« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

白鳥山 

 年末に皆さんに聞いた、来年日帰りで行きたい山。

ほんとは、第一弾が先週の予定だった。

でも雪の高尾になっちゃって・・・  

 今日は別口の第一弾。

 山梨百名山で一番低い山 白鳥山  

熱海で集合して、あ!お隣ホームに伊豆急のキンメダイ列車だ!

Dscn0500

沼津と富士で乗り換えて、身延線の芝川へ。

富士宮を過ぎるとガラガラ~

Dscn0502

駅を降りると、きれいな三角錐のお山が見える。 

Dscn0505

 裏側がゴルフ場で、実はゴルフ場の最奥から、15分で登れちゃうの。

でも、今日は表参道を歩きましょう。  

街中を30分ほど歩いて、本成寺へ。

このお寺は鎌倉時代は真言宗だったけど、のちに日蓮上人に帰依したんですって。

で、身延山の末寺になったらしい。  

このお寺の墓地を通って、民家のお庭先みたいなところを通って・・・

案内があって助かります。

Dscn0507

 竹林が、カラカラと乾いた音を響かせている。

少し風があるなぁ。

Dscn0508

山頂でお誕生会、できるかなぁ~。  

  途中、石段とゆったり道の分岐。

Dscn0509 お姉さま方は急な登りが苦手だけど、ここの階段は幅が狭いから、行きはゆっくり石段で。

Dscn0511

  山頂直下で、ほんの少し雪が出てきた。    

はい、山梨百名山 白鳥山(567,7m)です  

Dscn0530

 今日は桂由美の恋人の聖地のハートが、お山をチャラ~く、安っぽさを醸し出してくれています(´ヘ`;)

Dscn0521

富士山は見えないと思っていた。

でも、ちょっとだけ雲が動いて・・・

\(^o^)/ わーい お顔を出してくれたよ!    

Dscn0523

 北に、少し霞んで南アルプスが連なる。

Dscn0517青笹の奥に聖

Dscn0516

ああ、よかった。リベンジ出来て。

火曜会で前に来た時は、吹雪で真っ白で、なぁんにも眺望がなかったんだよね。  

 身延線は本数が少ないから、帰りの時間に合わせて山頂での~んびりお誕生会。

Dscn0525

のつもりだったけど、お姉さま方が寒いって。

Dscn0529

手がかじかんで、もういらない、って~。

  じゃ、果物は後で、電車ででも食べましょうか?

 1~2時間に1本の身延線。

早すぎるので、本成寺を見学して、

Dscn0533

Dscn0535お庭もよくお手入れされてます

Dscn0536

途中のコンビニでコーヒー飲んで~ ちい姉さまは氷結を買う。

 芝川駅周辺にお店でもあればいいけど、何にもないんですもんね。

 ことこと身延線、東海道線と連絡してればいいのにね。

富士駅で、そこそこ待って、私は三島から新幹線で帰ってきました。

大山は南側もまだまだ白い

Dscn0541これを撮った4分後には、新横浜。新幹線は早い!

お姉さま方は、熱海で乗り継きぎかな。  

お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ 

 では、来週はお休みしますので、よろしく~(/・0・)   

日帰りで、お誕生会でした(*^▽^*)

2018年1月13日 (土)

大持山西尾根~ウノタワ~冠岩集落

 去年、マイフレさんが、大持山西尾根バリの日記を書いていた。

それ、歩いたことない。
山友たちが、ウノタワに行ったことがないって言うから、その時のマイフレさんと同じ 周回で歩こうか。 と思っていたら、新年に、近いルートを別のマイフレさんが歩いてた。
  なになに? 流行ってるの?このルート。  
 大浦天主堂のすぐ横から、鉄塔巡視路で尾根に取りつく。
P1136489
このちょっと右の南尾根にも、バリルートがあるみたい。 帰りに見たら、取りつきが崖みたいな急斜面だった。 ロープがないと怖いな。
  今日はメインの西尾根で(^ー^* ) 積雪があったら、急斜度の尾根だから、行先変更のつもりだったけど、今年はまだ雪がない。 でも、落ち葉の下が、凍ってる。
 なかなかの急斜面が、緩まずずっと続く。 踏み跡は時々不明瞭になるけど、割に歩かれているみたい。 お正月に歩いた、お春名山の方がよっぽど藪だわ。 朽ちた作業小屋の上に、鉄塔。 そのちょい上に、ピースサイン風の鉄塔。 (・_・;)へエー 送電線がない。
P1136502
下に付け替えたって事かな。  ひと登りで焼山(793m)
P1136503
植林地の中の小ピーク。 白いビニテで、お名前と標高、書いてきたよ。  
 ちょっと痩せ尾根もあるし、落ち葉の堆積がすごくて滑る。 落ち葉の下が凍っているところもあって、緊張。  最後は、大持山まで尾根が広くなるので、踏み跡もはっきりしなくなる。
P1136516
でも、登りだから、高い方に行けば山頂。 大持山(1294,1m)  
P1136525_2
 ここは、数年前の紅葉時期に、武甲山から武川岳へ周回したっけ。7
 山頂でお汁粉。暖まる~(=●^0^●=)
樹間から白い峰々が見えているけど、上手く映せない。  
P1136543   南東へ急降下して、ウノタワでランチ。
ここは、ぽっかりと、お昼寝したい様な和む空間。
P1136542
昔鵜が住んでいて、って言う説明板が、山中へ降りる方向にあるよ。  春にカタクリが咲く鳥首峠で写真を撮ろうと思ったら!!!
 (≧◇≦)エーーー!
急に、きゅぃ~ん って音がして、カメラが壊れた。
 もう、6年ほど使ってるし、そろそろやばいなって思っていたところ~【T_T】 バッテリーを抜いてまた入れたり、あれこれやったけど・・・
 着くには着いたけど、ピントが合わない。  
 カメラって・・・こんな急に壊れるもの?(;>_<;)  
 峠から、西へ冠岩(カムリイワ)へ下る。
冠岩には、数件の廃屋がある。 いったい、いつ頃から人がいなくなったのかなぁ。
 鳥首峠のちょうど反対側にも、昔は集落があった。  白岩集落。 そちらも、廃村になっているらしい。 昔、「一人かい?」と声をかけて、お茶を出してくださったおばちゃんは、もういないとしても、その子供も、誰も、この地には住まなかったんだね。
 今、所有者不明の土地が増えてるって言うけど、ここだって、そうかも知れない。 財産価値がなくて、相続後、子供が、誰も登記しなかったら・・・
 そのまた子供、孫 って相続人が増えたら、所有者不明の土地になっちゃう。 今、日本全国に、こういう廃村が、いっぱいあるんだろうな。  
 下枝が全く払われていない、暗い植林地。
でも、きっと元は棚田か畑だったんだ。 苦労して積み上げただろう石組の棚が悲しい。 あんなに苦労して作った、平らな地面。 貴重な耕作地。 今は、廃屋の中に、鹿や狸の糞があって、いろりの灰が散らばっている。
Thumbnail_img_6872
そう古くない炊飯器や食器も、洗濯機も
Thumbnail_img_6875
スクーター(カブ)も
Thumbnail_img_6870
 そのまんま・・・
  いったい、なんでそんなに急いで、いなくなっちゃったの?
撮りたいけど、カメラが壊れて撮れない(/_;)
 で、山友に撮ってもらいました。  
 大持山南尾根の取りつきを見ながら(崖だよ!)車道を歩いて、 約20分ほどで、登り初めの浦山大日堂へ。
  帰りに、八王子のヨドバシカメラへ寄って、カメラを見てもらった。
「このカメラは、2017年で交換部品もなくなってます。 今なら下取り3000円お付けします」   
 (・_・;)エー カメラって下取りしてくれるの?
 今と同じオリンパスタフにしたかったけど~(;´o`)
 
 めちゃくちゃ大きく、ごつくなってる(;>_<;)  」
 
 で、ニコン クールピクスの30mまで潜れるダイバー用?
気圧計やコンパスまでついたのしか、いいのがなかった。
 そんな機能、要らないのに~。  
今、みんなスマホで写真を撮るから、コンデジの需要って、うんと減ってるんだろうな。
 前より、重くて 大きくて 使いにくそうなのしかないって・・・
(/_;)困っちゃう。  
 次回から、写真が変わるかも~

2018年1月 9日 (火)

黒犬神社と焼津アルプス

 火曜会 新春第一弾。
お正月って、海と初詣ってイメージ。
色々考えて、今年の干支、戌にちなんで、藤枝市の黒犬神社へお参りすることに。

 そうすると、お山はどこがいいかな?
2013年、静岡のマイフレさんのお車で、満観峰へ連れて行って頂いた。
今回も、暮れから続いた里のアルプスシリーズで、焼津アルプスにしました(^ー^* )

  焼津アルプスは、高草山・満観峰・花沢山を回るルート。
で、地元愛好会が、焼津アルプスの各ルート図を、2016年に作って、販売している。
一部1000円!(・_・;)高いよ~。
なので、地形図から時間を計って、計画。

  静岡で、マイフレさんにピックアップして頂いて、新年のご挨拶。
藤枝市までドライブして、鬼岩寺へ

P1096448
境内にある、黒犬神社へ、初詣。
P1096438お社の中には、かわいいぬいぐるみがたくさん
P1096440忠犬をたたえて建てた神社ですって
P1096442
今年一年、怪我もなく楽しくお山を歩けますように(^人^)
P1096445
 少し戻って、花沢駐車場から周回のつもりだったんだけど~
マイフレさんが、上まで車で行ってくれるって!
あら、その方が、標高差も少なくなるし、嬉しいな。

 お茶畑の中のジグザグの農道を登ると、山頂の100mほど下に出る。
P1096450
じゃ、ここから歩きましょう。
P1096451
階段続きで、高草山の三角点へ(501.4m)
P1096457
東へ少し登ると、高草大権現のお社と、山頂の山名板
P1096462
 ここから鞍掛峠まで、急階段をガンガン下りる。
P1096467
ってことは、帰りは登るんですねぇ。
野放図に伸びたお茶の木が広がった、放棄地が多いのね。
こんな山の上まで通のは大変でしょうし、後継者がいなかったんだね。

 鞍掛峠から、満観峰(470m)の頂上直下までは、整備されたトラバース道。
強風が吹いて、結構寒い。
今日は、すっくとそびえる富士山が、ことのほか美しゅうございます。
P1096470
 ここで、今年お初の火曜会ランチ。
P1096474
富士山と駿河湾の眺めは、新春をことほぐのに最適!(* ̄∇ ̄*)
P1096476
「よい眺めじゃ~」と・・・
P1096477
お姉さま方にも、ごきげんいとうるわしゅう、祝着至極にございまする~。
あら、南アルプス方向は、雪雲がついてる!
P1096481
 来た道を戻るのも、そこそこアップダウンがある。
もし3座周回すると、標高差750m。
それよりは楽なんだけど、山頂直下まで車で登っちゃった割に、累積標高差は620mでした。
でも、きれいな富士山を見ながらランチできて、よかったですね~。
高草山直下からの西側 東名が蛇行してるね。
P1096484
 静岡まで送って頂いて、駅で、打ち上げ。
あら(・_・;)
一枚も撮らなかったわ。
巨大な桜エビのかき揚げとか、お寿司の盛り合わせとか、
色々ご馳走になりました。
ありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ 

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »