« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月28日 (日)

大和三山と大峰 釈迦ヶ岳~孔雀岳

久しぶりの山友からメール。
「オオミネコザクラの時期に、大峰へ行きますか?」

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
ぜひ行きたいです。

 八丈島へ行く、前の日くらいに、日にち決定。でも、お天気次第で変えるかもって感じ。

 この関西の山友は、早朝、大和八木辺りでピックアップしてくださるって言うから・・・
大和八木のビジホで前泊しよう。せっかく泊まるんだから、早目に行って、付近を散策したいな。

 木曜日まで、そこそこ部屋が空いていた、ビジネスホテル、当日だとお安くなるサービスがあるからと、金曜日の出がけに連絡したら
・・・満室(;>_<;)
みんな、同じこと考えるんだね。
朝早くに、電話すべきだった【T_T】

 慌てて探した、大和八木の『ゲストハウス笑顔』
古民家を改造して、今年の4月末に、営業を始めたところですって。個室は4000円 相部屋だと3000円かな。
いいじゃん ここ!(^v^)
「今日1名、個室でお願いできますか?」

 夫の夕食とか作って、10時に出発。
さて、出来たてのゲストハウスって、どんなとこ?

 格子戸の古い民家が並ぶ中の、一番大通りに近い場所に、
『ゲストハウス笑顔』が、ありました。
 でね、なんとお台所が自由に使えて、冷蔵庫にある、卵・牛乳・ヨーグルト それに、棚にある調味料や、パンにバナナ、コーヒー、お茶などが、ご自由にどうぞ ですって!
(ノ°ο°)ノ オオオオ
それって、朝食に トーストと目玉焼きとバナナとコーヒーが無料 って感じ? すごいサービス!

 ここで、300円でレンタサイクルも借りられる。願ったりかなったり(^ー^* )

 厩戸の皇子が、歩いたかも知れない大和三山を廻るのよ~。
前から来てみたかったんだ。
まず、大和八木から東へ1キロ ゲストハウスで貰った簡単な地図だけで、迷うかな~ と思ったけど(^v^)v
 何のことはない、目の前の小さな小山が耳成山。みて目標にできるって、ありがたいね。入口は公園になっていて、参道には灯籠が並んで、まず神社
P5261985
ちゃちゃっと山頂(139,3m)
P5261986山頂からは、畝傍山が見えた
P5261987
 今度は、南に2キロで、天の香久山(152m)
山頂の山座同定板
P5261988_2わらわも国見、すなむ("⌒∇⌒")
右から、一昨年行った二上山 葛城山金剛山
P5261992
大和三山って、観光客とかいるのかと思ったら、どちらも誰にも会わない、静かなお山でした。 西に3キロで、最後に畝傍山。
P5261995
 ここは、地元のお散歩コースなのか、そこそこ人に会いました。かったるい緩~い道で、途中で踏み跡を見つけて、ほぼ直登。
 畝火山口神社跡って言う石柱と
P5261996
神域に付き立ち入り禁止の石囲いと、ベンチのある山頂。
帰りに、神武天皇陵を参拝して
P5262001
北へ2,5キロ
 大和八木の、古い町並みを、ちょっとグルグル回って、見学。お弁当屋さんでお夕食を買って、ただいま~( ´ ▽` )ノ

 https://smcb.jp/albums/3793362
 
 ゲストハウスの居間で、テレビを見ながら、管理の方 お二人とおしゃべり。
 行きの新幹線で編んだ、ペトボカバーをあげてきたよ("⌒∇⌒")

 真新しい畳に、ふかふかお布団、ぐっすり眠れました。

 5月27日
 山友に、近くまでお迎えに来て頂いて~、十津川の大峰奥駈道登山口まで、早朝なのに2時間ちょいかかりました。
P5272003
ちょっと登ると、シロヤシオが満開!
P5272009
(ノ°ο°)ノ オオオオ シャクナゲも。
P5272011
シロヤシオ~
P5272017  
シャクナゲ~ シロヤシオ~
P5272015
しあわせ~(=●^0^●=)

 尾根に出ると、新緑のオオイタヤメイゲツの緑が鮮やか。大日岳付近には、アケボノツツジのピンクがたくさん見える。
P5272023
 千丈平っていう、開けたところに、小さな池塘があって、水場もある。ここに泊まるのも、気持ちよさそう~。鹿が多いところですって。帰りに小鹿の群に会いました。
P5272100山友と協議の結果 シコクスミレと同定
P5272028フモトスミレやヒメミヤマスミレとの交配種が色々見られる場所のようです。
すぐ、奥駆道に合流。

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
釈迦ヶ岳(1799,6m)って、同じ名前が御坂山系にもあるけど、こちらはさすが本場!
 大きなお釈迦さまが、おわします。
P5272033
これ・・・ヘリで下ろしたの? 
だって、光背の高さを入れたら、3m近いんだもん。
P5272092
 八経ヶ岳や明星岳、遠く、女人禁制の山上ヶ岳も見える。
P5272032
 ここから岩山っぽくなって、ガラガラの急降下。山友が早いこと!
ヒカゲツツジや
P5272037コイワカガミのつぼみもあって
P5272034
('◇'*)わぁお。
あなたが オオミネコザクラ!
会いたかったよぉ。
あなたに会いに、遠くから来たんだよ。
と思って、撮ろうとしたら( ̄o ̄) え?
「もっといいのが出てくるから」
って言われた~。

 ガンガン下って、登山道から、山友がちょっとだけ笹の斜面をへつる。
行った先の大岩には、素晴らしい群生!!!
でも・・・
(^o^; ほえ~
この急な笹斜面、同じ位置でトラバースできない。ビビって、ちょい上に這い上がって、群生地へ行きました。
P5272047
 その先も、覗き込むと、クラクラするような崖のあちこちに、オオミネコザクラ~♪~
P5272049
青空とアケボノツツジのコラボも撮って、もう最高!~♪~
P5272055
 アケボノツツジってね、アカヤシオの花柄にある腺毛が歩かないかの違いなんだって。同じに見えるよ。右に八経ヶ岳
 P5272054
 鎖場もそこそこ出て来るけど、鎖に触りもせずに、サクサク歩く山友。そう言えば、この方って、白根三山日帰りとか、白馬三山日帰りとかの得意な方だった。
私・・・結構足手まとい? すみません~(;´o`)
だいぶ釈迦ヶ岳が高く見える所まで下りて来た。
P5272063ミヤマカタバミ
P5272073
 で、いくつかピークを越えて、飽きない程度の鎖場越えて、倒木もあり~
P5272075孔雀ののぞきってとこは,断崖絶壁
P5272083
孔雀岳(1779m)

 こちらも気持ちのいい山頂。
あれに見ゆるは、もしや・・・
大台ケ原?
P5272078
秋に行くからね~、その時だけでいいから晴れてね~!
あ、今日も晴れてるね("⌒∇⌒")

 来た道を戻って、でも、こういう岩の道は、行とは全く違う表情を見せてくれて面白い。馬ノ背はこの程度
P5272088
帰りにもまた、オオミネコザクラちゃんにご挨拶。すっごい大輪のコザクラちゃんもいたよ。オオミネオオザクラだね。

 アケボノツツジにシロヤシオ、シャクナゲにオオミネコザクラが、見事にすべて最盛期 それに気持ちのいい新緑
P5272108
 って言う、奇跡のようなタイミングでした。
なんとも眼福 眼福\(^o^)/

連れて行ってくださった山友、送迎含め、お世話になりました!ありがとうございます。
幸せな一日でした。

2017年5月25日 (木)

八丈富士と三原山

 今年78才になるY姉さまのお誕生日山行、どこにしましょうか?
寒くないところがいいわね。
ってことで、去年は三宅島だった。
じゃ、今年は八丈島へ。
あら、今月って、船月間、島月間になっちゃったわ("⌒∇⌒") キャハハ
 そうだ!
Y姉さまは、去年の三宅からの、帰りの船で酔ったんだった( ̄~ ̄;)ウーン・・・
帰りの船は、朝9時半に八丈島を出発して、竹芝桟橋に着くのが夜の8時近い。
一日中、丸々船。
これって、酔いやすい人にはかなり苦痛かも。
なので、行は船、帰りは飛行機で予約を取った。
飛行機は、1ヶ月以上前だと、早割で6割くらいになる。
 ただね、八丈島の飛行機は、結構欠航になるのよ。
あらかじめ「万一、帰宅が翌日になってもいいように、ご都合を開けておいてくださいね」って言っといた。
八丈島は風が強くて、羽田から来た飛行機が着陸できずに帰っちゃったりするんだよ。
屋久島の二の舞になってもいいように、今度は、予め覚悟して行きました。
 5月22日
竹芝桟橋22時30分発。
私は、予約したチケットの交換で乗船の1時間以上前に行く。
1時間前に手続しないと、キャンセル扱いになっちゃうんだ。
そうしたら、お姉さま方もお早々と来ていました。
家に居ても、落ち着かないんですって。
 去年の三宅島は、特等の二人部屋ベッドだった。
窓が大きくて気持がよかったけど、今回は特一等和室にしてみました。
P5231796
お値段はいくらも変わらないんだけど、4人部屋で、みんなで同じ部屋に眠れる方が安心かな。
どこでもスーッと寝られる、ちい姉さまだけ、二等です。
こちらは、お値段半分以下。
でも、床が固いし、周りが気になっちゃう(;´o`)
 出航が午後10時半だから、すぐに準備。
なんのって?(*^_^*)
 Y姉さま、お誕生日おめでとうございます!
グラスと チューハイと ケーキ、持って来たよ(*'‐'*) ウフフフ♪~
ザック、重かったぁ~。
でも、お山を登る訳じゃないから頑張った。
P5221795
 乾杯して、グラス片手にベイブリッジを下から眺めて・・・
あっという間に12時。
じゃ、おやすみなさい。
 
 5月23日
 朝、お姉さま方は船内の食堂へ。
私は、カップ麺を持って来た。
一等和室には、冷蔵庫とポットがあるって聞いてたから。
 
 8時50分に、八丈島着岸。
P5231817
今夜泊まる、国民宿舎サンマリーナに、お泊り荷物を置いて、ご挨拶。
9時半に、予約したタクシーで八丈富士登山口まで。
 実は、船と飛行機は、うんと早めに予約したの。
特に飛行機は、早割だと、お値段が全然違うしね。
でも、平日だからタクシーは大丈夫だろうなって・・・
ちゃんと、歩行時間とか調べてからにしようと、予約は押せ押せになってしまった。
 そうしたら!(ノ°ο°)ノ
どこに電話しても、タクシーがない【><。】
なんで?(・  _  ・ ;)
 なんと、5月23日 客船日本丸が八丈島接岸だって!
何てこと(;>_<;)
八丈富士から撮った日本丸
P5231831
 やっと見つけたタクシー、ジャンボはないから、5人なのに2台。
お値段、高めになっちゃいました。
調べたら、日本丸は、徳島発の2泊3日の八丈島ですって。 
90,000円 ~ 411,000円。短いのにめっちゃ高い!
 八丈富士は、数年前にも登ってる。
ほぼ階段で、お鉢まで登るんだ。
ここの風は半端じゃないんで、前回は三角点まであと30mくらいのところで、強風のために引き返した。
今回は、割に微風。よかったぁ。
これならお鉢巡りができるわ。
 \(^o^)/ わ~
ハチジョウチドリがたくさん!
セッコクも咲いてたよ。
P5231864_2
 結構細い部分や、溶岩の岩場も穴もあって、慎重に。
P5231837
八丈富士(854,3m)
P5231839
二等三角点点名『八丈富士』タッチ。
P5231840
 ぐるっと一周は、案外アップダウンがある。
八丈小富士がきれい
P5231843 登山道へ戻って、浅間神社へ降りる。
P5231856
ジュラ紀の森的植生で、亜熱帯ジャングルの冒険気分("⌒∇⌒")
P5231855
ヤマグルマの新芽がきれい。
 お鉢へ戻ったら、日本丸できて、個人ガイドを頼んだって言う単独女性に会った。
今夜もダンスパーティーだって(^ー^* )
ハチジョウイチゴ
P5231832トゲナシサルトリイバラ
P5231861登山道のちょっと奥のセッコク
P5231867
 下山後、予約のタクシーで、裏見の滝へ。
滝の裏側を歩いて周回できるんだよ。
P5231872頼朝神社の玉石
P5231878下りは滑る~
P5231880
ここね、露天風呂があるの。無料の!
混浴で、水着着用だけど、ジャングルの中で温泉、いいでしょ(^ー^* )
P5231886
 バスでお宿へ戻って、こちら、宿泊費が7300円だからあまり期待してなかったのに( °o° )
島寿司にトビウオのコロッケに、ムロアジのギョウーザ(ノ°ο°)ノ
それに、島鳥の甘辛煮 ムロアジのギョーザが、大変美味しゅうございました。
P5231897
 オーシャンビューのお部屋でくつろいで~
風が、気持ちい~い(*^_^*)v
 5月24日
朝食後、予約のタクシーで、三原山登山口まで。
時々ざっと雨が降ったり止んだり。
大きな羊歯(ヘゴの木)が茂って、亜熱帯っぽい道で、ずっと階段が付けられている。
蒸し暑い~(;´o`)
こっちにもハチジョウチドリがたくさん
P5241901_2
途中、もうすぐ山頂ってとこでも、山頂のアンテナが見えないほど、辺りは真っ白。
 P5241902
 三原山(701m)
P5241907
三等三角点 点名『三原山』
P5241906
下山時に、ジエビネを見つけた\(^o^)/ わーい
P5241911こっちにも
P5241914
明日葉を、摘み摘み下山。
あらかじめ予約しておいた島寿司のお店へ。
 実はタクシー予約の時に、「島寿司は予約しないと駄目ですよ」って言われたの。
そうか、島寿司は漬けて置かなきゃならないから、いきなり言ったら普通のお寿司しか食べられないのね。
普通のお寿司でも、鮮度がいいから美味しそうだけどね。
 島寿司って、わさびじゃなくて、カラシが入っているんだよ。
P5241944
アラのお味噌汁も付いて、ムロアジにキンメダイにシマダイにあと、なんだっけ?
銀八さんの島寿司は、大変美味しゅうございました。
そう言えば、去年小笠原で食べた、ウミガメのお寿司に、見た目が似てるかな。
 一番空港に近いお店を予約したから、食後は熱帯植物園を散策。
そうすると、植物園を通って、歩いて空港へ行ける。
キョンを見たり
P5241928ゴクラクチョウカや
P5241927
ルリイロゴクラクチョウカや
P5241937葉っぱの大きいハチジョウキブシ
P5241920
ビロウの森
P5241947
ニオイバンマツリやフウトウカズラを見ながら歩いて、
P5241946
熱帯植物園へ。
ブーゲンビリアや
P5241953
フイリサクララン
P5241962
ナンヨウザクラや
P5241951
ミッキーマウスの木を見て、空港まで歩く。P5241957コケリンドウがあちこちに咲いている
P5241966
 出発1時間前に到着。 
チケットは、3月にカード決済してある。座席まで決めておいたから、入場はスムーズ(^v^)
と、思ったんだけど・・・
 お荷物にハサミを入れていたお姉さまと、預ける荷物にライターが入っていたお姉さまとで、結構時間がギリギリに。
急いでお土産買って(娘に島醤油を頼まれていた) 検査して待ち時間なしに機内へ。
 飛行機から八丈富士や八丈小島
P5241969
伊豆七島が見えて、最後に富士山も見えたよ。
P5241983
船だと、朝9時に出て、夜7時半に竹芝桟橋着だけど、14時発で14時55分着。
 風もなく、無事に帰れてよかったです~("⌒∇⌒")
最高のお天気に、八丈富士のお鉢巡りができて、なによりでした

2017年5月20日 (土)

坊主岳

 前から行きたかった坊主岳。
山友が連れて行ってくれるって言うので、急遽、早朝出発。
 塩尻から南へ下がった、奈良井ダムの東側からの登り出し。
 R493の、奈良井ダムの南端付近に、坊主岳登山口 って大木な看板が出てました。
P5201651
地形図を見ると、山頂までずっと等高線がつんでいる。
昨夜ヤマレコを見たら、みんな 容赦ない急登だって書いてる。
どんなかなぁ。
 ズミ
P5201646
 クルマバソウ
P5201650
登ってすぐに、たくさんの祠があります。
P5201653
 山友は足が速いので、足手まといにならないように、頑張って登ったら、30分で小坊主岳(1429,1m)に着いちゃった。
樹林の中の四等三角点。
P5201657
これなら、あと1時間くらいで山頂まで行けちゃう?( °o° )
 チゴユリとスミレがいっぱい。
P5201656
シロバナエンレイソウや
P5201662
ヒメイチゲも咲いてるよ。
P5201663
ちょっと笹が増えて来て、昔は笹薮漕ぎだったらしい登山道。
今は、笹が払われています。
P5201667
バリエーションルート並みに、尾根直登、階段とかも一切なし。
確かに、情け容赦ないの登りだけど、途中一回だけ、普通の登山道並みの斜度になる(;-_-) =3 ふぅ~
下草はないし、岩もないし、案外歩きやすい。
 
 ヤマレコさんの記録を参考にしたけど、登山口から1時間半で山頂に着いちゃった。坊主岳(1960,7m)
P5201668
\(^o^)/ うわ~!
めちゃくちゃ気持ちがいい。
山頂は背の低い笹だから、360度の眺望。
南に、矢印が木曽駒 一昨年お姉さまのお誕生日に登った将棋の頭が近い。
P5201680
西は、御嶽山が時々パホッと噴煙。
P5201681
そのすぐ北に乗鞍。
P5201672
鉢盛山の奥に、去年も登った穂高と・・・常念辺りかな。
P5201699
鹿島槍方面も見えてる。
P5201697
北の方には、蓼科からの八ヶ岳が長い!
P5201696
経ヶ岳の右に、ちょっとだけ・・・荒川中岳かな。
あと、南アルプス南部の山が、薄く見えてました。
P5201678
 いやぁ~ (*^_^*)
来てよかった。
感動的な眺めだわ。
山頂でのんびり山座同定。
槍ヶ岳 アップ
P5201684
 登山者が多い山なら、階段状に整備されるか、ジグザグになっている勾配の斜面。
下山が侮れないね。
積雪時なら、ずっとシリセードー出来るかも? 
今の時期にやったら、お尻が傷だらけだね("⌒∇⌒") キャハハ
滑りたい って思うほどの、斜度なのに、ロープとか一切ないし~。
用心深く降りました。
唐松の芽吹きがきれい
P5201706ハウチワカエデは、もう翼果になってるのもある
P5201705
 帰りに、道の駅奈良井木曽の大橋に寄って
P5201728
地下通路で線路を渡って奈良井宿へ。
P5201716
木曽の大橋は、総檜作りの、時代劇で使えそうな立派な太鼓橋がかかってて、芝生の公園になってます。
よく、ツアーで奈良井宿って出てるけど、ここかぁ~。
 中山道の難所、鳥居峠の手前で「奈良井千軒」って言われたんだって。
千本格子の家が続いてて、昔からの水場があちこちにあって、いい雰囲気を残してる。
P5201713まだ、八重桜が咲いてたよ
P5201725
 道の駅で、五平餅とワラビとコシアブラを、をお土産に買ったよ。
P5201733
天ぷらにするとカロリ―高いから・・・
刻んだお揚げさんとコシアブラを炒り煮にして、炊いたご飯と混ぜた、コシアブラご飯と、コシアブラの山胡桃和えと、ワラビのおかか和えと、ワラビとお大根のお味噌汁にしたよ。
コシアブラご飯は思い付きだけど、とっても美味しくて、これは、また手に入ったら作りたいな。
P5201735
 奈良井宿の観光込みで、素晴らしい眺望の坊主山を堪能しました。

2017年5月14日 (日)

宮之浦岳 最高のお天気 でも予定の金曜日に鹿児島の豪雨で飛行機欠航【><。】

 前から、宮之浦岳へ行きたいと思ってた。
でも、ツアーだと、避難小屋泊が多くなって、日数が長い。
歩行、一日目7時間、二日目6時間なんて言うツアーだと、山慣れない人が混じって、めっちゃ遅くなったりする。
やっぱ、個人で行くかなぁ~。
 と思っていたら、行動時間11時間で、宮之浦日帰り、屋久島2泊3日のツアーがあった。いつも割に小人数なツアー会社だし、お弁当が美味しい。泊りは初めてだけど、林芙美子が浮雲執筆に泊まったホテルに二連泊。
 リーズから帰ってすぐで、せわしないけど、申し込んだ。
 
 5月10日
 うちは、羽田に割に近い。
なので、羽田7時集合でも、余裕で間に合う。
なので、前日の火曜会も、行けちゃいました。
 集合場所へ行ってびっくり。
屋久杉へ行く人が10人、宮之浦登山は、同年代の女性Kさんと2人きりだって。
 話したら、山はあんまり登ったことがないって(ノ°ο°)ノ
累計標高差は950mくらいだけど、マップタイム10時間 
大丈夫かな?( ̄~ ̄;)
 まずは、羽田から鹿児島、15分遅れて、鹿児島から屋久島への乗り換えは小走り。
それから、紀元杉って、推定樹齢3000年の杉にご挨拶。
P5101185
3000年前…\(◎ ◎;)/
ギリシャ神話ができたころ?
お話、聞きたいなぁ。
P5101189
それから、屋久杉ランドをウォーキング。これは12名一緒。
苔むしたもののけ姫の世界、いいなぁ。
固有種の、チャボシライトソウを見つけた。
P5101232足元にヒカゲツツジが落ちていて、どこにあるの?と見上げたら、杉の巨木に着生してた。
P5101221ハイノキ
P5101209
クロバイ
P5101211明日御一緒するKさんと、仏陀杉で写真。
P5101228
 帰路、スーパーに寄ってくれたので、明日のお水とか、今夜のお酒とかの買い出し。
私はここで、お土産買っちゃいました。
だって、ホテルに2連泊なんだもん。
コリコリの、ゴマサバのお刺身と、トビウオの唐揚げが美味しかった。
P5101266
 5月11日
早朝4時半にホテルを出発して、5時半に歩き出し。
ガイドさんが、屋久島ではめったにない、って言う、雨の心配のない一日。
現地ガイドさんが、Kさんに「私の後ろに来てください」って。
丸太の階段とかを、怖がってふらついて歩いていたから。
このルートにも杉、栂、樅の巨木があちこちに。
P5111278
 淀川小屋までは、大した登りじゃない。
大木を見ながら登ると、展望台。
(ノ°ο°)ノ オオオオ ムシカリが満開。
P5111282
ガイドさんが、色々説明してくれる。
アセビとムシカリとコミヤマカタバミと
P5111353
、屋久島シャクナゲのつぼみ。
花之江河は、高層湿原。
P5111347
P5111340_2
コケリンドウを見つけた。
P5111344
黒味岳を左に見ながら
P5111306_2
ちょっと登ると宮之浦岳(1936m)
P5111323
\(^o^)/ わーい
口永良部島の噴煙まで見える。
P5111332
照葉樹林の素晴らしい眺め!
もし次に来る機会があれば、黒味岳へ登りたい!
 で、Kさんは頑張って、ほぼマップタイムで歩いちゃった。
5時半下山予定でタクシーを頼んでいたのを、山頂でガイドさんが、1時間早めてくださいって連絡。ガイドさんが山頂でコーヒーを入れてくれた。
P5111335
それでも早目に付きそうなので、あちこちっでたっぷり休憩。
ガイドさんが、Kさんに、ほんとに山を歩いてないんですか?
って。そしたら、今日のために、ひと月前から階段昇降とステップをやったって。
素晴らしい!
 添乗員さんは前夜「もしお二人が6時半に戻らなければ、屋久杉へ行った10人で、先に食べているけど、戻ってまた乾杯します7ね」
って言ってたけど、なんと、先にホテル到着。
屋久杉から戻った添乗員さんが「( ̄o ̄) え?なんで宮之浦チームがもういるんですか?」だって~("⌒∇⌒")
「ちゃんと、登ってきましたよ。山頂から口永良部まで見えましたよ」って、報告。
 人数が把握しやすい、12名のツアー。
2日目の夜は、和気あいあいで、飲めや歌えの大騒ぎ(^ー^* )
P5111311
 5月12日
昨日縄文杉へ行った、ハイキングチームと合同で、竜神の滝
P5121378
千尋(センピロ)の滝
P5121384
大川(オオコ)の滝へ。
P5121394
 
 千尋の滝は、とにかく大きな岩壁で素晴らしく、売店で売っていた、糯米粉対ヨモギ、1:1の、かからん団子サンキライの葉で包んだお餅が絶品でした。個200円。これは、行ったらぜひ食べてね。
P5121388
大川の滝は、展望台から岩伝いで滝壺のすぐ近くまで行けて、雄大。
でその後、20人以下のバスしか通れない、西部林道へ。
 猿と 鹿と 照葉樹の世界。
P5121417
P5121427ヤクシマコンテリギ
P5121389
途中、30分ほどウォーキング。
あまりに多い鹿と猿に、地元のバスの運転手さんに「植生が荒れちゃったりしませんか?」ってお聞きした。
やはり、最近、シカの食害が問題になっていて、宮之浦岳登山口付近とか、数カ所が実験的に、ネットを張られているらしい。
ネットのある場所だけ、小さな木や草が、青々として茂っている。
 そのあと、お昼を食べて白谷雲水峡へ。
バスを降りたら、霧雨。
もっとも雲水峡がきれいに見えるお天気ですって。
P5121452
 日本で見られる苔、約1600種のうち、600種のコケが、ここで見られるらしい。
深い森と豊かな雨(年間雨量が8000ミリを超える)だから、コケの宝庫なんだね。
シラガゴケ、タカサゴサガリゴケ、ミズゴケ、フォーリースギバゴケ、ヒロハヒノキゴケ、ケチョウチンゴケ・・
(ノ°ο°)ノおぉ~!
この雲水峡は、もののけ姫のモデルになったとも言われているの。
ヤクシマミヤマスミレ
P5121450ヒメシャラの巨木
P5121490アリドオシ
P5121477リンゴツバキ
P5121478サクラツツジ
P5121462コガクウツギ
P5121448ウミガメの登ってきた跡
P5121432
 帰りの飛行機は、17:05発。
屋久島空港へ向かう途中、添乗員さんの携帯に電話。
「え? 欠航?」
・・・(・  _  ・ ;)
 屋久島は、有視界飛行だから欠航が多いけど、今日は視界はある。
ところが、12日の午後の鹿児島は雷雨で、鹿児島から屋久島へ飛ばなかったんだって。
屋久島に、飛行機のストックはない(;>_<;)
来てくれなきゃ、飛べない。
 (≧◇≦)ヒェーーー!
明日は、娘の友達の結婚式で、振袖を着せる予定!
そのために、汗だくでの着付けも不安だったので、リサイクルショップで袋帯を作り帯にしておいた。
ので、娘が何とか自分で着てみるって。
それに、孫がどうしても来たいって言ってたから「日曜日はお山だから土曜日ならいいよ」って言ってあった。
うーん (+_+) どうしよう~。
 ごめんなさい!【><。】
週末会のメンバーに、ドタキャンメール。
よくニュースで、離島便欠航 とかってニュースを見たことはあるけど、実際に自分が足止めされたのは初めて!
 添乗員さんが、急いで宿を押さえて、でも今からはもう夕食は間に合わないって。
追加の宿泊費は持ち出しで、朝食付き7000円。
夕食は近くへ食べに行きましょう。
で、私とKさんは、帰路に寄ったドラッグストアで鹿児島焼きネギラーメンって言うカップ麺を買っちゃった。
あと、島のお豆腐も買って、超お安い夕食。
テレビを点けると、鹿児島の豪雨と、屋久島で雷雨や竜巻に注意って言うニュース(;>_<;)
 5月13日
予想外に1泊増えちゃって、でも逆に、ツアーとは思えない、仲良しグループになっちゃったよ。
昼過ぎの便は、25分遅れで何とか屋久島は飛び立った。
宮之浦岳が見える
P5131508 あっという間に開聞岳が
P5131520で、鹿児島で乗り換え。
けど、今度は雷雲が関東に向かってるって(・_・;)
羽田から、鹿児島へ引き返すこともありうるって・・・
飛行機はすごく揺れて、シートベルトサインは付きっぱなし。
でも、何とか今日帰れることができました~(;´o`)
 1ヶ月に35日雨が降る って言う屋久島で、二日間最高の天気で、最後の苔の森はしっとりの雨で、
これ以上ない恵まれたお天気だったのに、最後にプラマイゼロにしてくれた、貴重な旅行でした。

2017年5月 8日 (月)

ダイヤモンド・プリンセスクルー ズ 高知・広島・釜山・長崎

ダイヤモンド・プリンセスクルー
この船は、世界最大級のクルーズブランドなの。
でも、豪華客船の旅の割に、お手頃価格なんだよ。日本のクルーズ客船の、飛鳥ツーや日本丸より、ずっとずっとお安い。
 何より、クルーズ旅行は、移動中にダンス三昧、趣味三昧ができる。
そして、夫と一緒に旅行に出ても、クルーズ中は別行動できる。これが、最大のメリット!
 あとね、出かける1週間くらい前に、大きな荷物を送っちゃうと、ちゃんと船室に届いてるんだ。だから、ダンスドレスを何枚も持って行っても大丈夫。客室に大きなクローゼットもあるし~。
 それにうちは横浜だから、横浜乗船の船旅って、すっごい楽なの。
 クルーズ中の、お食事や飲み物、何を頼んでもタダだから、意外とコスパも良い。
食べ過ぎに注意だけどね。
 今回は、ダンスの社員割引みたいなので、バルコニー付きがめちゃ安になるってお知らせが来て、夫を誘った。
 
  4月29日
 気持ちのいい陽気。
昨日のお山の洗濯ものもすべて乾いて、片付けてから出発できた。
横浜大さん橋にお昼に到着。
ダイヤモンドプリンセスは近くで見ると巨大!
P4290800
 お部屋に入って、送っておいた荷物を整理
海風を感じながら、ゆったりとバルコニーでワイン。
ちょっと、お貴族様気分~♪~
あら、桟橋で結婚式をしているわ。
P4290801
 私たちのお部屋は11階で、バルコニー寄りに、ライティングデスクと鏡。その反対側の壁沿いにテレビ、ポット、冷蔵庫。
P5051055
入口にクロ―ゼットとシャワールーム。
P5010861
 お船の全長が290m、廊下に出ると、向こうが見えない。
P4290809
でも、一昨年乗った、アメリカ船籍のボイジャーオブシーズよりは、少し小さいね。プールとジャグジーが、4ヶ所にあるの。
P4290816お見送りの人を見る、バルコニーの人を撮る。
P4290823放水してのお見送り。あ!虹!
P4290827
 船室に、今日のスケジュール新聞があって、色んなカルチャースクールや、映画や、ショーもあるよ。
 ディナーは、メインダイニングに行くと毎回同じお席。
同じ担当者がサービスしてくれます。
ワインのボトルキープもできるって。
で、さっそく夫がキープしてた。
 もし、正装が面倒だったら、サブのヴッフェスタイルのレストランもあって、そっちで好きなものを取って食べてもいいの。
でも、フルコースのディナーって、結婚式やダンス発表会くらいしか機会がないから、やっぱり夜はコースで頂きたい。
デッキも長いよ。
P5041054
 夜は11時半まで社交ダンスで、そのあとディスコ~♪~。
P5010903
   4月30日
終日航海。
ブレックファストをルームサービスしてみた。
依頼の時間に、ボーイさんが、色々運んできて、バルコニーへセットしてくれる。
焼きたてで、まだ暖かいパンはサックサクで、いくつでも食べられちゃうし~
コーヒーはポットサ-ビスだし~
P5040994
貧乏性だから、ドリップコーヒ―とか、色々持ち込んだけど・・・
なぁんだ。お部屋にサービスしてもらえるんだ!
1ドルチップ。
 今日は、ダンスの講習とか(これは、男性役で入って欲しいって)、ズンバとか、ボリウッドダンス(インド風エアロビみたいなもの)
それにフラダンスの講習もあって、航海中に3回あるって。
5月5日に、お祭りイベントで、それぞれの発表会があるんだって!
わぁ、大勢の人に見てもらえる~(=●^0^●=)v
やる気、まんまん。
 コミカルなクッキングショートとか、押し花とか絵手紙とか写真とか、色んな講習会もある。
スパもプールも、マジックショーも、カジノもある。
これは、200海里?離れたら開催するんですって。
 あと、日本風の温泉もあるよ。
大海原を眺めながらのお風呂は、気持がいい~(*^_^*)v
夫は、持ち込んだ本を、バルコニーやスパのデッキチェアーで読んでは、昼からワインを頼んで、お昼寝してご機嫌(^ー^* )
 今夜は、フォーマルディナーなんで、友人がくれた絹地で以前縫った、自作のワンピを着る。
まだ一度もお洗濯していないから、ちょっと布の張りが強いのが気になる。
けど、テーブルでお隣になった方に「ご自分で縫ったの?とっても素敵よ!」って、言って頂いた。
バックもおソロで作ったよ~。
 お部屋へ戻って、急いで着替えてダンス~
 ダンスの後パブへ行かない?って、知り合った奥さまグループに誘われた。
パブで、ずっと男役でダンス。
船って、ちょっとだけ踊れるって女性が結構いるんで、毎回モテモテになっちゃうよ。マダムに("⌒∇⌒")
「お腹空いたね」って、夜食コーナーに行くと、ランチよりは品数が少ないけど、ラーメンとかも食べられるようになってた。
ディスコへ移動して・・・
気が付けば午前2時~(^。^;)
 5月1日
目が覚めたら、もう高知港に着岸してた。
ゆっくり朝食を食べて、上陸。
夫は、仁淀川へ行くって、前もってレンタカーを借りてくれた。
四国で水がきれいなのは、四万十川だけじゃないもんね。
 まずは夫が行きたがった、仁淀川。
車で西へ、1時間ちょっと。
程野の、にこ淵って言うのが、今ネットで話題。
滝まで、鎖場と梯子があるの。
P5010867
だから?年配観光客はいなくて、若い人がちらほら。
仁淀ブルーって言うんだよ。
青が吸い込まれそう。
P5010871
程野の水晶渕と見返りの滝にも寄った。
P5010882
滝に虹がかかって、滝壺の青が吸い込まれそうだった。
P5010884_2水晶淵は釣りをしてる人が居た。
こんなに水が澄んでて、釣れるのかなぁ。
P5010887
 で、高知港方向へ戻って、鷲尾山県立自然公園へ。
この奥に、一等三角点があるのよ。
徒歩5分で、チャチャッと一等三角点タッチ。
点名『鷲尾山』
お山の名前は烏帽子山(359,1m)
P5010890
いい眺めよ。
 港に近い、土佐ぽかぽか温泉って言うのに寄る。
船に帰って、夜はダンス♪ ヘ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ ♪
 5月2日
瀬戸内海の島の間から、陽が登る。
P5020915
広島港 9時寄港
シャトルバスで広島駅まで出て、レンタカーへ。
広島港から、三高港へ行くフェリーに乗る。
瀬戸内海に入り組んだ島。能美島から、いくつかの大橋を通って呉に出よう って言うドライブ。
有名な、厳島の東隣。
 実はね、この島の真ん中の、野登呂山(541,8m)は、一等三角点なんだ。
点名『能美島』
P5020931天測点もあるよ
P5020930
眺めがいいんだって、と、夫に勧めちゃった(^。^;)
ごく最近、山頂の木が伐採されたらしい。
P5020933
その下の、いけすの魚を釣らせてくれて、すぐさばいてくれるお店でお昼。
釣った魚の重さによって、お料理の値段が違うの。
で、夫が大きい鯛を釣ってくれた~ε= (*^o^*)
P5020941
・・・食べきれるかしら。
 半身はお刺身で、
P5020942
半身は塩焼き これが絶品!
P5020943
アラでお汁と、ゴボウと揚げの入った鯛めし。
すごい量だったけど、美味しくて完食~("⌒∇⌒")
 ここから、早瀬瀬戸大橋と音戸ノ瀬戸大橋を渡って、呉へ。
映画「この世界の片隅で」のすずちゃんちは、この辺かな?なんて・・・
これは、なかなか面白いドライブだった。
P5020954
 船の手前ブースで、出国手続きと検閲。
 夜はもちろんダンス~(* ̄∇ ̄*)
 5月3日
午前中に、明日近寄ってくれる軍艦島の講演会がある。
20年お勤めしていた方が、写真を写しながら、あれこれ話してくれました。
面白エピソードとか、とっても楽しめました。
 午後、釜山寄港
船の中で入国審査。
オプショナルツアーのバスの台数がすごい!
P5030967
釜山は何度も来てるし、お山(蓬莱山)も登ってる。
じゃ、汗蒸幕に寄って、市場でも冷やかそうか。
 ダイヤモンド・プリンセスの前から、シャトルバスが、チャガルチ市場・国際市場・ロッテデパートの3種類出るって。
じゃ、遠い方の国際市場から、チャガルチ市場まで歩こうか?
バスを下りたらすごい人(・_・;)
あ!” 大統領選挙の演説だ。
P5030969
 商店街を冷かして、300円ほどのストールを買った。
今夜はこれで、ディナーに行こう(^ー^* )
屋台でチジミと餃子饅頭。合わせて500円ほど。
P5030971
韓国で使ったのは、この800円だけ("⌒∇⌒")
船で食べたら、お金はかからないんだけど、やっぱり現地の食べ物も食べてみたいしね~。
 5月4日
早朝、軍艦島のすぐ近くを、周回してくれる。
P5040981
シケだと近づけないところを、超接近して、
P5040984
高いところから見下ろせるのは、気持がいい!(*^_^*)v
P5040993
 長崎港9時着岸
国際松ヶ枝ターミナルは、グラバー亭が目の前。
港に近いレンタカー屋さんで、大村の裏見の滝とシャクナゲ園へ。
P5041011
ここのシャクナゲはみごとなのに、入場料200円はお安いな。
P5041016
長崎へ戻って、定番ちゃんぽんと皿うどんを食べて~結構、時間があるね。
稲佐山は、2015年に乗った、タイタニック号の4倍の、ボイジャーオブシーズのクルーズの時にも来たの。
でも、夫は行ったことがないって言うから稲佐山へ。
 展望台は、気持ちい〜い!〜♪〜
そして見下ろす、ダイヤモンド・プリンセス。
P5041026
海の風と一面のツツジ! 
P5041020
トレランの大会で、次々人が登ってくる。
273キロも走るんだって(ノ°ο°)ノ
P5041023
P5041027
 ふもとの稲佐山温泉に寄る。
メッチャ眺めのいいお風呂で、泉質も最高!
P5041028船に戻って、船からの稲佐山
P5041042あ、グラバー亭からもこっちに手を振ってくれてる
P5041037
 5月5日
終日航海。
もし飛行機だったら、飽きてしまいそうなこの時間。
クルーズでは、実は一番楽しいんだよね~(*^_^*)v
エアロビクスとか、ディスコとか、フラダンスとか、ダンス関係は何でも好きだから、もう、一日が忙しいのなんの。
ほとんど部屋から出ない夫のために、ちょこちょこ戻っては、お昼とか、アフタヌーンティーに誘ったりして(^。^;)
結局、ジャグジーに行ってプールサイドでくつろいだのは、私が一緒だった最初の日だけだった。
私より英語も話せるし、船員さんはだいぶ日本語を覚えて来たし、何が面倒なのかなぁ。
午後には、たくさんのカルチャークラスが発表会!
5階から7階まで吹き抜けの広場で、たくさんの見学者に囲まれて~
フラダンスと、ボリウッドダンスと、阿波踊りを踊りました。
講習の時はもっと大勢いたのに~。
 最後の夜もフォーマルディナー。
たくさんの方から「さっき見たわよ。なんでも踊れるのね」
なんてお声をかけて頂いて、嬉しい("⌒∇⌒")
 「小笠原の時に、あなたにダンスを教えてもらったのよ」って方にも声をかけて頂いた。
よく覚えてるなぁ~。
 中央でトッププロのダンスショー
P5051071ここで、発表会で踊ったんだよ。
その後バルーンパーティー。
たくさんの人が見ている、真下で踊る。
天井から、一斉に風船が落ちてくる~
P5051077
 お部屋に戻って、送ってもらうお荷物をバゲージに詰めて、夜8時までにお部屋の前に出す。
これで、大きなバゲージは、明後日自宅に届くの。
ダンスのペチコートも、ドレスも、詰めちゃう。
朝、泳ぎたいから、水着だけはお持ち帰りかな。
で、ダンスのパンツスタイルでうろうろしていたら、顔見知りになったグループに、踊って!って言われて、最後の晩はずっと、男役でした。
 いやもう・・・
お姉さま方にモテモテ(=^^ゞ ポリポリ
 お部屋に帰ったら、今日も午前様~
 5月6日
ああ、名残惜しいわぁ。
でも、ベイブリッジが見えてきちゃった。
P5061083
去年の小笠原は、桜の季節だったけど、横浜港は花ミズキが満開。
ダイヤモンド・プリンセスを見に来た人もいっぱい。
ビルの隙間に富士山や丹沢も見えたよ。
P5061086
 でも、港から自宅まで45分って、ほんとに楽~。
船でもお洗濯したけど、取り敢えず、持って帰ったお荷物分だけ洗濯機回して、まずは日記("⌒∇⌒")
 めっちゃ楽しかったけど、毎晩寝るのが1時2時。
お夕食後にすぐ寝てしまう夫は、5時には起き出すので、昼寝もせずに、よくもったな私、って感じ~
 寄港地ですべて晴れの、最高のクルーズでした(=●^0^●=)v
帰宅したら、わが家のツツジが満開でした。
P5061087

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »