« 釈迦が岳 すずらんの里 移動してヤマシャクヤク探し | トップページ | 相馬岳 榛名富士 伊香保温泉 水沢山 »

2018年5月16日 (水)

雲取~飛竜

 以前火曜会に参加の山友が、飛竜へ行きたいって。
ちい姉さまも飛竜は未踏。
じゅあ、5月のお誕生日山行は、それにしよう!

 で、標高差が一番少ない三峰口から行こうとルートを調べていたら・・・
二日目の累計標高差が、下りが1900m?
(^o^; ほえ~
これは、70代80代のお姉さま方が、お膝でも痛めたら大変だわ。
でも、ちい姉さまや大友は喜んでるし・・・

 ごめんなさい(。_。;)
来週は、年少組と年長組、別行動でいいでしょうか?【><。】

 ってことで、昨日は、レッドアロー号で西武秩父へ。
 ここから電車を乗り換えて三峰口へ行くと、登り出しが11時近くなっちゃうんで・・・
今日は、ここからタクシーで三峰神社です。
登山開始9時半。頭数を増やすために、ちい姉さまのお友達がお一人参加。
Dscn5022_2
 登山口にはカウンターが置いてあって、行き先を押すようになっている。
これ、分かりやすくていいね。
Dscn5025
 今日は妙法ヶ岳へは寄らないから、トラバース気味に歩いて~
ちょっと200mほど登ると、秩父宮様のレリーフがあって、霧藻ヶ峰(1523,1m)両神山が霞んでます

Dscn5033
 この山のお名前は、秩父宮様がお付けになったんですって~。
ガスった日にいらしたのね。

 しばらく登ると、廃屋のような白岩小屋。
小屋の手前の、岩のテラスでランチ。
あれ?
鹿がのぞいてる?
Dscn5070
きっと誰かが、ご飯を上げちゃったのね。
野性動物にエサを上げないでください!
一人で生きられない子に、なっちゃうよ~。

 小屋のちょっと上に前白岩。
この辺りのミツバツツジがきれい。
その上に白岩山(1921,2m)
Dscn5075
この上の、芋の木ドッケ(1946m)からは、遭難事故が多い長沢背稜が東に伸びてます。
Dscn5076
石楠花とシロヤシオがいいルートだよ。

 「さ、小屋まであとちょっとですよ~」
キバナノコマノツメが咲いてました
Dscn5093
 200人収容の、小屋番さんが感じが悪いと評判の雲取小屋、到着~。
農取小屋もそうだけど、他に選択肢がない、競争相手のない山小屋って・・・
やる気がなくても、存続できちゃうんですよね。

 ご挨拶して、ザックを置いて、ひとっ走り山頂へ。
これが結構遠い。マップタイム30分で、去年大人気だった雲取山(2017,1m)
Dscn5101
2017年だからね。今年、2018mのお山って、どこか人気?

 途中に、オウレンとイワウチワが咲いてました。
Dscn5099
 今日は気温が高すぎて、景色は霞んでいたけど、山頂にミネザクラが咲いてたよ。
Dscn5110
 お夕飯は、レトルトハンバーグ!サラダ、小さな冷や奴、蕨のお漬物 ご飯とお替り無しのお味噌汁。
Dscn5122
 味気ないので、今日は、姉さま方の分も、ふりかけを持ってきました v('ー'*)

 山頂から三条タルミへの道は通行止めロープが張ってあった。
 明日、どうも同じルートらしい、お客さん5人を連れたガイドさんに、なんで通行止めなの?って聞いてみた。
そうしたら( °o° )

 巻き道は、滑落事故が多くて止められているって。それより、明日私たちが歩く予定の、前飛竜付近は、以前付いていた梯子などが腐って無くなって、とっても危なくて勧められない。
サオラ峠からのジグザグ道は、是れて崩壊して、危険だから、下山先を変更した方がいいって・・・
(≧◇≦)エーーー!

 部屋に帰って相談。
山友が
「初心者のおばさんだと思われたんじゃないの?それか、そのガイドさんのお客さんが、初心者なんじゃないの」
なるほど~確かに!ガイドを頼んで、このルートを案内してもらうくらいの人なら、ガイドさん無しだと危ないのかも。
 エアリアマップを見て、下山先変更を色々考えた後、結局、危険だから止めた方がいいって言われたけど、予定通りのルートで下山することに。
 だって、地形図はこのルートでコピーしてて・・・エアリアマップだけじゃ、地形が分からなくて不安。

 明日は、行動時間9時間だから、早めに寝ましょ~。

 
 6月16日
日の出を楽しみにしていたんだけど・・・
霞んで微妙な日の出
Dscn5127
 朝食は、お味噌汁、生卵、味付けのり、ふりかけ、塩鮭、昆布の佃煮、たくわん。
まぁ、山小屋なら充分。
評判が悪い割には、普通です。

 昨日山頂に登っておいたから、今日は山頂を巻いて~の予定は通行止めで、二度目の山頂へ。富士山が見えるんだけど・・・写真では無理ですね。
Dscn5130
 昨日注意してくれたガイドさんグループと、休憩のたびに抜きつ抜かれつ・・・三条タルミまで250mくらい下る。

 昔は、この下の三条の湯のすぐ手前まで、車で来れた。だから、雲取山は、何と 運動が超苦手のちーちゃんを連れて、登ったこともあるんだ。荷物は持ってあげたけど。
あれは…20歳くらいの頃かな。この 後山林道は、もう直す気がないのかなぁ(;´o`)
今は、林道歩き片道3時間です。

 三条タルミから、アップダウンが始まる。
1775m峰、1826m峰、1746m峰を越えて、
うーん "( ' ' ;)
ちい姉さまが、辛そうだな。

 狼平の先から、笹薮&桟道ロードになる。
お手入れしてくれてて、ありがたい。
Dscn5159
こういう木の参道は、古くなっているとめちゃくちゃデンジャラスだもの。

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
コイワザクラ?
Dscn5149
クモイコザクラ?
Dscn5158
これは嬉しかったよ。

 登山道の右に、笹を掻き分ける尾根直登ルート。
「これで行くね~」
Dscn5162
飛龍山(2069,1m)
樹林の中で眺めはない。
Dscn5165
 ここで早めのランチ休憩をしていると、例のガイドさんグループ。
「こんなところに山梨百名山の標柱を建てて!ほんとの山頂はもっと上です、そちらで休憩します」って~
うーん "( ' ' ;) なんか、感じ悪~い。

 ここから、登山道じゃないけど、北西に大常木山と竜喰山を抜けるルートは、石楠花の藪漕ぎの岩山ルートで、すっごく楽しいルートだよ。今日は南へ。
イワウチワがあちこちに!
Dscn5174
 
 前飛竜(1954m)まで下りると、眺望が気持ちよくて、
\(^o^)/ わーい
石楠花最盛期!
Dscn5172
 その直下が・・・
これが、例のガイドさんが危険って言ってた岩場? 確かに、鎖とかロープとかがあったら助かるけど、危険って程じゃない。
面白い程度の岩場で、よかった~。
Dscn5181

 ミサカ尾根で熊倉へ(1624,0m)
標高が下がったら、ミツバツツジがきれい~!
Dscn5192
このちょっと前から、ちい姉さまが急に遅くなってきた。
どうかしました?って聞いたら、足の指が痛いんだって(/_;)
熊倉山頂で、靴下を替えて、あんパンを出して食べてもらおうとしたら、食欲ないって~(;´o`)

 あらら・・・
これは、予定のバスには間に合わないかな。

ミズナラの巨木
Dscn5197ブナの巨木
Dscn5201
 サオラ峠から、ジグザグに一気に800mほど下りる。ザレて、崩れた場所が多い、気の抜けないトラバース。ここで去年、滑落死亡事故があったのね。でも、お姉さま方、難なくクリア。

 獣よけの柵を開けて、車道へ。
Dscn5209
ここに[バス停まで10分]って書いてあった。
( °o° ) エー
バス時間まで、あと15分。
間に合う? 
そのあとのバスは、2時間後。

「ここで解散でも、大丈夫ですか?」
その前から、自分を置いて先に行って と言っていたちい姉さま
「もちろん。早く行って!」
の言葉に甘え、3人で必死にバス停へ。
でも・・・
 なんと、目の前でバスが行ってしまった。
(;>_<;) エーン
ちい姉さまと一緒に、のめこい湯へ。
Dscn5210
 ちい姉さまは靴下を脱いだら、指が痛いって言ってたのに、かかとの皮も剥けてました
【T_T】

 昨日今日の累計標高差 
登り1800m 下り2300m 57000歩でした。
 
 今年70才のちい姉さま、頑張りました!
久々にハードな火曜会でした。
お疲れ様でした(/・0・) 

 危険だからルートを変えた方がいい って言ってくれたガイドさん一行は、同じルートで、私たちがお風呂から出た後に、やっとバス停へ来て、お風呂へも入れず、バスに乗っていました。
悪気はないんでしょうが・・・
悩んじゃいましたよ。

« 釈迦が岳 すずらんの里 移動してヤマシャクヤク探し | トップページ | 相馬岳 榛名富士 伊香保温泉 水沢山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1748585/73499782

この記事へのトラックバック一覧です: 雲取~飛竜:

« 釈迦が岳 すずらんの里 移動してヤマシャクヤク探し | トップページ | 相馬岳 榛名富士 伊香保温泉 水沢山 »