« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月29日 (日)

西吾妻山 一切経山

 山友たちが、久しぶりにそろって土曜も休めるから、泊りのお山へ行こうって。

 うーん "( ' ' ;)
私・・・月・火・水とお泊りなんだ~、その翌日は、孫の鼓笛フェスティバルで、朝からお出かけなんだ~(^。^;)
 でも、週末組は、滅多に泊まれないから、たまには泊りもいいね。

 一昨年の10月上旬に行った魔女の瞳、山友たちも行きたいって、言ってた。もう紅葉は終わってるでしょうけど、どう? 浄土平から
弥兵衛小屋に泊まって、西吾妻山まで行ける。
リフトとロープウェー期間も、ぎりぎり間に合う。

ところが・・・
週末はまた台風?(≧◇≦)エーーー!
縦走は止めて、ピークハントにしようか~(;´o`)

10月28日
標高が高い西吾妻山を、まだしも降水確率が少ない今日、歩いちゃおう。

磐梯山の東側の紅葉がきれい。
Pa284054
檜原湖畔の道が、紅葉が最高。
Pa284061
Pa284067白布峠からの檜原湖と左が磐梯山
Pa284068
天元台のロープウェー駐車場へ、お昼前に到着。

 ロープウェーは11月5日まで。
リフトは明日までの運転です!
駆け込み~(=●^0^●=)v
Pa284073
 ロープウェーで天元台スキー場へ。
やった~!
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
かろうじて、周りのお山が見えるよ。
飯豊連峰が白い!
Pa284069
大台ケ原と大峰が、ずっと真っ白だったから、お山からの眺望が久しぶりな気がする~。
リフトを乗り換えて、北展望台ですでに標高は1800m。
Pa284079
 懐かしいなぁ。
ルマちゃん れーちゃん 覚えてる?
ここは、私が大学の時のBFが、お休みのたびにバイトしていたところなの。
で、冬も春も夏も、来たよ。

 GWには、「もう雪はない」って言うから、当時流行りの、ポックリみたいなサンダルを履いて、ロングスカート履いて行ったら・・・
ホテル前に、残雪があった!
立ち往生している私を、お姫様抱っこしてくれたボーイフレンド
(*^-^*)>
周りの観光客が、ヒューヒュー!って囃し立てて、恥ずかしかったっけ。
青春の思い出だわ。

 夏にも行って、湿地へ抜けて、持って行ったギリシャ風衣装に着替えて記念撮影したよ。
また、昔の写真、アップしちゃお~("⌒∇⌒") キャハハ
Pa274041
 あ、このボーイフレンドも、今の夫も、大岳小屋に連れてって、親父さんに会わせてるのよ。
親父さんに、19才の夫は「甘ちゃんだな、苦労するよ」って言われた~。
・・・あれ
じゃ、自業自得ってやつ?

 すぐに、カモシカ展望台。
ガスってきて真っ白だけど、40年前に写真を撮ったのはこの辺かな。
Pa284087
 湿地を抜けても、時々すごいぬかるみで~
これ、雨だったらどうなるんだろう。
山の水とわに清し って書かれた水場の辺りから雪が増えて
Pa284089
でも、短い時間でこの標高だから、お手軽(^ー^* ) 時々、雪が残ってる。
滑る岩の、急な登りも何か所か。
Pa284091数日前に降った雪が、凍って溶けて凍って? 大きな氷の塊になってる。
Pa284098
梵天岩と広い天狗岩の広場を通って、あちこちの水たまりに氷が張ってるから、気温は低いんだね。
Pa284094
西吾妻山(2035m)
Pa284096
 山頂は展望はないよ。
オオシラビソやコメツガとかの針葉樹で、狭い。下もぬかるんでる~。
写真だけ撮って、避難小屋へ。
トイレもあって、ものすごく広い避難小屋!
Pa284101
 ちょっと暗いけど、風がないから、避難小屋でランチ。の後、ドリップコーヒーを入れて
まったり(^ー^* )

 そうそう! 
一昨日、何気なくテレビを見ていたら、山女日記って言うドラマの女優さん(黒谷友香)が出ていた。
その人が、「これからもお山を登りたいです」
「いつか、お山でコーヒーを入れたり、お抹茶を建てたりするのが夢です」
って言ってた。
( °o° ) へエー
いつか って言ってないで、やればいいじゃん!このドラマ、今日、BSでやるらしい。
 
 また、ぬかるみ道を通ってリフトへ。
Pa284122ロープウェー乗り場の奥のイロハモミジがきれいな発色。
Pa284134すぐ奥の名もない滝が、いい雰囲気
Pa284135
日が傾いているけど、お泊りだから平気だね。
考えてみれば、このメンバーでは、山小屋とバンガロー以外、泊ったことがなかったかも?
直前でも赤湯温泉、って言うところが空いていた。ここは、白濁のお湯と、赤いお湯とあるの。露天は、白湯
Pa284137内湯は赤湯。赤いお湯が、ものすご~く暖まる。
窓の外の紅葉も素敵!
Pa294148
 入り口付近に、かわいい小物がいろいろ置いてあったんで、じっくり拝見させて頂いていたら・・・
Pa284136
おかみさんの手作りですって。
そしたら、お夕飯におかみさんからって、一人1個づつの柿を頂いた。
Pa284145
 10月29日
夜中 土砂降りで、でも、朝は普通の雨降り。
帰りには、おかみさんから、手作りの小袋を、お土産に頂いてしまった。ちゃんと飴ちゃんが4個入ってたよ(*^_^*)v
Pa294169
 車で15分。一切経山の噴煙が見えてきた。
Pa294149
雨の浄土平について・・・
登山道までの道が、まるで浅い大沼状態(/_;)

 ところどころ、沢のようになった登山道。
でも、風がないので、傘をさして登る。
振り返ると、吾妻小富士が見えてたよ。
Pa294152
避難小屋で、要らない荷物をデポして・・・
マップタイムは、往復1時間10分。
じゃ、私たちなら45分ってとこ?
お水もいらないね。

 こんなことして、遭難したら非難ゴウゴウだね。で、チャチャっと一切経山(1948,8m)へ。
Pa294154一等三角点。点名「吾妻山」
Pa294157
山頂直下は、さすがに傘はさせなくて、お目当ての魔女の瞳は、薄ーく、あそこにあるよ、ってくらい。
これじゃ、分からないよね~・・・
Pa294159
ああ、残念!(;>_<;)
また来ようねぇ~。

 魔女の瞳ってね、すぐ下に五色沼って湖があるの。
五色沼って言うと、裏磐梯の五色沼湖沼群が有名なんだけど、そことは違うよ。
ここから、昨日登った西吾妻山が見たかったな。

 下山途中からどんどん雨脚が強くなってきて、これじゃ、行に通った駐車場は水浸しだ!
浄土平湿原の木道を通って
Pa294164
向かいの吾妻小富士(1707m)はパス。
歩いている間が、こんな土砂降りじゃなくてよかったねぇ。

 吾妻小富士は、階段で10分ほどでお鉢へ出られるから、観光客が大勢登る山なんだけど、さすがに今日は誰もいない。
でも、紅葉時期だからか、この浄土平でも、途中でも、観光バスは結構走っていたよ。

八風境辺りはちょっと深山幽谷の雰囲気。
Pa294168
 帰路の高速は、よくこんなに降っても、お空の水がなくならないなぁ~ ってほど、ずーっと、音がうるさいほどの土砂降り。 SAに寄るにしても、一瞬でびしょ濡れになりそうで、持っていた非常食とか、お菓子とか食べて、お腹をもたせたよ。

 横浜は、今 豪雨!
多摩川とか、鶴見川とか、もう充分飽和状態で・・・
大丈夫かしら。

2017年10月26日 (木)

土砂崩れ三昧 大台ケ原と大峰山

 今年の春に、大姉さまから、大台ケ原と大峰に行きたい ってご希望が。大台ケ原で泊まって、早朝 行者還トンネルへ、タクシーで行くのが一番無駄がない。と、何件もタクシー会社にあたったけど・・・
『普通車1台しかありません』とか、
『朝7時に出社して、それから大台ケ原へ向かうので、早くて9時になります』
なんて言うタクシー会社ばかり。
大台ケ原って・・・秘境なんだなぁ。
 仕方ない。
朝と午後の、1本づつしかないバス利用にしよう。
では、翌日、なるべく早く行者還トンネルに行きたい場合、どこに泊まればいいか・・・
こんなことを、6月から、時間のある時にちょっとずつ、やっていた。
 ところが!(≧◇≦)
まさかの、大姉さまの大腿骨亀裂骨折!
 お誕生会は別のお山にしたけど、大姉さまが行きたい大台ケ原は、何としてもご一緒したい。
さんざん悩んでいたら、もしかしたら、そこで復帰できそう?
 よく火曜会に参加してくれるマイフレさん2人と、お久しぶりのマイフレさん2人もご参加で、
総勢9名!
火曜会、久々ににぎやかです(* ̄∇ ̄*)
月初めに、姑と温泉に行った帰りに、乗り換え時間の少ない京都駅からの、近鉄と急指定席も買っておいた。
準備OK(*^_^*)v
と思ったら!
(≧◇≦)エーーー!
 超大型台風、なぜ狙ったようにこの日に?
10月23日
最寄りの横浜線は、運休(;>_<;)
横浜市営地下鉄で迂回して、すご~く早めに新横浜へ。
 大人の休日切符を使うお姉さま方は、ひかり組。
そのお姉さま方の乗せたひかりを、ホームで見送って、指定席を取ったのぞみが5分遅れで来た。
このくらいの遅れなら、取り戻すだろう。
と思って、マイフレさんとおしゃべりして乗っていたら、架線にビニールがかかっただの、強風のためだのって、結局1時間も遅れちゃった【T_T】
京都でお昼を食べたお姉さま方に、平謝りで合流(#´ο`#) はぁ~
 やれやれ。
大和八木で下車して、今夜のお宿 ゲストハウス笑顔へ。
ここね、5月に、京都の山友に、大峰の釈迦ヶ岳から孔雀岳へ連れて行ってもらった時、泊まったところ。
大和三山を登って泊まったんだけど、朝食用に、牛乳と卵と食パンと、バターにジャム。
それにコーヒー・お茶・紅茶 など キッチンと冷蔵庫の物が自由に使えるの。
それで、一泊3000円。
なんて、ありがたいお値段なの?
前回は、オープン直後で、まだ内装を直してたよ。
 今夜泊まるお宿に、お昼に入れるだけでもありがたい。
予約のタクシーの時間を、近鉄線の中で送らせてもらって、さて、今日の午後は半日観光。
 大和三山を回って、石舞台と談山神社ってお願いしたら「遠い所から行きましょか」
まず、談山神社へ向かう。
 紅葉で有名な談山神社へ。
大化の改新(天皇を殺っちまおうぜ)の内緒話を、藤原鎌足と中大兄皇子が、蹴鞠をしながら話した。
って言うんで有名な神社よ。
で、このお山を「談い山」「談所ヶ森」って呼んだのが、談山神社のお名前の由来 ってどこかに書いてあった。
今じゃ、秋には観光バスがどっと押し寄せます。
紅葉の最盛期は、11月に入ってからかな。
 (≧◇≦)エーーー!
道路が土砂崩れ。
Pa233881
私たちの前に言った軽トラは、呆然と土砂と倒木を眺めてる(;´o`)
「こらあかん、遠回りして行きましょか?」
の運転手さんに、「いえ、じゃ、石舞台に行ってください」
とお願いすると、棚田百選にもなっている稲渕の棚田に回ってくれて、美しい棚だと巨大案山子を見学。
Pa233886
次に、曽我稲目(蘇我馬子の父)のお墓だと最近分かったって言う都塚古墳へ寄ってから、
Pa233889
石舞台へ。
日本で最大級の方墳で、蘇我馬子のお墓かなって言われてるの。
Pa233894
30個くらいの岩の総重量は2千トン以上で、特に天井石は巨大。
どうやって積んだのか、飛鳥時代の建築屋さんの技術、高いですねぇ~。
Pa233895キトラ古墳の、できたばかりの四神館」へ寄って
Pa233897
 それから、私のリクエストで、耳成山(139,3m)を登ります。
大和三山の中で一番登りやすいから。
入り口の間断が、ザーザーと滝になっていて、台風の時の降水量が分かります。
灯篭に導かれて耳成神社へ。
そこからは、特に道はなくて、高い方へ登ると、三等三角点、『耳成山』
Pa233903
サクッと降りて・・・
 あれれ、微妙に時間が余っちゃいました。
で、藤原宮跡へ。
大和三山がきれいに見渡せて、一面のコスモスが・・・
なぎ倒されていました。
大型台風だもんねぇ。
 ゲストハウスの近くの居酒屋っで飲んで盛り上がって~("⌒∇⌒")
10月24日
朝からお湯を沸かして、ゆでたまごにトースト、ヨーグルトに牛乳にコーヒーを頂いて出発。
ね、これで3000円って、ありがたいお宿だよね~。
大和八木駅から近いし。
 土地勘のない所での、大勢連れての乗り換えは緊張するね。
その前に、ドタ参加のマイフレさんと、大和八木駅で合流。
橿原神宮乗り換えで、大和上市から大台ケ原へ。
一日1本だけ、大台ケ原へバスが出ているの。
 後から分かったんだけど、大和上市までの電車も、23日の夕方まで運休だったらしい。
とにかく、この地方の降水量は半端じゃなったそうです。
河川、ものすごい水量で土砂の色。
 
 駅前のバス停には、張り紙で
日曜日は台風のためバスは運休。
月曜日は様子を見て判断。って書いてあり。
今日 火曜日は特に張り紙無し。
よかった!
バス動いてる。
 と思ったら・・・
バス、来ないじゃん(;>_<;)
観光協会のお姉さんや、駅長さんやらが来て、色々調べてくれて、途中の道路が土砂崩れだから、バスが運休ですって。
どうもすいません。って関係ないのに誤ってくれるの。
さて、どうしましょ。
 お姉さま方が、どうする? 吉野観光でもする?
うーん "( ' ' ;)
 すると、大台ケ原から来たって人が、迂回すれば行けるって。
で、今日、バスでここへ戻ってからお宿まで乗せてもらう予約を、事前にしておいたジャンボタクシーに電話する。
「大台ケ原へ行きたいのでお願いします」
タクシー会社が、道路が通行止めだから行けないって言うから、
「いえ、バスは通れないけど、乗用車は通れるって、大台ケ原から来た人が行ってます。とにかく大和上市へ来てください」
って頼んだ。
いったん電話を切られて、次は「片道28000円になりますけどいいですか?」
「戻りも、予約の宿まで大台ケ原から乗せて頂きたいので、往復5万でお願いします」
15分後、ジャンボタクシーが来た。
予定の出発時間より50分遅い出発。
さて、本当に道は通れるのかな?
 迂回路ルート1本目
(≧◇≦)エーーー! こっちも土砂崩れ!(;´o`)
Pa243912
じゃ、この道は?
運転手さんに地図を見せて、行ってもらったら!行けた。
 下はお天気だったのに、大台ケ原に着いたら真っ白。
でも、来れただけでも良しとしましょう("⌒∇⌒")
 すぐ迷子になりそうな、真っ白な駐車場!
雨具を付けて歩き出し。紅葉がきれいだけど、霞んでる~。
Pa243920コハウチワカエデの枝が、バシバシ折れて落ちて・・・すごい風だったんだろうなぁ。
Pa243918
まずは日出ヶ岳(1695,1m)へ。
Pa243922 一等三角点 点名『日出ヶ岳』タッチ( ̄▽ ̄)V 
Pa243923
 有名な正木ヶ原を抜けて、すごい風!(^o^;
で、ここへ来たら、一度は見たい大蛇嵓。
岩が濡れて、ツルツルで先端まで行けません。
Pa243933
先端からの紅葉がきれいだって話だけど・・・
どうせ真っ白で何にも見えないしね~(^。^;)
来た道を戻りながら、カエデ科のレクチャー。
 
 あちこちの遊歩道が徒渉状態で、でも、来れただけでも儲けもの気分でジャンボタクシーへ。
帰りのバス時間を気にするより、私はずっと気が楽でした(^ー^* )
 今夜のお宿は吉野の太鼓判ホテル こちら、2食付き6500円。
明日の朝は早いのでおにぎり弁当にしてもらって、お昼用に、柿の葉寿司の手配も、お願いしちゃいました。
 さ、大ご馳走ではないけど、天ぷらに鍋にお刺身!
充分じゃないですか。
Pa243948
桜の時期は、予約がなかなか取れないようです。
 事前に問い合わせたら、朝食は6時半からだって言うので、朝はおにぎり弁当にしてもらって6時出発のつもりだった。
そうしたらお宿の方が、「お味噌汁でご飯食べて行きましょうよ。何時でも起きますよ」って言ってくださった。
で、5時半に朝食をお願いしました。
 10月25日 
まだ本調子じゃない大姉さまは、今日はY姉様と吉野散策。
先日、大姉さまた等々力渓谷へ行った時、登りが違和感があって、下りは全然平気 っておっしゃってたの。
だから、お宿の方に、奥千本まで車で送ってもらうように頼みました。
こちらのコーススケジュールと地図も、ご用意して、あちこち見学しながら、ゆっくり吉野へ下って頂くことに。
 登山組は、6時にタクシーに来てもらって・・・
普通なら、1時間で行者還トンネルのはず。
が、天川方向も大きな土砂崩れ。
遠いう回路で、逆側から行者還トンネルにたどり着いた。
途中、運転手さんは「ほんまに行けるんかいな」ってぼやいて~(ー_ー;)
 予定の30分遅れで登山道へ。
Pa253955
階段を含めた急な登り1時間で、大峰奥駆道へ。
Pa253962
この辺りの紅葉がきれい~。 
Pa253996
よかった。台風でみんな散っちゃってるかと心配したよぉ。
 ここから、尾根伝いに西へ。
風が強いのなんの!
その上、数日の大雨と風で、登山道が落ち葉で埋め尽くされて、分かりにくいこと!
Pa253969
それに、部分的には水浸し。
まあ、こんな時に来たんだから、これも楽しみましょう(^ー^* )
弥山小屋の前で、早めのランチ。
Pa253973
Pa253974登山道は、水浸しだったり、落ち葉だらけだったり、えぐれて穴だらけだったり
Pa253979
 そこから、風がますます強くなって~
痩せているK姉様とマイフレさんに、「突風が来たらすぐしゃがんでくださいね」って念押ししたよ。
 鹿柵を開け閉めして、八経ヶ岳(1915,2m)二等三角点 点名『弥山山』
Pa253980
真っ白だけど・・・
最高の気分よ~(=●^0^●=)v
全員で、ここまで来れてよかったです~(j o j) ウルルル
Pa253985下山路で、少しだけ霧が晴れてん隣の山の紅葉が見られたよ
Pa253999
 予約のタクシーで下市口へ送って頂く予定だったけど、迂回路でアクセスに時間がかかって遅れて~
しかも、道があちこち通行止めで、通れる道が少ないから、ノロノロ。
1時間後の電車も危ういから、大和上市で降ろしてもらって、近鉄線を乗り継いで、京都でのぞみに飛び乗りました。
それでも10時近い帰宅。
 大姉さまが、参加できるかどうか。
それに、台風で新幹線ダイヤが乱れないか、ドキドキでした。
お宿に、2日前に一人追加、前日にもう一人追加なんてのも、初めてでした。
その上、あちこちの土砂崩れ通行止めで、アクシデントに次ぐアクシデント!
でも、予定の2座歩けて、何より久しぶりの大姉さまとの大宴会、楽しかったです~。
なんだか、まだ興奮しています(*^▽^*)
 日記が長くなってごめんなさい。
最後まで読んでくださって、ありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ

2017年10月22日 (日)

乗鞍高原

 そろそろ、高いお山は雪が降る。

最後に、北アルプスに、チャチャっと日帰り!
と計画したけど・・・
ずっと、ずっと、雨予報じゃん(T-T) グスッ  
うーん (+_+) どうしようかぁ~。  
 じゃ、もう紅葉は終盤だけど、雨が降っても傘をさして歩ける乗鞍高原にしようか。
 アクセスに時間がかかるから、早朝出発。 笹子トンネルを抜けたら、お天気好転しますように~ の祈りもむなしく、しっとりシトシト雨が降ってる(/_;)  松本に近づくと雨は止んでる。 これなら、チャチャっと燕岳くらい行けたかも? でも、高い所は雲が付いていて、雨具を付けて、標高差の大きいルートは疲れるしね。 今日はこれで、良しとしましょ。  
 まずは、三本滝を眺めて、
Pa203797
この辺りの標高は1600mほど。 もう、ダケカンバもミネカエデも、かなり落葉している。 でも、それはそれで、晩秋の風情でいいわ。
Pa203791
近づくと、あまりの大きさに、3本いっぺんに撮れないのね。
Pa203792ちょっと離れても、三本は撮れない~
Pa203794これがもう一つの滝
Pa203796
 途中の、屋久島チックな苔の川も素敵~(^ー^* ) 
Pa203806
ゴゼンタチバナの実や、マイヅルソウの実に交じって、 アカミノイヌツゲの実がかわいい(^ー^* ) しっとりとしたスギゴケとイワダレゴケも、お持ち帰りしたいくらい~。
Pa203801
 少し下って、休暇村から牛留池を回る。
Pa203810
ここはね、晴れていたら逆さ乗鞍がきれいなところなの。 池に映るオオシラビソとダケカンバがいい雰囲気だけど・・・ 赤みが少ないね。
 白樺やミズナラの、明るい道をどんどん降りて
Pa203833
一ノ瀬橋の近くの車道へ出る。 あれれ、どっちに行けばいいんだ? と、見回すと・・・ むち打ち症のようなネックガードをして、杖をついて、犬のお散歩の方が通った。 「まいめ池に行きたいんですが、こちらでいいんでしょうか?」 お話しするとこの方、7年前に交通事故に遭って頸椎損傷。 なんと、首を17回も!手術なさったって。 松本の病院じゃ寝たきりで、東京の慈恵医大で最後の手術をしたって。 ずっと、ずっと寝たきりだったって。 いいお医者様で、歩けるようになって、本当によかったですね! これからも、リハビリ頑張ってくださいね。 と言って、お別れする。  人生、何があるか分からないね。 でも、お医者さんがさじを投げても、諦めちゃいけないってことだね。 わんちゃん連れて、毎日歩いてらっしゃるそうです。  
Pa203824
 で、そこから5分ほどで、 小さいんだけど静かで気持ちのいい、まいめの池に出る。
Pa203816
 こんなお天気でも、大きなカメラを持った方がお二人。 これで、乗鞍が見えたらいいのになぁ~。   数日前、マイフレさんの日記で、ここへ回った写真があったので、来てみました。 カエデ科の葉っぱはほとんど散ってしまっていたけど、とっても素敵なところでした。  
 白樺林の中を、休暇村まで戻る。 往復のマップタイムは2時間くらい。 私たちは、のんびりしたから1時間20分  最後に、善五郎の滝に寄る。 滝見台まで10分ほどで、でも、滝実台からは、滝の上半分も見えないじゃん。
Pa203838
で、川まで下って滝つぼのそばに。 (ノ°ο°)ノ オオオオ 滝の飛沫で濡れそう~。 でも、すんごい迫力です。
Pa203844
 すぐ近くにミネカエデの枝があって、もう最後の3枚くらい。 これの最盛期はきれいだったでしょうね。 カサコソと、枯れた葉っぱの音を楽しみながら、すずらん橋へ戻って。  
Pa203836
本日の〆は、無料の露天風呂(*^_^*)v 観光センターのそばに、ゆけむり館って言う温泉施設があるの。 入浴750円。 そこと全く同じ泉質で、無料の温泉があるのよ。
Pa203855
 すぐ下のバス停の、お向かいに。 看板もなくて、目立たないんだけどね。  湯舟は狭くて、4人で入ったらキュウキュウ。
Pa203858
源泉は48度とか書いてあるけど、かなりぬるめ。 白い湯の花が、フワフワたくさん漂ってとってもいいお湯。
 ここが無料って・・・ うーん "( ' ' ;) すぐそばの、ゆけむり館が、お客取られちゃうんじゃないの? でも、週末とかは、混むのかな。 5人目6人目が外で待ってたりしたら、落ち着いては、入れないね。 また、誰か連れて来たい、と思う、無料温泉施設でした。  
 帰路、ダムの近くの『そば庄で』、キノコ天せいろを頂きました。
Pa203867 大変美味しゅうございました(^ー^* )
  さて、気になるのは台風の動き。
どうか、速やかに行っちゃってください!
乗り換え時間が短いからと、姑と温泉に行った時に、気を効かせたつもりで特急指定席券を8枚分買ったのに~ 
間に合わなかったらパーだ!
(;>_<;) エーン

2017年10月14日 (土)

七ヶ岳

 東北の、七ヶ岳へ登ってきたよ。
この週末は、どこも雨予報。
の中で、北に向かうと曇り予報(*^_^*)v
七ヶ岳は、那須の西、日光の北にあります。

 ほんとはね、一ヶ岳から順番に登りたかった。
でも・・・
黒森沢コース、平滑沢コース、下岳縦走コースは、登山道が崩落して、安全性が確保できないために進入禁止ですって~。
スキー場ゲレンデ歩きルートしか、ないって事じゃん。
アクセスに時間もかかるから、最短ルートだからちょうどいいけどね。

 なので、たかつえスキー場からの登りだし。

Pa143648
延々ゲレンデの中を登る。
上を見ると、ガスってる~。
眺望は望めないなぁ。

 これ、夏場は辛いでしょうね。木陰がないんだもの。
背あぶらが溶けて、痩せるかも?("⌒∇⌒") キャハハ

 ゲレンデ歩きはマップタイムで2時間。
途中、近道かなって、急なゲレンデを登ったら、1時間5分で登山口に着いた。
Pa143653
 靄の中の紅葉も雰囲気あるねぇ。
Pa143654
尾根に出と、紅葉の山肌の向こうに、右にかしいでいる山頂も見えた。
Pa143664
 丸山の南には、雲海の上にポツンぽつんとお山が島になってる。
荒海山や土倉山とかが見えてるのかな?
Pa143669
それとも、那須や鶏頂山辺りが見えてるのかな?
 
 ちょっと岩ガラガラを登ると、七ヶ岳(1635,8m)
\(^o^)/ わーい 
一等三角点、点名『七ヶ岳』
一等三角点百名山なんだよ。
Pa143675
二ヶ岳、三ヶ岳が、こぶこぶっと見えてる~
Pa143677
高倉山の肌を滝雲のような筋が流れて、これはこれで、幻想的な眺めに出会えました。
Pa143683ミネカエデのじゅうたん
Pa143687ドウダンツツジも鮮やか
Pa143671行きに直登したゲレンデ 
こう見るとそう急斜面に見えにね。でも、ここを降りるのは止めよう。
Pa143690この鮮やかな色が出ないのが少し残念 青空だったらなぁ
Pa143691
 帰路、道の駅番屋でお土産を買う。
Pa143695 真ん中は番屋揚げ そば粉を上げて、ゴマだれで食べるの。

 東北道へ抜ける前に、塩原の温泉街を抜ける。じゃ、どこか寄ろうかって調べる。で、『和楽遊苑』に寄った。平重盛の妻の妹「妙雲尼」が入浴した温泉ですって。日帰り入浴500円。しわけしの湯 って言うんだよ。
Pa143646
ちゃんと、由来も書いてありました。
Pa143641 透明な、さらっとしたお湯でした。露天に入ろうとしたら、また、雨が降ってきた(/_;)
 
Pa143644
 こんなお天気だから、高速はどこも空いていて、予想以上に早く帰宅できちゃった。
 入ったお玄関に、段ボール箱。柿と椎茸と里芋。義姉から夫に。温泉のお礼?
 夫が「暇な日に、お礼のハガキでも出しといて」って
・・・(;´o`)
わたくし、暇な日はございません。

 趣味人アップより先に、お礼ハガキを書きましたよ! 柿が蜜柑みたいになっちゃった~
Pa143701
(^。^;) まぁ、気持ちは伝わるかな。

 さて明日は、木曜日に買った七五三の着物に、肩上げと腰上げをしに行かなくちゃ!

 お夕飯は、道の駅で買った鮎の甘露煮、義姉から送られてきた里芋と椎茸のお味噌汁 時間がない時の炊き込みご飯
Pa143702

2017年10月 3日 (火)

太鼓曲輪~富士見台~地蔵ピーク~高尾駅

 大姉さまは、お誕生会に来れなかった。
なので、今週は、さっと歩いた後、大姉さまと待ち合わせして、お誕生会をいたしましょう!
 さて、JR高尾へ歩いて戻れるルートがいいなぁ~
と、あれこれ時間を計算。
で、火曜会で、以前よく歩いたけど、最近歩いていない太鼓曲輪にした。
 高尾北口で待ち合わせて、八王子霊園の手前から、西へ。
ちょっとした竹林を入って、中央高速を陸橋で渡る。
 あ~(#´ο`#)
この時期だから、なかなかの草藪だわ。
Pa033435
しかも、今朝までの雨で、草が濡れている。
Pa033437やっと竹やぶに入る
Pa033439
しばらく誰も歩いていないらしくて蜘蛛の巣だらけで、拾った長い竹の枝を、顔の前にかざして蜘蛛の巣を払いながら登る。
Pa033443
 踏み跡が、何通りかあるけど、一番藪の少ない踏み跡で。
それでも、篠竹を掻き分け掻き分け、山ズボンは腿までびしょ濡れ~(;´o`)
しばらく緩く登ると・・・
 この尾根は、もともと八王子城址の守りの尾根だった。
で、人口キレット 堀切が出てくる。これが堀切の底。
Pa033447
一気に攻め込まれないように、尾根が人工的に切り落とされて、崖になってるの。こんな感じの崖。
Pa033445
10年位前までは、自分で頭を使って考えながら降りた。
でも、今は、踏み跡がはっきり。
ちょっと・・・つまんなくなっちゃったな。
 この堀切は、大小5つ。
で、八王子城址へつながる尾根との、四辻に出る。
でも、急登りがあるよ。
Pa033449カラカサタケ 英語でパラソルマッシュルーム
Pa033450
しばらく北西に登ると、富士見台。
机と椅子がある。
今日の富士山は、ちょっと微妙な見え方。
Pa033454
 今日はここで、フルーツとお菓子のおやつ。
Pa033458
だって、あとで高尾でお誕生会だからね~(^ー^* ) うふふ
 お姉さま方に、来た道を戻っていただいて、私は杉沢の頭へチャチャっと走る。
Pa033461
 すぐ追いついて、四辻まで戻って、中央高速に近い地蔵ピーク方向へこちらも、蜘蛛の巣だらけ~。
お扇子を、顔の前でヒラヒラさせながら歩く。
と、下からトレランさんがあがってきて、それ以降、蜘蛛の巣払いは免除されました("⌒∇⌒")
 
 八王子ジャンクションの高速をくぐって
Pa033467アキノウナギツカミ
Pa033469ツリフネソウとミズヒキ
Pa033470ヤブマメ
Pa033472ママコノシリヌグイ
Pa033474ユウガギクかな
Pa033477キツネノマゴ
Pa033478
駒木野の住宅地へ降りる。
ここでお姉さま方が「バスがあったら乗りましょうよ」って。
あら、歩いても25分くらいなのに。
でも、バスは1時間に1本で、行ったばかりでした。
小仏川から高尾駅へ歩く。
 \(^o^)/ わーい
大姉さま~!
1時ごろってお約束して、12時53分に着けました(*^_^*)v
 骨の痛みはだいぶ良くなって、来週からリハビリですって。
大姉さまが
「先生、リハビリって言うのは少しずつ山を歩くことだと思うんですけど」
って言ったけど、理学療法士さんが色々やるらしいって。
そりゃ、いきなりお山を歩かない方がいいですよ!
 ちい姉さまとの掛け合いに、久しぶりにみんなで馬鹿笑いして、楽しかったぁ~。
 
 早く、お山を、ご一緒したいですね。
でも、無理は禁物。
またランチしましょう! ってお別れ。
 大姉さま、76歳、おめでとうございます。
Pa033479
お話が面白い大姉さまがいらっしゃらないと、火曜会の笑いが少ないです。
みんなで完全復帰を、お待ちしています。

2017年10月 2日 (月)

大東岳

 9月30日

前から行きたいと思っていた、仙台の大東岳。マイフレさんにお願いしたら、お車に乗せて下さるって~
\(^o^)/ わーい

 火・水に続いて、また東京から。東北新幹線で、行き先は仙台。マイフレさんのお車に乗せて頂いて、二口登山口へ。
P9303379
 土曜日だから、車も何台も停まってて、人気コースみたい。整備された歩きやすい道かな?と歩き出したら~
いきなり笹薮。あれれ(^・^;) ??
と思ったら、駐車場からの短縮ルートがあった。

 植林の中の平坦な道を行くと、最初の渡渉。
石がうまい具合に配置されて、難なく渡れる。
豪雨直後だと、難しいかな。

 そのあと、何度も何度も沢を渡る。
わぁ~('◇'*)
きれいな滑沢!
水がキラキラ~☆
P9303426ツルツゲかと思ったら、おへそが二つあるからツルアリドウシ
P9303388フクオウソウ顔モミジハグマみたいなこれはオヤリハグマ
P9303389ニシキギかと思ったけど枝が違うからコマユミ
P9303391ツリバナ
P9303392クチベニタケ 小さなたこ焼きみたいだよ
P9303396
 尾根に出ると五合目。
ブナの木が、ちょっと黄葉していて、木漏れ日がやさしい(*'‐'*)

 標高差900mほど登ると、ここから鼻こすり坂だって~。
("⌒∇⌒") キャハハ
面白いお名前だねぇ。
じゃ、シャリバテになる前に、ここで、のんびりランチ。

 巨峰と梨と、卵焼きを持ってきたよ。
マイフレさんは、お湯を沸かして、カップ麺を作ってくれた。
暖かいものが、美味しい季節になりました。

 鼻こすり坂は、確かに急な道で、
P9303399
でも、間もなく山頂。ミネカエデやドウダンツツジの紅葉が、とってもきれい!
P9303416あ、もうすぐ山頂だ
P9303418
大東山(1365,4m)
P9303412
一等三角点 点名『大東山』
P9303405
 北側から仙台方向が開けて、気持ちのいい山頂だわぁ~。
P9303408北に面白山かな
P9303411
海も見えてたよ。
P9303419
 お姉さま方に、春に行った神室山の写真が撮りたかったんだけど~ 山頂の木が伸びちゃったらしくて(;>_<;)  マイフレさんに待っていて頂いて、西への分岐を、5~6分下りてみたけど、いい眺めはなかった(/_;) 
右のこぶっとした山が仙台神室で、左奥が蔵王
P9303414
 周回したかったんだけど、それだと、帰宅がお夕飯に間に合わないから、来た道を戻ったよ。

 帰路、マイフレさんが、秋保大滝へ寄ってくれた。さっき、何度も渡渉した滑沢が、すぐ下で、こんな大きな流れになるんだねぇ~。
P9303428
 それから、仙台駅近くの、「地底の森ミュージアム」って言うのが面白いからって、寄ってくれた。

 ここは、2万年前の樹木や古代人の焚き火の跡が、水に浸ったためにそのまま残されている、世界でも貴重な場所なんだって。
P9293373
 古代人の焚き火の跡のそばには、石器の矢尻や、その矢尻を作ったらしい、石器の破片も見つかってるの。鹿糞も。
 で、再現映像を見せてくれるんだ。
古代人が猟に出て、湿地のやや高台で火をおこしてビバークするの。獲物があれば、裁くから、毛とか痕跡が残る。でも、焚火の近くに、そういう痕跡はないから、なにも捕れなかったんだろうって。干し肉でも炙って飢えをしのいだんだろう、って。
P9293374
 そこで、傷んだ矢尻の先を外して、いくつかの矢尻を作ったらしい。別の展示場に、石器の作り方の映像もあって、
 この2万年前の遺跡の上に、縄文・弥生・古墳時代のものから田んぼあとが戀面と積み重なってる。
 江戸時代には田んぼの水路の跡もあって、すごく貴重な歴史勉強の場所でもあるみたい。

 今日も、遠くの学校から社会見学バスが来ていたよ。

 とても面白い展示で~
仙台駅前に、乗りたい新幹線「はやぶさ」の出発8分前着 (^_^;)
全指定席のはやぶさに駆け込み~。

 東京~仙台1時間半!新幹線だと近いねえ。
 
 マイフレさん、お世話になりました。
色々、ありがとうございます(/・0・) 

 前から行きたかった、一等三角点峰へ行けました
(=●^0^●=)v

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »