« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月11日 (日)

竜神の滝・九頭竜の滝・三頭大滝~三頭山・払沢の滝

ほんとなら、まだ日本にはいないはずの日曜日。
もう、インフルがうつることもないだろう。
 ブータンが中止になった時、山友たちに「日曜日はどこ行くの?」って聞いた。
氷瀑巡りだって。
「私も行っていい? 集合何時?」
 久しぶりのお山で楽しみにしていたけど~
予報は、気温が高い雨・・・
(・_・;)エー 
氷瀑、溶けちゃうね。
じゃ、早朝に滝を見た方がいいかもね。
 まずは、消防団の先の竜神の滝へ。
駐車場からの階段が、ツルッツル!
ほんの2分なんだけど、アイゼン付ける。
昨日から気温が高かったから、真ん中が抜けちゃってるね。
Dscn0796
でも、なかなかきれいよ。
 そのすぐ先が、九頭竜神社。
で、神社の下の方に九頭竜の滝。
Dscn0800
ここは、岩を伝って流れる滝だから、積雪が多い時はどこまでが滝か雪か・・・
今日は、水の流れがあって、分かりやすい。
 都民の森に車を停めて、三頭大滝へ。
Dscn0804
2013年の2月に、お姉さま方と、氷瀑見物に歩きましたっけ。
三頭山は昨夜は雪予報だったけど、降った形跡もなく、雪はよく踏まれてる。
三頭大滝は、真ん中だけ少し水が流れている感じ。
Dscn0813
蒼がなかなかいい感じでした。
Dscn0809気温がどんどん上がって、靄がたってくる
Dscn0817
 ジグザグに登って三頭山(1531m)
Dscn0819
今日は誰もいないの?
雲取や飛竜がくっきり。
Dscn0822
奥多摩湖側は雲海。
Dscn0824
富士山も、少し雲が付いてました。
Dscn0820
 東峰の大岳山が見える展望台へ寄ったけど、残念ながら雲の中。
Dscn0831
鞘口峠から、都民の森へ降りて~
Dscn0833
 マイフレさんが先週、100%の氷瀑を撮ってた払沢の滝。
最近は、なかなか100% の凍結にはならなかったの。
100% に凍ったって言うんで、駐車場満車。
なかなかの繁盛。
こんなオブジェを作ってました
Dscn0852
 でも、薄いシャツ一枚でも寒くないこの気温だから、きっと真ん中が落ちてるなぁ。
でも、真ん中の氷瀑が落ちて、滝つぼの氷が割れた状態って言うのもなかなか面白いです。
Dscn0846
見ていたら、一度だけ、カシーン! って氷瀑のかけらが落ちた。
Dscn0848凍った水がレンズみたい
Dscn0850
 ちとせ屋さんで、豆乳とおからドーナツを買って・・・
なんか、めっちゃ繁盛しています。
テレビででもやったのかな。
Dscn0855
 4つの氷瀑巡り&チャチャっと三頭山ハイキング
雪もきれいだけど、氷瀑もきれいだね~。
自然の造形って、ほんとに不思議。
 やっぱり、お山を歩くのって気持ちがいいなぁ\(^o^)/

2018年2月 9日 (金)

草津温泉 高峰温泉でスノーシュー

 インフルが治ったらどこか行こう って夫が。

「どんなところへ行きたいんでしょう?」
って聞いても、はっきりした答えがない。
「じゃぁ、伊豆でお刺身と、雪山でお風呂って言われたら?」
と二択にしてみた。  それでも悩んでる。  
 病み上がりだから、暖かい温泉と熱海桜がいいかな、
と宿を調べ始めたら、
「草津は?」だって。
 「観光客が急に減っただろ。空いてるんじゃないか?」
「ああ、観光支援になりますかねぇ」
「2泊でもいいぞ」
そりゃそうだ、本来10日間の予定だったんだもの("⌒∇⌒")
でも、キャンセル料を、たんまり取られてるんですけどね。  
 2月7日
夫は、サーズが流行った時に、シンガポール出張があった。
その時買った、防ウィルスマスクをして、車へ。
だって、狭い車中でうつったら怖いじゃん。  
 草津の宿の電話番号を、ナビに入れる。
カーナビじゃ、東名から環八で関越に入れって言ってる。
けど、それ・・・絶対渋滞するって。  
 で、圏央道から関越へ。  渋川伊香保で関越を降りて~
  ああ、この道は、小野子山や岩櫃へ来る時に乗せてもらった。
去年の9月には、万座に泊まって、草津白根の湯釜へも来たっけ。
警戒範囲が狭くなって、やっと湯釜へ入れるようになったと思ったんだ。 そうしたら、南側から噴火しちゃって・・・
びっくりだね。
 草津じゃ、キャンセルが相次いだんだって。
Dscn0598
 閑古鳥が鳴いているかと思ったら、平日なのに観光客がいるな。
と思ったら(・_・;)
エー 日本語じゃない!
お宿にも、中国語担当の従業員さんがいる。
 そうなんだ、今どきは草津も、海外からの観光客で持っているんだね。  
 取ったお宿は、望雲。
小林一茶が、望雲の七代目を訪ねて、再会を喜び呼んだ一句が残ってるって。
『湯けむりにふすぼりもせぬ月の貌』
弥次さん喜多さんとか、高村幸太郎とか、いろんな方が泊まった古いお宿。 お風呂は、源泉が違う二種類。  
Dscn0592
 姑と温泉だと、入浴介助が大変だから、あまりのんびり入れないけど、 夫とだと、一人でのんびりできていいわぁ~。  
 お夕飯も上品でいいお味。
Dscn0617
外は吹雪。雪見風呂も素敵     
Dscn0621
 2月8日
美味しい朝食を頂いて、
お食事を作らなくて済むのが、何よりありがたいですねぇ。
Dscn0628
 湯畑を見ていたら、
Dscn0600
ブロッケン!
Dscn0606
ちょっと天狗山スキー場へ行ってみたりして、
Dscn0632
鬼押し出しハイウェーへ。
Dscn0667
 雪の鬼押し出しは初めてで、浅間の噴煙が結構登っていて迫力。
Dscn0666
男体山まで見えるし、いい眺め!  
Dscn0656
 佐久平からチェリーパークラインへ。  
この辺りは、兄と来たり、週末会の山友と来たり、マイフレさんと来たり。 でも、コマクサやツバメオモトの時期が多いかな。
 標高は2000m 
なので、雪予報の方で草津、晴れ予報でこちらにしました。  
Dscn0686
 この時期は、車坂峠から、あさま2000のスキー場までしか車道が除雪していない。
 無雪期なら徒歩でも30分、舗装された車道がお宿の前まであるんだけど・・・ この時期は雪上車で送迎してくれるの。  
 あら、それって、ちょっと蔵王のリベンジみたいな?(⌒^⌒)b うふっ
 雪上車の予約時間は午後2時半。
なかなかの乗り心地でした。  
 明るいうちだけって言うので、まずは篭を抱えて露天風呂へ。
Dscn0695
(ノ°ο°)ノ オオオオ 結構眺めがいいじゃん!
Dscn0700
 こちらを晴れの日にしてよかった。
 雪見露天 最高! 眼下に池の平湿原。
Dscn0697
 お夕食のお料理は、鴨鍋を中心に
Dscn0725
 煮物焼き物天ぷらと、結構豪華。
  内湯も2ヶ所あって、夜は星空観賞も。
Dscn0705
マイナス20度位でも、風がないのでいられる。 天体望遠鏡を3台使って、色々見せてくれる。  
 2月9日
夫が、宿主催のスノーシューウォークに行こうって。
500円で靴から手袋まで、全て貸してくれる。  
 ゲレンデ脇から、高峰山へ登る。
途中、至仏や谷川が見られて、
Dscn0753
 アニマルトラッキングを観察したり
Dscn0777
吹き溜まりの雪の深さを見せてくれたり。
Dscn0754高峰山(2109m)
Dscn0767
 山頂からは、富士山に
Dscn0757
南アルプス 中央アルプス、八ヶ岳(右端が蓼科)
Dscn0763
 そして 乗鞍と北アルプス南部
Dscn0765 北アルプス北部!
Dscn0766槍さま~
Dscn0768鹿島槍さま~
Dscn0769
 「今日は、最高にきれいだ、カメラ思ってくればよかった。」
ってガイドさんが言ってました。  
高峰神社
Dscn0775
 これから春になると、黄砂が出始めて、こういう澄んだ眺めは見られる日が少なくなるんですって。
 戻って、お風呂に入って、ホシガラスが来てました。
Dscn0748
 帰りの雪上車は助手席に座らせてもらった。
急な下りが迫力で面白い!  
Dscn0788
 途中で兄に連絡とったけど、たまたま出かけてるんだって。 残念! 
このすぐそばに住んでるの。  
 旅行中、よく飲んでよく食べて、 ご機嫌さんな夫。
 雪山にしてよかったでした("⌒∇⌒") キャハハ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »