« 田沼アルプスと三毳山 帰りにご近所でお花見 | トップページ | 横根山~都室山 花貫渓谷 »

2018年3月28日 (水)

富岡アルプス 荒船山

 去年の忘年会の時にお姉さま方にお聞きした、行きたい山。
その中に、荒船山が入ってた。
ところが、うちからだと、下仁田まででも、アクセスに4時間かかっちゃうの(;>_<;)
そこからタクシー頼んだら、歩き出しが11時?
 うーん "( ' ' ;)
どうしよう。
そうだ! 
オキナグサの富岡アルプスとくっつけて、お泊りにしたらどうかな。
お宿の手配とか、タクシーの手配とか、あれこれ悩んで~
そうしたら、諸事情あって、3人のお泊りになっちゃった(/_;)
 めったにない、高崎駅集合。
高崎って・・・だるま弁当 くらいしか知らない~。ここから上信鉄道で、南蛇井駅へ。久々に切符をチョキチョキしてもらいました。
Dscn2178
この駅を撮ったら、きっと、ダジャレコメントが入るよね~。
("⌒∇⌒") キャハハ
Dscn2195
駅長さんは女性で
「オキナグサを見に来たんでしょ、線路のを見て行きなさい、ここのが一番きれいだから」って。
オキナグサって、こんなところが好きなんだ!
Dscn2189
あまりの群生にびっくり!
ここなら確かに盗掘されないで済むしね~。
Dscn2203
 さ、富岡アルプスのお散歩です。
駅から北東へ、高速道路をくぐって、農道を歩く。
コブシ・モクレンが満開。南蛇井で有名な、サボテンに侵略された家
Dscn2204
新堀神社から尾根へ。
ちょっと東へ登ると吾妻山(328,1m)
Dscn2215
ここも、ヤマトタケルが来て、吾が妻よ って嘆いたのかしら。
 なるほど眺めのいい尾根で~
(ノ°ο°)ノ オオオオ
ミツバツツジが咲いててきれい。
右に鍬柄岳 真ん中に鹿岳 左奥が四ツ又
Dscn2218
で・・・
会えました!オキナグサ。
Dscn2226
絶滅危惧Ⅱ類なんだよ。
でも・・・
盗掘跡が【T_T】
もう! 〃`_´〃
見つけたr、市中、引き回しの上打ち首獄門だからね!
 このオキナグサ、ツクモグサに似ていると思ったら、同属なんだって。
このフワモコひよこ系 かわいくて和むわぁ~。
 岩のピークからは、上信鉄道が、ジオラマのように走ってるのがよく見える。ミツバツツジンが最高(*^_^*)v
Dscn2241
 富岡アルプスは、尾根を東西に、9つの峰があるの。
今日は、どれも巻かずに登りましょ(^ー^* )
不思議な博物館もあるよ。
Dscn2251
 最後の神成山(320,9m)
Dscn2275
ここでランチです。
今日はお泊り山行なので、なんとここで、お誕生祝をして頂きました。
 Dscn2270
 
 毛蟹のお寿司も最高!
Dscn2271
ありがとうございます\(^o^)/
姫天狗って言う、岩殿山に似たところから
Dscn2282
なだらかに下りて、石仏群。
ここまで、めちゃくちゃ暑かったのに、里へ下りたら風が強い!
上州名物の空っ風、ってやつ?
 宮崎公園はお花が満開で美しくて
Dscn2297
住宅を曲がったらいきなりホーム!
なんかかわいい駅でした。
神農原と書いて、かのはら駅。
 1時間に1本の電車で、富岡へ。
お姉さま方が前から行きたがっていた、富岡製糸場見学です。
ここ、見学料が1000円なんだ。
ちょっとびっくりなお値段だけど、崩れないように整備するのが大変なんでしょうね。
でね、お土産屋さんで「チケット持ってる?まだなら、うちで買えばプレゼントがあるよ」
って言われて入ったら、ぐんまちゃんのタオルを頂きました。写真はお宿で撮りました。
Dscn2345
 母の上の姉が、岡谷の製糸工場に、勤めていたって聞いたことがある。
きれいな糸を取れる女工は、お給料もよくて、結構楽しかったと、
みんなの前で、成績表を読み上げられて、恥ずかしいような得意な気持ちだったって、
叔母は、自慢げに話していたっけ。
フランス式レンガの建物
Dscn2319ヘルメットをして、修復中の繭置き場を見学
Dscn2310
 見学して、電車で下仁田へ。
今夜は、体験民宿かじか ってところにお世話になるの。
送迎付きなのは、この辺でここだけでした。
 もと酒屋さんを改装した建物で、欄間付きの10畳二間に、貸切露天風呂が付いてました。
Dscn2343
Dscn2352
お夕飯は、地元でとれた山菜中心で、フキノトウの天ぷらやどんこの椎茸焼きが最高(*^_^*)v
Dscn2349
鹿肉のグラタンやアユの塩焼き。
もう、お腹いっぱい!
暖炉の日も心地いいし、
オーナー夫妻と、話し込んじゃいました。
これで8500円は最高!
 
 3月28日
早めに朝食を頂いて、線ヶ滝へ送ってもらう。
この滝は、落差35m 細い線できれいに落ちてます。
Dscn2361
ここから、荒船山まで歩くんだよ。
荒船山は、数年前の週末会で、東洋のドロミテって言われる立岩から、周回したっけ。
http://sharasouju.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-595a.html
戻りの谷筋の道が、分かりにくかったなぁ。
 
 線ヶ滝から、イヌムキ不動へ。
Dscn2367見上げると
Dscn2368
ここから、地図には遊歩道 って書いてあるんだけど
エアリアマップの赤の実線なんだけど・・・
落ち葉が堆積した道の先が岩で( ̄~ ̄;)ウーン・・・
間違いました?
疑心暗鬼になって、いったんイヌムキ不動まで戻って、もう一度地図を見て~
やっぱ合ってる。
7分ロスしちゃいました。
岩のトラバースなんて、どこが遊歩道?
Dscn2371
お姉さま方に何かあったら大変だから、口うるさくあれこれ指示しちゃいました。
 立岩分岐を過ぎて、大岩を巻くところは、道が崩落して、かなりやらしいトラバースが続いて~
挙句に、細いトラバースに雪が付いて、その下が凍てる(^o^; ほえ~
「ここ、止め!戻ってその尾根登るよ」
登山道は無視して、横の尾根をよじ登って、道の先へ降りました。
北側はまだまだ雪が残ってるんだね。
 最後に、経ヶ岳へのものすごい急登。
お姉さま方、かなり辛そうで~、
荒船山最高峰、経塚山(1422,5m)へ
Dscn2378
お疲れ様でした。すごい遊歩道でしたね。
やっとここでランチ。
民宿のおにぎり弁当を頂きました。
Dscn2380
 ベチャベチャの残雪の道を降りて、
Dscn2384
滑落の心配はない道だけど、泥んこにもなりたくないから慎重に~
ほぼ平な登山道で、荒船山艫岩へ。
Dscn2396
 ここが有名な、クレヨンしんちゃんの作者が、滑落して亡くなった岩【T_T】
Dscn2395
浅間が近い!
Dscn2387
肉眼では、北アルプスも見えました。
あれが鹿島槍 って説明したよ。
 内山峠まで下りて、こちらのルートも岩や梯子がちょっとあったけど・・・
Dscn2404
行きの遊歩道 程、デンジャラスじゃなかったよ。
最後に撮った艫岩
Dscn2412
 民宿のオーナーさんが行ってたけど、2009年の台風の後、
経塚山から艫岩周辺のメインルートから南側は、かなり荒れているらしいです。
お姉さま方に、結構スリルを味わっていただきました(;´o`)
 峠へ呼んだタクシーで、佐久平へ行っちゃいます。
タクシーで下仁田へ出たら、そのあと電車で4時間以上かかちゃう。
お夕飯までに、帰宅できないんだもの。
新幹線なら、東京へ1時間ちょいよ。
累積標高差は、登りが960m
お宿の情報で、こういうルートにしましたが、かなりハードでしたね。
今夜はよく、ストレッチしてください。

« 田沼アルプスと三毳山 帰りにご近所でお花見 | トップページ | 横根山~都室山 花貫渓谷 »

登山」カテゴリの記事

コメント

早い!すごい!明日の朝ごハン考えながら見ています!感謝申し上げます!

ちーねえさま
こちらこそ、感謝申し上げます。
筋肉痛は・・・大丈夫そうですか?

登って群生地に行ったらわずかしか無く・・なんじゃい!( *´艸`)クスクス
で、駅に着いたらわぁ~!すごっ!
ってこれもなんじゃい!って感じだよね~
線路に守られてどんどん広がってくれると良いね!
いつも車で日帰りのエリアだからこういう宿に泊まってみたいなぁ~

すみやん
>登って群生地に行ったらわずかしか無く・・なんじゃい
(^/□\^) オーーーイ  山田君!
すみやんに 座布団一枚!
このお宿はお料理もおいしくて、とっても居心地がよかったよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富岡アルプス 荒船山:

« 田沼アルプスと三毳山 帰りにご近所でお花見 | トップページ | 横根山~都室山 花貫渓谷 »