岳! 
P4180442
白根三山!
P4180446
荒川赤石も見えてるよ。
道のない、すり鉢状の急斜面を、ザクザク100mほど降りる。
P4180447
大室山の、火口へ下降("⌒∇⌒") キャハハ
P4180448
 去年、バリエーションが得意な管理人さんに連れてきてもらって、ここでランチだった。
ぐるっとお鉢を見上げる不思議空間は、なんだかとっても落ち着いた。
なので、今日もここでランチ(^ー^* )
P4180450
朝までの雨で、若干湿ってる。

 火口西側から、時計回りにぐるっと、一度山頂へ戻る。
P4180452
この藪こぎで、前に来た時、リーダーさんが「あれ?ここどこだろう、分かんなくなっちゃったよ」って言ったの。
だからね、これ、私もやってみた。
そしたら、お姉さま方、「なに?試してるの?地図見ろって?」
・・・( ̄~ ̄;)ウーン・・・ 
かわいくないなぁ~ 
少しは、不安そうな顔するかと思ったのに。

 帰りは、北東にどんどん降りたら、分岐にピッタリ下りられた。
P4180455
じゃ、風穴見学に行きましょうか。
 
 ここからおさらい。
 平安時代、貞観大噴火って、すごい噴火があったのが色んな記録に残ってる。
地震もすごかったんですって。 
その時に、この大室山はもうあったから、流れ出た大量の溶岩は、大室山を迂回して流れた。
森林地帯を焼き払って、大室山の左右からドロドロと流れた。
だから、大室山は、新しい溶岩で覆われていないから、植生が豊かで、ハリブキやカエデ科の木も多いの。
 
 流れた溶岩は、北麓にその頃あった、大きな湖を埋め尽くして止まった。
溶岩は空気に触れたとこだけ、急に冷えて固まって、でも中身はドロドロのまま流れるから、空洞だけがあちこちに残る。
これが風穴。
中にガスとかたまって、ボコッと息を吐き出してできた、一回り小さい穴もあるよ。
 その辺の溶岩地帯が、長い年月を経て、鬱蒼とした緑の森になっている。
 ツガ・ヒノキ・ハリモミとかの針葉樹と、ミズナラやイヌブナなんかの広葉樹の混合林の中に、色んな穴が開いてます。
国指定天然記念物なんだけど、案内板は少ないし、道標はない。
 そんなものがあると、素人が探そうとして、迷っちゃうからね。
富士の樹海は、どっちを見ても同じように見える景色で、とっても迷いやすいんだよ。
でも、コンパスはだいたい使えるよ。
GPSは、入らないところが多いんだって、ガイドさんが言ってた。

 まず、大室風穴へ、と歩き出したら、
P4180458
今日の急な暑さで、もう一人、お姉さまが足が攣ったって・・・
うーん "( ' ' ;)
じゃ、大室風穴は止めましょうか。

 戻って、一番大きくて入りやすい、富士風穴へ。
P4180461
ここは一時、風穴蚕種貯蔵所にしていたところで、その頃の木組みが今も残ってます。
入り口の段差には、梯子がついていて、少し奥は、床一面が氷になる。
もちろん、明かりは何もない。
ここは、天然記念物保存のためにアイゼン禁止なので、ツルツルで斜めの氷の床は危ない。
ので、数歩下りて、上を見上げて頂いて、奥の氷を覗き込んで頂いて、風穴見学はほんとのおさわり程度~。
そのために、明るいライトを持って来た。
P4180472
やっぱ寒いね。みんなの息が白い。
P4180474帰路、本栖湖の展望台があって、(ノ°ο°)ノ オオオオ
P4180476白根三山
P4180477竜ヶ岳と毛無山
P4180478
 さて、少し時間が押したけど、まだ時間に余裕がある。新富士に戻りがてら、富士山浅間大社へ寄ってください、と、運転してくれる山友に、あらかじめお願いしてあった。
ここね、全国1300社ある浅間神社の、総本社なの。
 鳥居をくぐると、散り敷く桜。
P4180492 枝垂れ桜が最盛期
P4180493_2
 湧水池もある、ステキな神社なんです。
P4180497
P4180499
 ほんとはね、ここを考えた10日くらい前は、まだ、桜吹雪が見られるかも?
って期待したんだ~。ここ、桜が多いから。
 でも、ここ数日の陽気で、一気に散っちゃいましたね(/_;)

 お参りして、綺麗な富士の湧水池を見て、花嫁さんの前撮りなんかも見て、新富士駅へ。
P4180500
P4180501
 マイフレさん、運転ありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ
ごめんなさい!
4時36分に乗りたいです。

 お礼もそこそこに、ホームへ。
今、4時29分、あと7分。
お姉さま方、急いでビールを買って、停車中のこだまへ。

 切符を買っていなかったお二人は、発車のベルが鳴る ギリギリに、乗りこめました。
あ~ ε= (*^o^*) よかった。
これに遅れると、帰宅が7時近くなっちゃうんだよね。

マイフレさんごめんなさい(。_。;)

一日運転、ありがとうございました。
(/・0・) 

« 花瓶山 | トップページ | 辻山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1748585/70314192

この記事へのトラックバック一覧です: 富士大室山と富士風穴 浅間大社:

« 花瓶山 | トップページ | 辻山 »