« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月26日 (日)

六方の滝~南郷山~幕山

 日曜日の山友が木曜日の帰り、六万の滝に行きたいって。

何それ?
どの辺にあるの?  
 で、帰宅後に
「すみません!六万の滝じゃなくて 六方の滝でした」
って、訂正メールが来た。
一瞬、何が違うの? って悩んじゃった。
 湯河原の、幕山の奥ですって。  
ちょっと調べてみたら、もしかしらたら、ちょこっと沢歩きかも?
うーん (+_+)  
 六方の滝は、柱状節理のすごく大きな滝なんだって。
それと、手つかずの自然が残っている。
な~んてネットで読んだら、行ってみたいじゃない。  
 「行けるとこまで行って、無理だと思ったら、幕岩と南郷山ハイキングでいい?」
みんな未踏だから、それでいいですって(^ー^* )    
 うちからは、中央線の山へ行くより近い。
高速からの富士山が美しい。
Pb265185
湯河原の、幕山の駐車場に車を停めて。  
Pb265188
 幕山登山道との分岐からは、林道を1時間近く歩いて、ゲートから右に、明瞭な踏み跡。
Pb265192
危険箇所は特にないまま、土肥の大杉跡分岐へ。
Pb265200
土肥大杉跡に向かう道は、林業さんの伐採作業中? で、ものすごい倒木群らしい。
 沢を渡らずに、沢に沿って、時には沢の中を、飛び石歩きで登る。
Pb265265  
 前衛の滝の一つ目に、虹がかかっていて、
Pb265209 紅葉が最高で、もうこれでも十分ってくらい。
Pb265211
写真を撮りまくって、先へ。  
 二つ目の前衛滝(紫音の滝)
Pb265220
の高巻きは、トラロープがついてる。
Pb265223
ちょっと岩をよじ登るところもあるけど、思ったほど危険なところもなくて、
Pb265260
最後のトラバースもしっかりトラロープ。
  (ノ°ο°)ノ オオオオ
これが六方滝(柱状節理の滝)ですか。
Pb265228
もうちょっと整備すれば、観光名所になるだろうな。
でも、静かなままでいて欲しいね。
Pb265232 こちらも、美しい虹がかかっていて、
Pb265254
しかも、柱状節理の段々に当たる水が跳ねて、なんとも言えない美しさ。  Pb265241
 紅葉も最盛期で、これ以上ない一番いい時期に来たね~。
Pb265237
ここで、滝と紅葉と虹をおかずにランチ(=●^0^●=)v
 眼福 眼福!
最高の時間でした。  
面白かったね~。
 大石ヶ平まで戻って、みんな未踏だって言ってた、幕山と南郷山にも登りましょう。
Pb265273
  頼朝が、この池に映る自分のザンバラ髪を見て、自害しようと思ったって言う自鑑水。
Pb265274
そこから東に行くと、南郷山(610m)
Pb265277
 ここ、来るたび三角点を探すんだけど、今日は、山友の協力で、ここのはず。 って言う場所を手分けして~、
それでも見つかりませんでした(/_;)
Pb265278
 戻って、幕山(625m)
Pb265280
子供たちがたくさん遊んでる~。
真鶴半島を俯瞰できる、いい眺め!  
Pb265282
 下山途中、大勢のクライマーさんに会う。
Pb265290
この幕山南面は、有名なゲレンデなの。  
Pb265298
梅林には、もう水仙が咲いていたよ。
Pb265300
 で、かなり早めに下山できたのに~(;>_<;) 
 小田原厚木道路は、こう言う晴れて暖かい日曜日は、とっても渋滞する。 今日も、早めに帰路についたのに、あちこちで止められて~
東名も13キロの渋滞で~(/_;)
 でも、夕日に照らされた丹沢が、きれいだったよ\(^o^)/
日が短くなったねぇ。    
 今日は、素晴らしい目の保養ができました(^ー^* )

2017年11月19日 (日)

那須峰の茶屋 新湯富士山

 そろそろ降雪がありそうな那須岳。
今年行けるのは、もうこれが最後のチャンスかな。
私は三本槍には登っているけど、三角点の写真を撮っていないなぁ。 
と思って計画していたら(;・_・; ・・・・
 週末、大寒波ですって? 
1月中旬の気温ですって!(・_・;)
どうしましょ。
行くだけ行ってみる~?
 問題は、峰の茶屋下の登山口まで、車が入れるかどうか。
で、大事を取って、早朝出発にした。
駐車場には車が5台。
地面は見えているけど、少しだけ積もった雪が風に巻き上げられて渦を巻いてる~。
予報は曇りなのに、雪が降ってるよぉ~。
しかも、予報では上の風速20m
 でも、ここまで来ちゃったしね~。
積雪がなくても、ちょっといやらしい、朝日岳手前のトラバース、風と雪だと、どうかなぁ。
 最悪、峰の茶屋の避難小屋でお茶して戻ろう。
ってことで、雨具上下を着て出発。
Pb194967
ところどころ凍ってるね。
いつ降った雪かな。
 それでなくても、割にいつでも風が強い那須岳。
ことに、風が強い峰の茶屋。
手前で、がっしり系の男性が降りてきた。
風で前に進めないから戻ります。
って~(;´o`)
避難小屋までは、道が広いから、とにかく行こう。
 すぐ前に大柄な男性が一人、避難小屋に入って行った。
もう、冬季の入り口だ。
Pb194939
「これからどちらへ?」って聞いたら、
「この風だし、考え中」って言って、結局朝日方向へ。
私たちは、時々ドーン!と揺れる避難小屋で
コーヒーブレイク(^ー^* )
どこからか、雪が吹き込んでくる。
Pb194941
やっぱ、朝日岳のトラバースは、この風だと怖い。
茶臼方向へ、行けるだけ行ってみる?
 ちょっとだけ登って、白いサンゴ礁の写真を撮ってたら、
Pb194945
ドン!と風が来て、ザックカバーが外れた。
ちゃんと、ザックにつながってはいるけど~
隙間から風が入っちゃうんだね。
マイナス10度で、風速20m
強風のせいで、一瞬青空が出たりするけど
Pb194944
頬が痛いし・・・降りようか。
もう一度白いサンゴ礁を撮って
Pb194947あ、剣が峰に日が当たってる。あの右に朝日岳があるんだよ。
Pb194955
風が強い場所を過ぎたら、来た時より新雪が積もってる!
 \(^o^)/ わーい
 雪山 雪山らんらんらん~♪~
Pb194959
やっと余裕が出て、今日の真冬のいでたちなんかも撮ってもらって~
Pb194966
 さて、寒くって、さっさと歩いたから、出発からいくらもたってない( °o°;)
これからどうしよう。
 遠くまで来て、ちょっともったいないね。
ってことで、ちょっと古郷富士へ寄ります。
板室温泉近くの、新湯富士へ登ろう。
大沼の駐車場に停めて、チャチャっと登ると新湯富士(1184,2m)
Pb184896
山頂標識のところは、三角点がないの。
ちょっと下って、登山道がない西のピークを適当に登る。
Pb184897
三等三角点にタッチして、下山。
Pb184898
せっかく古郷富士に登ったら、どこかからこの山の姿を見たいね。
下に、大沼が見えてきたから、湖畔を歩いてみようか。
Pb184902_2
で、湖畔の遊歩道から、お山の形が見えました。
Pb184905
 塩原の、昭和30年からやっているスープ焼きそばを食べて、これは、栃木では有名らしい。
Pb184911
麺は焼きそばだけど、美味しいよ。
Pb184917_2
 それでもまだお昼。
で、金精峠をドライブして帰ってきました。
Pb195010あらら(;´o`) ノーマルタイヤでスリップの脱輪?
Pb195016
 いやぁ、久々に、寒かったわぁ~。
でも、今季お初の雪山歩きとブリザード体験、楽しかったね~。
白いサンゴも、きれいだったよ~(* ̄∇ ̄*)
 日光で買った湯葉をお夕飯に頂きました。
Pb195032

2017年11月13日 (月)

市房山 韓国岳 開聞岳

 11月10日 熊本県最高峰 市房山
今まで使ったことがない、南町田出発の高速バスで羽田へ行ってみる。
これ、うちから電車10分で、なかなか使い勝手がいいわ。
8時の飛行機で鹿児島へ。
  富士山やアルプスが美しい
Pb104608_2
霧島連山
左の雲が付いているのが高千穂岳、一番高いのが韓国岳
Pb104618_2
 レンタカーを借りて~
夫は、二日目は、早く下山して、指宿の砂風呂に入りたいって。
じゃ、二日目に、マップタイムが短い、えびの高原から韓国岳へ行きましょうか?
そうすると、今日、時間があるので、市房山へ行きませんか?
(* ̄∇ ̄*) エヘヘ
 って話してたのに~、レンタカー手続きまでに手間取って(/_;)
空港10時半出発のつもりが11時過ぎになっちゃった。
熊本県最高峰市房山
Pb104621
市房神社の登山口へ着いたのが1時。
Pb104623_2
マップタイムは4時間半。
夫と一緒に歩いたら、下山は午後5時半で真っ暗だわ。
どうしよう・・・
と、思っていたら、「俺、ゆっくり行くから、あんた登ってきー」
「一人じゃ怖くない?」って聞いたら
「いいから はよ行け」
(ノ°ο°)ノ オオオオ
夫、変わってきたわね~(´ー`)
 じゃ、申し訳ないけど登ってくるわ。
気を付けてね。
Pb104625_2  登り始めに、重厚な石の階段が続いて、
白壁に、丹塗り風の柱がきれいな市房神社へ出る。
岩や根っこの急登続きで、
Pb104628_2 6合目辺りでちょっと眺望がある。
紅葉もきれいよ~。
あと、箱根みたいなヒメシャラの林もある。
Pb104635_2
 山頂(1720,8m)は広くて、風が強い!
Pb104640
一等三角点百名山の標石
Pb104638_2
有名な心見の橋 って言う、岩と岩の間に石が挟まったところへは、立ち入り禁止でした。
崩壊して危険ですって~。
この前の台風の影響かな。
 山頂で携帯が鳴って「今5合目、日向だからここで待つ」
って夫から。
 来た道をサクサク下りて、5合目で合流。
「お待たせしました。ありがとうございます。おかげで山頂に立てました」
下りたら、累積標高差が900mもあった。
夫と一緒じゃなくてよかったかも。だって、明日も明後日もあるから~。
 今夜のお宿は、ここから割に近い人吉ってところ。
なので、この山を勧めやすかった。
 お宿も温泉だけど、近くに新温泉って、レトロな銭湯みたいな温泉があるって聞いていたので、行ってみた。
Pb104656_2
脱衣所とか、80年以上前に建てられた当時のままなんだって。
木のベンチに、古い針の体重計に、ぶら下がり健康機。
Pb104651_2
お湯は黒湯で、温まる~。
Pb104648
 
 11月11日 霧島最高峰 韓国岳
先週、マイフレさんの情報で、新燃岳噴火以降に迂回路ができて、こちらからも登れると教えて頂いた。
で、こーちゃんの七五三の日に、えびの高原のビジターセンターに電話して、韓国岳へ登れますか?って問い合わせた。
「はい。駐車場の角から入れますよ」って、地元の人の電話へのお返事 って感じ。
きっと、問い合わせが多いんでしょうね。
 15分ほど歩くと、通行止め。なるほどこれね。
Pb114660_2
硫黄山周辺も、火山活動が見られるので、新ルートがあるようです。
 右折して登ると、階段のつけられた歩きやすい道になる。
振り返った硫黄岳は、箱根の大涌谷みたいだ。
Pb114664_3
 4合目くらいから、富士山のスコリアみたいな火山岩ゴロゴロ道になる。
7合目を過ぎると、すぐに大浪池が見えてきた。
Pb114672_2
\(^o^)/ わー 素敵なところ。
福島の、魔女の瞳みたい!
この前は、雨でブルーの瞳が見えなかったけど。
この辺から、足元にセメントみたいな火山灰が積もってる。
これが新燃岳の噴煙なのね。
 その新燃岳は静か。奥が高千穂岳
Pb114689_2
 韓国岳(1700,1m)
Pb114677
夫が何をのぞいているかって言うと
Pb114682_2
火口! 迫力の絶壁!
今日は、昨日以上のすごい風。なので、ちょっと怖い。
 来た道を戻って~
風がよけられるようなところでお握りタイム。
朝、旅館からお湯をもらってきたから、お味噌汁と食後のコーヒー。
熱いのはうまいなぁ~。って(*^_^*)v
 あれ・・・
(*^_^*)わぁお
ミヤマキリシマの狂い咲き。
私に、会いに来てくれたの?
ありがとう~(=●^0^●=)ノ
Pb114696_2
トリプル火口湖が見えてきた。
左が白紫池、右上が六観音御池、右下が不動池 不動池は、硫黄岳の火山性ガスで、立ち入り禁止です。
Pb114690_2
 新ルートは短くて、お昼前に下山しちゃった。
で、お池巡りへ。
白紫池のすぐ脇を通って、
Pb114704_2
エメラルドグリーンの六観音御池を見下ろす。
Pb114712_2
さっき登った韓国岳の登山道がよく見えて楽しい。
Pb114709_2
 指宿の今夜のお宿、こらんの湯へ。
赤茶の温泉は、とってもすべすべしていい感じ。正面が桜島の絶景。
Pb124735_2
 お夕飯は、黒豚しゃぶしゃぶ御膳でした。
Pb114726_2
 これに、天ぷらや茶わん蒸しやさつま揚げ デザート
夫は芋焼酎をぐいぐい。
11月12日 開聞岳
指宿から20分ほどで、開聞岳登山口。標高160m
広い公園からの歩きだし。
Pb124743_2
ずっと樹林で、館山や伊豆の山みたいな感じ。
 6合目辺りから、滑りやすい細い道が続いて、ロープのかかった岩場もある。
時々すごい眺めがあって、枕崎方面の海岸線まで真っ逆さま~
Pb124784_2
イッシーで有名な池田湖が見えるよ\(^o^)/
あら、知らなかった。長い木の梯子。
Pb124777_2
でも、真ん中にロープ付き。
 このルートは、山頂までらせん状に登るの。
一番南に、仙人洞があって、そこから北に向かうと、ちょっとで山頂。
開聞岳(922m)
Pb124778
いい眺めです。
長崎鼻も竹山も見えて、あとで行くからね~(^0^)」
Pb124760_2
今日は卵スープを用意しました。
大隅半島を眺めながらランチ。
山頂は結構混んでました。
 あら、開聞岳は舐めてたけど、累積標高差が880mもあるのね。
連荘で、夫は筋肉痛になっちゃうかな?
 山頂から見えた、岬の突端 長崎鼻へ寄ると、種子島と屋久島が見えてました。鳥の上が屋久島 わかるかなぁ~
Pb124800竜宮神社からの開聞岳
Pb124796
そのあと、夫のご要望で砂蒸し風呂。
Pb124816
私は砂をかけられる夫を写真に収めて、ヘルシーランドたまて箱 って温泉に入る。
露天風呂からは、切り立った竹山と海と開聞岳!
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
これは最高!
こんなに広くて楽しめるのに、510円って、びっくり。
人が多くて映せないので、帰りに竹山を撮りました。
Pb124808
 鹿児島20時半の飛行機なので、お夕飯は黒豚の生姜焼き膳
夫はきびなごやさつま揚げや角煮で芋焼酎。
飛行機は遅れて、帰宅は午前様でした。
 写真は明日の午後アップします

2017年11月 4日 (土)

秋田 大平山と、鳥海山の湧水 獅子が鼻湿原

 山形のマイフレさんから、お宅に招待して頂きました。
3日に、奥様と一緒に、観光に連れて行って下さるって~。
\(●⌒∇⌒●)/ わーい

 じゃ、前の日に、行きたいところがあるんですけど~。
一等三角点の大平山に登りたいんです。
マイフレさんに、旭登山口まで乗せて下さいってお願いした。


 11月2日
ほぼ始発で家を出ても、秋田着は11時25分。
駅でピックアップして頂いて、登山口へ。

 大平山の旭登山口は、春の雪の重みで橋が落ちちゃってます。
駐車場の奥に迂回路あり。

 沢沿いに南東に登ると・・・うわぁ~!

Pb024306
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
紅葉が最盛期!
キラキラと、ヒラヒラと、最高に気持ちい~い。

 小さい橋で沢を越えて、お滝神社に出て、ここから斜面が急になる。
200mくらい登ると、少し道が緩む。

 秋田の山を一人歩きだから、何より怖いのは、熊さん。
と思っていたら、上からキノコ採りの方がお二人下りてきた。
「この先の御手洗(みたらし)でキノコを採ってたら、熊にあったよ、気を付けて」って(^o^; ほえ~
ヒラタケと巨大なめこが籠に一杯!

Pb024278
「どこかに下ろすんですか?」
って聞いたら、笑いながら「台所に下ろすんだよ」
今夜はキノコ汁ですって、美味しそう~。
Pb024279
 その上から、また急な登りになる。
一人で不安だな、熊さんに会いたくないな、って思っていたら、御手洗で二人組の早い登山者に会って、この方たちが、笛を吹きながら登っているので、熊払いになっていて、嬉しい。

見上げると熊棚(;´o`)

Pb024281
 七曲りって言うジグザグ道になって、地味にきつい。尾根に出て、南へちょっとで大平山(1170,4m)

Pb024297一等三角点

Pb024295
さっき会ったお二人と山座同定して、男鹿半島のなまはげの真山が、島のように見える

Pb024300

楽しい時間。
あら~、秋の日のつるべ落としなのに、山頂で3時20分。早く下りなきゃ、暗くなっちゃうよ~(;´o`)
標高差は900m。4時45分下山。
ヘッドライトを出さないぎりぎり~(^ー^* )

 お願いした時間に、お迎えの車が来ていて、なんてありがたい。

 趣味人の、マイフレさんのお宅にお邪魔するのは、初めてかも。ちょっと、気を使って、横浜土産のシュウマイと、手作り小物を奥様に。

 すみません、お世話になります(/・0・) 上品な奥様で、イントネーションがとっても優しい感じ~。
お夕飯は、ご近所の郷土料理のお店。
きりたんぽ鍋に 

Pb024315

比内地鶏とマイタケ炒めに 

Pb024316
カスベ(エイヒレ煮込み)にお刺身。

Pb024313
ごちそうさまです。
めったに聞けない、マイフレさんの奥様からのお話、面白かったです。


 11月3日
奥様と一緒に、蚶満寺(かんまんじ)へ。
Pb034332
 田んぼの向こうが、古墳みたいにポコポコしてるでしょ。この辺りは昔、松島と並ぶ、小さな島がいっぱいある、九十九島だったんですって。
西行がここの歌を詠んでるの。
「きさかたの 桜は波にうづもれて 花の上漕ぐ海士の釣舟」
松尾芭蕉の歩いた、一番北の場所でもあるって。
「きさかたの 雨や西施か ねむの花」が有名。

田んぼの横に、船着き場跡があるんだよ。

Pb034328
拝観料をお祓いするところに、猫がいっぱいいる。

Pb034331
係のお姉さんが「困ってるんですよ~」って、
このお寺に、猫を捨てに来る人がいて、今、14匹の猫の面倒を見ているって言ってました。
地面が隆起して、今は、島々の間の平地は、あきたこまちの田んぼです。

 次に、元滝伏流水へ。
鳥海山の雪解け水の伏流水が、滝になってるの。

Pb034342
ここだけでも、遠くからくる値打ちがあります。Pb034338

ため息が出るほど素晴らしい、滝と紅葉!
Pb034348
 最後に、獅子ヶ鼻湿原へ。
ここ、鳥海山の雪解け水が80年かかって湧き出して来るところなんですって。

Pb034357
9月に登った、羊蹄山のふもとにも、こう言うところがあったな。
水温は年間通して7~8度だって。 
 
 ここに、鳥海マリモって言う、氷河期の生き残りの希少種があるの。
ハンデルソロイゴケって、ここと北八つにしかないんだって。
マリモって言っても、阿寒湖のみたいな小さな玉じゃないの。
ふわっふわで深緑できれい。

 それから、見たかったのが あがりこ大王。
ブナの巨木が、雪か何かで折れたところから、蘖が育って、大王になったって読んで、前から会いたかった。
その前に、上がりこ女王 ってのがあって("⌒∇⌒")
女王さまも素敵!

Pb034366
白神山地みたいなブナの森で、ところどころもみじが紅葉していて、最高に気持ちがいい森です。
ひと登りして、森の巨人百選 にも選ばれてる、あがりこ大王にご挨拶。

Pb034368
後ろには鳥海山が見えてます。
Pb034373
 帰路の林道から、雪の鳥海山が美しい!

Pb034387
唐松の紅葉と鳥海山の眺めに感激!
海を見れば、飛島が見える。
Pb034336
 そのまま、秋田駅まで送って頂いて、
マイフレさんと奥様に、感謝・感謝です!
楽しかったです。

Pb034415  帰路の新幹線から、富士山や奥多摩の山が見えました。
お天気に恵まれて、盛りだくさんな1泊二日でした( ´ ▽` )ノ

マイフレさん 奥様 
色々ありがとうございました(゜゜)(。。)ペコリ

お土産に買った、生きりたんぽと比内地鶏スープ 比内地鶏の薄切りと、ミズの実

Pb034416_3
Pb034416_2
産に買った、生きりたんぽと比内地鶏スープ、ミズの実、比内地鶏で、今夜はきりたんぽ鍋に比内地鶏の薄切りです。
Pb034416

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »