« 乗鞍高原 | トップページ | 西吾妻山 一切経山 »

2017年10月26日 (木)

土砂崩れ三昧 大台ケ原と大峰山

 今年の春に、大姉さまから、大台ケ原と大峰に行きたい ってご希望が。大台ケ原で泊まって、早朝 行者還トンネルへ、タクシーで行くのが一番無駄がない。と、何件もタクシー会社にあたったけど・・・
『普通車1台しかありません』とか、
『朝7時に出社して、それから大台ケ原へ向かうので、早くて9時になります』
なんて言うタクシー会社ばかり。
大台ケ原って・・・秘境なんだなぁ。
 仕方ない。
朝と午後の、1本づつしかないバス利用にしよう。
では、翌日、なるべく早く行者還トンネルに行きたい場合、どこに泊まればいいか・・・
こんなことを、6月から、時間のある時にちょっとずつ、やっていた。
 ところが!(≧◇≦)
まさかの、大姉さまの大腿骨亀裂骨折!
 お誕生会は別のお山にしたけど、大姉さまが行きたい大台ケ原は、何としてもご一緒したい。
さんざん悩んでいたら、もしかしたら、そこで復帰できそう?
 よく火曜会に参加してくれるマイフレさん2人と、お久しぶりのマイフレさん2人もご参加で、
総勢9名!
火曜会、久々ににぎやかです(* ̄∇ ̄*)
月初めに、姑と温泉に行った帰りに、乗り換え時間の少ない京都駅からの、近鉄と急指定席も買っておいた。
準備OK(*^_^*)v
と思ったら!
(≧◇≦)エーーー!
 超大型台風、なぜ狙ったようにこの日に?
10月23日
最寄りの横浜線は、運休(;>_<;)
横浜市営地下鉄で迂回して、すご~く早めに新横浜へ。
 大人の休日切符を使うお姉さま方は、ひかり組。
そのお姉さま方の乗せたひかりを、ホームで見送って、指定席を取ったのぞみが5分遅れで来た。
このくらいの遅れなら、取り戻すだろう。
と思って、マイフレさんとおしゃべりして乗っていたら、架線にビニールがかかっただの、強風のためだのって、結局1時間も遅れちゃった【T_T】
京都でお昼を食べたお姉さま方に、平謝りで合流(#´ο`#) はぁ~
 やれやれ。
大和八木で下車して、今夜のお宿 ゲストハウス笑顔へ。
ここね、5月に、京都の山友に、大峰の釈迦ヶ岳から孔雀岳へ連れて行ってもらった時、泊まったところ。
大和三山を登って泊まったんだけど、朝食用に、牛乳と卵と食パンと、バターにジャム。
それにコーヒー・お茶・紅茶 など キッチンと冷蔵庫の物が自由に使えるの。
それで、一泊3000円。
なんて、ありがたいお値段なの?
前回は、オープン直後で、まだ内装を直してたよ。
 今夜泊まるお宿に、お昼に入れるだけでもありがたい。
予約のタクシーの時間を、近鉄線の中で送らせてもらって、さて、今日の午後は半日観光。
 大和三山を回って、石舞台と談山神社ってお願いしたら「遠い所から行きましょか」
まず、談山神社へ向かう。
 紅葉で有名な談山神社へ。
大化の改新(天皇を殺っちまおうぜ)の内緒話を、藤原鎌足と中大兄皇子が、蹴鞠をしながら話した。
って言うんで有名な神社よ。
で、このお山を「談い山」「談所ヶ森」って呼んだのが、談山神社のお名前の由来 ってどこかに書いてあった。
今じゃ、秋には観光バスがどっと押し寄せます。
紅葉の最盛期は、11月に入ってからかな。
 (≧◇≦)エーーー!
道路が土砂崩れ。
Pa233881
私たちの前に言った軽トラは、呆然と土砂と倒木を眺めてる(;´o`)
「こらあかん、遠回りして行きましょか?」
の運転手さんに、「いえ、じゃ、石舞台に行ってください」
とお願いすると、棚田百選にもなっている稲渕の棚田に回ってくれて、美しい棚だと巨大案山子を見学。
Pa233886
次に、曽我稲目(蘇我馬子の父)のお墓だと最近分かったって言う都塚古墳へ寄ってから、
Pa233889
石舞台へ。
日本で最大級の方墳で、蘇我馬子のお墓かなって言われてるの。
Pa233894
30個くらいの岩の総重量は2千トン以上で、特に天井石は巨大。
どうやって積んだのか、飛鳥時代の建築屋さんの技術、高いですねぇ~。
Pa233895キトラ古墳の、できたばかりの四神館」へ寄って
Pa233897
 それから、私のリクエストで、耳成山(139,3m)を登ります。
大和三山の中で一番登りやすいから。
入り口の間断が、ザーザーと滝になっていて、台風の時の降水量が分かります。
灯篭に導かれて耳成神社へ。
そこからは、特に道はなくて、高い方へ登ると、三等三角点、『耳成山』
Pa233903
サクッと降りて・・・
 あれれ、微妙に時間が余っちゃいました。
で、藤原宮跡へ。
大和三山がきれいに見渡せて、一面のコスモスが・・・
なぎ倒されていました。
大型台風だもんねぇ。
 ゲストハウスの近くの居酒屋っで飲んで盛り上がって~("⌒∇⌒")
10月24日
朝からお湯を沸かして、ゆでたまごにトースト、ヨーグルトに牛乳にコーヒーを頂いて出発。
ね、これで3000円って、ありがたいお宿だよね~。
大和八木駅から近いし。
 土地勘のない所での、大勢連れての乗り換えは緊張するね。
その前に、ドタ参加のマイフレさんと、大和八木駅で合流。
橿原神宮乗り換えで、大和上市から大台ケ原へ。
一日1本だけ、大台ケ原へバスが出ているの。
 後から分かったんだけど、大和上市までの電車も、23日の夕方まで運休だったらしい。
とにかく、この地方の降水量は半端じゃなったそうです。
河川、ものすごい水量で土砂の色。
 
 駅前のバス停には、張り紙で
日曜日は台風のためバスは運休。
月曜日は様子を見て判断。って書いてあり。
今日 火曜日は特に張り紙無し。
よかった!
バス動いてる。
 と思ったら・・・
バス、来ないじゃん(;>_<;)
観光協会のお姉さんや、駅長さんやらが来て、色々調べてくれて、途中の道路が土砂崩れだから、バスが運休ですって。
どうもすいません。って関係ないのに誤ってくれるの。
さて、どうしましょ。
 お姉さま方が、どうする? 吉野観光でもする?
うーん "( ' ' ;)
 すると、大台ケ原から来たって人が、迂回すれば行けるって。
で、今日、バスでここへ戻ってからお宿まで乗せてもらう予約を、事前にしておいたジャンボタクシーに電話する。
「大台ケ原へ行きたいのでお願いします」
タクシー会社が、道路が通行止めだから行けないって言うから、
「いえ、バスは通れないけど、乗用車は通れるって、大台ケ原から来た人が行ってます。とにかく大和上市へ来てください」
って頼んだ。
いったん電話を切られて、次は「片道28000円になりますけどいいですか?」
「戻りも、予約の宿まで大台ケ原から乗せて頂きたいので、往復5万でお願いします」
15分後、ジャンボタクシーが来た。
予定の出発時間より50分遅い出発。
さて、本当に道は通れるのかな?
 迂回路ルート1本目
(≧◇≦)エーーー! こっちも土砂崩れ!(;´o`)
Pa243912
じゃ、この道は?
運転手さんに地図を見せて、行ってもらったら!行けた。
 下はお天気だったのに、大台ケ原に着いたら真っ白。
でも、来れただけでも良しとしましょう("⌒∇⌒")
 すぐ迷子になりそうな、真っ白な駐車場!
雨具を付けて歩き出し。紅葉がきれいだけど、霞んでる~。
Pa243920コハウチワカエデの枝が、バシバシ折れて落ちて・・・すごい風だったんだろうなぁ。
Pa243918
まずは日出ヶ岳(1695,1m)へ。
Pa243922 一等三角点 点名『日出ヶ岳』タッチ( ̄▽ ̄)V 
Pa243923
 有名な正木ヶ原を抜けて、すごい風!(^o^;
で、ここへ来たら、一度は見たい大蛇嵓。
岩が濡れて、ツルツルで先端まで行けません。
Pa243933
先端からの紅葉がきれいだって話だけど・・・
どうせ真っ白で何にも見えないしね~(^。^;)
来た道を戻りながら、カエデ科のレクチャー。
 
 あちこちの遊歩道が徒渉状態で、でも、来れただけでも儲けもの気分でジャンボタクシーへ。
帰りのバス時間を気にするより、私はずっと気が楽でした(^ー^* )
 今夜のお宿は吉野の太鼓判ホテル こちら、2食付き6500円。
明日の朝は早いのでおにぎり弁当にしてもらって、お昼用に、柿の葉寿司の手配も、お願いしちゃいました。
 さ、大ご馳走ではないけど、天ぷらに鍋にお刺身!
充分じゃないですか。
Pa243948
桜の時期は、予約がなかなか取れないようです。
 事前に問い合わせたら、朝食は6時半からだって言うので、朝はおにぎり弁当にしてもらって6時出発のつもりだった。
そうしたらお宿の方が、「お味噌汁でご飯食べて行きましょうよ。何時でも起きますよ」って言ってくださった。
で、5時半に朝食をお願いしました。
 10月25日 
まだ本調子じゃない大姉さまは、今日はY姉様と吉野散策。
先日、大姉さまた等々力渓谷へ行った時、登りが違和感があって、下りは全然平気 っておっしゃってたの。
だから、お宿の方に、奥千本まで車で送ってもらうように頼みました。
こちらのコーススケジュールと地図も、ご用意して、あちこち見学しながら、ゆっくり吉野へ下って頂くことに。
 登山組は、6時にタクシーに来てもらって・・・
普通なら、1時間で行者還トンネルのはず。
が、天川方向も大きな土砂崩れ。
遠いう回路で、逆側から行者還トンネルにたどり着いた。
途中、運転手さんは「ほんまに行けるんかいな」ってぼやいて~(ー_ー;)
 予定の30分遅れで登山道へ。
Pa253955
階段を含めた急な登り1時間で、大峰奥駆道へ。
Pa253962
この辺りの紅葉がきれい~。 
Pa253996
よかった。台風でみんな散っちゃってるかと心配したよぉ。
 ここから、尾根伝いに西へ。
風が強いのなんの!
その上、数日の大雨と風で、登山道が落ち葉で埋め尽くされて、分かりにくいこと!
Pa253969
それに、部分的には水浸し。
まあ、こんな時に来たんだから、これも楽しみましょう(^ー^* )
弥山小屋の前で、早めのランチ。
Pa253973
Pa253974登山道は、水浸しだったり、落ち葉だらけだったり、えぐれて穴だらけだったり
Pa253979
 そこから、風がますます強くなって~
痩せているK姉様とマイフレさんに、「突風が来たらすぐしゃがんでくださいね」って念押ししたよ。
 鹿柵を開け閉めして、八経ヶ岳(1915,2m)二等三角点 点名『弥山山』
Pa253980
真っ白だけど・・・
最高の気分よ~(=●^0^●=)v
全員で、ここまで来れてよかったです~(j o j) ウルルル
Pa253985下山路で、少しだけ霧が晴れてん隣の山の紅葉が見られたよ
Pa253999
 予約のタクシーで下市口へ送って頂く予定だったけど、迂回路でアクセスに時間がかかって遅れて~
しかも、道があちこち通行止めで、通れる道が少ないから、ノロノロ。
1時間後の電車も危ういから、大和上市で降ろしてもらって、近鉄線を乗り継いで、京都でのぞみに飛び乗りました。
それでも10時近い帰宅。
 大姉さまが、参加できるかどうか。
それに、台風で新幹線ダイヤが乱れないか、ドキドキでした。
お宿に、2日前に一人追加、前日にもう一人追加なんてのも、初めてでした。
その上、あちこちの土砂崩れ通行止めで、アクシデントに次ぐアクシデント!
でも、予定の2座歩けて、何より久しぶりの大姉さまとの大宴会、楽しかったです~。
なんだか、まだ興奮しています(*^▽^*)
 日記が長くなってごめんなさい。
最後まで読んでくださって、ありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ

« 乗鞍高原 | トップページ | 西吾妻山 一切経山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

(*^-^*)<(_ _)>ありがとうございました5か月前から考えていただきありがとうございます。楽しい山でした

ちー姉さま
コメントありがとうございます。
二つ行けるかどうかも分からない場所だったので、すごく前から色々調べたの。
実際、アクセスが遠かったですね。
二座歩けて、楽しかったです。

この度はご宿泊いただきありがとうございました!!
とっても楽しそうな女子会の声を聞いているだけでこちらも楽しい気分になりました。(話の内容もバラエティに富んで面白かったです。盗み聞きしてすいません。)
土砂崩れはとんでもないことになっていたんですね。。。
無事に(?)登山もできたようでよかったです。
またこちらに来る機会がありましたら、ぜひお越しくださいね♪
笑顔でお待ちしております。

今晩は!
いや~あっ、とんでもハップンな山行になってしまいましたね(>_<)
春に調べておいた情報も無になってしまうとは悔しいです。
それにしても、機転の利く判断と行動力に脱帽です。
国道169号の通行止めは迂回出来るとしても、翌日の309号も通行止めとは泣きっ面に蜂ですが、よく大台回りの大迂回に踏切ましたね(吃驚)。
因みに、25日は風雨も治まり好天に向かう途中で、
まさか、こんな山行をされているとは思わずにいました。
どちらにしても、ご無事で大役を成し遂げられて良かったですね(^_-)-☆

大和八木ゲストハウス笑顔さま
コメントありがとうございます。
盗み聞きって、あれだけうるさく騒いでいたら、聞きたくなくても聞こえちゃいますよね。
ばーちゃん9人の会話は、すごかったでしょう?("⌒∇⌒") キャハハ
一人だけ40代で、あとは60代・70代・80代です。
最年長の方は、歩き続けていれば、80歳過ぎても大峰山系を6時間歩ける って言う、希望の星です。

お姉さま方から、めちゃくちゃリーズナブルで、感じのいい、素敵なお宿と、感謝して頂きました。
また、もうすぐ山友が、泊まらせていただきます。
色々ありがとうございました(/・0・) 

山ちゃんさん
そうなんですよ~(/_;)
台風一過の青空の下を歩ける!
と思って行った、大台ケ原と八経ヶ岳 、まさかの土砂崩れ三昧の迂回めぐり(;>_<;) 」これだけの人数を連れていると、またそろって来れる訳もなく、とにかく、迂回でもなんでも行きたいと・・・
ジャンボタクシーの運転手さんには、途中でお弁当や飲み物を買ったり、ご機嫌取り~(#´ο`#)
釈迦が岳に連れて行って頂いた時から、ずーっと準備していた大役を、何とか、果たせました。
ε= (*^o^*) ふぅぅぅ~。
で、続いての今日の東北は、またもや台風 δ(⌒~⌒ι) とほほ...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土砂崩れ三昧 大台ケ原と大峰山:

« 乗鞍高原 | トップページ | 西吾妻山 一切経山 »